ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ニッポンノワール 第6話 賀来賢人、広末涼子、井浦新、夏帆、工藤阿須加… ドラマのキャスト・主題歌など…

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-#6』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 清春
  2. ニッポンノワール
  3. 南武
  4. 銃声
  5. お前
  6. 警察病院
  7. 公安部
  8. ガスマスク
  9. 克喜
  10. ハハハ
  11. ベルムズ
  12. 事件
  13. 人間
  14. 明海
  15. ガルムフェニックス
  16. 億円強奪事件
  17. 強盗団
  18. 警察
  19. 仁平
  20. 一緒

f:id:dramalog:20191118080845p:plain

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-#6』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

ニッポンノワール-刑事Yの反乱-#6[解][字][デ]【第2部カク※※編開幕!逆襲、始まる】

衝撃の記憶を取り戻した刑事。指名手配をかけられ窮地に陥る中、地下組織:ニッポンノワールの中枢に迫る。この日、再び衝撃的真相が明らかに!第2部「カク※※編」開幕。

詳細情報
出演者
賀来賢人広末涼子井浦新夏帆工藤阿須加、立花恵理、佐久間由衣、栄信、水上剣星入山法子、田野井健、駒木根隆介、横山涼 / 細田善彦矢本悠馬 / 杉本哲太笹野高史北村一輝
番組内容
全国に指名手配をかけられた刑事:清春賀来賢人)は、公安部の刑事:才門(井浦新)と共に逃走劇を繰り広げる。完全なる窮地に陥る中、地下組織「ニッポンノワール」の中枢の情報を掴む清春は、その核心へと迫っていくことになる。清春が目的の場所へとたどり着いた時、すべての様相が明らかになっていく。そして、この日誰もが想像しない更なる衝撃展開が巻き起こる。第2部「カク※※編」。刑事Yの逆襲がここに始まる。
監督・演出
【演出】西村了
原作・脚本
【脚本】武藤将吾
音楽
【主題歌】サザンオールスターズ「愛はスローにちょっとずつ」
【音楽】松本晃彦
制作
【プロデューサー】福井雄太、柳内久仁子
【製作著作】日本テレビ
【制作協力】AXON
おしらせ
【公式HP】https://www.ntv.co.jp/NNY/
【公式Twitter】https://twitter.com/NNY_ntv
【公式Instagram】https://www.instagram.com/nny_ntv/

 

 


♬~

(遊佐清春)こんな所に
呼び出して 何の用だ?

(碓氷 薫)あなたに

10億円強奪事件の真相を
伝えようと思って

(銃声)

(陣内) 撃ちやがった…。
俺じゃねえ。

(捜査官) 遊佐清
喜志正臣殺害の容疑で逮捕する。

(才門 要) 乗れ。

(無線)
瀬ヶ山街道を芝郷方向に逃走。

(男) ハッ! 相変わらず
クレイジーだな! 清春~!

(深水咲良) 清春
薬がないって突然暴れて…。

(薫)あなたに真相を告げようと
思ったのは

この事件の根幹に

私たちの息子

克喜が関わっているから

(パトカーのサイレン)

え… ちょっと どこ行くの?

(仁平)
佐清春容疑者を指名手配する。

ただし マスコミには一切流すな。

(仁平)
我々 警察だけで確保するんだ!

しばらく こいつを預かってくれ。

(伊上)
こんなとこに隠し部屋が…。

♬~

(薫)10億円強奪事件の
真犯人は…

私よ

(香月) 江國さん また病院
逆戻りだってよ。

(前園) あんだけ暴れたら
傷も開きますよ。

(香月) なぁ。

(宮城) 清春

♬~

クッソ…。

(物音)
≪キャ~!≫

♬~

陣内の居場所 教えろ。

知らねえ。
(自転車のブレーキ音)

(銃声)

(捜査官)
佐清春 羽宮方面へ逃走中。

♬~

あんたが真犯人ってことは
強盗団を殺したのも?

私のプランでは

強盗団は うちの班に
取り押さえられるはずだった

でも 計画が狂った

どういうことだ?

計画を知る別の人間が

彼らを殺したの

誰なんだ? そいつ

ガスマスクをかぶった…

銃声

《誰だ…》

(明海) 職場には来ないでって
言ったでしょ。

(名越) あ~!

何で先輩の書類まで俺が…!
《誰なんだ…》

(ボイスチェンジャー) 江國さん
先日は ありがとうございました。

《誰が強盗団を殺した…》

《誰が…》

(南武) 分かってますよ 碓氷さん。
《碓氷 薫を殺した…》

(南武の声) この間 伺った
あのことは誰にも口外しません。

♬~

まだ話の途中だったよな。

ガスマスクの話
じっくり聞かせてもらおうか。

(陣内)
俺は何も知んねえんだって!

ウハハハ…!

な~んてね!
ハハハ…! あ~…!

(車の走行音)

お~ 奇遇だね 乗ってく?

今日から これ使え GPS対策だ。

どうして俺に構う?

お前を助けた時点で
俺も命を狙われる立場になった。

まぁ 追われる者同士
お互い 仲良くやろうぜ。

なぁ? 相棒。

♬~

♬~


(南武) 今回 遊佐清春巡査部長が
容疑を掛けられた

喜志正臣殺害の背景には
2つの事件が絡んでる。

1つは 東堂銀行に
未成年4人組が強盗に入った

10億円強奪事件。

(南武) そして もう1つは

碓氷 薫警部殺害事件だ。

いずれも
本城 諭元理事官の犯行とみて

捜査は打ち切られた。

だが それは上層部の思惑であり
2つの事件で暗躍してた

地下組織を
秘匿するためのものだった。

(ざわめき)

(宇野) 南武君 それは…!

これ以上 隠しても無駄ですよ。
(宇野) しかしだね…。

(宮城) 地下組織って何ですか?

警察には
ごく一部の人間しか知り得ない

地下組織が存在している。

組織名は…。

ニッポンノワールだ。

(伊上) ニッポンノワール

(南武)
奪われた東堂銀行の10億円は

そのニッポンノワール
資金だった。

まぁ でも 組織にとって
10億なんて はした金だ。

それよりも その存在が
明るみに出るのを恐れて

事件の隠蔽を図った。

ですよね? 仁平課長。

フフフ… さぁ? 私に聞かれても。

10億円強奪事件の
防犯カメラの映像

あれは フェイク映像だった。

撮影所に映像を作らせたのは
公安部の指示だ。

何を言ってんだ ばかばかしい。

(操作音)
(ボイスレコーダー: 仁平) なぜ我々が

こんなフェイク映像を
作らせたと思う?

(ボイスレコーダー: 仁平)
頼まれたんだよ 例の組織に。

声紋を調べましょうか?
(操作音)

あの映像がフェイクなら

どうやって強盗団は
殺されたんですか?

(香月) そうですよ! 鑑識からも
至近距離での発砲で

間違いないという報告を
受けてます。

それが全て ねつ造だとしたら?

つまり
鑑識に虚偽報告をさせるほどの

権力を持った組織ってことだ。

俺が このニッポンノワール
存在を明らかにしたのも

身を守るための予防線と
思ってもらっても構わない。

俺に何かあれば ヤツらの仕業
ってことになるからな。

実際 俺や清春は命を狙われた。

その容疑者と思われる 陣内凪人を
取り調べようとしたところ

今回の暴動が起きた。

セキュリティーは機能せず

本庁に応援を頼んでも
誰も来なかった。

(仁平) 本庁から
要請はなかったと聞いている。

だったら
どうして清春を逮捕した時は

あんな大勢の公安部が
押し寄せたんですか?

あそこに うちの班がいなかったら
清春を殺して被疑者死亡扱いに

するつもりだったんじゃ
ないんですか? 仁平課長。

そもそも喜志を殺したのも
公安部の差し金…。

いいかげんなことを言うな!
(宇野) 南武君!

別に清春がシロだと言ってる
わけじゃないんですよ!

事件を うやむやにするために
清春を消すつもりなのが

許せないんですよ。

そんなこと あるわけない…。

なら 約束してください。

清春を必ず
生きたまま逮捕すると。

(振動音)

♬~

それには応じられないな。

うちの部下に
危険が及ぶ場合がある。

ケース・バイ・ケースだ。

会議を続ける!
昨日の捜査の経過報告!

薫が
10億円強奪事件の犯人ねぇ…。

しかも 強盗団を殺した実行犯が
別にいるって言ってた。

まぁ そこで
記憶が途切れちまったから

誰かは分かんねえけど。

恐らく その実行犯が
薫も殺したんだろう。

にしても なぜ薫は
そんな計画 企てたんだろうな。

ニッポンノワール
極秘何ちゃらを阻止するためだろ。

たかが10億で防げるような
プロジェクトなら

こんなに大勢 死んじゃいない。

それに いくら犯罪歴があるから
といって

未成年を巻き込むなんて
薫らしくもない。

もっと気になるのは
お前の記憶だ。

記憶の断片がよみがえった
2回とも

ガスマスクに見せられた画像が
きっかけだったんだろ?

偶然とは思えない。

お前が ただの記憶喪失なのか
いよいよ怪しくなって来たな。

(権藤) お待たせした。

克喜君のことで話がある。

(権藤) これは 彼のピルケースに
残っていた粉末だ。

分析してみた結果

認可が下りてない薬だった。

どういうことだ?

(権藤) 精神安定剤の一種だが
劇薬に近い。

これを投与し続けたら
大人でも命に支障を来す。

何で そんなもんを…。

あんな小さな子に処方するなんて
正気の沙汰じゃ ない。

一体どこで手に入れた?

(碓氷克喜) 清春さん!

元気そうだな。
ご心配をお掛けしました。

もう大丈夫です。

お前 器用だな。

なぁ お前が いつも飲んでる薬
あるだろ?

あれって
どこで もらったか覚えてるか?

さぁ…。

僕は母から
もらっていただけなので。

班長からか…。

あの 僕は いつ帰れるんですか?

もうすぐ 咲良が迎えに来る。

清春さんは
一緒じゃないんですか?

ああ お前を連れて行くわけには
いかない。

おいおい 本気かよ。

薫は この子が事件に関係してる
って言ってたんだろ?

もし公安部の連中に
見つかったとしたら…。

それでも
俺と一緒にいるよりはマシだ。

(振動音)

着いたか?

(咲良) 逃げて。
あ?

(咲良) 警察らしき人間が5人?
そっちに向かった。

♬~

まだ近くにいる 捜せ!

♬~

フッハハハ…。

昔から逃げ足だけは
速かったよなぁ 清春~。

眞木。

(眞木)
同期が殺人犯なんて驚いたよ~。

しかも警部まで ご一緒とはね~。

お前が わざわざ来るってことは
公安部も本気ってわけか。

ヘッヘヘ~…。

2人がかりは卑怯だなぁ…。

殺しても問題ないですよね?

(消音銃声)

殺す気満々じゃねえかよ!

さっさと被疑者死亡で
送検させてくれよ!

何?
ハハハ…。

(銃声)

痛って~…。

やってくれんじゃねえか~!
ハハハ…!

(名越) 「閉鎖された病院で
謎の爆破事故」。

これも公安部の単独行動ですか?

(香月) 何で俺たちに
情報が来ないんだよ。

(明海) うちらが清春
逃がすと思ってるからでしょ。

課長は 清春が喜志を殺したと
思いますか?

俺は
あいつがやってないに1票だ。

俺は今まで清春が許せなかった。

私利私欲のために暴走して
警察の名を汚す あいつが…。

でも近くで見てるうちに

ホントは そうじゃないんじゃ
ないかって思えて。

そんなことありません
あいつは…。

(前園) 俺も あいつが
無駄な殺しをするとは思えない。

とにかく 公安部より先に
俺たちが あいつを捕まえるんだ。

いいな?
(刑事たち) はい。

こっちは どうよ…
笑って笑って…。

っていうか 何でいんの?

いや… 灯台下暗しってやつ?

ここ 結構 行けんじゃねえのか
バレないんじゃない? ここ。

バレるでしょ。

今すぐ パクってあげようか?

清春
そのほうが安全だと思うけど。

あ? 何でだよ。

今 あんたを追ってる
大半の連中は

あんたを
被疑者死亡扱いにしたがってる。

けど 自首しても留置場で
BANG!ってこともある。

そうかもしれないけど
このまま逃げてても…。

勝算はある。

ニッポンノワール

強盗団や薫を殺した
真犯人とつながってれば

世間は黙ってないだろうし

組織がなくなれば
公安部から追われることもない。

つまり

ニッポンノワールの全容を
暴けば

全て解決する。

そういや
班長が克喜に託したUSBって

まだ あんたが持ってんだろ?

よく覚えてるね~。

これだろ?

残念ながら
中身は一部しか開かない。

こいつが本領を発揮する場所は
限られてる。

どういう意味だ?

まぁ そのうち分かる。

それより
他に何かつかんだことないのか?

課長が
警察病院に行った時のもんだ。

気になるのは この奥に写ってる
ベルムズの2人。

こいつらは この病院を最後に
消息が途絶えてる。

調べてみたら 他に行方不明に
なってる ベルムズの連中も

ここに行った後
連絡が途絶えてる。

この警察病院に 何か
あるかもしれないってことか…。

明海 ベルムズの行方不明者
割り出せるか?

やってみる ちょっと待ってて。
ああ。

でも何でベルムズなんだ…。
あ?

警察の暗部なら 暴力団とか
アジアンマフィアのほうが お似合いだろ。

何で半グレのガキと
つるむ必要がある?

ガキだからじゃないか?

それを ひもとくカギが

ここにある… とか。

(振動音)

はい~。

たとえ信用できるヤツでも
今は敵だと思え。

はい。

それは 明海にも言えることだろ。

心配すんな あいつは

俺に惚れてる。

やっぱ お前 嫌いだわ。
ハハハ…。

やっと つながったんですけど
ダメですね。

深水さん。
(深水喜一) ん?

(南武) 深水さんは
ニッポンノワールについて

何か ご存じなんですか?

(深水) ウワサだけね。

(南武) 何でしょう…。

ヤツらが
その存在を隠したいだけなら

ガスマスクの男など出さずに

もっとスマートに
できたはずなんですよ。

他に目的があるように思えて
ならないんです。

(深水) 10億 取り返したい
ってだけじゃなくて?

恐らく
組織の存亡に関わる何か…。

(芹奈) 碓氷警部は
その何かを知って殺された…。

おっ 名探偵のご登場。

(芹奈) まぁ 私も関係者だし
世間じゃ いまだに

お父さんが10億円強奪事件の
犯人だと思われてるんだから。

(南武) 本城理事官の娘さん?

その件に関しては
ホントに申し訳ない。

(芹奈) いいんです。

あいつが
きっと暴いてくれますから。

それって清春のこと?
芹奈ちゃん まさか…?

違うって
そんなこと あるわけないでしょ。

(深水) 確か

南武君の息子さんも

芹奈ちゃんと同じぐらいの年じゃ
なかったっけ。

生きてたら 今年 二十歳です。

えっ 課長のお子さんって
亡くなってるんすか!?

あ痛っ…。
バカ 家出だよ。

グレて 飛び出して それっきり。

どこで何をしてるやら…。

相変わらずの不眠症か?

ほい。

いらねえ。

お前さ

人間らしさって何だと思う?

あ? 何だよ いきなり。

同じ質問を
星良と薫にしたことがある。

人間らしさ…

感情や思想は持ちながらも

秩序を守るための倫理観と
順応性を兼ね備えていること

…かな?

おぉ~ Excellent!

(深水星良)
は~い 星良特製チャーハン

おぉ 来た 来た 来た!
あっ じゃあ星良は?

どう思う?
(星良)ん~…

ケータイを
ちょいちょい忘れることとか?

あと 風邪ひくって
分かってるのに

髪乾かさないで寝ちゃうとか

指を鳴らす音
正解!

どういうこと? 正解って
正解ってあるの?

(2人)イェ~イ!
そうじゃなくて!

(才門の声) 俺たちは まぁ
よく言えば未完成だ。

完璧な人間なんて 一人もいない。

けどよ

そういう欠点が こう…

チャーミングだったり
するわけじゃない。

なのに今の時代
品行方正を追い求めて

どんどん人間が薄味になって行く。

何が言いたい?

欠陥だらけのお前さんが

嫌いじゃないぜって話だ。

褒めてんのか けなしてんのか
どっちだよ。

も~ちろん! けなしてんだよ!

ふざけんな さっさと寝ろ。

ヤッベ! おい… どうすんだよ!
知らねえ お前のせいだろうが…。

こいつの居場所 知らねえか?

(石倉)
あれ? この前の刑事さん?

俺 覚えてます?

ほら カラオケボックスの店員の。

あぁ…。
フフっ。

あ~ 仁科なら
もう全然 会ってませんよ。

こいつがベルムズの
メンバーだって知ってから

疎遠になっちゃって。

(甲斐) どうした?
おっ。

甲斐~。

いや 何か 刑事さんが
仁科のこと知らねえか?って。

(甲斐) あいつが何かしたのか?

いや 連絡が取れなくて。

(自転車のブレーキ音)

♬~

サトル君
いつものダンスやろうか。

おい やるぞ。
(石倉) お… おぉ…。

よし じゃあ サトル君 やろっか。

セブン エイト
ワン ツー スリー エン フォー

ファイブ シックス
セブン エイト。

ワン ツー スリー フォー…。

助かったよ。

俺にも年の離れた弟と妹がいて。

だから 子供の目を見れば分かる。

そいつが信じられるかどうか。

(石倉) 左… ブ~ン!

ブ~ン!
(石倉) そう ブ~ン!って。

実は仁科に会ったんだ
3か月前に。

いいバイト紹介してやる
って言われて。

ベルムズ絡みの仕事だって
言ったから

スルーしたんだけど。

どんなバイトだ?

面接に受かったら
詳しく教えるって。

でも 妙なのが

ベルムズの仕事なのに
勤務先が警察病院らしくて。

(甲斐) バイト合格だって
詳細は ここに。

ビンゴ。

あとは任せろ。

刑事さん。

仁科に会ったら伝えてくれ。

「間違いは誰にでもある
いつでも待ってる」って。

分かった。

また遊びにおいで。
はい!

お前 踊り 下手なんだな。

そんな はっきり言わなくても…。

フッ… 俺に そっくりだ。

(振動音)

はい こちら
中央警察病院 入り口~。

笑えねえんだよ バカ。

やっぱり ベルムズと警察病院は
つながってた。

そっちは何か つかめたか?

つかむも何もよ
病院の周りだけでも

警官らしきヤツらが
たくさんいて

もう これじゃ
中に入ることも できやしねえ。

常時 これだけの人数を
見張らせてるのか

それとも 情報が漏れたか。

まぁ とにかく
病院の中に入るための突破口

探さねえとな。

突破口…。

プシュ~!

あるかもしんねえぞ。

(ファイター田中)
ニッシー 筋がいいね。

(西崎) ホントですか?
(田中) ああ。

昔のあいつに そっくりだ。

(ノック)

あっ いたいた。

先日は どうも。
おっつ~。

君は確か 南ちゃんの…。
部下です。

今日は お願いがあって来ました。

(明海)
警察病院に侵入するつもり?

ああ。

いよいよ 核心に迫っちゃう。

どうして そこまで
ニッポンノワールに こだわるの?

亡くなった婚約者のため?

もしかして 妬いてる?

かもね。

あなたは 私に
一度も心を開いたことがないから。

そんなことないと思うけどな。

いいよ 別に。

自分でも最低な女だって
分かってるから。

またまた~。

話してなかったよね。

私にも婚約者がいたこと。

年下のイケメンで
付き合って半年。

私は彼の子供を妊娠した。

でも 彼が株に失敗して

私に借金 背負わせて。

結局 私は

おなかの子を堕ろした。

1人でも養って行けたのに…。

要に会った時
私と似てるなって思ったの。

幸せを求めてないっていうか。

幸せを求めちゃいけないって
思ってるような…。

その話

重いな~ ハハハ…。

だよね。

ビールでも飲む?

俺も明海に会った時

自分と似てるな~って思ったよ。

本当は

幸せになりたいって
思ってるところが。

背中 大きいですね。

洗うの面倒くせぇか?

いえ うれしいです。

すいません 迷惑ですよね。

いや 俺も親父と
そういうことしなかったから

何となく分かるよ。
ホントですか?

事件が解決したら どうするんだ?

どうするって…。

よかったら

一緒に暮らすか?

いいんですか?

まぁ 俺が真犯人じゃなかったらの
話だけどな。

絶対 違いますよ 清春さんは。

絶対です!

(南武) どうして清春の情報を
共有しないんだ!

君たちが逃がす可能性が
あるからだ!

そんなことするわけ
ないじゃないですか!

公安部は そこまでして
清春を殺したいんですか?

(明海)
新たな情報を入手しました。

才門警部と遊佐巡査部長が
今から3時間後に

警察病院に侵入します。
何それ! どこ情報?

才門警部本人よ。
(名越) は?

計画の詳細は こちらに。

(名越) 行きますよ!
≪はい!≫

彼は私を信頼しています
確実なソースかと。

(仁平) おい コピーしろ!

警察病院 緊急配備だ!
(刑事たち) はい!

(南武) おい。

どうして俺に直接 言わなかった?

先に車 乗ってろ。

はい。

(車のドアが閉まる音)

克喜君 よく笑うようになったね。

前は能面みたいな面
してたのにな。

父親としての自覚が出て来た?

もしかしたら
初めから あったのかもしれない。

お前次第で…

この世界は
いくらでも変えられる

(清春の声)
会ったばかりのあいつに

俺は昔の自分を
重ねて言ってるつもりだった。

でも あいつを何とかしてやりたい
と思ったのは

明らかに
それとは別の感情だった。

あの時は それが何なのか
分かんなかったんだけどな。

清春 変わったよね。

何か 丸くなったっていうか。

記憶をなくした影響かな
って思ってたけど

克喜君と一緒にいる時間が
そうさせたのかもね。

うるせぇ。
フフ。

それより話しておきたいことって
何だよ。

実は 克喜君がパニック
起こした時のことなんだけど

ものすごい力だったの。

あ~! あ~!
(咲良)克喜君 ねぇ 克喜…!

(咲良の声)
それこそ大人顔負けの。

あの薬と何か関係あるのかな?

俺も あいつの力は気になってた。

銃声

(清春の声) ガキのくせに
発砲の衝撃に耐えたんだからな。

それも警察病院で
何か分かるかもしれない。

あいつ 頼んだぞ
俺に何かあったら…。

やめてよ 死亡フラグ立てるの。

だな。

Let's think!

≪おはようございます
こちらです≫

(お姉さん) キャ~! 助けて~!

このままじゃ
お姉さんが怪人にされちゃう!

みんな
ガルムフェニックスを呼んで!

せ~の!
(一同) ガルムフェニックス~!

(拍手と歓声)

総員 配置に就け。

≪頑張れ~!≫

≪頑張れ~!≫

≪行け~!≫

(歓声)

(ガルムフェニックス:清春の声)
変わるなら今だ。

お前がその手で 道を切り開け!

Let's think!

(お姉さん)
みんなの応援のおかげで
ガルムフェニックスは怪人を…。

準備はいいか?

(お姉さん)
ガルムフェニックスを見送ろう!

(子供たち)
ガルムフェニックス~!

(拍手)

(拍手)

少し お話よろしいですか?

(眞木) 待て~! 清春~!

止まれ~! 撃つぞ。

ハッハハハ!

(眞木) 一般市民から離れてくれて
助かったよ。

ハハハ… ハハハ…!

これで終わりだ 清春~!

撃たないでください!

あ~…!
(スイッチを押す音)

変わるなら今だ。

お前がその手で
道を切り開け!

Let's think!

(田中) 何なんだよ 一体。

こいつの晴れの舞台が
台無しじゃねえか。

どうなってんだ…。

≪何? 何?≫

♬~

♬~

まさか誰も知らない地下室が
あったとはねぇ。

♬~

こいつら 公安か?

いや 違うな。

♬~

(銃声)

もう~!

もう 0.3秒 遅かった!

(銃声)

(銃声)

(電子音)

(銃声)

何なんだ こいつら… ゾンビかよ。

ワチョ~!
早く来い!

(銃声)

セーフ!

いや… アウトだ。

(口笛)

ここでガスマスクの登場とはねぇ。

♬~

行くぞ!

♬~

♬~

同じ手 食らうかよ。

今日こそ
お前の正体 暴いてやるよ。

♬~

誰なんだ? そいつ

ガスマスクをかぶった男
正体は分からない

でも…


Look at me.

やっと 目ぇ覚ましたか。

ガスマスクの男は?

あぁ… 退治してやったよ。

逃げたのか。

今 記憶の続きが よみがえった。

班長の話が本当なら
この警察病院で克喜は…。

Wait wait wait….

よく… 聞こえねえよ。

何で…?

け… 結構 手ごわくてよ。

予想以上に化けやがった…。

おい しっかりしろよ。

こんなとこで
くたばるタマじゃねえだろ。

俺さ

チャーハン 好きなんだよ。

は? 何言ってんだよ。

もっと

食っときゃよかったなぁ…。

うちの近所によ
来名軒って店があって

そこのチャーハン
世界一うめぇんだよ。

ここ出たら 連れてってやるよ
なっ?

うれしいねぇ…。

奥の… 部屋の中に…

ある… パソコン… に…

こいつを差せ。

か… 克喜の…

す… 全てが分かる。

お前のことも。

早く行け。

追っ手が来る。

すぐ戻る。

死んだら ぶっ殺すぞ。

♬~

ごめんな…。

清春…。

ハァ… 俺が食いたいのは…。

星良が作った…

チャーハンなんだ。

♬~

♬~

少し…。

寝る… か…。

(薫)ガスマスクをかぶった男
正体は分からない

でも ニッポンノワールの一員
であることは

間違いない

ニッポンノワール

警察の地下組織…

克喜は

ニッポンノワール
極秘プロジェクト の犠牲になった

克喜は 元々 あんな
おとなしい子じゃなかったの

手が付けられないくらい
気性が激しくて

それが たった2週間で
別人のようになった

あの子は実験を…

あ?

克喜は…

人体実験を受けたの

♬~

♬~

今のは…。

♬~

(南武) おい そこまでだ!

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~