ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

大富豪同心 第4話 中村隼人、新川優愛、池内博之、石井正則… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『土曜時代ドラマ 大富豪同心(4)「遊里の旋風(かぜ)!」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 吉原
  2. 沢田様
  3. 銀八
  4. 旦那
  5. 春駒
  6. 安太郎
  7. 菊野
  8. 見世
  9. 閉門
  10. 遊女
  11. 若旦那
  12. 下手人
  13. 由利之丞
  14. 卯之吉様
  15. 回想
  16. 寛窓寺
  17. 四国屋
  18. 丁子屋
  19. 内与力
  20. 八巻

f:id:dramalog:20191116195323p:plain

『土曜時代ドラマ 大富豪同心(4)「遊里の旋風(かぜ)!」』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

土曜時代ドラマ 大富豪同心(4)「遊里の旋風(かぜ)!」[解][字]

内与力・沢田彦太郎(小沢仁志)が遊女殺しに巻き込まれ吉原に監禁状態となる。沢田の窮地を救うため、卯之吉(中村隼人)とその仲間たちが立ち上がる…。

詳細情報
番組内容
密かに吉原遊びを楽しんでいた内与力・沢田彦太郎(小沢仁志)が遊女殺しに巻き込まれ吉原に監禁状態となる。沢田の窮地を救うため卯之吉(中村隼人)たちは集まるが、吉原では卯之吉は三国屋の若旦那として顔が通り過ぎているため、同心として乗り込むことができない。そこで卯之吉が、売れない役者・由利之丞(柳下大)をニセ同心・八巻卯之吉したて吉原に潜入。はたして卯之吉たちは沢田を助け出せるのか…。
出演者
【出演】中村隼人新川優愛池内博之石井正則,小沢仁志,村田雄浩,柳下大渡辺いっけい稲森いずみ竜雷太,千代将太,寺井文孝,越村友一,武田幸三石黒英雄武野功雄,【語り】林家正蔵
原作・脚本
【原作】幡大介,【脚本】伊藤靖
音楽
【音楽】佐橋俊彦

 

 


江戸時代の冬は

今と違い
非常に寒かったといわれておりますが

人々は それに負けじと
この寛窓寺に繰り出し

縁日を楽しんでおりました。

(溝口美鈴)あの 銀八さん…。
(銀八)へい。

卯之吉様は こたびも
隠密の お務めなのですか?

はっ? あっ… もちろんでございます。

町人になりすまして
お調べをなさってるんで はい。 ヘヘへ…。

(銀八)旦那…。
(卯之吉)うん?

(銀八)あれは 何を納めているんで?
ああ 見せ物小屋のあがりだよ。

寺の蔵には
毎年 数千両も ため込まれると聞くよ。

(銀八)数千両!?

そんな金があったら
おいら 一生 遊んで暮らせますよ。

ハハハハ…。
(菊野)あら 卯之さん!

菊野さん これから お座敷かい?
いいえ。

近頃 呼んでくださらないから
観音様に願かけに。

それは すまないねえ…。

フッ… 冗談ですよ。

こちらさんは?
ああ こちらは…。

溝口美鈴と申します。

八巻様のお屋敷に
住み込みで お仕えしております。

まあ… 住み込みで?

かわいらしいお人じゃありませんか。

卯之さん 今度
お座敷に連れて来てくださいな。

そうだ… そうだね。

結構です!

あの… 夕餉の支度がありますので
お先に失礼いたします。

あれ? 美鈴様 お参りは?

近頃 この冬の時期を狙って

火つけ盗賊・火男ノ一党が
のさばっておる。

なお一層 気を引き締め
務めを怠ることなきよう。

よいな?
(一同)はっ!

(玉木弥之助)
沢田様 文が届いております。

ご苦労。

♬~

(せきばらい)

こちらは 寛窓寺のすぐ北にある
色街 吉原。

この街には
沢田様のような お堅いお役人も

時に お金をため 町人のふりをして
通っていたのでございます。

(春駒)うれしい!
ほんに ように来てくんなんした。

内与力の沢田様。
し~!

声が大きい。

奉行所に 文をよこすなんて
まったく お前は…。

だって 本日は 紋日でござんしょ。
いとしい方に来ていただきたくて。

それは わしだって お前の顔が見たい。

まあ! うれしい。

この紋日に 客をとれない遊女は

面目が立たず 皆 必死でございました。

それじゃ 先に 風呂入ってくる。
いってらっしゃいんし。

(せきこみ)

旦那 旦那!
若旦那 お上がりなんし。

遊んでっておくれよ。

≪またな。

≪何だい ひやかしかい 唐変木め。

≪はあ… これじゃ
紋日というより 厄日でござんし。

ねえ? 安どん。

違えねえ。

≪(安太郎)春駒。

安太郎さん 今 お客が来てるんだよ。

知ってるさ。
あいつは いつも 長風呂だろ?

見世に ばれたら どうするんだい。

かまうもんか。
まもなく 吉原とも おさらばだ。

本当に やるのかい?
ああ。

俺と一緒になりてえだろ?
当たり前じゃないか。

うん?

春駒?

何だ 今日は 随分 気が早いじゃないか。

おお 忘れておったがな
お土産を買ってきとる。

ほれ!

うん? 春駒? まさか寝て…。

うわ~!

♬~

じゃあ 駆けつけたときには
すでに死んでいて。

沢田…。
(せきこみ)

ああ… 四国屋…。

あっ… 四国屋さんが
この匕首を手にして

腰を抜かしていたと。

それは… 滑って 転んだだけだ。

うそをつけ! この人殺し!
無礼者!

誰のこと言ってんだ!
まあ 待て 待て。

しかし 怪しい者は
誰も2階に出入りしていない。

そうだよな?

何度 言えばいいんだい。
紋日なのに 商売上がったりだよ。

で 私が呼ばれたわけですね。

四郎兵衛会所に知らせに行こうとしたら

「三国屋の若旦那を呼べ」って
聞かないんですわ。

そうですか。

じゃあ
四国屋さんが下手人ということで…。

わしじゃない! ばか者!

あの… 若旦那。

あのお方…
本当は お武家様?

違うよ。

でも 若旦那ほどのお人を
呼び出すなんて 一体…。

四国屋さんとは
一緒に遊ぶ 長いおつきあいでね…。

(沢田)ああ…!
≪うわ~ ばか! おい!

卯之吉 まずい… これは まずいぞ。

このことが 吉原の面番所
四郎兵衛会所に知られたら 終わりだ。

遊女を殺したことが?
ばか者…!

そのぬれぎぬを
わしが着せられたってことが!

そうかもしれませんけど…。

情けないことを申すな。

お前しかおらんのだ! いいな?
早く なんとか…。

≪うるせえぞ…!

ということで 商人の四国屋として
吉原に来た沢田様が捕らわれ

見世から出られなくなってます。

(梅本源之丞)誰にも言えぬ
一大事っていうことだな。

何か 沢田様の疑いが晴れるようなこと
できないのでしょうか?

ええ。 私が 女たちに聞いてきました。

近頃 派手な身なりだけど
目つきの悪い男が

昼見世に来たことがあって。

[ 回想 ] ≪よ~く考えるんだな。

[ 回想 ] ねえ もう 早いとこ
帰っておくんな!

[ 回想 ] 旦那! うちの子に
何か ご用ですかい?

[ 回想 ] 何でもねえよ。

(遊女)そいつ
大黒屋に よく来てる男らしいんだけど

春駒姐さんに 二言三言 話しかけたら

姐さん すごく怒って 「帰れ!」って。

[ 回想 ] まったく しつこいったら
ありゃしない!

つまり その男と春駒の
色恋のもつれってことか?

…だと いいのだけど。
今 沢田殿は どこに?

その丁子屋という女郎屋に
捕らわれてます。

奉行所には まだ 話はいってないのか?

ええ。
見世の衆に頼んで待ってもらいました。

うん? 待ってもらうって
どうやって?

私が月末まで 見世を買い切りまして。

まあ…!
見世ごと? さすが 卯之さんだ。

そうしないと 来月は 訴え出る先が
町奉行所に移ってしまいます。

そうなるとねえ…。

南町奉行所の内与力様が

町奉行所に
取り調べられかねないってことね。

ええ。
う~ん…。

いいこと 思いついた!
何だい?

同心 八巻を
役者にやってもらえばいいんだよ。

「や」?
「く」?

「しゃ」?

そして 翌日。

これはこれは 三国屋の若旦那。

こんな昼間からいらっしゃるなんて…。
違うんだよ。

今日は あちらの同心 八巻様が
内々に吉原をご視察だっていうから。

まさか あの… 八巻卯之吉様?

(由利之丞)えっ?

あっ… ああ!

我こそが人斬り退治の八巻卯之吉なり。

悪党を捕まえた話 聞きてえか?

≪キャ~!
≪うそでしょ!?

≪(歓声)

どうするんです? これ。
どうするって…。

極悪非道の黒雲一家 ことごとく…

討ち取ったり!

≪(歓声)
行くぞ。

(由利之丞)悪事を働く野郎ども

どっからなりと かかってこい!
≪(歓声)

(火男ノ禄太郎)あれが八巻か。
(大松)へい。

シンタ!
今夜の大黒屋

しっかり きっちり
押さえたんだろうな?

もちろんでございます。

主人いわく絶世の美女だと。

うん。 今夜が楽しみ。

(沢田)下手人は春駒を殺して
2階から姿を消した。

素人の手口とは思えん。

…だとすると
どうして殺したんでしょうねえ?

下手人は 春駒さんを。
う~ん…。

わしを はめようとしたのか…。
だったら もっと騒ぎ立てるはずです。

≪(すすり泣き)

(すすり泣き)

ごめんね 寒い中 一人にして。

春駒姐さん…。

昨日も におったけど

殺された春駒さんは 労咳病みだね。

どうして そんなことが?

血の色と においさ。
労咳病みの血は 鮮やかな色で

香ばしいにおいがする。
そうでやんすか。

この街に 遊女だけで
2, 000人 暮らしてんだろ?

そりゃ 病も はやるわけだよ。

あれ?

やはり…。
どうかしたかい? 卯之さん。

もう一人いる。

血の量が どうも
一人分じゃないと思ったのさ。

これは 若い男の血だね。

そんなことが分かるのか?

ええ。 食べ物や年齢 病
それが においに出るんです。

窓からか…。

ここから悪党たちが出てったってことで?
(源之丞)人目につかないか?

大門が閉まったあとだから
ありえない話じゃないね。

確かめよう。 由利之丞さん。

(由利之丞)
おいら 高いとこは苦手なんだよ…。

(水谷)頑張れ! すご腕同心。
(由利之丞)わあ! びっくりした もう…。

おっ! ここにも血が。

どこからか
下りられるとこはないのかねえ?

(銀八)旦那!

♬~

なるほど。 ここからなら
屋根に上り下りができるね。

(水谷)おい! これは 何だ?

やはり 若い男の血だね。

(源之丞)するってえと その若い男が
春駒を殺すときに傷を負い

この屋根伝いに逃げたってことかい?

いや この人
ここにいるとき すでに死んでいるね。

ということは…?

(銀八)あの部屋に あれだけの血。

しかし 窓枠から屋根瓦には
ほとんど血が残っておらず

また ここに これだけの血。
どういうことだ?

恐らく ほかの誰かが
春駒さんと若い男を殺し

その男の死骸だけを何かに包み
この屋根伝いに運んで

この天水おけのそばに
しばらく隠していた。

(源之丞)下手人は 別にいるのか?

そういうことになるね。

今日は 市中の見回りに行くと
言っておりましたが。

あの青びょうたん 勝手なまねしやがって。

人斬り同心の評判を取って
調子に乗ってやがるんですよ。

案外 あの芸者の菊野ってのと
しけ込んでいたりして。

まあ とにかく 戻ったら
南の猟犬 村田が

「詰め所に 顔を出せと言ってた」と
伝えてくれ。

はい。

沢田様も
病気で倒れて 籠もりっぱなしだし。

まったく どうなってんだい。

吉原のことは ないしょだぜ。
へい。

(荒海)美鈴さん 旦那は戻ったかい?

いえ…。

そうでやすか…。

三右衛門さん
どこへ行かれたか ご存じなのですか?

実は 内与力の沢田様が
吉原で 遊女殺しの罪を着せられ

捕らわれの身となっておりやす。
そんな…。

で 旦那は 本当の下手人を見つけるために
町人に化けて

源之丞さんや菊野たちと
吉原に入ったんでさあ。

菊野さんも?
左様で。

俺もお供したかったが あっしら
やくざもんには縄張りがありましてね

吉原の中には入れません。

私 吉原に行きます。

ちょっ… ちょっとお待ちくだせえ!

武家の娘さんが
遊郭なんざ 行っちゃいけねえ。

卯之吉様は 私がいなくては駄目なんです。
口出しは無用!

分かりやした。

吉原まで この三右衛門 お供いたしやす。

≪ごめんくださいまし。

花魁のお越しでございます。

♬~

玉菊でありんす。

待ってたぜ!

♬~

おう すまねえが
障子 開けてくんねえか?

へい。

(くしゃみ)

すいやせん 失礼いたしやした。

まだまだ 寒さがきつうござんすな。

そろそろ 寛窓寺の梅が見頃だぜ。

まっことそうで…
ござんすこと よく耳に入りんす。

(火男)これだけ目と鼻の先なのに

おめえら遊女は 不憫なこったなあ。

あい。 美しゅうござんすか?

まだ五分咲きぐれえだが

千島堂の隣に生えてるやつが
いい具合だ!

随分 お詳しゅうござんすこと。

梅見のころに
想い人と約束でもしなんしたか?

約束? ヘっ… してえもんだぜ。

相手が おめえのような女ならな。

あちきは ふわふわ 風花みたいに生きる
女でありんす。

なびくか なびかねえかは 風次第か?
へっ…。

おい! ちょっと…。
へい!

≪何でございましょうか?

≪へい! かしこまりました。

では あっしも ちょいと失礼を。

おい! どこへ行くんだ?
ああ いえ…。

はっくしょん…!
火鉢に炭を足すように言ってめえりやす。

うん…?

何ですか 今夜 梅を見に行くので
用意を頼むとのことで。

そうかい。

ご苦労だったね。
こりゃどうも。

(シンタ)今夜 やれとよ。
(大松)取り調べに来た あいつらは?

(シンタ)放っておくしかねえだろ。

それじゃあ やつらは じきに安太郎を…。

うっ…!
ばか! 声が でけえんだよ!

すまねえ 兄貴。

こっちが うまくいけば
あとは かまいやしねえよ! そうだろ?

それはそうだけどさ…。

皆に知らせて 例のものを運び出すぜ。

おう!

(くしゃみ)

≪(くしゃみ)

若旦那 今 例の野郎を
菊野さんが相手してるんですが

そいつの手下が
安太郎ってやつを どうこうって…。

安太郎は うちの下働きの男で…。

春駒姐さんの想い人です。

ひとつきほど前 2人でいるところに
出くわしてしまって。

見世の者と遊女の恋は ご法度。
それで みんな 黙っていたんだね。

どうか 見世には言わないでおくんなまし。

隠してた あたいらも罰を受けるんです。

もちろん 言わないよ。

安どん ゆうべから姿が見えないんだ。

何にもなければいいんだけど…。

すぐに安太郎さんの住まいに
連れて行っておくれ。

≪(遊女)ここです。

随分 殺風景だねえ。

若旦那… 安太郎もいいけど
あの派手な野郎を追いましょう。

もう 吉原から
逃げちまってるかもしれない…。

(くしゃみ)

それにしても あの野郎 座敷の最中
窓を開けっぱなしにしろって言うもんで

もう 風が寒くて まいりやしたよ。

うん? このにおい…。

(銀八)えっ? 何か においやす?

はっ…!
≪(遊女)きゃ~!

(銀八)し… 死人だ!

こいつが安太郎?
はい…。

あれ? ほかのにおいがする。
えっ?

これは油?
油?

≪(物音)

風?

はっ…! 銀八!
へい。

すぐに 四郎兵衛会所に伝えておくれ。

これは 火つけだ。
火つけ?

この北風を使って
吉原を焼き払おうとしているんだよ。

沢田様。
菊野…!

卯之吉様が 長屋で 春駒の想い人
安太郎の死骸を見つけました。

部屋には油の跡があり
恐らく これは 火つけの企てだと。

何!?

(菊野)それで
沢田様に お願いがございます。

今すぐ 面番所に行き
閉門を申し渡してくださいまし。

吉原を閉めろと?

しかし わしは
見てのとおり捕らわれの身…。

火つけであるとの確証はあるのか?

ございませぬ。

それでは 丁子屋の者たちが納得せぬ。

あやつらが
春駒殺しの疑いを騒ぎ立てれば

わしは終わりだ!

ですが こうしてるうちに
下手人たちが逃げてしまいます!

≪こっちだよ。
≪(銀八)旦那…。

沢田様!
私も卯之吉様も 沢田様のために

こうして 吉原に参りました。

ですが 沢田様にとって大事なのは
御身だけなのですか?

見損ないました!

あい分かった! 菊野…!

あ~! ちょっ ちょっ ちょっ…!
どこに行くんですか?

ちょっと事情があってね。
それは約束と違います…。

黙れ! 黙れい!

わしを誰と心得る!

南町奉行所 内与力 沢田彦太郎であるぞ!

内与力?
ぶっ… 奉行所

そこをどけい!

邪魔立てすれば
この丁子屋なんぞ 取り潰してくれるわ!

ご… ご勘弁を!

わしに続け!
(銀八)へい…!

♬~

あれが吉原の大門。
吉原と外をつなぐ唯一の出入り口です。

♬~

あいつ…。

(沢田)お~い! 閉門だ! 閉門!
お~い! 閉門しろ!

卯之吉様!

何だ? 町人風情が!

ばか者! この顔を忘れたか?

わしは 南町奉行所 内与力
沢田彦太郎であるぞ!

「さわ」…? あ~! ひい…!

さ… 沢田様 これは ごごご… ご無礼を!

いいから 早く閉門しろ!

この吉原が燃えてもよいのか?

燃える?

≪閉門!
≪閉門!

もし! 沢田様! 旦那!
親分さん!

ちょっと待て!

今 出て行った男
あれは火男ノ禄太郎って悪党でさあ!

火男ノ? 火つけ盗賊か?
へい!

ここから南…。

寛窓寺!やつらの狙いは銭ですね。
銭?

吉原が火事になれば
寺から ばく大な銭が運び出される。

よし! 寛窓寺に走れ!

はい!

腕が鳴るねえ! 寅三!
へい!

何をぼさっとしておる! 閉門しろ!

どいた どいた!

♬~

いたか?
いえ!
くそ!

あっちだ!
へい!

♬~

見たぞ。
いいか?

ここは気付かれないよう
間合いを詰めて 一気に一網打尽…。

くせ者ども~!
そうじゃないんだよ 八巻先生!

我を誰と心得る!

天下御免の辣腕同心 八巻卯之吉とは
あっ 俺のことでい!

兄貴…。
くそ! 感づかれたか。 食らえ!

おのれ~!

や~!

♬~

ああ~!

うっ…!

弥五さん…。
すっげえな 恋の力って。

おのれ…!

沢田殿!
うわ~…!

悪党どもが!

くそ! まだか?

八巻が
嗅ぎつけちまったんじゃねえですかい?

ばか野郎! 油まいて 火つけるぐれえ
犬にでもできる!

≪おいおい この寒い冬のさなかに

火つけってのが
どれだけ重罪か分かってんのか?

だ… 誰だ!?

俺は 荒海ノ三右衛門。

同心 八巻卯之吉様の子分だよ。

何? まさか…。

何でも見抜いてしまう!
それが八巻の旦那さ。 覚悟しな!

おい! やっちめえ!
≪へい!

♬~

遅くに すまなかったね。
支払いなんて あと! あと!

釣りは いらないよ。
こりゃどうも…。

旦那~! こいつをお使いくだせえ!

♬~

好き合っていた2人を踏みにじって
私は悲しいよ。

うるせえ! 黙れ!

安太郎は 女に たくらみを
漏らしやがった。 当然の報いだ!

とはいえ 吉原に火はつかないし

火の粉が飛んで来なければ
寺から銭は運び出されない。

もう およしよ。
しゃらくせえ! 誰だ? 貴様。

八巻の旦那と気付かねえとは
焼きが回ったな。

何だと?

♬~

♬~

ああっ…!

(三国屋徳右衛門)いやあ…!
このたびの沢田様のお手柄

お見事でございましたね。

うむ。 まあ 当然のことをしたまで。

(菊野)沢田様は
ご自身の危難を一切 顧みず

捕らわれの身となった丁子屋を
抜け出したのでございます。

なんと 勇ましい…!

ねっ? 沢田様。

(せきばらい)

その節は 世話になったな。

それでこそ
この江戸を守る与力様でございますよ。

あの… ちなみに 丁子屋の買い切りが
月末までで千と五百両。

花魁の玉菊を見世に入れてもらうのに
二百と五十両

偽八巻を演じた役者
由利之丞の芝居の金元になり百両。

合わせまして 千と八百五十両

すべて この三国屋が
肩代わりいたしました。

そうか…。 それは申し訳ない。

いえいえ…。

この程度の金で
沢田様のお役に立てるのなら

お安いものでございます。

なら… よかった!
はい。

これからも 卯之吉ともども

この三国屋を よろしくお願い申します。

♬~

フフ… ヒヒヒ…。

♬~

あの… こたびの勝手なふるまい
申し訳ございませんでした。

えっ… そんなことありません。

美鈴さんがいてくれると 私は安心ですよ。

えっ? 本当ですか?

ええ。 これで 今後は心置きなく吉原で…。

(せきばらい)
何か 喉が…。

(小声で)違うでしょ?
「助けてくれてありがとう」とか

「一緒にいてくれて うれしい」とか…。

あっ… そうだね。

世話になったね ありがとう。

ああ… いえ…。

ごはんの支度をします。

じきに出かけるんだけどね 吉原に…。

ブフゥ…!

(せきこみ)
大丈夫かい?

♬~

次回は…。

もしや 霞ノ一党では?

爛堂?
ハハハ…!

(銀八)モテモテでやんすね 旦那は。

(村田)見習同心 ハチマキなんざ
お払い箱にしてやる。

♬~

大丈夫 大丈夫 大丈夫だ…!

我ら 町人に姿を変え
内偵しておったのだ!

♬~

♬~

♬~