ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

4分間のマリーゴールド 第6話 福士蒼汰、菜々緒、横浜流星、西村元貴… ドラマのキャスト・主題歌など…

金曜ドラマ「4分間のマリーゴールド」♯6【第二章の始まり―ついに結婚を決意!】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 沙羅
  2. 結婚
  3. 大丈夫
  4. お前
  5. 気持
  6. 上田
  7. ホント
  8. レン兄
  9. 運命
  10. 京子
  11. 江上
  12. 正直
  13. 不安
  14. シロ
  15. 磯辺
  16. 一人
  17. 一同
  18. 急性心筋炎
  19. 最近
  20. 自分

f:id:dramalog:20191115225514p:plain

金曜ドラマ「4分間のマリーゴールド」♯6【第二章の始まり―ついに結婚を決意!】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

金曜ドラマ「4分間のマリーゴールド」♯6【第二章の始まり―ついに結婚を決意!】[字]

[デ]救命士・みこと(福士蒼汰)と余命1年の義姉(菜々緒)の切ないラブストーリー。一つ屋根の下に暮らす義兄(桐谷健太)と義弟(横浜流星)との4兄弟のやりとりも大注目

詳細情報
番組内容
年が明けて、みこと(福士蒼汰)が視た沙羅(菜々緒)の死の運命の日までついに9か月を切り、みことと同様に廉(桐谷健太)と藍(横浜流星)も沙羅の運命を変えるために試行錯誤するが、何が起きるかわからないまま時間だけが過ぎていった。ある朝、みことは沙羅と洗濯物を取り込んでいて、不意に「結婚しよう」と沙羅に言い出す。快く受け入れる沙羅。しかし、沙羅は結婚を具体的に考えれば考えるほど不安ばかり募ってしまい…
出演者
福士蒼汰菜々緒横浜流星、西村元貴、伊藤あさひ関水渚、鈴木ゆうか、麻生祐未、三浦誠己、西尾まり橋本じゅん桐谷健太
音楽
主題歌:平井堅「#302」(ソニー・ミュージックレーベルズ
音楽:兼松衆 櫻井美希
スタッフ
脚本:櫻井剛 
演出:河野圭太共同テレビ)、城宝秀則共同テレビ) プロデューサー:橋本芙美共同テレビ
公式ページ
◇番組HP
http://www.tbs.co.jp/4mari/
◇番組instagram
https://www.instagram.com/4mari_tbs/
◇番組Twitter
https://twitter.com/4mari_tbs
@4mari_tbs

 

 


<今 会いたい人とは?>

<まさかの展開が>

(みこと)来年の誕生日に

姉さんは 死ぬ運命にある

(沙羅)私… 死ぬの?

この力は 沙羅を
助けるためにあると思ってる

絶対に助ける

ああ… シロ おはよう

よし 行こうか

シロ

<年が明け>

<運命の日まで 9カ月を切った>

おはよう

おはよう

おはよう
おはよう

おはよう

(藍)おはよう

ああ… おはよう

もう 朝から
イチャイチャやめてよ

早く朝飯 食っちゃって

は~い
は~い

あっ まだ みんな いないんだ
うん

おお…
(廉)よしっ!

ちょ ちょ…
油断するんじゃねえよ

こういうときは…
あっ?

待って 待って 待って…

ヨッシャー!
カーッ!

何してんの?
あっ?

護身術のトレーニン
何かと物騒だろ

朝からやめてよ むさ苦しい

むさ苦しいって お前のためだろ!

ゴミついてるよ

(廉)よしっ いただきま~す
(一同)いただきま~す

どう?
ダメ… かな?

ダメか…

漢方の苦味が味噌の風味を
完全に殺してるね

でも 姉ちゃんのこと考えたら
健康は外せないでしょう

食事は普通で いいんじゃない?
いや でも…

大丈夫 お姉ちゃん
健康には自信ある

じゃ 分かった…

その本は もう閉じろ

そして 参考書を開け
受験生なんだから

そっちは心配ない
そういう油断が

足もと すくうんだよ
お前 受験 ナメんなよ!

なあ その調子で

<その日に備えて レン兄も藍も>

<それぞれが 沙羅のために
試行錯誤している>

<でも 沙羅は 当たり前の毎日が
変わってしまうのに>

<少し不満げで…>

<何が起きるかすら
分からないまま>

<俺達なりに
何とかしようとしている>

(江上)花巻くん 顔色いいね
えっ?

表情が明るくなったような
何かあった?

いえ 特に
何も変わりませんけど

(磯辺)いつもどおり
ゴチャゴチャ悩んでるよな?

<そう 状況は何も変わらない>

<でも 悩んでもいられない>

<今は
できることをするしかないから>

(江上)上田くん 遅いね

はい 珍しいですよね

(上田)おはようございます
遅れました!

(一同)おはようございます

おはよう 寝坊?
すいません

引き継ぎ お願いします
うん

昨日は 出動 6件
重篤な事案は

40代の心筋梗塞

まあ 搬送後に
意識回復したみたいだけど

その1件かな
了解です

大丈夫?
疲れが取れないんです

最近は こっちの番に
重篤な事案とか

死亡ケースが集中してて

まあ… 波があるからね

よしっ お疲れさまです

ふう…
お疲れ

静香さん あとは任せて
お茶でも飲んでてください

好きにやってもらって
かまわないんで

(静香)ゆき 大丈夫?
大丈夫!

じゃ お言葉に甘えて
よろしくお願いします

どうぞ どうぞ

はい どうぞ

弟くんだったのに
今は彼氏くんなんでしょ?

ああ… はい すいません

沙羅ちゃんから聞いて
驚いたけど

私は応援してます

ありがとうございます

うらやましいな~
私 沙羅ちゃん 大好きなの

たまにいるんだよね
ああいう子

えっ どういう子ですか?

「分け隔てない」とか
「平等に」みたいなことが

理屈じゃなくできちゃう子

それ たぶん… 観察です

観察?
沙羅 昔から

虫でも犬でも花でも人でも
好きとか嫌いの前に

じっと観察するんですよ
へえ~

みんなに
同じく興味があるんだ

しかも先入観がない

そうやって
関係が始まるから

誰の気持ちも
受け入れられるし

認められるんだと
思います

なるほどね~
お教室でも みんな

沙羅ちゃんが好き
はい

出会えてよかったって
思える人だな

俺も…
出会えてよかったって思ってます

あんな人 もう二度と
出会えないだろうなって…

や やだ
彼氏くんに言われると

テレちゃうんだけども
あっ…

若いって そういうこと

沙羅?
うん?

お疲れ

見て
うん?

今日 みんなに
一番好きな人を描かせたの

うん
ゆきちゃんが描いたのはママ

へえ~
最後まで頑張って描いてた

お教室 続くといいな~

さむ さむ…
さむ さむ さむ さむ…

はい これ
はい

あっ みこと
こっちはいいから

シロを
シロを早く玄関に!

了解であります!

沙羅

何?

ほら 早く シロを
ほら 早く!

結婚しようか

結婚しよう

急に きたね

今… 急に思ったからね

うん

私でよければ

よかった

二人には どうする?
まだ 言わなくていい

受験の邪魔したくないし
お兄ちゃんは めんどくさいし

それに…
正直 まだ ピンときてないし

その辺は まあ 徐々に

だね

お風呂 入ってくる
うん

沙羅

あっ… お… お風呂は!?

今… レン兄だって

あっ 違うの!
どんなもんかなと思って…

待って そのまま

もう いい?

みこと 風呂 あいたぞ

何してんだ? お前

いい年こいて
花嫁ごっこかよ

しょうもねえ…

えっ!?

お前ら…

えっ そういうこと?
いや レン兄 レン兄

いったん 上 行こう
いったん…

プロポーズ!?

したの?
うん

そうか…

えっ 反対?

いや… それが

お前の気持ちなら
応援するし

沙羅が受けたんなら
祝福する

ただ…

何で そんな
慌てんのかな~と思って

今じゃなくてもいいだろう

これから 色々と… なあ

だから 焦って見えるんだよ

思い出づくりっつうか
そういうふうに

違う
そういう意味じゃないよ

俺は沙羅を
助けるつもりでいるし

その気持ちは変わらない

なら そのあとでも
いいはずだろ?

ホントは どっかで
助けられなかったときのこと

考えてんじゃねえのか?

もし そうなら
俺は賛成できねえ

いや 気持ちは分かるよ

お前は今まで
どうにもならねえ運命と

向き合ってきたんだろ?
違うよ

変わらねえかもって
疑わないほうが おかし…

違うって!

やめてよ そういうこと言うの

バレた?

ああ… うん

何だって?

応援するって
それだけ?

うん… お風呂入ってくるわ

えっ! じゃ あのあと!?

はい 洗濯物
取り込んでるときに突然

確かに
しみじみ話してたわ~

プロポーズしちゃうとは
思わなかったけど

私も 驚きました

うわ~! でも
嬉しかったでしょう?

それは もう…

でも…

結婚なんて
一生しないと思ってました

ホントに 私
考えたこともなかったんです

どうして?
だって まず…

ずっと好きだった人が
弟だったんで

でも 恋人に
なったんでしょ?

それで
満足してた節がある

ああ~
沙羅ちゃんっぽ~い

静香さんは
結婚してよかったなって

思いますか?
う~ん…

そうだね 私は
あの人と結婚できてよかった

一緒にいられるって
だけじゃなく

関係が約束される
っていうのは

やっぱり 幸せだよ

うん
でも…

惚れた腫れたで結婚するなら
やめたほうがいい

他に理由なんて
あります?

何か一つ
尊敬できるところがあるなら

結婚する価値のある
相手だと思う

尊敬?

みことくんにはある?

たくさんある

(麻衣)大丈夫?
うん?

何?

やっぱり 疲れてるんじゃないの?
ずっと黙ってるから

俺… 内勤にしてもらおうかな?

希望が通るか分からないけど

救急隊は? もう いいの?

(奈緒)陸!? えっ!? 大丈夫!?

大丈夫ですか!?
(奈緒)すいません

救急車 お願いします!
≪はい!

(アナウンス)救急出場
青波区上大野1丁目3番4号

上大野のカフェレストラン

オープンしたての
行こう!

上田くん!?
1 2 3 4…

呼吸 脈なし
心肺停止後4分経過しています

頑張れ…
ありがとう 次で代わる

お願いします
1 2…

AED 装着します
お母さん

ここ 最近で
何か気になることは?

ちょっと風邪っぽい感じは
ありましたけど

倒れるようなことは 何も
風邪…

(アナウンス)体から離れてください

解析 離れろ
解析中です

体から離れてください
解析中です

(江上)急性心筋炎…

《(江上)
バッグマスク 早くしろ!》

《急性心筋炎の疑いがあるな》

ショックは不要です

磯辺 頼む!
はい

ただちに 胸骨圧迫と
人工呼吸を開始してください

9 10 1…

お母さんも乗ってください
助手席のほうへ

はい!
花巻さん

上田くん ありがとう
あとは任して

お願いします!

絶対に助ける

(サイレン)

おはようございます
(一同)おはようございます

おはよう 昨日は お疲れ

引き継ぎ お願いします
うん

昨日は 出動 5件
重篤な事案は…

急性心筋炎の幼児

どうでした?

搬送の時点では
依然 心肺停止

その後の状況は
まだ 確認できてない

そうですか…
うん

ふう…

上田くん 大丈夫ですかね?

お前のゴチャゴチャ悩む癖が
うつったんじゃないの?

磯辺さんは ゴチャゴチャ
悩んだりしないんですか?

急に不安になったりとか
ないね

現場で処置してても
心のどっかで

「あっ 無理かも」って思ったりは
しません?

お前 そんな気持ちで
救急 出てんの?

いや そんなつもりはありません
でも…

俺 よく 「大丈夫 助ける」って

唱えてるんですよ

それって 結局 不安な気持ちに

無理やり
蓋してるだけなのかもって

あるよ 俺は
いつも不安で心配で仕方ない

だから そういう気持ちは
いったん

認めることにしてる

認めちゃダメでしょ!
弱気になってどうするんですか

弱気じゃない
正直なだけだよ

正直に不安と向き合って

起こりうる全ての可能性を
慎重に探る

俺 ほら 一応 隊長だから

正直か…

また 悩み始めたな

《沙羅》

《結婚しようか》

《来年の誕生日に》

《姉さんは 死ぬ運命にある》

何?

(琴)一緒に勉強するって
言ったじゃん

何 「薬膳料理」って
そんな科目ないから

もっと大事な勉強なの

全然 やる気ないじゃん

藍くんって 横大
受けるんだったよね?

そうだけど
正直 入れれば どこでもいい

進学は 兄ちゃんを
納得させるためだし

だったら やっぱり
調理の学校は 諦めるんだ

無視しないでよ
結構 大事な話だと思うんだけど

ちゃんと
考えてる暇なかった

うち 色々
大変だったんだよ

考えなきゃいけない
もっと大事なことあって

自分の将来より?

うん…

分かった じゃ もう いい

(原田)付き合わして悪いな
廉ちゃん

いや~ 何でもないっす

酒 入ってないと
眠れなくてさ~

やっぱ…
一人は寂しいっすよね

へへ…

ああ… ましになった

けど もう少しかかるかな

四十九日も過ぎたのに…

酒の量ばっか増えて
仕方ねえ

何だ?
行きましょう 原田さん

お会計
オイ… 廉ちゃん

(廉)ああ~!
おいしい!

やだ おいしい!

ねっ 来てよかったでしょ?
おかわり あるんで

何か悪いね
団らんを邪魔しちゃって

とんでもない
いつも 兄がお世話になってます

逆だよ 逆!

ホントに 今回の件では
弟くんにもお世話になって

廉ちゃんには もう
いっつも親身になってもらって

どうしても まだ
クヨクヨしちゃってね

いいっす

今はまだ 思う存分
クヨクヨしてください

ありがとう

亡くなられたあとも

そんなに
思ってもらえるなんて

奥様は幸せでしょうね?

生きてる間は
ケンカばっかりでね

ただ 30年近く
一緒にいたからね~

30年…

今の私からは…
途方もなく長く感じる

あっという間だった

俺 ホントに幸せもんだよ

(廉)そうっすよ! 幸せもんすよ
(原田)ありがとう

沙羅

沙羅?
お風呂 あいてるけど

あっ… うん

みこと

うん?

結婚さ…

やっぱり やめよう

結婚さ…

やっぱり やめよう

理由 聞いてもいい?

怖いんだと思う

運命の話を聞いてから

それまでより ずっと…

描きたくて仕方ないんだ

最近 ずっと そう

たぶん…

心のどこかで

もう 描けなくなるって
思ってる

ずっと描けるよ

言ったでしょ
「沙羅は死なせない」って

それ

信じてたはずなのにね

プロポーズされて
本当に嬉しかった

花嫁気取りで
鏡の前 立ったら

やっぱり ワクワクするし

「結婚っていいものだ」
って聞いたら

その気になっちゃうし
それでいいんだよ

それでいい

ダメだよ

もし 全部…

運命のとおりになったら…

残されるのは みことだから

みことを一人にするって
考えたら 私…

やっぱり 結婚できない

沙羅…

ごめんね

沙羅

もう それ やめろよ!

返して

返して!

(戸が閉まる)

おはよう
おはよう

みこと

この前は変な言い方して
悪かったな

あの… 結婚のこと

「思い出づくり」とか
何とか言ったろ?

ケチつけたわけじゃねえんだ

ホント…
何か考えすぎたわ

結婚は なくなった

はあ?

レン兄 俺 断られたよ

俺を一人にしたくないって

沙羅は 自分が助からなかった
ときのことを考えてる

でも 助けるんだろ?

もちろん

その気持ちは
変わらないけど…

何だよ 引っかかる言い方だな
オイ

黙んなよ! お前

俺は 命を救うために
救命士になった

沙羅のことも
誰のことも死なせる気はない

おお

こればっかり…

何だよ それ
だって…

そう言うだけで
俺 何もできてないでしょ?

分かってるんだけど

言葉じゃ
沙羅を救えないのは

弱気になんなって

一番 つらいのは…

沙羅が…
俺のためを思ってること

一番 怖いのは
沙羅のはずなのに…

安心すらさせられない

俺 今 どうしたらいいか
分かんないんだよ…

ううっ…

レン兄…

助けられなかったら 俺…

どうしたの? 上田くん

所長に話があったんですけど
外出してるみたいで

所長に話?

救急隊 やめて
内勤にしてもらえないかと

そっか…

精いっぱい 働いて

それでも 傷病者を
助けられないこともあって

やっぱ 落ち込むし
そういう生活を

この先 ずっと続けていくのか
と思ったら…

働き方を変えるなら
早いほうがいいかなって

上田くんは
どうして 救命士になったの?

理由は人並みです

命を救う仕事に憧れたから

うん…

例の急性心筋炎の子

どうなったか分かった?
いや…

正直 ビビって
確認できなくて

俺も前に…

心筋炎の子に
出場したことがあってね

上田くんと同じ
新人救命士だった頃

救急隊は
命を救う仕事だって信じて…

疑いも迷いもなかった

《(京子)2回 吐いて苦しそうで》
《(江上)呼吸 脈あり》

《かかりつけの病院は
ありますか?》

《(京子)
いえ 越してきたばかりなので》

すぐに 搬送先が見つかって

車中の処置で
その子の意識も回復

俺もやっと 緊張が解けて…

《郁ちゃんは何歳?》

《(郁)6歳 今度 1年生》

《お兄ちゃんも救急隊1年生》

《友達 たくさんできるといいね》

《お兄ちゃんは?
お友達 たくさんいる?》

《どうかな~ あっ》

《じゃ 郁ちゃん
友達になってくれる?》

《うん! いいよ》

《(京子)よかったね 郁》

《貝殻?》
《砂場で見つけたの》

《友達の印に一つあげる》

《ありがとう》

《(父)意識もなくて
息もしてないみたいです!》

《(京子)郁!》
《(父)郁!》

《早くしろ! 早く》
《4 5…》

そのとき
急に不安がこみ上げてきて…

理由は分からない けど…

嫌な予感は当たってた

《(サイレン)》

《横山さん?》
《はい!》

《意識もなくて 息も…
息もしてないみたいです!》

《(江上)こちらで確認します》
《(京子)郁! 郁!》

《(磯辺)お父さんは いったん外へ》

《お願いします!》
《(磯辺)閉めます》

《バッグマスク!》

《早くしろ! 頼む!》

《はい! 1 2 3 4…》

AED 装着します!》

《急性心筋炎の疑いがあるな》

その子が…

ランドセルを
背負うことはなかった

それが 救命士になって

初めて救えなかった命

救うことしか
頭になかった俺が

救えない現実を思い知らされた

最近 よく… 思い出すんだ

(自転車のベル)

お帰り~

いいよ お迎えなんて
恥ずかしい

はあ!?

テレてる場合じゃねえだろ

もうちょっと
緊張感 持てよ お前

後ろ 乗るか?

何でよ?
そっちのほうが危ない

じゃ 前乗るか? 前
ほら 来いよ

大丈夫だって お前

昔 バイクのケツ
乗せてやったろ

あの頃のお兄ちゃんは
もっと イカつかった

今は ヘロヘロじゃん

じゃ みことの後ろだったら
どうだ?

乗るか?

乗るに決まってる

だったら いいけど

なあ

お前 結婚
断ったんだって?

うん…

私に何かあったら

みことを
一人にしちゃうからね

とか何とか言って お前

花嫁ごっこ
はしゃいでたじゃねえかよ

それは…

そりゃな ただでさえ不安なのに

みことを
悲しませるとなったら

二の足踏むのは分かるよ

ただ 俺が知りてえのは
お前の気持ちだ

誰かのためとかじゃなくて

お前が
どうしたいのかって話

いいのか?

腹の底から
結婚したい相手なんて

そうそう 現れねえぞ

分かってるよ

だったら お前

自分だって
そうだったんじゃないの?

《(千冬)そうやって
この先もずっと》

《兄弟のために生きるの?》

《なら… 仕方ないね》

はあ… 何の話だよ

結婚して…

今だけ自分が
幸せになれればいいなんて

どうしても思えない

自分のために…

誰も不幸にしたくない

(チャイム)

花巻さん…

いつも すいません
ああ…

それ 貝殻?
ああ…

近所の砂場で
探してみたんです

意外と
見つからないもんですね

郁ちゃんが
夢中になってたのが分かります

わざわざ
ありがとうございます

ああ いえ…

俺 友達なんで

どうぞ こちらへ

実は… つい最近

あの子の写真とか
動画とか

思いきって
見返してみたんです

ずっと 避けてました

思い出すのは つらいし

助けてやれなかったことを
ず~っと後悔してて

僕も後悔はあります
力及ばずで

でも 違うんです

これ…

見ていただけますか?

(父)何やってんだ?
(郁)えっとね 貝探してるの

(父)こっち向いて 撮ってるよ

え~っ 今 探してるの
(父)ハハハ…

(父)探してる?
(郁)うん

こんなに楽しそう

(郁)あっ ママも探してよ
(京子)え~っ

それに 私も…

(父)ママ こっち向いて
ハハハ…

こんなふうに笑うことなんて

これを見るまで忘れてました

気づいたんです

こんな
毎日があったからこそ

これからも
私は生きていけるんだって

それが たった6年間でも

郁が そばにいてくれた

私は世界一の幸せ者です

あの子と生きられて
ホントによかった

(郁)キレイでしょ?

(父)キレイだね
すご~い!

(父)見て見て こっち あっ

沙羅は幸せ?

また 急に

でも…

先のことを考えるとさ

先じゃなくて今

考えちゃうんだよ

このまま
私がいなくなったら

残される みことはって

俺は今 沙羅のことが好きで

幸せだよ

そうやって暮らした
今があれば

この先 何があっても

どんな つらい日々でも
生きていける

もし
一人になったとしても

沙羅の家族で

弟で

恋人で
いられたことだけで

俺は一生 幸せだよ

でも もう一つだけ…

叶うなら…

俺は沙羅の夫になりたい

視て

もう一回 ちゃんと

大丈夫

結婚しよう

うん…

(廉)はい いただきま~す
(一同)いただきま~す

うんまっ! 藍 これだよ
藍の飯はこれだ!

うん! おいしい ダシ 変えた?

ああ… うん!

はい
えっ!?

これ 薬膳だったの!?
分かんなかったでしょ?

結構 研究したんだ
すげえな お前

いや うんまっ
ホントに おいしい


うん?

ありがとう
うん おかわりあるから

藍… ありがとう
うるさい

ああ… ちょっといいかな?

はあ?
どうしたの? えっ 冷めちゃうよ

俺達…

結婚する

えっ!?
えっ!? じゃ お前…

うん

よかったじゃねえか おめでとう!

ありがとう
いや ちょっと待って 結婚!?

うん
姉ちゃんと みこ兄が!?

驚かせて ごめん
いや でも 急に

そんな…
よかった!

藍くんも祝福して

ああ… うん

おめでとう
ありがとう

おめでとう! ほら 藍も

ありがとう
おめでとう

おはようございます
(一同)おはようございます

おはようございます
おはよう

俺 あのあと
どうしても気になって

様子 見にいったんです
そしたら…

《(陸)う~ん どうしよっかな~》
《フフフ…》

《あっ 陸
あのお兄ちゃんが》

《陸のこと助けてくれたんだよ》

《(陸)助けてくれて ありがとう》

まだ 安静だけど
もう 大丈夫だって

はあ… そう よかった

俺… もう少し
迷ってもいいかと思って

うん

引き継ぎいいですか?
OK

メシ メシ 晩飯!

メシ メシ 晩飯!

(鼻歌を歌う)

ピー ピッ ピッ ピッ…

千冬?

おっ…