ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ドクターX 第5話 岩下志麻、米倉涼子、岸部一徳、内田有紀、遠藤憲一… ドラマのキャスト・主題歌など…

『ドクターX~外科医・大門未知子~ #5 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. オペ
  2. 蛭間
  3. 正子
  4. 加地
  5. 海老名
  6. 吾郎
  7. 看護師
  8. 失礼
  9. 三原名誉会長
  10. 大門
  11. 博美
  12. 大門先生
  13. 雅恵
  14. 患者
  15. 検査
  16. 手術
  17. 神原
  18. 今日
  19. 多古
  20. 病院

f:id:dramalog:20191114215601p:plain

『ドクターX~外科医・大門未知子~ #5 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

ドクターX~外科医・大門未知子~ #5 テレビ朝日開局60周年記念[字]

「令和も私、失敗しないので」…米倉涼子主演!フリーランスの天才外科医・大門未知子が2年ぶりに帰って来た!待望の第6シリーズ!!

詳細情報
◇番組内容
東帝大学病院長・蛭間(西田敏行)は、日本看護師連合会名誉会長の三原雅恵(岩下志麻)を招き、講演会を開催する。その後、自宅で倒れた雅恵が東帝大学病院に救急搬送されてくる!しかし、なぜか雅恵は検査も治療も拒否。海老名(遠藤憲一)が他病院から入手してきた半年前のCT画像により、ダンベル型神経鞘腫だと判明するが、雅恵は頑なに手術を拒否し続ける!ここまで固い意志を見せるのには、ある衝撃的な理由があり…!?
◇出演者
米倉涼子岸部一徳ユースケ・サンタマリア内田有紀遠藤憲一勝村政信 鈴木浩介河北麻友子川瀬莉子清水ミチコ、藤森慎吾、今田美桜、戸塚純貴、西田敏行
【ゲスト】岩下志麻
◇脚本
中園ミホ
◇ナレーター
田口トモロヲ
◇音楽
沢田完

【主題歌】
P!NK『ソー・ホワット』(ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
◇スタッフ
【企画協力】古賀誠一オスカープロモーション

【エグゼクティブプロデューサー】内山聖子テレビ朝日
【プロデューサー】大江達樹(テレビ朝日)、都築歩(テレビ朝日)、霜田一寿(ザ・ワークス)、大垣一穂(ザ・ワークス)、伊賀宣子(ザ・ワークス
◇おしらせ
☆番組HP
 http://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/
☆Twitter
 https://twitter.com/DoctorX_tvasahi
☆Instagram
 https://www.instagram.com/doctorx_official/
◇演出
田村直己(テレビ朝日

 

 


♬~

♬~

もうすぐ 膵実質 切るよ。

リニアステープラ
用意しておいて。

(大間正子)はい。

♬~

♬~

違う。 それじゃない。

すいません。

♬~

(博美)血圧110の76
心拍数87でサイナス。

終了。
(一同)お疲れさまでした。

相変わらず 速えな。

(潮)「大門先生」

「学会でパリに行った
丹下副院長から伝言がある」

(加地)「おい 無視すんなよ!」

「“改革の友 ドクター大門へ"」

「“私の留守中 好きなだけ
オペすることを許可します"」

「“パリより愛をこめて
ニコラス・丹下"」

(加地)「さすが ブラジル人」

大門未知子にまで
愛 込めちゃったよ…。

やった~! じゃあ
ぶっ通しでオペしまくるから

みんな よろしくね!
(一同)え~…。

(戸田結衣)大門先生!
今日は お断りします。

これから
すごく大事な講演会があるので。

失礼します。
(井崎 聖)失礼します。

マジ? なんで? え~!

オペより大事な講演って
なんだよ?

ニコタンがいない隙に
蛭間院長が張り切って

大物ゲスト 呼んじゃったのよ。

(潮の声)大物ゲスト?

はあ…。
(博美)さすがの大門先生も

オペ看がいなきゃ
オペできないわね。

(多古幸平)ですね。

(正子)私にやらせてください。

えっ?

なんだ あんたか…。

(正子)早く 一人前のオペ看に
なりたいんです。

器械出しも
頑張ってやりますから…。

器械出しには
迅速かつ正確な判断力と

先読みの力が必要なのよ。

逆立ちしても
あんたには まだ無理。

♬~

〈これは
一匹狼の女医の話である〉

〈2019年
白い巨塔は完全に崩れ落ちた〉

〈日本の大学病院は
巨額の赤字に追い込まれ

命のやりとりをする医療は

経済的な弱肉強食の時代に
突入した〉

(三原雅恵)ごきげんよう

(看護師たち)ごきげんよう

三原名誉会長!
お待ち申し上げておりました。

(一同)お待ちしておりました!

お久しぶり 蛭間先生。

(蛭間)
いやあ ご無沙汰を致しました。

本当にありがとうございます。
ハハハ…。

(蛭間華子)
ご足労 ありがとうございます。

看護師 意識向上のため

会長の素晴らしいご講演
期待しておりますので

よろしくどうぞ
お願い申し上げます…。

あなた 刑務所にぶち込まれないで
よかったわねえ。

アハハハ!
な… 何をおっしゃいます…。

あれはね… あれは
濡れ衣でございますから…。

さあ どうかしら?

昔から あなた
お金が大好きだったじゃないの。

ハハハハ… びっくりした。
いやあ どうぞ どうぞ。

演壇のほうへお越しくださいませ。
ハハハ…。

(多古)蛭間院長に タメ口?

蛭間院長がインターン時代の
職場の先輩で

当時から もう 三原会長には
頭が上がらなかったそうだよ。

(原)大奥と呼ばれる
日本看護師連合会の頂点に君臨し

引退した今も 院政を敷く女傑。

またの名を ドクター…。

令和版春日局

(2人)令和版…。

今 ドクターって言いました?
(原)シッ…。

それでは 三原名誉会長
お手柔らかにお願い申し上げます。

(つえを突く音)

医療に携わるものは 清く正しく。

賄賂も談合も
あってはなりません。

ああ~! オペしたい!

(雅恵の声)
何が働き方改革ですか。

いくら 世の中が変わっても

医療の現場に
そんなものは通用致しません!

患者様に寄り添い
さらに高い技術を体得するため

もっと もっと 働くのです!

過労死が怖くて
看護師が務まりますか?

患者様のために
際限なく働きましょう。

(一同のざわめき)

(真理)まずいわ…
誰が あんな人 呼んだのよ?

ちょっと 誰が呼んだのよ?

あっ… 蛭間病院長です。
(舌打ち)

(真理)丹下副院長のいない隙に…。

こんな事 労基署に知られたら
大ごとよ?

(叩く音)

看護師たるもの 患者様のために
死ぬ気で働くのです。

その覚悟がない者は
今すぐ去りなさい!

(蛭間)さすが 三原名誉会長だね。

令和になっても ぶれがないよね。
(華子)ええ…。

(真理)ちょっと…
ストップ! ストップ!

時代錯誤にも程がありますよ!

なんですか 無礼者!
恥を知りなさい!

講演中止! 講演中止です!
(一同のざわめき)

(華子)
恥を知りなさい あなたたち!

ちょちょ ちょちょ…
ちょっ… 待て! お前ら!

〈そんな中

どこの大学医局にも属さない
フリーランス

すなわち
一匹狼のドクターが現れた〉

はあ… おなかすいた。

〈群れを嫌い 権威を嫌い
束縛を嫌い

専門医のライセンスと
叩き上げのスキルだけが

彼女の武器だ〉

呼ばれたから来たのに…。

三原名誉会長 お待ちください。

見送りなど結構!

待ちなさい!
(男性)ああ?

イッテ! 何すんだよ?

なんですか? これは。
はあ?

親からもらった健康な肌に
こんな彫り物して!

彫り物? おしゃれタトゥーだよ!

そう。 おしゃれタトゥー。

痛っ! 痛っ…。

若気の至りとはいえ 愚かな!

入れ墨は 皮膚病や肝臓病の
危険性が高まるって

わかってるんですか?

(女性)マジ うざい。 むかつく!
行こう。

♬~

(男性)危ねっ!
なんなんだよ この病院…。

ああ…。
(雅恵)あら…。

礼を言います。
孫を助けてくれた。

ひ孫も抱けるよ。
あんた… 長生きしそうだしさ。

その節は 孫の奈々子が
お世話になりました。

おかげさまで
奈々子は 国際結婚致しまして

ドイツで
今 幸せに暮らしております。

へえ~。

大門先生が
お約束してくださったとおり

ひ孫も生まれました。
よかったじゃん。

大門先生の手術の腕は
大したものです。

よく言われます。

それはさておき 相変わらず

出すぎ 出すぎ…。
痛っ!

出すぎ!
ちょっ…。

うざい…
マジむかつくんだけど!

ドクターならドクターらしく
その言葉遣いも改めなさい。

致しません!

〈外科医 大門未知子〉

〈またの名を ドクターX〉

♬~

(神原 晶)へえ~。
あの春日局と再会?

元気だった?
うーん…。

相変わらず
むかつく ばあさんだったけど

あんまり元気じゃないみたい。

どこか悪いの?

(雅恵)出すぎ!
うざい… マジむかつくんだけど!

♬~

その痛み いつから? 検査した?

ちゃんと調べようよ。

大きなお世話よ。 ごきげんよう

(ため息)

(神原)看護師の親分なんだから
検診は抜かりなく受けてるわよ。

そうかなあ…。

さて… はい できましたわよ。
おっ!

(神原)よいしょ…。

はい 小皿を持ってきま~す。
うわあ! 季節だねえ。

(加地)三原名誉会長の講演会

なんか 荒れて
途中で帰っちゃったんだって?

はい。 すいません 失礼します。

あれ… 正子ちゃん?
あっ 加地部長 アウト。 アウト。

下の名前… 下の名前で呼んだら
セクハラです。

嘘でしょ? だって 正子じゃん。
(原)本当です。

働き方改革で 医者も看護師も
逆に忙しいんですよ。

うわあ…
世知辛い世の中だなあ。

よし 今日は
あそこ 行っちゃおうかな。

あっ 行きますか?
(2人)イエーイ!

なんですか? あそこって。
(加地)潮部長! 村崎くんも

どうです? たまには
一杯 一緒に。 クッと!

論文があるんで。
(加地)あら…。

教授のお手伝いがあるので。
(加地)あらま…。

どうせ
いかがわしい所だろう。

「あそこ」ですから。 フフフフ…。

加地部長
あの 俺もパス。 ごめんね。

蛭間院長から頼まれてる用事が
あってさ。

もう なんだかんだ言って
頼られちゃってるんだよね。

今度 絶対 行くからさ。 ごめんね。
(加地)いたんだ。

えー これより
膵頭十二指腸切除を始めます。

お願いします。
(原・加地)お願いします。

タコス タコス! ナースコール!
(加地)早く呼べよ 呼べよ!

(メグミ)はーい!
(加地)メグちゃん! きたー!

もうさ
今日 疲れちゃったからさ

ものすごい強烈なやつ
1本 注入してよ。

(メグミ)はーい!
じゃあ お注射 いきまーす!

チクッとしますよ~。
(加地)痛い 痛い 痛い 痛い…。

は… 腫れちゃう! 腫れちゃう!

エマージェンシー!
エマージェンシー!

メッツェーン!
(原・多古)メッツェーン!

(原)ここなら
下の名前呼んでも怒られないし

癒やされますよね。
(加地)本当だよな!

(正子)いらっしゃいませ!

あっ 紹介します。
新米のマサちゃんです。

よろしくお願いしまーす!

いや 大間さん!

ここでは
マサちゃんでいいですから…。

そういう問題じゃなくて
もし 病院にバレたら…。

闇営業? いや まずいでしょ!

わかってますけど…。

病院は 夜勤も残業も
いっぱいやらせてくれないし。

もっと働いて
実家に仕送りしたいんです。

はい! 部長さん
血圧 測りますよ~。

もう テンション だだ下がり…。

お願いしまーす!
(多古)ええ~!

(村崎)ヘイ ヘイ ヘイ!
ウィー アー カミング!

イエーイ!

リカ また来てやったぞ!

(リカ)ウッシー ムラリン
いらっしゃいませ。

今日もナースキャップ
かわいいね~!

(リカ)ありがとう。
(潮)リカ いつものやつ 薄めで。

(リカ)えっ? 薄いの?
最近 濃いでしょ。

ムラリン ムラリン。
論文 もう終わったんですか?

ウップス? ウップス…。
お疲れさまです!

いつも…
「いつも濃くしてるでしょ」って…。

常連さんですよね。
(原・加地・多古)アハハハ…!

(加地)わかる わかる!

(海老名)
誠に申し訳ありませんでした!

せっかく
講演を引き受けてくださったのに

あんな事になってしまって…。

お怒りは
ごもっともでございます。

本当にすみません!

それで あの
これなんですけども…。

蛭間院長から
せめてもの お詫びの品です。

どうぞ お納めください。

はあ…
母さん もういいじゃないか。

わざわざ どうもすいません。

いえいえ… とんでもないです。

(吾郎)ああ…。

(三原千明)しんのすけ

(三原しんのすけ)
シロ! お菓子だぞ。

(シロのほえる声)
コラ! しんのすけ

(吾郎)コラ…。
(海老名)かわいいお孫さんですね。

ひ孫です。
(海老名)あっ そうですか…。

しんのすけ じいじに渡しなさい。

(しんのすけ)はーい。
(吾郎)はい ありがとう。

(千明)あっ! しんのすけ

あっ! もう…
お尻フリフリしない! もう…。

あっ! しんのすけ
(吾郎)もう…。

すいません…。
いえいえ とんでもないです。

はい。

開けてごらんなさい。
(吾郎)えっ? あっ…。

その下も。
えっ?

その下も。

賄賂は大嫌いです。

いやいや… 違います。
あの これ

今日 お渡しできなかった
講演料でございます。

蛭間先生の魂胆は
わかっております。

日本医師倶楽部の会長選挙で
口添えしてほしいのでしょ?

あっ…
何とぞ よろしくお願いします!

(ため息)

こんなもの…
お持ち帰りください!

あっ…。
(吾郎)母さん! 母さん!?

(千明)おばあちゃん 大丈夫!?
おばあちゃん!

どうしよう… とりあえず
うちの病院にお連れしましょう!

病院には行きません…。
(吾郎)母さん 何言ってんだよ!

(蛭間)華ちゃん 犬 飼おう。 犬。
(華子)今度。

(華子)あら… これ!

(携帯電話の着信音)

どうした? 海老名。
こんな時間に。

(海老名)さっき ご自宅で倒れて
うちの病院に搬送しました。

三原様が? あなた…!

海老名 聞いてるか? あのね

もうすぐ 日本医師倶楽部の
会長選があるからね

えー なんとしてもね

150万人の看護師のリーダー
三原会長にはね

東帝大病院で完治してもらう事。
わかってるね?

わかってます。 なんとしてでも
うちで根治させましょう。

今から 精密検査を進めますので
失礼します。

検査は やめて…。

(吾郎)母さん…。
(海老名)はい?

検査は致しません…。

えっ?
何をおっしゃるんですか?

検査をするなら
家に帰ります…!

(吾郎)母さん…。
(海老名)ちょっと どうしよう…。

ああ~ 気持ちいい!
あと5件は いける。

いや もう 今日
オペする患者さん いませんよ。

え~?

ねえ どっか 悪いとこないの?
えっ? いや ちょっと…。

なんか… なんか
悪いとこあったら切るよ!

ないですよ!
何 考えてるんですか!

大門先生!

ちょっと…
ちょっと いらしてください。

何…。

三原名誉会長は
お孫さんの事でご恩があるから

先生の言う事なら きっと
聞いてくださると思うんです。

行ったほうがいいか…。

(正子)失礼致します。

(雅恵)あなた 新米?

はい。

配膳する時も 患者様の身になって
こうではなくて こうね。

ありがとうございます。
勉強になります。

あの… 昨日の講演も
本当に感動しました。

三原名誉会長は
私の理想の看護師です。

今どき 珍しい子ね。

ありがとうございます。

失礼します。

検査しないと
オペも治療もできないでしょう?

さっさと検査するよ。
失礼します。

触らないで!
あっ すいません…。

いいから連れてって。
はい。

すいません
大門先生が こう言うんで…。

私に指一本触れたら訴えます!

すいません!
どうしてよ?

検査したって
何か減るもんじゃあるまいし。

ああ…。

何か調べられたくない事でも
あるんだ。

何 言うの?
私 場数 踏んでるんで。

どんな体 見ても
びっくりしませんよ。

心臓が2個あろうと

ドロドロの真っ黒い血が
流れてようと。

血は サラサラよ!
どうだか?

失礼な女!
お互いさま。

わかりました。

では 血液検査だけ致しましょう。

刺しものは一発で刺す!
はい…。

ねえ 血液検査だけ?
ついでに CTとMRI

やっちゃいましょうよ。
はい…。

致しません!

はい すいません。

早くなさい!
早くなさい。

無理 無理!
絶対 無理ですもん…。

(司会)今週の
術前カンファレンスを始めます。

1例目は 特患中の特患です。
(医局員たち)おお~!

(司会)三原雅恵様 73歳。
日本看護師連合会 名誉会長です。

(真理)
ところが 検査を拒んでいて

今のところ
これしか データがありません。

(潮)右側胸部の痛みと
炎症反応の上昇から

帯状疱疹の可能性が高いかと。

いや 多発筋痛症の可能性も
あるでしょう。

異議あり

背中にしびれがあり
右側胸部に疼痛。

よって
病名は ダンベル型神経鞘腫。

すぐにオペしないと危険。
私に切らせて。

どうして
そこまで断定できるの?

あっ… 私の勘。

(多古)えっ? 勘?
(潮)ただの勘… 当てずっぽうか。

なら ドヤ顔するなよ!

AIは? なんて言ってるの?

検査データが
あまりにも足りなくて

今のところ 診断不可能。

でしょうね。

ステロイドPPI投与を
検討しましょう。

(医局員たち)御意!

失礼します! 三原名誉会長の
CT画像 極秘に入手しました!

(潮)本当か?
(海老名)はい!

あの… 個人病院なんですけども

半年ほど前に そこでCT撮った事
息子さんが覚えてて。

おいおい… 大門!
ズルすんな お前。

(加地)あれ?

胸椎Th9に
ダンベル型の腫瘍がある…。

ダンベル型神経鞘腫だ。

ほらね やっぱり。
(海老名)なんだよ やっぱりって。

大門先生 なんで 画像見ないで
わかったんでしょう?

オペ中も よくあるんだよ。

(原)彼女特有の動物的勘。
(多古)ああ…。

特技・手術 趣味・手術ですからね。
(原)うん。

これは 早く手術しないと

背中の痛みが
どんどん ひどくなるぞ。

放っておくと
腫瘍が脊髄を圧迫して

両足の運動麻痺を起こす危険性も
ある。

だから 私に切らせて。

特患を
バイトに切らせるんですか?

(潮)あり得ない。

次世代インテリジェンス手術担当
外科部長の私が執刀する。

オペの
第一アプローチとして

後方アプローチで
背部を正中に20センチ切開。

椎弓切除の上 腫瘍を摘出。

(加地)それでは
術後の患者への負担が大きい。

胸腔鏡で私がやる。

胸腔鏡でアプローチし
腫瘍を剥離。

その後 後方アプローチで
腫瘍を摘除し

椎弓は切除せずに形成する。

なるほど…。
異議あり

これ 半年前の画像でしょ?
さらに進行してるはず。

まず 背中切って開けてから
術式を決めるのがベスト。

(加地)お前は いっつもそうだ。

行き当たりばったりで
計画性がない!

(真理)はあ…
これじゃ何も決まらないわね。

(海老名)あのさ…
これ 大事な特患なんで

院長に相談してから決めましょう。
ねっ? そうしよう。

へえ! そんなにひどいの…。

急激に進行している場合

かなり
大がかりなオペになります。

(潮)AIの…。
(真理)AIの分析によりますと

オペ後の神経麻痺のリスクは
34パーセントだそうです。

(蛭間)34パーセント?
うわあ リスキーだな…。

じゃあさ

何も うちで無理してやる事は
ないんじゃないかな?

ちょ ちょ ちょ…
ちょっと待ってください。

なんとしてでも
うちで根治させるって

おっしゃってたじゃないですか。
(蛭間)俺 そんな事 言った?

言ってましたよ。

言った?

あっ いえ… すいません…。

三原名誉会長には
他の病院に転院して頂いてだな…。

冗談でしょ?

よその病院で死ねって事?
いや 何も…。

あんた それでも医者?
(蛭間)はあ?

あっ!
びっくりした…。

ニコタンが
いくらでもオペしていいって

パリからラブコールくれたよね!

大門くん。

病院長は この私ですよ。

全ての決定権は この私にあるの!

興奮なさると
血圧が上がりますよ。

ああ… はい。

(海老名)あの… オペに関しては
無理だと思います。

(潮)どういう事だ?

三原名誉会長が 背中だけは
絶対に切らせないと…。

背中からのアプローチは
絶対に避けられないでしょう!

AIも そう言ってる。

それだけは断固拒否するって
おっしゃってました。

じゃあ… じゃあ
しょうがねえんじゃね?

(吾郎)母さん 手術 受けてくれよ。

どうして
背中からじゃ駄目なんだよ?

うつぶせで手術台に乗るのよ?

そうだよ。

こうかな?

やめなさい。

手術をしてくださるドクターに
看護師がお尻を向けるなんて

とんでもない事です。

何 言ってんだよ…
死ぬか生きるかって時に。

(千明)おばあちゃん…。
(ため息)

失礼致します。

♬~

(神原)執刀医にお尻を
向けられないなんて 昭和の女ね。

ね~! 意味わかんない。

(博美)でも なんか悔しいな。
もっと長生きしてほしいのに…。

彼女 シングルマザーの
希望の星だもん。

(神原)博美の大先輩ね。

そう。 私はバツイチだけど

春日局は 元祖 未婚の母。

へえ~ 知らなかった。

父親を誰にも明かさずに
男の子を出産したのよ。

(雀野義人)晶さん
あんた なんでも詳しいねえ。

当時 ちょっと噂になったの。

ちょうど 大物政治家が
東帝大に入院してたから

父親は
その代議士じゃないかとか

若い研修医じゃないかとかね。

で… どうなったのよ?

えっ? いやいや
そりゃ 真相は知らないわよ。

女には 墓場まで持っていく
秘密があるのよ~。

(神原)未知子にはなさそうね。
(博美)本当。

えーっ!
(神原)あんたの番。

じゃあ 晶さん どうなのよ?

何? その態度。

あっ! そういえば
あのラットコインって どうなった?

そろそろ いくらになったか
教えてくれてもいいじゃん。

未知子 ごめん…。

あれね 理由なき破綻で…。

破綻?
ゼロになっちゃった。

やっぱりね。

あっ… 白亜の豪邸は?

ごめんなさい。
全部 消えちゃった。

なんじゃと コラーッ!

もう1つ ごめんなさい。

それ ロン。 国士無双

うう~!

なめんなよ~!

(博美)泣かないの。
うわー!

三原名誉会長
今日 退院なさいます。

ああ そう。

好都合じゃないかな。

(蛭間)看護師のトップを

東帝大学病院で
死なせるわけにはいかんからね。

失礼します。
(蛭間)はい ご苦労さま。

退院だって。
(瑠璃)フフフ…。

(雅恵)そう あなたも青森?

(正子)弟たちが まだ小さくて…。

そいだば いっぺえ稼いで
仕送りしてやんねばのう。

(正子)んだんです。 お金稼がねば。

お金は大切だ。

しても 何より大切なんは

患者さんの痛みや つらさを
わかってあげる事。

(正子)んだ。

じゃあさ 患者の家族のつらさも
わかってあげたら?

オペすりゃ治んのに。

大きなお世話だと言ってるでしょ。

このまま退院したら死ぬんだよ。

望むところです。
(ため息)

(正子)三原さん…。

そろそろ 私 着替えるんで
外に出てちょうだい。

お手伝い致します。
結構よ!

(雅恵)どいて!
ちょっ…。

(正子)失礼致します。

(吾郎)帰ってから話すから…。

あっ 先生! いろいろと
ご迷惑をおかけ致しました。

母は 言い出したら
てこでも曲げないんです。

女手一つで育ててくれたから
私も頭が上がんなくて。

うっ! 痛っ…。

痛たたた…。

はあ はあ…。

(荒い息遣い)

(吾郎)
孫やひ孫には優しいんですよ。

でも とにかく頑固で。

なあ?

家族で温泉に行っても

おばあちゃんは 一緒に
お風呂入った事ないんです。

なんで?

女は 人前で肌を
見せるもんじゃないって言って。

(吾郎)あれ? ちょっと遅いな。
ちょっと見てきます。

(ノック)

母さん もう着替えた?
開けるよ。

母さん…。

(吾郎)母さん?

母さん!
(雅恵)うう…。

うう~!
(吾郎)母さん!

(雅恵)うう…。
待ってて!

先生! 血が… 血を…!
母さんが血を…!

大丈夫ですか?
(正子)三原さん!

母さん!
(千明)おばあちゃん!?

(吾郎)母さん!

上部消化管出血による吐血!
緊急内視鏡

(正子)はい!

母さん!
おばあちゃん!

♬~

(海老名)大門 お前 まさか

意識ないうちに手術しちゃおう
って魂胆じゃないだろうな?

妙な気 起こすなよ!

もう 院長が
退院させろっつったんだからさ。

(民枝)次はMRIですね。
今 空いてます。

(海老名)なんだよ 君たちまで!
(正子)準備してきます。

ねえ! MRIは撮らない。

えっ?
オペしないんですか?

もう これで終わり。

(海老名)はあ… よかった。

(主人公)<これは 俺と「ROCKY」の記録である>

♬~

(惑星の男性)That's ROCKY.

(ロボット)チョウサチュウ チョウサチュウ…

It's ROCKY.

(惑星の長老)ROCKY!

オォー!

(惑星の女性)ROCKYモ アナタモ カッコイイネ。

<新自由SUV

<「ROCKY」デビュー。 ダイハツ

あなたが

検査もオペも拒否する理由が
わかりました。

見られてしまったのね 私の秘密

MRI

やけどの危険性があるので
撮りませんでした。

これだけは
命を懸けても守りたいの。

息子にも誰にも言わないって
約束してくれる?

♬~

約束します。

私に切らせてください。

オペはしないって言ったでしょう。

あなたの大切なものは守ります。

1ミリも傷つけない。

女と女の約束です。

大門先生…。

私 失敗しないので。

♬~

(多古)はあ… うわ~ 疲れた。

患者さんが一番疲れてます。 ねっ。
(多古)はい。

あれ? 大門先生 珍しい。
まだいる。

えっ?
定時 とっくに過ぎてますけど。

えっ?

お先に。
(海老名)あっ 大門。

俺の忠告 聞いて
オペやめてくれたんだね。

ありがとう 大門。

(蛭間)いやあ 改めて
ここへ来てみると やっぱり

随分とまあ 金がかかってるわな
このシステムは。 ハハハ…。

(潮)ここが
第1手術室の無影灯ボタンです。

(蛭間)へえ~。
(潮)こういう感じで…。

(蛭間)あっ 消えた!

へえ~ 面白い。

ついた。 あっ 消えた。

あっ ついた~。 消えた。

(蛭間)ついたら消して…。

(正子)
もう! 早く帰ってけれじゃ…。

(民枝)病院長!
(蛭間)はいはい。

お忙しくて
結婚記念日をお忘れかと。

ああ~ そうか!
アハハハ… 忘れてた。

奥様は最近 SNS
はまってらっしゃるようなので

インスタ映えするレストラン
予約しておきました!

(蛭間)えっ? 看護師長が?
はい。

(蛭間)え~?
出過ぎた事をして すみません。

いやいや いやいや
まあ 気の利いた事で…。

ありがとうございます。

そうですか。 …っていう事は
もう行かざるを得んのかな?

(民枝)お時間です。
(蛭間)へえ~!

♬~

急に呼びつけて ごめん。

極秘オペ。 萌える。

♬~

あの… 精いっぱい頑張ります!
よろしくお願いします!

(博美)この新米さんが器械出し?
出世したじゃん。

(正子)ありがとうございます。

患者のご指名だから仕方がない。

(博美)
ねえ 第1助手と第2助手は?

いない。
この3人だけ?

そう。

まっ やってやれない事はないか。

♬~

(博美)血圧104の70 心拍数80です。

始めよう。
(博美)ねえ 腹臥位じゃないの?

横からアプローチする。

メス。
はい!

♬~

消し忘れ? もったいない。

経費節減。

♬~

何やってんの?

ちょっ… ちょっと!

♬~

そこ 開けなさい。

お断りします!

(看護師たち)お断りします!

あなたが結婚記念日を
覚えててくださるなんて…。

しかも ここ 私がいいねした
インスタ映えするレストランよ。

素敵~!
えっ?

言い値の倍もすんの?
このレストラン…。 まあ いいや。

ちょっと待って。
撮って頂けます?

あっ かしこまりました。

(蛭間)あっ すいませんね。

あれでしょ?
あなた また あれにのっけてさ

みんなに
見せびらかすんじゃないの?

あら 幸せはアップして
フォロワーに見てもらわなくちゃ。

幸せなんてさ 2人で感じてれば
いいんじゃないの?

あなた 仏頂面しないで スマイル。
(蛭間)はい…。

(携帯電話の振動音)
あっ あっ…。

おお 電話だよ 電話だよ。

おっ? 浜地真理だ。

はい 浜地くん どうした?
(店員)はい 撮りまーす。

ええっ!? ちょっと待てよ!

(真理)た… 大変です!

大門さんが手術室に立てこもって
勝手にオペしてるんです!

三原名誉会長のオペです!

なんだって!? おい!

♬~

器械出し 前立ちに入って。

えっ?
早く。

はい!

吸引して。
はい!

早く。
はい。

失礼します。

♬~

ああ…。
腫瘍が邪魔で神経根が見えない。

神経根が傷つけば
障害が残るわね。

ねえ やっぱり 背中から
アプローチしたほうがいいんじゃない?

♬~

(正子)えっ!?

こういう事だったんだ。

だから 極秘オペか。

それで 背中からじゃなくて
横から。

女と女の約束なの。

オッケー。

慎重に腫瘍剥離するよ。
メッツェン。

(正子)はい!

♬~

三原様!

(華子)三原様は どこ!?
こちらです。 どうぞ。

おい! 華ちゃん!

ああ… 浜ちゃん 早いよ!

大門! 大門! お前…。

お前 なんて事してくれたんだよ
馬鹿!

(蛭間)「おい オペやめろ!
大門!」

出た。 うるさい タヌキじじい。

いいか?
お前たちが今やってる事はな

明らかに違反なんだよ!

(蛭間)「違反! 訴えるぞ!」

今やめたら 患者 死にますよ。

駄目~! それは絶対駄目~!

オペは成功させろ!
お願いします!

大門? なんで あんた
側臥位でメス入れてんの?

脊椎から一番遠い
側方アプローチなんかしたら

さらに
リスクが高まります!

だよね だよね!

おい 大門! お前…

全国150万人の看護師のリーダーを
お前 殺す気か!?

見殺しにしようとしたのは
あんたでしょ!

えっ? ええ~?
な… 何 言ってんだ お前!

…つうか なんで
側臥位でオペやってんのか

その説明しろっつってんだよ
馬鹿!

(未知子・博美)うっさいなあ。

「女には 墓場まで持っていく
秘密があんの!」

わかるわ…。

わかる…。

♬~

私 失敗しないので。

(雅恵の声)患者さんを
好きになってしまったの。

この世で たった一人
好きになった人…。

息子さんのお父さんですか?

あの子が生まれる前に
亡くなってしまったけど…。

♬~

(雅恵の声)ずっと…

誰にも言えなかった。

息子にも誰にも…。

愛した人が

極道の男だなんて…。

♬~

(未知子の声)どうして 入れ墨を?

フッ… 若かったわ。

でも あの時は真剣だったの。

あの人の思い出を
この体に刻んでおきたかったの。

フフ… フフフフフ…。

♬~

(正子)失礼します。

バイタルは?

血圧110の73 心拍数80でサイナス。

終了。

♬~

(博美)「お疲れ」
「お疲れ~」

♬~

さてと
レストランに戻りましょう。

重勝
(蛭間)はい。

♬~

なんか わかんないけど

かっこいいな。

(正子)大門先生!

素晴らしいオペでした。
お疲れさまでした!

あんたも これで一人前だ。
お疲れ。

ありがとうございました!

♬~

(民枝)お疲れさまでした!

(看護師たち)お疲れさまでした!

♬~

ああ~ 気持ちいい!

水臭いわね。

私に内緒でオペなんかしちゃって。

未知子 聞いてんの?

未知子!

♬~

なんだ シールか。

♬~

蛭間院長
いつもの方がお見えです。

いつもの方って誰?

(蛭間)アハハハ! なんだ
メロンおじさんじゃないか。

失礼します。
はい。

いつものメロンです。
はい。

請求書です。

ちょっと待ってくださいよ。

お宅のフリーランスドクター2名

勝手にさ 秘密に
オペやっちゃったんだからね。

そんなオペにさ あんた
お金払えるわけないじゃん。

まもなく
日本医師倶楽部会長選挙。

春日局の絶大な信頼も得られて
よかったですね。

私も応援しております。

ああ そう…。

(蛭間)これは スイカですか?

♬~

(蛭間)必勝だるま…。

ちょっと拝見しますね。

ハハハ… 高い!

うわっ びっくりした。
必勝!

お払いします…。

(神原)頂きました~。

2000万!

ハハハ…!

もしもし 未知子。

帰りに特別室に寄ってちょうだい。

えー 残業?

(神原)「春日局が 未知子に
お礼をしたいんですって」

ひょっとしたら
ゼロになったラットコイン

取り戻せるかもしれないわよ。

マジ?

いってらっしゃーい。

フ~ ひゃっほ~!

アハッ いってきまーす!

あっ ごめんなさ~い! ヘヘッ!

失礼します。

こんな時間に ごめんなさい。

明日 退院でしょ?

あなたの手術の腕は
大したものだわ。

よく言われます。

最後に お礼をしたくて。

あっ! あの 面積の広くて
ダサい服とかなら いらないから。

いいえ。

♬~

すごい…!

♬~

1ミリも傷をつけずに
守ってくれて ありがとう。

おおきに。

へえ~!

♬~

(加地)えっ? 正子ちゃん

ガールズバー ナースステーション
辞めちゃったの?

はい。 本業一本でいく事に
決めたそうです。

もう 下の名前で呼べないのか…。

正子…。
アウト。 セクハラです。

代わりに新しい子 入りましたよ。
名前は マリアちゃん。

よし! 今日も定時で帰ろうか。

邪魔 邪魔 邪魔 邪魔!

〈群れを嫌い 権威を嫌い
束縛を嫌い

専門医のライセンスと
叩き上げのスキルだけが

彼女の武器だ〉

〈外科医 大門未知子〉

〈またの名を ドクターX〉

♬~

♬~

この子の手術をしてください。
1000億!?

(ニコラス・丹下)子供の病気まで
売名に利用するとは…。

私がやらなきゃ
患者が死んじゃうの。

暴走する執刀医には
任せられないのよ。

このオペは大門さんにはやらせない。
頼まれても致しません。