ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

歪んだ波紋 第2話 松田龍平、小芝風花、山口紗弥加、勝村政信… ドラマの原作・キャスト・音楽など…

『ドラマ 歪んだ波紋(2)「職業は記者」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 桐野
  2. 垣内
  3. お前
  4. 記者
  5. メイクニュース
  6. 自分
  7. 相賀
  8. 一平
  9. 仕事
  10. 頭取
  11. 美沙
  12. 部長
  13. 常務
  14. 新神奈川日報
  15. 新聞
  16. 早百合
  17. 自殺
  18. 敦子
  19. お願い
  20. 誤報

f:id:dramalog:20191110225149p:plain

『ドラマ 歪んだ波紋(2)「職業は記者」』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

ドラマ 歪んだ波紋(2)「職業は記者」[字]

元大日新聞記者・垣内(イッセー尾形)の自殺の真相を、元同僚の相賀(長塚京三)と政彦(松田龍平)は調べ始め、大日新聞記者当時の桐野(筒井道隆)の写真を見つける。

詳細情報
番組内容
ファクトジャーナル編集長・三反園(松山ケンイチ)は、政彦(松田龍平)の誤報記事の影に「メイクニュース」という闇サイトの存在を知り調査を始める。一方、元大日新聞記者・垣内(イッセー尾形)の自殺の真相を、同僚だった相賀(長塚京三)と政彦は調べ、垣内の遺品の中に、大日新聞当時の桐野(筒井道隆)の写真を見つける。相賀は政彦の父・一平(角野卓造)の死因に桐野が関わっていた事を語り始める。
出演者
【出演】松田龍平小芝風花山口紗弥加勝村政信,勝矢,柏原収史安井順平原日出子山口馬木也根岸季衣,Juice=Juice,螢雪次朗松山ケンイチ,内山そうた,みのすけ,藤原季節,美村里江ほか
原作・脚本
【原作】塩田武士,【脚本】向井康介
音楽
【音楽】林ゆうき

 

 


<真実は作られる。
人は信じたいものを信じる>

(政彦)ひき逃げをした車両が
ワンボックスカーだったという情報を得まして…。

このワンボックスは
敦子さんも運転されるんですか?

(三反園)これ 誤報どころか
虚報の可能性だってある。

何で こんな記事を
俺に書かせたんですか?

(中島)桐野君から メイクニュースって
サイトの話を聞いて…。

俺って そんなに扱いやすいですか?
(桐野)浅瀬にとどまるなよ。

(相賀)垣内は?
(記者)自殺らしいんです。

そんな…。
だって こないだ会ったばかりで…。

(井岡)神奈川区としま町8-13で
発見された遺体の身元。

氏名 垣内智成 年齢71歳。

検視結果では 事件性はなしと見られ…。

(汽笛)

(井岡)うちは自殺と断定してる。

入り口のドアノブで首つってたんだ。

こないだ会ったばっかりなんです。
おやじの法事にも来てくれて…。

そんなことする感じなんて 全く…。

自殺ってのは まあ そういうもんだろう。
「死にたい 死にたい」って

わめいてるやつほど
生きることに しがみつくんだ。

はあ~ そうか。
君のおやじさんの同僚だったのか。

俺は てっきり また ひき逃げのことで
来たのかと思ってたよ。

それもなんですが 加害者は まだ…?

深夜の事故 目撃情報は少ないし
監視カメラもなくてな…。

新神奈川さんが出した誤報
傷ついた奥さんのためにも

早く見つけ出してあげたいんだけどな。

(チャイム)

≪(三反園)突然申し訳ありません。
ファクトジャーナルという

ニュースウェブサイト編集長をしております
三反園邦雄と申します。

新神奈川日報の誤報問題について
取材をしておりまして…。

≪(敦子)あの…
取材はお断りしてるんです。

ひき逃げ事件の敦子さんに対する
誤報についてお話を伺いたいんです。

≪帰って下さい。

新神奈川日報は
誤報に関して訂正記事を出しましたが

それで済むことではありません。
再発を防ぐためにも…。

≪帰って下さい!

道夫君 亡くなられたご主人は
僕の後輩です。

地元の徳島の高校の…。

今回のことは 本当に残念です。 あいつ
昔から調理師 目指すって言ってて

頑張ってるのは聞いてましたから。
敦子さんの気持ちを思うと 言葉も…。

(読経)

(読経)

話しておきたいことがあるって
言ってたんです あいつ。

結局 何も言わないで…。

(美枝子)父… 胃がんだったんです。

手術は…?
今年の春先に。

でも 開いてから転移が見つかって…。

「記者は胃をやられる」か…。

あ… あの~ 奥さん 静子さんは?

あ… 父 言ってませんでした?

離婚してるんです。 もう随分前に。

あの~ 親族の方。

すみません ちょっと失礼いたします。

垣内さんの娘さんですか?

うん。

垣内さん どうして
あんな終わらせ方したんでしょう?

あいつも 胃がんだったそうだ。

でも だったら なおさら自殺なんて…。
記者は うまく死ねないな。

(美枝子)お世話になりました。

う~ん
ちょっと まだかかりそうかな…。

杏は? もう寝た?

(美沙)そう…。

うん。

そう。

(美沙)あっ ねえ もしかしたら
明日の保育園も お願いしたいかも。

ごめんね。

これだ…。

(吾妻)「真実は作られる。

歴史が勝者によって作られるように」。

私たちが自由に閲覧できる
インターネットの世界って 実は

全体の数%にしか満たないんですね。

で このメイクニュースは
そんな普通の検索エンジンじゃ

捕まえられない部分にあったんです。

中島さんと桐野さんも これを見て…。

いわゆる フェイクニュースの作り方
みたいなものか。

(美沙)うん。

(吾妻)結構 細かいねんな…。

記者をやったことのある人間でないと
ここまでのものは作れない。

でも 誰が… 何のために こんなの…。

フェイクニュースの作り方を
指南するなんて

記者に対する挑発としか思えません。

せやな。 自分らで失った信頼は
自分らで取り返そう。

はい。
何や。

♬~

(井上)たちが悪いのは それらしい記事を
作るやり方を教えてるだけって

開き直ってるところですよ。
悪いのは使う方で

自分たちは悪くないって顔してる。

でも
実際に使っている人がいるわけでしょ。

います います。 事件事故だと
いたずらまがいのが多いですけど

経済とかになると
実害が出てるところも多いと思いますよ。

(丸岡)風評被害とか?
そう そう。

カップ麺に虫が入ってたとか
例えば あんなやつ。

で 更新はされてるの?
はい。

作りっ放しじゃない…。
はい。

IPたどって 発信者 突き止めるとか
できないの?

報奨金 出そうか。

報奨金?
情報提供者に 報奨金。

例えば 30万。

いや~ それって でも どうなんですか?
どうって?

報道倫理として。

そんなふうに考えないでさ
情報を金で買うと思えばいいんじゃない?

いや 道義的にも自分は反対です。

丸岡さん 俺たち
レガシーじゃできないことやるために

ネットメディア
来たんじゃなかったでしたっけ?

俺も反対。

そうやって 敦子さんのインタビューも
取ってきたのか?

道夫さん
東京に友人はいないって言ってました。

お互い こっちに出てきてからは
会えてなかったんです。

住み込みで
料亭に入ったのは聞いていましたが

僕も大日新聞に入ってから 自分のことが
何にもできなくなるぐらい

忙しかったので
だから 今回のことも 新聞で知って…。

そうですか。

ひき逃げの加害者は まだ…?

僕も悔しいです。

もちろん 早く捕まってほしいですけど
でも それで解決することなんて

何もないですから。

今 何か月ですか?

4か月です。 この子がいなかったら
私一人でどうなってたか…。

仕事も雇ってもらえそうなところが
やっと見つかって…。

よかったです。 どこですか?

それは言えません。

誤報被害に関しては 我々 ファクトジャーナルが
徹底的に取り上げたいと思っています。

朝起きると 匿名の掲示板 見るのが
日課になっちゃったんですね。

自分のことが書かれてあるの
見ない方がいいって分かってるのに。

最初は悲しくて 次に怒りがやって来て

そのあと 何で私一人だけって
さみしさが押し寄せて…。

薄皮が剥がれるみたいに ちょっとずつ
感情がなくなっていくんです。

書かれてあることも
まるで ひと事みたいに思えてきて…。

そんな中で
最後に残るものって 何だと思います?

悔しさ… ですか?

怖さです。

外に出ると 怖くてたまらないんです。

知ってますか?
怖さには 形があるんです。

見えないのに あるんです。
分かりますか?

♬~

どうして言わなかったんだよ。

何を? 亡くなった道夫さん
お前の後輩だったって。

お前だったら 俺に話したか?

変わらないな どこまでも薄情なところ。

フン 現実的と言ってほしいねえ…。

俺が落ちた大日新聞入って
5年で辞めた男だもんな。

新聞に見切りはつけたけど
記者を辞めたわけじゃない。

ネタのためだったら 何でも利用する。

感心するよ。
っていうかさ

俺んとこに のこのこやって来るより
お前 ほかにやることあるんじゃねえの?

メイクニュースなら
こっちだって追ってる。

有力なネタがあったら 中身次第じゃ
200万でも買わせて頂きます。

よろしくお願いしますよ
新神奈川日報さん。

ただいま。

(早百合)ほら
お父さん帰ってきちゃったじゃない。

早くお風呂入って。 ごはんにするよ。

言うこと聞かないと 母さん 怒るよ。

どうした?
お帰り。

何か へそ曲げてるのよ。
友達に何か言われたんだって。

どうしたの?
(彰)父さんって嘘つきなの?

えっ?
何よ それ。

ヒロ君がさ 言うから。

父さんが 新聞で 嘘 書いたって。

(早百合)父さんが
そんなことするわけないでしょ。

だって…。

父さんと母さんが会った時のこと
前に話したでしょ。

母さんが 介護士やってた時に 施設で
たくさん問題があって悩んでたの。

そしたら 父さんが来て 話 聞いてくれて
ちゃんと調べて 新聞に書いてくれたの。

で み~んな 働きやすくなった。
「あ~ 新聞記者って すご~い!」。

それで 母さん 父さんのこと
大好きになっちゃった。 フフッ。

明日 ヒロ君に会ったら
今の母さんの話 してあげて。

父さんは 嘘なんかつかないって。

こっちの出どころは 心配しなくていい。

俺って そんなに扱いやすいですか?

(チャイム)

(インターホン・静子)「はい」。

相賀です。
大日新聞で垣内君と同期だった…。

突然 申し訳ありません。

垣内君のことで 参ったんですが…。
あの…

相賀さん 私たち…。 娘さんから
お聞きしています。

亡くなった原因はご存じですか?

自殺ということ以外は 何も…。
そうですか。

≪(健二)静子。
あ…。

すいませんでした。 失礼します。

あの…。

相賀さん こんなことをお願いするのは
あれなんですけど…。

はい? あの人の部屋を
見に行ってもらうことは可能でしょうか?

見に行く… というのは?

あの人 としま町で 独り暮らしを
していたみたいなんですけど

部屋を
明け渡さなきゃいけないみたいで…。

遺品整理ってことですか?
そういうことになるんでしょうか…。

♬~

(不動産屋)こちらですね。

鍵は 郵便受けへ入れといてもらえれば
後で持っていきますので。

あっ はい。

♬~

政彦君。

相賀さん これ…。

写真部のやつが
暇つぶしに撮ったのかもしれない。

この人って…。

桐野。
このころは 垣内が よく面倒見てたな。

ってことは あいつが
地方局から帰ったあとだから

一平が部長になって すぐか。 なっ。

おやじが倒れた時
相賀さんもいたんですよね? ああ。

何を追いかけてたんですか? その時。

知りたいのは 桐野のことだろ?

(ICレコーダー)「東都銀行の頭取さんよ。

あんたが 勝手に
この土地の価値を高く評価して

担保にしたんじゃないですか ええ?
そもそも 回収の見込みがないのに

融資されたのは
そちらですよね 頭取さん」。

「いや しかし なんとか 5億8, 000万
返済して頂きたい」。

「では 一応
この2億の手形を置いていくので

そちらで勝手に回収して下さいな」。

出どころは?
(桐野)専務が

内部調査のために作った特別チームです。

目的は? 何で うちに持ってきた?
頭取の更迭。

頭取と専務が 常務派と
やり合ってるって話は聞いたことがある。

要は 頭取を失脚させたい常務が
うちらを利用したいって魂胆だろ。

でも 不正は不正だろ。

裏は取れてんのか?
いえ まだ…。

じゃ 話にならん。

部長ともなると
こんなに人って変わるもんかねえ なあ?

お前なあ!
組織がおかしくなるって時はな

いつだって 何かを隠す時なんだよ。
隠蔽するから組織が狂うんだ。

それを正すのが俺たちの仕事だろ!

現場 出なくなると 記者もおしまいだな。
何だと!?

桐野。
はい。

常務に連絡して 次会う段取り決めろ。
はい。

おい! 垣内!
やらせてやれよ。

常務 どうにかなりませんか?

(小牧)
何度も言ってるけど それだけは無理だ。

その調査チームが持っている
内部資料さえあれば

うちは載せられるんです。
資料ったって あんた

1枚や2枚じゃないんだ。

そうですね。
最悪ね データでもいいんですよ。

あの~ その不良債権の証拠となる
数字さえ記載されていれば

大丈夫なんです。

簡単に言うな!
下手すりゃあ 俺の首も飛ぶんだぞ。

こっちだってな 命懸けなんだよ!

(一平)どうしても手に入らないか。

直当たりした時の頭取の反応。
隠蔽してることは間違いない。

こう考えてみたらどうだ?
これまでの調査状況と

反応もそのまま載せる。
限りなく黒に近い白だ。

あとは 読者に委ねる。
いや 物証がない限りは載せられない。

(ため息)

分かった。 俺が局長に じか談判する。
おい。

止めたかったら 俺を取材班から外せ。
部長。

垣内 外れろ。
一平 ちょっと待てよ。

これ 見て下さい。

専務が フロント企業と交わした
融資取引に関する念書です。

どこで?
専務が脅しに負けて

書かされたものだそうです。
後で 頭取が知って激怒。

破棄するように言われていたのを
常務が持ち出してくれて…。

これならどうですか?
お前~!

♬~

桐野。
(社員)今さっき出ました。

ああ そう。

(ドアが開く音)

(垣内)何だよ?

(一平)桐野 座れ。

この念書
常務の小牧から渡されたんだよな?

はい。
間違いないな?

だって
部長も一緒に会ったじゃないですか。

おい 何なんだよ。

書いてみろ。
はい?

この名前 書いてみろ。

どうして…。
いいから 書いてみろ。

部長…。
書け!

桐野…。

書け。

すいません!

お前が作ったのか!?

相賀が 筆跡に気付いた。

(垣内)説明しろ!
常務の小牧もグルか?

社判は 小牧さんが…。

どうして お前が署名を偽造したんだ?

お前も背負えって言われて…。
お前な…

自分がやったことの意味
分かってるのか?

不正融資は 本当にあるんです!

お前なあ…!
どうする?

とにかく 局長に会ってくる。 桐野 来い。

お前は 俺たちを裏切ったんだよ。

♬~

桐野 クビは免れんだろう。
当然だ。

記者としてのあいつは死んだ。

どうだった?

垣内。 代表して 始末書 書いてくれ。

あいつは?
桐野は 新神奈川日報に行く。

ハッハッハ… その冗談 笑えないな。

上の判断か?
もう決まったことだ。

何 言ってんだよ。
お前まで 俺たち 裏切んのかよ?

始末書… 明日までな。

一平?

一平!
ううっ…。

誰か 救急車!
はい!

部長! 部長!
救急車 お願いします!

病院に着いた時には
もう 間に合わなかった。

おやじ 苦しんでなかったですか?

全然 知りませんでした。

君の母さんにも言ってないことだ。

おやじ どうして
桐野さん クビにしなかったんでしょう?

問題が明るみに出ていない状況で
辞められると

他社に嗅ぎつけられるかもしれない。

上の判断で
新神奈川日報に転職という形を取った。

まるで 人殺し かくまうみたいですね。

垣内の言うとおりだった。

隠蔽するから 組織が狂った。

桐野を狂わせたのは 幼い正義感だ。

独り善がりだったけど まだ若かった…。

けど 今の桐野が何を考えてるのか
俺には分からん。

報道の価値も義務も
もう変わってしまった。

たった20年で
こんな世界になってしまうなんてな。

(美沙)メイクニュースは 普通の検索サイトでは
捕まえられない場所にあったんです。

(吉川)インターネットというのは
一見 開かれた世界に見えて

実は 閉じられたものなんですね。
だから 鍵をかけて閉じ籠もる。

メイクニュースも
そんな場所に置かれています。

はあ… そうなると 個人を割り出すのって
かなり難しいことなんでしょうか?

ええ。

私は 今 その中の関係者と
どうにか接触しようと思っています。

俺も 一員になりたいと嘘をついて。

まま… 要は潜入捜査みたいなものです。
なるほど。

やっぱり あの~ 接触するまでには
相当な時間がかかるものなんですよね。

う~ん いや~
こればっかりは 何とも言えません。

情報は お金で買えるかもしれません。

でも 正義はお金では買えませんから。

こういった悪質なサイトを
放っとくわけにはいきませんよ。

そうですよね。
ええ。

♬~

負けましたよ。

丸岡さん 毎朝新聞時代
捜査1課 担当したことあったよね?

はあ。
新神奈川の誤報問題でも取り上げた

ひき逃げ事件なんだけど
洗ってみてくれない?

そんなに新神奈川日報が憎いんですか?

憎いのは 加害者で~す。

(教員)みんな ここで地図に色塗って。
(児童たち)は~い。

こんにちは。 こんにちは。
こんにちは。

こんにちは。
こんにちは。

何してるの? 今 社会の授業で
町の危険マップ 作ってます。

あそこの角 曲がるまで 向こうの道が
見えないから 危ないんだって。

こないだも 人が死んだんだよ。

そうね。

ねえ あっち行こうぜ。
うん。

(教員)気を付けて 危ないよ~。

はい。
あっ ごめん。 ありがとう。

今日はいいの? 保育園。
ああ 向こうが見てくれてるから。

旦那さん?
うん。

ちゃんと寝てる? 最近。
う~ん 3時間くらいかな~。

え~ 駄目じゃん。
駄目ってったって

やること いっぱいあるしね。
うちのこととか。

旦那さん やってくれないの?
やるふりはする。

男ってさ 笑ってごまかすよね。

いや こっちは 専業だから。
それ 理由にならないから。

理由っていうか 役割分担でしょ。
そういうこと言うんだよね 男は。

なのにさ 炊事洗濯
全部 結局 こっちがやってるの。

いや こっちだって
やってますよ ちゃんと。

だけどさ 俺が洗濯物 畳んだりしても
畳み直されるの 何あれ?

畳み方が悪いんでしょう?
イラッとくるじゃん。

じゃ 俺 やらなくていいですねって。
はあ~。

あなたと家庭持たなくて 本当によかった。
ちょっと…。

いや 分かんないよ。
案外 うまくいったかも。

どうだろ。

だって 離れてったの そっちだし。
う~ん…。

少なくとも 俺は努力したろ?

そうだったかな…。

 

もしもし。
吉川です。

メイクニュースの関係者と
つながりました。

実際に 執筆にも参加したと。
ただ 取材の許可は取れたんですが

本人 かなり おびえています。
明日には気が変わるかもしれない。

すぐにでも 動いた方がいいです。

分かりました。 すぐ準備します。
はい。 はい。

メイクニュース?
元ライターとアポ取れた。

行かなきゃ…。

♬~

高卒で東京出てきて
初めてやった仕事が 新聞配達でな

それまで 新聞なんて
真面目に読んだこともなかった。

ラテ欄ぐらい?
ハハハッ そうそう。

だけど 毎日
自転車 走らせて 配ってるとな

読者の顔が見えてくるだろう。
でかい事件があった時なんか

家の前で
俺が来るのを わざわざ待ってんだよ。

渡したら その場で読みだしてな。
すごいなと思ってさ…。

新聞ってどんな人間が作ってんだろうって
その時 知りたくなった。

いつも悪いな 垣内との間に入ってくれて。

お前は お前の仕事してる。
垣内は 垣内の仕事したんだ。

あいつの正しさが 時々痛いよ。

フフッ…。

垣内だって分かってるよ。
誰も間違ってなんかいない。

ああ…。

相賀は? お前 何で この道 入った?

う~ん… フフッ もう忘れたけど
生まれ変われるんだったら

ほかの仕事 選ぶよ。
何で?

何でって… 一平 お前 生まれ変わっても
また記者になるのか?

当たり前だろう。 何だよ お前もやれよ!

勘弁しろよ。
やるんだよ。

来世も一緒に ハッハッハッハ!

♬~

うん 少し遅くなる。

うん。 原稿の直しが出てさ。

気にしないで寝てて。

は~い。

あ… 起きてた?

先 越されちゃった…。

はあ~。

もう辞めよっかな…。

何 言ってんの?
これ以上 足 引っ張りたくないし。

初めてのことじゃないだろ こんなの。

子どもができたって相談した時のさ
デスクの顔…

忘れられないんだよね。
顔だけは うれしそうに

祝福してくれてるって感じで。

私は 報道部でいたいのに
ネットメディア部に移されて。

仕事と子育ての両立を考えて…。
やっかい払いしたかっただけだよね。

左遷と同じだよ。

美沙のせいじゃないよ。
やめてよ。

あのころはさ こんな記者に
なりたかったわけじゃなかったのに…。

もっとさ…。

もっとさ…。

♬~

(新一)美沙!

あ…。
大丈夫か?

うん…。
寝不足で倒れたみたいです。

少し熱があるみたいで。
あ… 同僚の沢村といいます。

どうも ご迷惑をおかけしました。

大丈夫か?
杏は…?

保育園に電話しておいた。
帰りに俺が寄るよ。

ありがとう ごめんね。
そんなことより 自分の心配しなきゃ。

(新一)
う~ん… 何か ちょっと熱っぽいな。

美沙 今日は
病院で ゆっくり休んだ方がいいよ。

今から帰るけど 何か買ってくものある?

(早百合)うん 大丈夫。
ごはん うちで食べるよね。

うん。
(早百合)あっ ちょっと 彰!

つまみ食いしないの!
(彰)ハハハッ!

(早百合)彰
ヒロ君と仲直りしたんだって。

ああ そう。
(早百合)帰ったら聞いてあげて。

うん。

お待たせしました。
コロッケ弁当2つで 1, 180円になります。

はい ちょうど頂きます。
ありがとうございました。

また よろしくお願いします。
(店員)ありがとうございました。

そろそろ 店 閉めるよ。
はい!

♬~

[ 回想 ] 最初は悲しくて
次に怒りがやって来て

そのあと 何で私一人だけって
さみしさが押し寄せて…。

薄皮が剥がれるみたいに ちょっとずつ
感情が消えていくんです。

♬~

怖くてたまらないんです。
知ってますか?

怖さには 形があるんです。

見えないのに あるんです。

分かりますか?

♬「アナタなしではダメみたい、と」

♬「涙したドラマのヒロイン」

♬「抱かれた右肩 か弱さが」

♬「まぶしすぎて目を逸らしたわ」

♬「少しヤワな子ばかり
幸せを手にしてく」

♬「お決まりの幕切れよ
アンフェアな世の中ね」

♬「『ひとりで生きられそう』って
それってねえ、褒めているの?」

捜しましたよ。

♬~

借金があったんです。
借金?

垣内が 何で あんな死に方を選んだのか
調べてみようと思ってる。

メイクニュースの首謀者には
近づいたんでしょうか?

桐野さん ずっと前から
メイクニュースを使ってた?

むしろ その逆かも。
武器を作る人間と それを使う人間は

どっちの罪が重いんだろうな。

二度と報道の世界に
戻ってこないで下さい。

♬~

♬~