ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

大富豪同心 第3話 中村隼人、新川優愛、池内博之、石井正則… ドラマの原作・キャスト・音楽など…

『土曜時代ドラマ 大富豪同心(3)「天狗の神隠し!」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 七之助
  2. トキ
  3. 神隠
  4. 天狗
  5. 廣國屋
  6. 旦那
  7. 本当
  8. 回想
  9. 参詣
  10. お内儀
  11. 高尾山
  12. 母親
  13. お前
  14. 卯之吉
  15. 銀八
  16. 美鈴
  17. 卯之
  18. 荒海
  19. 三太
  20. 自分

f:id:dramalog:20191102202026p:plain

『土曜時代ドラマ 大富豪同心(3)「天狗の神隠し!」』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

土曜時代ドラマ 大富豪同心(3)「天狗の神隠し!」[解][字]

油問屋・廣國屋の一人息子・七之助が高尾山の天狗にさらわれるという事件が起こる。見習い同心の卯之吉(中村隼人)が探索を命じられるが捜査は難航する。

詳細情報
番組内容
油問屋・廣國屋の一人息子・七之助が高尾山の天狗にさらわれるという事件が起こる。見習い同心の卯之吉(中村隼人)は筆頭同心・村田(池内博之)から探索を命じられるが捜査は難航。美鈴(新川優愛)が自ら志願し、廣國屋の女中として潜入捜査に乗り出すことに。その中で、七之助は、廣國屋夫婦の間に生まれた子ではなく、実は女盗賊・お弓(原田佳奈)の子であることが判明、裕福な商家に隠された秘密に、八巻卯之吉が迫る!
出演者
【出演】中村隼人新川優愛池内博之石井正則,小沢仁志,村田雄浩,柳下大渡辺いっけい稲森いずみ竜雷太,千代将太,寺井文孝,越村友一,武田幸三石黒英雄葛山信吾,原田佳奈,【語り】林家正蔵
原作・脚本
【原作】幡大介,【脚本】小松江里子
音楽
【音楽】佐橋俊彦

 

 


≪(鳥の鳴き声)

≪(鳥の鳴き声)

(荒い息)

(荒い息)

≪(村田銕三郎)天狗の神隠しだ?

おい。 今は奉行所

いくつもの御用で
大わらわなの知ってんだろ?

そんな話に付き合ってられるか!

(玉木弥之助)そう思ったんですが
相当な騒ぎになってるもので。

寺社奉行からも 話が伝わってきていて。

う~ん…。

確かに 南の猟犬 村田としては
うっちゃっては おけねえな。

さて どうするか…。

あいつに ぴったりの仕事だぜ。

おい ハチマキ?

(尾上伸平)ヤマキです。

はい?

こちらが 同心見習となった

八巻こと 卯之吉でございます。

実は 豪商 三国屋の若旦那。

そして…。

おい! あの剣豪同心 八巻卯之吉だ!
すごいじゃないか!

活人剣の達人だそうだ!

≪(瓦版売り)さあ 皆さん 聞いとくれ!

神か仏のいたずらか?

高尾の薬王院に 天狗が出たっていうから
えれえこった!

参詣帰りの親子の前に
立ちはだかったと思いきや

瞬く間に 子をさらっていった!

これは 大層な騒ぎだねえ。

ここに書かれているとおりのことが
起こったのは

確かですか?
(廣國屋惣次郎)はい 確かでございます。

息子の七之助は 先月の中ごろ

母親と高尾山に参詣した帰り
天狗にさらわれたのでございます。

お前さんが 七之助だね?

そのときの様子を
詳しく聞かせてもらえるかい?

はい。 参詣の帰り
バサバサと大きな音がして見上げると

そこには 真っ赤な顔をした天狗様が
いらっしゃったのでございます。

でも 後のことは
よく覚えていないのです。

思い出そうとしても 思い出せなくて。

七之助! ほら もういいから… なっ?
もういいから。

無理に思い出そうとすると

頭が痛くなり
息が苦しくなるようでございまして。

そうだったのかい…。

それは つらいことを聞いちまったね。

一人 戻ってきた妻は
半狂乱になってしまって

手前どもも 七之助の行方を
必死で捜させたのですが 手がかりもなく。

そうこうするうちに
ひょっこりと戻ってきたのでございます。

お内儀にも 話を聞きたかったんですが…。
ああ… 留守にして 申し訳ございません。

七之助が無事に帰ってきましたので
高尾山に お礼参りに行っておりまして。

お騒がせしたおわびに これを。

いらないよ。
気持ちだけ受け取っておきます。

では 邪魔したね。

受け取らないとは
何か疑っているのかもしれない。

どうしよう? おとっつぁん!

おっかさん!
駄目じゃないか 隠れていないと。

(お弓)お前のことが心配で…。

ほとぼりが冷めるまでは その姿

店の者に見られでもしたら
大変なことになる!

さあ 早く! 蔵の奥へ!

(惣次郎)ほら。

(菊野)神隠しでござんすか?
はい。

廣國屋の夫婦が
子どもが出来ず悩んでいたところ

高尾山の薬王院の権現様に参詣したら
子を授かったらしいんですよ。

それが七之助さんでしてね。

それ以来 みつきにいっぺんの参詣を
お内儀は欠かさず

神隠しにあった日も

その七之助さんを連れ立っての
参詣だったらしいんですよ。

けれど ほんとでしょうか?
天狗にさらわれたなんて。

それなんでがすよ!

あっしはね 駆け落ちじゃないかと
にらんでいるんですがね。

世間体をはばかって
それを隠すためにかもと。

でも 本当かもしれませんよ。

天狗が 本当にさらったのかも。

この事件 案外
深い話が潜んでいるような気がします。

えっ? いつもと違い
最初からやる気でげすね。

さっ。

じゃ おあとは お二人で。
あっしは ここら辺で。

≪(争う声)

おや?

(三太)うわっ… うわっ…!

博打に負けたのは そっちだぜ。
払うもん払えって言ってんだよ!

金がないから 「殺せ」って言ってんだよ!

≪こいつ 廣國屋の手代ですぜ!

もう そんなんじゃねえよ!

お店をおん出されたんだよ!

どこ行けってんだ! ちくしょう!

(争う声)

ああっ…!
≪おら やっちまえ!

≪おらっ! おらっ!

待っておくれ。

何だ? お前。

その負け越したお金は 私が持つよ。

これでいいかい?

何だい? まだ足りないのかい?

じゃあ これで。

(三太)ああ…!
(銀八)しっかりしろ!

(三太)ああ ああ…!

ここだ。

(門をたたく音)
先生 先生!

うう…。

(龍山白雲軒)卯之吉さんじゃないか!
懐かしいな!

ご無沙汰していますが
あいさつは あとで。

すぐに この人を診ていただけませんか?
(三太)うう…!

こちらは 卯之吉が
かつて弟子入りしていた

蘭方医 松井春峰の門下生

兄弟子の 龍山白雲軒でございます。

大丈夫かい?
これは ひどい。

懐かしい顔に会えたのに しょうがない。
まずは 傷を洗おう。

うわあ~!

ハハッ ちょうどいい。
これでおとなしくなった。

よし 縫うぞ。 お前さんも手伝ってくれ。

あっ はい。

命の恩人が
見舞いに来てくだすったよ。

(せきこみ)

けがのほうは どうですかい?
このとおりです。

本当に ありがとうございました。

さすが 旦那だ。 抜かりねえや。

こうして 廣國屋の
手代を すでに手の内に入れてるとは。

最近 廣國屋では
長年勤めていた奉公人たちに

暇を出しているっていうのは
本当かい?

はい。 あたしはじめ
古株の手代や女中たちが

何の落ち度もないのに
辞めさせられております。

(白雲軒)理由もなく暇を出すなんてのは
どういうことだい?

廣國屋ともあろう大店が。

ほかに 何か変わったこととか
気づいたことは ないのかい?

そういえば あの一件以来

七之助様の様子が
最近 以前と違っていて。

身の回りのことは
一切 自分一人でやるとおっしゃり

誰も お部屋に
来させないようにしていたり。

(荒海)その七之助さん

何か
隠したいことがあるんじゃないですかね。

神隠しにあったことと
つながってるんですかね。

そうですねえ…。

(美鈴)失礼します。

どうぞ。
えっ?

誰だと思ったら
鬼姫さんじゃありやせんか!

美鈴です。

旦那の家で お女中として
働いてなさるんですよ。 ねっ?

はい。 八巻様に
父上をお助けいただいたお礼に

私ができることを
何かさせていただきたくて。

けど また若侍に戻っちゃって。

旦那のせいでげすよ。

「前の姿のがいい」って 言うもんだから。

[ 回想 ] 美鈴でございます。

[ 回想 ] 私は 前の若侍姿のほうが
好きですけどね。

(ため息)

(銀八)あっ 源之丞様。
ああ…。

近くを通りかかったものだから。
(荒海)へえ~!

御大名の三男坊が この近くをね?
一体 何の用で?

うるさいわ 黙ってろ。
(荒海)気に入らねえな。

美鈴殿は 元気か?
あっ… はい。

それは何よりじゃ。 ハハハ…!

この源之丞
美鈴に ほれているのでございます。

それで どうしやす?

手下を廣國屋に潜り込ませようかとも
思ってるんですが。

そうですね。
そのお役目

私に お任せいただけませんか?

私が 小僧に化けて探ります。
小僧?

じゃあ 手配してくるとするか。
へえ。

けど… 小僧とは。

そんなに
男のほうがいいんでげすかね?

さあ お帰り。

八巻様。
はい。

何かのおまじないですか?

あっ… まあ。

ああ そうですか。

やはり おかしい。

この美鈴
卯之吉が 世間で言われているような

剣の達人ではないのではないかと
思っております。

(水谷弥五郎)待てって!
(由利之丞)待てないよ!

私がじゃないよ。
呉服屋が待ってくれないんだ!

豪華な衣装を用意するからって
芝居の座頭に 無理を言って

役を回してもらったんだよ?

私の初の大舞台なのに。
ばか ばか ばか ばか…! ばか ばか!

う~ん…。
うん 分かった 分かった。

分かったから 分かったから。

(由利之丞の泣き声)

はあ このような格好をさせられるとは…。

新しく入った女中だね。
はい クマと申します。

七之助坊ちゃまの神隠しの話
本当なんですか?

天狗様の仕業だとか。

七之助様は
天狗の申し子だからね。

そうそう。 古参の奉公人は
「あ~ やっぱり」と話していたよ。

なにしろ お内儀様が

神隠しにあってたときに
生まれたお子様だから。

えっ?

じゃあ
母親も神隠しにあっていたと?

けど だったら 子は
一体 どこから生まれてきたんです?

お内儀が神隠しから戻られたときには

もう その腕に
赤ん坊の七之助を抱いていたと。

なので 当時の奉公人たちは
「もしかして 七之助様は

旦那様と お内儀様の子では
ないのではないか」と

うわさしていたらしいのです。
「天狗の子を授かってきたのでは」と。

天狗の子?

そういえば 言い伝えを
聞いたことがありやすよ。

「天狗は願いをかなえてやるのと
引き換えに

自分の子を授けて育てさせる。
その子が大きくなったら さらいにくる」。

またそんな 恐ろしいことを。

(鳥の鳴き声)

(銀八)高尾の御山から
天狗が飛んできたのかも!

何者?

恥も顧みず 頼みにまいった。

大丈夫なのですか?
へえ 知り合いのお侍さんでげす。

では これで。

よいのか?

あなたには
何度も命を救われましたから。

いや 三国屋に雇われた用心棒。
当然のことでござる。

だが… かたじけない。

この金は 役者を志す
旧知の仲の者の

衣装代として使わせていただく。

だが 必ず返す。
当てはあるんですかい?

この金を払うはずだったお内儀が
高尾山にお参りに行っておるのだ。

戻ってきたら そのときは必ず。

もしや そのお内儀とは…。

(菊野)じゃあ そのお内儀さんは
高尾山に 毎月お参りに行くと言って

出合茶屋で若い男の子たちと
遊んでたんですか。

そのようなんですよ。

そのお侍さんの知り合いも そのお相手で。

じゃあ 今回も高尾山には
行ってはいないのかもしれませんね。

ですが もう半月以上も
戻ってきてないそうなんでがすよ。

そこまで遊びますかね?

もしかしたら…。
ええ。

もう この世のお人では
なくなっているかもしれませんね。

♬~

さすが 姉御。

女一人で生きてくために
血を吐く思いで身につけたんだ。

こっちは 万事うまくいってるよ。

そっちも抜かりはないんだろうね?

仲間も集まりました。
手はずは整ってますよ。

そして 翌日 沼で
女の水死体が あがったのでございます。

(村田)おい 検分しろ。
(尾上 玉木)えっ!

(村田)ほら!

年の頃は 三十~四十ほどの女。

上物の珍しい柄の着物を着ていた。

呉服屋を片っ端から当たれ!
(同心たち)はい!

いや~ これは うちでは…。
(玉木)役に立たねえな。

これでしたら 因幡町の醤油屋

廣國屋さんのお内儀さんが
お買い上げのものです。

えっ?

あれ~? 三国屋の…。
人違いです。

そして
その翌日 卯之吉は廣國屋から

豪華な もてなしを
受けることになりました。

いいお味だねえ。

いい料理を出しますね。
今まで知らなくて損をした。

で このたびのことですが。
あっ はい。

日本橋の その呉服屋は
妻がひいきにしております。

ですが その亡くなられた方が
妻であるはずはないと…。

違うというんですね?

お疑いだと思いまして
今日は 呼んでございます。

昨日 参詣より戻ってまいりました。
お入り!

≪失礼します。

手前の家内のトキにございます。

なるほど 七之助さんに そっくりだね。

確かに お内儀さんなんだね?
はい。

(金右衛門)
おトキは 廣國屋の大叔父でございます

この金右衛門の姪でございます。

間違いございませぬ。

こういうものは いらないよ。

これで 得心がいきました。 では。

おっかさん 何の用だい?

はっ…!

七之助 逃げるんだよ。
えっ?

このままじゃ あの同心に捕まっちまう。

(荒海)いよいよ 今夜だな。

それで お前が引き込み役ってわけか。

引き込みって?

大店に潜り込んで
中から盗人を手引きする悪党のことです。

おっかさん まさか 廣國屋を…。

金がいるんだよ。
お前と一緒に逃げる!

お前 そんなことをたくらんで…。

もう お芝居も幕引きです。

お内儀のおトキさんではありませんね。
お弓さん。

16年前の おトキさんの神隠し騒動は

七之助の本当の母親を隠すための
狂言だったんですね。

はい。 ここにいる七之助

私と 女中として働いていた
お弓との間に出来た子。

おトキが産んだと見せかけるために
世間から隠したのです。

どうして そんな面倒なことを?

おトキは 跡取り娘。
手前は 入り婿でございます。

入り婿の子を跡継ぎに据えたのでは
廣國屋の親戚筋が 黙ってはおりません。

真相を知っているのは

料理屋にいた
大叔父の金右衛門一人でございます。

その狂言で みんなが納得したのなら
いたしかたありませんね。

あたしゃ
納得なんかしちゃいなかったよ。

産んだばかりの子と引き離される
母親のつらさが分かるかい?

産んだあとは用がないとでも言うように
暇を出され

旅籠で飯盛女をやったりして
生きてきたんだ。

そのうち 悪い仲間がついて
錠前破りの腕を磨き上げたというわけか。

でも… それでも
お前が幸せなら辛抱もできた。

なのに あの女…。

おトキさんと七之助の間に
何があったんだい?

お許しください!

おっかさんは あたしが手にかけました!

七之助
おトキを殺したんじゃありません!

おトキが七之助を殺そうと
謀ったんでございます!

息子の七之助のことだけは
いつも気になって。

参詣と称して おトキが
何をしていたかは知っていました。

なのに あの日に限って
七之助を誘うなんて

おかしいと思ったんですよ。

[ 回想 ] (おトキ)わ~!

[ 回想 ] 悪いけどね… 死んどくれ!

[ 回想 ] うわっ… うわ~!

[ 回想 ] おっかさん? おっかさん?

(お弓)子が産めぬからと
七之助を奪っておきながら

七之助が店を継ごうという年になって

自分の実の子ではないからと
目の敵にして殺そうとするなんて!

それで そのあと どうしたい?

沼に沈めたんです。

(惣次郎)そこからは 私がお話しします。

事情をお弓から聞き

おトキがいなくなったことを隠すために
高尾山に参詣に行ったことにし

お弓に代役を頼んだのです。

これで しばらくは
世間の目をごまかせると。

それじゃあ
七之助さんの神隠しは何だったんで?

あのあと 七之助気鬱になってしまい…。

当然です。 しかたなくとはいえ
母親を手にかけたのですから。

それで ことが落ち着くまではと
身を潜めさせていたのです。

そしたら 神隠しだと
うわさを立てられてしまい…。

それに お弓が 実の母親だとも
打ち明けねばなりませんでした。

[回想] 七之助…。

[ 回想 ] おっかさん?

(七之助)すぐ分かりました。
本当のおっかさんだって。

おかしいと思ってたんです。
あのおっかさんは

私が病気をしても
看病をしてくれたこともない。

子どものころから ずっと さみしくて

心のどこかで きっと本当のおっかさんは
どっかにいるはずだと

そう思ってたんです。

七之助…。
おっかさん…。

(お弓のすすり泣く声)

♬~

≪(足音)

来なすった。

おめえたち 一人残らず とっ捕まえろ!
(子分たち)へえ!

♬~

(七之助)おっかさん 怖いよ…。
(お弓)大丈夫だよ。

ちょっと… 旦那!

≪覚悟しやがれ!

うっ!

♬~

旦那… 旦那!

うっ…!

旦那 こっちは 終わりやしたぜ!

さすが 八巻の旦那!
こんな こそ泥はあっという間でしたね!

ハハハハハ…!

旦那… 起きてくださいよ 旦那! ほら!

どうなった?
いつものように 無事 片づいております。

美鈴様 あの…。

分かっております。
卯之吉様は 剣豪などではありません。

私が守って差し上げねば。

今回も お見事!

剣客同心 八巻卯之吉
ここにありでございます~!

よっ 日本一!
(子分たち)日本一!

(銀八)日本一でございますよ!
(2人)ハハハハ…!

(銀八)日本一でございますよ!

今日は どうしたんだい?

ちょっと
子どものころのことを思い出しまして。

おじい様にお聞きしようかと。

ほう どんなことかな?

さいころ 私は神隠しにあったと。

もう 何も覚えてませんが。

あれは 天狗の仕業だったのか

それとも…。
さあ。

私にも分からないことだ。
そういうことは 忘れるに限る。

そうですね。
う~ん…。

じゃあ 実のおっかさんの お弓さんが

一切 自分がしたことだと
お白洲で白状を?

ええ そのようです。

引き込み役として邪魔だったから

あたしがお内儀のトキを殺したんですよ。

獄門は免れないと。

自分の命と引き換えにしてまでも
我が子を守ったんですね。

母親とは そういうものかもしれませんね。

それで 七之助さんは?

≪(七之助)開けとくれ 開けとくれ!

開けとくれ 開けとくれ…!

本当のことを話しに行くと言って
聞かないんだそうです。

しばらくは 蔵から出ることは
できないでしょうねえ。

また神隠しのうわさが
立ってしまいますね。

けれど 実のおっかさんと会えた。

それだけが救いです。

卯之さんは 天狗の話 信じてたんですか?

まだ 天狗にさらわれたほうがよかった。

えっ?

私はね 捨てられたんですよ 幼いころ。

卯之さん…。

あの子が そんなことを…。

一体 昔 何があったんです?
卯之さんのご両親は 今どこに?

私からは言えない。

それが 卯之さんの心に ぽっかり空いた
大きな穴の大本なんですね。

≪♬~(三味線)

おっかさん…。

おっかさん…。

♬~(三味線)

次回は…。

八巻卯之吉なり。

玉菊でありんす。

このにおい…。

吉原を焼き払おうとしているんだよ。

♬~

わざわざ もらうほどのことはないよ。

♬~

♬~

♬~