ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ミス・ジコチョー 第2話 松雪泰子、堀井新太、須藤理彩、余貴美子… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『ドラマ10 ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~(2)』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. ハム
  2. 先生
  3. 原因
  4. 黄色ブドウ球菌
  5. 食中毒
  6. 片山
  7. 工場長
  8. 加熱処理
  9. 事故調
  10. 南雲博士
  11. エンテロトキシン
  12. 給食センター
  13. 江島工場長
  14. 失敗
  15. 大丈夫
  16. 会社
  17. 社長
  18. 真奈子
  19. 本当
  20. 問題

f:id:dramalog:20191025233626p:plain

『ドラマ10 ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~(2)』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

ドラマ10 ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~(2)[解][字]

とある学校の給食で食中毒事故が発生。事故調査委員会が開かれるが、どこで菌が発生し付着したのか、謎に包まれていた。

詳細情報
番組内容
とある学校の給食で食中毒事故が発生。事故調査委員会が開かれるが、どこで菌が発生し付着したのか、謎に包まれていた。真奈子(松雪泰子)は助手の野津田(堀井新太)とともに調査に乗り出すが…。一方で、真奈子は長年にわたって不仲な母親・南雲喜里子(余貴美子)と三年ぶりに対面することになる。
出演者
【出演】松雪泰子堀井新太須藤理彩高橋メアリージュン余貴美子
原作・脚本
【作】八津弘幸
監督・演出
【監修】畑村洋太郎
音楽
【音楽】眞鍋昭大,【主題歌】[ALEXANDROS]

 

 


この安政の大獄によって
尊皇攘夷派100名以上が弾圧されました。

でもな この安政5年には
もっと悲惨なことが起こっているんだ。

コレラって知ってるか?

この恐ろしい伝染病がはやって 実に
10万人以上が死んだという記録もある。

谷口 起きろ。

そんなに眠いなら 顔洗ってこい。

おい 谷口。 おい 保健係!
はい!

手 貸してくれ。 谷口。

先生! 夏美が!

夏美 大丈夫?
夏美 大丈夫?

♬~

何だ これ。

(真奈子)たとえ
世界が滅んでも

あなたの世話にだけはならない。

…って決裂したのが3年前よ。
今更 どんな顔で頼めっていうのよ。

(志保)どんな顔でもいいから頼んで。
あそこの自動車会社が

新型ロボットカーの共同開発を
どこと組むかは

プロジェクトリーダーの南雲博士の意見が
最優先されるらしいの。

(野津田)
南雲って この南雲喜里子博士ですか?

国立工学創造センターのセンター長に
就任する あの南雲博…。

えっ 先生 南雲博士
敵に回しちゃったんですか?

それって最悪じゃないですか。

あの人に頭下げるぐらいだったら
飢え死にを選ぶ。

大体 向こうだって
私の頼みなんか聞いてくれないわよ。

(郁美)そんなことないですよ。

いくら けんかしてても 母親なら

最後は かわいい我が子を
助けたくなるもんです。

母親?
南雲博士は 真奈子のお母さんよ。

だから お願いしてって言ってるの。

そうだったんですか。 でも 名前が…。

(郁美)先生 かわいそう。
私 うちの子に そんなさみしい思い

絶対させたくないな~。
どういうこと? うちの子って。

イクミンは シングルマザーよ。
はあ!?

息子の輝樹!
郁美ちゃんに似てるね。

で こっちが弟の功太!
弟?

一番下の理愛! フフフ。

大変だねえ。
(郁美)全然。

おもちゃメーカーとのライセンス契約
21個持ってるから

お金にも困んないし
それに 週に3日は

それぞれのパパが面倒見てくれるから。
それぞれって…。

子ども3人 父親も3人のバツ3で~す。

こんなに堂々と同じ失敗を繰り返す人
興味深いでしょ。

今 そんな話 どうでもいいの!

とにかく 南雲博士に協力をお願いして。

どうしても嫌なら 今後二度と

事故調査委員会には参加しないと
約束して。

何でそうなるのよ。

決まってるでしょ。
やりくりが厳しくなったのは

あなたが事故調でやってきた
大がかりな実験のせいだからよ。

どうするの?

分かったわよ。

事故調には参加しない。
それなら いいんでしょ。

 

食中毒?

「今現在 100名以上の生徒に
腹痛や嘔吐の症状が現れ

病院に搬送されております。
まだ原因は はっきりしておりませんが

修陽館中学校は
エクセランフーズという

民間の食品会社に給食を委託しており

近隣の中学校5校も…」。
輝樹の小学校も

ここが給食作ってるんです。

(泣き声)

そうやって いつまでも泣いていたら
輝樹君 悲しむわよ。

そうだよ。 元気出せって。

だって 輝樹が… 輝樹が…。

何ともなくて よかったじゃない。

よくないよ!
食中毒の原因がハムだったせいで

お肉 食べられなくなっちゃったんだよ。

先生 なんとかして下さい。

輝樹君 お肉にはね 必須アミノ酸という
成分が バランスよく含まれていて

もし不足したりすると
疲れやすくなったり

免疫力が衰えたりするの。

そんなこと言ったって
分かるわけないじゃないですか。

あのね この間の給食のハムは
悪くなってたけど

ほかのは大丈夫。 だから安心してね~。

(輝樹)根拠は?

いつ どこで悪い菌がついたか
分かってないんでしょ。

何で ほかは大丈夫だって言えるの?

それは…。
非論理的。 それでも工学者かよ。

ハハハハ…。

 

はい 天ノです。

エクセランフーズ?

(片山)先日起きた食中毒の件で

この度 弊社で事故調査委員会
発足させることになりまして。

ああ… いや…。

事故調は ちょっと しばらく…。

分かりました。 お引き受けします。

いいんですか!?
志保さんに何て言うんですか?

決まってるじゃない。
ないしょにするのよ。

♬~

<全てのしがらみとは無縁の
三者による真実の究明。

それが 事故調査委員会
事故調の使命である>

(片山)当日のメニューの中で

発症した生徒は全員
ハムを口にしていたこと。

好き嫌いなどの理由から
ハムを食べなかった生徒は

一人も食中毒になっていないこと。

以上の点から 原因は
給食で使用されていた高級ブランドハム

「匠の極みハム」であるということが
判明しました。

発症までの時間 症状などから
黄色ブドウ球菌による食中毒の可能性が

極めて高いと思われますが
保存されたハムのサンプルからも

発症した生徒さんたちの検便からも
菌は検出されなかったので

断定には至っておりません。

(諸井)
サンプルは何グラムあったんですか?

(片山)規定どおりの50グラムです。

(諸井)ああ その量だと
菌が検出されないこともあるからねえ。

(桜田)便からも必ず検出されるとは
限りませんが

どこからも出ないというのは
ちょっと不思議ですね。

(中本)
仮に黄色ブドウ球菌の仕業だとすると

給食センターで加熱処理されたあとに
菌が付着したことになりますね。

どういうことですか?

黄色ブドウ球菌は熱に弱いの。

だから 加熱処理よりも前に
菌がついていたとしても

全部 死滅してしまうはず。

ああ なるほど。
もともと 黄色ブドウ球菌

皮膚や髪の毛 傷口などにもある
身近なものよ。

例えば 加熱処理のあとに
誰かが うっかり傷ついた素手で触って

菌がついて それが何かの異常で
増殖した可能性もなくはない。

おお…。

さすがですね 天ノ教授。
細菌についても お詳しいとは。

これも失敗学です。

1989年2月から4月にかけて

ニューヨーク ミシシッピ
ペンシルバニアで食中毒が多発しました。

その原因は
業務用の輸入マッシュルームについた

黄色ブドウ球菌だといわれています。

更に 2009年には フランスで
チーズを原因とした食中毒が

6つもの地域にまたがり
拡散した被害もありました。

過去に
これほど すばらしい失敗があったのに

それを生かせなかったことは
実に悔やまれます。

すばらしい失敗?

あ~ とにかく問題は 黄色ブドウ球菌
いつ どこでついたかってことですよね。

(木船)そのとおりです。

社長の木船です。

念のために 仕入れの流通経路を

全て遡って調査して頂きましたが

感染源の特定は できませんでした。

残念ではありますが やはり原因は

うちの給食センターにあると
考えられます。

(桜田)ですが
保健所の立ち入り検査では

給食センターで菌がついたという証拠は
見つからなかったんですよね?

はい。 いくつか指導を踏まえながら

明日から
業務は再開できることとなりました。

しかし 証拠が見つからなかっただけです。

これを機に
給食センターの運営そのものを

一から見直すつもりでおります。

ねえ 真奈子の今日の予定
知らない?

さあ…。
野津田君も連絡つかないし。

このごろ そういうこと多いのよね。

あの2人 何かやってるのかしら。

あ~! 気付いちゃいました?

私も驚きましたよ。 まさか あの2人が
そんな関係だったなんて。 ハハハハ。

でも まあ もう2人とも
いい大人ですから

ここは温かく見守ってあげましょうよ。

ええ!?

江島工場長です。 事故調のお二人です。

天ノです。
野津田です。 よろしくお願いいたします。

(江島)今は そちらの相手をしている
余裕はありません。

すいません。

やっぱり 出直しましょう。

何か私たちに見られたら困る事情でも
おありですか?

人手が足りないと言ったんです。

分かりました。 私が付き添います。
それでいいでしょう…。

彼らの機嫌を損ねるなって 社長にも
言われてるんですよ。 頼みますよ。

すいません。
いや。

お二人は どうぞ こちらへ。

コンタクトは入れてませんか?

ええ。
それが何か?

取れそうな差し歯や詰め物も
ありませんね?

ああ 大丈夫だと思います。

アクセサリーの類いを外して下さい。
あと ボタンのついたシャツも禁止です。

それから
もし ケガされているようでしたら

こちらのばんそうこうをお使い下さい。

金属が入っていて 万が一 剥がれても

金属検出機で
捜せるようになっております。

へえ~。 そこまで徹底しているんですね。

食品業界においては
たとえ髪の毛1本でも

異物混入があったと言われたら
謝るしかないのが現実なんです。

♬~

(片山)仕入れた食材は
全て ここで加熱処理しております。

例のハムもですか?
もちろん。

学校給食は
とりわけ問題があってはなりませんから

たとえ加工食品であっても
加熱処理しております。

となると ここから先のどこかで
ブドウ球菌が付着したってことですよね。

そうなんですよね。

(久子)あっ 部長。

なんとかして下さいよ。
手袋のストックが減ってきたんで

工場長に
急いで発注をお願いしたんですけど

もう すっごく機嫌が悪くて。

もし なくなったら
作業は一旦中止だって。

前みたいに ストック増やすことは
できないんですか?

足りなくなって 工場長に頼むたんびに
いっつも こうで…。

分かりました。 しょうがない もう。
私が注文しておきますから。

ありがとうございます。 さすが部長。

すいません すぐ戻りますんで。

あなたたち 新人さん?
ええ まあ。

変わってるねえ。
あんなことのあとに ここで働こうなんて。

あっ パートの野沢です。

分かんないことあったら
何でも聞いてちょうだい。

では 食中毒の原因に
何か心当たりは ありません?

えっ?
先生 ストレートすぎます。

いきなり そんなこと言われても
答えられるわけが…。

あるわよ 心当たり。
あるんかい。

原因 何だと思いますか?

復讐よ。

この会社
2年前に社長が代わったんだけど

その新社長と 江島工場長は
反りが合わなくて。

上の方針に従わない工場長に代わって

仕入れ部長の片山さんが
ここも監督するようになって。

私たちとしては 片山部長の方が
話しやすいし ありがたいんだけど…。

江島工場長としては 不満でしょうね。

そう。 最近 工場長とつきあいの長い
ベテラン従業員たちが

みんな リストラされちゃって
さっきの手袋なんかも

上から こう
無駄遣いはやめろって もう

工場長は不平不満だらけで。

次は いよいよ
工場長が リストラかって言われてんの。

そのことを恨んで
江島工場長が会社に復讐するために

故意に菌を付着させた?

(ノック)

工場長 真空冷却機の調子が
悪いんですけど 見てもらえませんか?

真空冷却機なら
業者を呼んで調べてもらえ。

それが 一番確実だ。

また経費がかかりますけど?

じゃあ お前に直せるのか?
いえ。

とりあえず 私が見てみようか。
ありがとうございます。

すぐに直るかもしれないしな。

あれじゃ
クビになっても しかたないですよ。

その腹いせに もし本当に
菌をばらまいたんだとしたら…。

真空冷却機。

え?

先生?

(片山)どうだ?
いや ダメですね。

ちょっと失礼。

♬~

これで どう?

(電子音)

(片山)いや~ 恐れ入りました。
さすが 天ノ教授だ。

あのエアフィルターの清掃は

どれぐらいの頻度で やられていますか?

いや~ それは…。

(江島)毎日です。

(片山)工場長…。

毎日 欠かさず行っています。

燈君。

すばらしい。 ただ…

この真空冷却機の構造は
奥に もう一枚 フィルターがあって

そこは手入れにも手間がかかるし

つい放置してしまいがちなんですよね。

もしも そこに汚れが付着し
菌が発生していたら…。

♬~

うちは 全てのフィルターを
毎日手入れしていますし

半年ごとに交換もしています。

あなたのせいで
大幅に作業が遅れてしまった。

もうこれ以上 邪魔をしないでもらいたい。

(志保)
野津田君 ちょっと手伝ってくれる?

ねえ 野津田君。
はい。

あなたと真奈子のことだけど…。

コソコソしなくていいわよ。
別に とやかく言うつもりないから。

ただ 連絡だけは
取れるようにしておいてね。

僕たちのこと 許してもらえるんですか?

私が許すも許さないも
そんな筋合いじゃないもの。

ああ…。

ありがとうございます。
先生も きっと喜びます。

彼女 走りだすと止まらないから
しっかり守ってあげてね。

はい。

何だかんだ言っても 志保さんも
先生のこと 気にかけてるんですね。

大丈夫です。 今度の事故調は

給食センターに原因があることは
確かですし

お金のかかるような証明実験も
しないで済みますから

すぐに結論が出ると。

何? 事故調って。

え?

♬~

(志保)明日 15時にアポ取ったから。

はあ? 誰と?

南雲博士。
はあ!? ちょっと勝手なことしないでよ。

そっちが約束破ったんだから当然でしょ。

おりゃ! 何してくれとんじゃ!

せっかく 私が うまくごまかしたのに!
そういうことは先に言ってよ。

(志保)ロボットカーの件

しっかり プレゼンしてきてね。

何で僕まで行かなきゃならないんですか?

助手なんだから当然でしょ。

一人で会いたくないだけですよね?

僕を親子げんかの緩衝材に
しないで下さい。

どうして 南雲博士と そこまで
仲たがいしてしまったんですか?

仲たがいなんか してないわよ。
え?

最初から仲が悪かったから。

やっぱり帰ります。
来なきゃ クビよ。

それ パワハラですよ。

ハラスメントは
相手が どう思うかで決まるの。

あなたが パワハラだと思わなければ
パワハラじゃない。

パワハラだと思ったら クビよ。

身勝手すぎて 気持ちがいいです。

こちらでございます。

(喜里子)私は 持続可能な豊かな未来を
信じる者の一人です。

きたる100歳時代に
この新システムの普及は

社会のインフラを支える
基盤となるものです。

妄想や空論ではなく
実際に触れることのできる未来。

実感できる未来。

その実現こそが 我々の使命です。

(拍手)

地球資源の枯渇について
どう思われますか?

すいません。 離れて下さい。

♬~

今日は もう終わり。
はい。

すいません。
本日は ここまでとさせて下さい。

すいません。 お電話させて頂きます。

しばらく会わないうちに
すっかり大きくなって…。

3年で変わるわけないでしょ。
冗談よ。

最初に何て声をかければ
最も効率的に打ち解けられるか。

昨日 一晩寝ずに考えて
カッタリーの法則を応用して

導き出したんだけど
あんまりウケなかったわね。

面白くなかった?
え?

お… おも…。 すいません。

今のも冗談なんだけど。

は… はあ…。

素直でかわいいね 今度のカレ。

いやいや カレじゃありません。 あの…

助手の野津田 燈といいます はい。

真に受けちゃダメよ。
全部 面白がってるだけだから。

ええ?

散らかってて ごめんなさいね。

破断部のSEM写真ね。

そう ボルトの破断面。

よかったら 東京第一大学工学部教授の
ご意見を ぜひ聞かせてもらえる?

典型的な脆性破壊ね。

遅れ破壊の可能性あり。

不思議なのはね
高強度ボルトとは言っていたけど

10.9T程度の強度レベルだから

1, 000ニュートンぐらいの
引っ張り強度なんだよね。

うん… 以前 硬さが HRC35ぐらいの

高強度鋼の破断現象を調べた時

引っ張り強度は
1, 000ニュートンぐらいだったけど

破壊モードは ほとんど
遅れ破壊と同じだった経験があるわ。

このボルトの破断部位は どこ?

首下部。

首下部の遅れ破壊をトップ事象にして
FTA作ってみましょうよ。

原因が水素だとすると…。

メッキの時の原子吸着。

溶液の濃度は?
濃さねえ…。

酸洗溶液濃度 高すぎ。

♬~

焼き入れとの関係は?

焼き入れ条件が不適切。

ほかには…。

♬~

二度メッキ!
二度メッキ実施。

そうだ。 来た…。

まあ こんなとこかな。

本当に大きくなった。

冗談は もういいから。

工学者としてって意味よ。

なんだ。 お二人とも仲いい
じゃないですか。 僕は もう てっきり…。

今も 事故調をやっているそうね。

この研究所に来なさい 真奈子。

事故調査や失敗学なんて
あなたがやるべきことじゃない。

私が何をやるかは 私が決める。

私たちが取り組むべきなのは
過去の分析じゃなくて 未来の創造よ。

それは3年前に聞いた。

やろうとして できないのは無能だけど
できるのに やらないのは無能以下よ。

相変わらずね。 自分は完璧だと思ってる。

あなたのために言ってるのよ。
お気遣いなく。

私のこと どれだけ知ってるっていうの?

お… 落ち着いて下さい 2人とも。
さっきまで協力し合ってたんですから。

別に協力なんかしてない。
自分の興味でやっただけ。

頼んでもいないのに 余計なお世話よ。
頼んだじゃない。

意見を聞かせてって言っただけよ。
はあ?

何か似てますね お二人とも。

(2人)似てない。

すいません。

はあ…。 あ~ もう
やっぱり来るんじゃなかった。

帰るわよ。
えっ ちょっ… ロボットカーの件は?

この人の力なんか借りなくても
自力で なんとかする。

スタンバード大学も含めて
世界中から共同研究案が来てる。

あなたたちだけが特別じゃないのよ。

世界が滅びても
あなたの世話にだけはならない。

いくら うわべだけ取り繕っても

長い時間の中でできた
わだかまりは消えないわね。

もう!

せっかく 久々に会えたんですから

もう少し ゆっくり話し合いましょうよ。

行くとこできたから。 あと よろしく。

えっ ちょっ… 先生…。

ごめんなさいね。
こんな おばあちゃんが相手で。

いや とんでもないことです。

初めてよ。
あの子が助手を連れてきたのは。

もしかしたら あなたなら
真奈子を変えられるかも。

事故調なんかやめて
研究に全力を注ぐべきだって説得してよ。

無理ですよ。
博士が言ってダメなものを

自分なんかの言うこと
聞くような人じゃありませんよ。

私だから聞かないのよ。

私は 夫と まだ小さいあの子を捨てて
仕事を取ったの。

ひどい母親でしょ。

確か お父さんも
随分前に亡くしたって聞きましたけど。

私は そのお葬式にも
仕事で行けなかった。

だから 憎まれて当然。

でも その選択のおかげで 今がある。

正しかったのかどうかなんて
分からないけど

少なくとも 私は そのことを
後悔したことは一度もない。

どんなに過去を顧みても
起きたことは変えようがないんだから。

♬~

お待たせしました。
あら 案外早かったのね。

ちゃんと やって頂けました?
当たり前じゃないですか。

本来は 数日は待って頂くところを

最優先事項として
特別に検査したんですからね。

ありがとう。 で 結果は?

♬~

[ 回想 ]
どんなに過去を顧みても
起きたことは変えようがないんだから。

[ 回想 ] 申し訳ありませんでした。

お前一人のせいで 10億の損失だ。
どう責任取るつもりだ。

分かってるのか!
お前は失敗したんだ。

 

先生 今日は ひどいじゃありま…。

え?

あの… なぜ僕は
トラックに乗っているのでしょうか。

昨日 あれから
サンプルのハムを再検査したら

ある物質が見つかったの。

エンテロトキシン!?

…って 何でしたっけ?

黄色ブドウ球菌
ある一定量 増殖した時に作られる毒素。

通常 黄色ブドウ球菌そのものを調べて

それが多ければ 当然
エンテロトキシンもあると判断するの。

でも 今回は 黄色ブドウ球菌はないのに

エンテロトキシンだけが発見された。

そんなことがあるんですか?

黄色ブドウ球菌は どんなに増えても

加熱処理をすれば
全部 死滅するって言ったでしょ。

はい。
でも このエンテロトキシンは逆。

熱に強くて 一度作られると

いくら加熱処理をしても消えないの。

例えば 真夏にお肉を買ってきて

冷蔵庫に入れ忘れて 一日たちました。

どうなる?

真夏なら まず間違いなく

黄色ブドウ球菌は繁殖しますね。

その段階で
エンテロトキシンも 当然作られる。

そう。 そして 加熱することによって

黄色ブドウ球菌は死滅するけど…。

エンテロトキシンは消えずに残り続け

食中毒を引き起こす。
そういうこと。

いくら うわべだけ取り繕っても

一度できた わだかまりは消えないのよ。

それって…。

[ 回想 ]
いくら うわべだけ取り繕っても

長い時間の中でできた
わだかまりは消えないわね。

南雲博士の言葉が ヒントに?

以上のことから導き出される答えは?

問題のハムは

給食センターに持ち込まれ
加熱処理される前から

もうエンテロトキシンが付着していた。

この流通経路を遡ってトレースすれば

菌がついた真相が
見つけられるかもしれない。

もしかして このトラックは…。

おうよ。 いつも あの給食センター

冷蔵倉庫からハムや肉を運んでるのは
この俺だ。 ハハハハハ!

言っとくけどな 運搬中には
何の問題もなかったからな。 ハハハハ。

となると…。

う~ん…。

結局 どこも問題ありませんでしたね。

お待たせ~。 カモン プリーズ!

(会長)いやいや せっかく
東京から足を運んで下さったのに

大したおもてなしも できなくて
すまんでしたね。

さあ これをお二人で召し上がって下さい。

会長 お心遣いはありがたいんですけど
僕たち こういうのは頂けないことに…。

うん! う~ん。

これ おいしい!
やっぱり 味に深みがあるわ。

そうじゃろう。 ハハハハハ!

先生。
大丈夫よ。

これ もらっても
特別扱いしない自信あるから。

そういう問題じゃないんですよ。

細かいこと ごちゃごちゃ言わないで。

会長には もっと無理なこと
お願いしたんだから。

本当は あんまし見せちゃいかんだけど

ここだけのことっていうことで頼むよ。
ありがとうございます。

さすがは 一流ブランドの
「匠の極みハム」ですね。

♬~

私 失敗しちゃった。

♬~

よ… しょと。 お疲れさん。

お疲れさまでした。
あとは いつもどおり

週明けに
冷蔵倉庫の方に運んでおいてくれな。

はい。 は~い。
よし。 飯行くか。

マジすか? 部長 ごちそうさまです!

誰もおごるなんて言ってないだろうが。
(笑い声)

お二人とも どうして ここに…。

片山部長こそ
ここで何をしているんですか?

いや 私は あの… 仕入れの手伝いを…。

ここは正規の流通ルートに
入ってませんよね。

どんな作業をしてるんですか?
(片山)まあ いろいろ…。

ハム工房で
取引記録を見せてもらいました。

毎月およそ500キロの「匠の極みハム」が

エクセランフーズに卸されてますよね。

ですが それだと

御社が給食に提供してる量の
半分ほどしかない。

あとの半分は どうしているんですか?

別の産地から安いハムを仕入れて

袋を詰め替えて ラベルを貼り替えて

高級品の「匠の極みハム」として
偽装してるんですね。

いやいや… これは あの…

ちょっと発注ミスがあったんで
廃棄したんです。

では あの中にあるのが
正真正銘の「匠の極みハム」かどうか

ハム工房の会長 呼んで
確かめてみましょう。

燈君 連絡して。 はい。
いや あの…。

ちょ… 待って…。 待ってくれ!

ほかに方法がなかった。

高級食材を できるだけ安く
消費者に提供できるように

必死に努力してきました。

しかし 会社は
更に経費を締めつけてきた。

でも 品質は維持しろと。

このハムは 「匠の極みハム」に比べても
何の遜色のない品質です。

ただ無名というだけの理由で
格安の値段で購入できる。

それの何がいけないんですか!

そうね。
私も産地偽装とか全然興味ないし

個人的には おいしければ
どこのハムだろうと構わないんだけど。

いや 構いましょ。 違法ですから。

ただし それが原因で
食中毒が起きたとなったら 話は別よ。

え?

そうやって
いつも素手で作業してるんですよね。

少しでもコストを抑えるために

給食センターでも
手袋の数を切り詰めているのに

ここで使うのは バカげてるものね。

[ 回想 ]
手袋のストックが減ってきたんで

工場長に
急いで発注をお願いしたんですけど

もう すっごく機嫌が悪くて。

食中毒事件が起こった翌日

あなたは この近くの電機業者に
冷蔵庫の修理を依頼してますよね。

伝票が残っていました。

その電機業者に問い合わせて
確認しました。

壊れたのは ここの冷蔵庫だと。

故障は温度センサー。

冷蔵庫の中は
室温と同じまで上昇していたはずです。

その中で ハムは 食中毒当日の朝までの
約2日間 放置されていた。

あなた方が素手でつけた
黄色ブドウ球菌が増殖して

毒素ができるのに 十分すぎる時間です。

だけど もし 仮にそうだとしても

最終的に加熱処理されたんだ。
問題ないだろ。

今回の食中毒の原因になった毒素は
加熱処理では消えないんです。

はあ… やはり そうか。

もしかしたらとは思ってました。

(片山)でも 確かめるのが怖くて。

(片山)よりによって 冷蔵庫壊れるなんて。

ついてない まったく…。

それは違いますよ。

そもそも 産地偽装なんてことを
していなければ

起こらなかったことじゃないですか!

あ~ すっきりした。
え?

食中毒の原因が分かれば それでいい。

私は もう これで十分です。

いや 先生 これも違法行為ですってば!

私は 法律上の責任を
どうこう言うつもりはありません。

ただ一つだけ。

この失敗を あなたの宝物にして下さい。

先生!

(木船)全く信じられん。
産地偽装などと。

私の目を盗んで
よくも そんなまねをしてくれたものだ。

こうなった以上 真実を公表し

片山部長には きっちりと
全ての責任を取ってもらうことにします。

潔い決断です。 それなら我々も

原因を究明したかいがある
というものです。 ねえ 皆さん。

何にも分かってないわね。

今回の事故の本当の原因は

社長 あなたです。

どういう意味だ。

あなたは 社長就任以降
たった2年で会社を立て直した

すばらしい経営者です。 一見は。

しかし その実態は 経験豊かな
ベテラン従業員をリストラしたことで

人材不足となり
現場の安全性が失われてしまった。

更に ご自分の意に従わず

設備改善のために
経費を使おうとしていた

江島工場長をクビにする
お考えだそうですが

あの工場の衛生管理が
あれほど行き届いているのは

江島工場長のおかげです。

彼がいなければ もっと大きな事故が
起こっていたかもしれません。

片山部長も あなたのコスト至上主義に
なんとか応えようとした結果

あんな行動をとってしまった。

先生 もう その辺で…。

全て 私のせいだというのか。

経営者が コストを追求するのは
当たり前じゃないか。

今回の件で
エクセランフーズの系列飲食店が

どれほどダメージを受けたと
思っているんですか。

安全のために資金を投じることは

長い目で見れば 実は
一番経費を節約することにもなるんです。

現場の人間には それが分かっていても
なかなか実行することはできません。

その決断ができるのは
会社のトップだけなんです。

木船社長 安全をおろそかにして
コストを追求した会社に

未来はありません。

♬~

今思えば 江島工場長が
社長の方針に従わなかったのは

食品の安全を
守ろうとしていたからだったんですね。

江島工場長は 一見冷たいようだけど

自分のすべきことに集中して

極力 余計なことをしないようにしていた。

それも
ミスをなくすためには大事なことよ。

逆に あちこち気を遣って

いろんなことを抱えてしまう
片山さんのようなタイプは

それだけミスを犯すリスクが高くなる。

社長や会社のために 必死に頑張って

産地偽装までして 失敗してしまった。

何か やるせないですね。

江島さん。
ああ どうも。

調査の結果は聞きました。

どうして ここに?

社長に呼ばれてね。
いよいよ クビかもしれないな。

今回の場合は…。

どんな事情であれ 汚染された食品を
見逃してしまった工場長として

責任を取らなければなりません。

食という字は 人を良くすると書きます。

私は そんな仕事に
ささやかながら誇りを持っています。

あなた方が
本当の原因を突き止めてくれたおかげで

いつ また起きるかもしれなかった
次の事故を防ぐことができました。

食品業界の一人として
お礼を申し上げます。

≪お母さん 今日は何?

今日は クリームコロッケよ。
やった~!

♬~

おいしい?

うん! お代わりしていい?
もちろ~ん!

(輝樹)トモルン お代わり!
はいよ!

(郁美)遅いよ じゃんじゃん焼いて。
やってますよ。

よかったわね。
食中毒の事故調査 無事に終わって。

よかったわね。
工場長も クビにならずに済んで。

よかったわね。 本当によかった。

言っとくけど
ロボットカーが ダメになったのは

あの人のせいなんだから。
文句があるなら あの人に言って。

本当に
誠心誠意 お願いしたんでしょうね。

怒らせたりしなかった?
当たり前じゃない。 ねえ 燈君。

え? …ええ まあ。

ハム 焦げてるわよ。

え? …うわっ。

何?

エンテロトキシンの検査
すぐに入れたのは なぜだと思う?

あそこの最新の検査機器は

南雲博士のプロジェクトによって
開発されたものよ。

世界でも まだ1台しかない。

もしかして 南雲博士が?

あらかじめ 連絡入れてくれてたそうよ。

♬~

失礼します。
はい。

博士 昨日 掃除したばっかり
じゃないですか。

ちゃんと整理してるわよ。

せめて センター長の任命書くらい
ちゃんと保管しておいて下さい。

はい はい。

博士。

大丈夫よ。 この中は全部
大切なものばかりなんだから。

どうしました?
ううん。

急がないと ランチ終わっちゃうよ。

どこ行きますか?
そうだな… 今日も肉かな。

また肉ですか。

♬~

燈君。

新しいロボットカーの開発 始めるわよ。

どうしたんですか? 急に。

先生 僕 まだ全然 食べれてませんけど。

先生。 もう…。

みんな 絶対に死なないで。

自ら命を絶つのは 一番の大失敗よ。

また同じ失敗 繰り返すつもりか。

真奈子は? さっきから
連絡してんだけど 出てくんないのよ。

先生!