ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第142話 石坂浩二、名高達男、草刈民代、ミッキー… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #142 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 先生
  2. マロ
  3. 名倉紙幣
  4. 本物
  5. 名倉
  6. ニセ札
  7. 金銭
  8. お金
  9. お札
  10. マッチ棒
  11. 自分
  12. 丁半
  13. 博打
  14. お遊び
  15. 男性
  16. 本当
  17. 万円
  18. ジョーク
  19. 何度
  20. 銀行

f:id:dramalog:20191023183322p:plain

『やすらぎの刻~道 #142 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

やすらぎの刻~道 #142 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
“マロ”こと真野六郎(ミッキー・カーチス)がはじめた「鉄火場」は、どんどん参加者が増えていた。理事長・名倉修平(名高達男)の写真が印刷されたオモチャの紙幣を懸けて、大賑わいの日々。困り果てた名倉は、マロたちにお灸をすえるため、ニセの“ガサ入れ”を計画。そんな中、菊村栄(石坂浩二)は、保安スタッフの中里正(加藤久雅)に、白川冴子(浅丘ルリ子)の孫・柳介(関口まなと)に関して相談を持ちかけられる。
◇出演者
石坂浩二名高達男草刈民代ミッキー・カーチス板谷由夏水野久美浅丘ルリ子加賀まりこ大空眞弓いしだあゆみ丘みつ子橋爪功上條恒彦笹野高史松原智恵子藤竜也布施博、鶴田忍
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
阿部雄一
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


いつ帰ってくるんだろう?
ねえ…。

(名倉修平)初めてですか?
先生 これ 見るの。

いいえ。

どこで見ました?

いや… どこでだったか…。

いや どこでだったろう?
うーん…。

〈迷っていた〉

〈正直に白状すべきかとも
思ったが

お遊びとしての丁半博打に
参加してしまった

私自身の負い目もある〉

(みどり)先生
正直におっしゃってください。

はあ…。

(みどり)これが 郷の中で
見つかったんなら ともかく

あろう事か 郷の外で
見つかっちゃったんです。

ああ…。

それも 本物だと思っちゃった
店の店員が

これを代金として
受け取っちゃったんです。

(みどり)
それもスーパーとコンビニ

2カ所でです。
えっ?

(ため息)
こうなると これは

もう おもちゃの枠を出て
一つのニセ札として扱われます。

(名倉)
表を見れば 福澤諭吉じゃなく

紛れもなく私の顔なんだから

おもちゃである事は
一目瞭然なんですがね。

ドジな店員が目が悪かったか

本物のお札として
受け取っちゃったんでしょう。

それが警察の手に渡っちゃって
私の顔が刷ってあるから

うちの誰かのいたずらだと
すぐわかって

ここに持ち込まれたわけでしてね。

あっ もちろん
うちで弁償致しました。

(名倉)しかしですな

この界隈で発見されたから
よかったようなものの

これが
もし どっかに紛れ込んで…。

例えば 東京かどっかの
銀行かなんかで発見されて

それが新聞にでも
載ってごらんなさい。

(ため息)

私は なんだって
思われるんでしょう。

ねえ 先生 私は…。

(ため息)

この人は誰なんでしょうか?

はい。

(ため息)
おっしゃってください。

この製作者は誰なんです?

せ… 製作者は違いますけど

あの… 発注者は…
あの… 発案者は…。

マロです。
(2人)やっぱり!

♬~

娯楽だよ 先生。 老人の娯楽!

娯楽に どうして
こんなもんが要るんです?

(マロ)いや それより先にさ
本当に この金でさ

外で引っかかっちゃった奴
いるの?

いましたよ! 2人も。

さすがだねえ 庄…
あっ いや フフッ…。

これを作った奴のね 腕は
大したもんだ。

(ため息)
作ったのは誰なんですか?

ヘヘヘヘヘッ…。
それはね ちょっと

仁義として言えません。
フフッ…。

いやあ だけど 先生
今のお札ってさ

コピーにかけても
こう 写らないの知ってる?

知りませんよ そんな事。

それを どうして
ああやってね

こんないいのが
できちゃったか。

これこそ 日本のね
ものづくりの神髄ですな。

一体 何が目的で
こんな妙なもん作ったんです?

いや それは…。

あっ 博打ですよ。

ば… 博打…!
賭け事ですか?

先生 もう 口が軽いんだから。

スッと言っちゃわないでよ
そういう事を。

(名倉)いや 賭け事は
法律で禁じられてますよ。

(マロ)いや
そうおっしゃいますけど 先生ね

賭け事って
人間のね 本能ですよ。

大昔から日本ではね
関ケ原の合戦だって みんなでさ

どっちが勝つかとかって
賭けてたぐらいなんだから。

本当か?
本当なんだよ それが。

大体ね じゃんけんだってね
あの… 賭け事ですよ。

勝ったほうがご飯を食べる
負けたほうは便所掃除と。

これ 立派な賭け。

金銭を賭けてないから
それはいいんです。

金銭 賭けてないからいいの?
一応。

ああ じゃあ
これ お札じゃないですよ。

金銭じゃありませんよ。

金銭そっくりです!
みなし金銭です。

みなし金銭ねえ。
うまい事 言いますねえ。

(マロ)それじゃ
カジノの あのチップは

あれは みなし金銭ですか?

そうです!

(マロ)あれは元々ね チップは
お金を出して買うんですよ。

だからね 当然 みなし金銭。

でもね うちの… うちらのね
このね 名倉紙幣はね…。

名倉紙幣!
(マロ)ええ 名倉紙幣ですよ。

フフフフフッ… 元々はね
タダで配ってるんですよ。

だからね 換金できません。

いや けどですね…。
(マロ)いいですか? 理事長。

これがね
本物の金になったら

もう みんな グーッと
大騒ぎになっちゃうでしょ?

で しかも 本物でやったら
すぐ手が後ろに回っちゃうから

まずいでしょ? そういうのは。

だからね そこをね
想像力で なんとかね

あの… 補おうと思ってね。

このマッチ棒は1万円だ。
1万円だぞ。

よし このマッチ棒は1万円だ。
賭けちゃえ! エイッ!

やったー! みたいなね。
フフフフ…。

(名倉)いやいや
待て待て 待て待て待て…!

いえいえいえ… 若い時分には
それでも通用するんですよ。

マッチ棒が1万円に見えるの。

ところが 年取ってくるとね
想像力が落ちてくるじゃない?

そうすると マッチ棒がね
お札には見えないんですよ。

ねっ? だから なるべく
お札に近いもんを使って

高齢者の想像力の欠如を
補ってやる。

人は誰しも 賭け事をしたいという
本能があるんですよ。

誰しもなんて事はありません。

いや そんじゃ どうして
カジノ法案とか なんとかって

国会でやってるの?
(みどり)いや それはその…。

それは人間にはね

賭け事をしたいという本能がね
あるんですよ みんな。

だから そこをね
なんとか その矛盾…

そこをね
埋めてやろうと思って

私がない頭を使ってさ
もう苦労してさ

発明したのが
この名倉紙幣ですよ。

〈このマロの名演説は
延々と続いて…〉

〈しかし どういうわけか

この日の議論は
マロの圧勝に終わり

名倉紙幣を外部に絶対に
持ち出さないという誓約書を

一人一人から取るという事で

名倉紙幣の配布は黙認された〉

その博打場にいるのは…

えっ これだけ? えっ!?

何人ぐらいいるの?

(中里 正)およそ100人ほどです。

やだ~!
桂木夫人 玉子さん!

ハッ…!
九重めぐみさんまで!

めぐみさんの認知症
これが治療になってるみたいです。

ええっ!?
で その名倉紙幣は

トータル どれぐらい
作られてるのかね?

定かなところは わかりませんが
今のところ 10億円ぐらいかと。

えっ!?
10億…!?

あっ め… めまいと
吐き気がしてきた…!

(エリ)えっ!
(みどり)大丈夫? あなた!

(名倉)い… 井口に言って
て… 点滴の用意して!

(中里)先生! 先生!
点滴!? あーっ!

(男性)壺 かぶります。
はい 丁半 どっちも!

(女性)丁!

(男性)
丁半 コマ そろいました!

勝負!

(ロク)ピンゾロの丁!

あ~…!

(男性)壺 かぶります。

はい 丁半 どっちも!

(男性)はい 丁方ないか?
はい 半方ないか?

はい 丁方! はい 半方!
はい 丁半 どっちも!

はい 丁半 どっちも!

〈突然 秀さんが訪ねて来たのは

3日ほど経った
ある午後の事である〉

どうしました?
いやあ まずい事になりました。

なんです?
めぐみさんの事です。

めぐみさん どうしました?

博打に はまり込みすぎました。

ええ? どういうふうに?

ヘヘッ… いやあ 最初は

あの例の名倉紙幣と本物のお札の
区別がつかなくなったんですよ。

ああ…。

ほら 以前に あれを
表に出さないようにという事で

皆さんのお約束ね
あれができる前 すでに

それを本物だと思って

自分のバッグの中に
しまい込んでいたんですね。

それで 恐らく2~3回ですかね
それを表で使ったらしいんです。

警察に届けられた
名倉紙幣ってのは それですか?

多分。

で これは 先生ね
昨日の事なんだけども

彼女
すっかり熱くなってしまって

自分のバッグの中から
本物の自分のお金を取り出して

張ろうとしたんですよ。
ええ。

私 気づいて

急いで自分の持ってる名倉紙幣と
それをすり替えたんです。

これを何度もやるんですね。

まあ その本物は 私が取り戻して
名倉紙幣とすり替えたんですが

それを どんどん すっちまって

それで 今日 銀行に行って
金を下ろすって言い出したんです。

(ため息)

これは 私 やばいと思いました。

いやあ そもそも 彼女を
あんな所に連れて行かなければ

こんな事には
ならなかったんですが。

でも 先生ね

ああいう しとやかな女性が
博打に はまり込むなんて

考えませんでしたよ。
それが軽率でした。

(ため息)

最初に あそこに
彼女を連れて行った時は

それは まあ 嬉しそうにね
「楽しい 楽しい」って言って

だから 私も
これはいいなと思って

二度三度と
連れて行ったんですが

いつの頃からか

これはお遊びで

ニセのおもちゃで
やってるんだよって事が

自分で わからなくなっちゃった
らしいんですよ。

それに気づいたのは昨日でした。

これ 先生 まずいですよね?

まずいですよねえ…。

どうしましょう?

「どうしましょう?」って
言われてもねえ…。

ああ~…!

あの…。
(せき払い)

これは単なるお遊びだって事を

秀さんから その… めぐみさんに
説明したんですか?

いや もう昨日も
何度も何度もですね

これはお遊びですよと

これはジョークなんですよ
という事を

口を酸っぱくするほど
言ったんですがね。

それで 答えは?

それが…

ニコニコと笑って
楽しそうに

「お遊び お遊び
ジョーク ジョーク」って

最初は そう言うんですよ。

それが2分も経たないうちに

「銀行に行って 金下ろさなくちゃ。
何時? 銀行開くの」って…。

いやあ… 実に困ってます。

先生 なんとかしてください。

〈なんとかしろったって
私も困った〉

〈何かが起こるとは
私も思っていた〉

〈しかし 私自身

どっかで このゲームに
のめり込んでいたのだから

責任がないとも言えなかった〉

ちょちょ…!
ちょちょ ちょちょちょ…!

どこ行くの?

(庄太郎)
マロさんとこに製品納めに。

今回のブツは3億ばかし。

(庄太郎)ヒッヒッヒッヒッ…!
ヒッヒッヒッヒッヒッ…!

課長から報告は受けてましたが
なるほど これですか。

(名倉)どう思います?

おもちゃといえば
おもちゃですが

ニセ札といえば
ニセ札ではある。

うん…。

(溝口)しかし
裏面は全くのニセ札ですな。

裏にも理事長の顔が刷ってあれば
まだ救いはあったんですが。

やめてください!

(ため息)

(溝口)しかし
どうやって作ったんですかねえ?

お札は コピー機
はじかれるはずなんだが。

(名倉)細かいところまで
細密画で描いて

それを
コピー機にかけたらしいです。

すごい技術ですな。

テレビの小道具の職人で。

大したもんだ。

署長…
実は もう一つ 問題が。

なんです?

(名倉)このお札を使って
実は 園内で

ひそかに
賭場が開かれてる模様でして。

賭場?

丁半博打です。
ごっこです。

ごっこ
(みどり)博打ごっこ

お金を賭けてるわけじゃ
ないんですな?

お金は全く賭けてません。

あくまで
このニセ札をやり取りして

本物の雰囲気を
出そうとしてるらしいんです。

あくまで お遊びです。

お遊びなんですが
マッチ棒でやるより

ニセ札と知ってても
ニセ札でやるほうが

はるかに臨場感が出て
楽しいそうなんで。

理事長も試された?

とんでも!
いくらニセ札でも

こういう遊びは 一種の賭博行為に
類するものだから

やめてほしいと言ったんですが

実際にお金のやり取りもしてない
老人の楽しみを

そこまで奪うのか。

では 国会が認めようとしている
カジノ法案は

どう説明なさるのかと

逆ねじを食らわされて
論破されまして。

これは
やっぱり まずいですよね?

うーん…。

う~ん…!

(名倉)マロさんの鉄火場に
いよいよ 警察の手が入ります。

ガサ入れ!?
(高井)本当ですか?

めぐみさんを
行かせないようにしてください。

そのまま! 動かない!