ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

江戸前の旬season2 第1話 寺田農 、団時朗、須賀健太、渡辺裕之… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『真夜中ドラマ「江戸前の旬season2」【第1貫】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 親方
  2. カスゴ
  3. 寿司
  4. 三代目
  5. 今日
  6. お待ち
  7. チダイ
  8. 修行
  9. 深川
  10. 鱒之介
  11. 柳寿
  12. お願い
  13. ツケ場
  14. 寛治
  15. 仕入
  16. 赤身
  17. 柳葉旬
  18. お客さん
  19. お久しぶり
  20. マダイ

f:id:dramalog:20191020084317p:plain

『真夜中ドラマ「江戸前の旬season2」【第1貫】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

[新]真夜中ドラマ「江戸前の旬season2」【第1貫】[字]

柳寿司三代目旬の職人成長記。昨年に引き続き旬が帰ってきた!二代目の父が倒れたこともあり、さらなる高みを目指して新たな修行に入る旬の奮闘ぶりを描く。

詳細情報
番組内容1
柳寿司三代目、柳葉旬は今日も昨年秋から築地から移転した豊洲仕入れに行く。
だが、付け場に立つことを許された旬は、ある坂本という客から、旬の握る寿司は親方の寿司とよく似ているが、味は雲泥の差だと言われ落ち込む。そんなとき、鱒之介が店で倒れた。父が病院で数週間の安静だと言われた旬はそれでも自分ひとりで店をあけると奮闘する。いつもの豊洲に赴くと仲卸たちが頭を下げるある老人に出会った。
番組内容2
目が不自由にも拘らず、軽く魚の尾に触れたりするだけで次々とタネを選んでいく。聞くと、昭和の大名人といわれる新見清次郎という深川の親方であった。
店にある客の予約が入っていた。いつもこの時期にカスゴ(タイの子供の総称)を注文する客だと気付いた旬はあわてて市場に仕入れに行くがいつもの仲卸、寛治の店にはすでになく、別の店で入手するが、仕入れたタネは区別のつきにくいマダイの子だった…
出演者
 柳葉旬・・・須賀健太
 柳葉鱒之介・・・渡辺裕之
 柳葉真子・・・佐藤玲
 柳葉鱚一郎・・・田中幸太朗
 平政・・・赤塚真人
 ナレーション・・・三遊亭小遊三
【ゲスト】
 新見清次郎・・・寺田農
 坂本一光・・・団時朗
原作脚本
【原作】
「銀座柳寿司三代目 江戸前の旬」
日本文芸社 刊)
原作:九十九森 劇画:さとう輝

【脚本】松井香奈
監督
小沼雄一
主題歌
Halo at 四畳半「花飾りのうた」
日本コロムビア/TRIAD)
制作
【制作】BSテレ東/キュー・テック
【製作著作】「江戸前の旬season2]制作委員会2019
関連情報
【番組公式HP】
www.bs-tvtokyo.co.jp/edomaenoshun2

 

 


<旬:俺は 銀座柳寿しの三代目
柳葉旬。

銀座の寿司屋といっても
うちは 気取った店じゃなくて…>

< お客さんも
義理と人情に あふれた人ばかり。

俺は 寿司職人の おやじのもとで
修行を重ね

晴れて 今年から

一人前の職人として
ツケ場に立てるようになったんだ>

(旬)やっぱ きれいだなぁ。

よう 三代目!
こんにちは!

豊洲市場 来たんだ?
はい。

また よろしくな!
お願いします!

<日本最大 世界でも類を見ない
魚河岸市場は

ご存じのとおり 2018年に
築地から豊洲に移転した。

これが 新しくなった仲卸売り場。

広いでしょう?

雨にも ぬれないし
温度管理も バッチリで

人にも魚にも
最高の環境が 整ったんだ>

うお~
このタチウオ 光り輝いてるなぁ。

(寛治)
だろう? どれも 鮮度抜群!

あっ あっちのスミイカも いいね。
鮮度抜群!

(風鈴の音)

はい 穴子 お待ち。

(鈴音)わぁ~!

(鈴音)だいぶ
様になってきたじゃな~い。

よっ 三代目!

こちらも お待ち。

(平政)近頃は 握り方が
鱒之介さんに 似てきたのう。

(鱒之介)へい 赤身 お待ち。

(坂本)相変わらず
見事な仕事してますね 親方。

恐れ入りやす。

そちらは 息子さんで?

へい。

柳寿し 三代目 柳葉旬と申します。

今年から 親方と一緒に
ツケ場に立ってるんですよ。

ほう。

では 何か握ってもらおうかな。

はい 何にしましょう?

それじゃあ 赤身を頼む。

同じもので? かしこまりました。

赤身 お待ち。

姿かたちは
親方の寿司と よく似ているが

味は 雲泥の差。

えっ?

三代目の寿司は

親方の模倣にすぎない。

また そのうち 寄らせてもらうよ。

(足音)

おやじ…
ごめん 起こしちゃった?

いや…。

ああ おやじ あとで ちょっと
味見してほしいんだけど。

ああ。

うっ…。

おやじ!? おやじ! おやじ!

(ドアが開く音)

(鱚一郎)どうだ?
(真子)とりあえずは 大丈夫。

明日 詳しい検査するって。
そうか…。

今日も ツケ場に立ってたんだ…。

なのに 急に…。

おやじのことだ しびれが出ても
隠してたんじゃないか…。

(鱒之介)旬…。

旬…。

おやじ…。

仕入れは どうした?

えっ?

あっ いや 今日は…。

早く行ってこい バカ野郎。

(寛治)えっ!? それで 親方は?

のんきに仕入れしてて
大丈夫なのか?

おやじのためにも

店 開けといたほうが
いいかなと思って。

なるほど。

よし 今日は サービスしてやる。

ありがとうございます!

深川の親方 お久しぶりです。

(新見)おぉ~。

親方 うちの店にも たまには…。

ありがとう。
お願いします。

(阿部)親方 手前が サバで
1つ奥が アジです。

あっ… これ もらおうか。

(旬)あの人は?

(寛治)
ああ 深川の すし勢の親方でな

昭和の大名人 と呼ばれた方さ。

ちょっと
目ぇ 悪くしちまってな

店のほうは
だいぶ前に 閉めたんだが

最近 時々 河岸に 顔 出しててよ。

あれ? 旬! おい しゅっ…。

はい あっ すみません 今…。

ちょっと ちょっと テーブル席の握り。

あっ ごめん 今 作る。

すみません。

鱒之介さんの具合は
どうなんじゃ?

おかげさまで
手術の必要は ないって。

来週には 退院できそうなの。

たぶん 疲れてたんだと思う。

ここんとこ 忙しかったから。

うん それは よかった よかった。

じっちゃん。

今日の握り どうだった?

うん 何がじゃ?

いや… おやじに
味 見てもらってないから

ちょっと心配で…。

柳寿しの三代目が
そんな弱気で どうするんじゃ。

そうよ 旬 父さんのいない間

店を守れるのは
アンタだけなんだからね。

うん…。

いっけねえ!

カスゴかい?
あ~ 言っといてくれりゃあ

仕入れたんだが。
ですよね…。

悪いな。
すみません。

よいしょ。

すみません!
んっ?

これ カスゴですよね?

ああ そうだよ。

よかった~!

んっ 何だ? どうした!

(沢田)おっ これこれ!

早速 カスゴ 握ってもらおうかな。

はい!

ほう この時期に カスゴとは
珍しいですなぁ。

はい
私は ここのカスゴに ほれてまして。

ほ~う。

親方は 私が来るというと

いつでも 必ず
カスゴを 用意してくれるんですよ。

それを
息子さんも 覚えていてくれて

うれしいじゃないですか。

じゃあ ひとつ わしも
いただいてみようかのう。

はい。

春子 お待ち。

いただきます。

あれ 気のせいかな?

いつものカスゴと 違うような…。

えっ?

気のせいかな。

う~む 確かに…。

旬坊 これ もしかして
魚が違うんじゃないのか?

えっ!?

これって…。

マダイとチダイ…。

<勝翁:おやおや 三代目。

とんでもないヘマを
やらかしちまったようだな。

皆様 お久しぶりです。

寿司に 目がない
食いしん坊の落語家

湊家勝翁でございます。

今日は ひとつ
カスゴの話と いきやしょう。

カスゴというのは
鯛の子供の総称で

マダイにチダイ それに

キダイの子供なんかも 全部 カスゴ。

江戸前の寿司ダネには

シャリと なじみのいい
チダイのカスゴがいい。

別名 ハナダイとも呼ばれる
チダイのカスゴは

春に食べるのが粋だね。

見てよ
この ほんのり ピンク色の皮目。

昆布で 水抜きをして
軽く 酢じめに。

う~ん うまそうなカスゴの握り。

ささっ 召し上がれ>

沢田さん
すごく がっかりされてて…。

俺のせいだ…。

俺のせいで
おやじの 大事なお客さんに…。

先代が 亡くなったあとだった。

たくさんの常連さんが
柳寿しを去っちまってな。

寿司の道 生きるんなら

何があったって
歯 食いしばるしかねえ。

そうやって

自分の寿司を 見つけてきたんだ。

おやじ 覚えてる?

倒れる前に来た お客さんが

俺の寿司は
おやじの模倣にすぎない って…。

俺 どうすれば…。

親方 お願いします。

ああ ようござんすね。
恐れ入ります。

はい。
よっこいしょ…。

何か 用かい?

あっ…。

銀座柳寿しの三代目の
柳葉旬と申します。

柳って… おぉ 鱒んとこかい。

はい
おやじを ご存じなんですか?

(旬)これ おやじ…。

親方 しちりんは
火 落としちゃっていいですか?

ああ ご苦労さん。
はい。

あの方は?

ああ
浅草の まほろ寿司の親方でね

時々 顔を見せてくれるんです。

そんな人が
のりを あぶってたんですか!?

ハッハッハッ。

なんだか 最近
無性に 寿司が握りたくなってね。

ああ お座りになって。

失礼します。

さあ。

いただきます。

どうしたら

親方のような寿司が
握れるのでしょうか?

な~に 私なんか まだまだ半人前。

寿司ってのはね 一期一会。

毎日が 修行ですよ。

(誠)書いたのは お店の人。

おやじ これからは 無理すんなよ。

(佳菜子)そうですよ この子にも

おじいちゃんの おいしいお寿司を
食べてもらわなくちゃ。

そうだな。

みんな お待たせ。
おっ。

(佳菜子)おっ!
はい!

旬兄ちゃん 玉子だけ?

と 思うだろ?

わぁ~!
わぁ~!

すごい!
うまそうだな!
おいしそう!

おいしい!
おいしい!

ああ たいしたもんだ 旬。

さすが 柳寿し 三代目!

うん うまい。

どうした? 旬。

おやじ。

俺…。

深川の親方のところに
修行に行かせてください!

(真子)えっ…
ちょっと なに 言ってるの 旬!

そうだぞ 旬。
おやじが 帰ってきたばかりで…。

これは

俺が 深川で修行していたときに
使ってたもんだ。

行ってこい 旬。

今じゃなきゃいけねえ
そんなときが あるもんだ。