ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

チート 第3話 映美くらら、飯田基祐、本田翼、金子大地、上杉柊平… ドラマのキャスト・主題歌など…

『チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~ニセ出版社VSニセ作家の騙し合戦』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 亮子
  2. ティー
  3. 詐欺師
  4. 熱海
  5. 大貫
  6. 本当
  7. 麻美
  8. LALA
  9. 作家
  10. カモ
  11. ゲラー
  12. モモ
  13. 作品
  14. 出版
  15. 美月
  16. 万円
  17. ゲラー氏
  18. ジュエル
  19. 柏木健太
  20. バカ

f:id:dramalog:20191018031930p:plain

『チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~ニセ出版社VSニセ作家の騙し合戦』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~ニセ出版社VSニセ作家の騙し合戦[字][デ]

本田翼主演!詐欺師を騙し返す謎のスペシャリスト集団「チート」が誕生!小さな嘘、大きな嘘が散りばめられた嘘まみれの痛快エンターテインメントドラマ!!

詳細情報
出演者
星野沙希/モモ…本田翼
加茂悠斗…金子大地
根岸俊…上杉柊平
丸山美月…福原遥
大谷光司…岩本照(Snow Man/ジャニーズJr.)
マイ…富田望生
ユナ…横田真悠

中込真治…清原翔
占い師…池内万作

蓮見将暉…桐山漣
安斎和毅…風間俊介

【3話ゲスト】
望月亮子…映美くらら
大貫雅和…飯田基祐
番組内容
アイドルとチートの活動の両立に忙しい沙希(本田翼)。そんな中、詐欺被害者の朋子が訪れる。彼女は趣味でイラストをサイトに投稿していたが、そのサイトを通じて麻美と名乗る女性から一緒に絵本を出さないかと持ち掛けられ、お金を騙し取られてしまったという。麻美は、同じ手口で多額の金を騙し取っていた。チートは、麻美を標的に行動を開始。作戦のため、加茂(金子大地)は沙希に命じられて小説を書くことになり…
音楽
吉俣良
【主題歌】
「stay gold」ももいろクローバーZ(EVIL LINE RECORDS)
制作
【脚本】
松本美弥子
【監督】
安見悟朗
【チーフプロデューサー】
前西和成
【プロデューサー】
中山喬詞
髙石明彦
番組ホームページ
https://www.ytv.co.jp/cheat/
【番組公式Twitter】
@cheat_drama
【番組公式Instagram】
@cheat_drama
【番組公式LINE ID】
@cheatdrama

 

 


(浜中)
特許管理士。
大手メーカーに就職したいなら

この資格が有利になる。
ほら ニュースでも聞くだろ?

製薬会社と教授が
特許で揉めたり

日本製品が海外でコピーされて
逆に訴えられちゃったり。

これからは特許を制するものが
世界を制する!

(女子)
いや でも…今から勉強しても
就活に間に合わないんじゃ。

大丈夫!この短期集中コースなら
3か月で合格 間違いなし!

(男子)でも30万か。
分割も利くよ?

いま月3万円
自分に投資することで

君たちの生涯年収は
億単位で変わる!

(沙希)ったあ~。
億!?

あっ俺やります!
(浜中)じゃあ ここに記入して。

(男子)はい!

ハイ そこまで!

あんた達 特許出願が
弁理士だけしか扱えないって

わかってて お話ししてます?
(女子)え?

特許管理士?はあはあ…。

こんなん取っても
特許の仕事なんて出来ないよ。

名前が誤解を与えるから
20年以上前に

商標登録も無効になってる~。

いや その…。

♬~

(女子)ありがとうございました。
ありがとうございました。

あ…ここって
一応 日本のトップクラスって

言われてる大学だよね?
学生たちが このレベルかぁ。

あんた達 全員
裏口入学か なんか?

つ~か そんな甘ちゃんのまんま
社会に出られても

また騙されるだけ 迷惑なんだよ!

♬~

(ユナ)は~い ユナフレンズの
みんな~。

今 ジュエル☆トリコの
センターを決める

投票を やってます。みんなは
もちろん ユナに投票してね~。

(加茂)しますよ~ しますとも!

キッモ。
何がキモいんですか?

あ~そうだ。嫉妬してるんだ。
ユナちゃんに。

勝てるわけ ないですもんね。

いや ちょっと…!ごめんなさい
ごめんなさい!あ~ 危ない!

落ち着いて…。
ごめんなさい ごめんなさい。

イッタイ!もう すいませんて!

(安斎)はい おはよう。
おはようございます。

2人そろって
出勤なんて仲良いね。
はい?

誰がこんな 売れないアイ…。
あ?

おいおいおい…俺の沙希
取んなよ?

新しい被害者
来てるから よろしく。

加茂君 期待してるよ。

はいっ!

ちょっと…!

♬~

なんで いっつも
屋上なんですか?

え?

(美月)事務所内は
部外者 立ち入り禁止なの。

なんで立ち入り禁止なんですか?
なんで?

すいません。

お待たせしました。
加茂と申します。

これが石橋さんの作品ですか?
すごいですね。

(朋子)
あ いえ…他に趣味もなくて。

いやいや 趣味って
レベルじゃないですよ。

これをサイトに載せて
いいねを もらえるだけで

十分だったんですけど
3か月前に

麻美さんという人から
メッセージをもらったんです。
(通知音)

(通知音)

(朋子の声)
すぐに仲良くなって
会うようになって…。

(麻美)
2人で絵本が出せたら いいね
え?

私のストーリーに朋子さんが
絵をつけてくれたら

いける気が するんだけどなあ

それで 二人で絵本を描くことに
なったんですか?

麻美さんが売り込みを続けて
出版社の人に会うことになって。

(編集者)
ぜひ うちから
共同出版させて下さい

共同出版
新人の作家さんの場合は

弊社と作家さんで
半分ずつ出資して

本を制作することに
なってるんです

いくら かかるんですか?
絵本は制作費が
かさみますからね。

300万です
300万!?

今回は 作家さんが2人いるから
150万ずつで いいんですよ。

この作品なら 印税で
十分 取り返せます

(麻美)どうする?

私はチャレンジしてみたい

(朋子の声)
150万円 振り込んだ途端に

出版社の人とも麻美さんとも
連絡が取れなくなりました。

ひどい…人の夢につけ込むなんて
最低ですよ そいつら!

私がバカだったんですよ。
いやいやいや。

本を出すなんて 大それたこと
考えたことも なかったのに

麻美さんと会ううちに

ほんの一瞬だけ
思ってしまったんです。

私にも できるかも
しれないって…。

3か月もかけて 150万円って
かなり慎重な詐欺師ですよね?

わかってない。
え?

(根岸)詐欺の被害平均は
200万円だから

このぐらいが ちょうど
騙されやすいラインなんだよね。

この手の詐欺師は数で稼いでいる。

マンガ イラスト 音楽 小説…
マチュアクリエイターが

作品を投稿するサイトで
被害者と同様のケースが

50件以上 報告されてる。
そんなに…!

(美月)
アカウントは みんな違うけど
その中の何件かは

同じIPアドレスだから
きっと同一人物。

で この「LALA」の
アカウントに侵入した。

これって
LALAっていう詐欺師が

ハルって
人を騙そうとしてるってこと?

そういうこと。

今日の午後5時に 渋谷で
会う約束をしてるね。

♬~

あ~ 緊張する…。
うるっさい。

ちょっと何するんですか!

フ…それでもアイドルですか。

ん?

僕は応援してるんです。応援。

ジュエル☆トリコが
人気が出ないとユナが困るし。

星野さんが
アイドルやってるのも

何か思いが あるんですよね?

似合わないのに。

あ~っ ごめんなさい。
ごめんなさい。

≪新曲すっごく よかったよ~≫
≪ええ~!≫

(LALA)
あれならプロデューサーも
絶対オッケーするって。

(ハル)ホントに!?LALAさんに
そう言ってもらえると

勇気 湧くなあ。

(LALA)特に『真夏日の夜』。

一緒に絵本 作ってたのって
この人?

(イヤホン:朋子の声)
そうです 麻美さんです。

歌詞が良かった。
え!?

なんだったかな あの…
歌詞 あそこ。

「暑すぎて眠れない」?
(LALA)そう~!

(ハル)
あれ すっごく悩んだんだけど…。
(LALA)ハルは天才!

(ハル)ホントに?嬉しいな~。
(LALA)自信持って!

♬~

♬~

ちょっ…。
♬~

♬~

♬~

≪私に何か用?≫

えっ…。

何だ~。

麻美に見つかるよ。
そんな所にいたら。

どう?何かわかった?

いや まだ。

麻美がこのマンションに
住んでるってことだけ。

はい。

いつの間に?

ふん。
ふん。

ふん…。
ふふん。

(モモ)じゃ~ん!
お待たせしました!

モモ's Room!
始まるよ!

イェ~イ!あっ!

みっちゃんさん
こんにちは。えっ?

「じゃ~ん!」って…。
安定の昭和感?

もう~ショーンさん言うよね~。

うんうん。ところで みんな!

「ジュエル☆トリコ」の
センター投票のこと

知ってるよね?

必ずモモに1票お願いします!
絶対だよ?

もしモモが センターになれた
あかつきには…

えっ 何?
モモの歌声が聴きたい?

うんうん…。わかった!
モモみんなの為に歌うね!

(中込)いやいやいや…えっ?
モモ最近

『ピンク色の片想い』って曲に
はまってて

この曲すっごい可愛いの!

望月亮子 38歳。

定職についてる様子はなし。

それであのマンションに
この遊びっぷり。

相当悪いことしてるね~。
もう1人は?

彼女の行動を監視したけど

編集者役の男とは接触してません。

SNSからも辿れなかった。

私が把握している
アカウントとは

別のアカウントで
やりとりしてるんだと思う。

え?

(いびき)

あ~!

おはよう~。

おはよう~!
おはよう カモちゃん。

どう?

♬~

あ~!
(亮子)あっ!

(亮子)あ~!
あ~!

すいません!
大丈夫ですか?いえいえ…。

あ~!
あ~!あ~あ~。

アハッ 恥ずかしいな~。

(亮子)これは?

フフフッ!これやばいわ。
これは おもろいわ

ウッ…ウッ…

私の書いた小説です。

作家さんなんですか?
いや とんでもないです。

ただの本好きです。
まぁ暇だけは たっぷりあるんで。

あら 羨ましい~。
お仕事お忙しくないんですか?

ええ。不動産収入で
生活してるんで。ハハハ!

あの~よかったら この小説
読ませてもらえません?

アハハ!

ええ いま読んでもらってます。

言いましたよ
熱海の地主の息子だって。

ただいま~。
何で熱海?

前に 両親を温泉に
連れてったこと思い出して…。

おっ 孝行息子!

そのままちょろいカモに徹して。
地でいいから。

それ…それどういう意味。
(ハウリング音)

いや うるさ!
(ハウリング音)

♬~

あの…どうでしたか?

素晴らしかったです!
ええ!ホントですか。

どこがですか?
えっ?

どこがですか?
あっ!えっと…あの~

あっ例えば ここ。

フハハ!ここ!

いきなり愛する女性を
嵐のシカゴで救い出すなんて

掴みが秀逸。

何 そんなこと書いたの?

加茂っちの願望炸裂だね。

そこからはもう
ドラマチックな展開の連続で

ページをめくる手が
止まりませんでした。

主人公と その周辺のキャラクター
すべてが魅力的で

ファンタスティック!
アハハ いや もう…。

ハハハ!超ペラペラな感想。

絶対ちゃんと読まれてないよ。
ハハハ!

いや もうこんなに読み込んで
くれるなんて感激です。

こんな素晴らしい作品
私だけが読むなんて

もったいないです。

「帝文出版」…?

(亮子)うちの社に
いらっしゃいませんか?

ぜひ 社長を紹介したいんです。

社長…えっ…マジっすか?

やった!え~っ ちょっと
え~!ホントですか?

来た 来たよ!

やった~!

社長の大貫です。
どうも。

(大貫)大貫です。
あっ 柏木健太です。

あっ…。
(大貫)どうぞ!

(大貫)
柏木さんの作品『大いなる騎士』
拝読しました。

あっ…。
こんなに骨太でスケールの
大きな作品は滅多にない!

いやいや…。
ぜひ うちから出版させて下さい。

えっ。

ホントですか?

ええ。ただ 最初は
共同出版という形で

著者の方にも多少の出資を
お願いすることになりますが…。

吊り上げろ。

かまいませんよ!

100?200?もっと?

(大貫)そうですね…。

これだけの良作ですから

最初から強気の
部数でいきたいな。

宣伝も大々的に
打ちたいですしね~。

…となると

これくらいは必要かと。

500かぁ…。

わかりました。

ただ 250万ずつ

2回に分けて お支払いしても
いいですか?

もちろんです!
ありがとうございます。

では早速 契約書を作成します。
はい。

この後 どうするんですか?

まぁ 向こうは本を
作る気なんてゼロだから

加茂っちが お金を
払ったら すぐ逃げるよね。

その時 逮捕すると。

でも 被害者がカモちゃんて
バレたらマズイんじゃない?

ほら こう見えても一応
警察官だし。

おとり捜査ってバレちゃうよ。

これって おとり捜査に
なるんですか?
フフッ 今更?

そんなこと言ってると
また沙希さんに怒られるよ。

♬~

お疲れさん。

♬~

250万 お確かめください。

確かに。
こちらが領収書になります。
あ すいません。

(亮子)柏木様 装丁のデザインが
上がってきたんで

見ていただけますか。
わっ すごい!

僕のイメージにピッタリです。

これ 僕にも
送ってもらっていいですか?

あ~ いいですけど
本が発売されるまでは

オフレコで お願いしますね。
もちろん!

では 後ほどメールしておきます。
はい。

うわ~
これ 僕のお守りにします。

原稿のチェックも
終わりましたので

来週から 一斉に
書店に並びますよ。

楽しみです。

大型書店でサイン会も
企画してますから。

サインの練習しなくちゃ!
あ そうそう。
これ お客さまから頂いたんです。

おひとつ どうぞ。
うわ~ すいません。

美味しそう。何ですか これ?
え?

え?

ネコの舌っていう お菓子です。

へえ…かわいい!

(ため息)

わわわっ…痛いよ~。
うっ!

どう思う?

これ 皆さんでどうぞ。

ウワーッ!アーッ!
お前…ウワーッ!

(美月)カモちゃん…
カモちゃん こっち!

ばっちい ばっちい…はいはい。

こっちも!こっちも!
バカがうつるね バカがうつるね。
僕 何かしましたか?

ダメダメダメ…!
アーッ!
落ち着いて。

これ ネコの舌。

熱海で 昭和23年からやってる
老舗の銘菓。

言いましたよ。
熱海の地主の息子だって

熱海の駅前に
おっきい お店あるよ。

で でもっ…地元民だからこそ
知らないこともあるんじゃ。

でもね 確実に疑われてるよね~。
(美月)うん。

あいつ 何者だ?

刑事ってことは?

まさか!
さすがに それはないだろ。

今 逃げれば 250万の儲けよ。

でも 今週末まで待てば
あと250万 入る。

(バーテン)失礼いたします。

(バーテン)こちら お客様からの
プレゼントでございます。

お客って誰?

ぜひ頂くわ。
かしこまりました。

♬~

ねえ…
ひとつ調べてほしいことがあるの。

♬~

今 熱海に着いたところだ。
とりあえず不動産屋から

柏木健太について
当たってみる。

♬~

♬~

なんで…?

えっ!もう本が売られてるって
どういうことですか?

お聞きしたいのは
こちらの方です。

とにかく来てください!

あ…!

あんた 美月の高校の先輩だから。
え?

本当は 私のほうが
先輩なんだけど。

まあ いいや 行こ!
行こ…いや あの

僕は どうすればいいんですか?

大丈夫。今度は台本あるから。

いってきま~す。
いってら~。

申し訳ありませんでした!

こちら 僕の高校の後輩で…。
さ 斉藤といいます。

うちの親は
熱海で印刷工場をやっていて。

本の自費出版
請け負っているんです。

柏木先輩からは いつか本を
作りたいと相談を受けてました。

でも 御社で出版して
いただけることになったので

報告しに行ったら…。
私達が食事に行ってる間に

印刷所に置いてあった原稿と
装丁のデータを見て

両親が早合点してしまって…。

勝手に
本を作っちゃったってこと?

本当に申し訳ありません!
申し訳ありませんでした。

困りましたね。
この本の制作・出版は

私共が請け負っています。
そのための制作費も500万円

柏木さんに
お支払いいただく契約です。

わかっています。あの…

こういうお願いは
できないでしょうか?

御社には
制作費500万円は もちろん

売り上げに応じた利益も
契約書通り

お受け取りいただきます。

ただ 彼女の両親の顔も
立てたいので…。

本は これをそのまま
使っていただけないでしょうか?

何部 刷ったんですか?
500部です。

わかりました。他ならぬ
柏木様のお申し出ですから

こちらの本
扱わせていただきます。
ありがとうございます!

ありがとうございます!
本当にありがとうございます!

ありがとうございます!

加茂っち 処女作の出版…。

(根岸・美月)おめでと~!
お~!

ありがとうございます。

でも どうして僕の本を
作ったんですか?

カモちゃん あの人に
小説褒められて 喜んでたじゃん!

いや そりゃそうだけど…。
だから 本当に出版してみたら
どうなるのか

試して みたかったんだよね。
案外 売れちゃうかもよ~。

かもよ~。
そうかな~。

売れたら先輩に
ごちそうしなさいよ。

じゃあ 乾杯しますか。
ほい。
うん。

初出版 祝って…。
おっ!よっ!

乾杯!
あ~ 乾杯!おめでとう!
乾杯~!

相変わらず 怖い顔だな。
そんなに忙しいのか?

笑えよ。

(蓮見)そっちは何してんのか
全然わかんねぇ。
う~ん?

お前 あの女と何してるんだ?

俺の沙希に ちょっかい出すの
やめてもらえるかな?

(蓮見)俺は認めない。

蛙の子は蛙だ。

フッ。

(大貫)なあ!これ見てみろ。

(亮子)「柏木健太著
『大いなる騎士』500部

完売致しました」?

たった 一晩で500部って
すごい売上だな。

地主の息子だから

地元民が付き合いで
何冊も購入してるんでしょ。

でも これ かなりの利益が
出るんじゃないか?

おはようございます!
(亮子)すごい売上ですね。

いや…。
(亮子)おめでとうございます。

増刷しますよね?

もちろん。
あっ…。

増刷分からは こちらに

帝文出版と社長のお名前

しっかり記載させて
いただきますから。

うわぁ~っ!

ねぇ ねぇ…。

僕の本 あちこちで売られてます!

うぉ~ 帝文出版さん
ちゃんと やってくれてんじゃん。

すごい!予約の数も入れたら
もう1万部 超えてるよ。
(美月)おお~。

1万!?

サイン…練習しとく?

♬~

いいじゃん楽しそうで。

本の増刷もできたし
ネットでも売れてるし

そろそろだね。
そして いよいよ
明日が2回目の入金日。

きっと向こうも
安心しきってるだろうねぇ~。

♬~

明日 残りの制作費250万が
振り込まれたら

すぐに引き上げるわよ。
わかってる。

でね 僕…

小説家に転職しようか
迷ってるんですよ。

(占い師)ハハハッ…へぇ~。

気づいたんです。
僕には才能があるって。

だとしたら あなた…

嘘つきなのね?
あっ ハハハッ…。

ハハハッ…。

僕の小説 マジで すごいんですよ。

♪~(鼻歌)

(ドアが開く音)
あっ!

うわっ!うわ うわ…。
(ドアが閉まる音)

♬~

ううっ うう~ うう~…。

まだ入金されてないの?
ああ。

(ドアの開閉音)

あの~ 何かご用でしょうか?

あっ 失礼いたしました。

私…

こういう者です。

(亮子)弁護士?
はい!スティーブ・ゲラー氏の
顧問をしております。

ティーブ・ゲラー?

えっ もちろん ご存じですよね?

アメリカの著名な作家ですよ?

あっ あの~…

この本 スティーブ・ゲラー氏の
初期作品を翻訳して

丸パクリしたものですよね?

(大貫・亮子)はあ!?

ゲラー氏は
この本を出版したあなた方に…

120万ドル 請求します。

120万ドルって…

1億2千万!?
アハハッ…。

なっ 何のことだ。
関係ない そんな本。

関係ない訳ありませんよね?
大貫社長?

ビジネスネームだとか
そんな言い訳は通用しませんよ?

あなたが このお名前で
出版されていることは

確かなんですから。それから

通販サイトにも確認しました。

こちらの出版社と委託販売契約を
結んでる担当者の方は

望月亮子さん?
あなたで間違いないと。

知らなかったのよ
あの作品がパクリだなんて。

そうだ 俺達も 柏木健太に
騙されたんだ!

もちろん柏木健太も訴えます。

でも…出版責任があるのは
あなた方でしょ?

知るか!120万ドルなんて
払えるわけないだろう!

帰ってくれ!
あらっ!そうですか…。

では身辺にお気をつけてください。
えっ?

ティーブ・ゲラー氏は
マフィア小説を得意としていて

その筋のご友人も
多くいらっしゃいます。

どうか…彼を怒らせないように。

はぁ…どうなってんだ?

何者なんだ
ティーブ・ゲラーって!

(亮子)アメリカを代表する作家

マフィア小説の
人気シリーズがある!?

何だよ
本当にすげえ作家じゃねぇかよ。

柏木に電話してみる。
柏木のやつ

こんな人気作家の作品パクって
バレないとでも思ったの!?

(携帯の着信音)
うう~ うう~…うっ!

クソッ!出ない。どうする?

残り250万円は諦める。
逃げるわよ!

♬~

身辺にお気をつけてください。

ティーブ・ゲラー氏は
マフィア小説を得意としていて

その筋のご友人も
多くいらっしゃいます

(亮子)銃…!?

ムーブ。
ゴー ストレート。

キープ ウォーキング。
ゴー ストレート。

キープ ゴーイング
キープ ゴーイング

(足音)

なんなのよ これ
弁護士がこんな真似していいの?

強要はしていませんよ?

損害賠償の120万ドル
応じていただけるんですよね?

無理に決まってるだろう!

言ったでしょう?
私達も被害者だって。

全部 柏木健太がやったことなの!
そうですか?

フフッ…
彼が 全て話してくれました。

あいつらに無理やり翻訳
させられてただけなんです!

僕は やめたいって言ったのに
うう~…。
嘘よ!

柏木は 自分だけ助かりたくて
こんな嘘を言ってるの!
どこが嘘だっていうんです?

全部だ。だいたい俺達は
あんな本 作ってない!

本を作っていない?

ハッ…そんなわけないでしょう?
現に本は あるんですから。

あたし達が
作ったものじゃないの!

そうだ!熱海の斉藤印刷。
そこのオヤジが作った本だ。

熱海の斉藤印刷…。

ふ~ん…。

フフッ…あのね 大貫社長

熱海に そんな印刷所
ないんですよ。

(大貫)ええっ!?
(亮子)そんな…。

柏木健太が これ持っていました。

250万 お確かめ下さい

確かに。
こちらが領収書になります
あっ…

ハッハ…あなた方が本を作った
紛れもない証拠ですよね?

はぁ…でたらめだ。

でたらめ?
そうだ。

本を出してやる
CDをプロデュースしてやる

そんな甘いこと言って
若いやつらから

金を巻き上げるのが 俺達の仕事。

(亮子)だから 本当に本なんて
作ってないの。

あなたのボスの著作権
侵害するようなことは

あり得ないのよ!
そんな嘘 誰が信じるんです?

ティーブ・ゲラー氏の追及から
逃れたいからって

白々しい嘘を!
嘘じゃないわ!これ…これ見て。

これも これも これも…

これも これも これも

全部 詐欺のカモとの
やりとりよ。

これで わかったでしょ?
あたし達は ただの詐欺師。

本当に 詐欺師なのよ~っ!!

ハイ そこまで!

あたし達は ただの詐欺師。

本当に 詐欺師なのよ~っ!!

ハイ そこまで!

ん?

自分で言ったね?今。

(亮子)
これで わかったでしょ?
あたし達は ただの詐欺師。

本当に 詐欺師なのよ~っ!!

全部 録音
させていただきました。

これ警察に送っておくね。
あっ いや ちょっと!

何なのよ これ!
ひどいじゃない 脅すなんて!

キモが ちっちぇ~んだよ!

も~う!
せっかくアイス食べてたのに

あんなやり方しなくても
いいじゃないですか。

計画ぐらい
教えといてくださいよ!

僕の本 まだまだ売れると
思ったのになぁ。

なんで…

(店主)あれ?
あ どうも

映画の撮影もういいの?

今日ロケハンだけで この雰囲気
見たかっただけなんで

また来ます
あ そ~う。大変だね

よし。できた?

え~っ!
ごめんね。

でも 全部あいつらに
販売を続けさせるためだったのよ。

でも ちょっと調子に乗って
買い過ぎちゃったけどね。

そんなぁ…。

あいつらも ちゃんと読めば
わかるのにね。

ティーブ・ゲラーが こんな
おバカな本 書くわけないでしょ!

おバカ…。
だって…運命の女が宇宙人で

敵の親玉が
ハリウッドスターで…。

主人公の必殺技が 目潰し!

絶対に売れない。

そっちだって 売れない
ちょっと アイドル…。

いや ちょっと…わかった
ごめんなさい…。

はぁ~。
でも 大丈夫なのかな?

何が?

あいつら 取調べで

ティーブ・ゲラーの息のかかった
マフィアに脅迫されて

嘘の自白を強いられた…なんて事
言い出すんじゃないんですか?

あんた スティーブ・ゲラーが
どんな作家か知ってんの?

えぇ…わかった!OK!

(亮子)
ティーブ・ゲラーの息のかかった
マフィアに脅されたのよ!

確かに スティーブ・ゲラーは
マフィア小説の名手ですが…

ほんとはね マフィアとは無縁の

ただの 健康オタクの
おじいちゃんなんだよ。

アハハ…でも あいつら
そう言ってたのよ!

もう嘘はやめましょ。

これで あたしも
いっぱしの詐欺師ってわけね。

あの人にも
認めてもらえるかな?

あの人?

刑事さんなら知ってるでしょ?

お客様からの
プレゼントでございます

よ~く知ってるよ。

(大谷)
星野 稔が帰国していることが
判明しました。

1か月前に
偽名で入国しています。

フフ…ハハハ。

見つけたぞ~ 星野。

♬~

♬~

ハッハハハ!ハハハ…。

♬~

ハハハハッハ!

♬~

第1回 ジュエル☆トリコ総選挙
結果を発表します!

(ドラムロール)

♬~
第1回
ジュエル☆トリコ総選挙

人気投票の結果を発表します!

ドゥルルルル…バン!

ユナ 132票。

マイ 145票。

そして…モモ!
はい!

(中込)56票。
はぁ…。

(中込)よって ジュエル☆トリコの
センターは マイ!
(拍手)

(マイ)うそ…。

なんで~ 納得いかな~い。

(中込)
2人が毎日 SNSで 票くれ~
票くれ~って叫んでる間に

マイは ず~っと路上で
歌ってたんですよ。

♬~

ようは 気持ちっすよ 気持ち。
伝わるんだよなぁ。

ありがとうございます!

♬~

♬~