ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

まだ結婚できない男 第2話 阿部寛、吉田羊、深川麻衣、塚本高史、稲森いずみ… ドラマのキャストなど…

『まだ結婚できない男 #02【婚活アプリで出会って悪いか!!】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 詩織
  2. 桑野
  3. 丸山
  4. 有希江
  5. 結婚
  6. 早紀
  7. ハロウィーン
  8. 今日
  9. 自分
  10. 圭子
  11. 散歩
  12. 出会
  13. 中川
  14. 弁護士
  15. ヨガ
  16. 高木
  17. 婚活アプリ
  18. お前
  19. チーン
  20. 映子

f:id:dramalog:20191016072154p:plain

『まだ結婚できない男 #02【婚活アプリで出会って悪いか!!】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

まだ結婚できない男 #02【婚活アプリで出会って悪いか!!】[字][多][デ]

「婚活アプリで出会って悪いか!!」
阿部寛 吉田羊 深川麻衣 塚本高史 稲森いずみ

おしらせ
「FIVBワールドカップバレーボール2019 男子 日本×カナダ」延長の際、放送時間繰り下げの場合あり。
番組内容
ある日、英治(塚本高史)が桑野のプロフィールでひそかに婚活アプリに登録したことを知った桑野(阿部寛)。案の定、「暇人の遊びだ」とバカにする桑野だったが、表情には出さないものの、実はどことなくアプリが気になる様子。一方で、晴れてバツイチとなった有希江(稲森いずみ)にも、桑野は不思議な胸のざわつきを感じ始めていた。さらに、隣の部屋から聞こえてきた早紀(深川麻衣)の話し声から、
番組内容2
桑野は早紀がひどく自分勝手な男と付き合っていると思い込んで……。

そんななか、削除し損ねた婚活アプリには、桑野のプロフィールを見た女性から、たくさんのメールが届いていた。その中で「一人に疲れました」と哀愁漂うメールを送ってきた、ヨガのインストラクターの女性に心を奪われる桑野。こっそりやりとりしていたが、しばらくすると、その事実は事務所のスタッフや、英治が仕事を依頼したまどか(吉田羊)、
番組内容3
有希江の知るところに。一同は、口をそろえて一度会ってみるよう桑野に勧めるのだった。

数日後、桑野の異変を察知した英治たちは、桑野が例の女性と会う約束をしていることに気付く。ホテルのラウンジで、緊張した面持ちで相手を待つ桑野を物陰から見守っていた英治は、その状況をまどかに逐一報告。するとそこへ、ついに女性が現れて……!?
出演者
阿部寛 

吉田羊 
深川麻衣 
塚本高史 
咲妃みゆ 
平祐奈 

阿南敦子 
奈緒 
荒井敦史 
小野寺ずる 
美音 

不破万作
 ・ 
三浦理恵子 
尾美としのり 
稲森いずみ 
草笛光子
スタッフ
【脚本】
尾崎将也結婚できない男』『アットホーム・ダッド』『シグナル 長期未解決事件捜査班』(関西テレビ)他
【演出】
三宅喜重関西テレビ)『結婚できない男』『パーフェクトワールド』『僕のヤバイ妻』『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』 
小松隆志(MMJ)『結婚できない男』『美しい隣人』『白い春』(関西テレビ) 
植田尚(MMJ)『結婚できない男』『サキ』『まっすぐな男』『鬼嫁日記』(関西テレビ
スタッフ2
【チーフプロデューサー】
安藤和久(関西テレビ) 
東城祐司(MMJ)
【プロデューサー】
米田孝(関西テレビ) 
伊藤達哉(MMJ) 
木曽貴美子(MMJ)
【制作】
関西テレビ 
MMJ(メディアミックス・ジャパン
ご案内
詳しい情報は番組ホームページへ!
「まだ結婚できない男」で検索!

 

 


(桑野信介)子供部屋に
あふれんばかりの日ざしを。

パパは40代で家を買い

愛する妻には

アイランドキッチンを
プレゼントする。

家族の集まるリビングは
いつも笑顔が絶えないよう

照明は明るく。

そして
愛するペットが滑らないように

床は
アフリカ産のウエンジ材を使う。

出来た。

完璧だ。

ふふふふっ。

ん?

でかいな こいつ。

ちっ。

なし。

これも違う。

はぁ~ これもだ。

やっぱ 1人はいいな。

(吉山まどか)やっくんのブログの
個人情報の開示を

プロバイダーに請求しましたが

予想どおり
開示を拒否してきました。

そうですか。

ですので お話していたとおり
裁判所に訴状を出します。

これが訴状です。

「氏名不詳 通称やっくん」
いいんですか? これで。

そうとしか書きようがないので。

はっ… じゃあ これで。

わかりました。

やっくん
今日も元気に更新してますね。

「桑野信介くんの醜悪な建築を
探訪する」 ふふふっ。

僕の過去の建築を訪ね歩いて
けちをつけているんですよ。

聖地巡礼か 暇人め。
ふっ。

まあ
地道に対処していきましょう。

何だ。
はい?

けっこう ちゃんと
やってくれてるんですね。

そりゃ やりますよ
弁護士ですから。

先日は まあ 余計なこと言って。

余計なこと。

さて どれのことでしょうか?

(回想)
自分の状況を一般化することで

責任を
回避しようとするパターンか。

 

あぁ~
そんなに展望がないんですか?

入力が正しくても それ以前に
目的地を勘違いしてたら

目も当てられないか。

あれは…。
もういいです。

あぁ~ でも 1つ。

はい。
ははっ あの

私は べつに 将来を
焦ってるわけじゃないですから。

そりゃ いい人がいれば
結婚したいなとは思いますけど。

あっ そうだ バナナ。

あぁ… ははっ。
そこの八百屋で

はえが たかるぐらい
強い匂いを出して

僕にアピールしてたから…。
あぁ~。

つい買っちゃって。
ははははっ。

好きですか?
大好きです。

でしょ。
あぁ… おいしそう。

くん はぁ~。

ところで

いい人と出会うために
どんなことされてるんですか?

えっ?

あっ 自分磨きとか。

ほう。
はははっ。

どんな?
えっ?

本を読んだり ジムに行ったり。

ジム?
ええ。

ジムのどこに
出会いがあるんですか?

特に ありません。

でしょ。

ええ。

何だ。
えっ?

わかりました。

長年 弁護士をやってきて

離婚裁判で夫婦の姿も
たくさん見てきました。

その中で
わかったことがあるんです。

はっ!

次のご予定があるんじゃ?

時間 まだあるかな。

どうぞ。
あっ。

私は弁護士を目指して

必死に勉強して
司法試験に合格しました。

それって 登る山を決めて

登山するようなものじゃないかな
って思うんです。

あぁ… でも 結婚って

頂上を目指して

山登りするみたいなことじゃない
と思うんですよね。

その心は?
あぁ…。

散歩です。

ははっ 散歩?
ははっ。

散歩って 思いのままに
歩くだけじゃないですか。

それが楽しかったり。

あっ こんな所に
こんな花が咲いてるって

思わぬところで発見があったり。

あっ 理想の相手と出会うのも

結局は
たまたまなんじゃないかなって。

ははははっ。
そういう偶然の出会いを

どれだけ大事にできるか
っていうことだと思うんですよ。

散歩ってナビをつけて
するものじゃないですよね。

話は それだけですか?

それだけです。

つまり

自分が結婚に対して
何の努力もしてないってことを

正当化したいということですか?

解釈は お任せします。

これで きっちり30分か。

何か 関係のない話を
聞いちゃったんで

時間が。
あぁ…。

どうも ありがとうございました。

あっ 結構です
関係のない話をしちゃったんで。

はっ。

バナナ ありがとうございました。

ははっ。

うっ!

♬~

はぁ~。

チーン

チーン

(香織)何してんすか?
ん?

こうやるとね
邪気が払えるんだって。

風水のサイトで見たの。

チーン

ここ強いな。
チーン

チーン

(詩織)フレームも
クラシックに変えません?

(村上英治)あぁ~ いいんじゃない
これ ポイント使ってってこと?

うん。
あっ いいね…。

何?

えっ? べつに。

何だよ。

えっ? べつに。

何?
(丸山)いや 何でも。

な…。
(映子)私にも聞きますか?

私は この事務所内で
中立の立場を取っておりますが

それが
崩れてもいいということでしたら。

ん… んんっ。

う~ん。

言いますよ もう。

婚活アプリ?
すいません。

婚活アプリって どんなのかなって
興味あったんで

試しに
桑野さんの名前とデータで

登録したんです。
何で俺で。

いや この中じゃ
一番 必要な人でしょ。

(詩織)で どんなプロフィルに
しようかって

ちょ~っと
盛り上がってただけなんで

すぐ消しますから。
待て。

見せろ。

はぁ~。

「初めまして。
建築家をしています。

趣味はクラシック音楽鑑賞
特にモーツァルト

身長と年収は高いです」。

ついでにプライドも高いです。
(詩織)ふふふふっ。

あっ てか すいません
すぐ消します。

モーツァルトじゃない
シューベルトだ。

えっ?
(映子)あの この伝票なんですが。

後にしてくれ。

はい。

あの…。
結婚なんかしなくていいと

周囲に宣伝してきましたが

実は寂しがり屋の僕ちゃんです。

僕ちゃんはないだろ
この文章 削除だ。

「そんな僕ちゃんですが」
僕ちゃんはないって言ってんだろ。

ちっ。 「独りになった時

鳥肌が立つ様な孤独感に

早く誰かと結婚しないと」

何だ これ ほんと だめな文章だ。

とんでもない。

独り寂しく歩いていると

明らかに
風のにおいが変わる瞬間がある。

ははははっ。

ふと見ると
そこには家族のぬくもりが。

割と やる気になってます?

ちょっと添削しただけだよ
消しとけ。

あっ はい。
ちっ。

大体
何でこんなことやったんだよ。

いや だって けっこう
やってる人いるじゃないですか。

実際 出会いもあるらしいですよ。

(映子)コスパもいいらしいです。
ばかばかしい。

最初はタダでも
結局 金取られんだろ。

いや まだ
その段階までいってないんで

このあと お互いのデータ見て
気になった人と

メッセージのやり取り
するんでしょ。

暇人の遊びだよ。

ふっ。
(詩織)あぁ すいませんでした。

ちゃんと登録削除しときますから。
はい。

ちっ 待て。

お前らは信用できん。

俺が後で消しとくから。

はい。

(詩織)は~い。

♬「まだスイミー

♬~

♬~

♬ 不思議なことがあるよ

♬ 綺麗なことがあるよ

♬ 秋の匂い

♬ 屈む風が僕を勇気づける

♬ 奥にかさばった遠い日の想い

♬ 今まだ晒せるだろう

♬ かなわずも

♬ 失くすことのない

♬ あの日覚えた小さな騒めきも

♬ 揺らめいて輝き増すように

♬ 日々を泳いだ

♬ もうすぐ君に逢いに行くから

♬ 君に逢いに行くから

♬~


(有希江)へぇ~。

(留美)いらっしゃいませ。

(有希江)あっ いらっしゃい。
どうも。

(通知音)

ふぅ~。

あれ? 削除したのに。

いらっしゃいませ。

はぁ~。

あっ 今日のエチオピア
イルガチェフ産かな?

有希江さんに聞いてみて。
そうです。

イルガチェフ産です。

詳しいな。
勉強中なんで。

じゃあ それで。
(留美)かしこまりました。

≪有希江ちゃん
離婚したんだって?

(有希江)
はい バツイチの仲間入りです。

どう? 俺と2回目。

結婚は当分いいです。
はははっ。

 

ちっ はぁ~。
≪俺ね 7回目 ははははっ。

(有希江)先輩… 先輩って呼ぶ。

じゃあ 俺との結婚
ちゃんと考えといて。

(有希江)はははっ はいはい。

何か 絶対振られてる…。
≪ははははっ。

≪すっげぇ
大人な対応されてんだけど 俺。

(有希江)だから 先輩 はははっ。

あっ もうお帰りですか?

どうも。

また来てください。
ありがとうございました。

また来てね だって…。

♬~

≪ははははっ…。
(有希江)ははははっ。

≫何? 今の中途半端な。
≫はいはい。

あっ そうそう そう…
あっ そうです そうです。

はい…。

はぁ…。

≫あっ いらっしゃいませ。

≪いらっしゃいませ
また お安くなりました。

ええ。

♬~

ごゆっくり。

もっと安くなんの
待ってんのかな?

さあ。

ふぅ~。

いらっしゃいませ。

ピー!
あっ。

あれ? あれ? あれ?

あっ… えっ? あぁ~。

あれ? え~っと。

あっ はぁ… これじゃなくて。

≪(ドアの開閉音)
≪あっ…。

あぁ~。
これ さっき教えましたね。

これ こうします。

≪あっ わかりました。

あっ すいません。

♬ フフ~フン

♬ フフフフ~ン フン

≫(早紀)いいかげんにしてよ!

≪(早紀)
あなたは いつもそうなのよ。

≪(早紀)自分が偉いと思い込んで
上から目線で

人のあらばっかり探して。

≪(早紀)世界は自分が中心に
回ってると思ってるんでしょ。

ふっ。

ひっどい男だな。

何とか言ったらどうなのよ!

うそよ うそ。 ほんとは
そんなあなたが好きなの。

離れられない!

≪お願いよ そばにいて。

≪あなたが必要なの。

ふっ。

≫(早紀)お願い 行かないで~。

ここで めりはりのある芝居をと。

(マナーモード)

 

あっ お疲れさまです。

はい やってます。 何か

この男も女も
好きにはなれないけど。

はい 女優としての自覚は
持ってるつもりです。

あっ 明日は9時入りでしたよね。

はい よろしくお願いします。

やっくん。

1 2 3 4…

5位。

また上げやがった。

はっ リニューアルしてやがる。

(通知音)

ちっ うるさいな いいところに。

削除って どうやんだっけな。

まずはログインして…。

パスワードって

事務所の電話番号か。

23件?

ヨガのインストラクター。

ヨガ?

「突然のメッセージ 失礼します。

ヨガのインストラクターを
しています。

私はこれまでずっと一人で
充実した生活をしてきました。

一人で焼き肉 一人でカラオケ

一人でハワイとか

お一人様の暮らしを
エンジョイしてきたつもりです。

でもふと気づくと
アラフォーになり…

突然 これまで自分を

ごまかして来たんじゃないか
って気がしてきたんです」。

「人肌が恋しくなるこの季節…

やっぱり側に誰かがいるに
越したことはないなって思う

今日この頃です…

一緒に太陽礼拝とか
三日月のポーズをしませんか?

ご存じなければ
手取り足取りお教えします。

よろしければ
メッセージください」。

太陽礼拝か。

はぁ~。

(棟梁)エロサイトか?
はっ

見るなよ!エロじじいが。

怪しいな。
はっ。

これは何だ この素人。
この仕上げ 何なんだよ えっ?

あぁ~ それな…。

ちょっと事情があってな。

そこで話そう。

ちっ。 …ったく。

はぁ~。

(棟梁)ひひひひっ。
≪何だ えっ?

≪いぃ~ べろべろ…。
おい ちょっと。

ばぁ~!ははっ。
≪おい。

≫やめろ お前… 見るな!

≫ちょっと… 見るな!
ほい。

≫お前… やめろ~!
えっと?

これ 何で こうなった?
指示と違うぞ。

(丸山)あっ そこは
奥さんの要望を聞きました。

あの夫婦は旦那の言うことだけ
聞いてりゃいいんだよ。

(丸山)そうなんですか?
やり直し。

はい。
あぁ~ いいや いいや

俺やったほうが早い。
はい。

≪コンコン コン!(ノックの音)

失礼しま~す。
あっ。

あれ? 何で。
こんにちは。

えっ? えっ

もしかして桑野さんが頼んだ
弁護士さんって?

私です。
お前 何だよ。

いや だって
ネットで検索して近所だったし

きれいな人だったんで。
安易だな お前。

あっ どうぞ はははっ。

失礼します。
どうぞ どうぞ。

きれいな事務所ですね。
あぁ~ ありがとうございます。

あっ では

改めまして 村上英治です。

吉山まどかと申します
お願いいたします。

実は 今やってる住宅で
施主と近隣住民がもめてまして。

相談に乗っていただけたらって。

かしこまりました
詳しく聞かせてください。

はい。 あっ これ 相談料です。
すいません。

あっ 恐れ入ります
ありがとうございます。

あっ これ 良かったら皆さんで。
あぁ~ ありがとうございます。

あっ そういえば
もうすぐハロウィーンですよね。

皆さんは渋谷とか六本木とか
繰り出したりするんですか?

あぁ~ 盛り上がってますからね。
ははっ。

(詩織)行きましょうよ!
うん。

(詩織)何の格好しようかな~。
はははっ。

桑野さんは行くんですか?

ふぅ~。

もちろん 行きませんよ。

大体 お前ら ハロウィーン
起源が何か知ってて

参加するだのしないだの
言ってんだろうな?

教えていただかなくて結構ですよ。
ハロウィーン

古代ケルト民族が
10月31日の夜に行なった

ウィン祭が起源といわれてるんだ。

まあ
日本のお盆みたいなもんだな。

それでですね…。
はい。

このとき 先祖の霊と一緒に
悪霊が やって来て

子供をさらったり悪事を働くんだ。

そこで人々は
悪霊を驚かして追い払おうと

仮面を着けたり
仮装したりしたんだ。

へぇ~ そうなんですか。

だから
ハロウィーンの仮装ってのはね

魔物を退散させるだけの
インパクトが必要なんですよ。

はあ。

それを何だ。

今どきのハロウィーン
なまぬるい仮装は。

何か興奮してます?
もう

みんな 楽しみでやってるんだから
いいじゃないですか。

仕事していいですか?
どうぞ。

はい。 それで あの 近隣住民が

もめてる件なんですけど。
はい。

日照権でもめてまして。
じゃあ ちょっと拝見…。

よし。
ありがとうございました。

こちらこそ。

村上さんって
桑野さんと長いんですか?

あぁ~ 前は桑野さんの
アシスタントやってたんですよ。

へぇ~。

言いたかないですけど
今の僕があるのは

桑野さんに
厳しく鍛えられたおかげです。

言いたかないなら言うなよ。
ふふっ。

今でも
怒られることばっかりなんですよ。

こないだも…。
だから 言うなって。

俺たちが勝手に桑野さんの名前で
婚活アプリに登録したら

怒られまして。
婚活アプリ?

はい。
へぇ~ どんなものなんですか?

知りません。
えっ 興味あるんですか?

まあ 使ってみようとは
思わないですけど。

あぁ~。
こいつら 勝手に

俺の名前 登録したんですよ。
それって犯罪じゃないですか?

犯罪は言い過ぎでしょ。
あぁ~

もしかしたら個人情報保護法には
抵触する可能性はありますね。

えぇ~ そうなんですか?
まあ 被害者が訴えたらですよ。

被害者 つまり俺だよ。

(詩織)すいません。

で… でも もう
登録 消したんでしょ?

あっ。

あれ?
ん?

「パスワードが違います」って…。
さてと。

(詩織)何で?
はぁ~ こんな出しちゃって…。

(詩織)
桑野さん パスワード変えました?

あれ? 登録削除するって
言ってましたよね。

パスワード変えてるって
どういうことですか。

俺の勝手だろ。

もしかして 使ってるんですか?

誰が。

ふっ じゃあ 消すよ。

おっ?
ん? どうしました?

女の人から
メールでも来たんですか?

あっ メール来たんだ。
おっと。

てか やり取りしてんだ。

で? その人と会うんですか?

会えばいいじゃないですか。

私の散歩理論が
証明されるかもしれないですよ。

何ですか? その理論。

聞かないほうがいいぞ。

(中川)ヨガのインストラクター?
へぇ~ 会えよ。

何だよ みんな 会え 会えって。

(中川)会って 良くなかったら
二度と会わなきゃいいだけだろ。

どう? これ スタイルいいぞ。
(神崎)いいですね。

結婚したくないのに
会って どうするんだよ。

会って すごくいい女だったら
結婚したくなるかもしれないだろ。

ないな。
かぁ~。

この人 いくつ?
アラフォーとかって言ってた。

40前か~? ちょい過ぎかな~。

いいな~。

お前は現状否定だけが望みか。

お前はさ
可能性を持ってるんだよ。

人生100年時代って
言ってたじゃないか。

その可能性 試さないでどうする。

≪(ドアの開閉音)

あっ。
あっ。

いらっしゃい。
(留美)いらっしゃいませ。

今 婚活アプリの話 してたんです。
えっ?

女の人と
やり取りしてるそうですね。

まあ 成り行きですよ。

今日 入荷しました
パナマのティピカは

エスペラルド農園で
作られたもので…。

ホットミルク。

はい。

で? 会うんですか? その女性と。

会いませんよ。

会ってみてもいいじゃないですか。
えっ?

自分は結婚は こりごりって
言ってたのに?

結婚は
慎重にならなきゃだめですけど

チャンスを増やすのは
悪くないと思うんです。

散歩は いくらしても
悪いことないですよね?

あっ さっきの散歩理論。
そうですよね。

そんなもの布教して
歩いてるんですか。

桑野さんって

ぴったり合う人
少なそうじゃないですか。

えっ?
ていうか

いるんですか? そういう人。

(有希江)だから もし その人が
桑野さんと ぴったり合ったら

すごい奇跡っていうか

この世界って
捨てたもんじゃないなって

感じると思うんです。

ふっ しょうがないな。

有希江さんが そこまで言うなら
会ってみますよ。

えっ?
そうですか?

結果 聞かせてくださいね。

違… べつに
試しに会うだけですから。

私が言っても全然…。

♬ フ~ン フンフン フ~ン
歌ってる。

タンザニア
ふっ いいよな。 おぉ~。

(有希江)あの人

他人には興味ないふりしながら

ほんとは
違うんじゃないでしょうか。

桑野さんに興味あるんですか?

興味っていうか

いい人じゃないですか。

えぇ~?

吉山先生は やらないんですか?
婚活アプリ。

ううん 私は…。

いいじゃないですか。

出会いがあるに
越したことないでしょ?

そうよね。
何で ためらってるんだろ。

そりゃ 不安ですよ。

どんな人だろうとか
だまされたら どうしようとか。

一緒にやってみる?

私は まだリハビリ中なんで。

あぁ~。

まずは 桑野さんの結果だな。
(有希江)うん。

(桜子)主寝室なんですけれども…。
うんうん 何でもいい

桜子ちゃんの好きな色だったら
何でもいいよ。

(桜子)いや 私が好き…。
うん。

じゃあ 俺 先に帰るな。

あっ お疲れさまでした。
(丸山)お疲れさまです。

これかな。
(桜子)違いますよ。

デートの相談か?
違います。

はははっ。

(詩織・村上・丸山・映子)
お疲れさまでした。

会うのかな。
(詩織)会うでしょ。

桑野さんが どんな顔して
女の人と会うんだろう。

(詩織)それ 見たくないっすか?
はははっ。

(桜子)
どっちかと言うと見たくない。

えっ? 見たいよな?
はい。

見たいよな お前な…。
(丸山)見たいっすよ。

変わった人たち。

でも場所がわからないし。

あぁ~ まあ
聞いても言わないだろうしな。

わかります。
えっ?

先生が今日
ヒルトンホテルのサイトを

見ているのを目撃したんです。

 

(映子)待ち合わせは 大体
お昼過ぎからの可能性が高いです。

(村上・丸山・詩織)おぉ~!

あっ でも 日にちは?

「私用早退」?
(丸山・詩織)おぉ~。

(詩織)ふふっ。

≪何食べるの~?
≪えぇ~? ガム。

≪ガム?
私ね…。

≪トリック・オア・トリート!
トリック・オア・トリート!

♬~

♬~

よし。


(早紀)あぁ~ 稽古に遅れちゃう。

男は選べよ。

(丸山)いる?

あっ いたいた いたいた!

(詩織)
どうなの? あのファッション。

ああ。

♬~(店内のBGM)

♬~

(丸山)あっ あの本が目印か。
おぉ~。

はぁ~。

≫(足音)

はぁ~。 あっ すいません。
はい。

コーヒー お代わり。
お代わりですね

かしこまりました。

うわ お代わりしてるよ。

けっこう前からいたんだな。

≪(足音)

はっ…。

あっ。

(小声で)手 振ってたよな。

あっ そういえば まどか先生が
結果教えてほしいって言ってたな。

(メール マナーモード)

♬~

実況してとは言ってないんだけど。

「かなり緊張状態にあり」 送信。

よし。

プルルル…(呼び出し音)
うわ!

(マナーモード)
しぃ~ ちょっと かかってきた。

はい。
あっ もしもし 俺だ。

夕方 設備の業者が来るから
俺は ほら

打ち合わせが長引いてて
戻れそうもないから

対応しといてくれないか?

あっ わかりました。
うん。

で 何の打ち合わせですか?

えっ? あっ ほら あれだよ

あっ あれ タイルの…。

あっ。
えっ?

あっ そうだな うん。

もう何だよ。

お前 今 どこにいる?
えっ?

えっ いや 外ですけど。

外?

あっ。
あっ。

何やってんだ?

奇遇っすね。

何ですか?
えっ。

あれ 待て おい。

な… 何?

あの。
えっ?

誰?
ちょ… 行くぞ 行くぞ。

えっ あっ…。
えっ えっ。

(メール マナーモード)

はぁ~ 何?

「桑野さん拉致される」。

拉致? えっ。

ちょっと何ですか?
(高木)いいから。

ちょっと。
(高木)とにかく来なさい。

英治~!
どういうこと?

(詩織・丸山)えっ。
桑野さん。

(山倉)入って。
ちょっと。

(高木)まあ 座ってください。

はぁ~。

あなた
あのホテルに何しにいきました?

ははっ 行っちゃ悪いのか?

ホテルでコーヒーを飲む
ケーキを食べる

そんなもの
どこの主婦でもやってるでしょ。

はぁ~
コーヒー代 払うの忘れたよ。

(山倉)
それは気にしなくて結構です。

質問に答えて。

質問? 何でしたっけ?

あそこに何しにいったか。

黙秘します。

えっ。

そうですか わかりました。

近くの署に問い合わせてみます。
はい。

(高木)どうして
理由を言わないんですか?

言えないことなんですか?

(高木)
奥さんが家で心配してますよ?

心配してません 1人です。

そうですか。 おいくつですか?

ふっ 53です。

ほう 53で独身ね。

あの 何か?

いえ。

つかぬ事をお伺いしますが

警察では 職場結婚
はやってるそうですね。

自給自足体質というか。

べつに そういうことでは。

職場結婚でしょ?
そうですが。

当たった。

やっぱり あれですか?
自分たちの罪は

自分たちで
取り締まり合っちゃってんですか?

お互い怪しいときには
尾行したり 張り込んだり

逆探知しちゃったり
時には盗聴器… はははっ。

(高木)
そんなことは どうでもいいんだ!

じゃあ 言いましょう

あのホテルで お見合いに来た女性に
声をかけて

見合い相手と勘違いさせて
外に連れ出し

よからぬことをしようとする
被害が何件かありましてね。

その被疑者の人相が

あなたと似ているんですよ。

(山倉)初対面で
顔を知らないことを利用した

犯行です。
悪いやつだな。

あなたじゃないんですか?
当たり前だ!

(山倉)
じゃあ 何しにいったんですか?

強いて言えば

散歩です。
散歩?

ふざけるんじゃない!
真面目ですよ。

≪コンコン コン!

はい。

弁護士の方が。

あっ。

弁護士の吉山と申します。

この人の身元なら私が保証します。

♬~

何で黙秘なんかしたんですか?

1回やってみたかったんですよ。

はぁ~。
しかし

弁護士が来たら一発で解決だな。

世の中 そういうもんですよ。

事務所の村上さんたちから 今夜

渋谷のハロウィーンの騒ぎに
参加しないかって

誘われてるんですけど
行きません?

行きません。
はぁ~。

なまぬるいハロウィーン
認めないんでしたっけ。

あっ そういえば

今日 会うはずだった女性
どうなりました?

あっ。

メール来てないな。

おわびのメール
しといたほうがいいですよ。

そうですよね。

(育代)うん 信介が
呼びもしないのに来るなんて

珍しいわね。
悪かったな。

(圭子)急に来られても
人数分しか ご飯ないし。

(中川)この男は食べるしな。
(圭子)うん。

じゃあ いいよ 帰るよ。
(ゆみ)いいから食べなよ。

(圭子)ゆみってさ
意外と お兄ちゃんに優しいね。

(ゆみ)えっ べつに。

私 後で友達と
ハロウィーン行くから。

うん。
ハロウィーン

ははっ
ちなみに何の仮装するんだよ。

(ゆみ)えっ キティちゃん。
はっ 意味がわからん。

いいか ハロウィーンっていうのは…。
(ゆみ)はいはい。

(育代)あっ ねえ ちょっと ちょっと
面白いこと考えたの。

(中川)何?
あのね ゆみがね

ちょっと結婚したいって男の人
連れてきたんだけど

その人は
信介にそっくりだったってこと。

(圭子)やだ~。
ないな。

(中川)そういえばさ
この間のあれ どうだった?

何が?
(中川)会ったんじゃないの?

ヨガと。
(圭子)ん? ヨガ?

(中川)何だ?
聞かないでくれってパターン?

それ以上 言うな。
あれとあれ バラすぞ。

(圭子)ん?

あれとあれ?

ん?
(圭子)ん?

(早紀)待ってください。

どうしてですか?

何で 私が降ろされないと
いけないんですか?

(佐々木)もう決まったことだから。
(川上)もういいだろ 早紀ちゃん。

(早紀)納得できません。
(佐々木)じゃあ 教えてあげよう。

はい。

いまいちなんだよ 君の芝居。

(佐々木)俺も推薦した手前

できるだけ
かばおうとしたんだけど

結局 恥をかいたよ。

♬~

きゃ~!
やめろ やめろ…。

あっ そういえば… 行く?

行く行く 行く…。
行く行く~!

あっ。

「本日は 約束の場所に
行かれなかったとのこと

どうかお気になさらずに…

実は 私も行かなかったんです」。

えっ?

実は 私 並行して
会っていた男性がいたんです。

「今日 思いがけず
その方からプロポーズを受け…

結婚することに決めました」。

「二股かけるなんて
卑怯な女ですね。

本当にごめんなさい。

どうかあなたにも
素敵な出会いがありますように」。

(早紀)ううっ ううっ…。

ううっ ううっ…。

(早紀)ううっ…。

ううっ ううっ…。


♬~

≫いらっしゃいませ。
はははっ。

あれ?

あの これは。
あぁ…

あの子なら今日 売れました。

あっ そう。
はい。

♬~

どんな人に?

若い女性です。
いろいろ見るうちに

なぜか
あの子が気になるとか言って。

ふ~ん あっ そう。
≫はい。

≫ありがとうございました。


ピッ!
こんにちは ご利用…。

ピッ!
キーをセンサーに近づけてください。

ピッ!
ガチャ!

1つのボックスに
荷物が届いています。

2番ボックスに
荷物が届いています。

あぁ~。

(丸山)あぁ~。
(詩織)ごほっ ごほっ!

(有希江)
どうしたんですか? あの人たち。

ハロウィーンの雑踏にもまれて
心が折れたらしい。

あの人混み だめだわ。
(丸山)僕もです もう年かな。

お前が言うなよ。
(丸山)すいません。

はぁ~
私 自分と同じ格好した人

300人くらい見て萎えた。

よし 一休みしたら
リベンジしにいきましょうよ。

えっ?
無理です。

(有希江)吉山先生は?
行かなかったんですか?

私は手前で撤退した。

桑野さん 相手の方と
会えずじまいで かわいそう。

大丈夫かな?
まあ それなりに

落胆はしてると思いますけど。
桑野さん 呼びましょうか。

えっ?
来ませんよ。

それにね
あの人は今日のことぐらいじゃ

へこんだりしませんからね。
うん 言えてる。

(丸山)
僕も あの強じんさが欲しいです。

もう何か別の話 しません?
おぉ~。

いないのに これだけ
話題になるっていうのも

大したもんね。

ううっ…。

これから仲良くしようね。

私 諦めない ううっ…。

≫♬~

♬~

これが ほんとのハロウィーンだ。

(早紀)私のお芝居の稽古の相手を
お願いできたりしませんか?

隣に女優が住んでるって
ドキドキしません?

よせよ ははっ。

ケン。 やっぱり。

(詩織)大変ですよ。
これ桑野さんですよね?

相手してほしいんですか?
若い女に。


いいかげん認めて
俺に全てを委ねろよ。