ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第137話 石坂浩二、加賀まりこ、浅丘ルリ子… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #137 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 気持
  2. 竹芝柳介
  3. 高井
  4. 忠太郎
  5. 子供
  6. 名倉
  7. お嬢
  8. ジェル
  9. ババア
  10. フィル
  11. マヤ
  12. 失礼
  13. 進藤
  14. ヘアブラシ
  15. 一体
  16. 勘違
  17. 自分
  18. 世間
  19. エリ
  20. カ月

f:id:dramalog:20191015184231p:plain

『やすらぎの刻~道 #137 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

やすらぎの刻~道 #137 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
白川冴子(浅丘ルリ子)の孫で、薬物所持容疑で逮捕・起訴された竹芝柳介(関口まなと)が釈放された。彼は冴子のたっての願いで、やすらぎの郷の調理場で働くことになった。彼にひと目会いたいと、冴子は思わぬ行動に!?一方、認知症が進行している九重めぐみ(松原智恵子)は主演映画を撮影中だという妄想にとらわれ、高井秀次(藤竜也)もそれに付き合っていた。2人の姿を見た“マロ”こと真野六郎(ミッキー・カーチス)は…!?
◇出演者
石坂浩二加賀まりこ浅丘ルリ子藤竜也松原智恵子板谷由夏名高達男草刈民代草刈麻有
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
阿部雄一
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)

 

 


(菊村 栄)〈大麻事件で
世間を騒がせた竹芝柳介が

裁判が行われ
近く釈放されるらしい〉

〈しかし 竹芝家から縁を切られ

所属プロダクションからも
クビを切られた柳介には

行き先がなかった〉

〈柳介の祖母に当たる白川冴子は

自分が やすらぎの郷に引き取ると
言い出したが

世の中
そんなに甘いものではなく

名倉理事長たちの拒否にあった〉

理事長たち
そんな事を放置してるんですか!?

(名倉修平)い… いや…。

その機械は
一体 誰が発明したの!?

ねえ 誰が発明したの!?

いや… 誰ですか?

ティーブ・ジョブズあたりですか…。

(名倉)ああ…。

ティーブ・ジョブズなんて
知らないよ!

でも 許さない!
あたし 絶対に許さない!

あっ!
総理大臣に あたし 直訴する!

(名倉)えっ!? いや…。

ちょ…
ちょっと待ってくださいよ。

〈お嬢の怒りは
理にかなっていた〉

〈考えてみると 元々おかしい〉

〈赤の他人の個人的な事を

世間に ばらまくのも
おかしな事なら

好奇心の強い暇人が それに乗り

次々に
つぶやきを書き加えていくのも〉

〈それは もはや

つぶやきという範疇のもの
ではなく

他人をおとしめて
快感を覚えるという

人として恥ずべき卑劣の連鎖だ〉

〈そういう事が スマホやら
パソコンやらを利用して

社会全体に
病気のように広がっている〉

〈お嬢の言う事は
核心を突いていた〉

♬~

どうぞ。
お嬢が そう言うの?

そうなんだよ。
それで突然 怒り出しちゃってさ。

そりゃ大変だ。

あいつにTwitterの怖さを
説明するなんて無理!

フッ…。

マロに相対性理論を教えるより
難しいわ。

だろ?
だわよ!

いや だけどね

まあ 話が こう…
変なふうにそれて

そういうところへ
行っちゃったんだけどね。

話は元々 竹芝柳介って子を

ここに入れたい
っていう話なんでしょ?

そうだよ。

それは元々 お嬢のわがままね。

フッ… そう思うだろ?

思うわよ。

元々 ここは
老人ホームなんだからさ。

そうなんだよねえ。

お嬢はさ そこんところを
自分の家みたいにさ

ん~… まるっきり その…
勘違いしちゃってるんだから。

フフフフッ!
あいつは元々 勘違いの女よ。

「勘違いの女」ね。 ハッ!
うん。

わかった。

あたしから言ってやる。

(マヤ)わかった?
それは あんたのわがままよ。

ここはね
あんただけの場所じゃないの。

あんたには
女の気持ちが わからないのよ。

あら…?

あたし 女よ?

子供を作った事のある女を
女っていうの。

あるわよ 私だって。
ジェルとフィル。

何よ? それ。
ジェルと何? フィル?

子供の名前よ。

ジェラールとフィリップ。

2人とも 結局は流れたけどね。

あたしの中では
ちゃんと生きてるの。

ジェルが53歳と3カ月。

フィルは48と6カ月。

生きていればね。

馬鹿みたい。

(お嬢)死んだ子の年を数える
ってやつね。

産みの苦しみを経験して
初めて女は女っていえるの。

あんたには 子供を持った親の
気持ちが わからない。

まして その子が
世の中からバッシングされて

一人で苦しんでる時にね
守ってやろうっていう気持ちが!

正確に言ってよね。

どういう意味よ?

母親の気持ちじゃなくて
バアさんの気持ちでしょ。

それも
最近まで すっかり忘れてて

突然 思い出した
ババアの気持ち。

ババアとは何よ!

あら? ババアじゃないの?

あっ 梨園だから オバアサマ。

何がジェルとフィルよ!

そいつらが生きてたら
あんた 守らないの?

守るわよ。

命を懸けて守る自信あるの!?

ある。

そいつらが
世の中からバッシングされても?

守るわよ!
(お嬢)そいつらが…。

(マヤ)ちょいと あんた。
(ため息)

さっきから
「そいつら」 「そいつら」って

まるで
物みたいな言い方してるけど

あたしの大切な子供に
失礼じゃないの?

あら。

いやしくも流れたけど
あたしのかわいい子供よ!

あたし ずっと供養してきたの。

へえ~。

あんまり人を馬鹿にしないで!

〈現状を忘れて
びっくりしていた〉

〈マヤにも
そんな過去があったなんて…〉

〈初めて知った〉

〈女の体は
秘密という細胞で できている〉

♬~

どうも僕の手には負えません。

本当に 一体
どうすればいいんでしょう?

(ため息)

(せき払い)

ああ すいません。
はっ?

この部屋は禁煙です。

あっ… ああ すいません。

それで
その竹芝柳介くん… ねえ。

はい。

(九重めぐみ)
竹芝柳介さんが どうしたの?

どうも お邪魔してます。

竹芝柳介って 例のあの子でしょ?
事件起こした。

めぐみさん。
うん?

また 歯ブラシで
髪をといています。

えっ?

この前 言ったでしょ。

髪をとくには ヘアブラシのほうが
やりやすいんです。 ねっ?

あら やめ…!
ちょっと待ってください。

これは ヘアブラシ。
髪の毛用です。

だから この間 書いたでしょ。

(高井)ヘアブラシの「ヘ」
歯ブラシの「ハ」。

あっ そっか。 うん。

わかりました。
私から白川さんに話してみます。

お願いします。

(めぐみ)
私 テレビで竹芝柳介 見たわ。

あの子 昔の人間国宝
二代目 柳翁にそっくりね。

私 柳翁に
お目にかかった事あるのよ。

〈高井の秀さんのお嬢説得には

コンシェルジュのエリさんに
立ち会ってもらった〉

〈マヤは危険だから
お嬢から離した〉

長谷川伸先生の有名なお芝居で

瞼の母』というのがあります。

しがないヤクザ 番場の忠太郎が

生き別れになった母をたずねて
旅を続けます。

(高井)江戸 柳橋の料理屋の女将
おはまが その人ではないか

という事を聞いて
会いに行きます。

おはまは 忠太郎の話を聞いて

すぐに実の子だという事が
わかりますが

金を目当てに来たんじゃないかと
疑いまして

あと お登世の…
妹のお登世ですね。

彼女への迷惑を考えて

かたくなに
母と名乗る事をしません。

(高井)忠太郎は
がっかりして帰ります。

一方 おはまは

兄を思う お登世の気持ちに
急に反省をしまして

あとを追いかけます。

ただ 忠太郎は
もう諦めていました。

(高井)俺には

現実のお袋なんて
もう いねえんだよ!

ただな 上と下
両の瞼をしっかり閉じりゃ

いつでも
そこに お袋は出てくる。

それで いいじゃねえか!

(高井)お袋は 俺の瞼の中に
しっかり生きてるんだい!

〈秀さんは
そこで黙ってしまった〉

〈どうして
そこで秀さんが黙ったのか〉

〈その先の話を
忘れてしまったのか〉

〈それとも 一体 この話を
お嬢と竹柳の一連の問題に

どう結びつけるのか
わからなくなったのか〉

〈この人の心理は

いつも どこかで
重々しくもトンチンカンである〉

(高井)『瞼のババア』という
新しい芝居をですね

長谷川先生が
お書きになったとしたら

バアさん…
すなわち あなたの役は

たやすく
忠太郎を受け入れますか?

それとも 心を鬼にして
忠太郎をはねつけますか?

先生。

自分 今 何を話しているのか
わからなくなりました。

これで 私は めぐみさんを
一人にしておけないので

失礼します。
(エリ)あっ…。

失礼しました。

♬~

(ドアの閉まる音)

栄ちゃん。
うん?

秀さん 何が言いたかったの?

わからない。

〈結局 秀さんは
役に立たなかった〉

♬~

〈その晩
カサブランカで飲んでいたら

主立ったスタッフが
ゾロゾロと現れた〉

(名倉)おっ どうした?

(進藤秀夫)ちょっとお邪魔しても
よろしいでしょうか?

(名倉)ああ いいよ。

(中里 正)ホッピー
ちょっと外してくれるか?

(ホッピー)はい。

失礼致します。
(橋本忠吉)失礼します。

〈前科者が集団になると

それはそれで
なかなかの迫力だった〉

(進藤のせき払い)

えー… 従業員の身でありながら
差し出がましい提案を致します。

(みどり)どうしたの?

竹柳の話 聞いてしまいました。

えっ…。

(進藤)やすらぎの郷の立場も
わかりますし

白川さんの
おっしゃってる気持ちも

よくわかります。

何より 我々 前モチで
娑婆に放り出された前科者が

どれだけ世間に冷たくされ
更生の道を歩むのが難しいか

嫌というほど経験しております。

この件 我々に
預からせて頂けないかという

出すぎた提案を致す所存です。

(名倉)うん。 いや…。

♬~

いじわるしないで ちょっとだけ。
(進藤)ガキの頃のあだ名は?

(竹芝柳介)シロンボです!
(進藤)お前を今日からシロと呼ぶ。

〈竹芝柳介は やすらぎの郷
身を置く事になった〉