ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第135話 清野菜名、風間俊介、佐藤祐基、井上希美… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #135 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. ニキビ
  2. 幸子
  3. ゴーン
  4. ハゲ
  5. ウメ
  6. 公平
  7. 絶対
  8. モモ
  9. フフッ
  10. 何度
  11. 娯楽
  12. 川辺温泉
  13. 本当
  14. アメ公
  15. お願い
  16. お兄さん
  17. お漬物
  18. ジョー
  19. ニワトリ
  20. バレ

f:id:dramalog:20191011155526p:plain

『やすらぎの刻~道 #135 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

やすらぎの刻~道 #135 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
終戦を迎え、根来家の長男・公一(佐藤祐基)が戦地から復員してきた。公一は、捕虜収容所での出来事を少しずつ公平(風間俊介)らに話し始める。そんな公一のもとに、モモ(浅丘ルリ子)とウメ(加賀まりこ)の姉妹が挨拶にやって来るが…。公一に続いて、公平の親友・ニキビ(関口アナン)とハゲ(両角周)がシベリア抑留から帰ってきた。3人は久しぶりの再会を喜び合うが、もうひとりの仲間・青っ洟(若林元太)の姿が見えず…
◇出演者
清野菜名風間俊介佐藤祐基、井上希美、木下愛華、関口アナン、両角周、浅丘ルリ子
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
唐木希浩
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


(ニキビ)赤線って知ってるか?
(根来公平)なんだ? そりゃ。

〈川辺温泉という温泉町の外れに

最近 話題の
赤線地帯という一画ができ

独り身をかこっている
ニキビとハゲが

どうしても
一度 行きたいと言うので

仕方なく 僕も行くだけ行こうと
付き合う事になった〉

〈2人が
部屋に上がってしまってから

僕は一人で飲んで
待っていたのだが

そこで とんでもない人に
ばったり出会ってしまったのだ〉

〈それは 満州から引き揚げてきた
三木さんの姉のほう

モモさんだった〉

〈モモさんは
赤線で働いていたのだ〉

♬~

♬~(店内の音楽)

(戸の開閉音)

(足音)

喉が渇いたな。

うん。

ビール1杯だけ飲んでくか。

そうしよう。

お姉さん
グラス2つ ちょうだい。

はい。

天気は持ちそうか?

どうぞ。

(ハゲ)大丈夫そうだ。 星が出てら。

うん。

あ~…!
うめえ!

どうだった?

(2人)うん。

よかった。

俺もだ。

明日は ブドウ棚の準備に
かからなくちゃな。

うん。

(猫の鳴き声)

おい。

俺 ちょっと…
少し寄り道して帰るわ。

(ニキビ)これから?
ああ。

この下に友達が住んでるの
思い出したんだ。

せっかく ここまで来たんだったら
ちょっと寄ってくわ。

そうか…。

先 帰っててくれ。

(ハゲ)お前 変な気起こしたんじゃ
ないだろうな~?

違うよ。
ちょっとのぞくだけだよ。

ふ~ん そうか。
程々にな。

フフッ…!
フッ…。

(ノック)

あっ… どうぞ。

狭くて ごめんなさい。

あっ ここに掛けて。
はい。

♬~

やっぱり こういう事って
あっちゃうのね…。

♬~

モモさんたちは
元々 こっちの出なんですか?

ずっと北。

長野に近いほう。

♬~

松岡さんの一家
引き揚げちゃいましたね。

そうなの。
寂しくなっちゃったわ。

♬~

ウメさんは
一人で大丈夫なんですか?

ああ… 犬が来たからね。

あの子
犬を抱いて 毎晩寝てるわ。

あの犬のおかげで

あの子
最近 だいぶ元気になった。

よかった。

それに ニワトリが
卵を産むようになってから

ちょくちょく
持ってきてくれるんです。

ああ…。

助かってます。

代わりに いつも
いろいろお野菜頂いてるわ。

そうだ。
頂いたお漬物があったんだ。

奥さん すごいのねえ。

なんでも
こうやって漬けちゃうのね。

お味噌も
自分でこさえちゃうんですって?

お袋が
漬物作るの趣味でしたから。

習うんだって ウメが言ってたわ。

はい。
こないだ分けて頂いたお漬物。

あら…!

あっ… バレちゃった。

松岡さんの奥様に誘われて
日曜学校に時々行くの。

変でしょ?

こんな事
こっそりしてるくせに

教会に通って
お祈りしてるなんて。

神様にバレたら
地獄に落ちちゃうわよね。

〈なんだか 急に
胸の奥が熱くなった〉

〈喉元まで 涙が突き上げた〉

公平さん お願い。
本当にお願い!

ウメにだけは この事 絶対に
い… 言わないで…!

わかってます。

私 昼間は
旅館の仲居をやってるの。

それは本当なの。
ウメも そうだって信じてるわ。

わかってます。

そんな事
絶対に誰にも言いません。

♬~

当たり前じゃないですか。

そんな事…

当たり前じゃないですか…!

♬~

ただいま。
おかえりなさい。

まだ起きてたのか。
うん。

♬~

ねえ おなか触ってみて。

赤ちゃんが動いた。

ほら!
フフッ…。

動いた!

〈昭和25年の年明けを
久しぶりに 僕らは

ニキビやハゲたちと
一緒に迎えた〉

〈公一兄ちゃんは
炭焼きのために

僕らの初詣に参加しなかったけど

他のみんなは
いつものしきたりどおり

一緒に歩いた〉

〈戦争が終わって 何人もの家族が
この墓の下に入ってしまった〉

〈父さん〉

〈母さん〉

〈公次兄ちゃん〉

〈三平兄ちゃん〉

〈そして
ニキビの姉さんの紀子さん〉

〈青っ洟〉

〈没収されてしまった
祥恩寺の鐘が

小野ヶ沢の谷に
鳴らなくなったのは

誰にとっても
寂しい事だったが

ニキビとハゲが
叫んだおかげで

みんなの耳に
あの音がよみがえった〉

ゴーン!

ゴーン!

ゴーン!

ゴーン!

ゴーン! ゴーン!

フフッ…。

(剛)ゴーン!
(一同の笑い声)

ああ… いい年になるといいな。

〈そうして
僕らの戦争は終わった〉

〈事件が起きたのは その翌日だ〉

えっ…?

一体 いきなり
お前ら どうしたんだ?

うん!

言え!

うん!

お願いします!
何を?

く…!
言え!

く… ください!

何を!?

幸子さんを!
(しの・公平)えっ!?

僕にください!
絶対 幸せにしてみせます!

待て待て! 待て待て…!
んっ? んっ…?

どうしたの? ハゲ。
一体 いきなり。

俺が説明する!

こいつ 昔っから
幸子ちゃんに惚れてたんだ。

満州行く前から
ずっと惚れてて

言え言えって言うのに
言えなかったんだ!

お兄さん!
お兄さん!?

(ニキビ)満州でも
何度も言ってたんだ。

「幸子ちゃんはいい!
幸子ちゃんはいい!」。

「日本に帰れたら
絶対 俺 申し込む!」。

あなた その事 幸子に言ったの!?

まだです!
全然?

ものには順序ってもんがあるし

本人に言う前に 公一兄さんや
公平兄さんに まず…。

公平兄さんって言うの やめろ!
気持ち悪い!

(ニキビ)だけど 公平
わかってやってくれ!

こいつは 昔っから
気が弱くて

とても直接言う勇気なんか
ねえんだ!

こないだも 川辺温泉の帰りに…。
(たたく音)

いや… いやいや!

ほら 川辺温泉を通ったろう?
この前。

うん。
あの晩 一晩 この馬鹿 俺に

自分から言えないから
俺から言ってくれって。

ちょ… ちょっと待て…!

あなた 幸子の気持ち
確かめた事あるの?

ないけど
幸子ちゃんは幼なじみだし

元々 兄妹みたいな関係だし

黙ってたって
以心伝心ちゅうの?

幸子 もう
ちゃんと好きな人いるわよ!

嘘…!
(ニキビ・公平)えっ!?

本当か?

(ため息)

絶対秘密って
言われてたんだけどな…。

誰だ!?

何度か家に来た事あるでしょ。

ジョーさんって
ほら 米軍の通訳の3世の人よ。

チョコレートとか缶詰とか
何度か

ほら いっぱい
持ってきてくれたじゃない。

アメ公か…。

(信子)アメ公じゃないわ。
元々 日本人よ!

おじいさんが 戦前
熊本から移民でハワイへ行って

あっちで育ったのよ。

幸子は この前
実は こっそり

ジョーさんと

おばあさんの出身地の
長崎に行っているわ。

えっ!?
あいつら いつの間に…!

ふしだらな!!

(ニキビ)進駐軍じゃ かなわねえや。

ハゲ 諦めろ。
日本はアメリカに負けたんだ。

三木さんのところの姉妹が
いなくなったぞ。

えっ?

(公一)今朝 訪ねたら
誰もいなかった。

モモさんも ウメさんも
どっか消えちまった。

公平さん。

この事 絶対に
い… 言わないで…!

ニワトリは残ってたから
連れてきた。

♬~

(マロ)娯楽 娯楽 娯楽。

(菊村 栄)〈こういう事を
テレビで見せていいのか〉

〈これも
老人の 罪のないお遊びだから

お見逃し頂きたい〉