ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第132話 清野菜名、風間俊介、横山めぐみ… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #132 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. ゴウ
  2. ウメ
  3. プラスチーチェ
  4. モモ
  5. ネナーダ
  6. 公一
  7. キク部隊
  8. ラーゲリ
  9. 公一兄
  10. ウメタン
  11. 子供
  12. 信子
  13. タケシ
  14. ニキビ
  15. 一緒
  16. 開拓団
  17. 根来
  18. 錯覚
  19. 姉妹
  20. 自分

f:id:dramalog:20191008211022p:plain

『やすらぎの刻~道 #132 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

やすらぎの刻~道 #132 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
終戦を迎え、根来家の長男・公一(佐藤祐基)が戦地から復員してきた。公一は、捕虜収容所での出来事を少しずつ公平(風間俊介)らに話し始める。そんな公一のもとに、モモ(浅丘ルリ子)とウメ(加賀まりこ)の姉妹が挨拶にやって来るが…。公一に続いて、公平の親友・ニキビ(関口アナン)とハゲ(両角周)がシベリア抑留から帰ってきた。3人は久しぶりの再会を喜び合うが、もうひとりの仲間・青っ洟(若林元太)の姿が見えず…
◇出演者
清野菜名風間俊介横山めぐみ佐藤祐基、井上希美、木下愛華加賀まりこ浅丘ルリ子
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
唐木希浩
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


(根来しの)お邪魔します!
(根来公平)えっ? あっ…!

〈僕が初めて しのちゃんと
実際の夫婦になった翌日

音信のなかった公一兄ちゃんが
突然 戦地から復員してきた〉

〈公一兄ちゃんは生きていた〉

♬~

何描いてるの?
(根来 剛)ん? 太陽。

ふーん 太陽。

〈公一兄ちゃんは帰ってきてから

ほとんどしゃべらず
2日間 眠り続けた〉

〈兄ちゃんは よっぽど
疲れているみたいだった〉

〈3日目になって
やっと起きてきた兄ちゃんは

しのの作った芋がゆを
あっという間に3杯平らげた〉

〈兄ちゃんの顔に血色が戻った〉

一体 どこで どうしてたの?

心配してたんですよ。

葬式は出したのか?

誰の?
俺の。

何言ってんだ。

遺骨も届かんのに
葬式なんて出せるか!

どこで どうしてたの?

武装解除された。

シナ兵にか?
ああ。

どこで?

天津のそばだ。

フッ… たたき起こされたら
上官が誰もいなかった。

い… いなかったって…。
逃げたんだ。

部下を置いて?
うん。

トラックと軍用車
サイドカーと…。

乗り物と一緒に 気づいたら
みんな いなくなってた。

まあ…!

どうしようもねえから
うろうろしとったら

八路軍に囲まれて
銃 突きつけられ…。

そこへ ソ連兵がどっと来て
うんもすんもねえ 武装解除よ。

それから どうしたの?

2~3日したら
貨車に積み込まれて

何日もかけて
ラーゲリに運ばれた。

ラーゲリって?

捕虜収容所の事だ。

そこから 毎日 山へ連れてかれて
森林伐採の強制労働よ。

(ため息)

秋頃までは まだよかったが
冬になったら大変だった。

体の弱い奴は どんどん倒れる。

倒れた奴は
そこらへ放っとかれた。

凍死者は どんどん出てくる。

逃げようとする奴は
簡単に銃殺だ。

全く人の扱いじゃなかった。

♬~

よく生き延びて帰ってきたな。

毎日 小野ヶ沢の夢ばかり見てた。

♬~

開拓団の噂は聞かなかったか?

あの人方は
もっと悲惨な目に遭ったらしいよ。

若い男は現地で召集されて。

女子供だけ村に残して
関東軍編入されたんだ。

残された家族は

いきなり乱入したソ連軍に
蹂躙されて…。

やめよう!
もう こんな嫌な話は。

(公一の荒い息)

♬~

実は この村に 今

満州からやって来た
ある姉妹が住んでるんだ。

妹さんのほうは…
かなりひどい事されたみたいで

頭が少しおかしくなっちまってる。

昔の しのの家に住んでるよ。

そのうち
兄ちゃんにも紹介するけど。

あっ そうだ。
兄ちゃんが帰ってきた事

松岡さんの奥さんに
伝えておいたから

あとで
あいさつに行ってくるといいよ。

余計な事をするな!!

(ため息)

〈兄ちゃんは
どことなく前と変わっていた〉

〈兄ちゃんは
前より暗くなっていた〉

〈モモさんとウメさん

三木さんの2人の姉妹が

兄ちゃんのところに
あいさつに来たのは

その日の午後の事だった〉

〈モモさんは
前にも時々来てたけど

ウメさんが表に出てくるのは
ほとんど初めてで

僕らは ちょっと驚いた〉

(ウメ)じゃんけんぽん!

ご苦労なさいましたでしょう?

ああ… いえ。

収容されたラーゲリ

ハバロフスクのほうに
ありましたの?

いや ナホトカのほうでした。

そこのラーゲリには 何人ぐらい
いらっしゃいましたか?

2000人以上は いたでしょうか。

3分の1は亡くなりましたが。

まあ そんなに…!

あの… キク部隊って
お聞きになった事ありません?

(公一)キク部隊ですか…。

ええ。
いや…。

どこの師団でしょう?

ああ… よくわかりませんの。

うちの開拓団から召集された
夫や 夫の弟たちは

みんな キク部隊ってとこに
編入されたって

聞いたもんですから。

入植されたのは
どちらだったんですか?

ハルピンから
松花江をだいぶ上がった

湯原ってとこのそばでしたわ。

ソ満国境が近くでしたから

敗戦と同時に 黒竜江を渡って

ソ連の戦車隊が
なだれ込んできたんです。

キク部隊って名前を
聞いてもいらっしゃらない?

すみません。

モモさん!

古い機織り機の道具が
ありましたよ。

まだ使えると思うんですけど
ご覧になられますか?

(モモ)あっ お願いします。
すみません。

どうぞ。 汚れてますよ。

(剛)ウメタン ウメタン。
ウメターン 早く!

(剛)ウメタン!

(ウメ)ハハッ! フフフ…。

(ため息)

どうもありがとうございました。

(モモ)ウメ?

帰りますよ! ウメちゃん?

(公一)ウメさん!
(モモ)あら?

ゴウ…!

ゴウちゃん!? ゴウ!

ウメ! どこにいるの? ウメ!
(信子)ゴウ!

ゴウちゃん!?
ゴウ!

ゴウ! ゴウ!

(信子)幸子! ゴウを見なかった!?
ううん。 どうしたの?

ウメさんとゴウが見えないの!
えっ?

ゴウ! ウメさーん!

ゴウ! ゴウ!

ゴウ! ゴウ!

ウメ!?

ウメ! どこにいるの? ウメ!

ああ…。

ゴウちゃん!
ゴウちゃん…!

(公一)ウメさーん!!
(信子)ゴウ!

(公一)あっ モモさん!
申し訳ありません。

妹 あのぐらいの子供を見ると

連れていかれた自分の子供と
錯覚しちゃうんです。

何もしてないと思います。

ただ タケシだと思い込んで…。

本当に申し訳ありません。

ゴウ! ゴウ!

ゴウ! ゴウ…!

♬~(ウメ)「からす なぜなくの」

♬~「からすは やまに」

あれ?

♬~「からすは やまに」

♬~「なんで なくんだ からす…」

ゴウ!! ゴウ!

あっ! ああ! ああっ…!
ゴウ! ゴウ! ゴウ!

やーーっ!! あーっ!

あーっ! あっ! あっ!

ゴウ! ゴウ…!
プラスチーチェ!

あんた!
ゴウがいた!

プラスチーチェ!
プラスチーチェ!

パジャールスタ! あっ あっ…!

(ウメ)プラスチーチェ!
プラスチーチェ!

ウメさん! ウメさん!

ううっ!
ネナーダ!! ネナーダ!

しのです。
ネナーダ! ああっ!

プラスチーチェ! ああっ…!
大丈夫ですから。

プラスチーチェ!
プラスチーチェ!

ウメさん! ウメさん!
(ウメ)ネナーダ! ネナーダ!

(ウメ)プラスチーチェ! プラスチーチェ!
ウメさん!

あっ あっ あっ…!
ネナーダ! ああ…!

しのです!
ネナーダ!

ウメさん ゴウと同じくらいの

タケシって男の子が
いたらしいわ。

だから ウメさん

ゴウを見て 自分の子供と
錯覚しちゃったのよ。

だから…。
もういい。

とにかく
大した事にならなくてよかった。

そういう話は よそで漏らすな。

知ってる?

この頃 鳴沢の教会に
日曜礼拝が復活して

松岡さんご一家
通ってるみたいよ。

モモさんも
一緒に行ってるみたい。

(うなり声)

なんだ? あの音。

公一兄さんよ。

最近 兄さん 夜中に時々
ああいう声 立てるのよ。

何か夢見て うなされてるみたい。

(公一のうなり声)

(うなり声)

♬~「友なるイエスは」

♬~「われらの弱きを 知りて憐む」

♬~

ニキビ!

(ニキビ)公平…!