ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

大富豪同心 第1話 中村隼人、池内博之、石井正則、小沢仁志… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『土曜時代ドラマ 大富豪同心[新]<全10回>(1)「見習い同心誕生!」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 琴之丞
  2. 同心
  3. 荒海
  4. 豆福
  5. 役者
  6. 卯之吉
  7. 御用
  8. 市村座
  9. 親分
  10. 旦那
  11. 菊野
  12. 三座
  13. 八巻
  14. 舞台
  15. 老中
  16. 若旦那
  17. 村田
  18. 一件
  19. 銀八
  20. 下手人

f:id:dramalog:20191005202833p:plain

『土曜時代ドラマ 大富豪同心[新]<全10回>(1)「見習い同心誕生!」』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

土曜時代ドラマ 大富豪同心[新]<全10回>(1)「見習い同心誕生!」[解][字]

江戸一番の札差三国屋の主人・徳右衛門(竜雷太)は、何をやっても長続きせず放蕩の限りを尽くす孫・卯之吉(中村隼人)の将来を心配し南町奉行所の同心に就職させる。

詳細情報
番組内容
江戸一番の札差三国屋の主人・徳右衛門(竜雷太)は、何をやっても長続きせず放蕩の限りを尽くす孫・卯之吉(中村隼人)の将来を心配し南町奉行所の同心に就職させる。しかし、その徳右衛門の思惑とは裏腹に、卯之吉は、周りの一風変わった人々に引き寄せられていく。そして、太鼓持ちの銀八(石井正則)や、江戸の侠客親分・荒海ノ三右衛門(渡辺いっけい)らが、卯之吉に魅了されて仲間になっていく。
出演者
【出演】中村隼人池内博之石井正則,小沢仁志,村田雄浩,渡辺いっけい稲森いずみ竜雷太,千代将太,寺井文孝,越村友一,武田幸三嘉島典俊升毅,【語り】林家正蔵
原作・脚本
【原作】幡大介,【脚本】小松江里子
音楽
【音楽】佐橋俊彦

 

 


♬~

江戸中期
表向きは 侍が威張っておりましたが

その実は とんでもないお金を握る

商人が力を持つ
世の中となっておりました。

(卯之吉)春だねえ…。

この若旦那 名を卯之吉と申しまして

江戸一番の両替商
三国屋の孫でございます。

そして 別の料亭では…。

(沢田彦太郎)これは…?

(三国屋徳右衛門)実は
手前には不肖の孫がおりまして。

≪(争う声)

(銀八)若旦那! まずうござんす!

ここは あたしの芸で
収めてまいりましょうか?

それより こっちでやっちまおう。

さあ 皆さん!
さあ さあ 皆さん!

今宵の見ものは…。
今宵の見ものは?

桜吹雪さ!

♬~

(琴之丞)うっ…!

≪おはようございます。

南町奉行所の同心?

この世の中
金で手に入らないものはないんだよ。

お前は この人の名を継ぐんです。

ハチマキ?

ヤマキ。 お前は今日から 八巻卯之吉だよ。

もう決まったことですかい?

ああ この私が決めたんだ。

それなら しかたありませんね。

卯之吉や~!
これで お前も立派なお侍だよ。

アハハハハ…! 卯之吉~! ハハハ…!

♬~

(沢田)八巻元太郎が老齢のため
隠居願いを お奉行様に差し上げた。

その八巻の跡目を

この卯之吉が継ぐことと相成った。

よしなにお頼み申します。

(村田銕三郎)いってえ何だ? あの野郎は。

南の猟犬といわれる 俺様の前で
澄まして 座ってるだけじゃねえか。

(尾上伸平)新入りなら

「私は 何をしたらいいものでしょうか?」
と聞いてくるものですよ。

すまないねえ。

何もしない しようともしない。

生まれてこのかた
人に何かされるのを待つだけの人生。

何なんだ? あの野郎…。
まあまあ… 今夜が…。

(玉木弥之助)新参者恒例の
名披露目会が。

そうだったな。
どんな接待をしてくれるか…。

大変だ! 殺しです!

何?

えっ?

(村田)顔のきれいな仏さんだな。
一体 誰だ?

(尾上)名前は琴之丞。
ここで興行を打っている

宮地芝居の役者のようです。

まだ来ませんね あの新入りは。

≪(銀八)ちょっと どいてくれ ごめんよ!
あっ 来ました。

(村田)遅い!
使いものにならねえやつだな。

村田さん
あいつにやらせてみちゃ どうです?

そいつは 面白え。

おい 新入り!
仏さんの傷口 調べてみろ。

私が?

吐くな。
ええ。 私も吐きました。

この傷は…?

切り口一尺 深さ三寸。

殺されたのは

二刻ほど前…。

本当か?
≪本当に?

血は苦手だよ。 慣れないね。

けど さすが 蘭方医の修業を
なさっただけのことがある。

その稽古に
イノシシの死体を縫ったときは

驚きましたけどね。

ようやく 若旦那に合ってる仕事を
見つけたと思っていたのに

お辞めになるとは。

病人の顔を見るのがつらくてね。
見ている身内も悲しそうだし。

若旦那は お優しすぎるんでしょうね。

ばかを言うんじゃないよ。

≪おにいさん いらっしゃい。
≪旦那 ちょっと見てってくれよ。

人気役者だったそうだな。
桜吹雪の琴之丞といわれてたとか。

(拍子木の音)

(羽村桃十郎)あれほどの役者は
そう めったに出るもんじゃござんせん。

顔良し 声良し 姿良しの
そりゃ見事な役者でござんしたよ。

ううう… 琴ちゃん…。

そんな看板役者に死なれちまったら
大変だな。

ううう…。

それと その興行を仕切っていた
黒雲一家にも話を聞いてきました。

(黒雲の親分)琴之丞は
あっしらのひぞっ子。

稼ぎ頭を失って

これから どうしていいか…。

黒雲一家はともかく
腹の読めないお人でしたね 桃十郎さんは。

役者だから 空泣きなんざ お手のもんだ。

お前ごときが何を…!

(尾上)まあまあ ここは…。
今夜があります。

こちらは 御免櫓といいまして

江戸では 中村座 市村座 森田座
三座にしか許されていない

お上の許可を得た
格式のある芝居小屋の証しでございます。

下手人が誰にしろ この一件
いずれ 事が明るみに出たときは

分かってるね?

(豆福)はい。 この市村座の御免櫓に

傷がつくようなことにだけは
ならないよう

承知しております。

もう少しでげす。

さて あのハチマキ。
ヤマキです。

どんな店に連れてってくれるのやら。

≪何じゃ これは…。

(村田)この絵は 確か 狩野なにがし…。

この膳の足のほうが
我らの足より値打ちが高い!

今宵は 私のために お集まりいただき
誠にありがとうございます。

先輩方に 心ばかりの席を
用意いたしました。

さあさあ 姐さん方!

(同心たち)おお…。

頼んだよ。
(菊野)あい。

菊野でございます。 どうぞ ごひいきに。

まあ お一つ。

(尾上)菊野といえば
深川随一の売れっ子芸者で

宴席への招きは 引きも切らず。

(玉木)いまや
よほどの大尽 上客でなければ呼べぬと。

さようで!

また ここにいる お姐さん方も皆
上々の人気でございまして。

一晩の花代だけで 一流の職人の
ひとつきの稼ぎも及ばないと

専らの評判でございます。

(村田)どうなってんだ…。

同心見習が
何で こんな酒宴を開けるんだ?

さあさあ まずは お一つ。

老中である わしを呼び出すとは

あきれた世の中になったもんじゃ。

商人が 侍より偉くなったとは。

めっそうもない。 手前ども商人は
お侍様あってのことでございます。

よく言うのう。

金がすべての世の中と
分かりきっておるのに。

これを お納めを。

いかなる腹づもりか?

おい! もっと酒を持ってこい!

≪八巻 早くつげ!
はい。

ご苦労でございますね。 お同心は。

皆の者! 控えおろう!

(笑い声)

沢田様… 飲みましょうよ。

ばか者! ご老中がご臨席される。

ご… ご老中が?
ご老中?

♬~

出雲守じゃ。

そのほうら 江戸市中の安寧のため
日夜奔走ご苦労。

(同心たち)ははあ!

八巻卯之吉 近う寄れ!

はっ。

♬~

杯を取らす。

はっ。

♬~

肝の据わったやつよ。 良き同心になろう。

はっ。

一番偉いのは 祖父の徳右衛門。

卯之吉にとっては
それ以外は 老中だろうが誰であろうが

皆 一緒なのでございます。

そのほうらに申し渡す。

この八巻の面倒を よく見てやるがよい。

(同心たち)ははっ。

♬~(三味線)

(菊野)琴之丞は
大した人気でございましたよ。

宮地芝居など
はなから相手にしない旦那衆でも

琴之丞だけは別格でございました。

なのに 殺されたなんて…。

若旦那 必ず
下手人を捕まえてくださいな。

そんなことを言われてもねえ…。

やる気がないんだから うちの旦那は。

おじい様が決めたことだから
同心になったまで。

まあ すぐに追い出されるだろうがね。

世の中 なめてますよね。

どうせ 人生は死ぬまでの暇つぶしさ。

♬~(三味線)
(菊野)じゃあ…

一世一代のお遊びと思えば
よろしいんじゃございませんか?

それは… 面白いかもね。

小耳に挟んだんですが 琴之丞さん
どうも引き抜かれようとしていたとか。

ああ 市村座にだろ?
荒海の親分が間に入っていたと…。

それは いけねえ! 宮地芝居の役者が
三座の舞台を踏むなんて

そいつは 江戸中の芝居好きが
黙っちゃいませんぜ。

三座は 江戸っ子の誇りです。

そんなものなのかねえ…。

でも そうだとすると
その引き抜きを請け負った荒海さんは

変わったお人だねえ。

三右衛門でござんす。

私は同心といっても
見習の八巻卯之吉という者さ。

見習?
まだ役目に就いたばかりでね。

じゃあ とくと覚えておきなせえ。

この広い江戸には
南町奉行所と北町奉行所がある。

だが 旦那方定町廻り同心は
たったの50足らず。

そんな数じゃ 手が足りねえのは当たり前。

俺たちがいねえと
もめ事が収まらねえんですよ。

(子分たち)そうだ そうだ…!

静かにしろい!

さて 何をお話しいたしやしょう?

なかなか風流な造りだねえ。

えっ?
灯籠に脇石を置いて

滝石組を模しているんだね。

八巻様。

あっしじゃありません。
下手人は こちらでも捜してみますよ。

よろしく頼みましたよ。

どうでもいいようなことしか
聞きませんでしたね。

ちょろいやつですよ。
(笑い声)

お前ら 分かんねえのか?

この俺を前にして
臆せず澄ましていられるなんてな

きっと ああやって こっちの腹の内を
探ってるに違いねえ。

ただ者じゃねえな あの同心。

趣味の庭造りを
褒められたからじゃねえか?

違えねえ。
(笑い声)

何? 琴之丞に女がいたらしい?

別れ話が こじれたんだか何だか
今にも刺しそうな恐ろしさでしたよ。

痴情のもつれかねえ。

けど さすが荒海の親分が持ってくる話は
ネタが違いますね。

また来たら すぐに教えてくれよ。
へえ。

≪(犬の鳴き声)

ご老中の前でも 荒海の親分の前でも
いつもと変わらないのに

夜道が恐ろしいだなんてね。

お化けが怖いんだよ。
何か 出てきそうじゃないかい?

この卯之吉
剣は駄目 走るの苦手 お化けが怖いと

三拍子そろっております。

何かいるよ…!

しょうがないねえ。

やい! こちらのお方は
南町奉行所同心 八巻卯之吉様だぞ。

はっ… ちょっと 旦那! 刀… 刀!

抜けないよ。
え~!

うっ…!

♬~

邪魔立てすると 容赦せんぞ!

♬~

≪けんかだ~! 侍同士のけんかだよ!

≪お~い! 誰か~! 誰か~ 来てくれ!

≪お~い! 誰か~! あっちです!

こ… これは…! あっ。

えっ?

渡したか?
(喜七)はい。

「同心の八巻は 頼もしい剣の達人」と。

これで奉行所でも評判も上がるだろう。

あの女ですよ。
今日も誰かと待ち合わせだとか。

ありがとよ。

♬~

その男が目配せをしたら
入ってこなかったんですよ。

ほかに 何か気付いたことは
なかったのかい?

別に…。 あっ! そういえば その男
おしろいの香りが。

そろそろ
役者が出そろったかもしれないねえ。

♬~

あいつです! 船宿にいたのは!

(ざわめき)

市村座女形だったんですね。

豆福です。

筋は良かったらしいんですが

この芝居の世界で出世するには
役者の家柄と後ろ盾が欠かせない。

それがなかったため 一度も
大役がつかないうちに あの年ですよ。

その豆福さんが どうして この一件と?

(荒海)話には 続きがござんす。

芸では日の目を見なかったが
裏の仕事で才覚を買われていたようで。

引き抜きの一件
あっしに話を持ってきたのは

あの豆福でございます。

じゃあ 豆福さんは 琴之丞が殺されて
困ってるんじゃないですか?

そうとも言えないよ。

本当に 琴之丞を
引き抜きたかったのかどうか。

琴之丞が
市村座の舞台を踏むことがないよう

説得していたのかもしれない。

荒海の親分さんは

どうして 琴之丞さんの引き抜きに
力を貸そうとしたんですかい?

ふんっ!
くだらねえ 型にはまった世の中には

うんざりだ。 それもあってね。

でも そうすると 琴之丞殺しに
手を貸したのは…。

それは これから分かりますね。

豆福さんも
もう気付いてるころだろうから。

♬~

思ったとおりだねえ。

おや 桃十郎さんも かんでたのかい?

(桃十郎)あい かんでおりますとも。

あたしより あの子のほうが
人気があるなんて許せない。

でも それより

野たれ死にかけた あの子を
拾い育てたのは このあたし。

なのに その恩も忘れて
出て行こうとするなんて!

さあ 野郎ども。

この同心さえ始末すりゃあ
証拠は ねえんだ。

ハハハハハ… やっちまえ!

≪(荒海)待ちやがれ!

(黒雲の親分)荒海!

観念するのは おめえたちだぜ。

ええい! まとめてやっちまえ!

♬~

この同心 見かけによらず剣の達人。

油断するな!
おう!

旦那!

(水谷弥五郎)
一人につき 二両で引き受けた!

木っ端役人め!

♬~

ひゃ~! どけ~!

あっ…!

隙だらけのように見せかけた
あんな妙な剣は初めてだ…。

さすが卯之吉の旦那だ。

(寅三)ただ突っ立っていただけにしか
見えませんでしたが。

おめえら 分かっちゃいねえんだよ!

まったく…。 ほれぼれとする男ぶりだぜ。

まさか 突っ立ったまま気絶しているとは
誰も思ってはおりません。

しっかりしてくださいよ! ねえ。

どっ… どうなった?

(銀八)ご覧のとおりです。

浪人は あのご浪人が。

黒雲の一家は 荒海の親分さんたちが
片づけてくれました。

よかった~。

≪御用だ!
≪御用だ 御用だ…!

≪御用だ 御用だ…!

御用だ 御用だ! 御用だ~!

ええい! 一人残らず召し捕れい!
(同心たち)はい!

さ~て

八巻の旦那
一世一代の大捕り物でい!

琴之丞殺しの一味を

召し捕った~!

いよっ 日本一!

さあ さあ 皆さんも… 「日本一」!

(一同)日本一!
(銀八)ハハハ…!

まあ… いっか。

豆福さんだね。

はい。

こうなっちまったのは

すべて
私の考え足らずのせいでございます。

私から あの2人に
琴之丞殺しを持ちかけました。

やっぱり 琴之丞さんが

三座の舞台を踏むことが
許せなかったからなのかい?

それとも 役者としての嫉妬かい?

琴之丞にとっては

三座の舞台を踏むことは
夢だったんですよ。

役者ならば 誰でもそうだ。

でもね

この世界には 昔からの
おきてや しきたりがあるんです。

でも 琴之丞は…。

[ 回想 ] これからは
そんな世の中じゃないんだよ。

[ 回想 ] どんな生まれや育ちでも
芸さえあれば大役がつく。

[ 回想 ] 私は どうあっても
市村座の舞台を踏むよ。

(豆福)世の中は 変わってきてる。

けれど
変えちゃいけないものもあるんです。

先代から引き継がれた芸は

よそからの人間には分からない
奥深いものがあるんです。

だからこそ 三座の舞台は
これからも 何十年 いや…

何百年も守られ続けていく。

それを壊しちゃいけないんですよ。

旦那…。

何だい?

このてんまつは すぐに
江戸中に知れ渡りましょう。

でも 市村座
御免櫓に傷がつくことだけは…。

♬~

この一件…

すべて 私の一存で したこと。

♬~

お前さんの気持ちは よ~く分かりました。

♬~

ありがとうございます。

♬~

(斬る音)

(菊野)大旦那。
(徳右衛門)うん。

同心 八巻卯之吉様の
ご誕生でございますね。

ああ めでたいね。 実に めでたい。

だがね ここからだよ。 あの子にとっては。

大丈夫です 卯之さんなら。

卯之さんには 本人も まだ気付いていない
何かがあるんです。

ほれた男を
そう思いたい気持ちは分かるがね フッ…。

だがね あの子の心には
大きな穴が ぽっかり開いてるんだよ。

深~い穴がね。

♬~

豆福さん 約束は守れましたよ。

ちっとばかり お金がかかったけれどね。

♬~

ねえ。 命懸けで見る夢ってのは
どんなんだい?

私には と~んと分からないんだよ。

鬼姫」?

(美鈴)近頃の男は かよわすぎて
話にもなりませぬ。

すべては この刀が始まりということです。

(加治川)八巻!
お主の命 わしがもらう!

♬~

♬~

♬~