ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第128話 清野菜名、風間俊介、横山めぐみ… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #128 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 幸子
  2. ジョー
  3. ヤー
  4. 東京
  5. 望月
  6. ナカジマ
  7. 犬山
  8. 秋夫
  9. 戦争
  10. 大丈夫
  11. クマモト
  12. 兄貴
  13. アー
  14. イナイ
  15. イマスカ
  16. イルケド
  17. オニイサン
  18. ナマエ
  19. ハロー
  20. ユー

f:id:dramalog:20191002184353p:plain

『やすらぎの刻~道 #128 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

やすらぎの刻~道 #128 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
昭和20年8月15日、根来公平(風間俊介)たちは一家そろって玉音放送を聞くものの難しさのあまり理解できず、夕方になって日本が降伏したことを知りがく然とする。アメリカ兵がやって来て襲われるのではないかと思った公平たちは、山の中の洞窟に身を隠す。昭和22年春、満州から帰還した姉妹・モモ(浅丘ルリ子)とウメ(加賀まりこ)が根来一家の住む村に引っ越してきた。公平が家を訪ねると、突然妹のウメが取り乱し…!?
◇出演者
清野菜名風間俊介横山めぐみ、井上希美、木下愛華夕輝壽太
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
唐木希浩
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


(根来公平)〈戦争に負けた〉

〈日本は 結局
アメリカに降参した〉

〈僕は みんなを山へ隠すのが
とりあえず一番だと考えて

隠れ場所を探しに山へ入った〉

疎開してきた立田の三兄弟が
途中で僕らと合流し

僕らは 隠れるのにぴったりの
山奥の洞窟を発見した〉

〈妹たちを村へ帰し

立田の秋夫と夏夫と3人
僕らは山の洞窟で寝た〉

〈翌日から雨が降り始め
僕らは洞窟に閉じ込められた〉

〈秋夫は 雨がやんだら山を下り
東京へ行くと言い出した〉

〈彼らの住んでいた浅草の辺りは
空襲でやられ

両親は多分… 焼け死んだのだ〉

♬~

〈3日目 ようやく雨がやみ
僕らは山から村へ下りた〉

しのー! しの!
(幸子)しのちゃん!

(立田春彦)お兄ちゃん!
おかえり。

どうだった?
大丈夫だ。 こっちは?

変わりない。 おなかは?

なんか食わせてくれ。
コウモリがまずくて腹ペコだ!

コウモリ?

ああ…。

いざという時の場所は確保した。
3~4家族は隠れられると思う。

あとは食料だけが問題だな。

それは少しずつ運び込むとしよう。

しの。
はい。

こいつらの事は知ってるだろう。

酒井のところで疎開してる
立田の家の三兄弟だ。

山で隠れ家を探す時に
世話になった。

ありがとう。

知ってのとおり こいつらの家は
東京の大空襲で丸焼けになった。

両親の生死も わからんままだ。

こいつが
長男の秋夫っていうんだが

どうしても東京へ行って
ご両親を捜してきたいらしい。

東京への汽車賃を出してやれ。
うん。

リュックに
お芋を詰めていくといいわ。

いざとなったら
お金にもなるから。

(立田秋夫)兄貴。
うん?

(秋夫)ありがとうございます。

だけど 汽車賃ぐらいはあります。

それに
東京には知り合いもいますから。

東京は 一面焼け野原らしい。

多分 知り合いを捜そうったって
無理だろう。

金は少しでもあったほうがいい。

公ちゃん。

遠慮せずに持っていけ。

(秋夫)ありがとうございます。

必ず いつかお返しに来ます。

気にするな。 それより…。

もし
知り合いが見つからなくても

いつでも
こっちに帰ってくるんだ。

こっちに帰ってくりゃあ
なんとかなる。

小野ヶ沢は
もう お前らの故郷だ。

気兼ねする事なく
いつでも帰ってこい!

♬~

気をつけてね。

いつでも帰ってくるんだぞ。

(クラクション)

♬~

くーも。 言える? くーも。

おい そこの奴ら。

犬山さん…?

(犬山)あっ?

あーっ!
根来のガキじゃねえか!

(花田)
おっ? おてんばの しのか!

いつ戻ってきたんですか?
たった今よ。

よく ご無事で。

ああ。 三平は どうした?

死にました。

…そうか 死んだか。

兄貴たちは?

下の兄貴は戦死しました。
上の兄貴は出征したままです。

そうか…。

俺たちも
あと2日で特攻行きだった。

もう 半分は死んだも同じよ。

(望月)アメ公は もう来たか?

いえ まだ。 もう来るんですか!?

横浜に上陸が始まったらしい。

これからが勝負だ。

帝国軍人は
まだ負けちゃいないぞ!

これから あちこちで
ゲリラ戦をやるからな。

見てろよ…!

お前ら!
予科練から帰ってきたのか?

(望月)そうだよ。

日本軍は もう 全員 武装解除だ。
おとなしく各自の家に帰れ!

(舌打ち)
気に入らねえな!

(警官)何が?

てめえの口の利き方だよ!

(犬山)
いつから そんなでかい口を

命を張ってきた俺たちに
利くんだ!

待て!

俺たちは まだ アメリカに
降参したわけじゃねえぞ!

(望月)俺たちは
これから本土決戦するんだ!

てめえら 俺たちの指揮下に入れ!

(教師)犬山! 望月…。

あっ! 先生か!

犬山軍曹
ただ今 帰還致しました!

拳銃をしまえ。

馬鹿なまねは やめろ。

やめませんよ。

わしら もう
命を捨てたんだから。

(士官)待て 待て 待て! 愚か者!

(望月)愚か者!?

戦争は負けたんだ。
何を血迷っとる!

血迷ってる!?

それが特攻隊に言う言葉か!

馬鹿者!

(士官)フッ! フンッ!

(犬山)ううっ…!

立て!

貴様ら
陛下のお言葉に逆らうか!?

う~…!

(銃声)

あーっ!
(花田)くそっ!

やめろー!
(花田)くそーっ!

(士官)離れろ! 暴れるな!

(望月)放せ! うわーっ!

♬~

(信子)どうだった? 町は。
大した事ない。

予科練帰りが暴れてたぐらいで
町は いつもより静かだったよ。

こっちは
荒木さんが大変だったみたいよ。

どうしたの?

軍の物資を こっそり自分のとこに
運び込んでたらしいのよ。

それが近所の人にバレて
みんな 怒って

ボコボコにされたらしいわ。

まあ…。

あの人 戦争中 軍と結託して
威張り返ってたから

周り中から恨まれてたのよ。

(松岡)根来さん。

連合軍の先遣隊が上陸して

GHQっていう総司令部が
横浜に設置されたんですって。

でも みんな
とっても礼儀正しくて

言われてたような略奪や暴行は
全然行われてないみたいですよ。

本当ですか?
(松岡)ええ。

山へ逃げなくても
大丈夫なのかな?

♬~

♬~

〈戦争に負けたという事は

想像していたのとは 随分違った〉

〈上陸してきたアメリカ兵は

想像していた
鬼のような連中ではなく

何より
ピシッとアイロンのかかった

きちんとした制服を着ていた事が

僕らを驚かせ 意外に思わせた〉

〈何よりも 僕らを驚かせたのは

これまで報道されていた
新聞の記事が

嘘ばっかり書いていた事であり

僕らは 大東亜戦争が 実際には
どんな恐ろしい負け戦であったか

その現実を知らされて
信じられない思いだった〉

〈正直 僕らは
何を信じていいか 全くわからず

何が本当で 何が嘘なのか

全くわからず
ウロウロしていた〉

〈そんな時 一台のジープが
山を上がってきた〉

えい!
お~!

ドーン!

(車のドアの開閉音)

ハロー。 ハロ~!

♬~

ハロー!

ダレカ イマセンカ?

幸子! 幸子!

(幸子)大丈夫。

幸子! さ…!

ダレカ イマスカ~?

(戸の開閉音)

オ~! ハロー! コンニチハ。

(幸子)コンニチハ。

ワタシ ナマエ
ジョー ナカジマ。

はっ?

ジョー ナカジマ。

ジョー?
ヤー! ナカジマ。

グランパ ジャパニーズ。
うん?

グランパ。 ファザーズ ファザー
フロム ジャパン。 クマモト。

あっ? クマ…?

クマモト!
クマモト!

ヤー! クマモト!
お~!

アイム 3セイ。
ジャパニーズ 3セイ。

お~!

フフフ… ナカジマ!
マイ ファミリーネーム。

おお…。
アハハッ! アンダースタンド?

(ジョー)オーケー。
ホワッツ ユア ネーム?

(幸子)ネーム?

アナタ ナマエ
ナント イイマスカ?

ナマエ。 アー… ワタシ ジョー。
アナタハ?

ああ… 幸子。

オー! サチコサーン!
カゾクハ?

うん?
(ジョー)ファミリー。

ユア ファミリー。 カゾク。

うん…?
カゾク。

サージェント ナカジマ。

(ジョーたちの英語)

エス サー。

ダイジョウブ。 ダイジョウブ。

(ため息)
オトウサン イマスカ?

お~…。

オカアサンハ?
んっ?

キョウダイ。
アー… オニイサンハ?

オニイサン…?

(ジョー)ヤー! オニイサン!

おお~! お兄さん!
いるけど いない。

イルケド… イナイ?

ヤー。

ホワット ドゥ ユー ミーン?
うん?

アー…。
(せき払い)

オニイサン イマスカ?

いるけど いない。

イルケド イナイ…?

ヤー。 イルケド イナイ。

ワカラナイ。
(幸子)ヤー。

フフフッ…! オーケー。

エニーウェイ トモダチ。

えっ 誰が?

ユー アンド ミー。 トモダチ。

オトモダチ!
フフフフッ…! オウ。

オミヤゲ。

オミヤゲ! チョコレート!

ありがとう。
アハハハ…!

マタキマス。 シー ユー サチコ。

♬~

大丈夫だったか?
えっ?

大丈夫か?
もう…!

これ くれた。
えっ!? なんだ? それ。

(幸子)チャカレー。

チャカ… チャカレー?
…みたい。

日本語 少ししゃべった。

悪い人じゃなかった。

〈かくて
戦争は終わったみたいだった〉

(幸子)公一兄さんからは
さっぱり なんの連絡もないね。

(信子)諦めたほうがいいのかな?

(貫井司郎)戦争は まだまだ
そう簡単には終わらないよ。

疎いな お前も。 そんな事も
お前 知らなかったのか。