ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

横山秀夫サスペンス「ペルソナの微笑」金子賢、橋爪功、寺田農、段田安則… ドラマの原作・キャストなど…

『ミステリー・セレクション・横山秀夫サスペンス「ペルソナの微笑」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 矢代
  2. 勇樹
  3. 阿部勇樹
  4. 似顔絵
  5. 班長
  6. お母さん
  7. 楠見
  8. 年前
  9. お前
  10. 権兵衛
  11. 光子
  12. 青酸カリ
  13. 犯人
  14. 事件
  15. アオ
  16. 子供
  17. 自分
  18. 静岡
  19. ハムレット
  20. 刑事

f:id:dramalog:20190925185056p:plain

『ミステリー・セレクション・横山秀夫サスペンス「ペルソナの微笑」』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

[字]ミステリー・セレクション・横山秀夫サスペンス「ペルソナの微笑」

心に傷をもつ新人刑事が、青酸カリによる2つの殺人事件に挑むサスペンスドラマ。

詳細情報
出演者
金子賢橋爪功寺田農段田安則深水三章佐戸井けん太高杉瑞穂田島令子三船美佳/水木薫/武発史郎/浪花勇二/松井紀美江/田原正治伊達直斗/十貫寺梅軒/MIKEHAHN/大関正義/横溝貴之/谷津勲/木内友三/岸本光正/石橋秀太郎/浜田大介/吉本信也/瀬戸千夏/渡辺一哉/大森ユキト/小柳こずえ/川口覚/藤井聖子/鈴木藤丸/権藤彪冴/鎌田拓充/千葉翔也佐藤未来/武重さおり/池田朋之ほか
番組内容
山梨県警本部捜査一課・二班の新人刑事・矢代(金子賢)が殺人犯を検挙した。労をねぎらう打ち上げの最中、二班班長の楠見(段田安則)から「静岡で青酸カリによる殺人事件が起きた」と報告が入る。楠見は13年前に管内で起きた青酸カリ殺人事件と関連していると判断、矢代と先輩の古澤(深水三章)を静岡県警に派遣する。2人は静岡県警で安川係長(佐戸井けん太)から事件の概要を聞く。
原作・脚本
原作:横山秀夫集英社刊「第三の時効」所収「ペルソナの微笑」より)
脚本:久松真一
監督
長谷川康
制作
2004年

 

 


(無線)「こちらA地点」

「新聞配達と思われる男が
マンションに入った」

「今から確認する」

(鈴木)確認しろ
(赤星)はい

確認しました
マル秘じゃありません

どうだ?
異状ありません

(古澤)こちらC地点
あと2分でマル秘確保

「ホシは凶器所持の可能性あり」

「十分 警戒してください」

了解

(矢代)こんな大捕り物
初めてっすよ

ドキドキするな

しゃべんじゃねえよ

「こちらA地点
マル秘 動きました」

あッ
シッ!

オメエ 人殺しといて
まだ逃げる気か

(久保)うるせえ!
≪(古澤)矢代 やめろ

久保 ナイフ捨てろ!

おい 矢代
矢代 コラ!

矢代

おとなしくしろ

ヨッシャー!

〈県警捜査一課 強行犯係には
第一班・ニ班・三班があり〉

〈それぞれの班が競い合い
しのぎを削っている〉

〈俺は1ヵ月前 第二班に配属され〉

〈すご腕の刑事たちに交じり
初めて成果をあげた〉

ヘラヘラしてんじゃねえ

本部戻るぞ 早くしろ!

ただいま戻りました

(尾関)おう ご苦労ご苦労

(田畑)よくやったな 矢代

課長 まずいっすよ コイツ

一歩 間違えば ブスッですよ

チームワークもあったもんじゃ

初めての手柄だ 大目に見ろ
しかし

二班に配属されて
まだ ひと月だろ

期待してるぞ
頑張ります

じゃ 今夜は打ち上げだ

矢代 主役はお前だ

ありがとうございます

今後はムチャするな

はい

お疲れさまです

するってえと
女が交番に飛び込んできた

ビックリしたね

ヒャー 何ていい女なんだ

「おまわりさん 助けてください」

「主人が暴力をふるうんです」

「任せておくんなせえ」

「あっしが
必ずや助けてあげやしょう」と

抱きしめてえのをグッと我慢して

追ってきた亭主に言ってやった

「もったいねえこと すんじゃねえ」

「いらなかったら俺にくれ」

その瞬間 主人のパンチが
顔面にイテテ…

古澤さん
ちっとは笑ってくださいよ

そんなの 頼むもんじゃねえ

実力で笑わせてみろ

主役自ら盛り上げてんのに
いいっすよ

うるせえんだよ くだらねえこと
グダグダ言いやがって

楠見班長 遅いっすね

あの人はな
打ち上げには来ねえんだ

あッ 先輩 どうぞ

どうも そぐわないんですよね
何だ

あのヤロー ヘラヘラしやがって
緊張感ないっていうのか

だれるっていうのか

確かに捜査一課強行犯としては
異質だな

異質というか 何であんなのが
デカになったか不思議で

そう言うな 楠見がぜひにと
所轄から引き上げたし見込みは…

班長が引き上げたんですか?

何で あんなヤツ

今日の働き見りゃ
分かるんじゃないか

尾関刑事部長殿 田畑捜査一課長殿

自分 矢代勲は
これからの県警捜査一課を

背負っていく所存であります

あらゆる事件に全力を尽くし
必ずやホシを逮捕します

楠見班長
お疲れさまです

(楠見)静岡でアオが使われました

何 アオだと!

ホトケ 出たのか?

ホームレスが一人即死

ペットボトルに
仕込まれたようです

アオに間違いないのか?

静岡は そう言ってます

アオか

〈アオ 青酸カリのことである〉

〈我々 強行班の人間が〉

〈アオに対して
過敏に反応するのには訳がある〉

〈13年前の事件だ〉

〈それは卑劣で陰惨な事件だった〉

ねえ ボク

(勇樹)何?

ボクのパパの足はくさいかい?

うん くさいよ

息も お酒くさいだろ

うん
いつも とってもくさい

だったら これをあげよう

魔法の薬

魔法の薬?

そうだよ それをかけると
全然 くさくなくなるよ

へえ~
そんなに すごい薬なんだ

その中の白い粉をね
パパの靴の中に少しだけ入れて

後はパパが
冷たい水か お茶を飲む時に

そっとコップに入れればいいだけ

簡単だろ
うん

いい子だね

でもね パパに気づかれたら
においは消えないからね

魔法が解けちゃうから

(光子)ミケ ミケ?

ホント どこ行っちゃったのかしら
ミケ!

≪(光子)勇樹 ミケ知らない?

知らないよ

どうしたの
いいことでもあったの?

ううん

お父ちゃんたら
また出しっぱなし やあね

(研一郎)光子 ビールないのか

ありません
少しは控えてください

ケチケチしやがってよ

(野球中継 バッターが打つ)

おッ

うッ

あなた

あなた!

キャー!

ごめんなさい ごめんなさい…

〈子供を殺しの道具として使った
間接殺人〉

〈その手口に世間は震かんし
捜査一課は大量の捜査員を投入〉

〈息子 阿部勇樹の証言から
似顔絵を作り〉

〈勇樹にアオを手渡した男を
徹底的に捜した〉

〈だが 何一つ
有力な手がかりはつかめず〉

〈次の犯行も起きることなく
13年が過ぎた〉

思い出すだけで
はらわたが煮えくり返る

やりきれねえな

≪(古澤)犯人は鬼っすね

≪(田畑)今も その鬼が
のうのうと生きてやがる

古澤 矢代を連れて
静岡の様子 見て来い

(尾関)おい 楠見!

13年前の事件は 私が二班着任の時
引き継いだヤマです

今回の静岡のヤマと関係あると?

否定はできません

しかし班長 13年前のアオが

静岡のヤマで使われたとは
考えにくいっすよ

つまり 青酸カリは
完全な密封状態で保存しないと

炭酸化して
約3年で無害な物質に変化します

それが どうした?

グズグズ言わずに
さっさと行ってこい

はッ

矢代 お前もだ

了解しました 行ってきます

≪(古澤)行くぞ
はい

すみません

何 モタモタしてやがんだよ

まさか 飲んでねえだろうな
はい

酒も飲まず あんなに騒いでたのか

はい それが何か?

≪(古澤)いい 行くぞ ホラ

先輩
うん?

楠見班長って
どういう人なんですか?

俺だってな

あの人の考えてることは
分かんねえ

でも すごいですよね

公安から捜査一課二班の班長
抜擢されて4年

検挙率100パーセントなんて
普通じゃないですよね

冷血 蛇

食らいついた獲物は
逃さねえからな

冷血 蛇

あんな心の冷たい人間は いねえよ

氷みてえだ

〈氷のような男〉

心の中が さっぱり分かんねえ

だけどな 俺たちは
あの人についていけば間違いない

俺たち二班は あの人の指示に
従って動けば間違いない

時々 逆らいたくなるんだけどな

でもよ 本当 分かんねえんだよ

班長が お前みたいな
ニヤついた若造 何で抜擢したか

そりゃ 俺が優秀だからに
決まってるでしょ

アホ ヘラヘラ笑ってばっか
いやがってよ

テメエの教育係なんて
受けんじゃなかったよ

ついたら起こせ

はい

〈この俺の どこが笑っているのか〉

〈俺は笑ったことなどない〉

〈心から笑ったことなど〉

〈俺は一度もない〉

お前がしゃべってよ
情報 引き出せ

俺がですか?

お手並み拝見ってヤツだよ

手強いぞ よそ者には

いいですよ 俺に任せてください

アホ面こいて なめられんなよ

はい

失礼します
安川さん いらっしゃいますか

(安川)おう ここだ

お忙しいところ すみません

お宅んところの楠見から
連絡もらったんだけどね

こっちもバタバタしててね

大体 13年前のお宅の未決事件と

今回のウチのヤマは
関連性はないんじゃないの

そこは念には念をというのが
楠見班長でして

よろしくお願いします

山梨の捜査一課強行犯係といえば

警察の中で知らん者は
おらんからな

ありがとうございます

安川さん 事件の概要を
教えていただけませんか

お願いします

おい それ

発生は今日の
いや 昨日の午前11時ごろ

場所は須田川の河川敷

児童公園やグラウンドが
次々と建てられ

川北橋の橋ゲタ付近には
30ほどの青テントがある

被害者は そこの住人だ

なるほど

で 死んだホームレスの身元は?

それが さっぱりだ

年齢氏名 共に不詳

まあ見た目
50は過ぎてるだろうがな

じゃ 前科はないでしょうか?

十指すべて自動指紋にかけたが
該当なし

なし

で 状況は?

隣に住む男の話によると
被害者は毎朝8時ごろ起きだし

児童公園の水道に
水をくみに行くそうだ

日課みたいなもんだろうな

ペットボトル2本 ぶら下げて

水を確保するペットボトルのうち
1本から強い青酸反応があった

つまり 朝8時から11時までの間に
一服 盛られたと推測されるな

ということは
ガイ者はテントに戻り

ペットボトルを置いて
テントを離れた

歯磨きを済ませた後
いったん どこかへ出かけたそうだ

その後 11時少し前に戻ってきて
水を飲んだ

その直後 テントから
うめきながら外へ転がり出てきた

なるほど
歯磨きから11時の間に盛られたと

よく分かりました

被害者の写真
見していただけます?

写真?
はい

しょうがねえな

すみません

矢代 そろそろネタ引け

はい

これだ

すみません

あッ 目立つ傷だな これ

何の傷でしょう?

それは司法解剖が済まんと
分からんな

ほかに情報とか
あがってきてないでしょうか

教えてくださいよ
隣同士 協力しましょうよ

協力ね

不審者の目撃情報とか

見してくださいよ 似顔絵

似顔絵ったって
事件当日じゃねえぞ

すみません

三日ほど前に
怪しい男が河川敷にいた

それだけの話だ

そうですか

で 13年前のウチの似顔絵と
照らし合わせた結果は?

どうしました?

手元になくてね
お宅んところの似顔絵

どうぞ コピーしてください

大体 関係ねえんだよ
そんな古い事件とは

おい 似顔絵 出せよ

やるじゃねえかよ

やっと分かりました
僕の有能さが?

死ね

おい!

何か?

ちょっと来い

あッ

(安川)こっちが13年前の事件の

こっちが
今回 ウチが作成した似顔絵だ

事件三日前の午後4時ごろ

この男が目撃された場所は
須田川の河川敷

見たのは
子供と散歩をしていた主婦です

男はホームレスのヤサをじっと見ており

ヒゲや鋭い眼光が印象的で
覚えてたそうです

同一犯の犯行か

13年前と
同じ青酸カリでないとすると

コイツは新しいアオを
どこから手に入れたんだ

3ヵ月前 埼玉のメッキ工場で
青酸カリが盗まれてます

えッ?
確かなのか

その件は内偵中の埼玉で
確認済みです

ホシは まだ捕まってません

二班で この男を追います

追うって 楠見
静岡の管轄だぞ

13年前のヤマはウチです

う~ん

内密にやれよ

他県とのもめ事は ごめんだからな

間接殺人のホシを洗い出せ

はい

鈴木 中村 埼玉県警に情報照会

赤星と草壁はな
13年前の事件 徹底的に洗え

≪(古澤)矢代 行くぞ!
はい

〈ここだ〉

〈13年前 ここで似顔絵の男が…〉

〈8歳の子供
阿部勇樹にアオを渡した〉

〈間接殺人〉

〈子供を殺しの道具に使った〉

〈間接殺人〉

〈その言葉を聞くたびに〉

〈俺は…〉

(あかり)捕まえちゃうぞ

捕まんないよ~だ べえ~

捕まえた

よし 今度はお兄ちゃんの番だ

お兄ちゃん のど渇いた

おウチに帰ってジュース飲もうよ

うん
行こう

あッ あかり
帽子 忘れてきちゃった

取ってきてあげる 先帰ってて

〈小学1年生の夏休み〉

〈俺は ならくの底に落ちた〉

(男)これかい?

うん

ありがとう

ボク この辺に
ツクツクボウシはいるかな?

いないよ
いないのか

そうか 困ったな

オジサンはね 趣味でセミの声を
集めてるんだけどさ

まあ いいや

それと実はオジサン 君たち
子供の声も集めてるんだけどさ

これ 読んでもらえないかな

僕 いい

読んでみて

「き・い・ろ・い」

おお~ よくできたね

じゃあね これは?

「オ・ニ・の・あ・ん・よ」

うまいね

じゃ これ

「ウ・ン・せ・ん・え・ん」

「ベ・ン・チ・に」

「し・ろ・い・リ・ボ・ン」

「あ・す・ま・で・に」

「オ・マ・ケ」

よくできたね

ありがとね

ボク ぴったり10年後に
また ここへおいで

ものすご~いプレゼント
あげるから

だから 今日のことは

誰にも話しちゃダメだよ

〈何か悪いことをしたような
予感があった〉

〈だが そんなことも
すっかり忘れたころ…〉

「依然として有力な手がかりは」

「得られていません」

「捜査本部は今朝の記者会見で…」

(君子)勲 絵日記 書きなさい
は~い

お父さんに行ってらっしゃいは?

(子供たち)行ってらっしゃい

「では 公開された犯人の声を
お聞きください」

(子供の声)「あ・す・ま・で・に」

「に・せ・ん・ま・ん・え・ん
よ・う・い・し・ろ」

〈俺は自分のしたことを悟った〉

〈俺は〉

〈この俺の声が
誘拐殺人を手伝ったのだ〉

(君子)どうしたの 二人とも?

「もう一度
犯人の声をお聞きください」

あッ あッ…

勲ちゃん どうしたの 何?

あッ あッ…
どうしたの?

〈その時から俺は言葉を失った〉

勲君 大丈夫だよ

何があったか話してごらん

2週間
2週間も何もしゃべらないんです

心の傷の原因が分かれば
いいんですがね

先生 お願いします

勲のこと助けてください 先生!

〈母を悲しませたくはなかった〉

〈だが 自分が誘拐殺人に
手を貸したとは 絶対に言えない〉

(宗一)勲 かわいいだろ

名前はどうしようかな

コロにしよう

よかったね 勲ちゃん

うわ~ かわいい

ねえ 私の犬は?

あかりちゃんも一緒に
かわいがろう

私も私の犬が欲しいよ!

あかり
コロはお兄ちゃんのためだから

あかりは少し我慢しようね

もう お兄ちゃんばっかり!

コロ

えッ 勲?
勲!

勲ちゃん

〈母の喜ぶ顔がうれしかった〉

〈俺は その日から声を取り戻し…〉

コロ お手
お手できないの?

〈いつも無理に笑顔を作った〉

〈大好きな母を
悲しませないために〉

〈母を喜ばせたいために〉

お母さん

バアー

〈俺は偽りの微笑を身につけた〉

〈ところが…〉

「もう一度 警察が公開した犯人の
電話の声をお聞きください」

「あ・す・ま・で・に…」

「よ・う・い・し・ろ」

お昼は勲ちゃんの好きな
焼きそばにしようかな

やった~!

コロ

誘拐の悪い人のこと
まだテレビでやってるよ

あのテレビの悪い人の声
お兄ちゃんに似てるよね

だ 誰にも言わないで

やっぱり お兄ちゃんだったんだ

お母さん テレビの悪い人の声ね…

ダメ!

お母さん!

〈俺は誰にも知られたくなかった〉

〈誘拐殺人に手を貸したことを
誰にも〉

〈それ以来
あかりは俺に おびえ続けた〉

〈そして 10年後のあの日〉

〈俺は犯人に言われたとおり
神社へ行った〉

〈俺を利用した犯人を
この手で捕まえるために〉

〈だが 犯人は現れず…〉

誘拐事件の
あの子供の声 僕です

☎(男)名前を教えてくれませんか

許して下さい

☎あなたの責任じゃない

☎あなたも この10年苦しんできた

☎犯人は許せないでしょう

何も覚えてません

本当に
犯人のことは記憶にないんです

☎それでも結構です

☎お名前を教えてください

〈大学4年の夏
少女誘拐殺人事件は時効を迎えた〉

〈その時 俺は決めた〉

〈警察官になることを〉

〈そして 悪いヤツを一人残らず〉

〈この手で捕まえることを〉

「に・せ・ん・ま・ん・え・ん
よ・う・い・し・ろ」

あのテレビの悪い人の声

お兄ちゃんに似てるよね

あッ あッ…

間接殺人のホシを洗い出せ

(携帯電話)

もしもし母さん 元気?

どうしたの こんな遅くに

☎(君子)ごめんね
勲 来週の日曜 大丈夫だよね

日曜

☎あかりの結婚式

☎仕事 忙しいとは思うけど
お願いね

☎ちょっと聞いてる?

うん でも今
ちょっと大きな事件 抱えててさ

☎刑事の仕事が大変なのは
分かるけど

☎お父さんが亡くなって
父親代わりなんだから

☎それにアンタたちのことだって

何とかしてみるよ

心配かけてごめんね 母さん

うん

ごめんね はい

〈俺は結婚式には出ない〉

〈出ても あかりが喜ぶはずがない〉

(ノック)

誰だ?

班長

これを阿部勇樹に見せてこい

阿部勇樹って
13年前の被害者の少年ですよね

アオで父親 殺してしまった
そうだ

阿部勇樹と静岡のヤマ
何か関係があるんですか?

いいから行ってこい

班長は一体 何のために〉

阿部勇樹に似顔絵を見せろと
言うのか〉

〈しかし 阿部勇樹には
個人的に関心があった〉

〈俺と同じように道具として
人殺しに加担させられた男〉

阿部勇樹

≪(光子)勇樹はいませんが

そうですか
では 今どちらに?

あの 警察の方が勇樹に何か?

いや 大したことじゃありません

そうですか

たぶん その先の
荻ノ川の河川敷だと思います

河川敷ですか

ええ お芝居に夢中で

今日も劇団の方たちと
そこで稽古してると思うんです

お芝居ですか
ええ

どうも ありがとうございました

いいえ

さ・せ・し・す・せ・そ・さ・そ

あえいうえおあお

かけきくけこかこ

させしすせそさそ

たてちつてとたと

(勇樹)よし ちょっと休憩

すみません
阿部勇樹君 いらっしゃいますか?

(明日香)阿部さんですか

阿部さん
お客さんですよ

何ですか?

へえ~ ホントに刑事さんなんだ

全然 そうは見えないな

何なら入れ墨 見せようか

入れ墨?
桜吹雪のヤツ

それ 遠山の金さんじゃないっすか

じゃ 銭を投げるとこ

ヨッ 銭形平次

矢代さん キャラ濃すぎ

刑事やめるか
キャラ変えるかした方がいいよ

〈信じられなかった〉

〈まるで俺は
鏡を見ているような気がした〉

〈偽りの微笑〉

矢代さん?

そうだ
俺 デカだったんだ

ちょっと見てもらいたいもの
あんだけど

へえ~

どう?

アイツ まだ生きてたんですね

やっぱり そう思う?

悪かったね
イヤなこと 思い出させちゃって

この男 また何かやったんですか?

うん でも今はまだ調べ中だ

ただ この男が阿部君の近くにいる
可能性もあるから

もしいたら すぐ分かりますよ

そうだよな
ごめんね 邪魔しちゃって

お芝居 頑張って

そうそう 楠見さんに
よろしく伝えてください

えッ?
知らないんですか

捜査一課の楠見さんです

ニコニコして
優しい感じの刑事さんです

ニコニコして
ええ

時々 顔見せてくれるんです

じゃ 平次親分

班長

阿部勇樹
似顔絵を見せてきました

それで班長
お前は阿部勇樹を張れ

それって 阿部勇樹
疑ってるってことですか?

待ってください

班長は なぜ以前から阿部勇樹
会ってるんですか?

阿部勇樹を張るのが お前の仕事だ

≪(勇樹)楠見さ~ん

よう 阿部君

どうも

頑張ってるね お芝居の稽古

いやね 例の男が現れたみたいで

みたいですね
矢代さんに聞きました

ウチの新人 変なヤツだろ

≪(勇樹)ええ ビックリ

邪魔して悪かったね

今度 お芝居 見に行くから
じゃあね

〈まさしく 偽りだ〉

〈13年前 捜査は
殺された阿部勇樹の父〉

〈研一郎のえん恨の線を中心に
行われたが〉

〈債権の取り立てを仕事にしていた
研一郎には際限なく敵が多く〉

〈どいつもシロともクロともつかず
捜査は泥沼に入り〉

〈何の手がかりもつかめなかった〉

〈あれから13年がたち〉

阿部勇樹に青酸カリを渡した
似顔絵の男が現れた今〉

〈ホシは阿部勇樹の周りにいる〉

班長は そうにらんでいるのか〉

生きるべきか死ぬべきか
それが問題だ

≪(明日香)美しさには貞淑
似つかわしいのでは?

そうではない
美しさは貞淑を売女に変える

貞淑は美しさで 貞女に
変えようとしても力が及ばない

以前は俺もお前を愛していた

そのようにハムレット様は
信じさせてくれました

信じてはならなかったんだ

もともと
お前を愛していなかったんだ

それなら私の思い違い

今の私は惨めなものですね

オフェーリア 尼寺へ行くがいい

誰も信じてはならぬ

父上はどこに?

私の名前はハムレット

おお~ 父上の霊

父上~!

その恨み

特別に大盛りにしたわよ

ハムレットなんて
格好よすぎだよ

俺なんか大学時代
落研のマネージャーだもんな

落研のマネージャー?

そうだ
今度の公演 見にきてくださいよ

僕 主役ですよ
必ず行くよ

二人 何だか似てますよね

俺と矢代さんが?

イヤなのか?
いやいや

警官が脅迫してる
お前

まあいい 飲め

おかしい
ホント まるで兄弟みたい

そっか 兄貴か
そいつはいいや

いい 俺ダメだ 車だから

そっか

お母ちゃん
お母ちゃんも一杯どうぞ

そうですか じゃ
一杯だけよ

矢代さんみたいな兄貴
いたらいいよね

そんな刑事さんに失礼よ
いやいや

〈兄弟〉

〈ホントに そうかもしれない〉

〈同じ苦しみを
経験し 共有し 理解しあう〉

〈たった二人の兄弟〉

でも どうして刑事さんが?

静岡の事件だよ

ほら 青酸カリが使われたからさ

でも心配ないよ お母ちゃん

ごちそうさまでした

じゃあね
また いつでも来てね

またな
またいらしてください

どうも

〈俺には分かる〉

〈勇樹がいつも笑っている理由も〉

〈なぜ演じるという行為に
没頭するかという理由も〉

〈俺たち 道具として
人殺しに加担させられた者同士〉

〈13年前
父のえん恨の線が消えた後に〉

〈クローズアップされたのは
母親の光子だった〉

〈つまり
光子が第三者と共謀した線だ〉

〈当時 定食屋に勤めていた光子が
客といい仲になり〉

〈研一郎に保険をかけて
保険金殺人を計画した〉

〈だが その読みもはずれた〉

〈研一郎には
保険はかけられておらず〉

〈光子には男の影すらなかった〉

ああ 阿部光子さんね

確かに
あの人 ここで働いてましたよ

だけどね
ひどい目にあっちゃってね

あの事件の後 辞めたんですよ

昔のことで恐縮なんですが
何でもいいんです

思い出したことや
気になったこと ありませんか?

だけど あれ13年前でしょう

それに 知ってることは
全部 警察に話したし

何か見たとか聞いたとか
ありませんか?

あの時ね 光子さんが
あんまり かわいそうだったんで

警察にも言わなかったことあるの

何ですか?

光子さん ご主人から
暴力 受けてたみたいなんだよね

暴力
ええ

白衣に着替える時に おなかや腰に
真っ赤なアザがあって

そうか そいつは知らなかったな

光子さん
結構 この店でも人気あったから

ダンナさん
ヤキモチやいたりしたのかも

あの人 きれいな人だったもんな

あの人 目当てで
ここに来る客 結構いたんだよ

その中に
この男 いませんでしたか?

こっちの この若い方

これって
昔のあの時の似顔絵でしょう

何度も見ましたけど
だけどな

そうね ウチは常連が多いから
珍しいお客来たら覚えてるもん

そうですか

どうも ありがとうございました

わざわざ
ありがとうございます

すみません
どうぞ

今年でもう 13年になるんですね

ええ

あれから13年です

勇樹も本当に
よく育ってくれたと思ってます

明るくて優しくて

あの子の笑顔に支えられて
今までやってこれたと思ってます

最近は兄貴ができたみたいだって
喜んでるんですよ

僕も かわいい弟ができたみたいで
うれしいです

このごろ思うんです

苦しいだけじゃない

頑張っていれば
きっと いいこともあるって

お母さん
一つ 聞いていいでしょうか

はい

ご主人が時々

お母さんに暴力をふるっていた
というのは 本当でしょうか

そんなこともありました でも…

私には ちょうどいい夫でした

〈夫の暴力に耐えていた光子は
似顔絵の男に殺人を依頼した〉

〈しかし男が 一人息子の勇樹を
利用するとは夢にも思わなかった〉

〈母親 光子には動機がある〉

班長
どうだ?

変わりありません

阿部勇樹を張れというのは 母親の
光子を張れってことですか?

お前 耳が悪いのか

阿部勇樹と言ったはずだ

でも勇樹は芝居の稽古と

母の店の手伝いに明け暮れて
何もありません

それと
阿部光子は死んだ夫の研一郎から

暴力を受けていたという情報が
あります

つまり光子が
似顔絵の男と共謀して

夫を殺したということも…

光子はいい 阿部勇樹

待ってください 班長

上司にたてつくのか

すみません

班長 阿部勇樹を張れという意味が
分かりません

お前は俺の言うとおりにしろ

待ってください!

勇樹は…

阿部勇樹は この13年間
苦しみながら生きてきました

その古傷をえぐるようなことは
できません

班長は何を考えてんですか

俺には分かりません
教えてください

俺は何ですか?

俺 ただの駒ですか?

二班に引き上げてくれたことは
感謝します

でも これじゃ何のために

一体 何のために
俺を二班に引き上げたんですか?

お前を引き上げたのは

お前は笑ったことがないからだ

また
何 言ってんっすか

俺が笑ったことないなんて

〈やはり 見抜かれていた〉

〈4年前のあの時から〉

〈楠見班長が公安から
捜査一課に抜擢され〉

〈すぐに起きた老女殺人事件〉

〈現場近くの交番に俺はいた〉

お前
はッ

おかしくもないのに
なぜ笑ってるんだ

〈俺の偽りの微笑を
一目で見破った刑事〉

〈俺は思わず口走った〉

自分は矢代勲巡査であります

自分はどうしても
刑事になりたいであります

どうか

どうか自分を使ってください

〈2年後
俺は所轄の刑事に引き上げられ〉

〈先月 県警捜査一課強行班係の
二班入りを果たした〉

〈驚がくの抜擢人事だった〉

お前を引き上げたのは
お前は笑ったことがないからだ

〈笑ったことがないから?〉

〈一体 どういうことなんだ〉

(ドアが開く)

おはようございます

おう 電気ぐらいつけろ

どうしたんだ?

そうか

ただの駒か

俺には分かりません

班長が一体 何を考えてるのか

アイツ いろいろ言われてるだろ
冷血だとか蛇だとか

だが 同情の余地はある

どういうことですか?

楠見には 婚約者がいた

婚約者?

公安に入ったばっかりのころだ

その婚約者と一緒にいるところを
襲われた

当時 アイツ
お前みたいに がむしゃらでな

潜入捜査をして
ある団体を壊滅状態に追い込んだ

それでヤツら 逆恨みして
楠見を捜しまわった

そして…

(京子)キャー!

京子 京子!

京子!

おい 京子!

おい!

≪(田畑)狙われたのは楠見だ

しかし 一緒にいた婚約者が
巻き込まれた

いまだに病院だ

植物状態で ずっと意識がない

あれから十数年 今でも楠見は
その病院に通い続けてる

≪(田畑)あれから
ヤツは変わった

情けってものを かなぐり捨てて
ひたすら罪を憎んでる

情けを捨てて

矢代

お前らしくしろ

〈笑うことを捨てた男〉

矢代さん お客さまです

客?

ご家族の方です

第二会議にお通ししました

すみません

(ドアが開く)

あかり

朝早くから ごめんなさい

仕事 行く前に来たから

ゆうべから官舎に
電話してたんだけど いないし

ここかなって

で どうした?

お母さんが自分でお兄ちゃんに
頼んでこいって言うから

でも 忙しかったら
全然 無理しなくていいから

私の結婚式なんて

出席するよ

えッ?

ウソだよ

俺は出ない方がいいんだろ

ちょうど仕事も忙しいし

でも おふくろには
出るって言っといてくれ

そうでもしないと
ここまで押しかけてきそうだから

そうするね

それじゃ

あかり

いや おふくろから聞いたんだけど
いい人らしいな

うん

それじゃ

だから
その芝居がペルソナなんだよ!

ペルソナ 偽り

自分の芝居が
ちゃんと分かってる?

偽者なんだよ 君の芝居は!

いらっしゃい 矢代さん

意外と厳しいんだな 勇樹

僕もやる時はやりますよ
稽古ですから

阿部さん
怒ったらホントに怖いんですよ

そう
じゃ 鬼演出家か

そりゃひどいよ 矢代さん

僕は芝居が好きなだけなの
冗談だよ

なあ ペルソナって何だ?

「芝居がペルソナだ!」って
格好いいじゃん

ラテン語なんですよ
偽りとか仮面とかいう意味で

仮面か

そうだ
今度の舞台 仮面使う手もあるな

ケニヤ
何ですか?

ちょっと みんな集まって

ペルソナか

〈俺たちの笑顔こそ ペルソナ〉

〈偽りの仮面だ〉

勇樹

いつ帰ってくるの?

あさって
今回の旅公演は県内だから近いよ

行ってくるね

行ってらっしゃい

あッ

勇樹

寒くなるから
これ していきなさい

〈この親子には
何があるというのか〉

〈当時8歳の勇樹に〉

〈父親を殺す動機があったとは
考えられない〉

〈なぜ 班長は…〉

〈アオを使った犯行が続いてない今
快楽殺人の線はない〉

〈とするとホシは
あのホームレスを狙ったのか〉

〈誰でも よかったわけじゃない〉

〈ホシは顔に切り傷のある
ホームレスを狙って殺した〉

〈ホシはガイ者の身元を
知っていたということか〉

〈なぜ 今になって〉

〈13年たった今になって
ホシは姿を現したか〉

〈なぜ 今になって〉

〈再び青酸カリを盗み
殺しまでやったか〉

〈なぜ 今〉

〈なぜ〉

≪(男の子)すみません

はい

ありがとうございました

ボク どうした?

(携帯電話)

はい

えッ すぐ戻ります

≪(老人)この男です
間違いありません

≪(鈴木)状況を もう一度
話してくれませんか

今朝 散歩に来て
そのトイレに入ったんです

レオンは その木につないで
中へ入ったんですが

出てきたら妙な男が
レオンに何か飲ませようとしてて

何してんだって叫んだら
ハッとこっちを向いて

あっちの方へビューンと走って
逃げてったんですよ

その後 公園の奥へ行ったら
別の犬が血を吐いて死んでて

もうビックリしましたよ

やっぱりアオですか?

間違いねえな

班長

ホシは
勇樹の近くにいるってことか

班長 次のターゲットは
阿部勇樹ってことですかね

仮面 偽り

ペルソナか

私の名前はハムレット

そなたは何故 その甲冑を
身にまとい この場に現れる?

(亡霊役)心して聞くのだ
私には もう時間がない

その声は我が父にして
前国王と同じ

ハムレット
よいか よく聞くのだ

私は そなたの父の霊だ

おお~ 父上の霊!

よいか よく聞くのだ ハムレット

そなたは復讐するのだ

悪逆非道な人殺しの恨み
はらしてくれ

悪逆非道な人殺し?
よく聞くんだ

そなたの父をかみ殺した毒蛇は

よいか
今 王冠をいただいておるのだ

おお~
やはり あの叔父が!

この父の恨み はらしてくれ
ハムレット

父上!

父上~!

その恨み はらします!

その恨み

≪(楠見)3ヵ月前
埼玉のメッキ工場で

青酸カリが盗まれてます

(女将)この人 確かに
ウチに来てましたけど

こんな傷なかったよね

そうだな
でも よく来てましたよ あのころ

いらっしゃ…
どうも矢代さん

今日ね 勇樹 芝居の公演…
いや

今日はお母さんに
見てもらいたいものが

何でしょう?

楠見 誰が行くんだ?

俺に行かせてください

遅いわね 勲は

仕事で無理なのよ

仕事とあかりと
どっちが大事なのよ

しかたないわよ お母さん

あッ 兄貴

よッ

あれッ 兄貴さ
差し入れも何もないの?

ああ 悪いな

差し入れ代わりと言っちゃ何だが
ちょっと つきあってくれよ

えッ 何ですか?

いい所 案内してやるよ

いい所?
何だろう ワクワクしちゃうな

行こうか

誓いのキスを

へえ~ ここが県警か

これは意外だな
いい所って ここですか?

役作りの参考にはなるだろ

そうか 刑事役か
格好いいっすよね

犯人役の方が面白いかもよ

それは
矢代さんがやってくださいよ

ホントに矢代で大丈夫なのか?

まあ とりあえず
ヤツを信じてやりましょう

証拠も何もない状況で失敗したら
すべては終わりだ!

どこまで行くんですか?

取調室

特別サービス

誰でも入れるわけじゃねえんだぞ

うわ~ テレビと全く同じだ

ここに犯人が座るんですよね

うん

やっぱり俺はこっちかな

さて 差し入れの代わりと言っちゃ
何だけど ゲームでもしようか

ゲーム?
うん

「10秒黙ったら負けだ」ゲーム

10秒? 難しそうだな
簡単だ 簡単

負けたら罰ゲームとか?

プレゼントならあるよ

パトカーで
ドライブなんてどうだ?

いいですよ

じゃ 始めようか

例の静岡での
ホームレス殺しの事件

あれなんだけど
殺したのは君だよね

そんな おかしいか?

だって 矢代さん
いきなりなんだもん

そっか 悪いな

じゃ もう一度 聞くよ

ホームレス殺したの 君だよね
ビンゴ?

ハズレです

僕 犯人失格です

そうかな

だって 確か事件があった日

埼玉の劇場で
ハムレット」の舞台稽古でした

アリバイ成立

そうそう 埼玉なんだけどさ
3ヵ月前も行ってるよね

やっぱり舞台公演で
行きましたよ

最近 僕たちの劇団 引っ張りダコ
もうモテモテで

分かってるよ そんなの

でも 夜中にメッキ工場に忍び込み
青酸カリ くすねたろ

まいったな
何ですか それ

君は舞台公演が終わり
宿に戻った後

一人で抜け出して
メッキ工場に忍び込んだ

それって証拠とかあるんですか?

それが全くねえんだよ

だから聞いてんだ

もう最高
だから矢代さん 好きなんですよ

そうか 何か照れんな

まあいいや 次いこうか

待って
僕の方にも少し教えてくださいよ

何を?

静岡で殺された人って
何ていう名前なんですか?

身元はまだ分かってない

名無しの権兵衛だ

話になんないですね

知らない人を
殺したりしないでしょ 普通

でも名前 分からなくても
顔とか分かるヤツはいる

たとえばコンビニの店長とか
駅員とか

横断歩道で
旗ふってるオジサンとか

分かってるじゃん

名前は知らなくても

顔ぐらい知ってると思うよ

へえ~ この人

どう 知ってるでしょ?

全然

太ってるし
それに顔の傷 目立つだろ

ごめんなさい
全然 知りません

いや いいんだ
別に謝ることなんかない

じゃ 次いこうか

ホームレスの人が殺された事件の
三日ほど前

静岡の河川敷にいたっていうのは
君だよね

おっと~ またきた
君だよね攻撃

君だよね

えッ 何でしたっけ?

だからさ 君 河川敷で

この似顔絵の男に
変装したよねって聞いてるの

変装?
そう 変装

だって朝飯前だろ
君は役者の卵なんだから

メイクで老け顔 作って
ヤギみたいな付けヒゲつけて

昨日の早朝も坂下町の公園に
メイクして現れたよね

そして
犬に青酸カリを盛って殺した

まさか
そりゃメイクくらいしますけど

大体 なぜ僕がそんなこと
しなきゃならないんです?

決まってるじゃん

13年前の犯人と
同一人物に見せかけるためさ

何で僕がそんな

13年前 君は警察に
ウソの似顔絵を描かせた だからさ

ウソの似顔絵 僕がですか?

そう
ひっどいな

あの時 せっかく協力したのに

実際は こんな人物はいなかった

君に青酸カリを渡したのは
別人だった

別人?
そうなんだろ

そうなんですか?

聞かれても困るよ
現場 いなかったし

こっちだって困りますよ

じゃ 僕に青酸カリを渡した男って
分かってるんですか?

うん

どんなヤツですか
教えてくださいよ

名無しの権兵衛

名無しの権兵衛?

この間 殺されたホームレスさ

そうなんですか?

面白いな 矢代さん

そのネタ 次の舞台で使おうかな

ちゃんと言えよ

この男に
青酸カリを渡されたんだろ

つまり この名無しの権兵衛の
ホームレスが

僕に青酸カリを渡した犯人で

13年たって
この名無しの権兵衛を僕が殺した

そういうこと?
そう

なぜ僕がこの人を
殺さなきゃならないの?

勇樹 君がこのホームレスに
出くわしたからさ

出くわした?

以前に君の劇団が静岡で「ハムレット」を
上演したのは分かってる

団員に聞いたからね

そん時に この間みたいに
河川敷で発声練習したらしいな

ああ あの時

その川が このホームレスが
住んでいた須田川だ

住んでたって
そこに住民票あるんですか?

発声練習の途中に
このホームレスが通りかかった

君は男に気がついた

このほほの傷と体型でね

なるほど 確かによくできてるけど
話がよく見えませんね

第一
殺す動機がないじゃないですか

ハムレットは殺された父の復讐を
誓うんだったよね

ハムレットは国王の父を殺し
母を奪った叔父に復讐をする

すごい話だよね

そりゃそうですよ

シェークスピアだもん

ホントに
君のハムレットは最高だった

ありがとうございます

でも じゃ僕が
父の敵討ちをしたってことですか

大切な父親を殺された僕が

13年後 偶然
その犯人を見つけ 復讐した

そっか それはあるな

いや 違う

えッ 何が違うんですか?

君は この男が大好きなお母さんの
敵だったから殺したんだ

13年前 名無しの権兵衛は
君に青酸カリを渡した

この魔法の薬は
水やお茶に溶かして飲ませれば

酒くささや足のにおいも消せる

確かに そう言ってね

でも それは君のお父さんの話を
したんじゃない

君のお母さんの酒のにおいが
消せると言ったんだ

へえ~

お母さん 酒飲むよな

そりゃ飲みますよ たまには
だけど

男は言った 女の人は特に
においが気になるとか つまり

名無しの権兵衛は
僕のお母さんを殺そうと思ってた

ビンゴ

でも変ですよ
それって空想じゃないですか

権兵衛は
君のお母さんにホレていた

だけど 結局フラれて
逆にメチャクチャ恨んだ

すっごい想像力ですね 矢代さん

残念だけど これは想像じゃない

お母さんが昔 パートで勤めていた
定食屋の主人夫婦に

この写真を見せたら
覚えていたんだよ

君のお母さんは店ではモテモテで

名無しの権兵衛も
盛んに言い寄っていた そして…

もう すごすぎ
すごい展開じゃないですか

本当だよ 当時の捜査は
お父さんに対するえん恨と

お母さんが悪い男と共謀した線が
中心だったし

お母さんに対する
恨みとは誰も思わなかった

でも 亡くなったのは父なんですよ

母は何ともないじゃないですか

このゲーム
10秒 黙ったら負けなんですよね

いきますよ 10・9・8・7・6

いいんですか 5・4・3・2

君が権兵衛の計画を変更して
お父さんを殺してしまったからさ

君が権兵衛の計画を変更して
お父さんを殺してしまったからさ

ちょっと待ってください

なぜ僕が父親を殺す必要あるの?

お母さんの敵だから
敵?

君のお父さんは酒を飲んでは

お母さんに殴る蹴るの暴力を
ふるっていた

それは

本当です

君はお母さんを
独り占めにしたかった

独り占めですか

そう 俺もお母さんっ子だから
何となく分かるんだ

お母さんは俺のもんだ
誰にも渡さない

勲ちゃん よかった

認めます

殺したことじゃないですよ

確かに父親のことは嫌いでした

でも それでも
つじつまが合いませんよね

僕は犯人から渡された粉が

青酸カリだって
知らなかったんだから

本当なら 母親の飲み物に
入れてたはずでしょ

あの日
猫がいなくなったんだってね

えッ?

お父さんが死んだ日の夕方
猫がいなくなったんだろ

ミケ どこ行ったの?

ミケ?

その猫 そのまま
いなくなっちゃったんだよな

つまり 君が殺した

はい?

君は酒のにおいが消せるなら

猫のにおいも
消えるんじゃないかと思って

猫のトイレの砂に粉を振りかけた

そしたら 動物の尿は弱酸性だから
猫の尿で青酸ガスが発生した

猫は ひとたまりもなかった

そこで君は気づいたんだ

このフィルムケースの中の粉は
すごい毒なんだと

そこで君は
権兵衛の計画を変更した

お父さんを殺そうと

黙ったら負けだよ
えッ?

ゲームだよ ゲーム

じゃ 言いますけど
あの時 僕はまだ8歳ですよ

殺意なんて そんなのないですよ

あるよ
ありませんよ そんなもの

あるさ 殺意ぐらい

強引すぎますよ 矢代さんの話

それに8歳の子供の犯罪って
罪にならないでしょ

21歳はなるぞ

だから やってませんって
動機もないし

あるよ 動機は

名無しの権兵衛は
お母さんを殺そうとした男だ

それに唯一 君が計画を変更して

お父さんを殺したことを
知ってる男

よくもまあ そこまで
言いたいことが言えるもんですね

名無しの権兵衛も
君に気づいたんだ

これより配役を発表します

ハムレット役は

阿部勇樹

オフェーリアは佐藤明日香

阿部勇樹君?

君は 名無しの権兵衛に
脅されていたんだ

お前が父親殺したんだろ

警察に言われたくなかったら
金をよこせ

まさか
それに言ったじゃないですか

名無しの権兵衛さんが
静岡で殺された日

僕は埼玉で
ハムレット」やってました

殺しになんか行けないですよ

これって
完全なアリバイになるでしょ

10・9・8・7・6・5

アリバイにはならないさ

何 言ってるんですか
なぜですか?

君が知ってるから

簡単にアリバイ作れる方法を

はい?

おい テメエ
何で子供を道具に使った!

アオと一緒に
子供に握らせたのは何だ?

金か 菓子か!

ねえ ボク

何?

どんな気分だ?

子供を使って人殺しをした気分は
どうかって聞いてんだ!

今 その子が
どんな気持ちでいるか

俺は絶対 お前を許さねえぞ!

ゴメンゴメン 悪かった

驚かせちゃったな

俺も一度やってみたかったんだよ
こういうの

ペルソナとか言ったっけ
仮面のこと

誰だって
仮面をつけることぐらいあるさ

この俺だって

でも もう
アンタの偽者はおしまい

あれッ 黙っちゃうの?

黙ったら負けだよ

じゃ カウント開始

ワン・ツー・スリー・フォー

いいの? 負けちゃうよ

ファイブ・シックス・セブン

エイト・ナイン・テン

〈楠見班長
事件を引き継いだ4年前から〉

〈勇樹に疑問を感じていた〉

〈それは あの似顔絵だった〉

〈詳しく描かれてるにも
かかわらず〉

〈似顔絵に関する情報が
極端に少ないこと〉

〈そして8歳の子供の証言にしては
詳しすぎること〉

〈そこで班長は思った〉

〈鍵は
勇樹が握っているのではないか〉

班長はさらに思い描いた〉

〈似顔絵は勇樹の創作ではないか〉

〈とすると
似顔絵の男は勇樹に違いない〉

〈楠見班長
2枚の似顔絵を見た瞬間〉

〈そこまで考えていたのだ〉

ご苦労だったな

こんなことが…

刑事には ずっと続くんでしょうか

自分には
耐えられそうにありません

楠見が俺に言った
いずれ矢代はタフになる

心に傷を負ってるヤツは
いずれ必ず強くなれるって

誘拐事件の
あの子供の声は僕です

お名前を教えてくれませんか

☎許してください

あなたの責任じゃない

あなたも
この10年 苦しんできた

犯人は許せないでしょう

☎何も覚えてません

☎本当に犯人のことは
何も記憶にないんです

それでも結構です

お名前を教えてください

自分は矢代勲巡査であります

自分は どうしても
刑事になりたいであります

どうか

どうか自分を使ってください

≪(田畑)電話の声が
お前だってことも

お前が警官になったことも
楠見は知ってたんだ

(田畑)楠見は確信していた

お前には犯罪を憎む心がある

矢代という男は そういう
強い意志を持って警官になった

だから 自分の二班に
どうしても欲しい

楠見は そう言って
俺に頭を下げた

俺は楠見を信じた

お前は…

強くなれる

班長

班長

早く行ってこい

まだ間に合うだろう

じゃあね 後でね

勲 とうとう来なかったね

山下様 こちらをお預かりしてます

ありがとうございます

あら 勲から?

これは?

つい先ほど お預かりしました

「許して下さい」

「今まで つらい思いばかりさせた
情けない兄を」

「ごめん」

「幸せになって下さい」

「おめでとう あかり」

「兄より」

〈拝啓 班長様〉

〈笑ってばかりの男は〉

〈大きな決心をいたしました〉

〈というのも 笑ってばかりの男は〉

〈笑いを捨てた男に〉

〈一生ついていこうと〉

〈決めたのであります〉

〈拝啓 班長様〉

〈拝啓〉