ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

奥様は警視総監 かたせ梨乃、東幹久、中山仁、生稲晃子、田中実… ドラマのキャストなど…

『<BSフジサスペンス劇場>「奥様は警視総監」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 弥生
  2. 美佳
  3. 屋上
  4. 犯人
  5. 黒川
  6. 朝子
  7. 写真
  8. 金山
  9. 綾小路
  10. 事件
  11. 正和
  12. 清恵
  13. 桃瀬
  14. ツバ
  15. 白石
  16. 被害者
  17. 大吉
  18. 洗濯室
  19. 病院
  20. 結婚

f:id:dramalog:20190923163705p:plain

『<BSフジサスペンス劇場>「奥様は警視総監」』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

[字]<BSフジサスペンス劇場>『奥様は警視総監』

愛する夫と3人の子供たちと幸せに暮らすごく普通の主婦・橘朝子は、元・超エリート警視総監。“特命警視総監”の命を受け、難事件解決に向け捜査最前線に乗り出す!!

詳細情報
番組内容
とあるスーパーのセールフロア。主婦たちで戦々恐々とするこの場所で、橘朝子(かたせ梨乃)は、すっぴんにエプロン姿、髪を振り乱して1円でも安いものを家計のためにと一主婦として戦っていた。そんな朝子を誰一人として、天才的捜査能力を持ってして若くして警視総監に昇りつめた才女とは思うはずもなく・・・。朝子自身も、数年前、食品会社勤務の橘大吉(石原良純)と結婚してからは、きっぱりと現役を引退し、三人の息子を抱
番組内容
え、主婦業に専念していたのである。人のよさゆえに毎月給料は天引きされ薄給の大吉。だが、それでも家族旅行実現のためにコツコツと貯金をする朝子。しかし、ある日のこと主婦・朝子の日常を急変させる事態が持ち上がった。朝子を尊敬する現警視総監・隼惣吉(伊武雅刀)が突如朝子を呼び出し山積する未解決事件解決協力を依頼してきたのだ。
一度はきっぱりと断ろうとした朝子だったが、旅行資金にもなる報酬金に気持ちはぐらつ
番組内容
き、’特命警視総監’の命を引きうけることに。パートナーには警視の椿正一郎(東幹久)が選ばれた。朝子が着手したのは、ファイルナンバー99。撲殺された伊豆のクラブマネージャー黒川大地(青島健介)の一件だった。黒川が「綾小路医院」という病院の診察券を所持していたことから、病院を訪れた朝子と椿は、なんとそこでナースの白石美佳(五十嵐りさ)の転落死に遭遇してしまう。さっきまで男性関係で美佳といがみあっていた
番組内容
先輩ナースの赤井耀子(春木みさよ)。入院患者の元へ行くために階上に姿を消した院長の母・清恵(冨士眞奈美)と副院長の桃瀬(中山仁)。姑の清恵とは折り合いの悪そうな院長夫人の弥生(生稲晃子)。そして二人の間にあって苦悩する院長の正和(田中実)。一瞬にして院内の人間関係を察知した朝子は、清恵の「事件直前、屋上に行く弥生を見た」という目撃証言から容疑者となり、あっさりと罪を認めた弥生が何かを隠していると確
番組内容
信した。そしてその後の調べで美佳の頭部に二つの傷が残っていたことから、美佳は別の場所で殺害され、転落死に見せるため屋上に運ばれたことが発覚。朝子は、真犯人は弥生を犯人に仕立て上げるために、屋上に呼び出したのだと推察した。だが、病院の様子を時間経過と共に見ていた朝子は、弥生にはそんな時間はなかったと知っている。弥生が殺人犯になってまで隠したいもの、かばいたい人は誰なのか?
出演者
橘朝子:かたせ梨乃
椿正一郎:東幹久
桃瀬清孝:中山仁
綾小路弥生:生稲晃子
綾小路正和:田中実
綾小路清恵:冨士眞奈美
橘大吉:石原良純
隼惣吉:伊武雅刀
ほか

 

 


(黒川の悲鳴)

≪(店員)お時間限定の超特価!
月に一度の大サービス!

お米5キロが なんと 1, 780円!

あっ 勝手に取らないでください!
1, 780円ですよ! お一人さま…。

(店員)押さないでください!
お一人さま1袋限り…。

(朝子)あ~っ!

あっ ちょ ちょっと ちょっと
これ あたしのよ。

(椿)おい ホントに このおばさんか。

(刑事)橘 朝子 42歳 主婦
間違いありません。

よし。

つべこべ言わずに さっさと来い。
ほら。

♬~

♬~

何だ これは…。

≪(隼)お待ちしておりました。

隼さん?

(隼)覚えていてくださって
光栄です。

いや あなたなら当然ですか…。

第85代 警視総監 後藤田 朝子殿!

警視総監?

♬~

さあ。 どうぞ こちらへ。

♬~

(隼)朝子さんは
東大法学部を首席で卒業。

国家試験をトップの成績で突破し
警視庁に配属。

(刑事)

(隼)その後 たぐいまれな
推理能力で 犯人をあぶり出し

次々と難事件を解決。

(隼)弱冠30歳の若さで
警視総監に就任した。

(隼)まさに
才色兼備の伝説の人物。

わたしの あこがれでもあった…。

隼総監…。

いや 後藤田総監は
本当に すごかったと

そういう意味です。 ハハハハハ。

いや それにしても
名前も変わって

こんな さえない おばさ…。

あっ いや… 後藤田総監は
就任直後 謎の退職を遂げ

誰も その行方を知らないと
聞いておりますが。

寿退社されたんです。

寿って…
あの 結婚なんかのために

警視総監の仕事を
捨てたということですか。

無礼者! 言葉をわきまえたまえ。

失礼しました。

今日 朝子さんを
お呼び立てしたのは

ほかでもありません。

特命警視総監の証しです。

特命警視総監とは
特別な任務を遂行するために

警視総監の権利を
与えられた人物のこと。

われわれは ぜひ朝子さんを

特命警視総監として
お迎えしたいのです。

(隼)これからお見せするのは
警視庁管内において

未解決のままになっている
殺人事件です。

ファイルナンバー1
被害者 カワダ リョウスケ 24歳。

ダビンチの解剖図どおりの遺体が
発見される。

ファイルナンバー2 被害者 中谷 冴 26歳。

バスタブで バラの花まみれの遺体が
発見される。

実は 恥ずかしながら ここ数年
検挙率が低下。

こうした未解決殺人事件は
増加の一途をたどっております。

ファイルナンバー99
被害者 黒川 大地 34歳。

以上 未解決殺人事件
99件の報告 終了します。

これら未解決殺人事件が
100件の大台に乗る前に

ぜひ 朝子さんに

いずれかの事件を
解決していただきたいのです。

もちろん われわれとしても
万全のサポート態勢を敷きます。

朝子さんとともに
捜査に当たるのは

この 椿 正一郎 警視です。

なかなか
将来有望な人物でしてね。

未解決殺人事件の資料です。

未解決のMをとって
「Mファイル」と呼ばれてます。

必要ないわ。

断るって おっしゃるんですか。

ファイルナンバー001
被害者 カワダ リョウスケ 24歳。

ダビンチの解剖図どおりの遺体が
発見される。

ファイルナンバー002
被害者 中谷 冴 26歳。

バスタブで バラまみれの遺体が
発見される。

まさか…。
ファイルナンバー003

被害者 マツモト ヨウヘイ 32歳。

ビルの透き間で
白骨遺体で発見される。

続けようか?

全部 合ってる…。

さすが。 ハハハハハ。

朝子さんの超人的記憶力に
衰えはありませんな。

でも あたしが断るってことは
間違いないわよ。

えっ?

今のあたしにとっては
事件解決するより

愛する家族のために
1円でも安くて おいしいものを

食べさしてあげることのほうが
大事なの。

それにね
うちの人 警察 大っ嫌いなの。

あたしが
元警視総監なんてバレたら

それこそ離婚もんだわ。
じゃあね。

もちろん タダとは言いません。

失礼ながら 朝子さんの生活を
調べさせていただきました。

台所事情が
あまり楽ではないようで…。

朝子さんの言い値で
報酬を出しましょう。

いいんですか?
そんなこと言って。

あたし高いですよ?

1億まで用意してます。

で おいくらなら
引き受けていただけますか?

5, 000。 それなら…。
何 言ってんの? ケタが違うわよ。

5億は無理です。
いや しかし 君…。

この際だ… 10。

(2人)10!?

10万円!

(2人)えっ?

10万円あれば 家族5人で
熱海旅行 行けるのよ。

10万円…。

承知しました。

おはよう。

おはようございます。

随分 お早い ご出勤ですね。
まだ15分…。

タイム イズ マネー。 時間1分たりとも
無駄にはできないわ。

さあ 行くわよ。 早く!

案外まともじゃないか。

(店員)さあ いらっしゃいませ!
豆腐2丁で68円! 68円!

本日限りの超特価!
おっと ゲット! アハハ!

≪(店員)50円ですよ!

予定変更よ。
ここで買えば 27円お得だわ。

(弥生)キャッ!

ごめんなさい!
卵 大丈夫ですか?

(弥生)大丈夫です ほら。
やるわね。

あっ それより
早く行かないと なくなりますよ。

あっ そうだ。 すいません。

綾小路病院ですか?

知ってるの?
ええ。

治療費は高いが腕はいい。
まっ 知る人ぞ知る有名病院です。

政財界にも利用者がいるとか。

まあ 最近では 不正経理による
黒い噂が流れてるようです。

ファイルナンバー099
被害者 黒川 大地 34歳。

彼の財布の中から

この綾小路病院の
診察券が見つかってるの。

えっ?

確かに…。

さっき回ったスーパーと
目と鼻の先じゃないですか。

随分 偶然な…。

あっ?

これ 今日 回ったスーパー どれも

事件現場の
すぐそばじゃないですか。

まさか わざ…。

たっ 橘総監!

≪(美佳)耀子さん 見てください。
これ 本物のダイヤなんですよ。

ダイヤ?

≪(美佳)この時計
200万円もするらしいですよ。

(美佳)今の彼 美佳が欲しいもの
何だって買ってくれて。

(耀子)今のって…
あなた 三枝さんは どうしたの?

三枝? ああ あの製薬会社の。
とっくに別れましたよ。

別れた?

あっ そっか。 耀子さんて

三枝さんと
結婚まで考えてたんでしたっけ。

美佳 そんなこと
全然 知らなくて。

だって 三枝さんのほうから
美佳のこと好きだって。

(耀子)もう 12時50分よ。
あなた 今週 洗濯当番でしょ。

昼休みの間に干しておくよう
いつも言われてるんだから。

早く行きなさい!

≪(弥生)どうかしたんですか?
あら。

あなたこそ さっきの…
どうして ここに?

わたしの主人
この病院の院長なんです。

あなた 院長夫人だったの。

ああ それなのに偉いわね
ちゃんと節約して。

あっ あのね
おわびって言っちゃ何だけど

これ うちの近くのスーパーの
割引券なんだ…。

≪(清恵)弥生さん。
(弥生)お母さま…。

(清恵)珍しいわね。
この方 お友達?

あの さっき スーパーのタイムサービスで
知り合ったばっかり…。

(清恵)タイムサービスですって?
卵 ワンパック 50円…。

あなた まだ
そんなことをやってるの?

節約なんか
しなくてもいいように

十分な生活費は
渡してあるはずですよ。

ああ 綾小路家の嫁が タイムサービス…。

≪(正和)母さん。
(弥生)あなた…。

(正和)そんなことぐらい
かまわないだろう。

正和さん。 この綾小路家は

徳川さまの時代から
300年も続いた

由緒正しい家柄なんです。

綾小路の名前が
傷つくようなことがあったら

このお母さまが許しませんよ。

だから元事務員の嫁なんて
嫌だって言ったのよ お母さま。

金山 どこ行くの?
また仕事をサボって

馬券でも買いに行くって
いうんじゃないでしょうね。

(金山)いえ その…
レントゲン機の調子が悪いので 調べに。

院長 後で ご報告に伺います。

ええ 院長室におりますから。

(清恵)あん う~ん…
正和さんたら甘いんだから。

あなたもね。
正和さんが優しいからって

何でも許されると思ったら
大間違いよ。

≪(桃瀬)大奥さま。 大奥さま。

(清恵)あっ 桃瀬。

(桃瀬)あの 3階に ご入院中の
国会議員の 山本先生が

奥さまに ごあいさつをしたいと
申しておりますが

いかがなさいますか?
山本先生が? ええ ぜひ伺うわ。

(桃瀬)失礼。

あっ すみません 変なところを
お見せしてしまって。

いや あなたが謝ることないわ。
あっ これ…。

♬~

わたしも そろそろ失礼します。

あっ あの 割引…。

≪(椿)橘総監!

朝子さんて呼べって
言ってるでしょ!

誰が聞いてるか
分かんないんだから!

どこ行ってんですか。
ちょっとね おくつろぎ中のとこ

悪いんですけどね
食べ物 下に置かないでよ。

いや ひなただと
野菜 傷んじゃうんで

日陰に置いといたんです。
あら 妙なことに気が利くのね。

どうしたんですか。

≪(物音)

何すんですか…。

♬~

1時…。

あっ ちょっと…
ちょっと 橘総監!

♬~

誰かいますか?

いないわ。

♬~

詳細は。

(権田原)死亡したのは
看護師の 白石 美佳 24歳。

死因は頭部打撲による
頭がい骨折と見られます。

彼女は なぜ屋上に?

(権田原)綾小路病院では
週替わりで看護師が

シーツや白衣などの
洗濯を担当しています。

白石 美佳は
今週 担当になっており

その作業中だったようです。

なるほど… 今日は風が強い。

吹き飛ばされたシーツを
取ろうとして

足を滑らせ 転落といったところか。
(権田原)同感です。

では 事故ということで処理を。
はい。

すぐに捜査本部
立ててちょうだい。

えっ?
これ 事故じゃないわ 殺しよ。

ほら このストッキング
かかとの部分から破れてるでしょ。

女性だったら
分かると思うけどね

ストッキングって普通
つま先から破れるの。

それが かかとから
破れてるってことは

被害者が死んだ後
誰かが遺体を引きずった。

そのとき破れたと考えるのが
自然よ。

(権田原)なるほど…
って 何を言っとるんだ。

ここは 関係者以外
立ち入り禁止だ。

ちょっと あたしは…。
いいから来い。

権田原さん。 その人 ちょっと
離してやってくれませんか?

あっ しかし 一般人に
現場をうろちょろされては。

お気持ちは分かります。
ですけど

この人 これでも一応
警視総監なんです。

どういうつもりですか。
強引に捜査本部を立てたりして。

あなたの任務は あくまでも
未解決殺人事件の解決です。

あとは所轄に任せて…。

それなんだけどさ 今回の事件と
例の未解決殺人事件

どうも つながってるような
気がすんだよね。

えっ?

ファイルナンバー099。

黒川 大地 34歳
高崎のクラブ 「アイン」の元マネジャー。

女性関係は派手で
ホステスの1人と同棲をしていたが

同時に複数の女性と
交際していたもよう。

半年前に上京。

2か月前 東京 港区にある
桜木公園で 遺体が発見される。

死因は 頭部2か所の打撲による
頭がい骨骨折。

あたしの推理によると

今回の被害者
白石 美佳の頭部にも

2つの傷があるはずよ。

えっ?

≪(権田原)椿警視。
鑑識の結果が出ました。

被害者 白石 美佳の頭部から
2つの傷が発見されました。

転落したときの傷と

転落前に鈍器で殴られて
できた傷の2つです。

致命傷になったのは 転落前に
殴られたときの傷だと思われます。

つまり被害者は 殴られて
殺された後 遺体を屋上から

突き落とされたって
ことになるわね。

しかし それでは つじつまが
合わないことがありまして。

どういうこと?

 

(権田原)事件が起きた時間
病院にいたのは

病院オーナー 綾小路 清恵。

院長の 綾小路 正和。

副院長の 桃瀬 清孝。

事務長の 金山 浩二郎。

看護師の 赤井 耀子。

そして 院長の妻
綾小路 弥生の6人ですが

全員 屋上には行っていないと
証言してるんです。

そんなものは 誰かが嘘を
ついてるに決まってるでしょう。

死体が1人で勝手に…。
あのねえ きめつけちゃダメよ。

ありえない話じゃないんだから。

あっ!

どうしたんですか。

いや うち帰って
布団 取り込まなくちゃ。

うちの人 しっけた布団に
寝せられやしないわよ。

会議は まだ…。
条件その1

どんなときも家族優先。

家事は仕事に優先するものとする。

ああ… 洗濯室だったら
あるかもしれないわね。

洗濯室?

ツバちゃん。

綾小路病院の地下の
洗濯室 調べてほしいの。

そこに…。

頼んだわよ。

いや ちょっと 橘総監…。

布団! 布団!

♬~

元気たち まだ帰ってないよね。

布団 干さないで出かけたっけ。

≪(物音)

大ちゃん どうしたの そのケガ…
あっ!

やだ 足 泥だらけじゃないよ…。
(大吉)痛い 痛い 痛いよ!

まさか…。
すまん 朝子。

だってさ 高杉食品のやつら

オレたち 丸得食品が
毎日 営業に通って

やっと食い込んだスーパーに
裏金積んで

あっさり
専用のコーナー作らせたんだぜ?

それで?

もちろん最初は 穏やかに
ナシをつけようと思ってたんだよ。

でもさ
言っても分からないからさ

ちょっと暴れちゃって。 それで…。

それで?
それで…。

それで 今度は いくら
お給料から引かれるんですか。

壊した食品ケースの修理代…
3万7, 000円。

≪(元気)3万7, 000円!?

元気 勝気 勇気!

(元気)お父ちゃん
また借金つくったの?

(勝気)嘘でしょ?
(勇気)嘘… なの?

(大吉)しかたないだろ
正義の鉄拳なんだから。

何が正義だよ。

オレたちが
いくら節約しても貧乏なの

お父ちゃんのせいだからな。

(大吉)まあまあ。
いざとなったら熱海基金が。

(元気・勝気)ダメ!

これは家族旅行のために
ためてるお金でしょ。

学校で 旅行 行ったことないの
うちだけなんだからね。

ったく お母さん。

なんで こんな人と
結婚したんだよ。

知らないわよ。

オレだって
一生懸命 頑張ってるよ。

≪(パトカーのサイレン)
あっ… あっ!

大ちゃん! あっ!

うるせえ! うるせえ!

弱い者いじめばっかりしてる
警察が

でかい面するんじゃねえよ!

うちが貧乏なのも
世の中の景気が悪いのも

み~んな警察が悪いんだ
この税金泥棒が!

≪(大吉)うせろ!
うせろ! うせろ!

相変わらず
何でも警察のせいなんだから。

ヤンキー時代の恨みだろ?

家族旅行か…。

何が洗濯室だよ。
事件が起きたのは屋上なんだよ。

こんな 地下 調べて
どうすんだよ。

ったく 名探偵ぶって
訳分かんないこと言いやがってよ。

いてっ あいてっ!

いって… ああ くそっ!

そこに被害者の
血痕があると思う。

頼んだわよ

嘘だろ。

(勝気)勇気
もうすぐ誕生日だよね。

プレゼント 何が欲しいの?

文鳥
文鳥

駅前のペットショップに売ってるの。
でも いらない。

なんでだよ。
父ちゃんが高すぎるって。


(勇気)僕 出る。

はい もしもし 橘です。

私 警視庁捜査一課の
椿と申します。

捜査一課?

お母さん 捜査一課の人だって。

間に合ってますから。

条件その2…。

分かってます。
絶対に家族には秘密。

自宅への電話はもちろん
訪問も禁止。

しかし 今は そんな場合じゃ…。

押し売りが しつこいわよ!

あの仕事バカ…。

今 捜査一課って言わなかった?

葬祭… 会場?

いや 今ね あの 予約すればね

あの 葬儀がね
2割引きなんだって。

いくらさ 2割引きっつったってさ
なんか縁起悪いわよね。

葬儀屋の押し売りか?
そうよ。 世の中 不景気なのね。

ねっ 大ちゃんにも お父さんにも
頑張って働いてもらわないとね。

あっ どれも 食べて 食べて
どんどん食べて。

(大吉)いいのか? アハハハハハ。

ハァ…
何が押し売りだよ ったく。

≪(清恵)正和さんたら。
聞いてるの?

弥生さんを 今すぐ このうちから
追い出してちょうだい。

(正和)母さん!
もう いいかげんにしてください。

(清恵)弥生さんは
美佳さんを殺した犯人なんです。

(正和)何を言いだすんですか突然。

だって あたくし この目で
はっきり見たんですもの。

ねえ 桃瀬。
(桃瀬)あっ はい。

事件が起こる ほんの少し前

弥生さん 真っ青な顔して
屋上に上がってったんです。

(清恵)山本先生も
随分 義理堅い方ね。

ごあいさつだなんて
≪(足音)

(清恵)

(清恵)院長夫人が
看護師を殺したなんてことが

世間さまに知れたら

綾小路の名前に
どれだけ傷がつくか。

だから お母さま 警察には
なんにも お話ししなかった。

(桃瀬)いや しかし…
しかし 大奥さま。

いつまでも警察に
隠しおおせるものでは…。

(清恵)お黙りなさい!
はい。

綾小路の名前が どれだけ大切か

先代に 副院長に
取り立ててもらった お前には

十分 分かってるはずですよ。

ねえ 正和さん。

弥生さんが 全然
信用できない女だってことは

ちゃんと あたくし
お話ししたわよね。

この桃瀬が
調べたところによれば

あの人って メギツネだったのよ。

だって ほかに男の人こしらえて

お金を貢いでたんですから…。
母さん!

ごめん。 1人にしてくれないか。

よ~く 考えてみることね。

行くわよ 桃瀬。
あっ はい。

今の話 詳しく
聞かせてもらえませんか?

≪(ドアベル)

(弥生)はい。

綾小路 弥生さん。
白石 美佳殺しの件で

署まで ご同行 願えますか?
えっ?

事件の直前 あなたは
屋上に上がられたそうですね。

私 ちゃんと見たのよ。

あなた よくも 綾小路の名前に
泥を塗ってくれたわね。

(弥生)それは…。
(正和)弥生 嘘だろ?

君が白石君 殺したなんて
嘘なんだろ?

頼む 本当のこと言ってくれ。

弥生!

刑事さん 行きましょう。

(権田原)それにしても
強情な女ですね。

必ず吐かせてみせます。

≪(朝子)おはよう。

(一同)おはようございます。

あっ 朝のお弁当
残しといてくれたんだ。

へえ~ 今日はシャケ弁か。

これで1食 浮くな。 節約 節約と。

随分 お早い ご出勤ですね。

ツバちゃん どうしたの?
そんな怖い顔しちゃって。

いまさら来ても遅いんですよ。
事件は とっくに解決したんです。

昨夜 綾小路 弥生の身柄を
拘束しました。 へっ?

事件直前
彼女が屋上に上がってくのを

姑の 綾小路 清恵と
副院長の桃瀬が目撃したんです。

綾小路 弥生のアリバイは崩れた。
ちょっと待ってよ。

さらにですね 綾小路 弥生の
身辺を捜査したところ

3か月前 数十万の金を

数回にわたって
引き下ろしてます。

白石 美佳に
何らかの弱みを握られ

脅されていたと考えれば
動機も しっかりとあり…。

ちょっと待ちなさいってば。

洗濯室 調べたの?
ええ。

血痕は なかったのね。
いえ ありましたよ。

バカ… だったら なんで
連行なんかしたの。

いや アリバイ崩れた 動機もある
連行するのは当然でしょう。

仕事バカだと思ったら
ホントのバカだ。

何ですか バカバカ バカバカ。

あのねえ…。

洗濯室で
血痕が見つかったってことは

弥生さんには 美佳さん
殺せないってことでしょが。

えっ?
行くわよ。

あっ すいません
あの これ 後で食べるんで

ちょっと見といてもらえますか?
すいません。

血痕どこ?
そこです。

この洗濯室の血痕が
綾小路 弥生が 白石 美佳殺しの

犯人じゃないってことと
どう つながってんですか。

いい? 美佳さんの頭部には
2つの傷があったの。

つまり 美佳さんは
別の場所で殺され

遺体を屋上から投げ捨てられた。
いや ですから

屋上に上がった 綾小路 弥生が
突き落としたって…。

最後まで聞きなさいよ。

ここに血痕があるということは

実際に美佳さんが殺されたのは
この地下室。

そして犯人は あのエレベーターを使って
死体を屋上まで運んだ。

だとしても どうして
綾小路 弥生が

犯人じゃないって
言い切れんですか。

じゃ 説明してあげるから。
あたしが被害者やるから

ツバちゃん 犯人役やって。
はい。 はい襲って。

襲って…。
襲いなさい!

なっ!
あっ!

被害者 倒れる。 はい 運ぶ。

くっ 重いな…。

黙って運ぶ!
あっ はい。

いい? 犯人にとって
この洗濯室は

美佳さんを殺すのに
うってつけの場所だったのよ。

(耀子)もう 12時50分よ。
あなた 今週 洗濯当番でしょ

美佳さんは
今週 決まった時間に

地下の洗濯室で
作業することになっていた。

そこで犯人は 美佳さんが

1人っきりになるのを狙って
襲いかかると

遺体を運び出し
屋上から突き落としたのよ。

早く 早く 降りる!
ちょっ ちょっ

あたし死んでんだから
回さないと降りらんないでしょ。

はい!
分かってるでしょ。

あいてっ!

はい 離しますよ。
ジャスト5分20秒。

ツバちゃんが
あたしに襲いかかってから

ここに運ぶまでに
かかった時間よ。

重すぎる…。
あのエレベーター

入院患者の食事を
運ぶこともあるみたいだから

揺れを最小限にするために

普通のエレベーターより
スピードが遅くなってるんですって。

被害者の体重が
橘総監より軽いこと考えても

5分は かかるってことですか。

あたしの記憶によれば
事件が起きたのは1時ちょうど。

ところが 2分前の12時58分まで

弥生さんは あたしと一緒に
1階のロビーにいた。

すみません 変なところを
お見せしてしまって

あなたが謝ることないわ。
あっ 割引券

あっ!

やっと分かったみたいね。
つまり弥生さんには

今回の犯行を行う時間は
なかったってこと。

いや しかしですね
綾小路 弥生が 屋上に行く姿は

実際 目撃されてるんですよ。
うん。

確かに弥生さんは 何らかの形で

今回の事件に かかわってることは
捨てきれないわ。

でもね 美佳さんを殺した犯人は
ほかにいる。

この事件
思ったより奥が深そうね。

ちょっ… 何してんですか。

現場100ぺんって言うでしょ。

なんか見落としがないか
調べてんのよ。

くそっ。

この傷 まだ新しいわ。
なんで こんな所に…。

橘総監。

排水溝に
こんなの引っ掛かってました。

写真?
ああ 「テラ」って何でしょうね。

≪(ドアが開く音)

弥生…。

(弥生)あなた…。

(正和)君が釈放されたって
病院に連絡があった。

(正和)君は白石君を
殺してなんかいない。

そうなんだな。

なら どうして 僕が尋ねたとき
そう答えてくれなかった。

(正和)答えられない
理由でもあるのか?

(正和)僕たち 結婚したのは
間違いだったのかもしれないな。

えっ?

1年前
君と結婚したいと言ったとき

母さんに さんざん反対された。

でも僕は君を愛していた。
だから結婚したんだ。

それなのに 君は…。

あなた…
わたしを信じてくれないの?

君が ほかの男と会ってるのを

僕が知らないとでも
思ってるのか?

母さんも 桃瀬先生も
みんな知ってることだ。

でも… それでも
僕は君を信じたかった。

信じようとしてきたんだ。

それも もう 限界だ。

(弥生)あなた…。

(正和)もう… 終わりにしよう。

≪(ドアが閉まる音)

(弥生の泣き声)

では最初から
流れを整理すると こうよ。

綾小路病院の屋上から
看護師の 白石 美佳さんが転落。

事件が起きたとき
屋上に誰もいなかったことから

当初は事故と思われた。

ところが
死んだ美佳さんの頭部から

2つの傷が発見された。

また 地下の洗濯室から発見された
美佳さんの血痕と

鑑識の結果から

美佳さんは 洗濯室で殴り殺され

死体を屋上から
投げ捨てられたことが判明。

そして 事件直前
院長夫人である弥生さんが

屋上に上がっていくのを
見たという目撃情報が浮上した。

(清恵)

でも弥生さんが
事件の2分前まで

わたしと一緒にいたことを
考えると

地下で美佳さんを殺して

屋上まで運ぶことは
時間的に不可能。

ということは
殺害の実行犯は別にいる。

まあ これは
わたしの直感だけど

弥生さんは
はめられた可能性が大ね。

じゃあ 一体 誰が 白石 美佳を
殺したと考えてるんですか。

まあ その答えを出すために…
ゴンちゃん。

(権田原)はっ。

病院関係者の中に

美佳さんを殺しそうな
動機がある人間いるかしら。

白石 美佳は 派手な性格で
男遊びも激しく

恨みを持ってる人間は
多かったようです。

また 気になるのは

以前から綾小路病院にある
不正経理の噂です。

なるほど。
じゃ ゴンちゃんたちは

不正経理と美佳さんの
関係について調べてみて。

(権田原)はっ。
あたしとツバちゃんは

弥生さんの周辺 洗い直すわよ。

はい。 えっ? 綾小路 弥生?

以上 解散。
(一同)はい。

あっ 朝子さん。
何?

あっ 朝子さん あっ…。

何よ 気持ち悪いな はい。

いっ いや…
朝子さんって言ったんです。

やっ… やっと名前で
呼んでくれたのね。

いや それは あの…
いや 業務命令ですから。

かわいくないな。

あっ あの あっ あっ
あさ 朝子さんの推理では

綾小路 弥生は 白石 美佳殺しの
犯人じゃないんですよね。

なのに どうして彼女を
洗い直す必要があるんですか?

犯人じゃないから洗い直すのよ。
飲む?

あっ いえ。

また名探偵ぶって
訳分かんないことを…。

弥生さん
取り調べで なんか言ってた?

あっ いえ あの それが…。

いいかげんにしろ!

いつまで そうやって
黙ってるつもりだ。

あんたを見たという
目撃証言だってある。

何も言わなきゃな
ますます不利になるだけだぞ

ああ やっぱりね。

いい? 弥生さんは
美佳さんを殺してもいないのに

殺人の罪をかぶろうとした。
ええ。

ということは…。

彼女は真犯人ではないけど
真犯人と

何らかの関係があると見て
間違いないわね。

弱みを握られてるとか
かばってるとか。

うん。 だから彼女が何のために

罪をかぶろうとしてるのかを
知ることが

事件を解明する近道ってわけ。

それに弥生さんを釈放して
泳がせれば

なんか新しい動きが
あるかもしれない。

なるほど。

まずは 本人から聞き込みね。

弥生さん。
(弥生)あっ。

こっちのほうが お得よ。
(弥生)あっ そうですか。

それにしても 病院で
あんなことがあったんじゃ

大変だったわね。

あっ 弥生さんには
立派な ご主人ついてるんだから

大丈夫か うちの人とは
えらい違いだもんな。

優しいし ハンサムだし
うらやましいな。

そんな… わたし 人から

うらやましがられるような
ことなんて…。

あの… あたし…。

そう… ご主人が そんなことを。

わたし 1年前に
主人と知り合ったんです。

でも 家柄にこだわる
主人の母は

早くに両親を亡くして
何の後ろ盾もない

わたしとの結婚に反対でした。

それでも主人は わたしと
結婚したいって言ってくれました。

結局 反対を押し切る形で

入籍して
結婚生活を始めたんです。

そのとき わたし

絶対に この人を
幸せにしようって思いました。

なのに結局
主人を傷つけてばかりで。

それなら 結婚なんて
しなければよかったって。

傷つけたっていいじゃない。

えっ?

夫婦って
完ぺきじゃない人間同士が

一緒に生きてくんだから
傷つけ合って当然よ。

でも それでも
お互いに許し合ってくのが

夫婦なんじゃないかなと思うの。

あたしね
小学校のとき 両親が離婚したの。

さいころから
両親が ののしり合ったり

傷つけ合ったりする
姿ばっかり見てた。

だから あたし
絶対 結婚しない。

夫婦のきずななんて
信じないと思ってきた。

おかげでね 仕事では
十分すぎるぐらい成功したわ。

でも どっか寂しくて。

そんなときね 主人に…
大ちゃんに会ったの。

≪(大吉)お姉さん。
よかったら食べてってよ。

ぽかぽか陽気には
ぽかぽかスープ! サービス サービス

 

うちの会社 小さいけども
味には自信があるんだ。

ハハハハハ。 さあさあ


でしょ? 丸得食品の自信作。

スープをさらに豪華にするのが
こちらの粗び…

どうしたの。

うん。 泣くほど腹が減ってるんだ。
うんうん。

もう 大サービス。 今日は店じまい。

これ もう
全部 食べちゃってよ。

はいはいはい おいしいよ。
アハハハ。

うん これ おいしいから…
あっ 持てない…。

やっぱり おいしいよ。 ハハハハハハ

あのとき飲んだスープ
すごく あったかかった。

大ちゃんたらね

あたしのために 売り物のスープ
次から次に開けてくれて

余った分は
持って帰っていいよなんて。

で 結局 その代金 後で
お給料から引かれてんの。

もう失敗ばっかり。
もう いつもケンカになっちゃう。

でもね 気が付くと許してる。

あたしね 大ちゃんに会って

初めて 夫婦っていいなって
思えたの。

不完全な人間同士が

何度も傷つけ合って
何度も許し合っていく。

だからこそ 何にも負けない

強いきずなが
生まれんじゃないかな。

夫婦って
そういうもんじゃないかな。

あたしにとっては
今 何よりも大切なもの。

朝子さんは幸せね。

えっ?

でも あたしは
もう信じてもらえない。

わたし
警察にも疑われてたんです。

事件直前

わたしが屋上に行くところを
母が見ていて。

でも わたし 屋上の外には
一歩も出てないのに。

あっ… あっ ごめんなさい。

こんなこと言われても
困りますよね。

わたし 今日は帰ります。
あっ。

本当でしょうか。

あたし 弥生さん
嘘ついてると思えないの。

思いたくない。

ねえ 今回の事件
真犯人は何らかの方法で

無人の屋上から
死体を突き落とした。

あっ!

ツバちゃん 何やってんのよ。

あっ ちょっと 花! そこ 花…。
えっ? はっ 花?

花 踏みそうになったんで
それをよけようと…。

もう 変なとこ抜けてんだから。

花?

ツバちゃん 行くわよ高崎!

高崎?
うん。

あっ ダメだ 夕食の支度しなきゃ。

じゃ あした 朝一で行くから
切符2枚 取っといて。

あっ それからね あしたはね
勇気のね 誕生日だからね

4時までには 帰んなきゃ
いけないから 帰りの切符も…。

あっ いいね。
じゃ お願い よろしく!

ちょっ 朝子さん!

高崎って… どういうこったよ。

ねえ ちょっと見てよ これ。

食べ終わったらさ
貯金箱になるんだって。

すごいと思わない?
あっ ツバちゃんもさ

食べ終わったら ちょうだい
お土産にするから。

ファイルナンバー99 黒川 大地 34歳。

高崎のクラブ アインの元マネジャー。

もし今回の事件が 未解決の
黒川殺しと つながってるなら

その謎は ここ高崎にある。
朝子さん そう にらんだから

急に高崎に行こうと言いだした。
そうですよね。

あっ でも 分かんないのは

どうして 綾小路 弥生の
身辺捜査から

いきなり 黒川の出身地に
飛んだかってことですよ。

フッ 花よ。
花?

初めて 綾小路病院 行ったとき

何が気になったのか
やっと分かったのよ。

黒川 大地の
殺人現場に咲いてた花と

綾小路病院の前に
1輪だけ咲いてた花が

おんなじ花だった。
そんなことまで覚えてるんだ…。

もしもよ 病院の花が
黒川 大地の殺人現場で

犯人の体に付着した種が

こぼれ落ちて
咲いたもんだとすれば?

まさか 黒川殺しの犯人が

綾小路病院に
出入りしてるってことですか?

えっ? えっ えっ じゃあ あの
まさか 綾小路 弥生が

黒川殺しの犯人なんて
言いだすんじゃないでしょうね。

どうなのかしら。
ちょっ 朝子さん あの

いいかげん はぐらかすのは
やめてください。

あたしも それが知りたいの。
ちょっ あっ…。

朝子さん どこ行くんですか。

あっ ちょっと 朝子さん
ちょっと 聞いてんですか?

あっ ここだ。

ああ 黒川が働いてた
店じゃないですか。

≪(ドアが開く音)

おはようございます。
あの すいません ちょっと

聞きたいことあんですけど。
(月野)はっ?

この人… あっ…。

あっ この人 知りませんか?
いや ちょっと待ってくださいよ。

どうして 綾小路 弥生が
黒川の店に…。

ああ もう!

知らねえよ。

いや あの これ
最近 撮った写真なんで

昔と雰囲気 変わってるかも
しれないんですけど。

(月野)んっ?
もしかして 桜子さんか?

よく似てるよな。

嘘… またビンゴ。

桜子さんなら 伊香保の出身だって
聞いたことあるけど。

伊香保? あっ どうも。

行くわよ。
どっ えっ ちょっと

ちょっと 待ってください。

♬~

あっ あの人。 行こう。

すいません。
すいません。

この方 ご存じありませんか?

あっ ダメだ 次 行こう。 どうも。

ちょっと お聞きしたいんですけど
この方 ご存じありませんか?

(通行人)知らないねえ。
どうも すいません。

(女)分かりません。

そうですか 分かりませんか
どうも。

やっぱり 写真1枚では…。

いないよ。

何だよ もう… 朝子さん!

≪(朝子)まあ皆さん
お肌がきれいね。

何だよ もう… おっ!

このお湯のせいかしら。
気持ちいいわ ホント。

あっ 朝子さん!

あら ツバちゃん。

≪(椿)こんなとこで
何やってんすか。

ツバちゃんも入ってけば
いいお湯よ。

≪(椿)今は任務中です。
大体 聞き込みは どうすんですか。

あっ それならね 分かったわよ。
≪(椿)えっ?

この近くのね お土産屋さんでね

弥生さんらしき人を
預かってた家があるんだって。

いつの間に そんな情報… っと。

こちらの皆さんに聞いたの。

聞き込みはね 地元密着が基本よ。

行くわよ。
おっ!

≪(村田)帰れ ほら
帰ってくれ!

あんな恩知らず
どうなろうと知ったことか!

あの ちょっと待ってください。
弥生さんと黒川という男

どういう関係だったか
教えてくれませんか。

(村田)商売のじゃまなんだよ ほら
帰った 帰った 帰った ほら。

≪(朝子)はい いらっしゃい
いらっしゃい!

そこの きれいなお姉さん。
知ってる?

朝ね 甘いもん食べるとね
頭の回転よくなるんだって。

湯の花まんじゅうで
成績アップ間違いなし。

(緑)え~ いいな~。

(亮太)じゃあ 下さい。
あっ あっ

大きいの いっちゃおうか。
そうですね。

あっ ちょっと待ってよ
ちょっと待って。

はい わさび漬け。 これはね

お肌を白くする効果が
あるんですって。

これ以上 きれいになって
どうしよう。

え~ それもいいな~。
じゃあ これも下さい。

はい 毎度あり。

おじさん ぼーっとしてないで。
1, 575円。

(村田)はいよ。
いらっしゃい いらっしゃい

湯の花まんじゅう
いかがですか~。

湯の花まんじゅう。

(客)あっ 3つ ちょうだい。
あっ 3つ。

(客)お兄さん わたしも
湯の花まんじゅう ちょうだい。

いらっしゃい いらっしゃい
湯の花まんじゅう いかがですか。

あっ ツバちゃん お疲れさん。
お茶しない?

えっ? お茶?

はい どうぞ。
ああ ありがとさん。

はい。

お疲れさまでした。
はい お疲れさん。

まったく
商売上手な姉ちゃんだね。 ハハハ。

弥生さんも 時々こうやって
手伝ってたんですか?

あんた 弥生の何なんだ。
ああ 友達。

友達? あいつに
友達なんかいたのかな。

弥生さんに何があったか
知りたいんですよ。

お願いしますよ。
あたしね 弥生さん助けたいの。

弥生はね
小学校を卒業したころに

親を亡くしてね
うちで引き取ったんだよ。

まあ かわいがった
つもりだったんだけどね

何が足りなかったのか
高校を卒業して すぐに

クラブのマネジャーとかいう男に
引っ掛かって

ホステス始めたんだ。

結局 男に捨てられて

子どもまで おろした。
子ども?

ああ その後は
勝手に東京へ出てって

残したものっちゃ…
ああ このアルバムぐらいのもんだな。

いいですか ちょっと拝見して。
ああ いいよ。

綾小路 弥生と
黒川じゃないですか。

これ 屋上に落ちてた
写真じゃない?

テラって カステラだったんだ…
どっかのお祭りですかね。

違う。
ほら1月1日 お正月の写真よ。

ああ。
しかし どうして こんな写真

綾小路病院にあったんでしょうか。

この写真が

弥生さんが 屋上 行った理由よ。
えっ?

恐らく 美佳さんを殺した犯人は

この写真をネタに
弥生さんを屋上に呼び出し

ぬれぎぬを着せようとした。

でもね どうやって この写真を

手に入れることが
犯人はできたか。

そうか
黒川が 写真 持ってたんですよ。

犯人は黒川を殺して
写真を持っていった。

そう。 これで やっと
2つの事件が つながったわね。

犯人は やっぱり…。
ちょっと。

やっぱりって また なんか
そういう意味ありげなこと言って

もう 目星ついちゃってる
みたいじゃないですか。

そうよ。
嘘 ホントですか?

えっ ちょっと 誰なんですか。

ただね 肝心のトリックが
解けてないのよ。

どうやって 犯人は屋上から

無人の屋上から
死体を突き落としたか。

≪(柱時計の鐘の音)

あっ!

やだ こんな時間!
ねえ 電車 間に合うよね。

いやいやいや もう無理ですよ。
それより…。

いや 帰んなくちゃ
帰んなくちゃ!

今日は あんた
勇気の誕生日なんだから…。

無理なもんは 無理ですよ。

どうも おじゃましました
すいません。

無理だ… またですか!

(パトカーのサイレン)

ちょっと
スピード出しすぎじゃないですか?

パトカーに スピード違反ないの。
それより 今 何時?

あっ もうすぐ4時ですけど。

よし 何とか間に合うわね。

「緊急車両通行中
道 開けてください。

そこのおじさん。 どいて どいて」

大ちゃん!?

ちょっと! ハンドル!

あ~あ~!!

危ねえじゃねえか!

おまわりが 善良な市民
ひき殺していいのか!?

≪(大吉)待ちやがれ!
大ちゃん ごめん。

≪(大吉)待て~! 待て~!

(金山)いいか?

オレは もう これ以上
かかわるのは ごめんだからな。

分かったな。

(金山)なんだ 赤井君か。

何を慌ててらっしゃるんですか?
(金山)んっ? 別に。

(金山)なっ 何がおかしい。

あっ いえ…
あっ お茶入れたんですけど。

置いといてくれ。

(金山)おい こらこら
まだ入ってる。

♬~

(正和)これで
文句はないでしょう。

(清恵)ワオ~! 正和さんたら
ようやく分かってくれたのね?

これで やっと弥生さんが
このうちから出てくのよ。

まったく あの事件のおかげだわ。

大きな声では言えないけれど。
ねえ 桃瀬。

(清恵の笑い声)

(元気・勝気・朝子)
♬「ハッピーバースデー トゥー ユー」

勇気おめでとう!

(勇気)わあ~ 豪華だね。

(元気)でも全部で746円。
(大吉)しーっ。

(勝気)ケーキは食パンで作ったし

から揚げも
お肉の半分は お豆腐なの。

いいんだよ そのほうが体に
ヘヘヘ。

プレゼントだってあるんだぞ ジャーン。
(一同)お~。

(大吉)そーっと のぞいてみろ
そーっと。

(勇気)うわ~ スズメだ!

(元気)え~ 嘘。
(勝気)かわいい。

(大吉)文鳥
買ってやれないけど

スズメなら 父ちゃんタダで
捕まえられるから。

最近 ほら 神社の裏山で
ずっと張ってたんだよ。

あっ それで この前
足 汚れてたんだ。

おう。 で 今日やっと
捕まえられたってわけ。

ああ それは それは
ご苦労さまでした。

(勝気)よかったね。

あ~ それにしても むかつくぜ
あのババア。

ババア?
おう 帰り道

変なババアが運転するミニパト
ひかれそうになったんだ。

ふざけやがって。
あの…。

ババアって あたしぐらいだった?

とんでもない。 全然。
どババアよ うん。

ちょっと見たけど
性格の悪そうな顔してたよ。

朝子とは大違いよ。 ハハハハハ…。

(勝気)お父ちゃん。
あっ?

(勝気)このスズメ
どうやって捕まえたの?

(大吉)おう 秘密兵器 秘密兵器。
ほら ハハハハ…。

ザルと棒を用意して

ザルに つっかえ棒をするのね。

つっかえ棒をして
棒の先には ひもが付いてる。

で 餌で 鳥をおびき寄せて

で このひもを
さささささささっと隠れて

チュンチュンチュンチュンって来たら ピッ。
ハハハハ…。

大ちゃん もう一回やって。
(大吉)あっ?

いっ 早く いいから早く。
はっ?

早く!
ハハハ いいよ。

(大吉)ザルに つっかえ棒をして
こうして持って

で チュンチュンチュンチュンチュン… ピッ。

ヘッヘッヘッヘッ…。
そうよ そういうことだったのよ。

さすが大ちゃん!
おお そうか?

お前たちも見直したろ。
食べよう 食べよう。

(元気・勝気)はーい。

これで トリックの謎 解けたわ。

はい捜査本部。

なに? 金山が死んだ?

(鑑識員)死亡推定時刻は
午後8時ごろ。

このとき病院内に残っていたのが
あちらの5名です。

病院オーナーの 綾小路 清恵。

院長の 綾小路 正和。

副院長の 桃瀬 清孝。

看護師の 赤井 耀子。

そして 院長の妻の
綾小路 弥生か。

あっ それと 死んだ
金山 浩二郎の机の上に 遺書が。

「今回のことは
すべて わたしの責任です。

責任をとって おわびいたします。
金山 浩二郎」

≪(権田原)椿警視。
死んだ金山なんですが

白石 美佳の銀行口座に
定期的に数十万の金を

振り込んでいたことが
分かりました。

何ですって?

いや しかし 金山は
ギャンブルに 金 つぎ込んで

相当 借金があったはずでしょ。
どうやって そんな金…。

で さらに調べたところ
どうやら金山は

綾小路病院の不正経理
かかわっていたらしいんです。

つまり 不正経理
かかわってたことを

白石 美佳に知られ
脅されていたということか。

ええ。 そこで 白石 美佳を殺害し
綾小路 弥生に

罪をなすりつけようと
したものの 失敗。

怖くなって自殺した。

といったところでは
ないでしょうか。

どうします?
橘総監を呼びますか?

いや でも 今日は誕生日…。

誕生日?
あっ いや…。

とにかく ここは わたしが
指揮を執ります。

しっ しかし あの…。
それとも

わたしじゃ信用できませんか?
そういうわけでは…。

(鑑識員)椿警視。
金山のポケットの中に こんなものが。

(権田原)これ 今日発売の
宝くじじゃないですか。

今日?
でも大人気でね

3時間は並ばなきゃ
買えませんよ。

わたしも仕事がなきゃ
行きたかったんですけどね。

あっ ツバちゃん!

ツバちゃん ツバちゃん!
≪(椿)朝子さん 朝子さん!

報告があるのよ!
報告があります!

どうぞ お先に。
いや 朝子さん…。

いや ツバちゃん。
あっ じゃ あっ

えーとですね あの 昨夜

事務長の 金山 浩二郎が
死にました。

えっ?
いや どうして報告しないのよ。

いや だって昨日は
勇気君の誕生日でしょ。

ツバちゃん…。

いや あの それに
業務命令ですから。

ホント かわいくないわね。
で 状況は?

あっ 現場から

本人の筆跡と思われる
遺書が見つかりました。

状況からは自殺と考えられます。

しかしですね
死んだ金山のポケットから これが。

宝くじ?
ええ。 これ 昨日発売のもので

買うのには 並ぶと3時間もかかる
プレミアものだそうです。

自殺する当日に

わざわざ並んで 宝くじ買う人間は
そうはいないかと。

ツバちゃんの読みどおりよ。
じゃあ…。

金山は自殺なんかじゃないわ。
美佳さん殺しの犯人に殺されたの。

これで すべての謎は解けたわ。

(清恵)あっ…。

いきなり みんな集まれなんて
どういうことですの?

すいません。

白石 美佳さん殺害の
犯人が分かりました。

えっ?

何を言いだすかと思えば。
犯人は金山君だったんでしょ?

遺書を残して
自殺したと聞きましたよ。

ええ 金山さんは確かに
共犯者の1人です。

しかし
今回の事件には もう1人

すべての犯行を計画し

実際に 美佳さんを殺害した
真犯人がいます。

そして その人は あの日
この病院の中に残っていた

あなた方5人の中にいる。

あっ あなたね
警察官でもないのに

何をいいかげんなことを!
いいかげんかどうかは

話を聞いてからでも
遅くないと思いますよ。

あ~らまあ。 じゃあ
聞かせていただこうじゃないの。

はい。 今回のキーワードは「2回」

美佳さんは 2度 殺されたんです。

2度 殺された?

ええ 美佳さんの頭部には
2つの傷がありました。

そして 地下の洗濯室で
美佳さんの血痕が発見されてます。

ということは つまり 美佳さんは
地下の洗濯室で殺された後

屋上から
突き落とされたことになります。

でも不思議なのは
犯人は何のために

そんな めんどくさいことを
したのかということです。

やっぱり弥生さんが犯人なのよ!

あたくしね この目で
はっきり見たんですよ。

弥生さんが 階段を上っていくの。
ねえ 桃瀬。

あっ はい はい。
あの 確かに弥生さん

屋上に向かいました。
でも屋上の外には

一歩も出てないと
証言してるんです。

そんなの嘘に
決まってるじゃありませんか。

その話が本当なら

屋上には誰もいなかったって
ことになるんですよ?

誰もいない屋上から

死体が1人で降ってくる
なんてことがあるんですか?

それが あるトリックを使えば
可能なんです。

トリックだって?
ハハハ バカバカしい。 ハハハ…。

(一同)うわっ!
誰が一体 こんなことを…。

誰もいません。

(清恵)そんな…。

それでは これから
真犯人が仕掛けた

自動死体落下トリックの謎を
解き明かしてご覧に入れましょう。

犯人が どうやって無人の屋上から
死体を突き落としてみせたのか

あたしも悩みました。

でも 大ちゃん… いえ
ある人の行動がきっかけで

そのトリックに気づいたんです。

犯人が使ったのは

この屋上にあるのが当然すぎて
誰も気づかなかった

この洗濯ひもです。

ツバちゃん
あたしの言うとおりにして。

はい。
まず犯人は

ひもの片方をポールに結び付けた。

次に 被害者の白衣のベルトに
そのひもを通す。

♬~

♬~

そして そのひもを屋上の入り口の
ドアのほうに引っ張り…。

仮留めをする。

次にシーツをロープに掛けて…。

♬~

そして外から
遺体が見えないように

看板の裏につるす。

♬~

最後に ひもの端に結び目を作り
ドアにかませ 屋上を去った。

これでトリックは完成。

さて 犯人が去った後

計画どおり呼び出された
弥生さんが やって来た。

ねえ 弥生さん。
あなた この屋上の外には

一歩も出なかったって
言ったけど

ある行動をとったはずよ。

ええ。 屋上のドアを開けました。
あの扉 開けた。

それがワナだとも知らずに。
ワナ?

百聞は一見にしかずね。

ツバちゃん ドア開けて。

(清恵)あっ!
落ちた…。

こんなふうに
シーツが散らばってれば

あの事件の直後とおんなじ。

いかにも 風にあおられて

洗濯ひもが飛ばされたように
見せかけることだってできるわ。

それに ちょっと見て。

死体の重みで ほどけたひもが
こすった傷よ。

お分かりいただけましたか?

これが犯人が使った
自動死体落下トリックです。

待ってください。

もし それが本当なら
弥生は完全に無実のはずです。

なのに どうして弥生は
何も言わず

罪をかぶるようなまねを
したんですか?

それは2か月前に起こった
ある事件が発端でした。

(正和)事件?
ええ。

黒川 大地という男性が殺された
未解決殺人事件です。

やめて!
それ以上 何も言わないで。

弥生さん。
あなた 殺人の罪をかぶっても

自分の秘密 守ろうとした。

その秘密を 話す権利
わたしにはないと思うわ。

でもね
真犯人を明らかにするために

あたしには
真実を話す義務があるの。

なら せめて わたしから
伝えさせてください。

分かったわ。

弥生… 君は一体 何を…。

(弥生)わたし
あなたに嘘をついてた。

嘘?

(弥生)わたし あなたに会う前

高崎でOLをしていたって
言ったわよね。

あれ 嘘だったの。

本当は わたし… ホステスだったの。

ホステスですって?

(弥生)そのころ わたし

黒川という男と
一緒に暮らしてたわ。

黒川はクラブのマネジャーで

わたし言われるまま
彼の店で働き始めたの。

そのうち
彼の子どもまで妊娠したわ。

子ども…。

妊娠を知った途端
黒川は わたしを捨てた。

わたし 何もかも忘れたくて
1人で東京に出てきたの。

そんなとき
あなたと知り合ったの。

もう 誰かを好きになることなんて
二度とないと思っていた。

だけど いつの間にか
あなたを本気で好きになってたの。

でも 大切だと思うほど

あなたが本当のことを知ったら
わたしから

離れてしまうんじゃないかって
怖くて。

だから わたし あなたと
結婚することになったとき

自分の過去は
一生 封印しようって決めたの。

そのかわり 嘘をついた分だけ

必ず あなたを幸せにしてみせる。
2人で幸せになるんだって…。

弥生…。

ところが 弥生さんが
正和さんと結婚したことを

黒川が 偶然 知ってしまったの。

それで 患者の振りをして
病院に やって来たの。

≪(黒川)

お前 随分いい暮らし
してるじゃねえか。

フッ でもさ 昔のこと
だんなに知られたくなきゃ

オレの言うことを聞いたほうが
いいんじゃねえかな

(弥生)昔の写真を
ちらつかせて脅す黒川に

しかたなく
何回か お金を渡したの。

(弥生)でも あの夜…。

 

オレも そろそろ
自分の店 欲しくなってさ。

まとまった金が必要なんだよ

 

 


そうだ 金が無理なら
体でも かまわねえぜ?

お前とも 随分 久々だもんな。
えっ? 弥生

 

(弥生)わたし はずみとはいえ
黒川を殺してしまったのよ。

でも事件は
それで終わらなかったの。

しばらくして
弥生さんのもとに1通の手紙と…。

黒川が持っていた
この写真が届いたんです。

どうして? 写真なら
屋上で燃やしたはずなのに。

伊香保
あなたが暮らしていた家に

アルバムが残っていました。

犯人は 写真のネガが欲しければ

あの日 ちょうど1時に
屋上に来るように

弥生さん 呼び出し…。

そして 弥生さんに
扉を開けさせて

無人の屋上から
死体を突き落としたのよ。

 

誰かが わたしに 殺人の罪を
着せようとしていることは

すぐに分かりました。

黙っていれば
状況は不利になるってことも。

でも たとえ 殺人の罪を
かぶることになったとしても

わたし あなたに
自分の過去を知られたくなかった。

あなたを失いたくなかったの。

たった1つの嘘が
弥生さん 追い詰めたの。

でもね あなた1つだけ
思い違いしてるわ。

あなた 黒川を
殺してなんかいない。

どういうことですか?

弥生さんに突き飛ばされて
黒川は一時 意識を失ったけれど

それは致命傷ではなかった。

現場で一部始終を目撃してた
真犯人が

黒川殺しをネタに 弥生さんに
罪を着せようと考えたの。

そして…。


まだ意識のあった黒川を

もう一度 殴って 殺したのよ。

でも いくら弥生さんに
罪を着せるためとはいえ

関係のない人間まで
殺すとは思えませんけれど。

ああ 確かに そのとおりです。
でも犯人が

黒川に脅されていたとすれば
話は違います。

脅されていた?

ええ。 あたし初めて
この病院 来たとき

聞いたんです。

美佳さんには

つきあって間もない
恋人がいるような口ぶりでした。

われわれの調べによると
黒川は 白石 美佳と

半年前から恋人関係に
あったことが判明してます。

でも 黒川 死んでしまってるし

彼に何でも買えるほどのお金が
あったと思えません。

それでピンときたんです。

黒川は美佳さんから

病院内で不正経理
行われてることを聞き

その犯人を
突き止めたんじゃないかって。

不正経理って…。

そもそも 今回の事件の発端は
犯人が金山と組んで

病院の不正経理
行っていたことだったの。

不正経理を行ってた人間を
突き止めた黒川は

それをネタに 金をゆすった。

つまり 弥生さんが
黒川と もめてるところを

犯人が目撃したということは
黒川を殺し

さらに 美佳さん殺しの罪を
弥生さんに なすりつける

まさに一石二鳥の
チャンスというわけですね。

そういうこと。

でも どうして犯人は

仲間だった金山さんまで
殺す必要があったんですか?

美佳さん殺しを

弥生さんに なすりつけることを
失敗したことで

金山は 逃げ腰になったんでしょ。

オレは もう これ以上
かかわるのは ごめんだからな。

分かったな

それで犯人は
湯飲みに毒物を混入して…。

 

金山を殺害。

そして遺書を置いて
自殺に見せかけ

今度は すべての罪を

金山に着せようと
もくろんだのよ。

恐らく遺書は

仕事の始末書かなんか
利用したんでしょ。

何てことだ。
利用するだけ利用して

殺すくらいなら 最初から
1人でやればよかったんだ。

残念ながら
それはできなかったの。

えっ?
犯人が作り上げた

美佳さん殺しの計画を
実行するには

どうしても
共犯者が必要だったの。

どうしてですか?

 

事件当日。 美佳さんが
休憩室を出たのは 12時50分。

 

そして遺体が落ちてきたのが
1時ちょうど。

犯行 行える時間は
たった10分しかなかったの。

ところが 美佳さんを殺害後
死体を屋上まで運び出すのに

5分はかかることは分かっていた。

トリックを仕掛けるには
到底1人では時間が足りない。

そこで犯人は美佳さんを殺害して
死体を屋上まで運ぶと

トリックを仕掛けるのを
金山に任せたの。

だから事件直前のあのとき

金山は急いで
屋上へ行こうとしてたのよ。

 

それに犯人には
最後に重要な仕事が残ってたの。

重要な仕事?
ええ。

清恵さんを誘導して

弥生さんが屋上に向かう姿を
目撃させること。

そうですよね 桃瀬さん。

事件の真犯人は
副院長の 桃瀬 清孝 あなたよ。

あなたは金山と組んで
病院の不正経理にかかわってた。

そして自分の身を守るために
黒川を 美佳さんを

そして共犯である
金山まで殺害したのよ。

(桃瀬)ハハハハハ…。

桃瀬先生…。

(桃瀬)あなた
面白いことを考える人だ。

(桃瀬)主婦っていうのは
よっぽど暇なんですね。

だが あいにく

わたしには そんな妄想に
つきあってる暇はない。 失礼。

逃がさないわよ。

いいかげんにしないか。

これ以上 付きまとうと
名誉棄損で訴えるぞ。

一体 何様のつもりだ!

特命警視総監 橘 朝子。

たとえ 神様 仏様が許しても
ごはんに 味噌汁 卵焼き

日本のお母ちゃんは
あなたの罪を許しません!

朝子さん!
警視総監ですって?

いや まさか…。
残念だけどホントよ。

あんたが誰だろうと関係ないよ。

あんたが言ってるのは
全部 状況証拠だ。

そもそも わたしが弥生さんに

写真を送りつけたという証拠が
どこにあるんだ。

わたしには あんな写真を…。
写真 写真って

何の写真のことかしら。

とぼけるな!
正月に男と撮った写真のことだ。

アハハ。 今の言葉が何よりの証拠ね。

(桃瀬)なに?

皆さん。 これ
いつ撮った写真だと思いますか?

お祭りでしょ?
はい。

お祭りの縁日だと思います。
はい。

お祭りです。

一体 何だっていうんだ。

分からない?

ここにいる人たちは みんな
お祭りの写真だと答えた。

でも あなただけ
正月の写真だって言った。

確かに言った。

あなたが
正月の写真だって言ったのは

単なる偶然じゃないの。
理由があるの。

それは あなたが
最初に見た写真が

こっちの写真だから。

あたしが最初に見せた写真は
元の写真を拡大コピーしたものなの。

拡大することによって
ある重要な情報が抜け落ちた。

そうか 日付だ。
そうよ。

元の写真には1月1日
撮った日付が記されてるの。

黒川を殺した現場で
あなたが最初に見た写真は

日付の入った写真。

事件の真犯人である
あなただけが

これが正月の写真であると
いうことを知ってたの。

さあ どう言い逃れするのかしら?

そう… わたしがやったんだ。

あたしはね あの…
ぶきっちょな外科医で

失敗ばかりして…。

そんな わたしを
先代が拾ってくれて

今日まで やってきたんです。

でも このままだと
一生 走り使い。

いいように
こき使われるだけだ。

だからね だから あたしは
自分の病院が欲しかったんだ。

だから 決死の覚悟で
病院の不正経理にまで手を染めた。

なのに あいつら
そんな わたしに つけ込ん…。

だから殺したんだ ちくしょう…。

殺したくなかった…。

病院が欲しかったのよ…。

桃瀬 清孝。

黒川 大地 白石 美佳 および

金山 浩二郎 殺害の容疑で
逮捕します。

綾小路 弥生さん。

黒川 大地に対する傷害罪で
署まで ご同行ください。

不正経理に関しては
後ほど話を伺わせていただきます。

一体 どういうことなのよ。

金山も 桃瀬も みんなして
あたくしのこと裏切って。

弥生さん。

大体 あなたがいけないのよ
嘘ばっかりつくから。

あなたがいなければ…。
いいかげんにしてください。

清恵さん。 あなた
悪くないっていうんですか?

家柄や 社会的地位にばかり
惑わされて

人間の本質を見抜けなかった
あなたにも

責任あるんじゃないんですか?

弥生さん
嘘なんかついてませんよ。

弥生さん言ってたじゃないですか。

弥生さんが守りたかったのは
正和さんを思う気持ちだって。

正和さんを思う気持ちには
嘘はなかったって。

弥生… すまなかった。

僕が もう少し
君の立場を考えていれば

君が ここまで
追い込まれることはなかったんだ。

(弥生)あなた…。

僕は君を待ってる。

君の過去も 嘘も 罪も
何もかも許してみせる。

だって 僕たち 夫婦なんだから。

わたしこそ ごめんなさい
嘘をついて。

あなたに迷惑ばかりを掛けて…
ごめんなさい。

♬~

♬~

(隼)もう未解決殺人事件を
解決するとは さすが朝子さんだ。

これは約束の10万円です。

朝子さん。 もし よろしければ

これを機会に もう一度
警察へもど…。

条件3。

事件を解決するのは
今回1度限りとする でしたな。

でも 久しぶりの仕事も
悪くなかったわよ。 じゃあ。

また お願いすることになると
思いますよ。

♬~

♬~

♬~

ハァ… せっかくの10万円も

大ちゃんの借金で
家族旅行も行けやしない。

あーあ 節約 節約… どこ隠そう。

目指せ 熱海!