ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

それぞれの断崖 第8話 最終回 遠藤憲一、田中美里、清水大登… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『オトナの土ドラ・それぞれの断崖 #08【僕・俺・私は生きてていいのかな?】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 角田
  2. 少年
  3. 女性
  4. 恭介
  5. 志方
  6. 一緒
  7. 真紀
  8. 満君
  9. シャッター音
  10. 看護師
  11. 子供
  12. 真弓
  13. 母親
  14. お父さん
  15. お母さん
  16. ノック
  17. 意識
  18. 覚悟
  19. 恭介君
  20. 最近

f:id:dramalog:20190922085356p:plain

『オトナの土ドラ・それぞれの断崖 #08【僕・俺・私は生きてていいのかな?】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

[終]オトナの土ドラ・それぞれの断崖 #08【僕・俺・私は生きてていいのかな?】[字]

志方(遠藤憲一)に決断の時が。「母さん!お願いだからアイツと別れて!」はつみ(田中美里)への満(清水大登)の叫びに志方が出した結論は?再生かさらなる崩壊か…。

詳細情報
番組内容
志方(遠藤憲一)は満(清水大登)の父親になりきれず悩んでいた。実の母親であるはつみ(田中美里)と3人で生きていこうと心に決めてはいたのだが、少年院を退院して以来、世間の好奇の目にさらされ続ける満の心はふさぎ込むばかりだった。ついに、志方を父親として受け入れられない満は、包丁を持ち出し母親・はつみに突きつける。
「母さん!アイツと別れて!僕と二人で暮らして!」
少年犯罪の加害者家族と被害者家族――
番組内容2
心に断崖を抱える者たちのそれぞれの生き方は…?
出演者
遠藤憲一 
田中美里 
清水大登 
永瀬莉子 
仁村紗和 
清水伸 
和泉ちぬ 
加藤衛
 / 
田中美佐子
スタッフ
【企画】
市野直親(東海テレビ) 

【原作】
小杉健治「それぞれの断崖」(集英社文庫) 

【脚本】
洞澤美恵子 

【音楽】
羽岡佳 

【主題歌】
CHEMISTRY「Angel」(Sony Music Labels) 

【音楽プロデュース】
細井虎雄(オフィスニューマン) 

【演出】
村松弘之

【プロデュース】
西本淳一(東海テレビ) 
大久保直実(ビデオフォーカス)
スタッフ2
【制作著作】
ビデオフォーカス 

【制作】
東海テレビ
ご案内
公式サイトやSNSなど、充実のウェブコンテンツは「オトナの土ドラ」で検索!!

【公式サイトURL】
http://www.tokai-tv.com/dangai/

【公式ツイッター
@tokaitv_dodra

【YouTube
東海テレビ公式チャンネルも好評配信中!

 

 


≪(女性)ちょっと。
何 やってんのよ?

こんなところに 置かないでよ。

ほら。 さっさと
片付けてちょうだい。 もう。

(女性)あんた 最近
2階に来た子でしょ?

(満)はい。
(女性)中学生? 何年なの?

(満)3年生です。
(女性)ああ。

最近 物騒だから 近所に
どんな人が 住んでるのか

知っておかなきゃね。

≪(志方)あっ。
どうかしましたか?

(女性)あっ。 前に 隣の女
捜しに来た人よね?

この子の お父さん?
いや。 知り合いの者です。

(女性)みんなで使う場所なのに
勝手なことしてるから

注意してたのよ。
じゃあ 端っこに 寄せときます。

すいませんでした。
(女性)やっといてよ。

ちゃんと やりなさいよ。
まったく ホントにね。

(少年)見ろよ こいつ。
(少年)坊主?

(少年)やっぱ こいつだよ。
(少年)マジかよ?

(少年)お前 殺しちゃったの?
同級生。

(少年)人 殺しておいて
のんきに お買い物ですか?

(満)返せよ!
(少年)俺も 殺される!?

(満)返せって。
返せよ。

(満)何 やってんだよ?
(シャッター音)

(少年)いいのかよ?
騒ぎを起こしたら

即 少年院に 逆戻りじゃねえの?
(シャッター音)

(満)撮るなよ!
返せよ!

おい!
何 やってんだ?

(はつみ)はい。 終わり。
気を付けなきゃね。

(満)もう いい。

ネットに 写真が 出回ってるんだ。
外なんか 出歩けない。

そんなこと 言わないの。

ずっと 引きこもってるわけには
いかないでしょ。

僕のいるところは
どこにもない。

少年院に戻れば いいんだ。

よしなさい。 そんな 言い方。

世間の目が 厳しいのは
分かってたことでしょ。

何か起きるたびに
投げやりになって どうするの?

しっかりと 前を向かなきゃ。

退院した日に 話したよね?

この先 いろんなことがある。

でも 何があっても
乗り越えようって。

(志方)もう いいだろ。

よく 来たな。
暑かったろ。

いいところね。
潮の香りがする。

ここなのね。
用意してくださった家。

ずっと 空き家だったんだよ。
入れ。

お仕事は どう?

農家の仕事なんか
手伝ったことないから 大変だよ。

そう。 でも ここは 静かだし
空気は いいし

ここなら 満も 落ち着けそう。

ここだよ。
広いのね。

入っても いいですか?

いいですか?

来て よかった。

うん。

満も 気に入ってくれたら
いいけど。

はい。
ああ。 ありがと。

満。

はい。

恭介と
ここに来たことが あんだ。

♬~

(恭介)《父さん》
《何だ?》

(恭介)
《生きていくのは つらいね》

《うん》

《それでも 生きてかなきゃな》

あのとき 恭介が 言ったんだ。

「生きていくのは つらいね」って。

恭介君が?
うん。

生きているうちに もっと 何か
してあげらんなかったのかな。

♬~

ねえ? せっかくだから
3人で 写真 撮りましょうか?

ほら。 満。

(満)俺は いいよ。
いいから 立って。

はい。 笑って。

(シャッター音)

≪(ノック)

≪(ノック)

(満)はい。

≪ちょっと いいですか?

(角田)満君。
いつ 戻ったんだ?

元気で やってるのか?
(満)はい。

お母さんは?
(満)パートで。

(角田)うん。
じゃあ また 出直すよ。

(満)はい。

(角田)沢田 陽介。
ご存じですね?

別れた夫です。

1週間前に
自動車事故で 亡くなりました。

死んだんですか?
(角田)ええ。 車が 盗難車で

他にも 窃盗の余罪が
何件か あったものですから

調べていたところでして。
連絡などは?

ありません。 14年前に出てって
それっきりです。

(角田)そうですか。

何か お気付きのことが
ありましたら

また ご連絡いただければ。

あのう。

あの人 どんな
暮らしだったんでしょうか?

(角田)半年前に
出所したばかりでした。

ここ 十年ほどは 窃盗や傷害で
刑務所を 出たり入ったりで。

満? 満!

♬~

♬~

満。

母さんも びっくりしたわ。
突然 聞かされたんだものね。

会いたかったよ。
父さんに 会いたかった。

いつか 会えると 思ってた。

どんな人だったの?

ミュージシャンになるっていう
夢を ずっと 追い掛けてた。

音楽の話を しているときは
目を輝かせて 夢中だった。

母さん
そんな あの人が 好きだった。

でも 生活のことは
何も考えてくれなくて。

満が 生まれて すぐに
いなくなった。

家族が 重荷になったのよ。

だから 父さんなんか
いなくても いい。

満と 2人で生きていくって
決めて やってきた。

父さんが 死んだことは
悲しいけど

でも 僕には 母さんがいる。

僕は 母さんが いてくれれば
それで いい。

母さんさえ いてくれれば

他は 誰も いらない。

僕 母さんと
2人で 暮らしたいよ。

満…。

おじさんと 一緒は 嫌だ。

そんなこと 言わないの。

志方さん 満のために 一生懸命
してくださってるじゃない。

母さんは あいつと 一緒に
暮らしたいだけだ。

だから あいつを 僕の
お父さんにしようと してるんだ。

でも 違う。
僕の お父さんは…。

死んだ お父さんだけだ。
あんなやつ 父さんじゃない!

満。
あいつは 母さんが好きだから

僕に
優しくしてるだけじゃないか。

やめなさい!

母さんは…。
母さんは 僕だけのものだ。

誰にも 渡さない!

母さんを 失うくらいなら

いなくなった方が いい。

あいつと 別れてよ!
別れてよ!

やめなさい 満。

母さんは
僕だけの 母さんだ。

落ち着きなさい。
包丁を置いて。

別れないなら…。

別れないなら!

死んで。

刺しなさい。

あなたに その覚悟が あるのなら
刺しなさい。

待ちなさい! 満。

満 待ちなさい! 満!

母さん!
しっかりして!

しっかりして 母さん!
母さん…。

角田さん。

今回のこと 事件に
しないでもらえませんか?

満君のことは
俺が 責任を持ちますから。

いや。 責任を持つと
いわれましても。

お願いします。

(角田)志方さん。
あなた 変わった。

あなたの生き方を どうこう
言うつもりは ありませんが

私には 理解できない。 息子さんを
あやめた少年ですよ。

被害者の父親が
加害者の父親になど

なれるものでしょうか?

覚悟は できてます。

(角田)分かりました。

(医師)《全身を 強く
打撲しています》

《問題は 意識が
まだ 戻らないことです…》

おじさんと 一緒は 嫌だ。

母さんを 失いたくなかった。

(満)失うくらいなら
いなくなった方が いい。

≪(戸の開く音)

少し 寝た方がいい。

ん…。

ああ。 すいません。
(看護師)はい。

中学生ぐらいの 男の子
見ませんでした?

(看護師)いいえ。
すいません。

♬~

♬~

♬~

(満)やめろ! 離れろ!
ああー!

(満)何でだよ!?
何で 助けたんだよ!?

何で? 何でだよ!?

(雪子)志方から
電話で 頼まれて。

先生 呼んできますね。

(看護師)ゆっくり
休んでくださいね。

≪(戸の閉まる音)

あのう。 満は?

大丈夫よ。
志方と 一緒に います。

どこに?

三崎です。
三崎?

今夜は 2人で 泊まるそうです。

心配いりませんよ。

母親 失格です 私。

愛情を かけさえすればいいと

かけ過ぎた気がします。

でも 届いてなかった。

もっと 注いであげてください。

ためらうことなんか ない。

子供は いつか
巣立っていきます。

それでも
母親は ずっと 母親です。

子供は ずっと 子供です。

♬~

疲れたでしょう?
少し 休んだら?

ありがとうございます。

♬~

♬~

そうか。
分かった。

うん。 うん。

じゃあな。

お母さん 意識 取り戻した。

よかった。

あした 朝一番で 戻るぞ。

はい。
寝るぞ。

おじさん。

うん?

僕…。

僕…。

生きてて いいのかな?

生きていくのが つらいよ。

それでも 生きていかなきゃな。

満。
母さん。

(満)ごめん。 母さん。

ごめん。

よかった 無事で。

無事で よかった。

どうして そんなことしたの?

(満)母さんに 何かあったら
全部。 全部 僕のせいだ。

満には この先
長い人生が あるのよ。

少しずつで いいから
自分の力で 歩いていかなきゃ。

ありがとう。 助かった。

いいのよ。

って 言いたいところだけど
もう これっきりにしてね。

(真弓)お父さん。 私 11月に
水戸で 式 挙げる。

そうか。
お父さんも 出席してね。

いいのか?
花嫁の父だもん。

出てやって。

うん。

真紀からも お話 あるんでしょ?

(真紀)私 法学部
受けようと 思ってるの。

法学部?

(真紀)恭介の事件で
色々 考えることが あったから。

そっか。 そっか。

いいんじゃねえか。

よかった。
(真弓)よかったね。

(真紀)《一緒に 勉強 手伝って》
(真弓)《何でだよ》

♬~

雪子。
何?

ありがとう。

何よ? 急に。
あっ。 いや。

すまない。

何が?

満君から 聞いたろ?
何を?

満君のこと ひっぱたいた。

そう。

何も聞いてないのか?
何も。

ひっぱたいて それから?
どうしたの?

どうもしないさ。

そう。

恭介も…。

一度ぐらい
ひっぱたいてやれば よかった。

ありがとう。

うん?

満…。 ちゃんと
生きていくと 思います。

これから先 いつか 一人で
ちゃんと 生きていくと 思います。

恭介君のこと
絶対 忘れずに

ちゃんと 生きていくと 思います。

私も。
もっともっと ちゃんと

自分の足で 立って
生きていこうって 思います。

そっか。

♬~

そうだな。

俺も 一から ちゃんと 生き直す。

生きていくって
つらいけど

捨てたもんじゃないですね。

うん。
捨てたもんじゃない。

ありがとう。

ありがとう。

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~