ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

まどろみバーメイド 第10話 サヘル・ローズ、木竜麻生、玄理… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『真夜中ドラマ「まどろみバーメイド~屋台バーで最高の一杯を。~」#10』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. テレシア
  2. 宇宙
  3. 騎帆
  4. カクテル
  5. 意味
  6. 必要
  7. 大丈夫
  8. 名前
  9. ウソ
  10. お待たせいた
  11. シャッター音
  12. 甘口
  13. 最近
  14. 仕事
  15. 自分
  16. 数珠
  17. 美女
  18. 蜂蜜
  19. インスタ
  20. お客様

f:id:dramalog:20190915090101p:plain

『真夜中ドラマ「まどろみバーメイド~屋台バーで最高の一杯を。~」#10』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

真夜中ドラマ「まどろみバーメイド~屋台バーで最高の一杯を。~」#10[字]

月夜に現れては、ふと消える不思議な「屋台バー」の女性バーテンダー・雪。雪のバーを訪れた占い師は自分のためのカクテルを作ってほしいと希望する…。【4K制作】

詳細情報
番組内容
雪(木竜麻生)の屋台バーに占い師の美濃テレシア(サヘル・ローズ)が入ってきた。
テレシアは自分のためのカクテルを作ってほしいと希望する。雪はテレシアがしていたピアスの飾りをヒントに、スイカを使ったカクテルを作ることにした。
内容続き1
テレシアは以前に屋台バーにやって来たイラストレーター野々原さや(清水葉月)が、雪に紹介したいと言っていた占い師だった。
テレシアはカウンターに占い道具を広げ、雪のことを占い始める。雪の母親が客商売だったこと、母親を亡くしたことへの深い心の傷があること、バーテンダーをしてるのはその代償行為で心の傷を埋めようとしているなどと、次々と告げていく。
内容続き2
テレシアの話に惹きつけられていた雪だったが、テレシアの突然のクシャミに、雪は我に返る。そして作ろうとしていたカクテル用のスイカ果汁の瓶を引っ込め、全く別のカクテルを作ることに…。
出演者
 月川雪…木竜麻生
 伊吹騎帆…玄理
 陽乃崎日代子…八木アリサ
出演者続き
【ゲスト】
 美濃テレシア…サヘル・ローズ
 野々原さや…清水葉月
 剣堂寅雄…相島一之
原作脚本
【原作】『まどろみバーメイド』早川パオ
芳文社週刊漫画TIMES」連載中)

【脚本】田中洋史 上野友之
監督・演出
【監督/脚本】池田千尋 古川豪
音楽
【音楽】ベンジャミン・ベドゥサック

【主題歌】SHE IS SUMMER
「Bloom in the city」
(Being,Inc./SIS RECORDS)
番組概要
とある街の一角。月夜に現れては、ふと消える不思議な「屋台バー」がある。この屋台の店主は女性バーテンダー・雪。雪は夜更かしが苦手でいつも居眠りをしているが、ひとたび注文を受けるとその眼差しは変わる。
客の特徴、気候などを考慮して客がもっとも求めている味を提供する天才バーテンダーだ。バーには様々な客が訪れ、それぞれの悩みや悲しみをグラスと共にカウンターに置いていく。
番組概要の続き
そして雪自身も、同居する二人の先輩バーテンダー騎帆と日代子との出会いや、過去も含め物語が動き出す。気鋭のイラストレーター・パオの漫画デビュー作を実写化。
制作
【制作】テレビ大阪ADKクリエイティブ・ワン

【製作著作】ドラマ「まどろみバーメイド」製作委員会
関連情報
【番組公式HP】
www.bs-tvtokyo.co.jp/sleepy_barmaid/

 

 


いいの いいの
ちっちゃいことは 気にしない。

今週は そういう流れだから。

パワーカラーのオレンジ満載にしてますし

ゴーしちゃって。

私 今日はもう
カクテルモード入ってるんで。

(机を叩く音)

(せき払い)

いらっしゃいませ。

ご注文は
いかがいたしましょうか?

私 ちょっと お酒には詳しいの。

バーに来たのなら

マティーニに始まり マティーニに終わる。

ってことで ドライマティーニを。

ドライでよろしいですか?
えっ?

(雪)甘口のものもございますが。

甘口? どうして?

以前は そちらのほうが
お好みだとおっしゃっていたので。

あっら~ バレてたか。

(雪)はい。

雪:スイートメモリーズです。

こりゃまた きれいな…。

私は これを続けてきて
今も続けている。

それだけなので

まだ残ってたなんて…。

おかげで あれから
仕事が メッチャ好調なの。

それは よかったですね。

雪さんに
お礼 言いたかったのにさ

店の名前もわかんないし…。

捜しまくったよ。

申し訳ありません。

で お店の名前は 何ていうの?

店の名前…。

そういえば 付けてませんでした。

えぇ そういえば? マジで!?

必要 ですかね?

そりゃそうでしょうよ。
必要でしょうよ。

いい名前付けなくちゃ。

そうですね…。

おまじないみたい。

お待たせいたしました。

スイートマティーニです。

いかがですか?

うん おいしい。
うん おいしいんだけどね…。

名前のことなんだけどさ

いい人 紹介するよ。

いい人?

実は 最近 知り合った 占い師…
みたいな人がいてね。

テレシアっていうんだけど

う~ん 宇宙の 大きな流れから

私たちを導いてくれるの。

宇宙の 流れ…。

おかげで商売繁盛なんだよ 私。

ご厚意は ありがたいのですが

今のところ そういったものは…。

せっかく いいものがあるのに

知らないのは 損だって。

テレシアさんが
宇宙の力を入れてくれた数珠

これも必要かな。

早く。

よいしょ あ~ ぴったり!
えっ?

それ お試し用。

いや…。

(シャッター音)

面倒くさい 誰か手伝って。

うん 何しよっか?

(騎帆)雪 手伝わなくていいよ。

何それ。
自分の店の宣伝だろ 人に頼るな。

宣伝?
う~ん。

なんか うちのお店でね 今更
インスタ始めましょうってなって

で お店で
いちばん若くて かわいい私が

担当になっちゃったの。

(騎帆)じゃあ
フレアの動画でも撮ったら?

う~ん でも もう
インスタのテーマ 決めたんだよなぁ…。

よいしょ。

(シャッター音)

あっ はい 削除っと…。
いや なんでだよ。

だって テーマがね

カクテルと美女なの。

騎帆さんが写っちゃうと
いろいろブレちゃうでしょ?

いろいろ つっこみどころ
満載だけど

もう仕事だから
スルーしといてやるよ。

美女と野獣
なっちゃうと思って。

あっ はい。

アンタたち
野獣の恐ろしさ知らないの!

おぉ 怖~い。

ん? どしたの これ?

うん お客さんに
つけてもらったというか

つけられたというか…。

ふ~ん でも ウチらの仕事で
手首に何かつけるって ねぇ?

そうだよね。
まさか 売りつけられた

わけじゃないよな?
ううん お試し用だって。

宇宙のパワーが…
込められてるんだって。

じゃあ いってきます。
いってらっしゃい。

いってらっしゃい。

宇宙のパワー?

えっ? 何なに なんか

霊感商法みたいなやつ?

いや それは 大丈夫だろ。
えっ? 今回 淡白…。

雪には だまし取られるほどの
金なんてない。

騎帆さん 辛辣 でも そのとおり。

(騎帆)あっ 雪 コート忘れてるよ!

これも ある意味 美女とカクテルか…。

あっ!

(インスタを更新した音)

(くしゃみ)

お大事になさってください。

(くしゃみ)

ふ~ん。

フフ…。

なるほどね。

いらっしゃいませ。

おもしろい子。

警戒心が半分と
好奇心が半分ずつ。

あなた 例えば

私がどんな人間か… わかる?

テレシアさん ですね?

よくできました。

美濃テレシアよ。

おじゃまするわね。

ご注文は
いかがいたしましょうか?

あのね 野々原さやさんが

あなたのこと絶賛してた。

ぜひ私も同じ体験してみたいわ。

お待たせいたしました。

村雨です。

リキュールのものじゃない。
不思議な香りがする。

月下美人という花を
ご存じですか?

きれい

ねぇ 私のためのカクテル
作ってくれる?

かしこまりました。

甘口のカクテルでも よろしいですか?

そうね 女性だったら
統計的には そうなるわね。

ただ 蜂蜜だけは
やめてちょうだい。

最近ね だめになったの。

(雪)かしこまりました。

(テレシア)きれいな色 これなぁに?

小玉スイカの果汁です。

よく見てるわね。

(雪)お好きかと思いましたので。

まぁ そんなところよね。

(テレシアの歌声)

人は宇宙の
大きな流れの中で生きてる。

人が 意味を決めるんじゃないの。

すべての意味は
宇宙の流れの中にある。

あらがうなんて非合理的だわ。

大きな流れに身を任せたほうが

よほど幸せに生きられる。

あっ ごめんなさい。

私なりに
あなたのこと知りたいの。

いいかしら?

はい。

だんだんと あなたが見えてきた。

私… ですか?

そう あなた。

あなたは 誰か

近しい人を亡くしてるわね?

そう お母様…。

あなたの実家も客商売。

あなたは 母親を亡くしたことで

心に深い傷を負った。

バーテンダーをしているのは
いわゆる代償行為。

お店に来るお客さんは

あなたにとって
子どものようなもの。

それを あやし…。

満たし…。

癒やす…。

そうすることで
あなた自身が母親となり

自分自身の心の傷を
埋めようとしている。

そう 答える必要はないのよ。

自分の心の中に

深い旅をしてごらんなさい。

怖い?

私がついてるから… 大丈夫。

女一人の屋台は… 大変でしょ?

いろいろトラブルもあった。

怖かったでしょ?

でも これからは…。

私が ついている。

大丈夫。

この数珠を…。

持っていなさい。

これを持っていれば あなたは…

(くしゃみ)

あぁ… ごめんなさい。

もう せっかく
いいとこだったのに…。

ここんとこ
くしゃみが止まらなくて…。

だめだ…。

私が 間違ってました。

一から別のものを
作り直させてください。

(日代子)騎帆さんさ…。

なに?

夜のから揚げって
切なくなんない?

どういう意味?

いつまで夜のから揚げ
食べてていいんだろうなって…。

ああ そういう話?

私たち 言ったら
夜の商売じゃない?

なんか いつか

肉体的限界とか来んのかなって…。

う~ん…
スナックで80歳くらいまでやってる

おばあちゃんママとかいるだろ?

それ特例だよ。

女のほうが 強いんだよ。

寿命だって男より長い。
腰 痛っ…。

そっか そうだといいな。

ねぇ 説明してくださる?

どういうことなのか?

お客様は 花粉症で
いらっしゃいますよね?

おそらく ブタクサ由来のもの。

そうだけど それがどうしたの?

この辺りには 多いようです。

先ほど いらっしゃったお客様も

やはり くしゃみを
なさっていました。

どうりで反応するわけだ。

はい。 そして最近

蜂蜜が だめになった。

口の中が かゆくなるのよ。

花粉症から軽いアレルギー症状を
併発している可能性があります。

そんなことあるの?

はい。 ブタクサのものですと

反応するのが 蜂蜜やメロン…。

そして スイカ

念のため スイカは避け

代わりに カカオリキュールを
使わせていただきます。

よろしいですか?

どうぞ。

カカオリキュールの甘さは

この暑さだと
しつこく感じられますので

ミントリキュールも加えます。

テレシアさん
日焼けを気になさってますよね?

これ? いやぁね ただのファッションよ。

気にしていないと言えば
ウソになるかしら…。

ミントには メラニン細胞の
活性化を抑える作用のある

タンニンが含まれているんです。

そして 最後に チョコレートを加えます。

お待たせいたしました。

チョコレートグラスホッパーです。

これが… 私のためのカクテル?

はい。

おいしい。

申し訳ありません。

そちらは お返しします。

そう。

あなたは そうなのね…。

雪さん 数珠 返したんだね。

はい すみません。

私には
必要ないものだったので…。

まぁね テレシアさんの言うこと

ちょっと
うさんくさいとこあるしね。

あっ いえ そういうことでは…。

いいの いいの。
テレシアさん あれ

あえてやってるから。
演出っていうの?

演出…。

でも 私の過去について
見抜かれたのは 驚きました。

あ~ それ たぶん
調べてるんじゃないかな~。

デタラメはしない人だから。

わざわざ調べて?

うん そういう意味では プロだね。

適当なウソはつかない。

宇宙とか内面世界とか

あれもテレシアさんにとっては
真実なの。

(さや)でも信じるかどうかは
別問題でしょ?

テレシアさんも それはわかってるから
無理強いはしないわけ。

与えられた力で人を幸せにする。

そのために
持ってる力 全部で尽くす。

(さや)ねっ 似てるでしょ?
えっ?

雪さんも
きちんと自分を持っていて

目の前の人に
どこまでも向き合えて

それなのに どこかさみしげ…。

テレシアさんも
雪さんに近いものを感じたから

興味を持ったんじゃないかな?

ん?


ん?

 

うわさをすれば 出ていい?

どうぞ。

(さや)あっ もしもし テレシアさん。

(シャッター音)

いい感じ~。
うわぁ かわいい。

あっ 消えた。

もう食べていいってことかな?

そうだね 雪も帰り遅いし。

いいよね?

(2人)いただきます。

でも大家さんが帰ってきたら

バンブー以外
私たち みんな出てかないとね。

まだ ずっと先だよ。

でも その前に
いろいろ考えなきゃじゃん。

いろいろって?
将来のこととか…。

意外!? そんなこと考えてんだ。

そりゃ考えるよ。

騎帆さんだって そうでしょ?

きっと 雪ちゃんだって
考えてると思うけどな~。

ホントにアイツが考えてると思う?

ごめん ウソついた。

これ ちょっと 手 洗ってくる。

うん あっ そうそう
あっ そうなの。

テレシアさんの言ったとおり うん…。

ちゃんと話したら大丈夫だった。

…ありがとう。

ようやく見つけた。