ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

サイン 第9話 最終回 大森南朋、松雪泰子、飯豊まりえ、高杉真宙… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『サイン-法医学者 柚木貴志の事件- #9』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 先生
  2. 遺体
  3. 解剖医
  4. お前
  5. フフッ
  6. 証拠
  7. お願い
  8. 奥野
  9. 院長
  10. 仕事
  11. 柚木
  12. 映像
  13. 映像データ
  14. 永士
  15. 警察
  16. 高橋
  17. 削除
  18. 繊維
  19. 北見永士
  20. 本当

f:id:dramalog:20190913003243p:plain

『サイン-法医学者 柚木貴志の事件- #9』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

[終]サイン-法医学者 柚木貴志の事件- #9[字]

韓国で大ヒットした驚愕の法医学サスペンスを、強力キャストでリメイク!
法医学vs絶対的権力“真実”をめぐる壮絶な戦い!
衝撃のラストにあなたは必ず号泣する…

詳細情報
◇番組内容
法医学vs.巨大権力“真実”をめぐる攻防戦、ここに完結!
殺された人気歌手の喉から見つかった“青い繊維”と、次期総裁候補の娘・楓(森川葵)の自宅から押収した凶器と思われる“青いぬいぐるみ”。柚木(大森南朋)らはこの2つを照合検査にかけるが、結果は「不一致」で…!権力によって次々と消されていく証拠…。やがて、柚木は楓の罪を暴く“真実のサイン”を手に入れるため、想像を絶する“決死の勝負”に出る――。
◇出演者
大森南朋松雪泰子、飯豊まりえ、高杉真宙佐津川愛美淵上泰史、吉田ウーロン太、小久保寿人横山涼柳美稀猪野学森川葵、木下ほうか、利重剛西田敏行(特別出演)、仲村トオル
◇原作
『サイン』
【脚本】キム・ウニ、チャン・ハンジュン
◇脚本
羽原大介
◇演出
七髙剛
◇主題歌
東方神起『ミラーズ』(avex trax)
◇スタッフ
【エグゼクティブプロデューサー】内山聖子テレビ朝日
【プロデューサー】飯田爽(テレビ朝日)、下山潤トータルメディアコミュニケーション
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/sign/
☆Twitter
 https://twitter.com/sign_2019
☆Instagram
 https://www.instagram.com/sign.2019/

 

 


♬~(北見永士)
「未来を 賭ける game」

(島崎 楓)ハハハハ…!

(会田幹彦)「あの ぬいぐるみ
取っておくつもりなんですか?」

(楓)「うるさいなあ」

「捨てた事にしてるんだから
黙っておいてよ」

(会田)「でも 凶器なんですよ」

(佐々岡 充)凶器が残っていたって
どういう事だ?

(吉川警部)詳しい事は
わからないんですが

とにかく そういう事でして…。

♬~

(高橋紀理人)「例の青い繊維
急ぎで必要なんですけど…」

(中園 景)わかりました。
家にあるので すぐ取ってきます。

(伊達明義)送ろうか?

妹さんの事 聞いたよ。

私なら 妹さんを救える。

(景)本当ですか?

♬~

(高橋)遅いっすね…。

(呼び出し音)

(クラクション)

遅かったな。

青い繊維は?

(春日美晴)すぐ検査します。
(高橋)どれぐらい かかります?

それぞれの繊維を
照合するだけなら

15分もあれば…。
(四方田隼斗)手伝います。

何かあったのか?

私なら 妹さんを救える。

伊達が…。

でも 渡しませんでした。

その条件をのんで
優の意識が戻ったとしても

優は喜びません。

それに…

先生は 私に

解剖医としての使命を
教えてくれました。

私は 柚木先生のような解剖医に
なりたいと思ってます。

だから 渡しませんでした。

最後の大事な証拠を
渡せるわけないです。

悪かった。 俺のせいだ。

俺が あの時 北見の解剖で

事件を終わらせる事が
できていれば…。

♬~

だが もうすぐ
真実が明らかになる。

北見永士も成仏できるはずだ。

はい。

(高橋)結果が出ました!

どうだった?

一致しないのか?

(美晴)これが ぬいぐるみ
こっちが青い繊維の成分です。

手違いじゃないのか?

二度 検査を行い
全く同じ結果です。

(松沢大輝)じゃあ もう一回
やってみましょうか?

何度やっても同じよ!

♬~

(足音)

♬~

それぞれの繊維を
照合するだけなら

15分もあれば…。
手伝います。

♬~

院長…。

これは 本当に
法医研のためなんですよね?

もちろんだ。

♬~

最後の証拠を処分しました。

(佐々岡)「そうですか。
ご苦労さまでした」

島崎先生は
そこにいらっしゃいますか?

先生は 今 手が離せません。

「時間は取らせません。
少し 先生と話を…」

ですから
お忙しいと言ってるでしょうが。

だから…。
(島崎藤一郎)佐々岡 貸せ。

あっ…。

島崎です。

法医研独立に関する
法案と予算の件

佐々岡さんから 予算確保に

動いてくださっていると
聞きました。

しっかりと
準備させてもらっています。

(島崎)「ですが 全ては

総裁選が終わってから
という事になります」

くれぐれも
よろしくお願いします。

視野の狭い男だ…。

先生 有権者にとって
関心の薄い法案は

後回し… ですね?

言わずもがなだな。

ナイスショット!

あっ 先生…。

♬~

青い繊維は どこですか?

なんの事だ?

出ていけ。 私は忙しい。

総理大臣候補の島崎藤一郎が
自分の娘の犯罪を隠すために

あなたと 警察のトップにまで
圧力をかけ

事件を隠蔽し 真実をねつ造した。

なんの話か
さっぱりわからんな。

一人の人間として
恥ずかしくないんですか?

私は 革命を起こす。

革命?

警察の言いなりで
自主自立できない。

世論は
死人に税金を使う事に反対だ。

その結果 現場は
予算も人員も削られ続けている!

この国の解剖率は 極めて低い。

死因不明社会とまで言われている。

こういう現状を変えるには
革命を起こすしかないんだ!

天の声を聞き 法案を通してもらい
予算を勝ち取って

法医研が
本当の意味で独立してこそ…。

あなたの言うとおり 法医研が
警察から独立できたとしても

今度は 政治家
島崎藤一郎の言いなりになる。

結局 法医研も あなたも

この先 ずっと
権力に服従し続けるだけだ。

伊達院長…。

解剖医の仕事は
天の声を聞く事じゃありません。

死んだ人間の声を聞く事です。

それが 俺たち解剖医にできる
唯一の仕事です。

失礼します。

♬~

(ドアの開閉音)

♬~

(松沢)戻り次第って感じ…
あっ ちょっと待って。

(松沢)柚木先生!

あの ロビーに
お客様が来てるって…。

♬~

柚木先生。

(楓)私のぬいぐるみが

こちらにあると
聞いたものですから…。

返してください。

宝物なんです。

宝物?

永士がプレゼントしてくれたの。

この指輪も永士にもらったの。
フフッ…。

安物だけど 身につけていると

永士が いつも
一緒にいてくれるような気がして。

北見永士も

宮島清花も

会田幹彦も…

全部 あなたが
やったんですよね?

私は 世界一優秀な
日本の警察を信じます。

また何か面白い事がわかったら
教えてください。

フフッ… ごきげんよう

♬~

(楓)ハハハハ…!

♬~

(下山益男)次期総裁候補の家を
家宅捜索して

なんの証拠も得られなかった。

組織として 誰かが
責任を取らなければならない。

私は どんな処分でも受けます。

でも 高橋警部補は
私の指示に従っただけで

高橋警部補に関しては…。
(下山)ハハッ…。

高橋程度に責任を取らせても

政府も マスコミも
納得するはずがないだろう。

責任は お前と俺で
取らされる事になった。

一課長も?

当たり前だろう。
最高責任者は俺だ。

でも…
家宅捜索の申請は私がし

現場での指揮も…。

組織とは そういうものだ。

(下山)お前は
押収品管理室の室長。

俺は… ハハッ…

運転免許試験場長。

異動までの1週間
一切の捜査に関わる事を禁ずる。

♬~

聞いてた?

(高橋)到底 納得いきません。

1週間以内に
真犯人の証拠をつかめば…。

無理よ。

これで終わり。

(高橋)諦めるんですか?

女性初の捜査一課長になるんじゃ
ないんですか?

♬~

♬~

(キーを打つ音)

(キーを打つ音)

♬~

楽屋前の映像記録の
タイムコードが

20時52分15秒から56分45秒まで
4分30秒 飛んでる。

映像データを
誰かが削除したって事?

ライブ会場に 楽屋前9番カメラの
マスターデータがないか

問い合わせてくれないか?

それは… 事件後
所轄の鑑識が すぐに回収してる。

だったら その鑑識官に連絡して
確認してみてくれ。

「もしもし? 千聖?」

(電話が切れる音)

誰かが 映像データを削除した
可能性があるんですか?

♬~

残ってるかもしれないって事か?

映像データを押収した
品川東署の奥野って鑑識官が

事件後に病気で退職しています。

奥野元鑑識官が何かを知っている

あるいは マスターデータが
残ってるかもしれません。

行ってみよう。

(大泉)新しい「タント」は。

近づくだけで 開く。

スムーズに 動ける。
心まで 触れ合える。

クルマを超えて。 NEW「タント」

<いまこそ行くシカ>

(大泉)新しい「タント」は。

前の車に合わせて走る 止まる。

道路の真ん中 キープする。

長いドライブ 楽になる。

クルマを超えて。 NEW「タント」

<いまこそ行くシカ>

糖尿病の合併症で
視力が弱まっていて

あまり長い時間は…。

わかりました。

奥野さん 簡潔にお伺いします。

3カ月前の北見永士事件で

鑑識官として押収した
映像データについてです。

9番カメラのデータだけが
一部削除されていました。

何かご存じじゃありませんか?

(奥野)知りません。

誰かに
意図的に削除されたものとしか

思えないんです。

わかりません。
何も知りません。

あの映像データの管理責任者は
あなただったんですよね?

(せき込み)

思い出してください 奥野さん。

真犯人を特定する
重要な証拠の事なんです!

お願いします 奥野さん!
もうやめろ。

すいません。 大丈夫ですか?

また出直します。 行くぞ。

(せき込み)

何か思い出されたら
こちらに連絡してください。

わかりました。
すいません。

映像の話を始めた途端
様子が変わった。

絶対 何か知ってますよ。
ああ。

あの事件の夜
あなたは真っ青な顔で帰ってきた。

本当に何も知らないの?

もし 何か隠してるなら この際…。

(振動音)

はい。

奥野さん?

わかりました。 明日11時ですね。
伺います。

明日11時 西慶大学病院。
了解っす。

9番カメラのデータ
見つかるといいっすね。

失礼します。

よっしゃ…。

事件直後
監視カメラのデータを

回収しようとしていた
私のところに

本庁の方がお見えになって…。

監視カメラのデータですね?
ありがとうございます。

はい。 こちらのハードディスクに
入ってます。

本庁で全て押収しますが

その前に
映像を確認させてもらいたいので

操作をお願いします。

わかりました。

この9番カメラの…。
はい。

20時52分15秒から
56分45秒まで

削除してください。

削除?
前を見て。

これは作業手当です。
いや こんなもの…。

(奥野の声)私が間違ってた。

重要な証拠を
削除しちゃいけなかった…!

よく話してくれました。
ありがとうございます。

それで 提出したものとは
別に保管してあるという

マスターデータは?
はい…。

♬~

こちらです。

ご協力 感謝します。 それでは。

あの… 昨日の先生と
若い刑事さんは…?

何か急に別件が入ったそうで

それで 私が代理として…。

失礼します。

行きましょう。

マスターデータを渡した?
誰にですか?

さっき 先生の代理の方が
お見えになって…。

奥野さん 他にデータのコピーは
残ってないんですか?

やる事はやった。

全て やり尽くした。

俺は諦めるつもりはない。

諦めないって…
これ以上 どうするの?

なんだよ?

生き急がないでよ。

大丈夫なの?

何が?

まるで ここにいないみたい。

フフッ… そんな事ねえよ。

フフッ…。

本当は後悔してるんじゃないの?

えっ?

あっ いや…。

私を手放した事。

はあ?
お前が俺を手放したんだろう。

そうだっけ?

千聖…。

人間は そう簡単に変わらねえな。

負けず嫌いで
何があっても諦めない。

お前は そういう女だ。

変わるなよ 千聖

そこが お前の取りえなんだから。

ほら やっぱり
後悔してんじゃん。

ハハハ…。

じゃあな。

♬~

どうした?

(景)あっ これ 美晴さんからです。

(景)亜硝酸アミル
何に使うんです?

お前には関係ねえだろう。

別に教えてくれても
いいじゃないですか。

そうやって すぐ なんでも
人に教えてもらおうとするな。

まず自分の頭で考えろ。

それを怠るから
脳みその成長が止まり

頭の中に
カビが生えてしまうんです。

カビ?

お前の脳みそ カビだらけだろ。
出た パワハラ

成長しねえのは
脳みそだけじゃねえか。

ちょっと! セクハラです!

お前の欠点は
いちいち むきになるとこ。

一つの事に夢中になりすぎて
全体を見る事ができなくなる。

ミクロを見る目と

マクロを俯瞰して見る目を
使い分けないと

お前が目指してる
兵藤院長みたいな

一流の解剖医には なれねえぞ。

なんですか? 急に。

♬~

真摯に遺体と向き合え。

声なき声に耳を傾けろ。

目の前の遺体が発するサインを
絶対に見逃すな。

(景)先生。

これ やっぱり
先生が持っててください。

なんで?

幸運の女神が
味方してくれるからです。

結構です。
前にも言いましたけど

こういった類いのものは
一切 信用してませんので。

いいから 持っててください。

♬~

(携帯電話の振動音)

約束どおり
面白いものを見つけました。

どんなものかしら?

「事件当夜 あなたが
北見永士さんの楽屋に入り

出てくる姿が映っている映像です」

「ぜひ お見せしたいのですが…」

「では 明日 お待ちしております」

楽しみにしています。

ごきげんよう

フフッ…。

♬~

(妻)どうした?
(夫)早く帰ってきてください。

シャンプーしてたら 後ろに気配が…。

そういうときあるから。

≪(猫の鳴き声)ニャーオ!

何かいる! 早く帰ってきてください!

無理だよ メキシコだし。

いつ帰ってきますか?
あした? あした? あしたとか?

No te preocupes!

え? 何ですか?
<部屋があなたを守ります>

<セキュリティ賃貸住宅 「D-room」>
おかえりなさい。

ニャーオ!
ひぃ!
ふふっ。 ただいま。

(携帯電話の振動音)
(景)おっ…。

(振動音)

俺だ。 ちょっと
確認してもらいたい事がある。

1時間後に
家に来てくれないか?

先生の家にですか?

わかったな。 1時間後だぞ。

あっ 待ってください!
何をしに?

あっ… 先生?

(チャイム)

♬~

あの日のお前の姿が
はっきりと映っていた。

総理大臣の座を目前にした
父親に

自分が逮捕される姿を
見せたくないなら

すぐに出頭しろ。

また警察に圧力をかけ
なかった事にするというなら

俺は この映像データを
ネットに流し

全世界に発信する。

♬~

インターネットは
万能の神ではありません。

ねえ 先生。

♬~

永士が どうやって死んだか…

知りたい?

(ノック)
先生?

(ノック)
先生?

(景)先生?

先生…。

先生。

(ヒグラシの鳴き声)

(景)先生? …先生!

(心臓マッサージをする音)

先生…! 先生!

先生…!

先生… 先生!!

嫌です…! 先生!

先生 起きてください…!

(泣き声)

♬~

♬~

(息を吐く音)

捜査一課の和泉です。

全ての捜査は
私の指示に従ってください。

鑑識は 引き続き採取を。

他捜査員は 周辺の防犯カメラの
確認をお願いします。

(一同)はい!

(吉川)最近 柚木先生に
変わった様子は?

解剖医は 毎日 遺体と接し
ストレスの多い仕事ですよね。

先生は…

誰よりも 解剖医の仕事に
誇りを持っていました。

だが 職場では
スタンドプレーが多く

上司の指示も無視して
暴走する事もあった。

それには
ちゃんとした理由が…。

妄想癖や
うつ病の兆候があった…

という噂もあります。

誰がそんな事…?

(吉川)終わった事件に入れ込んで
精神を病んでしまったとか。

先生は自殺なんかしません!

わかりました。

柚木の解剖は 私が…。

(佐々岡)
なんだって構いませんから。

自殺でも 病死でも

院長の説明しやすいほうで
構いませんから。

…あれ? どうしたんですか?

もしかして 今さら
後悔なさってるんですか?

(佐々岡)邪魔者がいなくなって

院長の未来は光り輝き… ねっ。
フフッ…。

邪魔者…?

フッ… では
解剖 よろしくお願いします。

(ドアの開閉音)

(佐々岡)呉越同舟 一心同体。

ああーっ!!

(ドアの開く音)

(橘 祐輔)ハア… ハア…。

遺体が…

柚木先生の遺体が消えました!

えっ…?

♬~

♬~

(施錠音)

(たたく音)
おい!

(扉をたたく音)

♬~

ちょっと どいて…。

院長 あの女を止めてください。

おい ここの鍵ないのか?
ロック… 開かないのか?

(佐々岡)
おい… 今すぐ やめろ!

おい よせ! 今すぐ やめろ!

(柚木の声)解剖医の仕事は
死んだ人間の声を聞く事です。

(佐々岡)院長!

彼女を止める事はできない。

(佐々岡)えっ!?

我々の仕事は

死者の人権を守り
遺体の声を聞く事だ。

院長… ここまできて
何 言ってるんですか!

出て行きなさい。
…なんだと?

ここは
真実を明らかにする神聖な場だ。

我々は断じて 欲にまみれた
権力者の言いなりにはならない!

院長… あんた 自分で
何 言ってるのかわかってるのか!?

出て行け!!
この神聖な場所を汚すな!

♬~

先生… 始めます。

♬~

身長178センチ 体重71キロ。

♬~

(柚木の声)声なき声に耳を傾けろ。

目の前の遺体が発するサインを
絶対に見逃すな。

♬~

目をそらすな。

♬~

(吉川)全員撤収!

上からの指示だ。
みんな 早く撤収しろ。

待って。

続けて。

何 言ってんです?

そもそも
管理官 謹慎中でしょう!

これ以上 上に逆らったら

今度こそ
本当にクビになりますよ?

クビになっても私は残る。

絶対に何か残してるはず。

続けて。

(一同)はい。
はい。

血液は暗赤色流動性

心臓の重さ 350グラム。

肝臓や他の臓器にも異常なし。

♬~

♬~

どうしました?

♬~

死因が判明しました。

♬~

死因は 鼻孔部閉塞による窒息死。

このような異物による窒息死は…

北見永士さんの時と同じく…。

他殺だと思われます。

100パーセント 他殺だ。

♬~

殺害現場の部屋に

重要な証拠が残されていました。

今から その映像を検証し

解剖結果と
すり合わせて頂きたいと思います。

再生します。

(キーを打つ音)

(楓)「ねえ 先生」

「永士がどうやって死んだか…
知りたい?」

先生の望むとおりにしてあげる。

でも その前に
証拠の映像を見せて。

そしたら 全部教えてあげる。

(キーを打つ音)

この映像を見たら出頭するか?

「お願い…
このまま 一度だけ見逃して?」

「その代わり…」

「先生にだけは教えてあげる」

「フフッ… 知りたいんでしょう?」

「永士がどうやって死んだか」

フフッ…。

ううっ…! ぐっ… うっ…!

「アハハッ… フフッ…」

「(せき込み)」
「(笑い声)」

「(うめき声)」
「(笑い声)」

「あっ… あっ…!」

「苦しい?」
「うああ…!」

「(笑い声)」
「(うめき声)」

「あっ… あっ…!」

「アハハハ…」
「うっ…」

これで 先生は

終 わ り!

アハハハハハ…!

お前こそ 終わりだ…!

ウフフフフ…。
(うめき声)

「(笑い声)」

「ウフッ… ウフフッ…!」

「(うめき声)」

「(荒い息)」

ウフフフフ…!

うっ…!

アハハハ…! アハハッ…!

「ウフフ…」

「ウフフ…」

「ウフフ…」

「フフ…」

(松沢のため息)

(ため息)

(ため息)

柚木が…
柚木が席を立ったところから

もう一度 見せてくれ。

(キーを打つ音)

薬を飲まされる事を…
柚木は知ってた。

自分の体に
決定的サインを残せれば

犯行を証明できると思った…。

(高橋)命を懸けて…。

だから…

生き急ぐなって言ったのに…。

♬~

柚木先生の…

衣服のポケットに これが。

♬~

あっ これ 美晴さんからです。
そうか。

♬~

先生は…。

生きようとしていました…。

♬~

万が一の時は 解毒剤を吸って

間に合わなかった時に備えて

1時間後に
部屋に来るようにって…。

♬~

先生は…。

最後の最後まで…。

うっ…!
(楓)ウフフッ…。

♬~

(楓)うっ…!

生きようとしてたんです…。

♬~

♬~

♬~

北見永士…

及び柚木貴志殺害容疑で…。

逮捕します。

私を… 誰だと思ってんの?

♬~

ただの人殺し。

私にとってはね。

♬~

(島崎の声)私 島崎藤一郎は

衆議院議員を辞職致します。

(記者)お嬢さんが
殺人容疑で逮捕されましたが

その事について…。

(記者)警察に圧力をかけ
証拠を隠滅したのは事実ですか?

(記者)支持者と国民に対して
一言 お願いします!

ガミガミ大王が…
いなくなっちゃった。

お姉ちゃん
ちゃんと やっていけるかな…。

(中園陽一)褒めてたぞ お前の事。

(陽一)ちょいちょい店に来て
かっぱ巻き つまみながら…。

娘さんは
熱心で 正直で 志が高くて…。

いい解剖医になりますよ。

まあ 一人前になるまでは

あと100年ぐらい かかりますかね。

ハハハ…。

先生が…?

(陽一)よかったな
いい先生に弟子入りできて。

うん…。

(景)あっ…!!

痛い…。
どけ!

ぶつかってきて
謝りもしないで…。

謝ってください!

急いでるんです。 どいてください。
お願いします。

まず メスの握り方からし
なってない。

筋肉剥離の時は
刃をもっと立てろ。

まあ なんだかんだ 愛されてます。

アホか お前。

お前の欠点は
いちいち むきになるとこ。

ミクロを見る目と

マクロを俯瞰して見る目を
使い分けないと

一流の解剖医には なれないぞ。

♬~

(景)えっ…? お父さん…!

(すすり泣き)

優が…

私の手 ギュッてした。

えっ?

(陽一)優… 優!

優…。
(陽一)優!

(景)お姉ちゃんも… 頑張るね。

♬~

鈴木。
はい!

これ 出して。
はい。

管理官。 江戸川区篠崎で
殺人事件発生です。

わかった。 おい!

飯より捜査。 行くよ。
はい。

さすが! 未来の一課長は
言う事が違うなあ。

馬鹿にしてる?

まさか。 一生ついていきます!

(セミの鳴き声)

♬~

♬~

柚木。

一から やり直すよ。

たとえ 何年… 何十年かかっても

私は この国の法医学界の未来を
諦めない。

♬~

(景)この法医学研究院は

先進国の中でも
極めて解剖率の低い

この国の現状を打破しようと

兵藤邦昭先生が
26年前に設立されました。

♬~

皆さんは これから
ご遺体に接する仕事をします。

ご遺体の声なき声に
真摯に耳を傾け

目の前のご遺体が発するサインを
決して見逃さない。

そんな気持ちを持って
頑張ってください。

では 次は解剖室に行きましょう。

♬~

『サイン』 DVD…。
発売決定!