ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

まどろみバーメイド 第8話 木竜麻生、遠藤雄弥、金田哲、八木アリサ… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『真夜中ドラマ「まどろみバーメイド~屋台バーで最高の一杯を。~」#8』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 幸田
  2. 騎帆
  3. 彼女
  4. 今日
  5. アンタ
  6. カクテル
  7. スクリュードライバー
  8. 完全
  9. 一緒
  10. 借金
  11. 毎日
  12. お前
  13. ブルキナファソ
  14. 屋台
  15. 貴様
  16. 昨日
  17. 仕事
  18. 注文
  19. エス
  20. カクテル言葉

f:id:dramalog:20190901081029p:plain

『真夜中ドラマ「まどろみバーメイド~屋台バーで最高の一杯を。~」#8』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

真夜中ドラマ「まどろみバーメイド~屋台バーで最高の一杯を。~」#8[字]

月夜に現れては、ふと消える不思議な「屋台バー」の女性バーテンダー・雪。雪の屋台バーに通う幸田は、いつもお釣りを受け取らず帰っていく…。【4K制作】

詳細情報
番組内容
どこに現れるか分からない雪(木竜麻生)の屋台バーを探して通う幸田(遠藤雄弥)は、いつもスクリュードライバーを頼み、お釣りを受け取らず帰っていく。また屋台バーを探してやって来た幸田だが、この日は先客の上山(金田哲(はんにゃ))がいた。
内容続き1
雪に馴れ馴れしく話しかける上山にムカついていた幸田だが、幸田が知りたかったことを雪に質問する上山の話に思わず耳を傾けてしまう。上山が帰った後、雪と二人きりになった幸田は、幸田がいつもスクリュードライバーを頼む理由は、そのカクテル言葉だと明かす。スクリュードライバーのカクテル言葉は「あなたに心を奪われた」だった。
出演者
 月川雪…木竜麻生
 伊吹騎帆…玄理
 陽乃崎日代子…八木アリサ
出演者続き
【ゲスト】
 幸田修二…遠藤雄弥
 上山…金田哲(はんにゃ)
原作脚本
【原作】『まどろみバーメイド』早川パオ
芳文社週刊漫画TIMES」連載中)

【脚本】田中洋史 上野友之
監督・演出
【監督/脚本】池田千尋 古川豪
音楽
【音楽】ベンジャミン・ベドゥサック

【主題歌】SHE IS SUMMER
「Bloom in the city」
(Being,Inc./SIS RECORDS)
番組概要
とある街の一角。月夜に現れては、ふと消える不思議な「屋台バー」がある。この屋台の店主は女性バーテンダー・雪。雪は夜更かしが苦手でいつも居眠りをしているが、ひとたび注文を受けるとその眼差しは変わる。
客の特徴、気候などを考慮して客がもっとも求めている味を提供する天才バーテンダーだ。バーには様々な客が訪れ、それぞれの悩みや悲しみをグラスと共にカウンターに置いていく。
番組概要の続き
そして雪自身も、同居する二人の先輩バーテンダー騎帆と日代子との出会いや、過去も含め物語が動き出す。気鋭のイラストレーター・パオの漫画デビュー作を実写化。
制作
【制作】テレビ大阪ADKクリエイティブ・ワン

【製作著作】ドラマ「まどろみバーメイド」製作委員会
関連情報
【番組公式HP】
www.bs-tvtokyo.co.jp/sleepy_barmaid/

 

 


お待たせしました。
スクリュードライバーです。

あぁ~。

終電。

ありがとうございます。
それでは 3, 000…。

5, 000円 お預かりします。
2, 000円の…。

いえ でも いただけません。

おいしかった。 ごちそうさま。

ありがとうございました。

《決まった。 完全に決まった。

彼女は 完全に 終生 俺のことを
忘れられなくなったはずだ。

あの五千円札の出し方なんて
も~う!

完璧すぎだろ 俺!》

《結局 昨日は 終電 乗り遅れて

歩いて帰るはめに
なったもんだから

ちょっと眠気がきてるなぁ。

ダメだ ダメだ。 今日も行かねば》
幸田 おい。

《あんな屋台で 一人寂しく
カクテルを作る かよわい彼女を

放っておけるはずがない》
幸田くん。

《俺が行かねば 売り上げなく

1日が終わってしまうかも
しれないんだぞ。

しっかりしろ 俺!》

《しかし ちょっと待てよ。

なぜだ? なぜ 彼女は
あんな屋台をやってるんだ?

第一 危ないじゃないか。
夜の野外に無防備すぎる。

誰かに襲われでもしたら
どうするんだ。

酒の世界のことは
まったく わからんが

働き口を探そうと思えば

もっと条件のいいところは
あるはずだ。

そうか! 誰かに 無理やり
やらされてるのか。

クッソー! どこのどいつだ!?

借金のかたに あんな屋台を
やらせるとは 卑劣な…。

あんな店 何年やったところで

借金なんて返せるはず
ないじゃないか》
幸田。

《見つけ出して
後ろから ぶん殴ってやる》

はい 大丈夫です。
《いいや ソイツのおかげで

彼女と出会えたのも事実。

とりあえず 神様に ありがとう》
お疲れさまです。

《誰か 誰か つぶやいてないか!?

彼女を救えるのは 俺だけなんだ。
つぶやいていてくれ!》

おっ!

うお~っ!

うわ~っ! 待ってろ~!

通販だ ジムだって
いろいろ あるけど

だけどね やっぱり 俺が思うに

やっぱり
レトロが いちばんなわけよ。

《幸田:なんだ?
この男 なれなれしい》

腕立てとかね。 これ 20回 3セット。
これが いちばん効くから。

お~ん。

(雪)いらっしゃいませ。

本日も お越しいただき
ありがとうございます。

《幸田:きた~! 覚えていた~!

貴様が どんなに
なれなれしくしようとも

俺は
彼女の記憶に しっかりと…》

ご注文は
いかがいたしましょうか?

あっ スクリュードライバーで。
かしこまりました。

《幸田:きれいです
グラスにそそがれる その まなざし。

あ~ん! キラキラ 光ってる~。

そして その手さばき。
美しいです その指先。

あなたが持つ その棒 あなたと
出会って勉強しましたよ…》

(上山)だって もう あんなもん
あの 粗大ゴミと一緒なんだから。

《うるせえよ!
お前 何なんだよ!

俺の心の声を
かき消すんじゃねえ》

だから 結局 レトロが いちばんなの。
お~ん。

《その 「お~ん」って
何なんだよ!》

お待たせいたしました。

スクリュードライバーです。

えっ ところで
お姉さんさ 今 いくつだっけ?

結構 若いでしょ?

《案外 使えるじゃないか!
いくつですか?》

20代です。

ちょっ 含み持たせてんじゃ~ん。

《含み持たせて~ この~》

えっ 前半? 後半?

《どっちですか?》

中盤。
あっ…。

《中ば~ん! 年下》

中盤いいわ。 いちばん いいとき。

もう 恋愛 がっつり
やってもいいし

仕事に必死になってもいいし

もう とにかく
何やったって許されるからね。

お~ん。

(上山)あれっ?
ちなみに 今 彼氏とかいるの?

《おい!
なんて キラーパス 出すんだよ。

最高だよ アンタ》

いません。

《イエスエス!》

えっ じゃあ じゃあ じゃあ…。

ぶっちゃけ ぶっちゃけ~
マジで マジで あの~。

俺のこと どう思う?

《貴様 どのツラさげて
その言葉を吐いている。

ちょっと 見た目は
いいかもしれんが

お前の中身は スカスカだ。
スカ スカオだ!》

《幸田:ナイス 援護射撃 俺。

答えなくていい。
これで 話は終わりだ。

客商売上も
借金返済の事情的にも

君は 答えなくて済むんだ。

君は 黙って
カクテルを作っていてくれ》

《何を見ている?
何を見ているんだ? スカスカオ》

じゃあさ じゃあさ じゃあさ
彼と俺だったら どっちがいい?

《なに! 貴様 正気か!?

クソッ こんな巻き込み事故
あっていいのか。

もし 俺を選んでくれれば
こんな すてきなことは ない。

だが 万が一
ヤツが選ばれでもしてみろ。

きっと 俺は 一生 立ち直れない》

じゃあさ じゃあさ じゃあさ
彼と俺だったら どっちがいい?

お二人とも すてきだと思います。

《さすがです。
やはり 俺が見込んだ女》

(雪)ただ…。

《ただ!?》
ただ?

間違ってたら
申し訳ないんですけど…。

うん うん うん。 けど?

ご結婚されてますよね?

《えっ そうなの!?》

あっ おっ
さすが お姉さんだね。

あっ ねぇ これ?
はい。

あっ いや バレないように
ずっと隠してたんだけどね。

入ってこられるときに見えたので。

あっ そっから!?
あっ それは かなわないわ。

いや~ まぁね
実はね 息子と娘がいま~す。

来月 また産まれちゃう。
今度 双子。

《子だくさん》
おめでとうございます。

いや~ みんな 今
嫁の実家 帰っちゃっててさぁ

家 帰っても 1人きりで暇でさ。
まぁ 気軽なんだけど

でも こんな珍しい店
見つけちゃったらさぁ

入らないわけないじゃん。

しかも こんな美人さんが
やってんだから も~う。

指輪 外すの忘れた~。 お~ん。

じゃあ お会計。

(雪)ありがとうございます。
700円です。
はい。

《1杯!? この男
酒1杯で こんなにも…。

所詮 俺の敵ではなかったが
1つだけ学ばせてもらったよ。

聞きたいことは ちゃんと聞く。

その精神だけは しっかりと
俺の胸に刻み込まれた。

安心して帰れ。
さらばだ スカスカオ》

お気をつけて お帰りください。

《やっと 2人。

ハッ これは 今までの蓄積を
すべて出しきれる

千載一遇のチャンスなのではないのか。

さっきの男といい
すべて運命に導かれた

ここが分岐点なのではないのか!?

あの男のおかげで
年齢 彼氏募集中であり

そして 何より
俺のことを すてきと言っていた。

すてき と言っていた》

2人きりですね。

はい。

僕が なぜ スクリュードライバーを頼むのか
わかりますか?

さあ。

カクテル言葉。

あなたに心を奪われた。

(幸田)初めて ここを訪れたとき

僕は あなたに
心を奪われてしまったんですよ。

その日 海外転勤を言い渡され
落ち込む僕に

あなたという火が
ともってしまったんです。

海外転勤?

ええ ブルキナファソに。

ブッ ブル? ファッ ファソ?

ああ ブルキナファソ アフリカです。

僕は そこで うちの製品
鶴丸たわしの訪問販売を

しに行くんです。

すてきなお仕事ですね。

いや~ それほどでも。

あの~ もし よろしければ

最後に 僕の願いを一つだけ
言ってみても

よろしいでしょうか?

最後って そんな…。

どのくらい 行かれるんですか?

わかりません。
2年か3年か それ以上か。

毎日 サバナの気候に
さらされながら

一軒一軒 回っていくつもりです。

願い事って 何ですか?

聞いていただけるんですか?

いえ。 でも
私にできることであれば。

では 僕の隣に座って
カクテルを作っていただけませんか?

かしこまりました。

スクリュードライバー
ガリアーノをフロートさせることで

ハーベイ・ウォールバンガー
という別のカクテルになります。

ブルキナファソに行っても

このカクテルの味
忘れないでくださいね。

それから 私のことも。

カクテル言葉は?

視線を感じて。

思わず 泣いてしまった。
すみません。

《幸田:どういうことだ これは。

いつから
この女性2人は いたんだ?

俺は 夢でも見ていたというのか。

あまりにも リアルすぎて
現実との境が わからん。

どこからだったというのだ!》

直接 帰って顔合わせたくないから
寄ったのに

なんで 来るんだかね~。

その言葉 そっくり そのまま
返させてもらいます。

私だって 毎日毎日 ガミガミ ガミガミ
言われるの 飽き飽きなんで。

アンタが ちゃんと 当番 守れば
ガミガミ言わないよ。

(騎帆)家賃は 払わない
当番も守らないだったら

ガミガミ言いたくなるでしょうが。
私 今日は洗濯しました。

いや だから 洗濯当番は
洗うまでが仕事じゃなくて

干すまでが仕事だから。
何度 言ったら わかんの!?

《なんだ この不毛な会話は》

だって 時間で
出なきゃだったんだもん。

《早く起きて やればいいだろう》
早く起きて やれよ。

起きられなかったんだもん。

《起きろよ!》
起きろよ!

っていうかさ 私だって 毎日
夜遅くまで働いてるんだから

たまには 優しい親心で
見てくれたっていいじゃん。

たまには!
あのね 遅くまで働いてるのは

みんな一緒!
それに 私 アンタの親じゃないから

親心なんてないから。
いちばん年上でしょ。

《なんて へ理屈だ》
(テーブルをたたく音)

いちばん年上と親を
一緒にするな!

はぁ… もう 日代子と話してても
らちが明かない。

それは こっちのセリフです!

《幸田:いや
君に そのセリフを吐く権利はない。

まず 家賃を払いなさい》

あの~ ご注文は?

《幸田:この状況で
注文をとるのか!? 君は》

なんか 気分 悪いから
スカッとするやつ。

騎帆さんのより
もっと スカッとするやつ。

《幸田:帰ってください。

僕と彼女の大切な時間を
邪魔しないでください》

かしこまりました。

今日 お客さん 何人?

(雪)
騎帆さんたち合わせて 4名です。

昨日は?
2人。

(騎帆)
絶対 出す場所 間違えてんじゃん。

やっぱ もうちょっと
人通りの多いところとか

開けたとこで やんないとさぁ。

自由だと思うけど。
アンタは 黙ってて。

(騎帆)駅前の広場とか
ほら スタジアムの前とか

コンサート会場の前とかで こう 場所代
払って やらせてもらいなよ。

じゃなきゃ
続けられなくなるよ~。

《おい おい
なぜ わけ知り顔で話してる?

アンタに言われるまでもない。
昨日の2人のうちの1人は 俺だ》

騎帆さん 言い過ぎ。

だったら もうちょっと
価格帯 上げるとか。

1杯 1, 000円くらいからに
しないと。

そうなんですけど できれば
もっと安くしたいくらいで。

そんなの
やってけるわけないじゃ~ん。

《ここ1週間
俺が払った分だけでも

32V型のハイビジョンテレビが買える。

これ以上
彼女を責めないでやってくれ。

借金は全額 俺が店で代金を
多く払い続けるという形で

肩代わりしますから…。

コイツか!?

コイツが
彼女に多大な借金を負わせ

こんな卑劣なやり方で
借金返済を仕切る鬼畜だったのか。

容姿に だまされるところだった。

隣に座られ
緊張してしまった自分を呪うぜ。

今 ここで
満額 たたきつけてやりたいが

あいにく 今日 払う分しか
財布にはない。

どうする!?

あっ やわらかい》

(騎帆)ごめんなさい。

ちょっと やめてよ。

あっ ねぇ 今日
シャワー あとに入ったの どっち?

たぶん…。

ねぇ 雪 シャンプー使い終わったら

次の人のために
ちゃんと補充しといてよ。

私 ビチョビチョになりながら
詰め替えたんだから。

《うん? ちょっと待って。

ちょっと待って ちょっと待って
ちょっと待って!

今 名前 呼びましたよね?
雪って呼びましたよね?》

すみません。

水で薄めたら
あと何回か使えるかなって思って。

《古風! やっぱり
理想の君は 雪ちゃんです》

薄めなくていい。
詰め替えパックあるんだから

ちゃんと詰め替えといて
お願いだから。

私 風邪ひくかと思った。
すみません。

《え~っ… え~っ!?

この3人
一緒に暮らしてるってこと!?

これじゃあ
まるで ハーレムじゃないか!?

借金取りとはいえ

あんなに やわらかい人に
悪い人など いるわけがない。

ふんわり天然系だけど
実は 頑固女子。

そして 君 雪!!
よりどりみどり~!

毎晩 とっかえひっかえの
ハーレムじゃないか!》

あの 騎帆さん。

他にも お客様
いらっしゃいますので。

《あっ…》
騎帆さんが いちばん営業妨害。

(騎帆)だから ごめんって。

《俺は
なんてことをしてしまったんだ。

雪が こんなにも 俺のことを
思ってくれているのに…。

これは 俺を試すための
完全なワナだったんだ。

危うく引っかかるところだった。

しかし この状況
あまりにも体に悪いぜ。

今日は 退散したほうがいい》

今日は お騒がせしました。

3, 000円になり…。

では 2, 000円…。

いえ さすがに 毎日 そういう…。

えっ?

よかったら。

ごちそうさま。

あっ…。

ありがとうございました。
ごちそうさま。

完全に決まった。

フッ 完全に決まった~。

これで 雪を24時間体制で守れる。

頼んだぞ~ 防犯ブザー。

ハハッ…。

ヤッベ!

(日代子)何それ? 何もらったの?
何これ? どういうこと?

さあ?

ってか すごくない?
お釣り もらわなかったよ…。

(防犯ブザー)

うるさい!
はぁ… ビックリした。

1週間くらい
毎日 来ていただいてて

ずっとなんです。
何それ 怖くない?

雪ちゃん 狙われてんじゃないの?

まさか。 まともに
お話も したことないですよ。

そっか。 じゃあ ないか。
平凡そうだったしね。

まぁ でも よかったじゃん。
それで バンブーのエサ 買っといてよ。

おはようございます。

幸田 ちょっと。
はい。

ちょっ ちょっ…。

はい。

うちが 新規事業で参入した商品
お前 知ってるか?

いえ。
たわしだ。

来週から ボツワナへ行って
何年間か たわし 売ってきてくれ。

これは 夢か!?