ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ボイス 110緊急指令室 第7話 唐沢寿明、真木よう子、増田貴久… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『ボイス 110緊急指令室#07』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 上杉
  2. 高木
  3. ハァ
  4. ヤツ
  5. 真犯人
  6. 振動音
  7. 班長
  8. 事件
  9. サイレン
  10. 警察
  11. 樋口
  12. 未希
  13. クローバーフレンズ
  14. 警察官
  15. 室長
  16. お前
  17. パパ
  18. 沖原係長
  19. 佐伯
  20. 足達

f:id:dramalog:20190901075300p:plain

『ボイス 110緊急指令室#07』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

ボイス 110緊急指令室#07[解][字][デ]

唐沢寿明真木よう子主演のタイムリミットサスペンス!
真犯人の素顔が判明、いよいよ最後の戦いの火ぶたが切られた!

詳細情報
出演者
唐沢寿明真木よう子、増田貴久、木村祐一石橋菜津美、田村健太郎安井順平菊池桃子小市慢太郎、YOU、手塚とおる伊武雅刀伊勢谷友介 ほか
番組内容
病院で息子・大樹(鳥越壮真)を襲った男・長坂(敬太)を確保した樋口(唐沢寿明)は、沖原が襲われたこと聞き、凍りつく。そんな中、樋口とひかり(真木よう子)は、残忍な手口から愛する人を奪った真犯人は他にいると気づき始めていた……。そんな中、ECU に“人質を道連れに屋上から飛び降りようとしている男・高木から通報が入る!
監督・演出
【演出】久保田充
原作・脚本
【原作】”Based on the series ”Voice”, produced and distributed byStudio Dragon Corporation and CJ ENM Co.,Ltd”
【脚本】浜田秀哉
音楽
【主題歌】BLUE ENCOUNT「バッドパラドックス
【音楽】ゲイリー芦屋
制作
【チーフプロデューサー】池田健司
【プロデューサー】尾上貴洋、後藤庸介
【制作協力】AXON
【製作著作】日本テレビ
おしらせ
【公式HP】https://www.ntv.co.jp/voice/
【公式Twitter】https://twitter.com/voice_ntv
【公式Instagram】https://www.instagram.com/voice.ntv/

 

 


(樋口未希) お願い! 助けて‼
(顎が鳴る音)

調子に乗るからだ。

(殴る音)

(樋口彰吾) 家に… 帰ろう。

(橘ひかり) Emergency Call Unit
ECU」の設置です。

指令室の機能を拡大し
迅速に動く

新たなチームをつくるんです。

言ってみろ
俺を引っ張り込む訳を。

私とあなたは 同じなんです。

私の父も 奥さんを殺した犯人に

殺されたんです。

(石川 透)
3年前の第5号地区の事件…。

それに 相良に 新田の事件。

全部 つながってるんですか?

(田所) 再捜査のために ECU
立ち上げたと分かったら

即座に廃止させていただきます。

(沖原) いずれ樋口は
真犯人に たどり着きますよ。

(棒で殴る音)

班長班長

お前が うちのヤツをやったのか?

(渉) ああ 俺がやった。

(銃声)

(沖原) 動くな! 手 上げろ!

刑事がホシを取り逃がす。

繰り返されたら必然だ。

真犯人と通じている
本当の黒幕が

この署にいる。

田所です。

会長 ご相談したいことが
ございまして。

今 イリュージュ
カチカチ野郎がおる。

班長 沖原係長から連絡が。

私たちの追う真犯人が
いるそうです。

あの野郎 やりやがったな。

私が出動します。

(沖原) 手 上げろ!

(殴る音)

息子の病室に不審者が侵入した
俺も出動する。

透 深追いするな!
でも あいつ 大樹を殺そうと…。

死ね!

透‼

(沖原) うぅ~! うぅ…。

フゥ~。
(沖原) うぅ… うぅ~!

(殴る音)

♬~

沖原係長 橘です。

現在地は どこですか?


(ノイズ)

ハァ…。

(本郷辰夫) 私はね この街を

世界が誇る
国際都市にしたいんだ
ハハハハ…。

(事務次官)
会長と私 そして ここに

局長までもが 手を組んだんだ。

カジノ誘致は
間違いないですよ!

いや~ 事務方のトップが
そう おっしゃってくださると

いくらでも酒が入りそうだ!
ハハハ…。

ほら! 局長も飲んで。

(佐紀) 沖原さんなら 犯人を
逮捕すると おっしゃってから

姿を見ていませんよ。
ありがとうございます。

(佐紀) いらっしゃいませ。
(女性たち) いらっしゃいませ。

(呼び出し音)

(振動音)

(エレベーターの到着音)

♬~

♬~ 死ね!

♬~

(振動音)

♬~

(振動音)

(照明のスイッチを押す音)
(振動音)

(振動音)

(滑る音)
あっ…。

♬~

♬~

うぅ… うぅ…。

ハハハ…。

(殴る音)

てめぇ!

(蹴る音)

透 大丈夫か?

今からが見せ場だったのに。

ほら!

ハァ…。

おい。

こちら樋口 事件 解決。

室長 そっちは どうだ?

沖原係長が…。

ああ カチカチ野郎を捕まえて
調子こいてんだろ。

殺されました。

えっ?

殺されたんです! 沖原係長が。

♬~

 

こちら橘。

リュージュ内で殺人事件が発生。


沖原係長が 殺されています。

現場鑑識の要請を願います。

(落合) 指令室 了解。

(森下 栞) 沖原係長が何で?

(落合) 横浜市中区元町9丁目…。

(警察官) 事件が発生したんです。
何だよ これ!

(佐紀) ≪急いでお帰りを≫

ここにいた客は?

答えなさい!

殺人事件などと
関係がない方たちです。

♬~

(足音)

♬~

(車のドアが閉まる音)

フゥ~。

すみません
止まってもらっていいですか。

止まりなさい!

止まりなさい!

元気そうだ。

ハァ ハァ…。

(佐伯) クソ!

(カメラのシャッター音)

(カメラのシャッター音)

ここは俺らに任せて 帰れ!

いいから どけ~‼

こんな画像で
何が分かるんや?

撮るっちゅう証拠あるんか?

樋口! 俺が行く!

後始末つける

この件は 俺に任せろ

刑事 辞める前に…

最後 俺に 花 持たせてくれ

♬~

第5号地区の真犯人と同じ凶器…。

砲丸のような鈍器を
使ったと思われます。

沖原係長が
電話で最後に言っていました。

「カチカチ野郎は
クローバーフレンズという

人材派遣会社を経営している」と。

カチカチ野郎は?

(足達) ヤツの姿が
防犯カメラに映ってた。

(島田) 店から立ち去った者が
分かりました。

本郷ホールディングス会長と代表
国土交通省 事務次官

都市整備局の局長たちです。

本郷ホールディングス?
大手建設業の?

どうやら きな臭い事業の話で
逃げた可能性が。

(島田)
樋口さん 絶対 挙げましょう!

一生 ムショに ぶち込んでやる。

♬~

(樋口大樹)誰?

(男)パパの友達だよ

(大樹)パパ! 助けて
パパ! パパ!

パパ。
おう。

大樹… 起こしちゃったか?

ハァ…。

怖かっただろ? よく頑張ったな。

悪い人 捕まえたの?

もちろん。

でも 本当の悪いヤツは
これからだ。

大丈夫だ。

パパが そいつを必ず捕まえる。

そしたら きっと ママも喜ぶね。

ほら 寝ろ
パパが ずっと そばにいるから。

(振動音)

何か出たか?
はい。

係長の腕時計から指紋が。
誰のだ?

カチカチ野郎のものです。

製紙工場で採取した指紋と
一致しました。

ヤツの犯行に間違いありません。

ハァ…。

(着信音)

はい。

(本郷) 雫…。

リュージュで電話があった時

長いこと席を外していただろ
何をしていた?

(本郷 雫) 兄さんと会いましたよ
訪ねて来たので。

金が足りないのか
都合をつけてほしいと。

警察官を殺したのは…。

さぁ?

兄さんは金の話ばかりで
他の話はしていません。

(雫) じゃ 父さん 切るよ。

(通話が切れた音)

♬~

♬~

♬~

♬~

(サイレン)

♬~

兄貴。

カチカチ野郎の本名は 上杉 渉。

年齢は 48歳。

クローバーフレンズの創業者で
社長です。

(足達) 表向きは
まっとうな人材派遣会社ですが

裏では何やってたか
分からないですよ。

上杉のヤサと立ち回り先を
しらみつぶしに当たります。

(香川) これで丸裸っすよ。

おい。
うっす。

♬~


死体を溶かして 証拠が残らない
ようにしていただけですよ

殺しちゃいないですって!

(振動音)

班長 上杉の経歴が分かりました。

母親は上杉を出産後 他界
父親は不明。

生まれてから ずっと
施設で育っています。

室長 恐らく 犯人は

上杉じゃ ない。

真犯人は 別にいる。

これを見ろ。

証拠が残らないよう
遺体を処理するのと

殺しに強い主張がある
一連の事件。

同じホシだとは思えない。

うちのヤツとお前の父親を
殺した犯人は イカレた野郎だ。

上杉は悪党だが
犯人像が まるで違う。

真犯人は うちのヤツを殺す時

「調子に乗るからだ」
と言ったんだよな?

はい。

うちのヤツは 行きずりで
殺されたわけじゃ ない。

真犯人と何らかの接点があった
そして

真犯人の怒りに触れた。

奥さんは
ソーシャルワーカーとして

自立支援センター港東で
働いていたんですよね?

ああ。
奥さんの仕事周りを

もう一度 詳しく洗ってみます。


(キャスター) 昨夜 港東署の警察官
沖原隆志警部補の遺体が

元町の高級クラブ
ここ イリュージュで発見されました。


警察は容疑者を

クローバーフレンズの経営者

上杉 渉 48歳として…。

(下山) 社長…。

(振動音)

(雫の声)
「兄さん うまく逃げてください。

頼りにしてますから
あとは よろしく」。

(上杉 渉) クッソ~!

(下山) あの 社長
社長と本郷代表の関係って…。

ヤツは… 狂ってる。

ハァ ハァ ハァ…

ナイフで切る音
うっ! うぅ… うぅ…

うぅ… ハァ ハァ ハァ…

兄さん 僕と同じように
顎が鳴るようにしてあげるよ

これから
全て背負ってもらうから

雫 やめてくれ!

うまく 顎の骨
折れるといいんだけど

顎が鳴る音

失敗したら ごめんね

金づちで殴る音
(上杉)あぁ~! うぅ…

ヤツは… 人間じゃ ない。
(顎が鳴る音)

(田所) 失礼します。

上杉 渉を刑務所には行かせない。

韓国へ逃がす。

滝沢検事正と話した。

連絡を取り合い うまく処理しろ。

しかし 警察官の命を奪っておいて
これ以上は…。

(本郷) おい。

カラスは何色だ?

はぁ?

白だよな?

♬~

はい 白です。

そうだ ハハハハ…。

正義は金で買える。

はい。

(田所) 失礼します。

♬~

♬~

(緒方) ここは室長の家ですか?
フフっ。

昨日も泊まり込みで調べ物って…
私たちも お手伝いします。

これ 差し入れです。
ありがとう。

でも…。
あぁ…

署長から
僕たちも忠告されましたよ。

「勝手な捜査を行えば 懲戒処分だ」
とか言って ねっ。

懲戒上等 できないくせに。

何か 力になることがあれば
いつでも言ってください。

分かりました。

あっ 班長… これを。

上杉の会社から押収した資料を
確認しました。

クローバーフレンズに
登録していた人たちの中に

奥さんが自立支援センターで
支援していた人たちがいるんです。

全員が35歳未満で
路上生活経験のある人たちです。

真犯人と奥さんをつなぐ接点かと。

奥さんの死に 何らかの関わりが
あるかと思われます。

彼らの所在は?

全員 行方不明です。

とにかく
会って話を聞く必要があるな。

ECUのメンバーにも
協力を願いますか?

いや まだ裏切り者が誰か
分かっていない。

俺が調べる。
はい。

(緒方) 室長

うちらのこと
信用してないのかな?

(入電音)

(香織) はい 110番です
事件ですか? 事故ですか?

助けてくれ 助けてくれ!

こいつらに殺される!

(警報音)
(香織) 今 どこにいますか?

回して。
(香織) はい。


来るな 来るな
来るな 来るな!

こいつと飛び降りるぞ!

室長 「殺される」と入電が。

(栞) ≪どういうことですか?≫

頭が クラクラする!
早く助けてくれ!

やめてくれ! あ… あ~!

(栞) 近くに誰か いるんですか?

飛び降り自殺の道連れに
されそうなんです!

もう我慢しねえぞ!
離しなさい!

回して。
(栞) はい。

位置情報の確認を。

ケータイの契約者も
至急 照会してもらって。

了解。
緊急指令室 室長の橘です。

聞こえますか?

殺される! 早く来い!

俺を助けに来ないと
飛び降りるぞ!

早くしろ! 早く助けに来い!

飛び降りるぞ ここから!

落ち着いてください
すぐ駆け付けます。

消防レスキューに出動要請を。
(落合) はい。

(緒方) ケータイの契約者は
高木道夫さんです。

高木道夫さんですね?

どうして
あなたを殺そうとしていると?

(高木) ホントに お巡りか?

こいつらと グルなんじゃ?

グルなんだろ!

通報者は DM建設の派遣社員
土木作業員です。

(警報音)
コードゼロ。

港東第5号地区内で
男性をマルガイとした

逮捕監禁容疑事件発生。

現在時から本件 関連通話を
優先とし 他の通話を規制する。

男性が人質を取り
投身自殺を図ろうとしている。

ECU 緊急出動班は
現場へ急行せよ!

(振動音)

(足達) 樋口さん
上杉を逮捕できるかもしれません。

ヤツは どこにいる?

(足達) 韓国行きの
船積み場付近のはずです。

今日 船が出ますから。

近くの両替所で 多額の違法取引を
頼んだ男がいるって。

8時に来るみたいなんです。

必ず捕まえろ!

係長の敵 取ります。

(サイレン)

今 警察官が
そちらに向かっています。

パトカーのサイレンが
聞こえませんか?

(高木) 聞こえねえぞ~!

来るな!

近づいたら
こいつと一緒に飛び降りるぞ!

(落合) 現場責任者の方と
つながりました。

(三上) 彼は元々 失業者でした。

3年前 社会復帰支援で
雇ったんですが

情緒不安定で…。

よく騒動を起こすんです。


(高木) 警察!

何で助けに来ないんだ!?

こいつらが
俺を殺そうとするんだ!

毒ガス 吸わされて…。
(せき込み)

頭が クラクラする。

早く助けに来~い!

高木さん 落ち着いてください。

もうパトカーのサイレンが
聞こえませんか?

(サイレン)

(高木) ハァ…。
(サイレン)

(高木のせき込み)
(サイレン)

(サイレン)

こちらE1 現場に到着。

(高木) 次 来たら
ホントに飛び降りるからな!

(警察官)
危ないんで下がってください。

(警察官)
危ないんで下がってください。

あっちに行け!

(高木のせき込み)

来るな!
来るなって言ってんだろ!

刺激しないでください!

(男性) あ~! 刺激しないで!

来るなって言っただろ!

次 来たら
ホントに落ちるからな!

高木道夫さん 警察です。

みんな 下がって。

下がって!

包丁 捨てろ。

こいつらとグルか?

(高木のせき込み)
見えますか? 警察です。

私たちに話があるんですよね?

ホントに警察だな?


助けてくれ。

ああ… 早く こっちに来て。

ちょっと 下がって!

(高木) クソ!

殺されてたまるか!

♬~

大丈夫ですか?
(男性) はい 何とか…。

(高木) 助けて 助けてくれ…。

何で ばかなまねを!?

彼を助けたくて…
高木さん 大丈夫ですか?

(高木) 助けて… 助けて…。

大丈夫ですよ。
(せき込み)

よかったですね 高木さん。
(せき込み)

事情聴取の前に病院だな。

事件 解決です
マルヒは病院に搬送します。

病院に付き添います。

指令室 了解。

(ボタンを押す音)

(高木のせき込み)

樋口より室長。
どうぞ。


どうも こいつら おかしい。

マルヒを
本当に助けようとしてたのか?

私も気になっていることが。

終始 高木さんの声は

不安と恐怖に満ちていましたが

班長を警察だと信じた時

声が安定したんです。

彼を詳しく調べてみてくれ。

了解。

行くぞ。
えっ?

いいから!

こちらです。

(せき込み)

高木さんと同じだ。
えっ?

(せき込み)

(振動音)

班長 高木さんは
社会復帰するために

自立支援センター港東で
職を探していました。

奥さんがいた所です。

そして 高木さんを
DM建設に派遣したのは

あのクローバーフレンズです。

(警察官) 被害届を出さない?

ええ 人質になった社員が
そのつもりはないと。

丸め込んで 口封じか?

高木さんが話してたこと
真実なんだろ?

はい?
「殺される」って言ってただろ?

ハハハ…
そんなわけないじゃないですか。

高木さんから
詳しく話を聞かせてもらうよ。

♬~

あっ あっ あっ…!
もう大丈夫ですよ。

ハァ ハァ…。

どうも。

高木さん。

DM建設で働き始めてから

体の調子が
おかしくなったんですね?

はい。

一緒に働いていた仲間が

何人も倒れた。

(せき込み)

あそこには 何かがあるんです。

何かあると分かっていて
みんな黙って働いていた。

職を失うのが怖くて…。

ひとの弱みに つけ込みやがって。

高木さんは
自立支援センター港東で

職を探していたんですよね?
はい。

もしかして
ソーシャルワーカー

樋口未希という女性
ご存じないですか?

ええ 知っています。

私の担当ではなかったんですが

とても優しい方でした。

彼女の励ましがあって
立ち直った人は 多いはずです。

特に 彼なんか。

彼?

早川亮二さんという方です。

彼も あなたと同じ

クローバーフレンズから
仕事を紹介されてますね?

ええ 3年ほど前

私が紹介された
DM建設ではなく

ワーグナー商事という
会社だったはずです。

ありがとうございました。

(呼び出し音)

はい 橘です。
俺だ。

高木さんが うちのヤツと
早川亮二のことを知っていた。

うちのヤツが亡くなる直前に
担当してた人物だ。

彼が鍵を握ってるかもしれない。

はい… あっ 班長 それと

強行犯係から連絡が。

捕まえたか? 上杉を。

(島田) 上杉の居場所は どこだ?

すいません
上杉を取り逃がしました。

ただ ヤツの側近は捕まえました。

(香川)待て 上杉!

止まれ!
(足達)上杉!

(佐伯)止まれ!

社長!

(佐伯)止まれ!

(足達)待て こら!
(佐伯)止まれ!

離せ!
(島田)動くな こら!

(佐伯)おい 香川 行くぞ!

おい お前 右行け!
うっす!

(佐伯)いたぞ!

(香川)待て こら!
(佐伯)待て 上杉!

(香川)
俺 行きます! 待て こら!

(足達)
これが現場にあったカバンだ。

お宝 入ってるんじゃないですか?

こいつに話がある。

クローバーフレンズ。

お前の会社

社会的弱者を

違法な現場や過酷な労働条件の
職場に紹介して

もうけてたんだろ?

まるで 人身売買だな。

何のことだか…。

俺が聞きたいのは

この3名の路上生活者を
紹介した

ワーグナー商事という
会社のことだ。

上杉は誰に依頼されて

路上生活者を紹介した?

誰が何のために 彼らを雇った?

上杉は クソッタレの悪党だ。

だが…

真犯人じゃ ない。

顔色が変わったな。

上杉とつながってる人間は誰だ?

それは どういうことかな?

だから 帳簿もUSBも
警察に持って行かれた。

その中に
俺とお前との関係も入ってる。

路上生活者を
何のために集めてるのかも

必ず分かってしまう。

くだらないことを言ってると

もう1本のアキレス腱も
切られることになるよ。

(ピアノ)♪~

(サイレン)

頼む 迎えに来てくれ。

マズいことになる。

(ピアノ)♪~

フッ。

(入電音)

はい こちら 110番です
事件ですか? 事故ですか?

交通事故ですね。

場所は どこになりますか?

はい。

今 何が見えますか?

(振動音)

♬~

この電話番号を照会して。
あっ はい。

(キーボードを打つ音)

室長
これって何の番号なんですか?

(緒方)
これ 飛ばしのケータイですよ。

早川亮二
誰も彼の行方を知らない。

彼を最後に見掛けたのは?

3年前…
せき込み

仕事が見つかった時です

奥さんは 何らかの闇に触れて

真犯人に殺された?

その闇って何だ?

♬~

とにかく ワーグナー商事という
会社のことが分かれば…。

捜査2課に協力してもらいます。

(ドアが開く音)

(ドアが閉まる音)

(エレベーターの到着音)

(雫)
客が来るから外してください。

はい。

お尋ね者にしては顔色がいい。

冗談を言う気分じゃ ない。

食事 まだでしょ?
注文しておいたよ。

警察に押収された証拠… 実は

俺が わざと置いて行った。

(上杉の声)
でも お前の犯行に関わる

記録は

内部の協力者に
今のところ 押さえさせている。

取られたカバンの中から
抜き取っとけ

だから?

えっ?

だから どうしたんです?

兄さん…。

(雫) そんな
こざかしい駆け引きをしないで

「助けてくれ」と言えばいいのに。

僕と兄さんの仲じゃないですか。

頼む 助けてくれ。

もう 八方ふさがりだ。

遠くに逃がしてくれ!

フゥ… 兄さん

ここの肉は最高だよ。

手と顎が不自由そうだから
切ってあげたよ。

久しぶりだな
兄さんと食事するのは。

(フォークで手を刺す音)
うっ!

うぅ…。

会いたいよ。

兄さんを震え上がらせる

樋口彰吾に。

(上杉) ぐぅ~。

うぅ…。

覚えておいたほうがいい。

兄さんが感じてる
その恐怖や おびえが

人間をどれほど
ちっぽけなものにするか。

その感情を排除すれば

人間は想像を絶するほど強くなる。

(フォークを抜く音)
うっ!

兄さんの選択肢は2つだよ。

どちらを選ぶかで 人生が変わる。

樋口彰吾を殺す。

兄さんにしてやれることは
全て してあげるから。

殺す気だったんでしょ?

フッ… もう仕掛けてあるから

あとは やるだけでいいよ。

うまくやったら

兄さんの望む場所で
自由に暮らせる。

本郷家の飼い犬からも
晴れて卒業だよ。

断ったら?

今 僕が兄さんを殺す。

♬~

(森下 葵) ねぇ 樋口さん。
ん?

(葵) 再婚しないんですか?

何だよ いきなり。
だって~

樋口さん そこそこだけど
まだイケてるし。

未希の代わりは この世にいない。

うわ~ またストレートな。

(森下志津) そうね。

あんたみたいなのを
支えてあげられるのは

未希ちゃんぐらいよね。

(葵) あ~あ…
新しい恋 したいな~!

あんた まだ懲りてないのね!

あんな目に遭って…
信じらんない。

お先に失礼します。
(一同) お疲れさまでした。

♬~

お父さんを助けてくれて
ありがとうございました

いえ…

高木さんの訴えで
真実が明らかになりました

あっ それで
私に聞きたいことって…

早川亮二さんのことです

樋口未希さんと彼が

どんな関係にあったのか
知りたいんです

(呼び出し音)

いらっしゃ~い。

どうぞ。

ありがとうございます。

ほら 飲めよ。

話しづらいことがあるんだろ?

俺が何年
刑事やってると思ってんだ?

早川さんのように
身寄りのない路上生活者たちが

クローバーフレンズを通して
ワーグナー商事に

紹介されていました。

彼らの行方は?

同じく全員 不明です。

そして ワーグナー商事は

ペーパーカンパニーでした。

奥さんは早川さんの身に
何かがあったと知り

彼の行方を
必死で捜していたんです。

(未希)こんにちは

あ~ 樋口さん どうも

ワーグナー商事に
派遣された方々の行方が

分からなくなってしまっていて

何か聞いていませんか?

こっちは
派遣先であったことまでは

関知できませんから
顎が鳴る音

じゃあ…
問い合わせてもらえませんか?

それで事件に巻き込まれた?

でも 何でだ?

何で俺に
ひと言も相談しなかったんだ?

おい… 何とか言え。

私のケータイに来たメールです。

未希さんの同僚の方たちに
話を聞いたところ

そのうちの1人から匿名で。

ばかな… あり得ない。

私も信じてはいません。

ただ 奥さんは早川さんのことを

特に 気に掛けていたようです。

高木さんも 2人は

特別な関係だったように見えたと。
まだ聞いているべきか?

飛ばしのケータイからの情報で

まだ 奥様のことが本当かどうかは
はっきりはしていません。

頭 冷やして来る。

♪~

♪~


(振動音)

(上杉) 樋口彰吾。

(顎が鳴る音)

しらじらしい挨拶は省こう。

取引だ。

状況判断ができないのか?

丸裸の手配犯が。
一連の事件の

真犯人 教えてやろうか~?

フフっ
誰がお前の女房を殺したのか。

その証拠を渡してやる。

ただし

俺を逃がすのが条件だ。

断ったら?

一生 解けない謎を抱えたまま
生きるんだ。

お前の女房が死んだ理由を。

お前を信用するとでも
思ってるのか?

(顎が鳴る音)

ペンション五大湖

女房との思い出があるよな?

そこで会おう。

どうだ? これで信用したか?

よく聞け。

もし デタラメだったら
ただじゃおかない。

♬~

(上杉) フフっ。

班長

用があるから 先に帰ってろ。

上杉 渉に会いに?

取引を持ち掛けて来た。

逃がしてくれたら
真犯人の証拠を渡すと。

応援要請を。
警察には内通者がいる。

軽率に動くな 俺に任せて帰れ!

でも…。
ヤツは何もできない。

手下もいないから
直接 電話して来た。

上杉を信じるんですか?

うちのヤツに何があったのか。

未希には もう聞けない。

だから
上杉から真実を聞く必要がある。

待ってください 班長

班長
行ってくれ。

♬~

(振動音)

(呼び出し音)

はい。
班長が危険です。

えっ?
上杉 渉に

真犯人を教えるからと
呼び出されました。

♬~

♬~

♬~

♬~

上杉… 出て来い。

(風の音)

どこだ?

早く出て来い!

(未希) ≪亮二さんに会いたい≫

≪全て 私のせい≫

≪彰吾さん ごめんなさい≫

未希…。
(未希) ≪彼のことを私…≫

(未希)
≪とんでもないことを…≫

≪でも 亮二さんのことが…≫

≪どうしても私
亮二さんに 会いたい≫

♬~

♬~ (ボイスレコーダー:ノイズ)

♬~ (風の音)

♬~

♬~ ハァ…。

♬~