ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第103話 清野菜名、風間俊介、佐藤祐基、井上希美… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #103 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 子供
  2. 結婚
  3. 公平
  4. お前
  5. 一緒
  6. 映画
  7. 音楽
  8. 幸子
  9. 今年
  10. 三平兄
  11. 方法
  12. 一人
  13. 公一
  14. 昭和
  15. 大丈夫
  16. 大変
  17. 同情
  18. 韮崎
  19. 父親
  20. 理屈

f:id:dramalog:20190828145305p:plain

『やすらぎの刻~道 #103 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

やすらぎの刻~道 #103 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
ある夜、「やすらぎの郷」に住む栄(石坂浩二)の元に、九条摂子(八千草薫)が姿を現して…!?一方「道」の物語では、根来家に、公平(風間俊介)の兄・三平(風間晋之介)に続き、公次(宮田俊哉)の訃報が届く。ある日、看護師を辞め根来家に戻ってきたしの(清野菜名)が、自分のお腹に三平の子供がいることを明かす!公平の妹・幸子(木下愛華)は、亡くなった三平の代わりに公平が父親になったら良いのでは…、と提案する。
◇出演者
清野菜名風間俊介佐藤祐基、井上希美、木下愛華
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
阿部雄一
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


♬~

♬~

(根来公一)幸子から聞いたか?

(根来公平)聞いたよ。
ったく あいつは…!

(公一)まあ 聞け。

幸子の考えは
とっぴじゃあるが

しかし 悪くない考えだと思う。

兄ちゃん!?
まあ 聞け。

公次が戦死し

三平が ああいう形で
いなくなっちまって

このままでいったら

うちの血は
そのうち途絶えかねん。

だったら
俺じゃなく 兄ちゃんが

しのちゃんと結婚すれば
いいじゃないか!

ああいう形で
紀子さんが死んだあとだ。

俺は 今
とても そんな気になれん。

第一 年が離れすぎとる。

お前 しのの事が嫌いか?

き… 嫌いじゃないよ。
だけど…!

いくつだ? お前。

19だよ。

しのは確か… まだ二十歳だ。

一つ年上の女房は
金のわらじを履いても探せ

っていう ことわざがある。
兄ちゃんぐらい年が離れてても

そういう夫婦は
いくらでもいるぜ。

公平。

俺は この土地を
ずっと離れとらん。

しのは今 6カ月だ。

今から6カ月前は 今年の正月だ。

その時 俺は しのに会っとらん。

会っとらんのに
ややこは作れんべ。

その点 お前は横須賀に行っとる。

何言ってんだ!

あれは 三平兄ちゃんが死んだ事を
知らせに…!

しかし 会うとる。

何があっても不思議じゃない。

変な理屈は つけんでくれ!

それは兄ちゃんの
言い掛かりっていうもんだ!

俺は しのちゃんに
何もしとらん!

あの日だって…!

今日 荒木が嫌な事を言ってきた。

しのの腹が 最近

膨れてきておらんか?
って言うんだ。

「あいつは食いすぎじゃ」と
ごまかしておいたが

いつまでも
そんな言い訳は通用せん。

もうじき
目に見えて せり出してくる。

そうなったら しまいじゃ。
村の噂になる。

その前に 決着は
つけとかんといかん!

公平 観念しろ。

これも根来家のため…

お国のためだ!

(ため息)

〈全くめちゃくちゃな理屈だと
思った〉

〈だけど…〉

〈しのちゃんが…〉

〈あの しのちゃんが…〉

♬~

〈もしも 万一 僕の嫁さんに…〉

(つばを飲む音)

♬~

〈そう思ったら 僕の頭に

今まで
まるで考えてもいなかった

夢っていうか…〉

〈幻っていうか…〉

〈とんでもない何かが
突然 生まれて…〉

♬~

大丈夫か?
(根来しの)何が?

重たくねえか?

俺が… 俺が担ごうか?

大丈夫よ。

少し休もう。

うん。

よいしょ。

♬~

大変だと思うんだ。

何が?

いや…
一人で子供を産むってさ。

子供は 誰だって
一人で産むじゃない。

そりゃそうだけどさ。
そのあとがさ…。

そのあとって?

いや つまり… 育てるのがさ。

なんとかなるさ。

そうかな…?

なんとかなるわよ。

うん…。

だけどさ…!

子供にとって これからずっと
父親がいないっていうのは

大変だと思うんだ。

だから その…

これは まあ
一つの一般論だけど…。

父親がいたほうが
子供にとって 良くない?

だからさ…。

よかったら あの… その…。

なんちゅうか…。

結婚する気ない?

誰と?

お… 俺と。

(吹き出す音)

フフフフ…!

ハハハハッ…!

ヘヘヘ…。

よいしょ。

さあ 行こう。

〈僕は非常に傷ついた〉

〈だから嫌だって言ったんだ〉

〈そんなに
簡単にいくわけないだろ〉

兄ちゃん しのちゃんに
結婚を申し込んだみたいよ。

えっ!
そ… それで どうなったの?

しのちゃん
いきなり吹き出したんだって。

吹き出したって?

(幸子)大笑いされたのよ。
それで おしまい。

あの話 おじゃん。

おかわり!
もう ない。

(階段を上る音)

(公一)
イタリアが降伏したらしいな。

三国同盟は どうなっちまうんだ?

進展なしねえ あの2人。

(アナウンサー)「政府は 今6月

学徒戦時動員体制確立要綱を
閣議にて決定致しました」

「学徒を将来の軍務に備え
国防能力増強を図るとともに…」

公平ちゃん。

うん…。

ねえ 今度の日曜日
韮崎に行かない?

韮崎?

公一兄ちゃんが
行ってもいいって。

阪東妻三郎
無法松の一生』って映画が

あすこの映画館で
かかってるんだって。

行こうよ。

ねっ?

「俺は お前みたいな
アンポンタンは乗せんのじゃ!」

「どけ! どけ!」

♬~「(映画の音楽)」

(すすり泣き)

♬~「(映画の音楽)」

(すすり泣き)

♬~(店内の音楽)

♬~

こないだは ごめんなさい。

吹き出したりして。

傷ついた…?

私ね 本当言うと…
嬉しかったの。

とっても嬉しくって
動転しちゃったの。

だから…
笑ってごまかすしか なかったの。

一つ聞いていい?

あれは同情?

私に対する ただの同情?

それとも
少しは本当に私の事が好きで

結婚しようって言ってくれたの?

す… 好きじゃなかったら…

あんな事 言えるか?

俺だって 随分考えたんだ。

しのちゃんは
三平兄ちゃんと仲良かったし

いつも
みんなの憧れの的だったから

高嶺の花だって
ずっと思ってたんだ。

それに…。

俺も 今年 もう19になったし…。

今年から

徴兵の年齢が 19歳に
引き下げられるって噂だし…。

そしたら…
せっかく一緒になったって

また すぐ生き別れに
なっちゃうわけだし…。

そしたら 結局
三平兄ちゃんと同じ事だし…。

だから…。

どうしたら 一緒になって

いつまでも
ずっと一緒にいられるか

その方法を ずっと考えてて…。

やっと その方法を見つけたんだ。

だから 思い切って
あの時 言ったんだ。

逃げるの?
逃げない。

どうするの?

今は言わない。

だけど…

しのちゃんと 生まれてくる子供の
ずっとそばにいて

命を懸けて 一生守る。

その方法は 今は言わない。

♬~

私でいいの?

ああ。

俺でよかったら…。

♬~

公平ちゃん…

どうして そんなに優しいの?

昭和18年9月19日〉

〈その日を 僕は絶対に忘れない〉

昭和18年9月19日〉

♬~

(女性)いろいろ
事情もおありだろうけど…。

ふしだらだ。 ちいっと
おかしいんでねえのかい?

何が!?
頑張ってね~!