ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

まどろみバーメイド 第7話 木竜麻生、八木アリサ、玄理、大後寿々花… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『真夜中ドラマ「まどろみバーメイド~屋台バーで最高の一杯を。~」#7』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 日代子
  2. ミッキー
  3. 騎帆
  4. 陽乃崎
  5. ストーカー
  6. 自分
  7. 屋台バー
  8. ウソ
  9. アイツ
  10. ハァ
  11. ヒヨ
  12. ホント
  13. マジ
  14. 頑張
  15. 笑顔
  16. イジメ
  17. ケータイ持
  18. スリー
  19. ツー
  20. バカ

f:id:dramalog:20190825080748p:plain

『真夜中ドラマ「まどろみバーメイド~屋台バーで最高の一杯を。~」#7』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

真夜中ドラマ「まどろみバーメイド~屋台バーで最高の一杯を。~」#7[字]

月夜に現れては、ふと消える不思議な「屋台バー」の女性バーテンダー・雪。雪の友人、日代子は、騎帆にストーカーに狙われていると相談するが…。【4K制作】

詳細情報
番組内容
ある日、雪(木竜麻生)と共同で生活をしている日代子(八木アリサ)は、騎帆(玄理)にストーカーに狙われていると相談するが、騎帆には気のせいだと一蹴されてしまう。
ストーカーが気になって、フレアバーテンダーの仕事にも支障が出始めた日代子。
内容続き1
雪はそんな日代子に、屋台バーを手伝ってほしいと誘う。開店の準備を始めると、雪は果物の買い出しに行ってしまう。一人残された日代子の前に突然現れたのは、パーカーを着たストーカー美樹本(大後寿々花)だった…。
出演者
 月川雪…木竜麻生
 伊吹騎帆…玄理
 陽乃崎日代子…八木アリサ
出演者続き
【ゲスト】
 美樹本恵…大後寿々花
原作脚本
【原作】『まどろみバーメイド』早川パオ
芳文社週刊漫画TIMES」連載中)

【脚本】田中洋史 上野友之
監督・演出
【監督/脚本】池田千尋 古川豪
音楽
【音楽】ベンジャミン・ベドゥサック

【主題歌】SHE IS SUMMER
「Bloom in the city」
(Being,Inc./SIS RECORDS)
番組概要
とある街の一角。月夜に現れては、ふと消える不思議な「屋台バー」がある。この屋台の店主は女性バーテンダー・雪。雪は夜更かしが苦手でいつも居眠りをしているが、ひとたび注文を受けるとその眼差しは変わる。
客の特徴、気候などを考慮して客がもっとも求めている味を提供する天才バーテンダーだ。バーには様々な客が訪れ、それぞれの悩みや悲しみをグラスと共にカウンターに置いていく。
番組概要の続き
そして雪自身も、同居する二人の先輩バーテンダー騎帆と日代子との出会いや、過去も含め物語が動き出す。気鋭のイラストレーター・パオの漫画デビュー作を実写化。
制作
【制作】テレビ大阪ADKクリエイティブ・ワン

【製作著作】ドラマ「まどろみバーメイド」製作委員会
関連情報
【番組公式HP】
www.bs-tvtokyo.co.jp/sleepy_barmaid/

 

 


お~っ! うわぁ すご~い!

ねぇ 超 見入っちゃうよね~。

(歓声と拍手)

何か飲まれますか?

ストーカー? 気のせいじゃないの?

はい 来た 気のせい理論。

(日代子)でもね…。

(日代子)絶対 ストーカーだから!

(騎帆)たまたま道が
一緒だったってだけだろ?

違う!

私が振り返ったら
明らかに隠れたんだって。

もう!

んっ! んっ! 自意識過剰。

いいなぁ 雪ちゃんは。
(騎帆)えっ?

いっつも 雪ちゃんばっかり
かまってもらえてさ。

ヒヨ これ マジな相談?

(騎帆)はい どうした?
ついてこいって言ったろ!

待って!
あぁ もう 何だよ~。

ハァ ハァ ハァ…。

ねぇ これ どういうこと?

えっ? だから
ストーカーに悩んでんだろ?

うん。
ストーカーってことは

追いかけてくるんだろ?
うん…。

だったら 必要なのは
逃げ切るための脚力だよ。

逃げ切っちゃえばいいんだって。

マジなの?
マジだよ!

まっすぐな目してるよ この人。

何だよ。

あっ! 私 バンブーにエサあげなきゃ。
えっ?

バイバイ。
おい! 自分が対策考えろって

言ったんだろ! なんだよ…。

(日代子)バボ ツー スリー フォー。

はい オーバー! 味 変わった。

すみません もう1回
やらせてください。

(晶子)ねぇ ヒヨちゃん。
はい。

何かあった?

前は 完璧だったじゃん。

実は…。

いや ちょっと調子が
悪いだけかな~ って。

私とタンデム組むのが プレッシャー?

そんなことはないです
むしろ すっごい楽しみにしてて。

明日はお休みして
ちょっと集中しな。

はい…。

お~っ すごい!

すごいね!
すご~い!

お~っ! すごい!

<日代子:憧れの先輩なの
富田晶子さん。

ものすごく かわいくて

ものすっごく
教えるのがうまい人で…>

やっと一緒に
組めることになったのに。

この機会逃したら私 何のために
フレアやってるか わかんないよ…。

ストーカー どうにかしなきゃね。

うぅ~ ありがとう
私には雪ちゃんしかいない。

じゃあ 雪 私 今日
ちょっと早めに出るから。

あっ うん。

騎帆さん 頑張るね。

いってらっしゃいだろ。

日代子さん 私もそろそろ
屋台 行こうかな~ と思って。

あっ もう?

そっか 頑張ってね。
うん。

違う…。

あっ あの え~ これは
例えばのお話なんですが。

どうしたの? 急に敬語で。

あっ うん えっと…。

バンブーのお散歩に行かない?

えっ 今から屋台バー
行くんじゃないの?

あっ そっか。

えっと… あっ そう!

お店を 手伝ってほしいというか。

いいかな?
うん。

よいしょ。

手伝うよ。
ありがとう。

ほい。

やぁ 改めて思うけどさ
大変だよね 1人で屋台バーって。

そうかな?
うん 私には無理だ。

っていうか そもそも
屋台っていう発想がない。

フフフフ 日代子さん
忘れっぽいんだね。
何が?

私に屋台バー勧めてくれたの
日代子さんだよ。

えっ?
もし日代子さんが
言わなかったら

屋台バー 始めてなかった。
ウソ。

あっ! そうだ。

あの~ その…。

あっ 果物を買い忘れたんだった。

あっ じゃあ 私
買いに行ってくるよ。

あっ いやいやいや
いやいやいや あの

日代子さんは その
ここでね ここで…。

待ってて。

えっ?
待ってて。

ってか 全然帰ってこないし
あの子 ケータイ持ってないからな。

まさか 見捨てられた?
いや いや いや。

えっ?

あっ 来た!

おとり作戦 成功 行くよ ほら!

えっ ちょっ やだ!

(日代子)やだ~!
(騎帆)あれ? 日代子!

(騎帆)おい! ヒヨ… お前! あれ?

警察呼べ とりあえず
すぐ戻るから。

騎帆さん 私 ケータイ持ってない!
違うんだ! これは…。

(雪)女子校の同級生。

うん こんときは 女だった。

まだ女に見える? 俺。

だよな でも 昔よりは
ずっとマシでさ

高校のときはさ
ずっと女のフリしてて

ほら あの 女子校によくいる
かっこいい女子 それ 装って。

周りに バレるのが怖くて
ウソついてたんだ。

でも 陽乃崎は違った。

うちの学校さ 陰湿なイジメがあって。

ターゲットだったんだよ アイツ。

日代子さんが。

うん 私 全然気にしない
って感じで マイペースで

ずっと あんな感じで。

いや ホントは気にしてた。

1回だけ トイレで
泣いてるの聞こえて。

押し殺した 泣き声。

はい。

自分が情けなくなったよ。

ウソで作った輪の中で笑って

ホントに笑えてんのか
わかんなくなって

勝手に苦しんでる
自分とは全然違うって。

苦しさは比べられるものでは
ありませんから。

自分が自分であることを
認められないって

めちゃめちゃしんどかったりする。

はい。

こんなこと 人に話すの
初めてだよ。

話聞くの うまいね。

いえ これが仕事ですから。

陽乃崎の友達だからかな。

昔さ アイツに言われたんだよね。

どうして そんなに
人の目を気にするの って。

ミッキー…。

あぁ 俺さ 美樹本
って言うんだけど

なんか アイツだけ
ミッキーって呼んでて。

ミッキーは もっと自分のこと
好きになってあげなよって。

そんときはさ なんか

カッとなっちゃって 逃げちゃって

そんで 髪をバッサリ切った。

まぁ でも… 現実は
そう うまくいかないよな。

社会のなかじゃ 俺は
中途半端なまんま。

戸籍を変えるのって
簡単なことじゃなくて

手術して 体まで変えないと
男として認められないんだ。

えっ? 体を変えるって…。

俺たちにはさ どっちか
選ぶ権利すらないんだ。

陽乃崎に会ったのはさ ホントに偶然。

(美樹本)うれしかった。

でも 中途半端な俺でさ

なんて 話しかけていいか
わかんなくて。

それで ストーカー。

おい なんでストーカーが
そこ座ってんだよ!

ああ 騎帆さん 待って 待って
待って! ああ あのね あのね…。

なに?
これには事情が…。
ウソ…。

えっ ミッキー? ミッキーだよね?

あぁ ミッキー 久しぶり!

なに 知り合い?
何してんの? えっ?

私が説明する。
知り合い?
あっ…。

さっきの 話してあげてください。

日代子さん 忘れん坊だから。

(雪)よし 行こう!
(騎帆)うん。

あれ?

ミッキーだ フフフ。

(日代子)ミッキーだ。

変わんないね。

いや 変わっただろ。

見ろよ。
見た目はね。

でも そうやって自分らしく
してるミッキーは すごくいい!

あぁ そうだ ねぇ さっきのさ

忘れん坊がどうとかって話 なに?

いや 昔もこんなふうに

陽乃崎の言葉が
心に刺さったことも

あったなっていう話。
えっ 私 ミッキーになに言った?

どの話?

そういうとこが 忘れん坊って
言われんだよ。

なんか私 変なこと
言ったんじゃないよね?

ほら 私 バカだからさ

それに適当だし。

確かに 俺らの高校は
県下でも有名なバカ高校だった。

だね。

で そのなかでも陽乃崎は更にバカ。

それは言い過ぎ。

でも 卒業までの3年間

陽乃崎は ずっとニコニコ笑顔だった。

それだけが取り柄ですから。

イジメられても笑顔だった。

なのに 俺は何もできなかった。

ごめん。

卒業までの2年間
ずっと1人にして ごめん。

ずっと 謝らなきゃって思ってて

ずっと ずっと思ってて…。

たまたま 陽乃崎のこと
バーで見かけて…。

変わらない笑顔だった。

強いなぁって思った。

笑ってれば とりあえず
前に進むって信じてますから。

よし。

グラスが7つ?
ヘヘッ お楽しみに。

フレアバーテンダーって初めて聞いたよ。

フレアバーテンダーのフレアはね
自己表現って意味があるの。

自己表現。
そう 表現をして

お客さんに楽しんでもらう仕事。

いくよ。

お待たせしました ヒヨコレインボーです。

好きなの選んで。

どう?

なんか 陽乃崎みたいに
大ざっぱな味がするな。

フフ…。

やっぱ 元気になるわ。

そう?

ありがとうございます。

雪ちゃん ありがと。

(雪)おかえりなさい。

騎帆さんは?
もう行ったよ。

あとで ちゃんと
説明しろって怒ってた。

は~い。

どうしたの?
雪ちゃんはさ

屋台バーやるの楽しい?

もちろん。
だよね。

何か作る?
うん チャーハン。

あっ そっち? お任せください。

(日代子)バボ ツー スリー フォー!

よし 陽乃崎日代子 二十はにゃ歳。

今日も 明日も あさっても
元気な笑顔で頑張ります!