ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

だから私は推しました 第5話 桜井ユキ、白石聖、細田善彦、優希美青… ドラマのキャスト・音楽など…

『よるドラ だから私は推しました(5)』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 花梨
  2. サニサイ
  3. 凛怜
  4. ハナ
  5. オイ
  6. アイドル
  7. 今日
  8. Hi
  9. お願い
  10. 観客
  11. ライブ
  12. 運営
  13. 応援
  14. 柿崎
  15. 紀子
  16. 小豆
  17. 仲直
  18. 武道館
  19. サニーサイドアップ
  20. リーダー

f:id:dramalog:20190825075808p:plain

『よるドラ だから私は推しました(5)』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

よるドラ だから私は推しました(5)[解][字]

女オタ×地下アイドル。フェスを経て絶好調のサニサイ!しかしメンバー間では不協和音が鳴り始め…。飛躍がもたらす思いがけない罠(わな)とは?その時オタクたちは?

詳細情報
番組内容
夏フェスから9か月。人気も知名度も上がったサニサイには様々な仕事が舞い込んでくるようになる。しかし忙しくなるにつれてメンバー間のプロ意識にズレが生じ始め、センター花梨と、2番手の凜怜が大激突。やがてそれはオタクたちをも巻き込んだ代理戦争になっていく。そんなある日、ハナ推し・中立派の愛のもとに、意外な人物から連絡が来て…。
出演者
【出演】桜井ユキ白石聖細田善彦優希美青,松田るか,田中珠里,松川星,天木じゅん,川並淳一,榎田貴斗,小原滉平,篠原真衣代走みつくに澤部佑村杉蝉之介
原作・脚本
【作】森下佳子
音楽
【音楽】蔡忠浩

 

 


(聖護院)そうそう
始まったみたいですよ。

サニーサイドアップの解散ライブ。

(愛)そうですか。

それで 人生で一番あつい夏が始まって

それから どうしたんですか?

あ… あの…

大きなフェスに出られたことで
サニサイは人気が出始めたんです。

いらっしゃいませ。
サニーサイドアップの物販 こちらで~す。

これと これ かわいくないですか?
ハナちゃん。 そうなんですよ。

(椎葉)あ~ この…。
あ~ 懐かしいな~。

(ハナ)じゃあ 皆さんとかと一緒に
Tシャツ 着ませんか?

Tシャツ。 …あっ 本当ですか。

♬~

お~ これは 紀ちゃん

いよいよ バイト
やめれるんじゃないですか?

(米原)おかげさまで もう一息だって。
ハナちゃんは どうです?

あ~ 前よりは人気出てきたけど
まあ 当分は 私が支えなきゃダメかな~。

(ため息)
どうかしたんですか?

「センチメンタル・ジャーニー」ですよ。
貴文 まだ 52なもんで。

えっ? ん? えっ? は?

(柿崎)ああ 売れるグループって
だんだん 手 離れていくじゃないですか。

ああ…。 あっ
みんなのものに なってほしいような

なってほしくないようなっていう…?
そうそう。

(小豆沢)ていてい ていてい。

椎葉さんともあろう方が
何をぬるいこと おっしゃってるんですか。

推しを押し上げてこその
オタでしょうが。

そうだけどさ。

あっ そういえば
小豆さんと花梨ちゃんって

昔 つきあってたって 本当ですか?

えっ そうなの!?
おおっ!

えっ マジで つきあってたの?

ハハハハ… はあ? つきあってねえし。

あの… ちょうど 前の推しが
卒業しちゃったのよ。
うん。 で? で?

そしたら その日
路上で一人で歌ってる花梨がいて…。

(花梨)♬「してくれないかい」

♬「大きな声で歌えば届くかと
出来るだけ歌うんだ」

おい おい おい!

♬~

あっ あの
あっちに変な人がいたんですけど。

あの ちょっと急いで来て下さい!
変な人?

えっと… 早く!

≪あっち!

ああ 終わってるよな…。

あ… あの!
はい!

さっきは ありがとうございました。

あっ ちょ… ちょっと待ってて下さい。

これ お礼です。
こんなもので申し訳ないですけど。

本当は
ライブハウスでやりたいんですけど

まあ お金ないし
チケットノルマとかあるし。

じゃあ アイドルでやったら?

は?

アイドルだったら ノルマなしで
ライブハウス 呼んでもらえるはずよ。

ああ… でも アイドルって…。

フフフ… まあ そういうの興味ないよね。

いけますかね? こんな感じで。

え?

歌えるんだったら 何だってやりますよ。

だって
そのために上京してきたんですから。

そんで
2人で素人アイドル営業してたら

目に留まったのよ。 今の運営の。

それで メンバー集めて作られたのが
サニサイと。

じゃ 何だ つきあってたわけじゃ
ないんですか。 うん。

何だよ おばはん。

いや~ 分かるなあと思って。

推しの夢は 俺の夢だよね。

おばはんも 立派なオタクらしく
なってきたじゃねえかよ。 なあ。

サニサイ 行きますかね 武道館。

(柿崎)やっぱ 武道館ですよね~。

武道館? アリーナじゃないの? 今どき。

武道館! ピンク・レディーの昔から
アイドルは武道館なんですよ。

80年の山口百恵 引退コンサート

82年には 当時最年少の松本伊代

その後も トップアイドルたちが
次々とライブを行った 歴史ある聖地で

ステータスを大きく向上させる
特別な場所なのです!

(話し声)

でも そんな能天気な私たちの
知らないところで

その時 既に
解散注意報は鳴っていたんです。

(聖護院)解散注意報?

(呼び出し音)

はい。
(凛怜)ハナ? 私。

悪いんだけどさ…。

分かりました。 はい。

今日行かないと
大学の単位が やばいそうで。

(花梨)単位落としたら 親から
アイドルやめろって言われるから

今日は来られない。 何か こないだも
そんなこと言ってませんでした?

こないだとは違う単位なんだって。

営業系のイベントになると
いっつも やばくなる単位って何!?

(紀子)もう
ハナに怒っても しかたないじゃん。

ごめん。

(詩織)まあ ご新規さん
4人で山分けできるしさ。

前向きに行こっ。

だよね。

皆さん こんにちは! 私たち…。

(4人)サニーサイドアップです!
よろしくお願いしま~す!

♬「失敗したっていいよ(したっていいよ)」

♬「何回だっていいよ(だっていいよ)」

♬「ようやく見つけた唯一の夢なら」

えっ アイドルって
そんなことまですんの?

そうだよ。

売れるためなら そのくらい当たり前。
へえ~。

凛ってさ 何で アイドル やってんの?
意味分かんないんだけど。

就活だよ。 女子アナへの道。

ふ~ん。


それに
たまには こんな おいしい仕事もあるし。

へえ~。

(凛怜)見て。

(シャッター音)
はい OKです。 チェックしますね。

今 単位 やばいんじゃなかったっけ?

今日は やばくないから平気。

ふ~ん。 そういうもんなんだ。
そうそう。

毎日やばいわけじゃないから。

あ… 大学行ってないと
その辺の具合は分かんないか…。

ねえ しお そんなもんだよね?

え? …まあ。

(カメラマン)じゃあ 次のポーズ いきます。

はい。
(シャッター音)

凛 花梨 ちょっといい?
はい。

ここの社長が 表紙用の浴衣を

花梨じゃなくて 凛に着てほしいって。

まっ 単なる社長の好みだから。
じゃ よろしくね よろしく。

(凛怜)はい。

(カメラマン)はい じゃあ 目線下さい。

うん かわいい。

ステージじゃ
全然 かなわないんだからさ

ここくらい譲ってよ。 ねっ リーダー。

じゃあ… まあ しょうがないか。 ハハハ。

その一発で終われば よかったんですけど。

調子に乗った運営は…。

(紀子)凛ちゃん目当ての子 増えてるし
ファンサの一環だって。

まあ ファンサは大事だもんね。

生誕祭だって思えば どうでしょう?

だよね。

そう思えばいいんだよね。

(ドアの開閉音)

私 間違えましたかね?

あ~ 間に合った。

(騒ぐ声)
うわ~。

凛様 様様ですね。

え~!? デビューシングル 持ってないの?

何? あれ。

凛怜オタを うんざりさせようと
してるんじゃないんですか。 ああ…。

え~!? ファンなのに?
じゃあ 僕のでよかったら

これ 皆さんで どうぞ…。 いい…。
運営に言って 新しいやつ…。

すいません すいません。
小豆さん やめて下さいよ。

お前… ファンだったら
お金落としてもらわなきゃ意味ねえだろ。

凛怜デザインの髪留めは
みんな 買ってくれてますから。

だせえ。 いや ださくない…
かわいいじゃないですか。

こういうのって 何て言うんでしたっけ?

(小松)代理戦争。
それ。

どうも~!
(歓声)

円陣なしですか 今日は。

(凛怜)今日も皆様の小さた…

太陽になりたい! 黄身担当 凛怜です。
よろしくお願いします。

(歓声)
あれれれ れれれれ?

えっと 将来の夢は 確か
アナウンサーじゃなかったでしたっけ~?

(柿崎)美人すぎるんで
親しみを持たせるために わざと…。

美人すぎるアナウンサーって
普通だからな! 静かにして下さい!

小さた太陽。 言えない凛が かわいくて。

今日は ダイヤの殻担当。
凛を守って走ります!

応援 よろしくお願いしま~す!
花梨~! サイコー!

オタは サイテーだけどね~!
(笑い声)

(凛怜)それでは 聴いて下さい。
サイリウム・プラネット」。

♬~

♬「Hi! Hi! Sunny Side Up!」
(観客)オイ! オイ! オイ! オイ!

♬「Hi! Hi! Sunny Side Up!」
(観客)オイ! オイ! オイ! オイ!

♬「Hi! Hi! Sunny Side Up!」
(観客)オイ! オイ! オイ! オイ!

(観客)タイガー! ファイヤー! サイバー! ファイバー!
ダイバー! バイバー! ジャージャー!

虎! 火! 人造! 繊維!
海女! 振動! 化繊!

♬「…を熱くする 眩しい光を」

♬「追いかけてた」
(観客)超絶かわいい 凛怜!

♬「君に憧れて 君になりたくて」

♬「無我夢中で」
(観客)オーレーの! 凛怜ー!

♬「進路変更 目的よりも」
いや~ こりゃ 事故だ 事故。

♬「思うがまま 途中下車」
(柿崎)そっか これ あれですよ。

花梨ちゃんのためですよ。

ほら 本気出すと 花梨ちゃんの立場
なくなっちゃうじゃないですか。

いや…。 (笑い声)
♬「なんなんだ! なんだーーい!?」

♬「失敗したっていいよ(したっていいよ)」

(凛怜)リーダー 間違ってますけど。

♬「ようやく見つけた唯一の」
リーダー

今日 そこ 私のパートなんですけど!

嫉妬ですか?
いい加減にしてほしいっていうか。

お客さんのこと 考えてます?
(花梨)お客さんのこと

考えてるから こうなったんでしょ!

とても見せられないものは
どうにかしなきゃいけないと思ったんで。

凛 ちょっと 裏 来て。
離して!

ねえ!
こんなの見せて どうすんの! ねえ!

(争う声)

花梨…。

あ~! ちょちょ…。

(ざわめき)

あ~!

(柿崎)何すんだ! こら~!

(ざわめき)

花梨ちゃんも 更新なしか…。

 

誰? これ。

すみません いきなり DM。

いや 私はいいけどさ。
そっちは事務所禁止だよね。

非常事態なので。

まだ収まってないの?
はい。

昨日 ライブのあと
運営さんから集められたんです。

私と のりたまちゃんと しおりんと。

それで なんとか2人を仲直りさせろって
言われました。

えっ?
それってさ 運営の仕事じゃないの?

私たちも そう言ったんですけど。

いや もう 先に手ぇ出したの
凛の方だし。

いや マイク強奪されたんですよ。

襲われた方が謝らなきゃいけないって
どういうことですか?

あんな歌で お金とったら詐欺ですよ!

何で私が謝らなきゃいけないんですか!
詐欺 止めたのに?

2人とも 取りつく島がなくてさ。

それで どうしたらいいか
相談に来たってこと?

はい。

社会人の方は こういう時の
さまざまなテクニックを

ご存じなのではないかと。

まあ 普通は こう
距離を置くとかだけど。

あ~ ハナたちはなあ…。

次のライブ あさってですし。
だよね。

あっ! お酒飲んで話すとか?

未成年なんです。
あっ そっか。

あっ じゃあ 手打ちとか?

手打ちとは…?

あの 何かこう 偉い人が出てきて

私の顔に免じて 許してくれませんかね
ってやるんだけど。

偉い人…。
うん。

何か 2人ともさ
「この人の言うことだったら聞く」

みたいな 何か そういう人
誰か いたりしない?

ちょっと 紀ちゃんと しおりんにも
聞いてみます。 頼めそうな人 いないか。

でも 何か意外だな。

いや 何か ハナが先頭立って
そういうこと やってるの。

あそこしか 私の居場所ないんで。

居場所?

私… は…。

[ 回想 ] おはよう。

おはよう。

ハナ?

私 いじめられてたんです キモいって。

キモいって? えっ どこが?

笑った顔とか?

そ… そんなのね
やっかみだよ やっかみ! かわいいから。

いや… そんなんじゃないと思います。
きっと 何か 自分が知らないうちに

何か やったのかなって…。
何で? 思うんですけど。

そんな時
アイドルのライブをテレビで見て。

その子は みんなに
ペンラ振って 応援してもらってて

すごく羨ましくて。

半年くらい スカウトされないかなって
ウロウロして

それで なんとか
今の事務所に拾ってもらえて。

私にとって サニサイって

やっと たどりついた
天国みたいなとこなんです。

だから…。

その話ってさ みんな知ってるの?
いえ…。

今の話 聞いたらさ みんなも
ハナのために サニサイ続けようって

なると思うんだけど。

あっ あんまり知られたくない?

あ… はい あんまり おおっぴらには…。
そうだよね。 ごめん。

あ… でも
そういう強い気持ちを持って

2人に仲直りしてって
言おうと思います。

2人は サニサイの柱なので

けんかされてると
私たちが困るといいますか…。

私たちのためにも なんとか
仲直りしてもらえないかなと思いまして。

お願いします!

♬~

仲直りできたかな~。

くう…。

私もな…。

 

あ…。

「今日のライブで
発表することになるかと思いますが」。

はあ!? ちょっ…。

「私たちは 解散することになりました」。

ど… どういうこと?
何で そんなことになったの?

私 また間違ったみたいです。

はあ?

お願いします!

(凛怜)…っていうか

そんなに熱く言われると 引くっていうか。

何かもう 私 やめた方がいい気してきた。

えっ… え?

ぶっちゃけ 私はアイドルって
就活の一ネタくらいしか考えてなくて。

正直 長い間やる仕事じゃないなって
思うし。

その辺の…
こう 真剣さとか 思い入れとか。

全然 みんなと違う気がする。

サニサイは そこのリーダー中心に

ガッツリ 歌もダンスもできる
本格派のアイドル?

目指せばいいんじゃないかな?

(詩織)いや…。

本格派とか言われちゃうと
しおも自信ないっていうか…。

私も気持ちしか ないし…。

(紀子)でもさ
本格派だけじゃ愛想もないっていうかさ。

だからこそ応援してくれてる…。

(花梨)
一緒にやってたのが おかしいってことか。

(凛怜)そういうことかな。

あ… 私…

私 今のサニサイが好きなんです!

この5人なのが いいなって。
(花梨)それはさ

ハナが大手に受かんないからでしょ。
え?

(花梨)ハナは
ほかに アイドルやれる場所がないから

サニサイがなくなると困るから
好きなだけでしょ。

そんなことはない…。
(花梨)じゃあさ

例えば そこから今
大物プロデューサーが歩いてきて

「明日から うち来なよ」って言われても
行かないの?

行かないです。
(花梨)「センターだよ」って言われても?

私は サニサイにしかないものがあると
思ってます。

何? それって。

そ… それは…。

(ため息)

どうしたんですか?

いや~ 何か だんだん腹立ってきて。

ごめんなさい。
私 間違えたんですね。

そんなこと言う花梨ちゃんもさ
答えられないハナもさ

私たちが応援してきてるってことを
何だと思ってるわけ?

私たちはさ 数あるグループの中から
サニサイを選んだわけ。

時間かけて お金かけて
「サニサイ 最高」って やってきたわけ。

それをさ それを その本人たちがさ
いいとこなしとかさ。

私たちは一体 何を推してきたわけ?

みんな 楽屋だよね。
私が サニサイにしかないもの

100個挙げて みんなを説教…。
私が言います!

言うって 説得できないんでしょ!?
でも 何か…

何か これは 私たちで解決できなきゃ
いけないんじゃないかって。

説明できないですけど
何か そう思うから。

その… ここで待ってて下さい!

♬~

あの 花梨ちゃん
この間の話なんですけど。

(花梨)ごめん。

最低だったよね 私たち。
自分たちのことばっか言ってさ。

じゃあ 今日もよろしく ハナ。

は… はい。

あ… あの
この間の話なんですけど あの…。

(凛怜)ああ 何か

私みたいなのが ここにいることにも
意味があるのかなって。 ん?

もうちょっと いてみるのも
面白いかなって。

じゃあ。

ん…? ん?

(紀子)花梨ちゃんは 小豆さんに
カツ~ンと言われたっぽい。

小豆さんに?
(紀子)うん。

ソロになるつもりだって言ったら
幻滅だって。

幻滅。

小豆さんは ずっと応援してくれるよね?

それは ちょっと分かんないかな。

え?

だって あんな くだらない
けんか さらして

仲直り一つできないで解散とかさ。

考えてみ?
もし 自分の好きなアーティストが

そんなこと やらかしたら。

それでも好きでいられる?

言うんじゃなかった。

ありがとう。

凛ちゃんは…。

これ もらったんだって。

これ…。

(詩織)カッキーが学校に提出した
凛ちゃん論?

何か 凛ちゃんみたいな
存在によって

アイドル界が変わっていく?
みたいな?

♬~

(凛怜)リーダー。

ごめん。

♬~

(凛怜)私も ごめん。

♬~

≪サニサイ!
≪アップア~ップ!

戻りましたね。
凛様 偉い!

バーロー 偉いのは花梨だろ。

どした?
愛さんは?

(拍手と歓声)


今日も あなたの小さな太陽になりたい。


私たち…。
(5人)サニーサイドアップです!

よろしくお願いしま~す!
(拍手と歓声)

(呼び出し音)
もう どうなったの!

もう!
椎葉さん 全然 電話出ないし。 もう!

その後 サニサイは
卵のウェブCMが決まったんですが…。

そのころから
妙なことが起こり始めるんです。

(聖護院)妙なこと?

はい。

 

はい。 どうした?

うん… 瓜田さんが?

瓜田さんが どうした?

♬~

♬~

向こうは金づるとしか思ってないよ。

別に金づるじゃないし。

どうして 私のこと
信じてくれないんですか?

(泣き声)