ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

螢草 菜々の剣 第5話 清原果耶、町田啓太、北村有起哉、本田博太郎… ドラマの原作・キャストなど…

『BS時代劇 螢草 菜々の剣(5)「希望の光」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 回想
  2. 不正
  3. 正助
  4. お前
  5. 日向屋
  6. 桂木様
  7. 権蔵
  8. 安坂長七郎
  9. 旦那様
  10. お嬢
  11. 市之進殿
  12. 轟殿
  13. 材木問屋
  14. 死神先生
  15. 親分
  16. 白状
  17. 父上
  18. 武士
  19. 風早家
  20. 風早市之進

f:id:dramalog:20190823221255p:plain

『BS時代劇 螢草 菜々の剣(5)「希望の光」』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

BS時代劇 螢草 菜々の剣(5)「希望の光」[解][字]

江戸送りとなった市之進と引き裂かれた菜々。子どもたちを守ってひとり奮闘するが、そんな菜々のもとにはひと癖もふた癖もある仲間たちが集まって……。後半戦、スタート!

詳細情報
番組内容
野菜を売って生計を立て始めた菜々(清原果耶)。湧田の権蔵(宇梶剛士)一家に因縁を付けられるが、ひょんなことから親しくなる。一方、江戸での詮議で日向屋(本田博太郎)と轟(北村有起哉)の不正に触れ怒りを買った市之進(町田啓太)だが、老臣・柚木(イッセー尾形)の助けで沙汰は据え置きとなる。父の遺品を調べた菜々は儒学者・椎上節斎(石橋蓮司)の協力で不正の証拠を発見。だが轟がそれを奪いに乗り込んで来る。
出演者
【出演】清原果耶,町田啓太,北村有起哉本田博太郎南沢奈央,イッセ-尾形,石橋蓮司宇梶剛士松尾諭濱田マリ中原丈雄中山麻聖川口覚,高田翔,山下心煌,田中乃愛,小岸洸琉,近江谷太朗ほか
原作・脚本
【原作】葉室麟,【脚本】森脇京子
音楽
【音楽】Evan Call

 

 


(菜々)仇がおります。

お命頂戴!

(轟 平九郎)風早の一味か?

(日向屋孫右衛門)
表沙汰にもしなかったのは

魂胆あってのことか?

どん底に たたき落としてやります。

(役人)轟 平九郎殿を襲った
首謀者として召し捕り

瀬田獄に留め置く。

(風早市之進)首謀者など…
一体 何の証しがあって…!

(田所与六)轟殿を襲った者が
白状したのだ。

口書があるらしい。
それは
轟殿が仕掛けた罠です!

旦那様!

♬~

(壇浦五兵衛)風早殿が
江戸送りになるそうだ。

♬~

さあさあ! 赤村の取れたて野菜は
いかがですか?

かぶ菜に夏大根 ごぼうに ねぎ!

それはそれは うまいですよ!
いかがですか?

お一つ いかがですか?

また お願いします!

あの…
はい!
これ くださいな。

あっ ありがとうございます!

お代です。

申し訳ありません。
これでは 釣り銭が足りません…。

釣り銭はいいのです。
受け取ってください。

そういうわけには…。

風早様のお子たちを
お世話しているのでしょう?

お礼の言いようもありません。

あの…。
風早様が江戸送りになられ

家では お名前を口にすることも
禁じられました。

でも 私は
風早様の無実を信じております。

風早様が戻ってこられる日まで
少しでも お役に立ちたくて。

お気持ちだけ
ありがたく頂戴いたします。

♬~

もし… あなた一人で
どうしようもなくなったら

そのときは 必ず 私を頼ってくださいね。

はい。 ありがとうございます。

失礼します。
あの…。

あなた 名前は?

菜々と申します。

≪ちょっと 誰もいないの?

はい! ただいま!

お嬢様 もう お休みにならないと。

(とよ)はい… おやすみなさい。

おやすみなさいませ。

菜々…。
はい。

父上 お達者でしょうか?

はい。 お達者です。

[ 回想 ] (佐知)旦那様と子どもたちを
守ってもらいたいのです。

お野菜 どうですか? おいしいですよ!

お野菜 いかがですか?

ありがとうございます。

(正助 とよ)ありがとうございます!
えっ?

坊ちゃま お嬢様…! どうして?

死神先生の塾の床が抜けたんだ。

修理するまで お休みになった。
床が?

おいしいです~!
お嬢様 いけません!

おいしくないんですか?

おいしいです。
いや そういうことではなくて…。

(正助)儒学の精神には

「身内を敬い 大切にせよ」という
教えがあるって 死神先生に教わった。

(正助 とよ)いらっしゃいませ!

あら! お手伝いかい? 偉いね!

おいしそうだね~!
大根 もらおうかな?

うまそうだな…。

いかがですか?
≪(悲鳴と物音)

ありがとうござい…。

(鶴吉)商売繁盛 結構なことだな。

何か 御用ですか?

湧田の権蔵一家の者だ。

この界隈で商いをやるからには
ここの掟を守ってもらわないとな。

何ですか? 掟って。

(鬼吉)ショバ代 払えっつってんだよ!

いわれのないお金を
払うつもりはありません。

(鶴吉)いい度胸だな。

そういう了見なら…。

やめてください!
(正助)えいっ!

(鶴吉)痛えな… このガキ!

坊ちゃま!
(とよ)兄上…!

(鶴吉)なめたことしやがって!

うわっ…!

大丈夫ですか?

(鬼吉)このアマ…。

ううっ…!
うわっ…!

(常吉)なめやがって…! 許せねえ!

(正助 とよ)やった! やった!

≪(ざわめき)

(湧田の権蔵)こんな小娘相手に…
何てざまだ!

♬~

ふんっ!

♬~

お前 その年で 2人の子持ちか?
違います。

私がお仕えしている お武家様の子です。
無礼なまねは許しません!

(権蔵)うるせえ!

うちの子分に無礼なまねしたのは…。

おめえのほうだろ!

やめてください! 荷車を壊さないで!

ショバ代 ケチったばかりに
とんだ大損だな。

ケチってはいません。
支払ういわれがないと言っています!

減らず口 たたくんじゃねえ!

お百姓に謝りなさい。

お嬢様…!

ううっ…! くっ…!

ううっ…!

お嬢… 年は おいくつで?

4歳です。

4歳…。

4歳ですか…。

(鬼吉)おっ… 親分?

てめえら 帰るぞ!

おい!

食え! 拾え! ほら!

ほら 食え!

ほら 食え!
食い物 粗末にするんじゃねえ!

ばか野郎…!

♬~

(あくび)

何やら 酒臭うないか?

(重臣)いくらなんでも この席に酒は…。

(斉藤清兵衛)御一同 お見えですぞ。

勝豊。
はっ。

お主は鏑木家当主。

正しく見定めよ。
はい。

(斉藤)では これより
風早市之進に関する詮議を執り行う。

殿。
何だ?

轟 平九郎殿を襲った者が

風早市之進に命じられたと白状した
口書でございます。

白状… したのだな?

(斉藤)はっ。
この一味は 夜な夜な風早家に集い

政をこき下ろし
謀反を企てていたのでございます。

しかも 鏑木のお家に忠義を尽くしておる
この私が

江戸屋敷勘定方に命じて
不正に金を動かしているなどと

根も葉もないうわさを
流したのでございます。

ほう…? はははは…。

これはまさしく
大殿への逆心の証しにほかなりません。

それは… そういうことだな。

おそれながら…。

斉藤様の仰せのとおり

多くの若者が
我が風早家に集っていたのは

事実でございます。

しかし それは お家の勝手向きを憂い

この鏑木家に仕える武士として

何をすべきかを
真剣に話し合っていたからでございます。

それを…

謀反の企てと決めつけられるのは

無念千万…!

国許の材木問屋 日向屋から

多額の金子が
じかに江戸屋敷に流れており

それを差配しているのが
江戸家老の斉藤様であることは

勘定方なら誰もが存じております。
(斉藤)まだ言うか!

また その材木問屋 日向屋は

普請方 安坂長七郎殿が

城内で 轟 平九郎殿に斬りかかり
切腹に処された一件にも

関わりがございます。

安坂長七郎殿は
日向屋にまつわる不正を

ただそうとしていたのでは
ありますまいか!

[ 回想 ] (安坂長七郎)
私は… その一件に関する

不正の証しを持っております。

[ 回想 ] 轟…!

轟殿は 日向屋と深く関わりがございます。

どうか この場に轟殿を呼び

事の次第を明らかに…。
(勝重)もうよかろう。

あの…。

さっさと沙汰を申し渡せ。

しかし…。

切腹じゃ。

はい…。

では…。

(柚木)しばしお待ちを。

ああ… それがし 何やら

にわかに
頭がはっきりしてまいりましてな。

確か その安坂長七郎殿から

「材木問屋 日向屋と轟殿に関わる
不正の証しがある」と… 耳にしたような。

(斉藤)何を寝ぼけたことを…
14年も前のことですぞ。

いやいや いやいや いやいや… 方々

ここは 心して かからねばなりませんぞ。

お主 不正の証しとやら
隠し持っておるのではないか?

それは…。
(柚木)正直に申すはずがござらんわ!

風早市之進を切腹に処した後

夜な夜な風早家に集い
徒党を組んでおった輩が

不正の証しを持って
ご公儀に訴え出たりしたら…。

≪ご公儀に…?

(柚木)さよう。 一大事でござる。

殿 ここは
慎重なお裁きが賢明かと存じまする。

では その…。

(勝重)沙汰は据え置く。

不正の証しについて しかと確かめよ。

安坂長七郎ゆかりの者を
くまなく調べ上げるのじゃ!

♬~

≪(物音)

何…?

(権蔵)あとは その壁と… 鬼吉!
格子戸 抜け!

うわっ…! 何してるんです!

おめえの家が
ひでえあばら家だって聞いたもんでな

ちょいと修理してやろうかと。

結構です…!
≪ごめんよ!
あっ…。

(権蔵)こいつら 俺に借金のある大工だ。

ここの修理をすりゃあ
棒引きにしてやるって

約束しちまったんだ。
いまさら引き下がれねえよ。

信じられません。
ショバ代 取ってるような人の言うこと。

だ… 大体…!
おい!

声が大きいよ…!

お嬢 まだ寝てんだろ?

そうですけど…。

(権蔵)俺にもいたんだ 娘が。

「いた」?

8年前に死んじまった。

はやり病で あっけなく。

4つだった。
たった4年しか生きちゃいなかった。

「酒飲むな! おっかあに謝れ!」って

娘だけが俺をきちんと叱ってくれた。

きのうのお嬢みてえにな。

俺は何度も 心を入れ替えようとしたが

つい酒飲んで けんかして
相手に大けがさせちまったもんで

しばらく身を隠してた。

ほとぼりが冷めたころに帰ってみると

娘は もう…。

女房にも愛想尽かされて…。

お嬢が 死んだ娘の
生まれ変わりみてえに思えてな。

♬~

(椎上節斎)…なら
うちの床も頼もうか!
えっ?

うちの塾の床が抜けて
困っておる!

子どもたちのためだ!
ついでにやってくれ!

ばかか!
おめえらには何の関わりもねえよ!

うん…?
≪(正助)先生! お骨さん!

(正助 とよ)
(節斎)おはよう。
おはようございます!
(舟)おはよう。

お前たち お嬢と親しいのか?

あたしは ここの大家だ。

行き所のないこの子らを助けたのは
このあたしだよ。

しっかり修理しとくれよ。

正助が塾に来てる間
とよの子守をしてるのは わしだ!

分かった! 塾の床でも屋根でも任せとけ。

(舟)男だね~。
(権蔵)うるせえ!

本当によく似てる。
うん?

どうしなすったんで?

何でもありません! らくだの親分!

俺は 湧田の権蔵だ。 「らくだ」って…。

(節斎)ははは…!

(舟)ははは…!

(正助)よく似てるでしょ?
(舟)そっくりだ…! ははは…!

菜々! 大事ないか?

だんご兵衛さん どうしました?

卑劣極まりない太った馬のような
やくざ者に襲われていると

先ほど聞いてな。

馬じゃねえ! らくだだ。

(五兵衛)は…?
(正助)見て だんご兵衛さん…。

(権蔵)似てねえだろよ!
(正助)似てる!

[ 心の声 ] 旦那様 坊ちゃまとお嬢様は
いろいろな方に助けられ

無事に暮らしておられます。

旦那様も どうか ご無事で…。

ここは 日がささんのう…。

どうだ? 薄暗い座敷牢
閉じ込められた気分は。

何の用です?

ず~っと 日の当たらぬ場所におると

やがて じっとり湿った闇が
心を食い物にする。

戯言につきあう暇はない。

戯言ではない。 お前も直に分かる。

俺とお前は 一つ穴のむじなだからな。

あなたと同じとは思わない。

そうか。

お前の父親が俺の腹違いの兄でもか?

俺は お前の祖父 風早市左衛門が

材木問屋 日向屋の女中に産ませた子だ。

お前の父であり
俺の兄である嘉右衛門は

風早家の当主として執政まで出世した。

一方 俺は…。

風早家の敷居をまたぐことすら許されず

母親は 日向屋に俺を残して姿を消した。

[ 回想 ] 喜べ。

お前を養子に迎えてくださる
武家様が見つかった。

轟様だ。 立派な武士になって
わしに恩返しをするんだ。

だが 武士としての
まっとうな出世の道は

はなから閉ざされていた。

身分の低い轟家ではな。

それで 日向屋の金を使って 大殿に…。

人は 金で転ぶ。

だが あの安坂長七郎は違った。

14年前 安坂長七郎は

屈辱にまみれながら 腹を切った。

[ 回想 ] (卜部作左衛門)安坂長七郎

鏑木城普請費用を着服した咎で
詮議いたす。

[ 回想 ] 私が…?

[ 回想 ] とぼけても むだじゃ。
勘定方に調べさせたところ

お家の金子が お主に流れたのは明白!

[ 回想 ] おそれながら 私は

その一件に関する不正の証しを
持っております。

金を着服したのは 私ではなく…。

[ 回想 ] 控えろ!

此度の不祥事 殿もいたくお怒りである!

[ 回想 ] ( 佐十郎)人は
見かけによらぬものよ。

[ 回想 ] とんだ食わせ者ですな。

[ 回想 ] ≪潔く白状すればよいものを!

[ 回想 ] ()武士として恥を知れ!

[ 回想 ] 謀ったな…。

[ 回想 ] 私が なすべきは…。

お家に仇なす者を除くこと!

[ 回想 ] ≪何をする! 血迷うたか!

[ 回想 ] ううっ… うっ…!

轟…!

やはり 安坂殿は
あなたに陥れられたのだな。

その安坂長七郎ゆかりの者が

まだ不正の証しを
持っているかもしれぬという話が

お前の詮議の場で出たそうだな。

長七郎の妻はすでに死んでいるが
娘が 一人いる。

調べは すぐについた。

お前の所にいた あの女中が長七郎の娘だ。

菜々は 何の関わりもない ただの女中だ!

どうかな?

締め上げて 確かめるまでだ。 隅々な。

♬~

お弁当でございます。

ありがとう! 行ってきます。

死神先生のおっしゃることを
よく聞いてくださいね。

(桂木仙之助)よかった… ご無事で。

桂木様…。
お元気そうで何よりでございます。

もっと早く伺いたかったのですが

私は 市之進殿の一味と見なされ
見張りが厳しく…。

申し訳ない。

坊ちゃま お嬢様 覚えておいでですか?

桂木様です。 旦那様のお仲間の方です。

菜々殿が お二人のお世話を?

菜々 そろそろ行かないと…。
(とよ)死神先生に叱られます。

死神先生…?
そうですね。 行ってらっしゃいませ。

(とよ 正助)行ってきます!

座敷牢ですか… 江戸屋敷の。

(仙之助)まだ
詮議が続いているようです。

市之進殿は大丈夫です。
気丈夫な方ですから。

そうですね。

菜々殿。
はい。

あなたは
安坂長七郎様の娘だとお聞きしました。

あっ 市之進殿から伺ったのです。

そうですか。

もし 轟と材木問屋 日向屋に関わる
不正の証しがあれば

市之進殿への疑いを
晴らすことができるかもしれません。

亡くなられる前 お父上は
何か話されてませんでしたか?

何も…。

お父上の遺品の中に
そういう類いのものは?

赤村から父が使っていたものを
持ち帰りましたが

ほとんどが和歌集や絵草子で。

そうですか…。

申し訳ありません。

菜々殿が謝ることではありません。

何か思い出したら
私に すぐお知らせください。

はい。

(雨音)

どうぞ。

かたじけない。

何か見逃してるかも…。

♬~

安坂長七郎殿の娘は

不正の証しについて
何も知りませんでした。

もうしばらく探れ。

どうした?

もう お許しいただきたい!

お願いします!

[ 回想 ] 身の程を知れ。

[ 回想 ] うわあっ…!

お前は 風早市之進の命令で
俺に闇討ちしたと白状した。

それは 我が桂木家がお取り潰しになると
あなたに脅されて!

それで 私は嘘を…!
そのせいで 風早は江戸送りになった。

仮に 俺との縁が
切れたとしても

お前が裏切ったことは
決して消えぬ。

諦めろ。

お前は裏切り者として
生涯 生きるしかない。

はははは…!

ううっ… ああっ…!

ああっ…! ううっ…!

お骨さんより怖い顔してるでしょ?

うん… えっ?

(舌打ち)
まあ いいや…。 あたしが言ってやるよ。

あんたらの晩ごはん
「どうするつもりだ!?」って。

菜々が やくざ者をやっつけたとき
あんな顔だったな。

えっ…?
同じ顔でした。

晩ごはん食ったら
とっとと帰っとくれよ!

(舌打ち)

♬~

あっ 晩ごはん…!

いい。 私も とよも
お骨さんの所で頂いた。

申し訳ございません。

おいしかった!

そうですか…。

♬~

父上の字…!

もしかして…。

(戸をたたく音)
≪(節斎)あ~! うるさい! うるさい!

何事じゃ!? まだ夜が明けたばかりじゃ…。
ここです!

この書き込みに 何か大事なことが
隠されているのではないかと…!

私には どういうものか
読み取ることができません。

でも 父が… 私の父が
何かを伝えようと ここに!

どれ…。

ああ~…。

「明珠 掌に在り。 即ち 吾が 家桜」。
「家桜」とは 家の桜で 女房のことだ。

すなわち え~…

「宝物は すでに 己の手の中にある。
それは 私の妻だ」という意味合いだ。

まあ これは 父上から母上への
感謝の言葉というより

まあ 恋文みたいなものだ。 ははは…。

ほほえましい。
そうですか…。

もういいです。 ありがとうございます…。

父上の伝えたいことは ここにあるかも。

えっ?

♬~

これは…!

父が残した
日向屋にまつわる不正の証しです!

父上の書物は これだけか?

いえ。 まだ何冊もあります。

大切な遺言だ。 しかと確かめよう。

はい!

桂木様!

菜々殿…。

桂木様のお屋敷に伺うところでした。

えっ…。

おっしゃっていた不正の証しを
見つけました。

これで 旦那様は助かるのですよね?

桂木様?

どうして そこまで…。

市之進殿のお子たちの面倒を見るために
青物売りまでしてると聞きました。

何故です?

約束しましたから。

旦那様と 亡くなった奥様と。

私が 正助様と とよ様を お守りしますと。

約束…。

ただ 約束したからですか?

はい。

そんなことより
一緒に来ていただけますか?

桂木様にお預け…。
お許しください!

♬~

あなた様は…。

お主 まだ諦めてはおらんな。

わしは 柚木弥左衛門だ。

14年前
安坂殿の一件を目の当たりにしながら

我が身かわいさに口をつぐみ

唯々諾々と生き延びた… 腰抜けだ!

一杯やるか?

いえ…。
そうか。

わしにできることは何だ?

取り戻したいのだ。

武士の誇りを。

柚木様…。

♬~

では 頂きましょう。

(3人)いただきます。

≪(戸をたたく音)

桂木様!

どうなさいました? 桂木様!
(仙之助)逃げて…!

早く逃げてください! 轟がここへ来る。
轟が!?

けさ 菜々殿と会ってるところを
轟の配下に見られ

轟の屋敷で 何を話しているのか
聞かれました。 それで…。

だから こんなひどい…。
違います!

私は今まで ずっと 轟に脅されて

市之進殿を裏切ってました。

申し訳ありません!

とにかく ここを出ましょう!

私は足手まといです。
残るつもりですか!?

駄目です! みんな一緒に行きましょう!

さあ 行きますよ…!

♬~

轟…!

♬~

安坂長七郎の娘だな?

文書を出せ。

何のことです?

そうか。

♬~

親分!

てめえ! 一体 何のまねだ? ええ!?

♬~

うっ…!

らくだの親分!

お嬢 逃げろ…!

逃げろ! 早く…。

くどい。

ううっ…。
親分!

菜々…。

お嬢…。

早く出せ。

お前が その気になるまで
ここにいる者を 一人残らず始末する。

まずは この裏切り者からだ。

♬~