ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第99話 清野菜名、風間俊介、佐藤祐基、風間晋之介… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #99 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 信子
  2. 三平兄
  3. 幸子
  4. 公一
  5. 荒木
  6. 自殺
  7. 自分
  8. 屋根
  9. 苦労
  10. 五介
  11. 公一兄
  12. 手伝
  13. 職員
  14. 先生
  15. 戦争
  16. 本当
  17. 荼毘
  18. お気
  19. ニキビ
  20. ハゲ

f:id:dramalog:20190822184650p:plain

『やすらぎの刻~道 #99 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

やすらぎの刻~道 #99 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
高井秀次(藤竜也)らが出演したバラエティ番組での乱闘騒ぎに、世間は相変わらず沸いていた。一方、やすらぎの郷に住む栄(石坂浩二)の部屋に、執筆中の脚本「道」の登場人物・根来しの(清野菜名)と三平(風間晋之介)が現れて…!?赤紙を受け取った三平は、家族の前で「戦争に行きたくない」と宣言。長男・公一(佐藤祐基)に激しく戒められた三平だが、ある重大な決意をする!ある日、公次(宮田俊哉)に関する知らせが届き…
◇出演者
清野菜名風間俊介佐藤祐基、風間晋之介、井上希美、木下愛華
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
阿部雄一
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


(根来信子)三平兄ちゃんが…

毒飲んだ!

(幸子と信子のすすり泣き)

♬~

(根来公一のすすり泣き)

♬~

(信子)兄ちゃーん!

(幸子)嫌だーっ!!

(公一)大きな声 立てるな!

よそに聞こえる。

とにかく… 体を下へ下ろそう。

♬~

(一同の泣き声)

♬~

自殺した事は 伏せにゃならん。

(公一)戦争に行くのが嫌で
自殺したと知れたら

ただじゃ済まん。

えらい事になる。

♬~

(公一)屋根の雨漏り 直しとって

誤って
滑って落ちたって事にしよう。

荒木に知られる前に
状況を作ろう!

俺… 小滝村に走ってくるよ。

あそこには
西条の五介さんがいる。

兄ちゃんの親友だ!

手伝ってもらおう。
俺 行ってくる!

♬~

兄ちゃん 待ってろ!

今 みんな 呼んでくる!

(信子と幸子の泣き声)

信子 ありったけのさらし
持ってこい!

えっ…?

(信子)幸子… 幸子 行くよ。

♬~

(公一)くっ…!

♬~

(信子)兄ちゃん! 兄ちゃん!

えっ? 兄ちゃん…?

♬~

(信子と幸子の泣き声)

(信子)兄ちゃーん…!

(信子と幸子の泣き声)

(戸の閉まる音)

(西条五介のすすり泣き)

(すすり泣き)

(公一)信子 荒木を呼んでこい。

三平が屋根を修理しとって
足滑らせて落ちて死んだとな。

〈昼前に 町から 荒木さんと

役場の職員と
診療所の先生が駆けつけた〉

打ちどころが
よっぽど悪かったんじゃろう。

ほとんど即死じゃ。

(医師)現場を一応見ておこうか。

(職員)
あそこから滑って落ちたんか。

(公一)はい。

雪が積もっとって 滑ったからな。

とんだ事だったな。

死亡診断書は すぐに書いておく。

(荒木)
先生 ありがとうございました。

荒木さん。

こっちで荼毘に付して
構わんかな?

いいだろう。

〈午後になって

司郎さんと修さんが
山越えの道を飛んで来てくれた〉

♬~

♬~

♬~

♬~

〈三平兄ちゃんの体を焼く火は

それから二日二晩の間
森の中にバチバチと燃え続けた〉

♬~

〈誰も何もしゃべらなかった〉

(幸子と信子の泣き声)

♬~

〈公一兄ちゃんは
石になったみたいに

切り株に座って動かなかった〉

〈多分 兄ちゃんは

あの晩 三平兄ちゃんが
山へ逃げると言い出した事を

激しく怒鳴った その事を

じっと考えて
耐えていたんだと思う〉

〈兄ちゃんだけじゃない〉

〈僕も信子も幸子も みんな

三平兄ちゃんが山へ逃げる事を
必死に止めた事を

後悔していたんだ〉

〈僕らが止めなければ

三平兄ちゃんは
今頃 この深い奥山のどこかを

生きて どこかへ
歩いていたかもしれない〉

♬~(『ふるさと』の演奏)

♬~

♬~

〈明け方 少し風向きが変わり

三平兄ちゃんを焼く火の煙は

小野ヶ沢の村のほうへ
ゆっくりと流れた〉

〈ニキビ 青っ洟 ハゲ〉

〈三平兄ちゃんが 昨日 死んだ〉

〈兄ちゃんは どうしても
戦争に行くのが嫌で

自分から命を絶っちまったんだ〉

〈そういう行為が

今 日本人として
恥ずべき事なのかどうか

俺には わからない〉

〈だけど
兄ちゃんは 兄ちゃんなりに

自分に正直に
やった事なんだと思う〉

〈それをやっちまった
兄ちゃんの事を

素晴らしい人だったと俺は思う〉

〈3日目の朝 五介さんたちは
それぞれの村へ帰っていった〉

甲府連隊への出頭の日が
あと1日と迫っていたからだ〉

〈僕らは 少し一生懸命

荼毘の火を 強く
燃やしすぎてしまったらしい〉

〈三平兄ちゃんの骨は
少ししかなかった〉

♬~

♬~

どうだ?

別に…
問題ある箇所はないみたい。

私のも。

自殺を ほのめかすとか…

そういう事
兄ちゃん 何か書いてないか?

書いてない。

全然。

自分が出征したら

兄ちゃんたちを手伝って
畑の事 しっかりやれって。

そうか。

もしも 兄ちゃんが

そういう事を
何か どこかに書いていたら

すぐ俺に言え。
そして燃やすんだ。

わかった。

♬~

兄ちゃん。

一つ 変な事 聞いていい?

鉄兵兄ちゃん…

本当は生きてるの?

誰が言った?

公一兄ちゃんか?

三平兄ちゃん。
三平兄ちゃんが!?

よくわかんないんだけど

なんか この前
そんな感じの事 言った。

本当か?

聞いたら
すぐに嘘だって言ったけど…。

(信子)なんか 兄ちゃん
隠してるみたいだった。

♬~

縫合の準備 できてる!?
はい できてます!

すぐ麻酔の用意!
(患者)ああっ! ううっ…!

(しの)ご苦労さまです。

お気をつけて。
はい。

ご苦労さまです。

♬~

公平ちゃん!

♬~

〈胸の底から 突然 涙が
熱い塊になって突き上げた〉

〈三平兄ちゃんを
侮辱するのは やめろ〉