ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

凪のお暇 第5話 黒木華、高橋一生、中村倫也、市川実日子、瀧内公美… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

金曜ドラマ「凪のお暇」(なぎのおいとま)第05話「号泣する男が救いたかったもの」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 自分
  2. ゴン
  3. ママ
  4. 市川
  5. パン
  6. お母さん
  7. ダメ
  8. 仕事
  9. 全然
  10. 祐美
  11. 一緒
  12. 空気
  13. ゾンビ
  14. ホント
  15. 小倉
  16. 井原
  17. 中村
  18. お前
  19. 意志
  20. 一人

f:id:dramalog:20190817023435p:plain

金曜ドラマ「凪のお暇」(なぎのおいとま)第05話「号泣する男が救いたかったもの」』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

金曜ドラマ「凪のお暇」(なぎのおいとま)第05話「号泣する男が救いたかったもの」

[字][デ]2017年発売以来、累計発行部数250万部突破中の話題作をドラマ化!「空気を読みすぎる」アラサー女子の大島凪(なぎ)が仕事も彼氏も全て捨てて人生リセット物語

詳細情報
番組内容
人生リセットするために六畳一間に引っ越した「空気を読みすぎる」アラサー女子・大島凪(黒木華)は、一夜を共にしたアパートの隣の住人・ゴン(中村倫也)と海へ出かけることに。しかし、凪の心にはお暇を取り戻すべくある決意があった。一方元カレの慎二(高橋一生)は大阪支社から転勤してきた円(唐田えりか)とタクシーの中で手が触れて……
出演者
黒木華
高橋一生
中村倫也
市川実日子

瀧内公美
大塚千弘
藤本泉
水谷果穂
唐田えりか
白鳥玉季
中田クルミ
谷恭輔
田本清嵐
モクタール
松永拓野
ファーストサマーウイカ

   〇
片平なぎさ
武田真治
   〇
吉田羊

三田佳子
音楽
音楽:パスカルズ

主題歌:miwa「リブート」
スタッフ
原作:コナリミサト(秋田書店エレガンスイブ」連載中)
脚本:大島里美
プロデュース:中井芳彦
演出:坪井敏雄(第5話)
製作著作:TBS
公式ページ
◇番組HP
https://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/

◇twitter
@nagino_oitoma
https://twitter.com/nagino_oitoma

 

 


<全国公開となります
ぜひ ご覧ください>

(我聞)お前さ…

マジで スベってんなよ

(凪)慎二 もしかして…

泣いてるの?

どブスが!

はっ?

何で 俺が泣くんだよ?

雨だ 雨!

むしろ スベりたおしてるお前に

笑けてくるぐらいだわ

そう

笑ってくれて 光栄だよ

じゃあ これで

本当に
あんなやつで いいんだな?

「で」じゃないよ

「が」いいんだよ

話 聞いてくれて

笑わせてくれて

知らない世界を教えてくれて
ホッとさせてくれて

私…

ゴンさんといると
空気が おいしいの

じゃあ お前…

その空気の旨みだけのために
また空気 読んでやっていくんだ?

さんざん 空気 読んで
ぶっ倒れた前みたいに

読んでない!
はっ?

私… もう 空気 読んでない!

はあっ?

(みすず)大島さん?
読みまくってっから

そんなザマになってんじゃねえか
読んでない!

読んでんじゃねえか
モジャモジャの…

ありのまま気取りのブスに
成り下がったかと思ったら 今度は

ぼろアパートの隣の ゆる男に
食われて 闇落ちしてんじゃねえか

ゾンビみてえなツラして!

イキったところで 結局 お前は
ビクビク オドオド 周りの空気読んで

自分をごまかして
生きていくんだよ!

言っただろ? お前は 絶対に
(みすず)うらら…

変われない…

(うらら)凪ちゃんをいじめないで
うらら!

いじめないで! いじめないで!
イテテッ…

ごめんなさい 大丈夫ですか?
離して! 離して!

だ… 何でしょうね… うっ…

(みすず)うらら… ごめんなさい

(ノック)

はい

(みすず)ゆっくり
あったまってくださいね

はい

(みすず)
土鍋 丸ごと 茶わん蒸しです

あっ 温かいうちに どうぞ
あっ…

お口に合うといいんですけど

おいしいです! 卵が ふるふるで

よかった…
私も これ 作りたいです

<あれ?>

<私…>

<いつの間に
自炊 やめたんだっけ?>

(うらら)凪ちゃん…

あっ 起きた? うららちゃん

まだ 帰らないで

(みすず)ホントに大好きみたいで

凪さんのこと

<こんなふうに
うららちゃんの顔 見たの>

<いつぶり?>

さっき話してらした男性って…

あっ… ああ…

あの…

少し前まで
つきあってた人なんですけど

ああ…

あの… 私でよければ

お話 聞きます 何なら…

お酒の力を借りても

オロオロしながら差し出すには…

少し 男前な お酒すぎませんか?

はっ… フフッ…

すいません…
あっ… ウフッ…

あの方…

前に 駅の近くでも
お見かけしたんですけど

えっ?
その時 その…

人目も はばからず
号泣してらして

号泣?

慎二が ですか?
ええ

いや… ないです

ないです あの人…

血とか 涙とか
そういう… 人間的な液体が

流れてるような
タイプじゃないので

ああ じゃあ…
見間違いだったのかしら?

はい たぶん…

でも さっきも…

言葉は あれでしたけど

何だか 凪さんのこと

とても
心配してらっしゃるように見えて

そんなこと…

《いいのかよ? お前以外に
何人も女がいるような男で》

《マジで スベってんなよ》

(くしゃみ)

(せきこむ)

(せきこむ)

あ~っ クソッ…

《大丈夫?》

おかゆ 食べるの
無理そうだったら》

《せめて これ 飲んで 大根汁》

《喉に すごくいいの》

もう いない…

だよ いないんだよ

お~っ…

これが 人生リセットってやつか

うんっ 尊い

(ノック)

(ゴン)ちょっと いいかな?

あっ どうぞ

あっ…

あっ… あの…

最近 忙しくて すいません

あっ… あっ 今 お茶…

ごめん

えっ?

凪ちゃん ほんっとごめん

こないだ ロールレタス 作って
待っててくれたのに

俺 約束 忘れてて

あっ… いや…

いいんです いいんです

私も あの日 あのあと

色々と 予定が入っちゃって

だから ちょうど…

お詫びになるか分かんないけど…

今から一緒に 散歩とか どう?

えっ?

雨 上がったし 今日は
星がキレイに見えるかなあって…

凪ちゃんと一緒に見たいなって…

あっ…

ああ… あの… ゴンさん

私…
うん?

いえ… あの…

いい匂い

凪ちゃん もしかして
お風呂上がり?

さ… さっき
うららちゃんのママに

ハッカ湯のお風呂をいただいて…

そっか
じゃあ 湯冷めしちゃうから…

今日は もう
寝た方がいいかもね

ああ…

いえ…
でも やっぱり せっかくなので…

《(エリィ)あいつと うまくやって
いくには 用法 用量守らなきゃダメ》

《依存したら 終わりだよ》

(強いノック)

(モル)ゴンゴン います?
えっ?

スマホ つながらないから 心配に
なっちゃって イベントにも来てないし

いつものコンビニにも いないし
部屋にも いないし どうしよう…

どうしたらいいんだろう?
いや あの…

あっ ゴンゴン
もう 何度も連絡したんだよ

うん そうなんだ ごめん
もうっ

ホント 自由人なんだから

行こう

じゃあ また
あっ おやすみなさい…

今の… ゾンビ?

私…

あの子と同じ顔してる…?

イヤーッ!

(ラジオ体操の音が流れる)

腕を横へ… かかとを
上げたり下ろしたりしながら…

(緑)ゆうべは ごめんなさいね

ビックリさせちゃって

いえ…

下がね 騒がしかったもんだからね

泥棒でも
出たんじゃないかと思って

どうかした?

あっ いえ…
久々 日の光を浴びたら

立ちくらみが…
いやだ!

ゾンビじゃあるまいし

緑さん
うん

映画だと
一度 ゾンビになった人間は

どうしたら 復活できるんですか?
無理ね

ゾンビになったら
ハイ それまでよ! ってのが

ゾンビ映画の だいご味じゃないの

そんな…
いいじゃない

人間よりも

楽かもしれないわよ

うん 一緒にやる?
はい

うん よしっ

ふっ…
うんっ…

どうです?
お米 喜んでるでしょう?

炊きたて
ぜひ 召し上がってってください

ここだけの話なんですけど
他社さんとの違い 歴然ですから

おかずを… ありがとう

どうぞ どうぞ
お好みで どうぞ

ですよね?
(小倉)ガモさん

最近 ちょっと変だったけど
完全復活って感じだな

(井原)いいですよね

市川も ガモさんに
すっかり なついちゃって

(嶋)市川さん
(市川)あっ はい

今 ヘチマ電機さんから
君の対応が とてもよかったって

おほめの言葉をもらってね
いやあ 俺も鼻が高いよ

よかったです
ありがとうございました

(嶋)さすが 大阪営業成績ナンバーワン

これからも よろしくね

(市川)はい 頑張ります

(足立)市川さん 大丈夫だった?

(江口)市川さん 来てから 課長
テンション ヤバイよね

(足立)頭ポンポンとか
気持ち悪すぎ~

(江口)ねえ 気持ち悪~い
仕事には支障ないんで 私は全然

ああ… あっ 市川さん
ああいうの 慣れちゃってる人?

いえ…
たまたま おじぎした所が

手の置きやすい
位置だったのかな~とか

(織部)あっ… 優し~い いい子

こんなカワイイ顔で
そんなこと言われたら

男達 勘違いしちゃうよね
う~ん

でも まあ
市川さんが いいならさ ねっ?

うん いいけど

気をつけないと…

周りから…

八方美人って 言われちゃうよ

はい…

行こう

(龍子)そう おっしゃりたい
お気持ちも分かります でも…

もう二度と
妥協して入った会社で

自分をすり減らしたくないんです
(砂川)もったいないなあ

せっかく素晴らしい学歴

持ってらっしゃるのに…

(携帯着信)

《坂本さんに 本当の幸せの
何が分かるんですか?》

(鳴り続ける携帯電話)

(呼び出し中)

そうだよね…

ゾンビとなんか
もう 関わり合いたくないよね

重い…

はあっ いつの間に こんなに
もやしっ子に…

(みすず)すいません こんな格好で

(祐美)ううん 全然

仕事の休憩時間に来てもらって
ごめんね

いえ すいません
いつも お誘いいただいてるのに

(祐美)全然 全然

うちの子から うららちゃんの話
よく聞いてるの

元気いっぱいで
いいわよね~

階段の高い所から飛び降りたり

うちの子には「うららちゃんみたく
運動神経 よくないんだから」

「まねしちゃダメ」って
言ってるんだけど

≪うちも 絶対ケガするわ

すいません 言っておきます
(祐美)お母さんが一緒にいて

発散できる時間 作ってあげたら
いいんだろうけど

お忙しいもんね?
あっ いえ…

<うわあ 私 これ 知ってる>

(祐美)
ねえねえ 来月のバザー 来てね

<何かをオブラートに包んだ…>

<じんわりサンドバッグタイム>

≪もったいないよねえって
いつも話 してて

(祐美)キレイなママの方が
うららちゃんも

きっと嬉しいと思うし ウフフ…

<ど… どうする?>

<いや それは 人として…>

<こないだは
助けてもらったんだし>

<でも こんなのと知り合いって
思われたら よけい…>

(急発進する軽トラック)

(急ブレーキ)

(中村)まだっすか~?
中村君

(みすず)すいません…
(中村)こんちは

あの… この人 もう連れてって
いいっすかね? わざわざ仕事

中抜けして来てんすけど
あっ… すいません

そろそろ
仕事に戻らないといけなくって

あら いいわよ ランチくらい
いや そういうわけには

ああ じゃあ… 食べます

(中村)はい 行きましょう
いや でも これ 残しすぎだから…

(中村)じゃ 一口!
はい 行きましょう

(みすず)えっ…
もう行く! ったく…

すいません
毎回 グダグダ長えんだよ!

おばさんシンポジウム!
中村君

すいません 行きましょう
(みすず)すいません

よくやった! 中村君

(祐美)足りないんだけど!
信じられない

あんなガラの悪い人のいる職場に
勤めてるなんて

亡くなった旦那の勤め先で
おこぼれの仕事

もらってるんでしょ?
うららちゃんが かわいそう

(ママ友達)ねえ

(祐美)男に頼ってしか
生きられない人って ほんとイヤよね

何ですか?

あの…

あの…

あの!

駅… どっちですか?

言えなかった…

うららちゃん

あの… ごめんね…
これ 作ったの

また遊んでくれる?

うん! もちろん
私でよければ

ウーフフッ

(会話しながら通り過ぎる
女の子達)

あれ? 今の お友達だよね?

私と仲よくしたらダメだって
お母さん達に言われたんだって

えっ!?

だから もう
しゃべらないようにしてる

そんな…

うららちゃん こんにちは
こんにちは

お母さんの代わりにお買い物?
大変ね

全然 べつに普通です

お隣さんの大島さんです
どうも

(祐美)あら お隣さんだったの
(うらら)はい そうです

(かのん)ママー!

(ゆきの)もう行こうよ
ちょっと待って

ねえ やっぱり
お母さんの帰りは遅いの?

お部屋は
散らかったりしてない?

あっ お隣さんだったら

何か 騒音とか聞こえたり…
えっ?

ほら 虐待してる音とか

ガラの悪い男の人の出入りとか

彼女 母親として ちょっと
危なっかしいところあるから

私達が 気をつけてあげなきゃって
言ってるの

もう うららちゃんのためだったら
私達も全然…

あの…
(うらら)あの

今から ちょっと行きたい所が
あるんですけど

子供一人だと不安なので
つきあっていただけませんか?

もちろん

(うらら)
凪ちゃん 知ってる? ここ

新しく
ファッションビルが建つんだって

そうなのよね~
おばさん達も楽しみにしてるのよ

あっ ちょっと… うららちゃん!

あっ いた
お母さん!

お母さーん!

(うらら)お母さん!

お母さーん!

あれ? 職長!

うらら!?

(みすず)危ないでしょ
こんなとこ 来ちゃ

あっ 凪さん…

あっ すいません 先ほどは
お話の途中で

みんな このビル 建つの
楽しみにしてるんだって

え~っ…

ええ…

素敵なカフェや お洋服のテナントも
いっぱい入るらしいですよ

大人も子供も みんなの憩いの場に
なるといいですよね

うらら ダメだよ ここ来ちゃ

(中村)職長!
工程の変更点 確認 お願いします

あっ はーい
じゃ すいません 失礼します

ダメよ うらら

(うらら)バイバイ

すいません
変更? 分かりました

ここの材料
ちょっと一旦 片付けてください

はい じゃあ 向こうの方に…

(小倉)ガモさん 何見てんすか?

クレーン あんなデッカイのを
思うまま操れたら

気持ちいいだろうなあって
フッ…

会社一 デカイ金
動かしてる人が 何言ってんすか

あっ 市川 もうすぐ来ます
うん…

(小倉)市川って 女子社員から
ちょっと評判 悪いみたいですね

男にだけ
やたら 色目使ってるって

(井原)へえ~
なるほど~

色目かあ…

ヘド出るわなあ…
(小倉)ですよね

まあ だいぶ思わせぶりですもんね
あいつ

ヘド出るわなあ
そういう生産性のない悪口

実際 色目でも何でも
結果 残してりゃいいだろ

あいつ 大阪支社 営業トップで
こっちに抜てきされてきてんだぞ

俺達も うかうかしてらんない
ってことだよ

(井原)そうですよね…
(小倉)はい

あれ?
あっ 話さないようにしてるのは

大人の監視の目がある時だけです

あれから 犬 飼ってないのも
住んでる家も ホントのこと話したら

もっと仲よくなっちゃって

私達 親が思ってるほど
子供じゃないから

一緒にいて楽しい子は
自分で考えて 選べるし

ねえ 凪ちゃん

うちのお母さん
超カッコイイでしょ?

だから 全然 色々 平気なの

うんっ カッコイイ!

自分の足で立ってる
うららちゃんママも

自分の意志で お友達 選んでる
うららちゃんと お友達も

超 超! カッコイイ!
ウフフフ…

うららちゃん ごめん
凪ちゃん どこ行くの?

私 ちょっと… ちょっと

旅に出てくる!

旅?

<もう一度 あの海に
行かなきゃいけない気がする>

<今度は 一人で 自分の運転で>

<今すぐ>

<自分の足で こいで
走って 走って>

<そうして…>

<夜明けとともに
たどりついたのは…>

<あの日の海>

<さよなら ゴンさん>

<さよなら 私の恋心>

<そうして 私は 取り戻せたんだ>

<私の… お暇を>

<…なんて>

<うまいこと いくはずもなく>

ここ どこ?

何市?

もう 海は どこ?

また… ルート 再探索してるし

えっ… 嘘でしょ!?

ねえ!

あっ… あっ!

(自転車が倒れる大きな音)

痛い…

痛い…

暗い…

怖い…

リアル ダメージ ジーンズだし…

痛いよ~

あの… 失礼します

(杏)来たーっ
お客さん 第1号~!

いらっしゃーい!
あっ… あの…

あーっ! 嬉しい

すいません
私 お客さんじゃないんです

えっ?
自転車なので お酒も飲めず

この辺りで迷子になってしまい
道を教えていただきたく…

(ママ)客じゃない?

(ママ)冷やかしなら 帰んな

し… 失礼しました

ちょっと待って ママ

この子 ケガしてる

うわあっ…
あっ?

痛い?
あっ… ああっ…

はい これで大丈夫
ありがとうございます

ガラケーも 今 充電してるから
あっ…

超ふびん
せっかく客が来たと思ったら

手負いの電力泥棒
すみません あっ…

あの… ソフトドリンクを
一番 安いものをお願いします

は~い

あんた 家 どこ?
た… 立川です

立川… 最近よく聞くわね

うん

タクシー 呼んでやるから
さっさと帰んな

いえ 今 帰るのは ちょっと…

あっ?
今 戻ったら

私 きっと また…

とりあえず 落ち着いて話そう

これ しまって
触らないで!

はっ…!

はっ…

よかった…

折れてないよ
モルちゃんの商売道具

何で そんなに優しいの?

うん?

もう 無理…

今ね…

大好きだった絵が
一枚も描けないの

一緒にいたら 私 ダメになる

だから… もう 会わない

寂しいなあ

ずるいんだよ ゴンゴンは

(杏)
無理めの男との情欲に 心乱れ

そんな自分と決別するために

その男と昔 行った海に一人

旅の途中… ってこと?

青い鳥探しってとこね

幸せの青い鳥を探して
飛び回って

結局 自分の家の中にいました
ってオチでしょ? どうせ

それって 青い鳥を ちゃんと
探したことがある人が言うから

深みがあるっていうか…

お恥ずかしながら 私

SNSとかで 誰かの旅の
素敵な写真がアップされるたび

「…で?」って

「私 知ってるよ 遠くに行っても
あなたが何にも変わらないこと」

「意味なくない?」って
「いいね」押しながら 思ってて

(杏)性格 悪っ

でも… あんなに遠くに
行けちゃう人達って

ホントは すごかったんだなって

私 28歳で 今 無職なんですけど

これまでの人生で 自分の意志で
どこかに行きたいって思ったこと

一度もなくて…
(杏)ヤベえ~

ですよね?
うん

いつも 誰かに乗っかって
泳ごうとして

その あさましさに一度 気づいて
元カレにも

これからは 一人で泳いでいくから
って

大きな口 たたいた直後に

恋のキラキラに溺れて
また 別の人に乗っかって…

だから 私は 自分の意志で

自分の足で 一人で

海に行かなきゃいけないんです
今すぐに

(ママ)はいよ

青い鳥丼
うわあ~

ママの鳥照り丼!

(ママ)
あんたの目的地 意外と遠いよ

これ…

ほら 明けてきたよ

初めて自分の意志で
どっか行きたいと思ったんなら

それ食って とことん走りな

28歳 無職!

はっ… はいっ!

いただきます

はあっ はあっ はあっ…

はっ はあっ…

はあっ… はあっ…

はあっ… 着い…

着いた

はあっ… はあっ…

あっ 何か 普通…

あの時ほど
全然 キレイじゃないし

けど…

はあ~っ

うんっ

十分

ホントに もう
終わりっぽかったなあ

(ノリ)お前 何人食えば
気が済むんだよ

(タカ)こないだもイベント中
女の子とイチャイチャ イチャイチャ

ずりいんだよ お前は
ずるいのかなあ 俺…

百害あって一利なしの
ドラッグ野郎

自分が ぶっ壊れてるって
少しは自覚したら?

え~っ…
あんたの部屋のゴーヤだってさ

水あげるだけあげて
優しくしといて 実がなって

はじけたら まんま放置じゃん
欲しかったら 持ってっていいよ

(エリィ)そういうことじゃなくて
あんたは 「カワイイ」「面白い」って

それだけで
いくらでも優しくするけど

ありったけの水をもらった方は
その先が欲しくなるの

あんた
そういうの 分かんないでしょ?

う~ん…

おいで~ ポッポー

人の話 聞いてた?

カワイイ…

面白い… から 優しくしたい

それだけじゃ ダメなのかなあ…

よいしょっ…

よいしょっ

よいしょっ はあっ…

ああ~っ…

家…

離れてみて分かったよ

あなたの尊さ

いよっ…

ただいま

ごめんね

(チャイム)

ゴンさんに
お話ししたいことがあって

鍵… お返しします

それで
今までみたいに二人で会うのは

もう やめようって思って

今日は 二本立てか…

ゴンさんといる時
すっごく空気が おいしくて

でも… ゴンさんといられない時

息 してないみたいで

うん
あの…

私にとって ゴンさんは

百害あって一利なしの
ドラッグ…

ちぎりパンみたいな
人なんだなって

うん? ち…

ちぎり… パン?
あっ…

すみません
土鍋 丸ごと ちぎりパン

たくさん作ったので よかったら

え~っ… ちぎりパンって何?

色んな具が入ってるんです

レーズン チーズ ゴマ

チョコ くるみ 豆苗も

ちぎりパンなの? 俺

はい! 私にとってゴンさんは

ホントに このパンみたいで

かじるたびに 次は どんな味で
楽しませてくれるんだろう? って

これ以上 食べると 太っちゃうの
分かってるのに やめられなくて

でも たくさん食べたいから…

それっぽい食べる理由
ひねり出して

食べて 食べて…

今の私にとって ゴンさんは

あまりにも おいしすぎるんです

ごめん…
ちょっと何言ってるか 分からない

えっ…

おいしいパンなら…

食べたい時に
好きなだけ食べればいいじゃない

えーっ!?
それに 凪ちゃん 太ってないし

もし 太ったとしても カワイイし
ちょっ… ちょっと待ってください

今 ピンとくる たとえを探します

そう! 例えば
私にとって ゴンさんは

やたらと色っぽい
女子中学生みたいな存在なんです

しかも 隣に住んでて
ちぎりパン 片手に

「いつでも食べていいよ~」って
言ってくるんです!

凪ちゃんにとって
女子中学生なの? 俺

はい セーラー服に
ナマ足むっちり 太ももです

ちょっと待って

セーラー服… 生足 むっちり…

女子中学生 ちぎりパン…

ど… どうですか?

凪ちゃん…

それは絶対 食べちゃダメ

お縄だし 身を滅ぼすよ

分かっていただけましたか?
うん

というわけで…

これからは また 一隣人として

よろしくお願いします

うん 分かった

じゃ 私は ハローワーク
行きますので これで

行ってらっしゃい

青春…

おしまい

《種のまわりの
赤い所が絶品なんです》

《甘い… うまい》
《はっ…》

《で… ですよね? この幸せの
黄色いラッキーゴーヤ》

《誰かに食べてほしいなーって
ずっと思ってて》

《ありがとうございます》

《今 空気 おいしいです》

《タイトルマッチ》

《そっか それですね》

《力をつけて 決戦に備えます》

《私 ゴンさんのことが好きです》

うん?

もう二人 すぐ来るんで
ちょっと待っててもらえますか?

≪はい

《八方美人って》

《言われちゃうよ》

あの…

どこに行っても…

八方美人って
言われる人のことって

どう思われますか?

八方ブスより よくねえ?

(小倉)お待たせしました
ほい

(井原)後ろ
開けてもらっていいですか?

<うん?>

<う~ん… と?>

<う~ん?>

(井原)
この時間帯って混んでますかね?

かもな
湾岸通りで お願いします

<お~っ…>

<なるほど>

<なるほど!>

≪坂本龍子さん

まずは名前が素晴らしい
ご学歴も 東大ご出身で

ご立派じゃないですか

ありがとうございます
(沖田)彼女

大学時代のゼミの後輩で
とっても優秀なんです

うちとしては ぜひ

坂本さんと一緒に

夢を見たいなって思ってます

はい ぜひ

よろしくお願いいたします

本日より お世話になります…

(仕事を続ける社員達)

≪ご安心
いただきたいのがですね

こちら お金というのは
まず 基本的には一切…

はい…

あっ なるほどですね
でも ご安心ください こちら…

(仕事を続ける社員達)

坂本龍子と申します

よろしくお願いいたします!

☎「おかけになった電話は 電波の
届かない場所にいらっしゃるか」

☎「電源が入っていない…」

(電話を切る)

(携帯着信)

さ… 坂本さん?

☎ううん ママ

お母さん?
私よ 私

青い鳥丼の恩 もう忘れた?

ああ! その節は 大変 お世話に…

☎あんた 無職なのよね~?

はい おかげさまで…

えっ?

<大島凪 28歳 無職>

<しばし
お暇をいただいておりました>

<…が>

<仕事 決まりました>

凪ボーイ 氷 まだ?
はい!

これ 飾っといて お得意さんから

あっ はい
氷? はいよ~

ありがとうございます

氷です
はーい ありがとう

おねえちゃん 取り皿ないんだけど
はい!

すいません 取り皿を
取り皿? はいはーい

(ママ)同じものでいいですか?

いらっしゃいま…