ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

螢草 菜々の剣 第4話 北村有起哉、清原果耶、町田啓太、南沢奈央… ドラマの原作・キャスト・音楽など…

『BS時代劇 螢草 菜々の剣(4)「別れ」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 旦那様
  2. 回想
  3. 正助
  4. お前
  5. 轟殿
  6. 父上
  7. 風早様
  8. 奥様
  9. 甚兵衛
  10. 不正
  11. 野菜
  12. お化け
  13. 佐知
  14. 宗太郎
  15. 風早市之進
  16. 螢草
  17. お嬢様
  18. 切腹
  19. 半分
  20. 風早家

f:id:dramalog:20190817021011p:plain

『BS時代劇 螢草 菜々の剣(4)「別れ」』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

BS時代劇 螢草 菜々の剣(4)「別れ」[解][字]

市之進の仲間たちによる轟への闇討ちは、吉と出るのか凶と出るのか……これをきっかけに、事態は大きく動き始める。菜々は宿命とどう向き合うのか?激動の第4回!

詳細情報
番組内容
轟(北村有起哉)が襲撃されるのを目撃した菜々(清原果耶)の報告で、市之進(町田啓太)は菜々と轟の因縁を知る。一方、破談になった再婚話の相手、雪江(南沢奈央)が市之進を訪ねて来る。雪江の思いを知り気持ちがざわつく菜々は、追放を覚悟して暇を言い渡す市之進に、佐知(谷村美月)との約束で自分が子どもたちを守ると誓う。やがて風早家は閉門、菜々たちは屋敷を追い出され、市之進は詮議のため江戸送りになると決まる。
出演者
【出演】清原果耶,町田啓太,北村有起哉本田博太郎南沢奈央松尾諭濱田マリ石橋蓮司,高田翔,松大航也,谷村美月苅谷俊介阿南健治,黒田こらん,中村育二,山下心煌,田中乃愛,岡田優ほか
原作・脚本
【原作】葉室麟,【脚本】森脇京子
音楽
【音楽】Evan Call

 

 


(風早市之進)安坂長七郎という方のことを
覚えておいででしょうか?

普請にまつわる着服の疑いをかけられて

城内で轟殿に斬りかかり
切腹となった者です。

(轟 平九郎)さように 取るに足らぬことは
忘れたわ。

(桂木仙之助)市之進殿が
謹慎を命じられた…!

濡れ衣を着せられたのだ!

何?
何?

もはや 手だては 一つ…!

♬~

≪轟 平九郎か?

いかにも。

お命頂戴!

≪覚悟!

♬~

風早の一味か?

やあ~!

♬~

身の程を知れ。

≪うわあっ…!

うせろ。

♬~

≪(物音)

(荒い息遣い)

随分と遅かったな。

どうした?

(菜々)強いです…! あの… あの人

轟という人は とてつもなく…!

落ち着け。

轟殿に会ったのか?

叔父上様のお屋敷を訪ねた帰り

巽橋のたもとで。

[ 回想 ] 轟 平九郎か?

[ 回想 ] 風早の一味か?

[ 回想 ] やあ~!

侍たちは 逃げたのだな?

はい。 ひどいけがを負ったようですが…。

そうか…。

轟 平九郎様は この風早家にも
災いを もたらそうとしているのですか?

お前は 轟殿を知っておるのか?

菜々… お前が武士の娘だということは
佐知から聞いておる。

轟殿と何か関わり合いがあるのか?

亡くなった母が申しておりました。

父は… 轟 平九郎様に陥れられ
切腹させられたのだと。

菜々の父上が…。

安坂長七郎殿か…!

何故 父の名を…!

14年前の普請費用横領の一件で
お名前を耳にした。

安坂殿は 実のところ

轟殿に関わる不正を調べていたようだ。

お前の母上が申されていたように

そのため 逆に罪を着せられ
切腹に追い込まれたのかもしれぬ。

でも 旦那様…

旦那様が蟄居を命じられたのは

轟 平九郎のせいなのですか?

恐らく。

濡れ衣を晴らす手だてはないのですか?

轟が犯した不正の証しでもあれば
別だが…。

こよい見たことは忘れろ。

♬~

[ 回想 ] (五月)父上は あのような
無念な最期を遂げられましたが

何事にも誠実で ご立派なお方でした。

けれど あなたは武家の娘。

その誇りだけは
忘れないで生きるのですよ。

♬~

(日向屋孫右衛門)
闇討ちに遭ったそうだな。

にらんでいたとおり。
ちと遅いくらいでした。

とどめを刺さず
表沙汰にもしなかったのは

魂胆あってのことか?

血気にはやる若造どもは
愚かで たわいない。

泥水を たっぷり飲ませてやりました。

狙うは…

風早市之進。

♬~

≪(雪江)御免くださいませ。

はい ただいま。

風早様にお取り次ぎください。
あの…。

武具奉行 本田内記の娘
雪江と申します。

風早様の叔父上がお世話してくださった

縁談の相手だとお伝えください。

はい…。

ご覧のとおり 私は 今 蟄居の身。

こんな所へ来られては
雪江殿のためになりません。

だからこそ参りました。

私は 風早様をお助けしたいのです。

しかし…。
お城の花見の宴で

初めて あなた様をお見かけして以来

ずっとお慕いしておりました。

田所様の奥様には それとなく
私のほうから お話を持ちかけました。

≪失礼いたします。

はしたない女とお思いでしょうか?
いや そんなことは…。

風早様。
はい。

私 風早様の蟄居が 早々に解かれるよう

ご家老様にお願いしてもらいたいと
父に せがむつもりです。

雪江殿 お気持ちはありがたいが

こたびのご縁はなかったものとして
どうぞお忘れください。

いえ…! 私 そんなことで

あなた様のお気を引こうというつもりでは
ないのです。

ただただ お力になりたくて。

風早様が 亡き奥様を
それは大事にしてこられたことも

承知しております。

そのうえで どうか もう一度
私とのご縁 お考えくださいまし。

♬~

≪(雪江)もし。
はい…!

何かご用でございますか?

風早様が 裏口から出たほうがよいと
おっしゃったので…。

ああ… あちらでございます。
今 お履物を。

(歓声と拍手)

旦那様 朝餉をお持ちいたしました。

佐知?

あっ… 菜々か。

それはそうだな。

これ… 奥様が作ってくださいました。

佐知が?

おお… 露草か。

はい。 俳諧では「螢草」というのだと
奥様に教わりました。

螢草…。

♬~

私の宝物です。

♬~

大切にしてやってくれ。

はい。

桂木仙之助 益田源三郎
大内新右衛門 宇野清次郎…。

この4人か…。
(甚兵衛)はい。

皆様 急な病ということで
登城しておられませんでした。

それで お屋敷をお訪ねして
ご様子を伺ったのですが

下働きの者まで
固く口止めされているようで

話を聞くことはできませんでした。

轟殿が 自分を襲った仙之助たちを訴えず
泳がせているのは

何か 周到な企みがあってのことだろう。

あした もう一度 お訪ねして…。

いや もう動くな。

ご苦労であった。

仙之助… 早まったか…!

♬~

[ 回想 ] (佐知)菜々 菜々。

女は…

命を守るのが役目。

♬~

奥様…。

≪菜々。

はい…!

すまぬが… 私の部屋へ来てくれ。

はい。

お前は 赤村へ帰れ。

えっ…?

私は いつ 江戸送りになるか分からぬ。

そうなれば
もう ここへは帰ってこられないだろう。

何の因果か 私は

菜々のお父上と同じ定めのようだ。

とよと正助は
田所の叔父上に頼むことにする。

お前と甚兵衛には
できるだけのことをしてやりたい。

すまぬが 家の物を整理して

あの質屋に…。
嫌でございます!

私は 奥様と約束しました。

旦那様と坊ちゃまとお嬢様を
お守りすると。

それはそうだが…。
ですから お願いでございます!

もし 旦那様が
江戸へ送られるようなことになったら

坊ちゃまとお嬢様のお世話は
田所様ではなく

私にお任せくださいまし。

しかし お前に そこまで甘えるのは…。

出過ぎたことを申しました。

私のような者より その…

きのう お越しになった
あのお方のほうが

ふさわしゅうございますね。

雪江殿か…?

菊の花のように
あでやかで美しいお方でした。

縁談話は無うなった。
もう 何の関わり合いもない。

菜々 私は 鉢植えの菊より

どこにでも咲いている螢草のほうがいい。

はい。 私も 螢草が大好きです。

♬~

もし…! もしものときは

私が
坊ちゃまとお嬢様をお世話いたします!

赤村へは帰りません。 失礼します!

♬~

[ 回想 ] (佐知)私 この花を見るたびに

なぜか 菜々のようだと思うのです。

けなげに咲いているさまが。

♬~

ふふふふ… はははは…!

もうよい! はははは…!

はあ…! いや~ 久々によう笑うた。

さあ 皆さん 御汁が冷めてしまいますよ。

(正助)よし! 行くぞ とよ。

≪風早市之進!

ご上意である! 門を開けよ!

♬~

これは 一体 何事ですか?

ううっ…!

風早市之進に相違ございません。

風早市之進。 轟 平九郎殿を襲った
首謀者として召し捕り

しばらく 瀬田獄に留め置く。

家の者は ただちに出て行くよう
申しつくる。

首謀者など… 一体 何の証しがあって…!

ご上意である!

父上! 父上!

(甚兵衛)いけません! 正助様!

(正助)父上!
正助 控えよ!

これ 邪魔だ。

幼子に何をなさいます!

控えろ!

甚兵衛さん 大丈夫ですか?
甚兵衛さん…!

旦那様!

轟殿を襲った者が白状したのだ。

口書があるらしい。
それは
轟殿が仕掛けた罠です!

風早家をお取り潰しにしおって!

あの世で 我が兄上は泣いておられるわ!

旦那様!

♬~

(とよ)お家に入れないのですか?

そうだよ。

うちに来ても わしの世話まで
しょい込むことに なりかねんからな…。

甚兵衛さんがいてくださると思うだけで
心強いです。

今は しっかり養生してください。

すまんなあ。

こんなときに このざまだ…!

お二人のことを くれぐれも…!

はい。

お嬢様 泣いている暇なぞ ございません。

旦那様がお帰りになるまで

みんなで力を合わせて生き抜くのです。

さあ 参りましょう。

♬~

(舟)こら!
ここは子どもの遊び場じゃないよ!

じゃあ 三両。
ありがとうございます。

しかし ばかな子だねえ。

それで この子らを
引き受けちまったのかい。

ばかだとは思っていません。
ばかに決まってんだろ。

住む家もない分際で
よくもまあ 安請け合いをしたもんだ。

でも お金も貸していただきましたし
今から探します。

(舌打ち)

借家なら… あるよ。

えっ?

ここ。

ここだっつってんだろ!

これって… 家?

あん? 屋根が付いてんだから
立派な家だ。

で あたしが大家。 店賃は 六百文。

きっちり払ってもらうからね…!
よいしょ…!

さあ!

お化け 出そう…。

出るよ…。

(とよ 正助)うわ~!
はははは…!

大家さん。
何だい? 文句あんのかい?

お化けが出るんなら 店賃 半分…。

いや そのまた半分でも高いです。
えっ?

お化けが出るような家
誰が借りてくれます?

見たところ
もう何年も住んでないみたいだし。

半分の半分 百五十文でも
御の字じゃないですか?

だから… 出ないよ!
本当はね 出ない… 出ないからね?

♬~

だから 出ないって…。 出ないから…。

う~ん もう… 分かったよ! 百五十文!

ありがとうございます。
(舌打ち)

♬~

≪(ねずみの鳴き声)
(正助)うわ~! (とよ)きゃ~!

うわっ! うわっ! うわっ!

ははは…!
ははは…!

ちょっ ちょっ…! えっ…!

申し訳ございません。
こんなに遅くなってしまって。

おむすび すごくおいしい。

腹が減ったからな。

お二人とも
随分とよく働いてくださいました。

ありがとうございます。

今日は 早く寝て…。

すぐ つけます。

(正助)菜々…。
はい。

ひょっとしたら やっぱり この家…。

兄上…。
何だよ!

あそこの格子窓に 何か…。

♬~

あっ あっ あっ…!

(正助)お化けだ お化け!

えいっ!
(椎上節斎)冷たい…! あっ あっ…!

お化けではない!

わしは隣の家に住む

儒学者 椎上節斎じゃ!

ずっと空き家だったこの家に
明かりが見えたので

火付け 物取りかと様子を見に来たんじゃ。

は~っくしょん! かぁ~!

で この子らは
お主が仕えていた武家のお子だと申すか。

はい。

しかし 投獄されたなら
それ相応の悪事を…。

違います! 旦那様は決して 悪事に
手を染めるようなお方ではございません。

必ず 旦那様の潔白が
明らかにされる日が参ります。

我があるじに僻事なし

我があるじに仇なす者こそ僻事ありか。

お主 なかなか 忠義の者のようじゃの。

我が塾にも 御家中のお子たちが大勢…。

は~っくしょん!
いかん… かぜをひく前に帰る。

申し訳ございません 死神先生。
「死神」?

いや わしの名は 椎上節斎じゃ!

(正助 とよ)おやすみなさい! 死神先生!

お~や~す~み~…。

(正助 とよ)うわ~!

どうしよう…。

店賃 米代 それから…。

♬~

[ 回想 ] 菜々
嫁に来てくれ!

頼む!

宗太郎の気持ちに

応えてくれるのかと思った。

ぬか喜びだったか…。

申し訳ありません…。

いずれにしろ お前一人で

2人のお子たちを
どうやって育てるつもりだ?

ここへ来る間 ずっと考えておりました。

叔父さん。
うん?

ここの野菜を売って
暮らしの足しにさせてもらえませんか?

勝手なことは重々承知しております!

でも 今の私には これしか…。
お願いします!

ずうずうしいにも程があるよ!

その旦那様は お前に
一銭も渡さなかったのかい?

はあ… お前は何も分かっちゃいないよ。

子を育てることが どんなに大変なことか。

武家の子なら なおさらだろ。
学問やら何やらかんやら。

そうですね…。
叔母さんのおっしゃるとおりです!

ありがとうございます!
礼なんて言われる筋合いはないよ!

野菜を譲るのはいいが
どうやって運ぶつもりだ?

五日に一度 私が頂きに参ります。

そりゃ なかなか大変だぞ?

(宗太郎)それ 俺が運んでやる。

宗太郎! お前

菜々にいいようにあしらわれてるのが
まだ分からないのか!

俺は 俺がしたいようにしてるだけだ!

やっぱり
宗太郎さんに甘えるわけにはいかない。

お前が お子たちを預かるのは

風早家の旦那様を好いとるからだろ?

お前の気持ちが本物なら
俺も本物だからな。

宗太郎さん…。

野菜 届けてやるから安心しろ。

ありがとう。

母上…。

[ 回想 ] お前の母上が
申されていたように

罪を着せられ
切腹に追い込まれたのかもしれぬ。

[ 回想 ] 濡れ衣を晴らす手だては
ないのですか?

[ 回想 ] 轟が犯した不正の証しでもあれば
別だが…。

♬~

[ 心の声 ] 不正の証し。
何か… もしも 何かが…。

♬~

父上…。

♬~

ただいま 戻りました!

(正助)菜々!
(とよ)菜々!

お骨さん ありがとうございました。
心ばかりのお礼です。

二度と御免だよ!
あたしの寿命が縮んじまう。

大体 あの子ら
遊んでばっかりじゃないか!

おっしゃるとおりです。
遊んでばかりでは だめです。

そこで お骨さん! 頼みがあります!

いっ… 嫌だよ…。

荷車はありますか? それに野菜を積んで
売り歩こうと思って。

荷車?
はい!

ああ… あるよ。
あすにでも都合してやるよ。

さすが お骨さん!

いや だから お骨じゃねえって…。

さあ 坊ちゃま お嬢様 参りますよ!

♬~

話は分かった。

正助の入門は 無論 拒むものではない。
月謝もきちんと頂くゆえ。

だが… 子守まで引き受けるつもりはない。

先生は 儒学を教えておられるんですよね。
ああ そうだが?

私が野菜を売って働かなければ
食べていけません。

正助様が塾で学んでおられる間
まだ4歳のとよ様は独りぼっちです。

儒学の教えとは 人を大切に慈しむ
というものではありませんか?

屁理屈を申すな!

それなら
野菜売りに連れて行けばいいだろう!

正助様と とよ様は 私がお仕えしている
武家のお子たちです。

そんなことはできません。

お主 本気で 野菜を売って
たった一人で この子らを育てる覚悟か?

もちろんです。

相分かった。 引き受けよう。

ありがとうございます!

さあ 次は だんご兵衛さんの道場です。
剣術も身につけねばなりません。

(とよ 正助)だんご兵衛さん?
さあ 行きますよ。

(とよ 正助)さようなら。 死神先生。

えっ…? 死神ではない!

菜々は 何を読んでいるの?

これは 和歌の本です。

私の父のものですが
父が 何か書き留めていないかと…。

この絵草子
菜々のおとと様のお土産ですね。

菜々?

菜々 疲れてる。

菜々に心配かけないようにしよう。

はい。

兄上。
何?

父上 お達者でしょうか?

お達者だ。

はい。

うどは いかがですか?
おいしいですよ!

ごぼうは いかがですか?
おいしいですよ…!

♬~

えいっ! えいっ! えいっ! えいっ!

♬~

[ 心の声 ] 不正の証し… 不正の証し…。

(一同)朋あり 遠方より来る。

また楽しからずや。

(正助)また楽しからずや。

♬~

れんこん いかがですか?
おいしいですよ!

いかがですか? いかがですか…?

♬~

[ 回想 ] (五兵衛)風早殿が
瀬田獄から出され

いよいよ 江戸送りになるそうだ。

[ 回想 ] 私は いつ
江戸送りになるか分からぬ。

そうなれば
もう ここへは帰ってこられないだろう。

[ 心の声 ] 嫌…! 嫌です!

♬~

[ 回想 ] (五兵衛)昼過ぎには
瀬田獄から出されるとのこと。

♬~

[ 回想 ] 私は 鉢植えの菊より

どこにでも咲いている螢草のほうがいい。

[ 心の声 ] 旦那様…!

≪旦那様!

旦那様!

旦那様! 旦那様!
何者だ!
旦那様!

≪身内の見送りは相ならん!

身内ではありません!
私は 風早家の女中でございます!

≪ならば なおのこと!
≪帰れ!

旦那様… ああっ!

≪出立!
旦那様…!

旦那様に会わせてくださいまし!

旦那様…!
≪邪魔するな!

菜々…。

旦那様! 旦那様!

[ 回想 ] (五兵衛)御嶽神社の鳥居で
いったん かごを止め

罪人に国との別れを告げさせる
ならいがある。

♬~

旦那様…。

≪出立!

♬~

♬~