ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ボイス 110緊急指令室 第5話 唐沢寿明、真木よう子、増田貴久… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『ボイス 110緊急指令室#05』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. ママ
  2. 歩君
  3. ハァ
  4. ドア
  5. 号室
  6. 足音
  7. 子供
  8. 新田
  9. 部屋
  10. ボタン
  11. お願い
  12. カラカラ
  13. 虐待
  14. 警察官
  15. 緒方
  16. 樋口
  17. 落合
  18. ヤツ
  19. 沖原
  20. 風鈴

f:id:dramalog:20190811082606p:plain

『ボイス 110緊急指令室#05』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

ボイス 110緊急指令室#05[解][字][デ]

唐沢寿明真木よう子出演のタイムリミットサスペンス!110番通報の声から現場を解き明かせ!母親に刺された子供を救えるか?

詳細情報
出演者
唐沢寿明真木よう子、増田貴久、木村祐一石橋菜津美、田村健太郎安井順平小市慢太郎、YOU/菊池桃子 ほか
番組内容
橘ひかり真木よう子)は、3年前の事件の警察内の協力者として沖原(木村祐一)を疑う。樋口(唐沢寿明)とひかりは真犯人のある特徴を突き止めるが、そんな中、ECUに6歳の子供・歩から、母親に刺され洗濯機の中に隠れていると通報を受ける。
ひかりは、樋口と石川(増田貴久)に出動指示。電話口から歩を探し回る狂気に満ちた母親の声が漏れ聞こえる中、救出活動が始まった。そしてラストには驚きの真相が待っていた!
監督・演出
【演出】大谷太郎
原作・脚本
【原作】”Based on the series ”Voice”, produced and distributed byStudio Dragon Corporation and CJ ENM Co.,Ltd”
【脚本】浜田秀哉
音楽
【主題歌】BLUE ENCOUNT「バッドパラドックス
【音楽】ゲイリー芦屋
制作
【チーフプロデューサー】池田健司
【プロデューサー】尾上貴洋、後藤庸介
【制作協力】AXON
【製作著作】日本テレビ
おしらせ
【公式HP】https://www.ntv.co.jp/voice/
【公式Twitter】https://twitter.com/voice_ntv
【公式Instagram】https://www.instagram.com/voice.ntv/

 

 


(新田) あぁ…。
(顎が鳴る音)

(島田) ≪新田 誰かいるのか?≫
(ドアをたたく音)

(せき込み)
(ドアをたたく音)

(樋口彰吾) ≪開けろ!≫
(ドアをたたく音)

(橘ひかり) ≪開けて!≫
(ドアをたたく音)

しっかりして!

ハァ ハァ ハァ…。

(新田) イ… オ…。

お願い もう一回 言って!

イ…。

死んじゃダメ! ねぇ! お願い!
(足音)

(沖原) おい 何や? これ
どないなっとんねん?

現場保存しながら手掛かり捜せ。
(香川:島田) はい。

(沖原) 見逃すなよ!

♬~

(沖原) しっかり捜せよ!

(カメラのシャッター音)
(パトカーのサイレン)

(足達の声)
他殺? どう見ても自殺でしょ。

誰かが先回りして トイレに潜み

新田に毒を飲ませ
窓から逃げたんです。

あのな ただでさえ
被疑者が死んで 大ごとなんのに

火に油 注ぐ気か?
(島田) ヤツのポケットから

硫酸化合物を入れてた容器が
出て来たんです。

(佐伯)
遺書めいたのがあったんだろ?

(香川)
「逮捕されたら自殺する」って

サイトに書き込みがあったんすよ。

自殺に偽装することは
難しくはありません!

ええかげんにせぇ!

誰が 何のために偽装したんじゃ!?

おい!

何やってんだ? お前ら。

来い。

いいから!

♬~

(遠雷)

新田は
3年前の事件の目撃者なんです。

だから 殺されたんです
私は この耳で…。

疑ってるわけじゃ ない
ただ証拠がない。

辺りを捜索したが
誰もいなかった。

犯人は 新田に毒物を飲ませて

顎を鳴らしていました。

顎が鳴る音

(ひかりの声)
奥さんや父を殺した時と

同じ音です!

とにかく 真犯人の協力者は

強行犯係にいる。

新田の手錠は外れていました。

そして ガス欠。

全ては強行犯係の車の中で起きた。

捜査の全てを誘導できる人物。

あいつを疑ってるのか?

否定できますか?

♬~

♬~ (雷鳴)

♬~

行くぞ。
沖原とは同期だ。

あいつのことは
分かってるつもりだ。

しかし…。

俺は…

この目で証拠を確かめるまで
信じない。

とにかく 他殺の証拠だ。

♬~

(振動音)

スタンドが見える周囲に
防犯カメラは?

(石川 透)
兄貴 何 調べてるんですか?

強行犯は事件性ないって…。
いいから 防犯カメラは?

いや その周辺には

100m先の路上に
1台あるだけです。

そういう場所を選んだのか。

はい?

あと 沖原が今日 誰と会って
何をするか報告しろ。

えっ 何で係長を?

(通話が切れた音)

防犯カメラもないし
現場周辺に何の証拠もない。

いや あるさ。

事件を解く鍵は 必ず現場にある。

ヤツも人間なら
何か残してるはずだ。

ここに防犯カメラ 1つあれば…。

♬~

おい!

見ろ 映ってる。

あのトイレの窓から出て来たら…。

ドライブレコーダー
映っている可能性が?

あっ。

これだ。

待ってろよ。

カチカチ野郎。

♬~


こいつが カチカチ野郎か?

歩き方が変わってる。

アキレス腱を切ったヤツに多い。

これなら 市内の防犯カメラで

一致する人物を
見つけ出せるかもしれない。

ハヤミミにも頼んでおいた。
班長独自のネタ元?

ああ ゴシップ記者だが
裏ネタ探らせたら ピカイチだ。

いずれ この男に たどり着ける。

(振動音)

はい… 伺います。

署長から
新田の件で来るようにと。

ああ。
失礼します。

(ドアが開く音)

3年前の第5号地区の事件…。

それに 相良に 新田の事件。

全部 つながってるんですか?

いや 俺

そんなに鈍くないですよ。

♬~

透 よく聞けよ。

第5号地区の犯人は
相良じゃ ない。

真犯人は こいつだ。

こいつが うちのヤツを殺し

相良や新田も
自殺に見せ掛けて殺した。

この野郎を必ず挙げてやる。

係長を調べろと言ったのは

まさか こいつと つながってる?

まだ分からない。

分からないから 突き止める。

沖原の様子は どうだった?

係長 昨日は
浴びるほど酒 飲んで

店で ぶっ倒れてました。

一体
何が どうなってるんですか?

♬~

(田所) 第5号地区の事件を

裏で調べていると
伺ったのですが…。

疑わしい点が。

探偵にでもなって

調べたらいかがですか?

ECUには期待しているんですよ。

ただし 万が一にも

再捜査のために ECU
立ち上げたと分かったら

即座に廃止させていただきます。

♬~

やめて‼

顎が鳴る音

お父さ~ん‼
殴る音

(自動ドアが開く音)
(落合) そうでしたか。

どうぞ どうぞ。

(落合) はい みんな
ちょっと いいかな?

じゃ どうぞ。

(栞) 県警本部の
教養課 通訳センターより

港東署緊急指令室に 本日付で
配置換えとなりました

森下 栞です
よろしくお願いします。

(落合) はい 拍手。
(拍手)

(落合) え~ 彼女はね
語学が非常に堪能です。

きっと
力になってくれることでしょう。

一緒に 頑張りましょう!
はい。

(緒方) はい。
はい。

森下さん。

妹さんの件で
無理に来てくれたんだったら…。

そんな お人よしに見えますか?

自分のキャリアになると
判断しただけです。

お気になさらずに。

♬~

(緒方) 森下さん 指導役として
僕が手取り足取り…。

先に 3つ言っておきます。

1つ 勤務中の雑談は やめて。

2つ なれなれしく しないで。

3つ あなたはタイプじゃ ない。

あっ タイプです。
はぁ?

僕は タイプです。

こたえてない。
フッ。

(入電音)
あっ 私が…。

110番です
事件ですか? 事故ですか…。

えっ?

ちょっと待ってね。

室長 子供が母親に刺されたと。

(緒方) ただ 非通知なので
いたずらの可能性も。

回して。
はい。

(ボタンを押す音)
電話 代わりました 橘です。

ママに刺されたの?

(歩) う~ん ハァ ハァ…。

本当にママが?

本当です。

ママが お腹を

包丁で ブスっと刺したの。


うぅ…。

記録にありません。

(歩) ハァ ハァ ハァ…。

本当に 母親が子供を?

今からが時間との戦いです。
えっ?

通報者の命を救えるかどうか

クライシスタイム
10分間の戦いです。

(警報音)
コードゼロ 臨海工業地区で

児童をマルガイとした
刃物使用の重傷傷害容疑事件発生。

現在時から本件 関連通話を
優先とし 他の通話を規制する。

マルヒは 母親。


児童は包丁で刺され
多量出血の可能性が。


ECU 緊急出動班は出動せよ。

♬~

ボク ママは今
どこにいるのかな?

僕のこと 捜してます。

どこ?

(足音)
どこにいるの~?

出て来なさ~い。

早く出て来て。

どこなの?

出て来て お願い。
(カラカラという音)

(サイレン)

(カラカラという音)

(サイレン)

どこなの? どこ?

♬~

どうしよう… どうしよう…。

出て来て お願い…
お願いだから出て来て。

ボクは今 どこにいるの?

洗濯機の中です。

♬~

(ドアが閉まる音)

ママは外に出て行きました。

ボクの名前と年齢 それから

ママの名前を
教えてもらえるかな?

6歳。

歩です。

ママの名前は分かりません。

えっ?


(歩) 少し前

この家に連れて来られたんです。

「連れて来られた」?
養子?

名前を教えてもらえなかったの?

ママは ママだって。

香織ちゃん
ケータイの契約者を調べて。

位置の確認を。
(香織) はい。

歩君 お腹の どこを刺されたの?

おへその下です。

(落合) 腸を損傷してる可能性が。

腹部大動脈まで達すると

失血死する可能性があります。

歩君 よく聞いてね。

血が出ると 苦しくなっちゃうから
魔法をかけよう。

血が出ている場所を
手のひらで押さえて

止めるの。

(歩) 押したよ。
偉いね。

お巡りさんが向かってるから

家の住所 分かるかな?

分かりません。

家から出たことないから。

じゃあ 家の窓からは
何が見えるかな?

♬~

(歩の声) ピンク色の同じ窓が

いくつも見えた。

(緒方) GPS半径500mエリア
ピンク色の同じ窓。

室長 臨海工業地区にある
港中央団地です。

その建物は 背が高かった?

木よりは高かった。

うぅ…。

お姉さん 僕 眠いよ…。

寝ちゃダメよ。

歩君が捜せなくなっちゃう。

(香織) ケータイの契約者
割り出すのに時間かかりそうです。

(秒を刻む音)

(ボタンを押す音)
マルガイは年齢6歳。

母親に腹部を刺されたもよう。

自宅洗濯機内から入電
詳細にあっては現在 聴取中。


母親は 日常的に
虐待していた可能性が高い。

6歳って大樹より小さい子ですよ。

急げ。
はい。

♬~

どこなのよ…。

どうしよう どうしよう
どうしよう どうしよう…。

♬~


(ドアが開く音)

ハァ… どうしよう…。

何で いないの?

ハァ ハァ…。

(呼び出し音)

ごめんなさい。

子供が いなくなったの。

それに ケータイがなくて…。

警察に通報されてたら
どうしよう…。

(歩) ママが戻って来たよ!

じっと そこに隠れていてね。

(サイレン)

今 お巡りさんが
近くに着いたから。

(サイレン)

こちらE1
樋口 石川 現着しました。

こちら樋口 通報者の部屋は?

(山崎)
階数については 詳細不明です。

広いので
ふた手に分かれましょう。

そっちを捜してください。
はい。

管理人室に行くぞ。
はい。

(ボタンを押す音)
歩君 部屋が何階かは分かるかな?

分かりません
ずっと暗い部屋にいたから。

涼介兄ちゃんもいた。

涼介兄ちゃん?

ここに来た時から いたんです。


お兄ちゃん
海にママと遊びに行って

帰って来ないんです。


僕が来る前に

お姉ちゃんもいたんだって。

でも お姉ちゃんも海に行って

帰って来なかった。

犠牲者は1人じゃ ない。

歩君 今日 何があったか
教えてくれるかな?

ママが
お風呂に入ろうって言ったの。

後でパパが来たら…
海に行くからって。

早く!

海に行きたくない!

涼介兄ちゃん
帰って来なかった!

入りなさい!
行きたくな~い!

泣き声

泣き声

早く 入って
泣き声

早く
泣き声

入りなさい!
泣き声

包丁が刺さる音
うぅ…

うぅ…

うぅ… うっ!

うっ!
壁にぶつかる音

(歩)うぅ… うぅ…

(歩)うぅ… 痛いよ…

(歩)うぅ…

ホースを踏む音

うっ…

歩の泣き声

歩君?
うぅ…。

大丈夫?

深呼吸して… ゆっくり。

ハァ~。

(ボタンを押す音)
ただ今 犯行の状況が判明。

本事件を 児童をマルガイとする

刃物使用 殺人未遂事件と改める。


通報者以外にも

監禁 虐待された児童が
いたもよう。


少なくとも 2名は行方不明。


養子縁組も 正規ルート
ものではないと思われる。

警察です。

あ~ 連絡もらいました。

児童虐待の通報があったとか。

ええ 心当たりのある入居者は
いますか?

あっ いや~ その 実はですね…。

管理人さん はっきり言わないと。

A棟303号室の子です。

ほら これ その家のゴミです。

血の付いた服! おかしいでしょ?

ゴミを勝手に?

だって 毎日 男の子が
泣いてる声がするんです。

303号室の住民の情報を。
あ~ はい。

あっ これです。

こちら樋口 容疑者の住居が判明。


A棟303号室

契約者は 鈴本友恵。

確認を頼む。


樋口 石川は
303号室に向かう。


指令室 了解。

♬~

歩君
お巡りさんが向かってるから…。

あと少し 頑張ってね。

また あの音。
(カラカラという音)

カラカラって聞こえる。

パパが家に来ると
いつも聞こえたの。

そして ママが いつも泣いてた。

パパに会ったことは?

ありません でも

ママが 「パパだ」って言ってた。


(足音)

(足音)

(カラカラという音)

《何の音だろう?》

(カラカラという音)
(足音)

A棟303号室だ。
(警察官たち) はい。

♬~

(呼び出し音)

本当に ここには来ないの?
警察は。

あぁ…。

(ケータイが落ちた音)


(物音)

今…。

家の中で…。

歩…。

海に遊びに行く約束したよね?

ママ 怒ってないよ。

早く出ておいで。

(歩) ママが こっちに来る!

怖いよ~!

大丈夫 お巡りさんが
すぐ近くまで来ているから。

(ボタンを押す音)
マルヒが児童に接近中。


危険な状況です!

(緒方)
容疑者の詳細が判明しました。

303号室の母親
鈴本友恵は離婚後

8歳の息子と暮らしています。

児童虐待の通報記録と
児童相談所での保護歴があります。

6歳じゃなくて 8歳なのか!?

気が動転して 間違えたんじゃ?
歩君は 部屋の位置は

木より少し高いと言っていました。

3階なら 木のてっぺんが
本当に見えたかどうか…。

それと さっき
部屋に誰かが来ました。

歩君は 「パパだ」と。

パパが来ると いつも
カラカラという音が聞こえて

ママが泣いたって。
カラカラ? 何の音だ?

それが 分からないんです。

おい 言っただろ!
こういう時は落ち着いて!

深呼吸!

とにかく 303号室を調べる!

兄貴 あそこだ!

♬~


(リンリンという音)

《さっき聞いた音》

(リンリンという音)

《陶器がぶつかるような音》

(犬の鳴き声)

《一体 何の音?》

(リンリンという音)

《その音の後ろに
もう一つの音?》

(鳴き声)

《これは 犬の鳴き声》

♬~

(ドアが開く音)

(ドアがきしむ音)

(ドアがきしむ音)

(ドアがきしむ音)

♬~

♬~

♬~ (足音)

♬~

(ドアがきしむ音)

(ドアが閉まる音)

(ドアがきしむ音)

♬~

≪もう! 何で こんなのも
分かんないの!?≫

(友恵)
こんなんじゃ どこにも…!

ちょっと! あなたたち 何!?

ママ…。

児童相談所に連絡を。
(警察官たち) はい。

ごめんなさい…。

こちら樋口
303号室は現場じゃ ない。

(ドアが開く音)

(足音)


(足音)

(足音)

♬~

見~つけた。

(歩) うぅ~!

来なさい!


(歩) や~だ!
ママ ごめんなさい!

(歩) ごめんなさい!

泣きたいのは こっちよ!

黙って! うるさい!

(歩の泣き声)


(歩の泣き声)


(歩) ごめんなさい!

(歩の泣き声)
来なさい!

ママ ごめんなさい!

ごめんなさい!
泣きたいのは こっちよ!


黙って! うるさい!


(歩の泣き声)


(歩) ママ ごめんなさい!


(歩) ごめんなさい!

《音を…

音を探り当てるしかない》

(リンリンという音)

《陶器の音が
消えたり 鳴ったり》

《消えたり 鳴ったり…》

(リンリンという音)

(風鈴の音)

(ボタンを押す音)

班長 歩君の言った音は

陶器の風鈴の音です。
風鈴の音?

それと近くで 犬の鳴き声が…。

現場の家の近くのはずです。

(緒方) 犬って
この団地 ペット禁止ですよ。

もしかして 通報記録に…。

(キーボードを打つ音)

(栞) ありました
ペット禁止なのに

犬の声がうるさいって
ご近所トラブルの通報が。

通報者は 505号室の住人。


犬がいると思われるのは
504号室。

(緒方の声) となると 現場は

G棟の501 502
503号室のいずれか。

そして 陶器の風鈴のある場所。

現場に急行する
とにかく時間を稼げ!

座って!
ごめんなさい!

うっ!

ママ ごめんなさい!

助けて~!

もう遅いのよ。

まだ間に合います!

誰よ?

神奈川県警の橘です。

今 警察官が
お宅に向かっています。

あんたね~!
落ち着いてください!

話を聞いてください。

歩君は このまんまでは

命を落としてしまいます
今なら まだ…。

うるさい うるさい
うるさい うるさい!

私は やれること やったの。

あいつと違って。

食事をさせ 服を着せ

寝かし付けたのよ。
あいつ?

うぅ… ママ 痛いよ。

うぅ…。
うるさい…。

あなたの声は

おびえて 不安そうで 苦しそう。

もしかして あなたも
同じような経験が?

(歩) ハァ ハァ…。

黙って…。

子供は こうやって育てるのよ。

うるさくて 汚くて

世話が焼けるから…。
(歩) うぅ…。

そう言われていたんですね。

あなたが。

黙って。

歩君は 外に逃げることができた。

でも逃げなかった。

それは…

虐待をされても

あなたをお母さんだと
思っているからです!

(歩) ハァ ハァ ハァ…。

もう遅いのよ…。
(歩の泣き声)

どうにもならない…。

(風鈴の音)

(風鈴の音)

(ひかりの声)
確かに 起きてしまったことは
変えられない。

でも これからのことは
変えることができます。

変えられるんです!

あんたに何が分かるのよ?

(歩の泣き声)

(歩) ママ ごめんなさい!

ママが僕に痛いことしても
「痛い」って言わない。

ごめんなさい!
ママ ごめんなさい!

(歩の泣き声)

歩君を 幼い頃のあなたを

救ってあげてください!

それができるのは

あなたしか いないんです!

(泣き声)

救急車…。

ママ!

救急車 早く…。

お願い… この子 助けてあげて。

お願い…。
(歩の泣き声)

よく決心してくれました。

警察官が来ますから

歩君を引き渡してください。

(泣き声)

(ドアが開く音)

(足音)

来ましたか?

えっ…?

もしもし?

もしもし!


(通話が切れた音)

♬~

兄貴。

おい 歩君を捜せ。
はい!

おい 歩君は どこだ?

おい!

歩君がいない。
いないわけないだろ!

(警察官) いません!
(警察官) 見当たりません!

こちら樋口 歩君が部屋にいない。

何者かが連れ去った?

さっき 部屋に
誰かが来た音がしたんです。

連れ去った?
ほんの2~3分の間に?

(落合)
居住者の詳細が判明しました。

彼女の名前は 一ノ瀬奈央。

夫は 一ノ瀬 悟 39歳。


元町のレストランで
シェフをしています。


3度ほど養子を迎え
2人は海で溺れて事故死。

この2人が 歩君が言っていた
兄 姉ではないかと思われます。

旦那が連れ去ったのか?

早く言え!


(栞) 一ノ瀬 悟ですが

勤め先に問い合わせたところ
1か月以上 店に出ていません。

虐待の発覚を恐れて
連れ去った?

(落合) 容疑者を 一ノ瀬 悟とし
誘拐容疑で手配します。

至急 本牧署管内を中心とした
5km圏配備の発令を。

はい。

(キーボードを打つ音)
(ボタンを押す音)

(警報音)

署に搬送してください。
(警察官たち) はい。

捜すぞ まだ近くにいるはずだ。
はい!


指令室から各局
現在時 本牧署管内で発生した

誘拐容疑事件につき

本牧署管内を中心とした
5km圏配備を発令する。


容疑者にあっては
一ノ瀬 悟 39歳。


身長175cmくらい
体格 中肉。


服装 逃走手段
方向については不明 現在調査中。

♬~

《39歳》

《でも あの足音は…》

ドアが開く音

足音

(緒方) 室長。

一ノ瀬奈央は
確かに虐待を受けてました。

彼女も養子になってます。

義理の父親は 荒木信二という
歯科医で

ひどい虐待をしていたようです。

全治1か月のケガを負った
診断書が。

2003年に
養子縁組無効控訴で負け

彼女とは離縁してます。

58歳…。

(ボタンを押す音)

一ノ瀬奈央さんと話しを。

(警察官)
緊急指令室長の橘警視だ。

奈央さん 歩君を連れ去ったのは
ご主人ですか?

(奈央) 知らない…。

さっき 部屋に

歩幅の小さい 小柄な人が来た。

あの足音は
60歳前後の男性です。

私は 知らない…。
奈央さん

あなたを虐待した

義理の父親じゃないんですか?

あなたを虐待した父親が

近くに住んでいるんですね?

♬~


兄貴 住人の誰も
一ノ瀬 悟を見ていない。

ヤツは どこに消えたんだ?

♬~

(物音)

あ~ これは刑事さん
子供は どうなりました?

まだ見つかってません。
あぁ…。

この辺りで 子供を隠せそうな場所
ありませんか?

そうですね~…。

子供を隠せそうな場所ですか?

あ~ 子供 隠せそうな場所な…。

あ~ 刑事さんも どうぞ。
どうも。

あっ そうだ。

機械室なら隠せるかも。

団地の地下なんですが
確認します。

お願いします。
はい。

あっ どうぞ どうぞ。

案内します。

こっちです どうぞ。

♬~

(鍵を開ける音)

足元 滑りますから
気を付けてくださいね。

たかが 子供1人のことで
町じゅう 大騒ぎですね~。

「たかが」?

親が なってないんだ。

子供なんてのはね
ぶん殴って しつけて

一人前になるかどうかだ。

私にも1人 娘がいますけどね

ホントに困ったヤツで…。

あっ さっき会いませんでした?

走り回って 捜してたでしょ。

♬~

あの麦茶ね

筋弛緩剤 入れといたんですよ。

あ…。

これ1本で 豚の3~4頭 殺せる。

一ノ瀬奈央を 操っていたのは…。

私を通報したんですよ。

あいつだけ幸せになんのは
不公平でしょ。

歩君以外の子供も…

お前が?

病気や事故死にすれば
保険金が入る。

まだまだ老後のためには
金が必要なんですよ。

彼女の… 旦那も…

殺したのか?

一番厄介な野郎だったな~。

お前も ヤツんとこ行くんだな。

♬~

(手をつかむ音)
ん?

待ってくれ。
えっ?

これを…
ちょっと これを見てくれ。

何だよ!

♬~

あっ! えっ?

吐いたな。
えっ?

(蹴る音)
あ~!

驚くなって。

調子を合わせてやったんだよ。

まだ近くにいるはずだ
はい!

(風鈴の音)

警察です
あ~ 連絡もらいました

児童虐待の…

刑事さんも どうぞ

機械室なら隠せるかもしれない
案内します

♬~

吐き出す音

ハハっ ハハハハ…。

何がおかしい?

逮捕していいのか?

俺を見逃せ。

そしたら
ガキの居場所 教えてやるよ。

あの出血だぞ。

もう持たないぞ。

どうする? さぁ どうすんだよ?

ハッ ハハハハ…。

歩君 見つかったか?

(泣き声)

兄貴の読み通りだ。

歩君 保護しました!

だから そう驚くなって。

そうですね~…

足元 滑りますから
気を付けてくださいね

班長
マルヒは

管理人の荒木信二です

マルガイの監禁場所は
503号室だ

あの数分で 人目に触れず
連れ出すのは不可能だ

管理人は
503号室の鍵を持っていた

空き部屋だった隣の部屋に
隠したんだ

(荒木) あぁ… うわ~‼ う~。

あぁ~!

(殴る音)
おっ!

(殴る音)
あ~! あぁ…。

(倒れた音)

老後の心配は しなくていいぞ。

お前は死ぬまで ムショ暮らしだ。

くっ! くっ…。

♬~

どうだ?

あと少し遅かったら
ヤバかったみたいです。

そうか。

お巡りさん。

ん? どうした?

電話で話してた お姉さんは?

こちら樋口。

歩君が話したがってる
今 代わるぞ。

はい。

ほら。

助けてくれて ありがとう。

歩君 よく頑張ったね。

ママを助けてあげてください
お願いします。

歩君…。

優しくて 強いね。

♬~

♬~ 約束する 必ず!

♬~

♬~ (ボタンを押す音)

♬~

ハァ…。

お疲れさまでした
次の応対に集中してください。

(一同) はい。
(落合) お疲れさまでした。

やりがいあるでしょ?

ハハっ…。

♬~

(サイレン)

ECU 悪くないですね。

どうだかな~。

(振動音)

お前 先に戻ってろ。
えっ?

思ったより早かったな
何時に どこだ?

(沖原) いずれ樋口は
真犯人に たどり着きますよ。

♬~

(操作音)

(呼び出し音)

田所です。

会長 ご相談したいことが
ございまして。

(振動音)

班長 お疲れさまでした。

休む暇ないぞ。

ハヤミミから連絡だ。

カチカチ野郎が
誰か分かったらしい。

空振りかもしれないけどな。

後で連絡する。

お願いします。

(車のクラクション)

♬~

よう ハヤミミ。
(瀬戸) 金 弾んでくださいよ。

おい 安月給の公務員から
ふんだくる気か?

早く聞かせろ。

裏の世界じゃ
名が知れた野郎でしたよ。

何者だ?

「大黒エステート」っていう
不動産会社やってて

そこの元社員を押さえました。

そいつの話じゃ

社長 歩き方が変わってて
なんと

顎から
カチカチ 音が鳴るそうですよ。

ホントか?
ええ。

その元社員に会わせろ。
フフっ…。

そう来ると思って
話つけておきましたよ。

(車のエンジン音)

♬~

あれ?
待ってるっつったのに何だよ。

どうした?

出ないです。

ちょっと見て来ます。
おぉ…。

これ 取っとけ。

もうすぐだろ? 子供。

ちょっと早い 出産祝いだ。

かみさんに
うまいもん食わしてやれ。

あざっす!

♬~

(操作音)

(呼び出し音)

(振動音)

(操作音)
はい。

当たりだ。

男の歩き方に特徴があって

顎が カチカチ鳴るって言ってる。

班長

♬~

♬~ おりゃ~!

♬~

班長
(騒ぎ声)

班長!?
(騒ぎ声)

♬~

♬~

♬~ (棒で殴る音)

♬~