ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

螢草 菜々の剣 第3話 清原果耶、松尾諭、谷村美月、北村有起哉… ドラマの原作・キャスト・音楽など…

『BS時代劇 螢草 菜々の剣(3)「忍び寄る影」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 奥様
  2. 母上
  3. 旦那様
  4. 正助
  5. 秀平
  6. 佐知
  7. 回想
  8. 市之進殿
  9. 風早
  10. お前
  11. 宗太郎
  12. 叔父
  13. 女中
  14. 日向屋
  15. 父上
  16. 平九郎
  17. お願い
  18. お主
  19. お嬢様
  20. 何故

f:id:dramalog:20190809213814p:plain

『BS時代劇 螢草 菜々の剣(3)「忍び寄る影」』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

 

BS時代劇 螢草 菜々の剣(3)「忍び寄る影」[解][字]

病の身で子供たちを守ろうとした佐知の運命は?そして菜々が佐知から託された約束とは?一方、市之進の身辺には轟の罠が迫る……。運命の歯車が回り出す第3回!

詳細情報
番組内容
間一髪飛び込んで来た菜々(清原果耶)は、五兵衛(松尾諭)に習った突きの型でかどわかしの犯人を倒す。だが無理もたたった佐知(谷村美月)の命の灯は燃え尽きようとしていた。武家の出であることを告白した菜々に市之進(町田啓太)と子どもたちを託し、佐知はこの世を去る。その間に轟(北村有起哉)の罠で濡れ衣を着せられ、市之進は謹慎処分となった。怒った仙之助(高田翔)ら仲間たちは、実力行使で轟を除こうと動き出す。
出演者
【出演】清原果耶,町田啓太,谷村美月北村有起哉本田博太郎松尾諭,高田翔,松大航也,苅谷俊介阿南健治中村育二阿知波悟美,山下心煌,田中乃愛,野添義弘,越村公一,長谷川公彦,岡田優ほか
原作・脚本
【原作】葉室麟,【脚本】渡邉睦月
音楽
【音楽】Evan Call

 

 


(菜々)やめなさい!
(佐知)菜々!

何だ? てめえ。

うわあっ! ああっ…!

菜々…。

♬~

奥様… 奥様! 奥様!

(風早市之進)お前が
かどわかしの浪人者を

倒したというのは まことか?

はい…。

まずは 礼を言う。
いえ…。

しかし 何故
そのようなことができたのか…。

お前は 剣術が使えるのか?

そのようなことは…。

ただ お子様と奥様を救おうと
必死に…。

分かった。

佐知の看病を頼むぞ。

はい。

♬~

百姓の娘が 偶然に侍を倒せるわけがない。

何か言えぬ事情があるのだろう。

そうですね…。

何にしても 心の強い娘に違いない。
はい…。

(せきこみ)

そなたは 病を治すことだけに
専念してくれ。

はい…。

でも…。

どうした?

旦那様に申し訳なくて…。

他藩の さして
高い身分でもない私を

もらっていただきましたのに

ご迷惑を…。

何を言う。

私は そなたを妻に迎えたこと
誠に幸せに思うておる。

旦那様…。

良くなったら
紅葉狩りにでも参ろう。

子どもたちと共に。

はい…。

♬~

(壇浦五兵衛)いえ~い!

いえ~い! やあ~!

どうしたのだ? 暗い顔をして。
お主らしくもない。

今日は… 稽古を しばらく
お休みさせていただきたく

お願いに参りました。
休むだと?

あれほど 剣を教えてくれと
言っておったのに。

一体 どういうことだ?
実は

お仕えしているお屋敷の奥様が
ご病気で…。

ですから
看病をしなければならないのです。

ご病気とは…。 それは気がかりであるな。

はい。

奥様が良くなりましたら
また お稽古 お願いいたします。

待て。

お主 もしや 風早家の女中か?

えっ…。 どうして?

うわさになっておる。

かどわかしの くせ者を
女中が 一突きで倒したとな。

やはり そなたであったか。

だんご兵衛さんのお教えが
役に立ちました。

ありがとうございました。

待て。

風早家といえば あるじは大事ないのか?

えっ?

城中で 気になるうわさを聞いてな。

うわさとは?

軽々しく 口にできることではないが

どうやら 風早殿は
江戸におわす大殿やご重役方から

不興を買っておるそうだ。
不興?

風早殿は 改革派の頭目
にらまれておるというわけだ。

旦那様に そのようなことが…。

まあ どこの家中にも いさかいはある。

それだけのことなら
わしも何も申すことはない。

ただ… 気になるのは轟という男。

轟!? それは

轟 平九郎というお方のことでしょうか?

お主 轟殿を存じておったのか!

いえ… 一度
お屋敷にお見えになったお方が

そのような名でしたから。

[ 回想 ] 轟 平九郎と申す。

それは ますます危ないな。

何が危ないのですか?

轟という男は
大殿の覚えが ことさら めでたく

ご家老たちも
顔色をうかがっているそうだ。

そのような男に
にらまれるということは…。

轟は恐らく これまでに
何人をも斬っておろう。

油断すると とんでもないことになるぞ。

そのお方は お強いのでしょうか?

何故 それほどまでに
剣の腕前を気にする?

まさか…。

いえ…。
旦那様のことが心配なだけにございます。

それでは 失礼いたします。

♬~

≪(正助 とよ)母上。

おかゆをお持ちしました。
それから お薬も。

まあ 皆で そろって…。

正助と とよが聞かぬのだ。

そなたが かゆを
食べられるようになったのが

うれしいのであろう。

2人とも…。
もうじき 母は良くなりますからね。

はい!
はい!

母上。 正助は
難しい字を いくつも覚えました。

そう。

とよは
菜々から 針の使い方を教わりました。

(佐知)まあ…! 針を?

2人とも 今度 見せておくれ。

はい!
はい!

もう そのように
起きられるようになったのだ。

きっと良くなる。

はい。

奥様。

(甚兵衛)どうだい? 奥様のご様子は。

だいぶ良くなられました。

そりゃあ よかった。

実はな わしも
奥様のために

大好きな酒を断っとったんじゃ。

そうだったんですか?
ははは…!

ああ~ 今日は 見事な秋晴れじゃ。

久しぶりに外に出て 風に
当たっていただいてはどうじゃ?

はい。 奥様にお勧めしてみます。

奥様 今日は少し お庭に出ませんか?

奥様?
(せきこみ)

奥様…! ゆうべは
あんなにお元気でしたのに…。

菜々…。
はい。

私は… 旦那様と子どもたちを

守りたいと念じてきましたが

もはや それは
かないそうにありません。

そんな悲しいことを
おっしゃらないでください。

もうすぐ 命が尽きると

不思議に分かるのです…。

それゆえ あなたにお願いがあります。

はい。

私の亡き後

旦那様と子どもたちを

守ってもらいたいのです…。

私は

あなたが妹のような気がして

いとおしく思っています…。

だからこそ あなたに託します…。

菜々…。

あなたは 何かを背負って
生きているのではないですか?

私は…。

元鏑木家臣の娘にございます。

隠し事をしていて
申し訳ありませんでした。

誰でも…

人に言えない悩みや苦しみを
持っています。

菜々は それを知っているから

人に優しくできるのだと思います…。

奥様…。

あなたのような人に

旦那様のそばにいてもらいたい。

♬~

女は…

命を守るのが役目。

だから どうか…

旦那様と子どもたちを

守っておくれ。

お願い… お願い…!

はい。

必ず。

♬~

少し 眠ります。

♬~

どうか… どうか…

奥様をお守りください。

♬~

風早様。
お宅より 急の使いが参っております。

(甚兵衛)旦那様! 奥様が…。

正助…。

はい。 母上。

必ずや お父上のような…

立派な武士になるのですよ。

はい。

とよ。

母上… 母上!

(すすり泣き)

(とよ)母上…。

(佐知)2人とも。

お父上と菜々の言うことを
よく聞くのですよ。

はい。

嫌です。 母上…。

とよ。

とよ…。

母上を安心させなければならぬぞ。

はい…。

菜々…。

はい…!

あとを頼みます…。

はい。 奥様…。

佐知…。

市之進様…?

ここにおるぞ。

申し訳…

ございませぬ…。

何を言う。

♬~

旦那様…。

♬~

旦那… 様…。

佐知…!

(正助)母上! 母上!
(とよ)母上!
母上!

(正助)母上…!

(泣き声)

(正助)母上…!

奥様…。

(正助)母上! 母上…!
(とよ)母上…!

はい! おめでとうございま~す!

≪おめでとうございます!

申し訳ございません!
よいのだ。

あの… お城へ参られるのですか?

喪中ゆえ 登城はせぬ。

内々のあいさつ回りだ。

母上… 母上に会いたい…。

(すすり泣き)

お嬢様。

坊ちゃま。

おつろうございますね…。

菜々も 母を亡くした折は
泣いてばかりでございました。

菜々も?
はい。

お二人には
ご立派なお父上がいらっしゃいます。

坊ちゃまとお嬢様が泣いていると

お父上は心配なさいますよ。

母上は 今 どうしていらっしゃるの?

お空の上から

お嬢様と坊ちゃまを見てらっしゃいます。

ならば 私は もう泣かない!

坊ちゃま…。

とよも もう泣くのはおやめ。

兄上…。

母上が悲しまれる。

はい。

今 戻った。

≪(猫の鳴き声)

♬~

申し訳ございません!
大事な羽織をお掛けくださり…。

よいのだ。

子どもたちは
また泣いておったか?

はい…。

あれらは まだ幼い。

母の死を受け入れるには
時が かかろう。

これからも よろしく頼む。

頼りは お前しかおらぬ。

はい…! すぐに夕餉のお支度を。

(滝)あなた!

縁談?

私の知り合いに
ご家老のご親戚が おられましてね

その方のお嬢様 雪江様という方が

それはもう お美しく つつましく
誠に すばらしい方なのです。

先様も家格が高く
これ以上のご縁はありませんよ?

せっかくですが
まだ 妻を亡くして間もありませぬ。

縁談など 考えられません。

失礼いたします。

(田所与六)そうは申しても
死んだ者は生き返りはせぬ。

生きている者は
死んだ者のことなど早う忘れて

楽しゅう暮らすことを考えれば
よいのじゃ。

何だ? この女中風情が。

まさかとは思いますが 市之進殿
この女中とでも すでに…?

菜々は良き女中です。
勘ぐるのは おやめいただきたい。

とにかく… どうか

後添えの話は
なかったことにしていただきたい。

♬~

佐知…。

♬~

(とよ)父上は
お寂しゅうございますね。

うん? なぜ そう思うのだ?

私は 兄上や菜々が
お話の相手になってくれます。

でも 父上には お話を聞いてくれる人が
いませんから。

う~ん… そうだなあ。

私には もう話し相手がいないのだな。

(正助)私たちは 寂しくなったら
菜々と一緒に寝ています。

父上も そうなされば
よろしいではありませんか?

坊ちゃま…!

2人とも 菜々に
優しくしてもらって よかったな。

しかし 父は大人だから

寂しくても
辛抱しなければならないのだよ。

大人とは 大変なものなのですね。

大変なことができてこそ 大人なのだ。

分かるか? 正助。
はい!

さすがは 風早家の嫡男である。
頼もしいぞ。

とよもいます。
うん?

とよは女子ゆえ よいのだ。

いや? 女子でも
立派な武家の奥様になれるよう

強くなければならぬぞ。
はい!

♬~

早いもんだ。

奥様が逝かれてから 早三月か。

旦那様は
これから どうなさるのでしょう。

いずれ 後添えを
おもらいになられるだろうな。

お子様たちが小さいし
男親だけというわけにはいかんからね。

そうですね。

じゃが どなたでもよい
というわけにはいかん。

≪(秀平)御免くださいまし!

あの声は 赤村の叔父です。
ああ…。

外で話してまいります。
いや 上がってもらいなさい。

でも…。
かまわぬ。

はい。

すまん…!

菜々。

(秀平)菜々の叔父の秀平でございます。

これは せがれの宗太郎と申します。

面を上げなさい。
(秀平)あっ はい…!

菜々には 子どもたちもよく懐き
助けられている。

また いつも野菜を届けてくれ
心から礼を言う。

もったいないお言葉にございます!

用向きは 菜々のことか?

(秀平)はい! このたびは

菜々を せがれの嫁にいたしたく
お願いに参った次第でございます!

叔父さん!

(秀平)息子は 菜々を嫁にしなければ
家を継がないとまで申しております。

菜々にとっても

赤村に戻って暮らすほうが
幸せかと存じます。

なるほど…。
(秀平)それに… はばかりながら

奥様のおられぬお屋敷内に
菜々をとどまらせるのも

甚だ 外聞が悪いのではないかと…!

菜々! 嫁に来てくれ! 頼む!

宗太郎さん…。

私は 子どものころから
菜々のことを好いております!

どうか… どうか!
必ず幸せにします!

宗太郎とやら。

そなたの気持ちは しかと分かった。

菜々と相談のうえ 返答するゆえ
しばし 時をくれ。

ありがとうございます!
(秀平)よろしくお願いいたします。

♬~

[ 回想 ] 旦那様と子どもたちを
守ってもらいたいのです…。

奥様…。

≪(戸の開く音)

先ほどは
叔父が妙なことを申しました。

縁談なのだから 妙な話ではない。

それに あの宗太郎と申す者は
なかなか 実のある男らしい。

菜々のことを
本心から好いているように見えた。

良い縁に思う。

でも 私は 宗太郎さんのことを
いい人だとは思いますが

兄妹のようにしか思えないのです。

それに 奥様とお約束しました。

旦那様とお子様たちを
ずっとお守りすると。

そなたは まだ若い。

ゆっくりと考えるがよい。

はい…。

(桂木仙之助)市之進殿!

城下で
轟 平九郎の姿を見たという者がおります。

轟殿が?
江戸から また こちらに…。

(益田源三郎)何が目当てか分からぬだけ
不気味です。

市之進殿
かつて 大殿の用人だった轟が

お役目を退いた一件をご存じですか?

いや…。
14年前のことですが…。

[ 回想 ] (仙之助)普請費用の一部を
着服した…。

[ 回想 ] (源三郎)轟に 罪を
着せられたのではないか…。

[ 回想 ] (仙之助)藩とご城下の商いを
独り占めする豪商

日向屋です。

≪(足音)

(宮田笙兵衛)風早! ご家老がお呼びだ。
すぐに参れ。

はっ。

(卜部作左衛門)風早。
はっ。

江戸屋敷にて
勘定方の不正が行われているとは

そなたが言いふらしておるという
うわさがあるが まことか?

おそれながら
言いふらしにはあらず。

疑惑を詮議すべきと
建白書を奉ったのみにございます。

疑うておるのか?

先頃
お代替わりがあったばかりというのに

不埒ではないか!

不正の証しでもあるのか?
はっきり申してみよ。

では…。

材木問屋 日向屋から
お借り上げになりました金子が

江戸屋敷に じかに回されますのは
いささかおかしいと存じます。

わざわざ国許から送るのは
不用心であるし費用もかかる。

当たり前のことであろう。
のう? 宮田。

はあ…。

されど
その借用証文が国許に残らなければ

借財が いかほどに上るのか分かりませぬ。
何だと!?

我らが 信用できぬと申すか!
無礼であろう!

か… 風早…!
いま一度 頭を冷やしてまいれ!

改めて詮議いたす。

よく考えろ。 よいな。

うん! うんうん。

ふっふふ…。

わざわざ江戸表から国許に参られたのは
このためでしたか。

う~ん。 ふっふふ…。

お主を斬ることはできたのだが
それでは面白くない。

お主に 味方など
一人としていないことを

じっくりと思い知らせてやろうと
思うてなあ。

安坂長七郎という方のことを
覚えておいででしょうか?

普請にまつわる着服の疑いをかけられて

城内で轟殿に斬りかかり
切腹となった者です。

[ 回想 ] 何をする! 血迷うたか!?

その折の普請を請け負っていたのも
また…

日向屋でございました。

安坂殿は 実は 日向屋にまつわる不正を
ただそうとしていたのだとか…。

さように 取るに足らぬことは忘れたわ。

(日向屋孫右衛門)
代替わりしても これまで同様

政は 勝重様が握っておいでのようだな。

これまでどおり 鏑木家を
骨の髄まで しゃぶり尽くせるわけだ。

愉快よのう 平九郎。

どうした?

14年前に うっかり出してしまった尻尾を
今になって 嗅ぎつけた者がおります。

14年前…。

あれは 何とかという武士を
切腹に追い込むことで

済んだはずであろう。

月日がたてば また
目障りな者が出てくるということです。

しかも 今度の敵は

私と血のつながりがある男。

風早か?

はい。

お前にとって因縁の相手ではないか。

抜かりなく片づけるがよい。

この日向屋に火の粉が及ぶ前にな。

女中の子として生まれたお前が

泥水をすすりながら
はい上がろうとしていたとき

あの家の者たちは 当たり前のように
日の当たる道を歩んでいた。

くれぐれも そのこと

忘れるでないぞ。

どん底に たたき落としてやります。

あの育ちのいい まっすぐな男を。

風早の名を。

♬~

行ってらっしゃいませ。
行って参る。

≪風早市之進!

何事です?

そこもとが関わった
勘定方の金子の流れについて

不審がある。

詮議の間 登城を禁じ 謹慎を申しつける。

♬~

市之進殿が謹慎を命じられた…!
濡れ衣を着せられたのだ!

何?
何?

濡れ衣とは何の!?

恐らくは 金の横流しや着服。

そのようなこと 市之進殿にかぎって
あるはずがない!

こうなっては時がない。

市之進殿の汚名を晴らし
轟を排するには

もはや 手だては 一つ…!

≪失礼いたします。

菜々。
はい。

こたびの件 田所の叔父上に
ご迷惑をおかけするかもしれぬ。

書状をしたためたゆえ 届けてくれ。

かしこまりました。

≪(与六)何故 わしまで
このような扱いを受けねばならんのだ!

田所様。
お前は…。

何故 ここにおる!?

旦那様からの書状をお持ちしました。

謹慎のことなら聞いておる。

そのような書状は無用じゃ!

由緒ある風早の家名に泥を塗りおって。

今日かぎり 叔父でも 甥でもない!

そう伝えよ!

[ 心の声 ] 父上…。

[ 心の声 ] 母上…。

♬~

≪轟 平九郎か?

いかにも。

お命頂戴!

≪覚悟!

♬~

♬~