ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

わたし旦那をシェアしてた 第6話 黒木啓司、夏木マリ、赤楚衛二… ドラマのキャスト・主題歌など…

『「わたし旦那をシェアしてた」#6【シェア旦那の本当の顔…驚愕事実が発覚】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 恭平
  2. 被害者
  3. 本当
  4. 犯人
  5. 笠浦先生
  6. 恭平君
  7. 大丈夫
  8. 子供
  9. 人間
  10. 先生
  11. 美保
  12. 一緒
  13. 回想
  14. 現在
  15. 自分
  16. お前
  17. ダメ
  18. ヒーロー
  19. 何者
  20. 今日

f:id:dramalog:20190809043255p:plain

『「わたし旦那をシェアしてた」#6【シェア旦那の本当の顔…驚愕事実が発覚】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。

 

「わたし旦那をシェアしてた」#6【シェア旦那の本当の顔…驚愕事実が発覚】[字][デ]

同じ男性を愛した3人のシングルマザー達が、「愛した夫」の残した衝撃的な【謎と嘘】、そして【予測不能な事件】に次々と巻き込まれていく“ファイティングミステリー”!

詳細情報
出演者
森下晴美…小池栄子
小椋加奈子…りょう
藤宮茜…岡本玲
松田秀明…赤楚衛二
浅野真紀…磯山さやか
熊井鉄…遠山俊也

森雄作…黒木啓司(EXILE/EXILE THE SECOND)
塚本美保…渡辺真起子
天谷恭平…平山浩行

染谷文江…夏木マリ

【6話ゲスト】
笠浦秀紀…升毅
番組内容
森(黒木啓司)らに襲われた文江(夏木マリ)は意識を取り戻したが、秀明(赤楚衛二)は昏睡状態。晴美(小池栄子)と加奈子(りょう)が病院に付き添い、茜(岡本玲)が子供達の面倒をみていた。
美保(渡辺真起子)ら警察に守られているものの、逃亡中の森がまた現れるのではないかと晴美達は気が気ではない。
そんな中、晴美と加奈子は恭平(平山浩行)の思い出を語り合う内、恭平の主治医だった笠浦(升毅)の存在に気付き…
制作
【脚本】
仁志光佑
【監督】
瀧悠輔
【チーフプロデューサー】
前西和成
【プロデューサー】
中間利彦
熊谷理恵
音楽
和田俊輔
【主題歌】
「事実愛 feat.仲宗根泉(HY)」Hilcrhyme
番組ホームページ
https://www.ytv.co.jp/danshare/
【番組公式Twitter】
@ytvdrama
【番組公式Instagram】
@_danshare_
【番組公式LINE ID】
@danshare

 

 


(藤宮 茜)私が妻です!
(小椋加奈子)妻は私です!

(森下晴美)
あなたの妻は 私でしょ!

(美保)
天谷恭平さんは
何者かによって殺害されました。

(森)
北神谷町未解決殺人事件の犯人だ。

(文江)
誰が あんな凶悪な人間に
恭平を殺すように頼んだの!?

恭平君…。

[ 回想 ]

(笠浦)あなたの病気は
名前のない難病です。

症状が出る原因も処置の方法も

ここ何十年 何の進展もない。

そんな あなたが病院に
来なくなったら

この難病は
永遠に謎のままになる。

(天谷恭平)わかりましたよ。

笠浦先生 僕は あと どのぐらい
生きられるんですか?

まだ…わからない。

ずっと それだ。

いつ 余命宣告されるか
わからない人間の

精神的負担って
わかります?

それも…わからない。

はぁ…。

まあ…人間だれしも

いつ 死が訪れるか
わかりませんしね。

(恭平)
<死ぬことを恐れて生きてきた。

でも 何のために
生き続けているんだ…俺は。

俺は 何者なんだろう?>

♬~

もう いいか…。

♬~

♬~

どうして 死ぬんだ!?

わかりません。

だったら死ぬべきじゃない!
ダメだ!

あなたは…誰?

俺は…。

(恭平)
<俺は いったい何者なんだ?

頼む 誰か教えてくれ>

♬~

[ 現在 ]

何か買ってきますか?

特上うなぎ!

元気そうで…よかった。

(美保)本当に 彼は何も
関係ないって思ってる?

はい。

(美保)みんなで口を揃えてる
だけじゃない?

違います。
そんな事よりも まだ

捕まらないんですか?
あの男。

 

指名手配はした。
すぐに見つける。

あなたが本当に
恭平君の友人なら

彼を殺した あいつを…
殺してでも逮捕して。

あなたたちの家族は
絶対に守るから…安心して。

♬~

(森下沙紀)秀ちゃん 本当に
大丈夫なのかな?

うん 心配しないで。

(小椋 透)やっぱ 出かけてくる。
ダメだって

何回も言ってんでしょ!
このガキが!

(藤宮慎香・藤宮慎吾の泣き声)

ごめんね。ごめん ごめん。
今のママ 偽者だから。

足 大丈夫なんですか?
(美保)別に。何の問題もない。

そんな事ないでしょ
車椅子なんだし。

(咳払い)

立とうと思ったら立てる。

うっ…。

無理しないで下さいよ~。
何で立ったのよ。

恭平から 森について
何か聞いてないの?

あたしは 聞いてない。
私も。

本当に?
本当。何で あたしたちのこと
疑うの いちいち。

だから 私たちは
関わってないって!

わかってない。
何で わからないかな~!

私は 誰のことも信用しない。

あっそう。じゃあ
あたしたちも協力しない。

じゃあ 帰る!

えっ?
ちょっと ちょっと…
待って 待って

もう少し居よう 怖いから!

いつ また あいつが
現れるか わからないから。

じゃあ…協力するべきよね?

します します!
何でも します!

なんで 恭平が
あなたたちなんか…。

何その 言い方!
トゲありすぎ!

じゃあ 帰るわ。

そう簡単に「待って 待って」って
言うと思うな。

あたしたちのこと
下に見てんでしょ 完璧に。

帰ります。

ちょっと
待って 待って…待って!

ごめん ごめん 良い子にする。
良い子にします。

やっぱり わからない。

何で恭平が
あなたたちを選んだのか…。

それは失礼ですよ!
言っときますけど

彼の方から
言い寄ってきたんですからね!

[ 回想 ] ♪~

♪~

大丈夫?
落ち着かない?

あっ…うん。

ちょっと
落ち着かないかも。

だよね…ごめん!
周りに開いてる お店がなくて。

いえ いいんです。

(店員)いらっしゃいませ!
お飲み物は

何が よろしいですか?
どうする?

じゃあ 白ワインを。
はい。

テキーラ
(店員)わかりました。

ありがとうございます。

そのイヤリング 可愛いね。

娘が小さい時に くれて…。

今 娘さんは
旦那さんが見てるの?

いえ。
私…シングルなんです。

だから
今日は お泊まり保育に。

(店員)白ワインと
テキーラです。

ごゆっくり どうぞ。

子供がいるのに あんなこと
しようとするなんて

勝手すぎて
自分が嫌になります。

子供がいない日に…
ひとりでいたから

そういう気持ちに
なっちゃったんだね。

そうかも。

それに親だからって 前提で

物事を考えるのは
俺は 反対だな。

恋人なのに 子供なのに
友達なのにって 考えたら

誰にだって責任はある。

カタにはめて 完璧な立ち位置で
いられる人間なんていないよ。

親も 未熟な人間だしさ。

本当に そう思う。

ただ…行動に移そうとする
ってのは重症だ。

止めてくれて
ありがとうございます。

命の恩人です。

そんな 大げさな。

(恭平)シングルマザーって

本当に大変だよね。
うちの親も そうだったから。

お母さんだけで 寂しくなかった?

俺は男だから。寂しいって
感じたことは なかったかな。

そう思えるのは
あなたのお母さんが

凄く頑張ってくれたんだと思う。

そうなの?
うん きっと。

子供は 気づかないだけ。
でも 親だって

子供が気を使ってるって
気づかないだろ?

うん…そうかも。

お互い様ってことか。

(パンチョ)♪~ ルルルルー!
(歓声)

ヘイヘイ セニョリーター!

(歓声)
ヘイヘイヘイ…!

(手拍子)

あら2人とも静かね。踊ろう。

今日は元気がないから
遠慮しとくよ。

つらい時はテキーラ
楽しい時はダンシング!

じゃなければ 人生楽しくないね!
みんなも思い出をシェアー!

(歓声)

人生で一度も
踊ったことが ないんだ。

え~ 意外。私は高校のときに
ダンスを ちょっと。

かっこ悪い姿
人には見せたくない。

じゃあ 見たい。

♬~

フフ…。
あ~!

♬~

♬~ (拍手)

♬~ (手拍子)

♬~

(恭平の声)俺は 天谷恭平。

(晴美の声)私は 森下晴美。

(恭平の声)
これからも よろしく 晴美ちゃん。

(晴美の声)
こちらこそ よろしく 恭平君。

[ 現在 ]
恭平がダンス?冗談でしょ?

なんで?普通に踊ってたけど。

信じられない…。

恭平が…想像できない。

(携帯のバイブ音)

はい。

冗談でしょ。
わかった。すぐ行く!

ちょっと…
私は ここを離れるけど

警備は増員して
見張らせておくから安心して。

なんで増員?
ちょっと怖いんだけど。

詳しいことは後で。

(美保)死因は?
(野村)セラミックの歯が

簡単に抜けるように
なっていて 中に空洞が。

何か仕込んでたのね。
(野村)おそらく

飲めば即死するような何かを。

(杉原)
おいおい
そんなもん手に入んのかよ?

VXガスの可能性が。
何者なんだよ こいつ。

危険すぎる!とにかく
すぐに森を見つけ出さないと

本当に何をしでかすか
わからない。

ずっとザワザワしてる。

あの森って男 サイコパス過ぎて
怖すぎるって。

あの連続殺人事件の
犯人とかって言ってたし。

心細い。

こんなとき
恭平がいてくれたらなぁ。

頼りにしてたんだね。

すっごく…。

恭平がいたから
仕事も自立できたし

彼が いなかったら
今の あたし存在してない。

[ 回想 ]
(男性)だったら
アドバイスしてくんなよ。

すいません。

(男性)
そんな か細い体でトレーナー?

もっと鍛えろよ!女でも。

女性を見下すような発言は
頂けないな。

(恭平)謝罪しろ。

ありがとうございます。
いえ。

それ お子さんが?

あ そうなんです。
へえ 可愛いですね。

息子が一生懸命
書いてくれたんです。

うらやましい。

最高のプレゼントですね。

あなたみたいに
キレイでカッコいい女性なら

もっといい職場が見つかりますよ。

紹介しましょうか?
え?

おそらく ここの給料は
月に手取りで16万円。

僕が紹介できるところなら
歩合も入るし 倍はもらえますよ。

あ…そんな おいしい話なんか
あります?

あります。
みんな見つけられないだけです。

うっ!
あ…。

すいません…。

僕 仕事のマッチングには
自信があるから 力になれますよ。

なんか騙されてません?あたし。

無理強いは しませんから。
わかりました。

でも どうして初対面なのに?

あなたを放っておけなかったから。

誰にでも そんなこと思わないから
自分の直感を信じてます 俺。

それじゃ理由になりませんか?

なります。

(恭平)
自分と合わない職場で働くのは

企業にとっても あなたにとっても
時間の無駄になりますから。

聞いてます?
ずっと聞いてます。

え?
え?

あ 聞いてるので
話 続けてください。

え~ つまり会社にも あなたにも
メリットは ないんですよ。だから。

ああ!
大丈夫ですか!?

脳に異常は?

CTにもMRIにも 何の問題も
見つからないので安心しなさい。

よかった~。ね?
はい!

あたし
あなたに ついていきます。

だって あたし あなたのことが…。
え?

え?え?
(笠浦の咳払い)

一応 言っておくけど ここ
診療室なんだよね お2人さん。

ああ~!ごめんなさい。

ちょっと 天谷さんと 話 するんで
待合室で お待ちください。

はい ありがとうございます。

ごめんね~。

まさか…説教されます?俺。

そうだな。ダンスにジム通い。
そこを注意したい。

ダンスは もう1年になりますけど
体に異常は出てない。

なぜなら ちゃんと
コントロールしてるから。

フゥー…
君こそ天才だ。人たらしの。

そんなこと言われたことない。
何かで開花したんだろう。

死のうとしたからかな。

今の発言は冗談だと思っておく。

もちろんです。

じゃ 失礼します。
うん。

(婦長)
失礼します。笠浦先生
京橋大学病院の鈴木教授から

司法解剖の手助けを
してほしいと連絡が。

また あの連続殺人事件の
被害者が出たのか。

[ 現在 ]
それってもしかして
笠浦先生!?

うわ 嫌な予感が当たった。
あなたも笠浦先生に?

恭平君の かかりつけ医だよ。

まあ 恭平が信頼してた
先生だから 当然か。

ひょっとして!笠浦先生って
恭平君とか私たちのことを

全部 知ってる
唯一の人物なんじゃ。

確かに あり得る。

文江さんと秀明君のこと
任せていい?

お願い。
わかった。

ありがとう。

(沙紀)恭ちゃんってさ

茜さんの前だと
どんな感じなの?

え。
俺も聞きたい。

わかりやすく言えば 甘えん坊。

マジ?
嘘でしょ。

嘘じゃないから。

[ 回想 ]
沙紀ちゃん食べられるかな。

♬~

♬~

あ いててて…いって!

大丈夫ですか?
あ 大丈夫です。

よいしょ。
すみません。
ありがとうございます。

持っていきますよ!
あ~ いや 大丈夫です。

いや でも…病院に行かないと。

ありがとうございました。

笠浦先生は なんて?

捻挫です。大丈夫です。

捻挫だって重傷だよ。
家事をやる母親なら尚更。

あの…なんで 親切に?

心配だから。
君を放っておけなかったから。

ああ しみる~!

知覚過敏ですか?
そう!

ダメだと思うと
逆に食べたくなっちゃう。

うちの子供みたい。

お子さんは いくつ?
男の子?女の子?

2歳の双子で
男の子と女の子です。

へえ~。可愛いだろうな~。

子供好きなんですか?
うん。

意外。結婚は?

してない。仕事は?
保育士です。

意外。
そうですか?

だって 育児ノイローゼ
なってない?

もしかして
あの先生に聞きました?

個人情報を漏らすような
先生じゃないよ 笠浦先生は。

育児以外にも悩みが?
凄く疲れているように見えるから。

初対面の人間に
ズケズケ聞きますね。

ハハッ ごめん。
それ 俺の悪いところ。

ダメですよ。相手がどんな
人間なのか わかんないんだし。

すいません!

しみる~。けど うまい~。
フフッ…。

別れた旦那とのことで
いろいろ疲れてて。

仕事先でも
うまくいってなくて。

だったら すぐ逃げた方がいいよ。
逃げるって?

ノイローゼになってる時点で
赤信号。

逃げちゃダメって時もあるけど
時には逃げることも必要だよ。

そんなこと はじめて言われた。

みんな 逃げたら負けだって
思うからだよ。

勝ち負けなんて関係ない。

それに
一番大切なものがあるでしょ。

子供…。
そう。

子供が可哀想だよ。
お母さんが苦しんでるのは。

まだ2歳だから
わかんないですよ。

小さい子供の方が敏感だよ。
本能的に察知する。
そうかも。

あ…そういえば
いい保育園 知ってるんだけど

紹介しようか?
え?

でも 会ったばっかの人に
仕事なんて。

でも 派遣会社とか
ハローワークだって

会ったばかりの担当者が
すぐ仕事紹介するよ。

なんか妙に説得力がある。

(恭平)仕事決まってよかったね。
はい。お願いすると思います。

ありがとうございます。
(恭平)お~ よかった。

私みたいな女 嫌いですか?

直球だね。
すみません。
興味ないですよね。

そんなことないよ。
凄く魅力的だと思う。

それに…。
それに?

なんて言うか…
頑張って生きてるから

応援したいと思える。

じゃあ 応援してください!

応援なら任せて!

[ 現在 ]
いっつも慎吾たちと
一緒になって

茜ちん アイス食べた~いって
ワガママ言ってさ。

ええ?ちょっと待って!
茜ちんって呼んでたの?恭ちゃん。
うん。

わ~ キモい!
痛いわ。

そんなことないよ。
普通だよ 普通。

私には よくプレゼント
くれたけど…いっぱい貰った?

…うん。

ふ~ん…。

一番嬉しかったのは?

プリザーブドフラワー
凄く綺麗だった。

[ 回想 ]
はい。

綺麗だったから 飾ってよ。

ねえ 恭平さん…。
ん?

これからも一緒にいてくれる?
え?

ずっと一緒にいてほしいの。

それって結婚ってこと?
そうじゃない。

結婚とか そんな形は求めてない。

それよりも…。

(3人)私を守ってほしいの。

(松田友紀子)
恭平君のお父さん 格好いいね。
ヒーローみたい!

俺…小さい頃から

幼稚な言葉だけど
ヒーローになりたかったんだ。

私にとっては そうだよ。

本当にいいの?

うん。束縛もしないし
詮索もしない。

ただ 一緒にいてくれれば
それだけでいいの。

他には なんにもいらない。

わかった。
死ぬまで守るって約束する。

♬~

♬~

ここをシングルマザー専用の
シェアハウスの第1号にする。

(恭平)
名前は シングシングハウスだ。

(恭平)あ~ うまい!
今日も遅くまで ご苦労さま。

沙紀ちゃん 友達の家で
楽しんでるかなあ。

楽しんでると思うよ。

じゃあ 今日ぐらいは
俺たちも2人で楽しもっか。
うん!

♬~

一緒に帰れなくて ごめんね。
ううん 大丈夫。ありがとう。

気をつけて。
うん。じゃあね。

♬~

♬~

(恭平)余命半年…。

(笠浦)世の中には 医者の数だけ
色々な考えがある。

そのひとつだと思って
聞いてほしい。

はい。

君は…よく生きた。

ひとりの人間として尊敬している。

笠浦先生…。

あとは 悔いが残らないように
生きてほしい。

先生…。

これまで本当に
ありがとうございました。

僕も あなたを尊敬しています。

もう走っていいぞ 好きなだけ。

はい。

何が残せるか わかりませんが…

全力で生きます。

♬~

(キャスター)
北神谷町殺人事件の

新たな被害者が出ました。

被害者は 天谷裕樹さん54歳。

天谷さんは 北神谷町殺人事件の

2人目の被害者とされる女子大生
松田友紀子さんの

ご家族の弁護をしていました

(友紀子)

(友紀子)
恭平君のお父さん 格好いいね。
ヒーローみたい!

(キャスター)
被害者家族の弁護をしていた
天谷弁護士が

皮肉にも3人目の被害者と
なってしまったのです

(恭平)


(天谷裕樹)
お前の体のためなんだ

あの土地は
自然が綺麗なところだぞ?

お前は 父さんの生きた証しだ。

お前は 父さんの宝物だ。恭平

あぁ…。

(恭平)
<親父は 俺の友達を救うために
命を失ったヒーローだった。

でも…俺は何者なんだろう?>

♬~

(ドアが開く音)
(松田敏朗)おいっ!おい。
(松田秀明)いてぇな!

いつまで迷惑かけるつもりだ!
うるせぇな!クソジジイ!

(敏朗)馬鹿息子が!
どこ行くんだ これから!

てめぇには関係ねぇだろうが。
心配してんだよ。

(秀明)
心配なんてされたくねぇな。

もう ほっとけよ!チッ!

めんどくせっ。

秀明!

金は
いくらでも払います。

北神谷町未解決殺人事件の
犯人の情報がほしい。

犯人の情報を掴むことが
難しいことは わかりました。

他に犯人を捜す方法は
ありませんか?

(小島)あるっちゃあるけどなぁ…。
何ですか?教えてください。

狩りと一緒だよ。
捜しても見つからないなら

引きずり出すしかない。
餌で おびき寄せるんだよ。

餌か…。

長いこと犯人が捕まらない
理由のひとつに

被害者に接点がない
無差別的 犯行ってのがある。

北神谷町って
小さい町の中で起こってんのに?

いや 遺体が遺棄されてた場所が

北神谷町だから
そう呼ばれてるだけで

被害者の住まいは
みんなバラバラなの。

被害者が同じ凶器で
殺されてることから

連続殺人事件って警察は
発表してるんだよね?

他に接点は?
ない。

もし…被害者たちに
接点があることが判明したら

犯人は 焦るかな?

無差別でやってんのに
被害者に接点があったら

そりゃあ
ビックリするんじゃない?

何だ!?
無意識に選んでたのかって。

それは使えるなぁ…あとは餌かぁ。

おかわりください!

あ!あるじゃないか…最高の餌が。

ねぇ 何で飲まないの?今日。
今 禁酒してて。

へぇ~。
熊さん お会計!

(熊井)うん もう帰んの?
(恭平)うん。

よその店で浮気してんなぁ~?

(恭平)してないよ~。
してる その顔は!

(恭平)ご馳走様でした~!
(熊井)毎度!

美保さん。
ん?

俺は あなたを信用してます。

人としても 警察官としても。

ハハッ 何それ。いやいや…

私の仕事っぷりなんか ほら
知らないでしょ。

リアルに想像できますよ。
長い付き合いなんだから。

じゃあ帰ります。

(引き戸の開閉音)

[ 現在 ]

(婦長)先生!笠浦先生!

先生 先生!

先生!
えっ!?

(婦長)先生!笠浦先生!

はぁ はぁ…。

[ 回想 ]
♬~

♬~

まだ やってたんだ。

お仕事 大変だね。

大丈夫。もうすぐ終わるから。

のど渇いた。
フフッ は~い。

(パソコンを閉じる音)

♬~

(桃尻)どうぞ。

(桃尻)じゃあ そろそろ皆さん
始めましょうか。

(恭平)
これが 私の会社で扱ってる
健康サプリの顧客リストです。

(桃尻)なんで妻の名前が…。

上の6人は
被害者の名前じゃないか!

私が会社を買収する前に
作られたものですが

責任を感じてます。

なんで犯人は このリストに
名前のある人間を。

もしかしたら…

無差別に選ぶより
お金を持った富裕層を

ターゲットに
したかったのかもしれません。

(桃尻)これは警察に
提出していいんだろ?

もちろんです。それと
この会に寄付をしたいんですが

募金を受けたこと

新しい情報を
警察に提出したことを

団体のホームページに
載せてくれませんか?

(桃尻)ええ もちろんです。

ありがとうございます。

≪はい 撮りま~す≫

(シャッター音)

≪はい もう一枚いきま~す≫
(シャッター音)

♬~

(ノック)

どうぞ。

(真紀)失礼します。
見て頂きたいものが。

(真紀)こちらなんですが…。

(恭平)おかしい。
え?

初めの投稿が修正されてる。
どういうことだ…。

誰かが 食いついたってことは
間違いないか…。

この指輪でお願いします。
(店員)かしこまりました。

♬~

あぁ~っ!!あっ…。

♬~

(蹴る音)
あっ…あ~!!

♬~

北神谷町…未解決殺人事件の
犯人は誰だ!

♬~

うわ~っ!

♬~

(蹴る音)
ウホホ…ハッハ…!

♬~

(殴る音)
あぁ!!あ~…。

♬~

まつだ…。

♬~

おい!

お前 何がやりたかったんだよ。

お前だな 親父を殺したのは!

はぁ…どうして そう思う?

天谷裕樹の息子だからだ。

ハッハッハ…。

あいつも しつこかったからなぁ。

お前を道連れに出来てよかったよ。

道連れ?ハッハッハ…。

♬~

(殴る音)

ああ…あっ…。

(恭平)良かった…。やっぱり…

君は戻って来てくれた。

(恭平)これを…。

シングシングハウスっていう…

シェアハウスに…それを頼む。

(物音)

目が…お姉さん ソックリだ。

♬~

うっ…う~。

ああ~ くそ…。

♬~

ごめん…。

本当にごめん。

♬~

(恭平)
《届いてくれ。俺のメッセージ》

[ 現在 ]
(文江)笠浦先生が殺された。

あいつです。森って男です 絶対。

(文江)そう考えるべきね。

でもまさか…恭平君が
あの殺人事件に関わってたなんて。

これが6つ目の嘘。

秀明君も お姉さんと恭平君が
友達だったなんて

知らないでしょうね。

どうかしら…。
この子 どこか似てるの 恭平と。

なんとなく わかる気がします。

(野村)このリストおかしいですね。

(杉原)ん?どういうことだよ。

天谷恭平が偽造したのよ。
え?

(美保)彼は 無理やり被害者たちに
接点を持たせたリストを

被害者の会に持ち込んだ。

それを森が見逃すはずはないと。

必ず 森は動く。

つまり 犯人を挑発して
おびき出したのよ。

(文江)恭平は わざと
殺されたんだと思う。

♬~ え!?

あの凶悪な男が
自分の父親を殺した

連続殺人事件の犯人だって

私たちが気づくように
仕向けたのよ。

本当に馬鹿な子…。

自分の命を懸けて
犯人を見つけ出した。

それなら納得できます。

だって 恭平君は

秀明君のお姉さんの無念を
晴らそうとした。

自分のお父さんみたいに…。

ヒーローになりたかったんですよ。

本当に馬鹿な子。いい大人が…。

<彼は 私たち3人に何かを
託したのだろうか?>

<私たち3人が力を合わせれば

何かを解決してくれると

最後に
頼ってくれたのだろうか?>

<今となっては
答えはわからない。でも…>

♬~

彼の死を無駄にしたくない。

2人にも真実をシェアします。

守られてばっかりだったから

今度は 私が彼の力になります。

彼の無念を晴らします。

彼が選んだ妻に相応しいって
認めてもらえるように

私…戦います。

♬~

あいつが…姉ちゃんを。

俺が絶対 殺してやる。

♬~

♬~