ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第89話 石坂浩二、名高達男、草刈民代、ミッキー… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #89 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. マロ
  2. マヤ
  3. ハハハハ
  4. 名倉
  5. チン平
  6. 女性
  7. 創作
  8. 能力
  9. コテージ
  10. ハハッ
  11. ハハハ
  12. フフフフ
  13. 井深凉子
  14. 音作
  15. 蛇口
  16. 怜子
  17. アハハハ
  18. アハハハハ
  19. お嬢
  20. チャイム

f:id:dramalog:20190808184544p:plain

『やすらぎの刻~道 #89 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

やすらぎの刻~道 #89 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
コンシェルジュ・有坂エリ(板谷由夏)から相談を持ち掛けられた菊村栄(石坂浩二)。 なんと“マロ”こと真野六郎(ミッキー・カーチス)が実験的に周囲にふりまいた噂が総務理事・名倉みどり(草刈民代)の耳に入り、激怒しているという。栄は噂がどのように伝わったのか検証しようとするが…。また、新しい入居者・九重めぐみ(松原智恵子)、岸井さとみ(水野久美)、香川さくら(丘みつ子)、辛坊修(ジェリー藤尾)も活躍!
◇出演者
石坂浩二名高達男草刈民代ミッキー・カーチス板谷由夏浅丘ルリ子加賀まりこ水野久美大空眞弓いしだあゆみ小木茂光
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
唐木希浩
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


(菊村 栄)〈新入居者が
大挙して入ったのは

その木曜日の午後だった〉

〈三井路子のいた304に
香川さくら〉

〈死んだ井深凉子の208に
岸井さとみ〉

〈202号に辛坊修〉

やすらぎの郷

にわかに騒がしさと華やかさを
取り戻した〉

〈マロの流した たわいない噂が

みどりさんの耳に入って
激怒させ

噂の流れを表にせよという
みどりさんの宿題に

我々関係者は 全員集合し

かなり真剣に
表作りに取り組んだ〉

♬~

いや… ああ… 労作ですな。

ここまで追跡調査するには

相当なエネルギーが
いったでしょう。

正直 大変な作業でしたよ。
ハハッ…。

それにしても 噂が広まる速度って
すごいもんですな。

(名倉)はあ…。
(マロ)これじゃあね

パッと広まるわけですよ。 うん。

年寄りは みんなね 話題に
こう なんか飢えてるからね。

なんかないかと思って…。

それが わかっただけでも
いい勉強になりましたよ。

ハハハハ…。

(みどり)
笑ってる場合じゃありません!

これじゃあ
ここの半分の人たちが

この話を知ってる事になるじゃ
ありませんか!

(マロ)ねえ。
(みどり)「ねえ」じゃないでしょ!

いやいやいや… すいません。

今回 あの…
マロも反省してますので

どうか お怒りは お収め頂いて…。

(名倉)ハハハ… いいですよ もう。

よかないですよ!

しかし まあ
全く ご老人にとっては

この程度の噂が
生きがいになるんですな。

(マロ)ハハハ… そうなんですねえ。
(名倉)ああ…。

他人事みたいに なんですか!

そもそも
自分で ふりまいといて!

あっ いや… それがですね

一応 まあ
原案は僕なんですけどもね…。

この噂がね
どんどん広まる間にね

いろんな人が創作しちゃって

勝手にね ぼんぼん ぼんぼん
話が加わってね

膨らんじゃうんですよ。

ぼんぼん ぼんぼん
その膨らんじゃうというのは

どういう事ですか?
(マロ)例えばですね

一例を言いますと
理事長が このね

加納のパパと みどりさんの関係を
嗅ぎつけて

チラチラ脅迫して 奪ったって話。
(名倉)ええっ!?

またね もう一例を言うとね…

みどりさんが パパのね 能力に
限界を感じたって。

能力って なんですか?

能力って ほら 男の…
男の能力ですよ。

ハハハハ…!
それで 理事長に鞍替えしたって。

まあ…!

それからね
また さらに別の話があって…。

あの… マロ!
(みどり)私は加納の娘です!

母は神楽坂の…。
ああ もう結構です!

こんな話 口にするのも
汚らわしい… もう!

もう結構ですから どうぞ…
どうぞお引き取りください もう。

さあさあ マロ マロ…
行きましょう 行きましょう。

(マロ)面白いんだけどね。
(名倉)あっ いやいや また…。

(エリ)マロさん…。
(マロ)じゃあ 今度 ゆっくりね。

ねえ あんなに
話が膨らんじゃってるの?

いやいや 創作だよ 創作。
えっ?

とっさの創作! ヘヘヘッ。

先生 俺 小説家になれる?

悪党!
ハハッ… そんな褒めないでよ!

ハハッ… ハハハハ…!
本当に もう!

(チャイム)

(三枝奈々)「サロンの女性トイレに
つけまつげのお忘れ物です」

「事務所のほうで
お預かりしておりますので

お心当たりのある方は
お越しください」

(チャイム)

ハハハハ…。
遠慮しないで行ってくれば?

(お嬢)あら なんの話?

左は ばっちり2枚ついてるのに

右のほう 1枚 つけ忘れてるわよ。
ハハハハ…。

あんた 失礼ね。

人前で そういう恥かかす事は
言わないの!

恥をかかした?

ごめんなちゃ~い! フフフフ…。

けどさ 同じ所に2枚つけるのって
かなり古いよ。

もう流行らないよ。

今は もう とっくに
2枚 重ねないでも

1枚だけで 長くて
ボリュームのあるのが主流よ。

ほら 細いナイロンか
合成繊維でさ。

お塩 取って。

いいの! ほっといて!

だけどさあ…。

白川冴子の これがお化粧法。

(さとみ)あら 古いんだ。

あたし スペアあるから
1枚あげようか?

い ら な い!

いりません。

そう。 コショウ取って。

あんたさ…
失礼だけど 今 おいくつ?

74になっちゃった! フフフ…。

そう。 74っていうと
まあ ここでは まだ若造なのね。

あっ まだ若いんだ! アハッ!

ここにいるのは
皆さん それ相応のお年なのね。

だから 目上の人に対して
目下の人は

それなりの敬意を
払わなくちゃいけないの。

(さとみ)あら そう。
(マヤ)たった一つの年の差でもね

それなりの礼儀と敬意で
生きていかなきゃいけないのよ。

ふーん…。

体育会系老人ホームだ!

アハハハハ…! 面白いね。

あなたって 随分 無神経な方ね。

よく そう言われる。 ハハハハ…。

でも 気にしな~い!

あっ 桂木夫人だ!

怜子さん!

(怜子)あら さとみさん。 お元気?
(さとみ)お元気。

今 こっちの ばあちゃんたちに
お説教くらってた。

(玉子)お説教?

(さとみ)
そっちの席に行っていい?

(怜子)ああ… どうぞ どうぞ。
(玉子)あっ いらしてください。

あっちに移るね! 礼儀正しく。

アハハハハ…。

一発 ガツンとかます必要あるね。

あるね。

ねえ? アハハハ!
そうなの… ハハハハ…!

(チン平)あら~!
大御所が2人おそろいで。

どうなさったの?
まあ まあ お入りになって。

(マヤ・お嬢)お邪魔します。

どうなすったのよ? 深刻な…。
(マヤ)あら これ…。

(チン平)えっ?
(マヤ)雨の音の…。

(チン平)あっ 正解ね。

あっ… これは? これ。

これ 竹笛のコレクションよ。

いろんな音を これで出すの。

♬~(竹笛)

ハハハ…。

あんた 昔さあ
ラジオドラマで

ホラー劇場っていうのを
やってたじゃない?

ああ…。 『四谷怪談』とか
『番町皿屋敷』とか やってたわよ。

あの… 北条秀司

『山霧の深い晩』っていうのも
やってたよね?

松葉杖の音が怖いやつね。

(お嬢)怖かったわ あれ。
(マヤ)うん 怖かった。

(チン平)ありがとう。
(マヤ・お嬢)ありがとう。

あんた まだ
ああいう怖い音 作れる?

プロよ 私は。

音作り一本に
一生を捧げてきた… 女よ~。

ただし 私は いにしえの効果マン。

だから デジタルな音作りには
興味ないわ。

あくまでも アナログの音作りよ。

それがいいのよ!

なんか 人が 怖くてさ

思わず こう ちびっちゃうような
そういう音 作れる?

何か悪巧み考えてるの?

(マヤ)フフフフ…。
(お嬢)そうなの。

(ひざをたたく音)
やるわよ 私 なんでも!

私に腕を試させてくれるなら。

コテージの床下に潜り込んでさ

めっちゃ怖い音を
出してほしいの。

早く言やあ そのコテージに
幽霊がいるみたいな…。

なんにも知らないで住んでる奴が

震え上がって
失禁しちゃうような…。

おもらしさせるの?

早く言やあ そう。

ドキドキするお仕事ね~!
やりがいがありそう。

ここの1階にね
タニヤンっていう

ええ… 特殊効果で鳴らした奴が
いるんだけど

あいつ 助手に使っても構わない?

もちろん いいわよ。

そういう話なら
あいつ すぐのるわ。

退屈で どうにかなりかけている
ジジイだから。

あっ… で
どこの誰に おもらしさせるの?

フフフフ…。

♬~(さとみ)
「サヨナラと顔も見ないで」

♬~「去って行った男の心」

♬~「楽しい」

♬~「楽しい」

(蛇口から水が出る音)

(ため息)

♬~「楽しい」
(蛇口から水が出る音)

(蛇口から水が出る音)

(女性のため息)

(さとみ)誰?

誰かいるの?

(女性)1枚… 2枚…。

(足音)

(女性の泣き声)

(ノブを回す音)

(女性の泣き声)
(ノブを回す音)

(さとみ)うっ… ううっ…。

(女性の泣き声)

ああーっ!

(さとみ)「ああーっ!」

(マヤ)アハハハ…!
(手をたたく音)

(チン平)完了! 撤収!

さすがプロねえ!

はあ… もったいないわね。

ああいう職人がさ…
働き方改革っていうの?

テレビの現場から消えちゃうのは
惜しいね。

(マロ)それは あれだね。
濃野佐志美の幽霊だね。

コイノサシミって?

井深凉子のペンネーム。

井深さんって 208号に
住んでらしたんですか?

(マヤ)そうですよ。

あそこで苦しんで
息 引き取られて…。

あのコテージで?

ああ そうか…。

井深さん あの頃
締め切りに追われてらしたのよ。

「1枚… 2枚…」って…。

というのは 『番町皿屋敷』の
お皿の数じゃなくて

書いた原稿用紙の枚数だったのよ。

ねえ 栄ちゃん
そういう事 よくあるでしょ?

何枚 書けたかって
数 数える事。

あるよ。

ああ それだね。
井深凉子さんだね。

間違いない。

あの人
とっても きちんとしてらして

もう 乱暴な事の
許せなかった人じゃない?

それだ。

さとみさんの無神経が
許せなかったんだね。

それだね。
うん。

それで さとみさんは
今 どこに?

うちのヴィラに飛び込んでらして
物も言えず震えてらしたんで

安定剤 差し上げたら
今 やっと お眠りになってます。

あの方 失禁してらしたわよ。

〈マロに限らず お嬢とマヤ
ここの老人たちの

創作力の豊かさに驚かされた〉

〈その日の昼前

静かな この郷に
一台の黒塗りの高級車が止まり

中から 2人の紳士が降り立った〉

♬~

(石坂兵三)鬼沢専務は
すでに他界なさっておりますが。

(九重めぐみ)鬼ちゃん 死んだの?
(名倉)あの人 大丈夫なのかね?

(さくら)認知症 きてない?
(さとみ)確実にきてる!