ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

刑事7人 第4話 東山紀之、田辺誠一、倉科カナ、白洲迅、塚本高史… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『刑事7人 #4/悪魔にとりつかれた家族―ある死刑囚からの告白』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 悪魔
  2. 木下
  3. 一家心中
  4. 年前
  5. 弁護士
  6. 俊也
  7. 先生
  8. 田所
  9. 青山
  10. 富岡
  11. 事件
  12. 拓海
  13. 池添俊也
  14. 海老沢
  15. 池添
  16. 相談
  17. 片桐
  18. 野田
  19. 高校生
  20. 青酸カリ

f:id:dramalog:20190807215740p:plain

『刑事7人 #4/悪魔にとりつかれた家族―ある死刑囚からの告白』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

刑事7人 #4/悪魔にとりつかれた家族―ある死刑囚からの告白[字]

林道で男子高校生の遺体が発見される。事件直前、彼のSNSに「悪魔に殺される」という書き込みが。天樹(東山紀之)は一家心中の犠牲になった彼の親友家族を調べ始める。

詳細情報
◇番組内容
2019年夏、スペシャルチームが再集結。東山紀之主演ドラマ『刑事7人』待望の第5シリーズ!
犯罪の複雑化、高度化によって未解決事件が急増…すっかり地に落ちた警察への信頼を取り戻すため、ついに「専従捜査班」が発足!天樹(東山紀之)ら7人は、組織にとらわれず独自に捜査を行い、時には司法取引さえも武器に、超凶悪犯罪を徹底的に捜査する最強のチームとして、熱い“正義”を胸に巨悪に挑みます。
◇出演者
天樹悠…東山紀之
海老沢芳樹…田辺誠一
水田環…倉科カナ
野々村拓海…白洲迅
山新塚本高史
片桐正敏…吉田鋼太郎
堂本俊太郎…北大路欣也
◇脚本
吉本昌弘
◇監督
星野和成
◇音楽
奈良悠樹
◇スタッフ
【エグゼクティブプロデューサー】内山聖子テレビ朝日
【ゼネラルプロデューサー】三輪祐見子テレビ朝日
【プロデューサー】山川秀樹(テレビ朝日)、和佐野健一(東映)、井元隆佑(東映
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_05/
☆Twitter
 https://twitter.com/keiji_7nin

 

 


(海老沢芳樹)
うう… はあ… はあ…。

はあ… うう…。

ああ…。

ああ~!

(青山 新)現場は この先です。

えっ? まだ先なのか…。

♬~

まだ若いな。

高校生ぐらいじゃないですかね。

(青山)気をつけてくださいよ。
何を気をつける…?

うわっ!?

(青山)あ~あ…。

ん? なんだ? この穴。

(水田 環)遺体を埋めるために
犯人が穴を掘っていたところを

熊を警戒中の猟師の方が
見つけたの。

おい! 何してんだ!?

(海老沢の声)拉致して
ここで殺したって事か。

被害者の身元が わかるものは?
あっ! ありがとう。

遺体のそばにスマホが。

被害者のもののようです。

SNSに妙な投稿が…。

「俺 悪魔に殺されっかもしんない」

悪魔?

(パトカーのサイレン)

♬~

(堂本俊太郎)2.7。

♬~

(堂本)致命傷は
心臓に達した刺し傷だ。

最低でも刃渡り20センチ以上はある
刃物だろう。

防御創はなかった。

防ぐ間もなく…。
犯人は顔見知りでしょうか?

いや そうとも言えない。

振り向きざまや
あるいは狙いを定めていれば。

そのとおりだ。

まあ いずれにせよ
力のある男だろう。

あっ 君のようなタイプじゃない。

いや…。

そういえば
彼は瀧谷高校の生徒らしいな。

ええ。
不登校だったみたいですけど。

瀧谷高校が何か?

去年 無理心中をした一家の
ご遺体を見たんだが

息子さんが 確か
同じ高校だったような気がする。

(天樹 悠)
青酸カリで心中した一家ですね。

♬~

それが 今回の事件と何か関係が?

いや ただの偶然かもしれん。

これは 事件性なしと
判断された事案だからな。

でも そう思ってない人が
若干1名。

拓海くん
集めてほしいものがあります。

(片桐正敏)
拓海! コーヒー 極熱で。

拓海…。

拓海! ったく…。

あの馬鹿 どこでサボってんだ!
まったく もう!

拓海! 拓海~!

(野々村拓海)拓海 拓海って…
サボってませんよ。

天樹さんに頼まれたものを
探してたんです。

ん? なんの殺しだ?

ああ 殺しじゃなくて
去年起きた一家心中です。

(片桐)一家心中?

(野々村)両親そろって
ギャンブル好き。

借金まみれで
揚げ句に一家心中って…。

高校生の息子は
完全に巻き添えだな。

天樹さん
何を調べようっていうんですかね。

さあな。

解剖が終わりました。
(片桐)おう。

え~ 池添俊也。

高校生か。
ええ。

よし! じゃあ まずは
友人関係から当たるぞ。

はい。
頼んだものは?

ああ これです。

でも ちょっと怖いですよね。

(野々村)息子は ノートに

「悪魔に とりつかれている」なんて
書いてたんですよ。

悪魔?

「悪魔に とりつかれている」…。

今回 山で殺された高校生も
SNSに…。

でも 同じなのは
「悪魔」って言葉だけよ。

ですね。
一家心中も去年の事ですし。

いや だが 一家心中の息子と
今回の被害者が

同じ高校というのも
やはり 気になる。

いいね いいね
張り切ってるね エビちゃん

早期解決のために
せいぜい頑張ってくれよ。

そうすれば
ファンレターも増えるぞ。

ファンレター? えっ?

東京拘置所から?

富岡忠司?

富岡忠司?

3年前 老夫婦を殺害し
先月 死刑が確定した男ですね。

確か 逮捕したのは…。

俺だ。

でも 死刑囚が
どうして 海老沢さんに手紙を?

何かあったら相談しろと
言った覚えはある。

まるで 頼りがいのある人
みたいじゃないですか。

いや あるだろ!
はいはい はいはい はいはい…。

まずは高校生の事件から当たるぞ。
(一同)はい。

はい ファンレター。

(チャイム)

えーっと…。
そっちかな?

(青山)えっ?
殺された池添俊也くんと

1年前に一家心中で亡くなった
田所信一くんは

同じクラスだったんですか?

(増沢育子)私が担任でした。

1年前 田所くんが
あんな事になってから

池添くんは
塞ぎ込むようになってしまって。

それで 学校にも来なくなった?

ええ。
何度も うち訪ねたんですけど

私の力不足で…。

池添くんが事件に巻き込まれたの

私の責任かもしれません。

(記者)あっ すいません。
捜査に発展はありましたか?

(記者)お子さんに
何が起こったんですか?

(警察官)ご苦労さまです。

(ドアの開く音)

(池添久美)こちらです。
弁護士の木下先生です。

毎日 マスコミが来て
買い物にも行けない状態なので

相談に乗ってもらっていました。

早速ですが 俊也くんが
事件に巻き込まれるような

何か心当たりは?

(池添貴久)いえ 別に…。

なあ?
ええ…。

(木下和成)どうでしょう?
お父さん お母さん。

例の話
刑事さんに話してみたら…。

先生が そうおっしゃるなら…。

実は これ以上 マスコミに
騒がれては困ると思い

ご両親が
警察に言ってない話があるんです。

というと…?

1年前 俊也くんの友人が
一家心中で亡くなったんです。

そうとは知らず
心中した その夜に

俊也くんが
その友人の家を訪ねたんですよ。

(木下の声)その時…。

俊也くんは
その男の顔を見たんでしょうか?

ええ そんな事を
言っていたような気がしますが

1年前の事なので…。

(久美)ねえ?
(池添)うん。

無理もありません。

警察は無理心中と判断しましたし

怪しいとはいえ
俊也くんが目撃した その男が

心中に関係してるかどうか
わかりません。

俊也くんの部屋を

拝見させてもらっても
よろしいでしょうか?

(久美)こちらです。
(野々村)失礼します。

なんか 空気が よどんでますね。

天樹さん これ…。

悪魔が出てくる漫画ですよ。

(野々村の声)
殺された池添俊也くんと

田所信一くんが親友なら

お互いに貸し借りしてても
おかしくありません。

だから 2人は
「悪魔」っていう言葉を…。

それに さっきの話ですが
こうは考えられませんか?

1年前に目撃した男を
俊也くんは偶然見かけた。

そして 尾行して 本人に問い詰め
殺されてしまった。

♬~

違うかもしれない…。

僕 何か間違ってます?

なんですか? これ!

この事件には
何か裏がありそうだな。

♬~

(解錠音)
(刑務官)440番 入りなさい。

(ドアの開く音)

おう。
(富岡忠司)どうも。

あれ?
海老沢さん 少し老けました?

(せき払い)

なんだ?
わざわざ呼び出した用件は。

新聞で読んだんですが

殺された高校生のガキ

「悪魔に殺されるかも」って
SNSに書いてたそうですね。

それが どうした?

その悪魔
俺の知ってる奴かもしれません。

なんだって?

なんなんだ? その悪魔って。

まだ誰にもゲロってない
事件の事でね…。

それ 悪魔って名乗ってた野郎の
指示でやったんすよ。

なのに あの野郎
今も のほほんとシャバで…。

(舌打ち)
俺は それが許せなくて

海老沢さんだけに話したくて
手紙書いたんですよ。

自供してない事件が
まだあったっていうのか?

♬~

(片桐)殺害された池添俊也と

一家心中で死んだ田所信一が
クラスメート?

それも親友だったそうよ。

池添俊也くんのほうは

単なる殺しでは
ないかもしれません。

家にありました。

2人で回し読みしていた
可能性があります。

(青山)「悪魔」?

それから これが…。

(青山)うわっ…。

顔を消されてるのは両親です。

確かに 何かありそうだな。

拘置所で富岡に会ってきました。

それで… 頼みがある。

3年前に行方不明になった

野田弘さんという会社員の事を
調べてほしい。

なんだよ やぶから棒に。

ただでさえ
この2件が繋がりそうなのに

さらに もう一件って
どういう事だよ?

あっ いや 事件ではなく…。

いや まあ 事件なんでしょうが
なんというか…。

どういう事?

富岡は 悪魔の命令で

野田という会社員を殺し
埋めたと言ったんだ。

また 悪魔?

ここに死体を埋めたんだな?

悪魔の指示でな。
掘ってみりゃ わかる。

埋めた場所も悪魔の指示だと
富岡は言いました。

(青山)マジで信じてるんですか?

そうですよ。
マスコミのおかげで

「悪魔」って言葉が
独り歩きしてるし

便乗しただけじゃないんですか?
(片桐)だな。

死刑執行を先延ばしにするための
詭弁だろ。

時間稼ぎ。 私もそう思う。

しかし…!

確かに 野田弘さんという会社員が
3年前から失踪しています。

やはり…。

早速 今から!

♬~

これで 何も出なかったら…。

(ぶつかる音)

えっ?

あああ… ありましたー!

えっ?

♬~

44.3。

♬~

歯型が 3年前に失踪した
野田弘さんと一致した。

死因は?

聞いて驚くなよ。

もったいぶらずに
教えてくださいよ。

白骨と共に残されていた
衣服の切れ端から

わずかだが
青酸カリが検出された。

それも 1年前の一家心中に
使われたものと

全く同じ成分だった。

つまり ビンゴっていう事か?

3年前に失踪した野田弘さんと

1年前に一家心中した
田所さん一家は

同じ青酸カリが使われていて

田所さんの一人息子の信一くんと
今回殺害された池添俊也くんは

同じ高校で親友だった。

そして 3つとも
「悪魔」というキーワードが…。

その悪魔に会った事があるのは
富岡だけね。

もう一度 富岡に会ってくる。

海老沢さん
ついていってもいいですか?

ああ。

悪魔について話してくれ。

野田の死体が見つかったんだ。
それでいいだろ?

そうはいかない。

お前が指示を受けて殺したんなら
立派な殺人教唆だ。

悪魔にも 臭い飯を
食わせたいんじゃないのか?

老けて 物覚えも悪くなったのか?

言っただろ。
あの男だけは許せねえって。

だったら ちゃんと話せ。
悪魔とは 一体 誰なんだ!?

なんだよ。
あんた そんなに熱かったっけ?

何?
無駄です。

恐らく 彼は顔を知らない。

会った事がないんだと思います。

じゃあ
どうやって 殺人の指示を…?

面識がないのに男だと知っている。
電話でしょう。

そうなのか?

金は間違いなく振り込まれた。
会う必要ねえだろ。

だが それが悪魔の手だった。

顔がわからなければ 安全です。

捕まるのは
証拠を残した実行犯だけ。

だから 許せねえんだよ
てめえ一人 のうのうと…。

俺は 明日にも死刑に
なるかもしれねえってのに!

偉そうに 何かあれば相談しろって
言ったよな?

司法取引っていうのがあるんだろ。

悪魔は 俺みてえな奴を使って
何人も殺させてる。

取引しろよ 今すぐ!!

俺に手紙をよこしたのは

刑を引き延ばすためだったのか。

あいにく 詐欺罪でもない
死刑囚との司法取引はない。

先延ばしをしたにせよ

いずれ 刑は執行されます。

♬~

(片桐)
おお おお おお おお おお~!

ああ~!
(片桐)いいね いいね いいね!

張り切ってるね~ エビちゃん

もう一杯!
(店員)はい。 生一丁!

力みすぎて 空振りしそう。

当たれば ホームランだ。

二つに一つ。 それが男だ。

ハハッ
一か八かにしか聞こえない。

収穫はありました。
悪魔が男だとわかった事です。

男だ。

ああ そうそう
僕 考えたんですよ。

1年前に
池添俊也くんが目撃した男こそ

悪魔なんじゃないかって。

ありえない線じゃないかもね。

ですよね~。

そのドヤ顔 ムカつくんだけど。
(野々村)えっ?

それぐらいにしといて。

明日 一家心中をした
田所さんの周辺を当たるわよ。

はい。

我々は 野田さんの遺族を。

(野々村)はい。

すみません 生 お待たせしました。
はい。

氷もらえる? お願いします。

すいません。

(田所伸介)兄の事を
悪くは言いたくないんですが

死んでくれて
正直 ホッとしてるんです。

というと?

ギャンブルですよ。
うちだって苦しいのに

金がなくなっちゃ 用立てろって
夫婦して押しかけてきて…。

(田所洋一)
なんで 電話出ねえんだよ?

もう金はないからな。
ああ?

おやじが残してくれた
この工場だって

売る寸前までいったんです。

そういった時に 一家心中を?

ええ。 おかげで助かりましたよ。

あっ ちなみに
「悪魔」という言葉に聞き覚えは?

悪魔?

さあ…。

♬~

(野々村)ご主人の野田弘さんが
殺害された原因に

何か心当たりは?

(野田晴美)突然の事で
まだ混乱していて…。

でも 殺されるような事は何も…。

誕生日を 今年こそは
一緒に過ごしたかったのに

まさか こんな形で…。

29日が ご主人の誕生日ですか?

ええ。

来年からは もう

ああして 印を付ける必要が
なくなるんですね…。

(青山)弟さんからも ギャンブルの
借金の話しか聞けませんでした。

「悪魔」って言葉にも
とりたてて…。

白骨遺体のほうは どうだ?

特には…。
トラブルもなかったようです。

一家心中した父親の
会社の同僚から

妙な話を拾えました。

自殺する前日

「先生に会わないとならない」と
言っていたそうだ。

どうだ? 軽く一杯。

悪い。 これから
先生に会わなきゃならないんだ。

それじゃ お疲れ。

息子は「悪魔に とりつかれている」
ってノートに…。

もしかすると 悪魔って
その先生の事かもしれませんね。

会社の同僚に
悪魔なんて言えないですもんね。

だとしたら
息子が通う高校の担任の先生?

いや 死刑囚の富岡が言った悪魔は
男です。

担任の教師は女性でした。

先生といえば 医者か政治家か…。

もう一人います。

(木下)それで今日は?

1年前に亡くなった
田所洋一さんの事で…。

田所さんというと
一家心中をした?

ええ。 お会いになった事は
ありませんか?

ありませんね。

1年前 俊也くんが

田所さんの家のそばで
男を見かけたという話を

俊也くんのご両親から聞いて
初めて

一家心中の事を
知ったぐらいですから。

そうですか…。

(携帯電話の振動音)
ちょっと失礼します。

(携帯電話の振動音)

はい。

当たりよ。

一家心中をした田所さんの
弟の工場に…。

「弁護士の木下が
出入りしているのを

覚えてる人がいた」

「木下と 田所の弟 田所伸介は
繋がってるわ」

わかりました。

(野々村)どうしたんですか?

一度 戻ろう。

また改めて伺います。

(木下)ええ。
協力は惜しみませんよ。

♬~

(晴美)弁護士の木下さんですか?

よく覚えてないですけど

失踪した夫の事で 随分前に
相談したような気がします。

でも 本当は
8日にお会いしてますよね?

えっ…?

(野々村)前に来た時に
見つけてたんですか?

奥さん
話したほうがいいと思いますよ。

3年前です。

夫の暴力に苦しんでる時

弁護士の木下さんから連絡が…。

失礼します。

(木下の声)私にお任せください。

その代わり ご主人には
失踪してもらいます。

えっ…?

失踪して7年が経てば
死亡扱いになる。

ですが それって…。

心配いりません。

奥さんは 7年間

行方不明の夫を待つ妻でいれば
いいだけですよ。

はあ…。

ご主人の野田弘さんは
そのあと 行方不明に…?

あの時は 本当にそうなるなんて
思ってなかったんです。

まさか 殺されていたなんて
夢にも思っていませんでした。

本当です!

弁護士の木下が
死刑囚の富岡に

野田さんの殺害を命じて
埋めさせた…。

悪魔の正体は
この弁護士で決まりか?

一家心中をした田所洋一の弟に
裏を取ってきた。

会いました。
その木下って弁護士に…。

いきなり電話が来て
相談に乗ると言われたんです。

それで お兄さんの話を?

金を貸さなければ
工場に火をつけるとまで

兄に脅されてて…。

木下は それを解決できると
言ったんですね?

(伸介)はい。

木下は どう解決すると?

それは…。

(青山)とにかく
田所さんの家族に何が起きても

知らぬ存ぜぬで押し通せと
言われたようです。

そうすれば
苦しみから解放されると。

田所さんの家族は

青酸カリが入った
ぶどうジュースを

木下から
受け取ったかもしれません。

きっと 自殺する前日だ。

どうだ? 軽く一杯。

悪い。 これから
先生に会わなきゃならないんだ。

それじゃ お疲れ。

弟さんの工場の買い手が
見つかりました。

これで
あなたの借金の返済は楽になる。

いい弁護士先生に会えて
よかったですよ。

あっ… これ
うちの田舎の特産品なんです。

よろしかったら ご家族でどうぞ。
(田所)ああ いいんですか?

♬~

もし それが事実ならば

この木下って弁護士は
本物の悪魔だな。

池添俊也くんの両親に
会ってきます。

木下弁護士の事で来ました。

どうして 木下先生の事を 私に?

それは あなたが よく
わかっているんじゃないですか?

なんの話か さっぱり…。

でしたら
奥さんに聞くまでです。

待ってください。

話して頂けますね?

友達だった田所くんが

一家心中で亡くなってから

俊也は
引きこもるようになったんです。

ですが 次第に
暴力を振るうようになって…。

(池添の声)それから
私や家内の貯金から

当然のように金を引き出し始め
とがめれば…。

(池添俊也)うるせえ!
(池添)ああっ!

(池添の声)
ますます激しい暴力を…。

(久美)このままでは殺されると
本気で思いました…。

どうする事もできず

俊也を殺せば楽になる

そう家内と話した事も…。

このままじゃ
私も お前も殺される。

世間にだって
迷惑をかけるように…。

(池添)いっそ 殺して
楽にならないか?

♬~

まさか 本当に…?

違います。
私たちは何もしていません。

あの弁護士の木下が
どこで俊也の事を聞きつけたのか

突然 やって来て…。

息子に家出を?

ええ。

二度と戻らないかもしれませんが
お父さんとお母さんには

元のような
平穏な暮らしが待っています。

(池添の声)仕方がなかったんです。

それだけ 私たちは
追い詰められていたんだ!

でも 俊也の死体が見つかり

怖くなったんです。

私の事を警察に?

あなたが
俊也を殺したんじゃないの?

お母さん 私 弁護士ですよ。

人を殺すと思いますか?

♬~

これまでも やってる事でね…。

ある時は 一家心中に見せかけて

悪い腫瘍を
取り除いた事もあります。

まさか 俊也の友達の…。

ご想像にお任せしますが

公にしないほうが
身のためでしょう。

あなたたちのように

教育もできない親を
救ってやってるんですから。

(池添の声)まるで 目の前に

悪魔がいるみたいでした…。

(池添)
俊也が 田所くんの家の近くで

男を目撃したというのも
木下の入れ知恵です。

私たちに疑いが及ばないよう

捜査を攪乱させるために 嘘を…。

申し訳ありませんでした。

(久美)申し訳ありませんでした…。

木下は なんで こんな事を…?

弁護士の木下が
講演会で話した時の声を

富岡に聞かせた。

(木下の声)
「法律を知らなかっただけで

ひどい目に遭ったり
損をする事があるので

そういった事をなくすために
私は講演会を開いているんです」

悪魔の声に間違いないね。

悪魔は木下で間違いない。
すぐに木下の所へ向かおう。

(野々村・青山)はい。

♬~

死んでる…。

♬~

(青山)これ 遺書ですかね?

逃げきれないと思ったのか?

やっと たどり着いたのに…!

♬~

(堂本)中毒死だ。

胃の内容物から

ジュースに青酸カリを入れて
飲んだとみていい。

白骨死体で見つかった
野田弘さん

一家心中した田所一家と同じ
青酸カリですか?

成分が一致した。
同一のものだ。

野田さんや田所さんを殺した時に
使った青酸カリで

木下は自殺を?

何もかも もう闇の中か…。

いや 待て待て。

自殺と決めつけるのは
まだ早いぞ。

(野々村)違うんですか?

仏さんの肌に
蕁麻疹が起こっていた。

アレルギーだ。

ジュースの中に
アレルギーを引き起こすものが?

恐らく アレルギーを引き起こす
果物が含まれていたんだろう。

わざわざ 死に際に

アレルギーを起こすもので
自殺する人間はいない。

だとしたら
真犯人は別にいるって事か…。

♬~

(秒針の音)

(野々村の声)
去年起きた一家心中です。

(片桐の声)一家心中?

(野々村の声)両親そろって
ギャンブル好き。

借金まみれで
揚げ句に一家心中って…。

高校生の息子は
完全に巻き添えだな。

♬~

(海老沢の声)
「悪魔に とりつかれている」…。

今回 山で殺された高校生も
SNSに…。

(富岡)その悪魔
俺の知ってる奴かもしれません。

♬~

(田所の声)悪い。 これから
先生に会わなきゃならないんだ。

♬~

(片桐の声)悪魔の正体は…。

(青山の声)もしかすると 悪魔って
その先生の事かもしれませんね。

(海老沢の声)悪魔の命令で

野田という会社員を殺し
埋めたと言ったんだ。

(富岡の声)悪魔の指示でな。

(海老沢の声)
悪魔とは 一体 誰なんだ!?

(足音)

(ドアの閉まる音)

先生…。

♬~

拓海くん。

君に集めてほしいものがあります。

(野々村)よいしょ…。

お疲れさま。
お疲れさまです。

言われたものを
そろえました。

でも これが一体 事件と
なんの関係があるんですか?

ありがとう。 あとは僕が…。

はい。

♬~

なんだか 眠れそうになくてな。

♬~

♬~

ほい。

ああ…。

♬~

(片桐)拓海くん コーヒー
とびっきりの極熱で頼むわ。

私も!
(青山)俺はアイスがいいな。

僕は喫茶店じゃないですよ!
あれ?

何してるの?

えっ もしかして 徹夜?

拓海くん とびっきりの極熱を
2つ追加で頼む。

えーっ!
何を 一体…?

皆さんに
お願いしたい事があります。

俺は 死刑囚の富岡に会って
確かめてくる。

♬~

悪魔が死んだ? 本当か?

ああ。 だが

木下という弁護士は
悪魔じゃない。

ど… どういう事だよ?

悪魔は別にいる。
弁護士も お前と同じ

使い捨ての駒に
すぎなかったって事だ。

確かめたい事があって来た。

本当の悪魔をあぶり出すために
包み隠さず話してくれ。

♬~

あんた 変わったな。

俺を捕まえた頃とは
別人みたいだ。

今の場所が
水に合ってるのかもしれない。

先生に お話が…。

あなたが悪魔だったんだな。

いきなり すごい言われ方ね。

あなたの事を調べました。

不思議な事に
教え子や周辺の人たちには

自殺をしたり

未解決の殺人事件に
巻き込まれたり

行方不明になった人が大勢いた。

白骨死体で見つかった野田さんも
その一人です。

野田さんの妻 晴美さんは
高校の頃 あなたの教え子だった。

野田さんのDVの事で
あなたに相談したと

晴美さんが教えてくれました。

(晴美)先生 本当に
DVがひどくて困ってるんです。

そうなんだ…。

その直後 晴美さんは

弁護士の木下から
事務所に呼び出されました。

失礼します。

(天樹の声)晴美さんは

なぜ 木下が
夫のDVについて知ってるのか

不思議に思ったそうです。

それって
ただの偶然にも見えない?

いいえ。 池添俊也くんの両親も

不登校の事で
あなたに相談していました。

(天樹の声)その数日後
木下が両親のもとを訪れた。

無理心中した田所一家の弟さんも
また あなたの教え子だった。

(天樹の声)お兄さんが作った
借金の事で あなたに相談し

しばらくして 木下が現れた。

はじめまして。
弁護士の木下と申します。

あなたの命令で
木下は彼らに近づいたんです。

♬~

私は教師よ。

弁護士に命令する立場じゃないわ。

木下のパソコンの中に
女子高生の写真がありました。

ん?

(海老沢の声)
彼女の制服を調べてみると

5年前に あなたが勤めていた
高校のもので

担任の教師は あなたでした。

それで?

その女子高生は 援助交際
木下とトラブルになり

あなたに相談していたと
教えてくれましたよ。

口の軽い女ね…。

あなたは 彼女から
木下のアドレスを聞き

メールを送った。

しかし それは
教育者としてではなく

脅迫者としてだ。

そのメールには
この写真が添付されていた。

あなたは こうして
会う事なく木下の弱みを握り

自由に操れる立場になった。

そして 命までも操ったんです。

捜査が木下に及ぶと思った
あなたは

実行犯に 木下の殺害を命じた。

実行犯?

とぼけないでよ 先生。

死刑囚の富岡のように
実行犯は

弁護士の木下が
雇ったように見えて

実は先生が選んでたんですね。

なんの事?

それは あなたの教え子たちだ。

話すよ。

確かめたい事っていうのは
なんだ?

この先生の事だ。

(海老沢の声)
富岡も あなたの教え子だった。

在学中から問題を起こし

中退して
暴力団に入った事を知り

あなたは木下に電話させた。

結果 富岡は悪魔の手先となり

行方不明に見せかけ
野田弘さんを殺害し 埋めた。

田所さんに
木下弁護士からだと言い

青酸カリが入った
ぶどうジュースを渡したのも

先生が選んだ
犯罪歴のある元生徒でした。

直接 会っていれば
足がつくけど

木下を間に入れる事で

実行犯との関係が
表に出る事はない。

(野々村)
池添俊也くんを殺したのも

木下弁護士を殺したのも

みんな あなたの教え子たち
だったんですね。

あなたの教え子で 犯罪歴のある
元生徒をピックアップし

防犯カメラを精査した結果

太田宏 影山裕二 高橋健一
3人を特定しました。

身柄は すでに押さえてあります。

間抜けなのね 相変わらず。

利用した あなたもだ!

目的は なんだったんですか?

目的? ないわよ そんなの。

強いて言えば… 諦め?

いくら 一生懸命 教育しても

悪い奴は悪い奴のまんま。

有効利用ってやつよね。
更生なんか無理なんだから。

悪い連中を使って
悪い連中を駆除する…。

もしかしたら 教育って
こういう事なんじゃないかな。

何が教育だよ…。 人殺しだろ!

甘いわね。

教師 40年近く続けてるから
断言できるわ。

人間の本性はね

教育なんかじゃ変えられない。

余罪を含めた話を…。

ご同行願えますか?

♬~

何件やったか思い出せないわ…。
ゆっくり話しましょう。

♬~

♬~

(宗片幸一)
お前がやれ。 真犯人を見つけろ。

(青山)事件の背景を知りながら
その事実を全て隠蔽してた…。

さっさと認めなさい!
時間がないんだ!

(宗片)約束どおり お前を殺す!

仲間が 今
必死に再捜査をしています。

必ず 真実を
つかんでくれるはずです!