ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

まどろみバーメイド 第4話 玄理、中村ゆりか、木竜麻生、上川周作… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『真夜中ドラマ「まどろみバーメイド~屋台バーで最高の一杯を。~」#4』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 騎帆
  2. 若尾
  3. 伊吹
  4. エリシオン
  5. 山路
  6. ジンフィズ
  7. バー
  8. 頑張
  9. 昨日
  10. 勝負
  11. LINE
  12. お願い
  13. カクテル作
  14. 設楽
  15. 説教
  16. 日代子
  17. アレンジ
  18. アンタ
  19. お前
  20. お店

f:id:dramalog:20190804084136p:plain

『真夜中ドラマ「まどろみバーメイド~屋台バーで最高の一杯を。~」#4』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

真夜中ドラマ「まどろみバーメイド~屋台バーで最高の一杯を。~」#4[字]

月夜に現れては、ふと消える不思議な「屋台
バー」の女性バーテンダー・雪。雪と同居する先輩バーテンダー騎帆は悩める後輩を連れて雪の屋台を訪れるが…。【4K制作】

詳細情報
番組内容
騎帆(玄理)がバーテンダーをしているホテルのバーの後輩・若尾(中村ゆりか)が、突然辞めると言い出した。騎帆は若尾を雪(木竜麻生)の屋台バーに連れて行く…。
雪の屋台バーで、騎帆は若尾の辞める理由を聞き出す。若尾は一年以上もバーで働いているのに、カクテルをまだ作らせてもらえないことに不満を募らせていた。
内容続き1
さらに後輩の山路(上川周作)に、先を越されたのも気に入らない様子。山路が“男だから”先に選ばれたのであって、実力では負けていないという若尾に対して、騎帆は腕に自信があるなら、勝負しようと申し出るが若尾は、騎帆は先輩なので雪と勝負したいという。結局、雪と若尾が「ジンフィズ」で対決することになる。
出演者
 月川雪…木竜麻生
 伊吹騎帆…玄理
 陽乃崎日代子…八木アリサ
出演者続き
【ゲスト】
 若尾みちる…中村ゆりか
 早馬明…安部賢一
 設楽…吉田亮
 山路…上川周作
原作脚本
【原作】『まどろみバーメイド』早川パオ
芳文社週刊漫画TIMES」連載中)

【脚本】田中洋史 上野友之
監督・演出
【監督/脚本】池田千尋 古川豪
音楽
【音楽】ベンジャミン・ベドゥサック

【主題歌】SHE IS SUMMER
「Bloom in the city」
(Being,Inc./SIS RECORDS)
番組概要
とある街の一角。月夜に現れては、ふと消える不思議な「屋台バー」がある。この屋台の店主は女性バーテンダー・雪。雪は夜更かしが苦手でいつも居眠りをしているが、ひとたび注文を受けるとその眼差しは変わる。
客の特徴、気候などを考慮して客がもっとも求めている味を提供する天才バーテンダーだ。バーには様々な客が訪れ、それぞれの悩みや悲しみをグラスと共にカウンターに置いていく。
番組概要の続き
そして雪自身も、同居する二人の先輩バーテンダー騎帆と日代子との出会いや、過去も含め物語が動き出す。気鋭のイラストレーター・パオの漫画デビュー作を実写化。
制作
【制作】テレビ大阪ADKクリエイティブ・ワン

【製作著作】ドラマ「まどろみバーメイド」製作委員会
関連情報
【番組公式HP】
www.bs-tvtokyo.co.jp/sleepy_barmaid/

 

 


設楽や伊吹に
事前に話していたが

今日から 試験的ではあるが
山路にカウンターに立ってもらう。

お~ 山路 頑張れ。

本当よかったね。

はい 頑張ります。
頑張れ。

で 伊吹は サポートしてやってくれ。

はい。
伊吹さんがついてたら 大丈夫。

山路なら 絶対できる。
若尾さん ありがとうございます。

頑張ります!
(設楽)うるさいよ。

あくまでも 試験的であることを
忘れるなよ 山路。

はい 求められるのは

基本に忠実で
余計なアレンジをしない。

いかなるときも揺るがない
エリシオンの味を…。

(設楽)お前が言うな。
すみません。

お前が言うな!
すみません はい!

イングリッシュブラックソーンです。

うん 文句なしのエリシオンの味だ。

恐れ入ります。

(騎帆)若尾 お願い。
はい。

失礼します。

なんかさ ここの筋肉が
使われてるの わかる?

はい。
ここに 真っ直ぐな棒が
通ってる感じで。

その軸を ずっと意識して。
はい。

ちょっ 貸して。
はい。

 

(騎帆)はあ!?
すぐ作ります…。

おはようございます。
おはよう 見たか?

あっ はい。
悪いんだけど 伊吹

若尾のアパートまで 行ってきてくれ。
へっ? なんで 私なんですか?

そりゃあ お前が
行ったほうがいいだろう。

同じ女なんだから まぁ 一応。
あ?

今 若尾の住所
LINEしといたから よろしくな。

(若尾)はい。
伊吹です。

あれ… 聞こえてる?

伊吹ですけど。
(若尾)何すか?

な 何すかって…
話 しに来たんだけど。

(若尾)LINEしたじゃないですか。

いや だから そのことで
話 しに来たんだけど。

っていうか ちょっと ドア開けてよ。

あんな LINEで退職願いなんて
大人として おかしいし

ちゃんと 顔突き合わせて話そう。

(若尾)部屋散らかってるんで
ちょっと待っててください。

はい 何すか?

ちょうどいいとこあるから
ついてきて。

何すか? あれ。
ん? あぁ。

マジかよ あれ入んのかよ。

よっ。
あれ? 騎帆さん 早いですね。

お店は?
ちょっとね。

いらっしゃいませ。
ここ座んな。

マジ? バーっすか ここ。

ご注文は いかがいたしましょう。
ジントニック

はい お連れ様は
何になさいますか?

あっ コイツ 酒飲めないから。

ノンアルで 何か適当に。
はい。

で なんで?

いや~ バーにも
いろんな形があるんすね。

もうかるんすか?

どうですかね。
(騎帆)ここのことはいいから。

気になるじゃないですか。

あっ メニューだ~。

ふ~ん。

へぇ~ 結構
ちゃんとしてるんですね。

一段振りっすか?

お詳しいんですね。

後輩。

いいから 話 しよ。

もう よくないですか?

辞めるにしたって
仁義とか礼儀とかあるだろう。

信用できないって思った人たちと
話したくないんで。

は? 私たち全員がってこと?

伊吹さんは あれですけど…。

なんで 1年以上も働いてたのに

私には 何も
作らせてもらえないんですか?

それなのに 私よりもあとに
入ってきた 山路が?

知識も腕もないのに。
なんでだと思う?

男だからですよね。

だって そうですよね やっぱり
この業界 男社会ですし

どうせ 数年したら 結婚して
辞めるんだろうとかって

思われてるに決まってますもん。
じゃあ 私は?

伊吹さんは ちょっと… 別ですよ。

どういう意味?
だって 女じゃないっていうか。

殴るぞ。
すみません。

要するに 山路に先越されたのが
悔しかったってわけだ。

だって そうじゃないですか?

私の立場に立ったら
耐えられますか?

男ってだけで
明らかに劣ってるのに。

そんなに自信があるんだったら
私と勝負しよう。

それは ずるいですよ。
なんで?

だって 伊吹さん
先輩じゃないですか。
は?

この人。

この人との勝負だったら
いいですよ。

えっ?
(騎帆)本気?

この人… この人との勝負だったら
いいですよ。

えっ?
(騎帆)本気?

はい 曲がりなりにも

エリシオンの看板しょって
1年以上いたんで

こんな屋台でやってる人には
負けませんよ。

当たり前ですよ。

雪 こんなこと言われてるよ。
私は べつに。

じゃあ 決まり。
いいですよ。

あの まだ 営業中…。
誰もいないじゃないですか。

逃げんすか?
(騎帆)ジンフィズで。

(若尾)いいんすか?
そんなメジャーなので。

どうぞ ジンフィズです。

飲んでみな。

悪くないです。

じゃあ 雪 お願い。
はい。

お待たせいたしました ジンフィズです。

どうぞ。

どうした?

ずるいですよ 伊吹さん。

初めから こうなること
わかってて

勝負させたんですよね。

いや そうでもないよ。

もっと 完敗だと思ってた。

いろいろ足りない点はあるけど
まぁ 合格点だったから。

すみませんでした。

えっ?

そうだ コイツ 超酒弱いんだった。

ごめんね つきあわせて。
いえ。

でも ジンフィズって言われたときは
少し ドキッとしました。

まぁ ジンフィズには

カクテル作るのに必要な基本
全部入ってるからな。

起きた おはよう。
えっ…。

おはよう ここ 私の家
その子は同居人。

日代子です よろしくね。

あっ 若尾です。

(騎帆)大変だったんだから
ここまで アンタ運んでくるの。

ご迷惑をおかけしました。

まぁ つきあわせたの
私なんだけどね。

えっ 説教したの?
はい?

大丈夫だった? 騎帆さん
面倒くさかったでしょう?

いえ…。

今すぐ パワハラ
訴えたほうがいいよ。

おい。

辞めたくなったら いつでも
うちのお店おいでね。

フレアバーテンダー ストリームってお店。

若尾ちゃん 若いし かわいいから
うち向きかもよ。

(日代子)ねぇ?
かもな。

わっ この人…。

(騎帆)昨日の。 その子も同居人。

ねぇ ちょっとだけ
説教くさいこと言っていい?

えっ また説教すんの?

いちいち うるさい アンタは
ちょっと ほら。

若尾 努力は みんなしてるよ。

はい。

山路は 休みの日とか
早番であがった日は

いろんなバー
行きまくってるらしい。

知らなかったでしょ。

アンタが 辞めるも辞めないも
好きにすればいいと思う。

でも 誰かのせいにしたって
何も始まらないとも思う。

今の自分に足りないものは
何なのか

なりたい目標に近づくためには
何をすればいいのか。

そういうこと考えたほうが

よっぽど ためになると
思うんだけどな。

はい 説教終了。
はい。

ねぇ その子
昼過ぎまで起きなかったら

無理やりにでも起こしてあげて。

伊吹さんは?
走ってくる。

(騎帆)じゃあね。
じゃあね 若尾ちゃん。

おはようございます。
あっ…。

すみません 勝手に。
いえ。

昨日は すみませんでした。

伊吹さんと 一緒に
住んでらっしゃる方だって

知ってたら あんな態度
とってませんでした。

いえ あの 私は楽しかったですよ。

楽しかった?

私は つらかったです。

でも 騎帆さん 褒めてましたよね。

えっ? そうでしたっけ?

はい 合格点だって。

あの ここは…。

私たち みんなの練習部屋です。

私 ここで騎帆さんに

一から カクテル作り教わったんです。

一から?
はい。

騎帆さんは 私の先生です。

何か作るんですか?

昨日作った ジンフィズの
アレンジを考えようと。

あの 昨日の… なんで あんなに
味が違ったんですか?

レモンを搾るとき

軽く押すだけにしました。

強く搾り過ぎると
えぐみが出るので。

あと ふだんは

ある程度
寝かせたのを使ってます。

それから…。

ステアも 焦らず
徐々に延ばしていく感じで。

エリシオンに入る前に
バーで ずっとバイトしてたんです。

そこでは カクテルを
すぐ作らせてもらえて

結構 バリバリやってたんですよ。

だから エリシオンに入っても

すぐ カウンターに
立たせてもらえるって

思ったんですよね。

若尾さんは どうして エリシオン
働こうと思ったんですか?

伊吹さんです。

私と一緒ですね。

かっこいいんですよね。
はい とっても。

こんばんは。
いらっしゃいませ。

あ~ 疲れた。

日代子さん お疲れさまです。

早いですね。

今日 早番じゃなかったら
死んでたよ。

なんか シュッとするやつ
お願いします。

若尾 営業中だ 裏に行くぞ。

ちょっと お時間いいですか?

どうぞ。

昨日は ありがとうございました。

あと 家にも泊めていただいて。
うん。

一つ お願いがあって来ました。

いきなりなんですけど

私に カクテル作ってもらえませんか?

いいよ。

実は この店で働きだす前に
客として来たことがあります。

そのとき
カクテルを作ってくれたのが

伊吹さんでした。

本当においしくて カッコよくて…。

私も こういうバーテンダー
なりたいなって思ったんです。

それって?

ジャックローズ どうぞ。

覚えてたんですか?

やっぱり おいしいです。

また倒れると困るからさ。

また一から お願いします。

私 バカだから すぐ調子に
乗っちゃうかもですけど。

でも お願いします。

うん… でも それ
支配人に言ってもらっていい?

あぁ… そっか。

そうですよね そうでした。

ねぇ 雪ちゃんさ

また エリシオンで働きたいって
思うことある?

今のところ ないですかね。

また 騎帆さんと
働きたいって思うことは?

それは 少しあるかもしれない。

は?
おはようございます。

ちょっ… 何してんの?
弟子入りです。

いや そういうのやってないから。

そういうの無理なんで
もう決めましたから。

あっ そう じゃあ 好きにすれば。

よろしく お願いします。