ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

だから私は推しました 第2話 桜井ユキ、白石聖、細田善彦… ドラマの原作・キャスト・音楽など…

『よるドラ だから私は推しました(2)』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. ハナ
  2. 瓜田
  3. KIMI
  4. サニサイ
  5. me
  6. オタク
  7. 椎葉
  8. 拍手
  9. チェキ券
  10. 花梨
  11. 歓声
  12. 今日
  13. バカ
  14. 頑張
  15. コール
  16. シャッター音
  17. 運営
  18. 観客
  19. Give
  20. Love

f:id:dramalog:20190804082808p:plain

『よるドラ だから私は推しました(2)』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

よるドラ だから私は推しました(2)[解][字]

脚本家・森下佳子×女オタ。地下アイドルと出会いオタク沼にハマったOLの運命とは?第2話は、ヒロイン・愛が地下アイドルを取り巻く“闇”に挑む!

詳細情報
番組内容
不器用アイドル・ハナに自分を重ね、心惹かれた愛。ハナを応援しようとライブに通う中で、ハナにつきまとう太客・瓜田の存在を知る。なんとかしてハナから瓜田を遠ざけようとする愛だったが、実はハナは瓜田が買い占めるチェキ券によって養われているような状態だった。ファンとの危うい関係や、ハナの苦しい生活を目の当たりにした愛が出した結論とは?ハナを救うため、愛が立ち上がる!
出演者
【出演】桜井ユキ白石聖細田善彦,松田るか,笠原秀幸田中珠里,松川星,天木じゅん,川並淳一,榎田貴斗,篠原真衣,土井玲奈,木内義一,代走みつくに澤部佑村杉蝉之介
原作・脚本
【作】森下佳子
音楽
【音楽】蔡忠浩

 

 


(愛)あの握手から 私とハナの
二人三脚の日々が始まったんです。

(聖護院)それは 瓜田さんを
突き落とすまでの日々ということですか?

はい。

二人三脚っていうのは どのような…?

いや 私も何か
よく分かってなかったんですけど。

あ…。
(ハナ)あっ ごめんなさい 気付かなくて。

長かったですか?
いえいえ そんなことないよ。

あの やなことあったら
はっきり言って下さいね。

私 いろいろ間違えるんで。 間違える?
はい。

あっ あの…。 うん。
頑張るって…

私は 歌とダンスを頑張るってことで
いいんですか?

アイドルが頑張るって
そういうことだよね?

そう… そうですよね。
私は 頑張って その…

ライブとかに行けばいいのかな?

た… 多分。
あっ そっか。

(椎葉)あの… お二人で まずは
コール&レスポンスを

やってみるというのは
いかがでしょうか?

コール&レスポンス?

(小豆沢)コールってのは
俺らが歌に入れる合いの手。

ミックスともいうな。
で それを受けて ハナが返すサイン

それがレス レスポンス。

オリジナルでもいいけど
定型のやつもあって

まっ いろいろ
ネット見るのが早いです。 これ。

あ~! あっ えっ? あっ… あ~!

アハハハ よかった よかった。
オタクのですよね?

うん? ごめんなさい オ… オタク?

あっ… いや オタクの方って

本当に「オタク」って言うんだなと思って。

あっ いや… ごめんなさい
何かちょっと感動しちゃって。

すいません ありがとうございます。

ああ… いや~…。

俺も ちょっと びっくりですよ。
えっ?

おばはんって
本当 おばはんなんだなって。

えっ ちょっと待って。 おば… おば…。

だって 今どき
オタク バカにする その感性って

おばはんだって証明ですよね?
はっ?

世の中作ってるやつなんて
みんな 何かのオタクでしょ?

ティーブ・ジョブズは パソコンオタク
バフェットは 株式オタ。

音楽オタクじゃねえ
ミュージシャンなんていないし

法律オタクじゃねえ弁護士なんて
絶対 信用できねえだろ。

んなことも わきまえられない感性って
老害 おばあはん おばはんでしょ?

え! えっ…
俺 何か間違ったこと言ってる?

ごめんなさい。
小豆君は ちょっと癖が強くて。

そうですか。 まあ しかたないですよね。

だって こういう言い方しかできないから
社会性ゼロだから

オタクなんですもんね!

じゃあ ハナちゃん。
はい!

私は コールってやつを覚えてくるんで
レスってやつ よろしくお願いします。

はい。

はい いきますよ。 はい サニサイ!
(シャッター音)

タイガー ファイヤー サイバー…。

あっ ファイバーね。

タイガー…。

タイガー ファイヤー…。

(真衣)お昼 断った!?
(菜摘)そう 振られちゃって。

寂しい。

♬~

(米原)これはですね…。
はい。

(米原)はあっ!
あ~!

(掛け声) すご~い! すごい すごい!

ヨネさんは 元体操の選手なんですよ。

踊りのキレる のりたまちゃん推しです。

へえ~。 すごい キレッキレですね。
(柿崎)また そんな無駄に振り回して。

ストップ ストップ。
まだ始まってないのに 張り切り過ぎです。

カッキーは大学生で 社会学部で
アイドル文化について研究もしてます。

あっ 凛様推し。
(椎葉)正解。

ここにいるコマツナ君は カメラ小僧。

カメコのしおりん推しで漫画描いてます。
ああ…。

はい どうぞ。

ありがとうございます。

あの ハナちゃん推しの人って
ほかに いたりしないんですか?

ハナちゃんのコールって どこで何やるか
教えてもらいたいんですけど。

一人 ふっとい方が
いらっしゃるんですが

今日は来てませんね。
太い?

太客。 金払いのいい客って意味です。
瓜田さんっていうんですけどね。

あれ? 会ってませんでしたっけ?
多分。

向こうは恐らく
あなた様のことは覚えてらっしゃるかと。

おば様は新参者。

きちんとご挨拶された方が
よろしいかと存じましてよ。

まあ 言わずとも ご立派な社会人。

それくらいの社会性は
お持ちざぁすよね。

≪サニサイ!
≪アップア~ップ!

≪からの! ≪アップア~ップ!
これが聞こえたら 出てくるんですよね。

(拍手と歓声)

(花梨)
今日も あなたの小さな太陽になりたい。

もう夜だけど!
(笑い声) 夜だけどね!

心にいつも太陽を!
サニーサイドアップのキミ担当

花梨です!
(拍手と歓声)

(詩織)キミなんて何さ!
メレンゲで あなたを包みたい。

サニサイの白身担当 しおです。
(拍手と歓声)

(凛怜)
その殻はダイヤモンドで出来ている。

何よりも強く美しく。 卵殻番長 凛怜です。
(拍手と歓声)

(紀子)呼ばれて飛び出て
ジャジャジャジャ~ン。

いつも君のそばにいるよ。
フリーズドライ担当 のりたまで~す!

(拍手と歓声)

どこをとっても 伸びしろだらけ。
可能性しかない永遠の生卵 ハナです。

(拍手と歓声)
それでは早速 1曲目いきます!

このフォーメーションは…!

♬「Love me Love me 始めよう」

♬「hug me hug me 恋しよう」

♬「胸をじりじりと焦がすような」

♬「クッキングタイムさ」
(観客)サニサイ いくぞ!

♬「Give me KIMI KIMI KIMI
タイガー…。 そっち?

♬「Give me KIMI KIMI KIMI
Give me KIMI KIMI KIMI

♬「サニーサイドアップ
Enjoy Enjoy Enjoy」

≪♬「Give me KIMI KIMI KIMI

2, 500円。

♬「日差しで加速(するよ)」
(観客)オーレーの 凛怜!

♬「試行錯誤の神レシピで
大好物のあれ 作ってあげよう」

♬「運命って言葉 初めて使った」
ハナちゃん!

♬「好きで好きで好きで好きで」

♬「そうだ! 君の代わりはいない」

♬「約束するよ 100年後も Kissしよう」

♬「Let's Crack it
Love me Love me もっともっと」

♬「眩しい核心 ぎゅっとぎゅっと」
(観客)オー オー Fu! Fu!

♬「キミガタメ ホワイトナイト
(観客)Yeah!! Yeah!!

はい サニサイ!
(シャッター音)

こ… これで よろしいですか?
うん うん うん!

どうした?

(瓜田)あの…
1分とうに過ぎてると思うんですけど。

あっ あっ すいません。

もしかして… 瓜田さんですか?

あんた この前の ほえてた人か?

あっ いや… あの~…。

いや もう あの… その節は
大変お世話になりました はい。

じゃあ ハナちゃん またね。
あっ ありがとうございました。

ごめんね。 じゃあ 失礼しま~す。

あれ こないだの厄介だろ。

もう 厄介じゃなくなったみたいだし…。
え?

何で分かんの? そんなこと。

え? 今日は優しかったし…。

1枚だけしかチェキ券買わないくせに
ベラベラしゃべるようなやつが?

そういうのって 所詮 薄っぺらだって
分からないわけ?

だから バカなんだよ ハナは!

あの 瓜田さん。
ああ?

うちのバカが何か やらかしました?

(瓜田)厄介入れてるんだ。
入れるなって言っただろ。

すいません。
(瓜田)おかしいだろ。 すいません。

♬~

は~い サニハムエッグ
お待たせしました!

(歓声)

わあ これか~。 すご~い かわいい!

サニサイ アップ!
ちょっと待って 待って 待って。

誘っても 本当来ないんですよ 瓜田さん。
何やってる人?

ハナちゃんにしか
興味ないみたいなんですよ。

何やってる人なんですか?
(小松)教師。 マジで!?

いや 勘…。 勘かよ。
何じゃ そりゃ。

(椎葉)
何やってんだか分かんないんですけど

とにかく太いんですよ。
へえ~。

例えば 一ライブにつき
ハナちゃんなら ハナちゃんで

60枚のチェキ券が出るんですが
瓜田さんは全て買い占めてしまうんです。

ちょっと待って 一回6万ですか!?

恐らく 月に60万は
つぎ込んでると思いますよ。 60。

まあ うんなんだから 運営もバリバリ
瓜田さんには気を遣ってるわけですよ。

おばはん 出禁にされるかもしんねえぞ。

えっ ちょっと 何で?
さっき…

運営に瓜田さん言ってた。
「何で あんな女 入れたんだ」って。

えっ ちょっと待って。 そんな
お客を拒否する権利とかあるんですか?

契約自由の原則といって

運営は誰を会場に入れるか
決めることができます。

もし拒否されたのに
無理に入ろうとしたら

建造物侵入罪などの犯罪にも…。
ごめんなさい。

え? 椎葉さんって…。
(小松)弁護士だから。

アイドルのための弁護士
略して アイドル弁護士。

(拍手)
なんてったって…。

え?
♬「なんてったって」

♬「アイ… キョンキョン!」
(笑い声)

(一同)かんぱ~い!

さすが カッキー!
はいはい…。 ごめんなさいね。

オタクは 社会性ゼロだから からの…

かんぱ~い!

ちょ… また今度 また今度
また今度 行きましょう。

もう一軒 行きましょう。
はいはいはい… じゃあね…。

また また… お疲れさまでした~。
また~。 バイバイ!

(瓜田)ハナは頭悪いんだからさ!

ハナの頭の中で考えてることなんて
全部 間違ってるに決まってるでしょ!

お願いだから
俺の言うこと ちゃんと聞いてよ!

ねっ!
ごめんなさい。

じゃあ あれ言って。

瓜田さん
今日も ごはんをありがとうございます。

明日も私のために
お仕事 頑張って下さい。

(瓜田)ハナのためなら え~んやこ~ら。

じゃあ。 あれ ちゃんと注文しとくんだよ。

飲む?

ああ… 大丈夫 大丈夫。
あの 駅に入るの確認したから。

あ… ありがとうございます。

あれって… ファンサービス?

それとも
本当は つきあってる… かな?

う… 瓜田さんの中では
つきあってることになってる… のかも。

え… それは ただの
アイドルとファンではないってこと?

初めは…。
初めは?

ハナちゃん?

初めは 前のバイト先で
声かけられたんですよ。

君… 君!

アイドルやってる人だよね?

瓜田さん それから
ライブに来てくれるようになって…。

(拍手)
(観客)詩織!

普通にいいお客さんだったんですけど
そのうち…。

60枚ですね。 ありがとうございます。

全部買ったよ。 うれしい? ハナ?

はい サニサイ!
(シャッター音)

金銭的には助かるんですけど
ずっと瓜田さんと話してることになって。

少しはいた ほかのファンの人は
そのうち いなくなっちゃって。

そのうち 瓜田さんに
養われてるような状態になっちゃって。

でもさ 別に チェキ券で
生活してるわけじゃないでしょ?

あ… 私たちの収入って
チェキ券からのキックバックなんで…。

あ… 出演料とかは?
ないです そんなの。

事務所からのお給料…。
ないです。

ん?

それ 事務所 ブラックなんじゃないの?

いえ キックバックすらないとこも
あるんで

うちは まだマシな方だと思います。

私… 洗濯機 プレゼントされたんですよ。
えっ… 洗濯機!?

私が ねだったって言うんです。
してないんですよ そんなの。

でも 瓜田さんの中では
そういうことになってて。

買い占めも 私が全部買ってくれって
頼んだことになってて。

いや… ちょっ えっ? う~ん…

いや ごめん…
それ 結構 やばい感じがするんだけど。

私 どうしたらいいんでしょうか。

調べてみると
その手のやばい話は いっぱいあって

自分でも最悪だなとは思ったんですけど。

あ~ 面倒くさいことに
足 突っ込んじゃったなって。

 

本日は…。
外行こ 外。

天気いいもんね~。

知ってた? 瓜田さんのこと。

ガチだな~とは思ってたけど
あの人 やばい人に見えないからな。

それでっていうのも 何なんだけど

私 ライブに行くのとかは
やめようかなと思って。
え…。

いや ハナちゃん
かわいそうだとは思うよ。

でも 私に何かできるわけじゃないし

それこそ 何かしたら 私だって
逆恨みされるかもしれないしさ…。

薄情だとは思うけど…。
バカなのか?

バカなのか。
…っていうか絶対 来んなよ。
はっ?

「女オタ 逆恨みで被害」って
んなことんなったら

それだけで サニサイ 売れなくなるから。
超迷惑だから。

もう 死んでも来んなよ。

この話は 俺と椎葉さんで
なんとかするから。 チャオ!

いや… あっ…。

でも そう言われると
これで よかったのかどうか

考えてしまうところがあって。

♬~

はい はい はい。

ちゃんと見ますよ~。

♬~

最高かよ!

君って 君って… 最高かよ!

すばらしいです。
すぐに運営に提案しましょう。

でも… 運営 相当 瓜田さんびいき
みたいですけど 大丈夫…?

バカなのか?

意見ってのは 通るやつに言わすんだよ。

いいよね?
いや 急に言われても…。

えっ? 何で? 何で? えっ?

今まで それでやってきたし そんな…

ファンとか すごいびっくりする…。
何て?

ファンがね
びっくりするんちゃうかなっていう…。

サニサイは
花梨ちゃんで もってますから

花梨ちゃんが言えば
通る可能性が高いんですよ。

でも 何で小豆さんが 花梨ちゃんに
そんなこと頼めるんですか?

それはですね…。
おい。

瓜田 来た。 瓜田 来た。

(瓜田)何? これ。 すいません。

これからは メンバーの誰々じゃなくて

グループのチェキ券にしろって

上から もう コンプライアンス
どうのこうの言われまして。

上から?
ええ。 で… でも

1枚で1分 誰とでも
チェキを撮って話せますんで

実質は何も変わりないです。
じゃあ…

ハナのチェキ券 300枚買えば
ハナと300分話せるってこと?

いや そうすると
夜中になってしまいますので。

えっ? じゃあ 俺が買った10枚は

そのまま
花梨の収入にはならないってこと?

(椎葉)まあ そういうことですね。
うわ~ それ 俺 花梨にアピれないじゃん。

俺 別に 花梨以外に
貢ぎたくないんですけど。

(椎葉)要するに そういう意識を生むのが
このご時世 問題だということらしいです。

あ~。

それで? まあまあ そのうち戻ると
思うんですけどね。

今日のところは 上がね… すいません。

♬~

ハ~ナ。

ハナは 何も事情を知らない
っていうのが大事だよ。

ちゃんと そういうお芝居できる?

頑張ります。
うん。 よし 行こう。 ねっ。

(瓜田)ハナ 3枚で。
3枚ですね。 ハナ!

はい。

はい いきますよ。 はい サニサイ!
(シャッター音)

(瓜田)何か 急な変更だよね。

私も びっくりしました。

(瓜田)ふ~ん。 ハナが そうしてくれとか
言ったんじゃないんだ。

あれ? 図星?

そんなわけないじゃないですか。

こんなことされたら
私 損するだけですし。

損?

いつも 瓜田さんのおかげで
私 一番もらえてたのに。

そっか。

(タイマー)
あっ。

あ… ありがとうございます。
後でまた来るから。

ハナ。
はい。

お願いします。

いきますよ。 はい サニサイ!
(シャッター音)

…ったく たまったもんじゃないっすよね
こんな改変。

いや それにしても
ハナちゃん 意外と人気あったんですね。

むかつきますけど 俺たち的には
応援してるかいがあるって

思わなくちゃいけないんですよね。

トップオタの心意気っていうか
エレジーといいますか。

さすが トップオタ。
ハハハハ…。

ハ… ハナ~。

ハナ~!

(瓜田)
ハナ! 俺の洗濯機は? どうなった?

ピースで。

ハナ!

ハナ 俺のあげた洗濯機!

使ってる?
(椎葉)瓜田さん 今 あの人のチェキ券…。

ハナ!

洗濯!
瓜田さん ちょっと…。

ちゃんと できてる?
あちらでお待ち下さい。

ハナ!
瓜田さん!

ちょっと ちょっと…。
ジャージャー!

♬~

何か ごめんね。
本当は もっと こう

やんわりと距離を
って思ったんだけど。

あっ ごめん。
今日 私 実は チェキ券 買えてなくて。

(すすり泣き)
ハナちゃん?

私 みんなに こんなにしてもらって…。

私なんかに… うれしくて。

ハナちゃんが大事にされてて
うれしいです。

フフッ。

♬~

あ… すいません…。

(聖護院)その時のことが

今日の出来事の発端になった
ということですか?

はい。 そうだと思います。

時間が何か?

いえ…。

♬~