ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

螢草 菜々の剣 第2話 清原果耶、町田啓太、谷村美月、北村有起哉… ドラマの原作・キャスト・音楽など…

『BS時代劇 螢草 菜々の剣(2)「父の仇(かたき)」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 奥様
  2. お主
  3. 正助
  4. 回想
  5. 兄上
  6. 建白書
  7. 十両
  8. 母上
  9. 剣術
  10. 御免
  11. 佐知
  12. 質屋
  13. 甚兵衛
  14. 大事
  15. 平九郎
  16. お家
  17. お願い
  18. 何故
  19. 市之進殿
  20. 指南役

f:id:dramalog:20190802221653p:plain

『BS時代劇 螢草 菜々の剣(2)「父の仇(かたき)」』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

BS時代劇 螢草 菜々の剣(2)「父の仇(かたき)」[解][字]

ついに姿を現した父の仇(かたき)。しかもその男・轟平九郎は、今度は奉公先の主・風早市之進に魔の手を伸ばそうとしていた。果して、菜々は……。風雲急を告げる第2回!

詳細情報
番組内容
市之進(町田啓太)の建白書が突き返された裏に居たのは、やはり轟(北村有起哉)だった。父を陥れた男の姿を初めて見た菜々(清原果耶)は、かつて団子をご馳走して助けた壇浦五兵衛(松尾諭)が剣術指南役になったことを知り、剣の指導を願い出る。一方、佐知(谷村美月)が結核に冒されていることがわかり、薬代をつくるため市之進の頼みで質屋に向かった菜々だが、その間に子どもたちがかどわかしに遭ってしまう。
出演者
【出演】清原果耶,町田啓太,谷村美月北村有起哉松尾諭濱田マリ,高田翔,松大航也,苅谷俊介中村育二阿知波悟美,山下心煌,田中乃愛,岡田優池田健一郎,優志
原作・脚本
【原作】葉室麟,【脚本】渡邉睦月
音楽
【音楽】Evan Call

 

 


(風早市之進)新しく参った女中か。
(菜々)はい! 菜々と申します。

(佐知)あなたの折り目正しさには
どこか 武家らしさを感じます。

[ 回想 ] 父上!

行ってらっしゃいませ!

♬~

私は 赤村の百姓でございます。

お家の勝手向きについての改革案を
まとめたものにございます。

(宮田笙兵衛)風早!
これは読まなかったことにする。

ここに記したことは お家にとって
今すぐにでも なすべきこと…!

口答えするでない!

あの男の入れ知恵ではないか。

(桂木仙之助)轟 平九郎…。

<轟…。 その男が
父を陥れ 切腹に追い込んだ>

(五月)
これは 父上 安坂長七郎様の守り刀。

どんなことがあっても

武士の娘としての誇りは忘れません。

お待たせいたしました。

風早市之進殿に お取り次ぎ願いたい。

どちら様でございましょう?

轟 平九郎と申す。

どうした?

いえ…。

(佐知)主人が お待ちしております。
お上がりくださいませ。

♬~

菜々?

どうかしました?

何でもございません。

あとは私がやりますから 先に休みなさい。

はい。

轟殿と こうして相対するのは
初めてでございますな。

わしも この家の敷居をまたぐのは
初めてだ。

だが 風早家のことなら
ずっと昔から知っておった。

無論 お主のこともな。

≪(佐知)失礼いたします。

失礼いたしました。

評判どおりの美しさだ。

轟殿。

江戸から わざわざ参られたのは

建白書のことでございますか?

ああ。 あの建白書は
実によく練られたものだった。

私が建白書に記したのは
多くの藩士が思うていることです。

多くの藩士だと?
あんな連中が当てになると思うか?

お主だけではないのか?
確かな信念とやらを持っているのは。

私は そうは思いません。

はあ… 若いな~!

世の中を知らぬ。

風早 手を組まぬか?

どういうことでしょう?

家柄がいいだけで 高い俸禄をかすめ取り
能のない者が お家のかじ取りをする。

そのような ばかげた古い仕組みを
わしは心底 憎んでおる。

お主も同じであろう。

お主の父は 執政まで勤め上げた。

だが 家柄さえ良ければ まだまだ
上り詰めることができたであろうに。

私には憎しみなどございません。

父がそうであったように
我がなすべきことをなすだけです。

あんな紙切れで 世の中が変えられると
誠に思うておるのか?

正しいやり方で 事を進めなければ
世の中は変わりません。

不当なやり方で世の中を変えても
不当なものがはびこるだけです。

ふふふふ…。

それは わしのことを申しておるのか?

よいか?

人には それぞれ
生まれ持った才覚というものがある。

力のある者が世の中を動かし

富を欲しいままにするのは
当たり前のことであろうが。

そのために 困窮するのは
その高い俸禄を得るご重臣方ではない!

日々 懸命に勤めに励む

下々の者たちです。

風早家の者は 皆 同じだな。

話は終わりだ。

邪魔をした。

わしとお主は
同じ穴のむじなだ。

お主も
いずれ わしの前に屈服する日が来る。

それを覚えておけ。

♬~

あの男が…。

(仙之助)お代替わりとはなりましたが

やはり 実権は大殿が握ったままですね。

実は 建白書のことだが…。

お奉行から 突き返された。

誠ですか? やはり あの男が…。

もしかすると
建白書の内容が あやつの耳に入り

握り潰されたのかも。

(宇野清次郎)やはり
若殿に じか談判するしかないのでは…。

(益田源三郎)しかし 轟は 大殿同様
若殿にも取り入ってるやもしれませぬ!

市之進殿のお父上が
執政を勤められていたころは

お家も安定していたと聞きます。

市之進殿が 若殿のお側役になれば
お家も変わろうものを…。

[ 回想 ] 轟 平九郎と申す。

(甚兵衛)精が出るな。

お帰りなさい。

旦那様は 今晩も遅くなるそうじゃ。

そうですか。

いやあ お城は
何やら 新しく召し抱えられた

剣の指南役様の話で持ちきりだった。

剣の指南役?

うわさだが 大勢の相手を…。

あっという間に倒されたそうだ。

あの… その指南役とは
何というお方でしょう?

確か…。

壇浦五兵衛様とか聞いたが。

[ 回想 ] (壇浦五兵衛)このたび
鏑木家では 新たに

剣術指南役を召し抱えることとなってな。

それで そのお方のお屋敷は
どちらにあるのでございましょうか?

御免ください。

御免ください!

何用じゃ?

だんご兵衛さん!

おめでとうございます!
だんごの娘御!

そうか お主の名は 菜々と申すのか。
はい。

で どこの家に仕えておる?

それは… ご迷惑になるので
申し上げられません。

まあ 座られよ。

♬~

ははは…! 道場に見入るとは
おかしな女中じゃ。

誠に 剣術ご指南役になられたのですね。

おめでとうございます。
だんご兵衛さん。

わしの名は 壇浦五兵衛じゃ…。

あの 実は…。
分かっておる。

あの折のだんごの代金のことであろう?

それは お役目を頂いて まだ間がないゆえ
後日 必ず!

だんごのお代は結構です。

本日は
お頼みしたいことがあって参りました。

世話になったお主の頼みじゃ。
何だって聞くぞ! 何じゃ?

私に 剣術を教えていただきたいのです。

剣術?

お願いします。

お主… 一体 自分が何を言っているか
分かっておるのか?

はい。

何故 そのようなことを?

自分でも… まだ よく分からないのです。

でも いつか 必ず
役に立つ日が来る気がしてなりません。

女子に教える剣術などない。

殿方に剣ができるのならば
女子にでも できるはず。

だんご60本分 ご指南ください。

引き受けてくださるまで
私は ここを動きません。

♬~

ならば分からせよう。 剣とは何かを。

♬~

ええいっ!

剣とは人を斬るものではない。

己の弱さを斬るものだ。

分かったら とっとと帰るがよい。

木刀を お貸しください。

何を言っておる?

お願いします。

[ 心の声 ] 父上… 母上…。

[ 回想 ] (秀平)その男が お前の父親を陥れ
切腹に追い込んだ。

♬~

[ 回想 ] 轟…。

[ 回想 ] 平九郎と申す。

(五兵衛)菜々殿。

お主 剣を握ったことは?

いえ…。

それなのに 一度見ただけで
わしの剣さばきを覚えたのか?

はい。

お主には 人の動きを見ただけで
自分の体に写す不思議な力があるようだ。

もう一度聞く。

何故 剣を?

仇がおります。

仇…。

それ以上は申し上げられません。

分かった。

ええいっ!

まずは「突き」から覚えよ。

捨て身でなければ 強き者は倒せぬ。

やってみよ。

♬~

やあっ! やあっ! やあっ!

(仙之助)菜々さん?

やはり 菜々さんでしたか!

ほら いつも
市之進殿のもとに参上している

桂木仙之助です。

ああ…。
近くまで お送りしますよ。

これも 私が。

先日 ごちそうになった なすの漬物
実に 美味でした!

菜々さんの里でとれたものだとか?

はい。 恐れ入ります。

いつも 朗らかな菜々さんを見ると
気持ちが和みます。

前にいた女中さんなんて
我らが伺うと

露骨に嫌な顔をしていましたから。

あの…。

どうしました?

以前に 皆様でお話をされていた
轟様というのは

どのような方なのでしょう?

剣呑な男です。

菜々さんは 決して関わらないほうがよい。

それにしても 何故 轟のことを?

いらぬことを申しました。
ここで 結構です。

ありがとうございました。

奥様…。

螢草… しおれてしまったのね。

はい。

たった半日の命とは 誠に儚いものですね。

でも 朝には別の花が開きます。

そうして 命をつないでいくのです。

はい。

♬~

(とよ)今日は 奈々と かくれんぼするの。

(正助)私が 必ず 勝ちます!

正助。 とよ。
菜々と仲良くするのはよいが

手習いのほうは
しっかりとやっておるのか?

はい!
はい!

2人とも 大層 上達…。

(せき込み)

奥様?
大事ないか?

大事ございません。

季節の変わり目だ。 気をつけなさい。

はい。

皆も気をつけよ。
(正助 とよ)はい!

も~う いいかい?

≪(正助 とよ)ま~だだよ!

も~う いいかい?

≪(正助 とよ)も~う いいよ!

では 見つけに参りますよ~!

坊ちゃま お嬢様 いらっしゃいますか?

♬~

あっ…。
見~つけた!

どうして分かったの?
お嬢様のお手玉が ここに落ちていました。

いつも お袖に入れていますものね。

もう お手玉を持っては歩きません!

では 一緒に兄上様を捜しに行きましょう。

はい!

兄上! 兄上~?

坊ちゃま?

いましたか?
いませんね。

坊ちゃま?
兄上~?

坊ちゃま?
兄上~?

坊ちゃま?

これにて 菜々の負けです。
出てらしてくださいませ。

(正助)菜々!

私の勝ちだ!
危のうございます!

それっ!

(とよ)兄上…!

どうだ まいったか?

はい 菜々の負けでございます。

お前たち
そろそろ 手習いを始めましょう。

(正助 とよ)はい!

菜々 ちょっと いいかしら?
はい!

これは 私からの贈り物です。

開けてみて。

これは…。

これなら 螢草を
一年中 見ていられるでしょう。

ありがとうございます!

あなたが 毎日
よく働いてくれている礼です。

大切にいたします。

菜々。

花の命は 儚いけれど

でも 精いっぱいに咲いて 実を結び

命をつなぐのが使命です。

女子とは 花と同じ。

あなたの この手も
大切な命を守るためにあるのですよ。

そのことだけは
決して忘れないでちょうだい。

奥様…。

≪(宗太郎)ごめんくださいまし。

ありがとうございます。

(せき込み)

宗太郎さん。

青物を持って来た。

ありがとう。
こっちから行こうと思ってたのに…。

いや 実はな 隣村で
かどわかしが あったらしいんだ。

しかも 2件も。
かどわかし?

ああ。 だから お前が 一人で
赤村に来るのは危ないって思ってな。

わざわざ ごめんなさい。

兄妹同様に育った仲じゃないか。

それに 菜々が
どんな所に住んでるのか見たかったしな。

立派なお屋敷だな。

お屋敷だけじゃないわ。
旦那様も 奥様も 皆 ご立派で。

そうか。 よかった。

でもな 俺は やっぱり 百姓が好きだ。

そりゃあ 畑仕事はきついけど

毎年 こうやって たくさんの青物がとれて
みんなに喜んでもらえる。

菜々だって…!

いや…。 じゃあ 帰るな。

うん。 ありがとう。

宗太郎さんも気をつけて。
ああ。

奥様…。

菜々 夕焼けがきれいよ。
さあ こちらへ。

はい。

(せき込み)

大事ございませんか?

大事ありません。

(せき込み)

奥様…!

(せき込み)

奥様!

間違いないのか?

はい。 間違いございません。

♬~

菜々…。
母上は?

心配ございません。

おかぜを召されたのでございましょう。

とよ! 大根をおろそう。

行くぞ!
(とよ)はい!

♬~

≪菜々。

ちと参れ。
はい。

佐知の病は ことのほか重いらしい。

治すには 朝鮮人参が要るらしいのだが

高価なもので 今すぐ都合してやれぬのだ。

そこで 頼みがある。

これは 私の父が遺した 天目茶わんだ。

名のある茶人から頂いたそうで

十両の値打ちがあると聞いておる。

この茶わんを質入れして
人参の代金にいたそうと考えたのだ。

しかし 武家とは不自由なものでな。

表立って
質屋に出入りするわけにはいかぬのだ。

菜々。
はい。

そなたに この茶わんを預ける。

あす 質屋に持って行ってくれぬか?

私が…。
南町の通りの裏に

升屋という質屋がある。

そこで
なんとか 十両ほど借り出してきてくれ。

かしこまりました。

≪(舟)駄目ったら 駄目だ!

ああっ…。
(舟)いまさら来たって遅いんだよ!

そんなこと言わないでくれ。
商売道具なんだよ。

なあ 頼むから返してくれ!
そっちの都合なんか知るか!

頼むよ!
商売の邪魔だ! とっとと帰んな!

頼むよ… 返して…!
二度と来るんじゃねえよ!

♬~

いらっしゃい。

♬~

ちょっと そのふた。

♬~

これで 十両 お借りしたいんです。

貸してごらん。

十両だって?

そんな大金 あんたみたいな小娘が借りて
どうするんだい?

私が借りるんじゃありません。

ご主人様から
お借りするように言われて来たのです。

そうかい。 そりゃ ご苦労なこったね。

まあ せいぜい 一分ってところだね。

そんな…! どうしても十両が要るんです。

奥様が病で
薬を買わなければなりません。

お願いします!

そんなこと
こっちの知ったこっちゃないよ。

とにかく 一分しか出せないよ。

(ため息)

♬~

そうですか…。

そんな安物なら
持って帰るのも面倒なので

ここで割ったほうが ましですね。

おい…! やめな! こんな上物を!

あっ…。

今… 「上物」って言いましたよね?

分かったよ。 しょうがないね。

じゃあ 一両にしてやるよ。

そんな いんちきをするような店は
信用できません。

ほかに持って行きます。

分かったよ! 十両でいいんだね?

はい! お願いいたします。

じゃあ ちょっと待ってな。
質入れには証文がいるから。

分かりました。

(とよ)兄上… 母上は いつ治りますか?

分からぬ。 毎日 お参りに
行ってるのに…。

よし また神社に行こう。

たくさん祈れば 治るはずだ。

行きましょう。

あんた はったりが利くようだからさ

女中奉公するより 商いのほうが
向いてるんじゃないのかい?

お気遣いなく。
私は 今のお屋敷で働くのが好きなんです。

へえ…。

私は 舟っていうんだけど
元は芸者だったのさ。

だけど
この店の旦那に熱心に口説かれてね。

でも 後添えになって
ほどなく旦那が死んじまって。

5年前のことさ。

それから熱心に商売に励んで

今じゃ 「升屋のお舟」っていえば
名の通った金貸しさ。

あの… どうして どくろの羽織を
着ているんですか? お骨さん。

えっ? 何だって?

背中のどくろは どうして…?
ああ…。

これかい?
はい。

女が質屋をやってると

ばかにして 金をふんだくろうってやつが
いっぱい来るんでね。

こっちも命懸けで商売やってるんだと
見せつけるために

こんな気味の悪いのを着てるのさ。
そうですか…。

待たせたね。

じゃあ これ。

ありがとうございます お骨さん。

やっぱり 「お骨」って言ったよ。

(せき込み)

≪御免! 誰かおるか?

何か 御用でござりましょうか?

隣町で 子どもの かどわかしがあった。

かどわかし?

≪(町役人)こちらにも お子がおられるな。
≪(甚兵衛)あっ はい。

≪(町役人)我らも 念を入れて見回るが
くれぐれも気をつけるように。

承知いたしました。
ご苦労さまでございます。

御免!

♬~

(せき込み)

♬~

甚兵衛さん!

ああ… お前さん。

お子様たちを見かけなかったか?

はい。 どうかされましたか?

お二人で出かけたようなんだけど
見つからないんだ。

「隣町で かどわかしがあった」って
お役人が来たから

いや… もう心配でなあ。

いつもの神社は捜しましたか?

いや まだ…。
私は 神社を見てきますから

甚兵衛さんは もう一度
近所を捜してきてください。

ああ! 分かった!

♬~

坊ちゃま! お嬢様!

≪(泣き声)

どけ! 邪魔だ。

(せき込み)

♬~

たたき斬るぞ!

うっ…!

♬~

やめなさい!

菜々!

何だ? てめえ。

菜々!

菜々 お逃げなさい!

[ 回想 ] (五兵衛)まずは
「突き」から覚えよ。

捨て身でなければ 強き者は倒せぬ。

ええいっ!

うわあっ! ああっ…!

♬~

菜々…。

♬~

母上!
奥様… 奥様! 奥様!

(正助)母上!
奥様! 奥様!

奥様! 奥様!

♬~

わあ~ のどかだなあ。