ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第81話 風間俊介、佐藤祐基、風間晋之介、井上希美… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #81 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 鉄兵兄
  2. 小夜子先生
  3. 山狩
  4. 時代
  5. 室井先生
  6. 特高
  7. 明日
  8. 刑事
  9. 三平兄
  10. 信子
  11. 尋問
  12. 説得
  13. 先生
  14. フミコ
  15. 憲兵
  16. 憲兵
  17. 公一
  18. 公一兄
  19. 幸子
  20. 荒木

f:id:dramalog:20190729190709p:plain

『やすらぎの刻~道 #81 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

やすらぎの刻~道 #81 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
根来公平(風間俊介)の親戚である根来鉄兵(平山浩行)が、召集令状を破り捨てて山へ姿を消した。根来家も警察から調べを受ける。鉄兵の狩りの師匠・山おじ(麿赤兒)も捜索隊に加わるが…。そんなある夜、公平は航空服姿で庭に佇む兄・公次(宮田俊哉)の姿を目撃する。一方、突然根来家を出て行ったしの(清野菜名)から手紙が届き、皆ひと安心する。
やすらぎの郷」には九重めぐみ(松原智恵子)が新たに入居してくる。
◇出演者
風間俊介佐藤祐基、風間晋之介、井上希美、木下愛華、須森隆文、谷遼、麿赤兒
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
池添博
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


(根来公平)〈鉄兵兄さんが失踪し

村は 始まって以来の
大騒ぎになった〉

(三平)赤紙 破ったって本当か!?

〈鉄兵兄さんは 事もあろうに

荒木さんの届けた召集令状
目の前でひっちゃぶり

そのまま 山へ消えたのだ〉

〈あらゆる人が小野ヶ沢に集まり

山狩りの人たちが山へ入った〉

〈うちは鉄兵兄さんの
村で唯一の親戚だったから

徹底的に調べられた〉

(根来公一)なんでじゃ!
(根来幸子)三平兄ちゃん!

〈特に 三平兄ちゃんは
憲兵隊に連れていかれ

帰されてきたのは
もう夜中だった〉

♬~

大丈夫か?

ああ。

殴られたの?
いや。

随分 長くかかったな。
うん。

どんな事 聞かれたの?

いろんな事だ。

明日から大々的に この辺りの
山狩りが行われるそうだ。

とにかく みんな
余計な事は言うな。

(幸子)鉄兵兄さん
捕まっちゃうのかな?

捕まらないさ。
捕まっちゃったら どうなるの?

捕まらないよ。

俺 寝るわ。

大丈夫か 兄ちゃん。

ああ。

怖かった。

憲兵に尋問されたのか?

いや 刑事だ。

多分 特高の刑事だと思う。

何人もいたのか?

いや 2人だ。

話し方は
意外と優しかったんだけど

怖かった…!

どんな事 聞かれたんだ?

主に室井先生の事だ。

室井先生の?
ああ。

でも 室井先生は
もう戦死したじゃないか。

それに 小夜子先生の事もだ。

俺が甲府
小夜子先生に会いに行った事も

向こうは知ってた。

雑誌を燃やすように
頼まれた事もか?

いや そこまでは… わからない。

フミコの穴に本を隠した事も
知られてたのか?

わからない。

ただ 鉄兵兄さんと
先生夫婦の関係を

根掘り葉掘り
しつこく尋問された。

先生が まだ戦死する前

2人が
どれくらい会っていた? とか

誰か訪ねて来なかった? とか…。

それに 小夜子先生の事も
しつこく聞かれた。

どんな事を?

お前 知ってたか?

ずっと前 先生が結婚する前…。

小夜子先生と鉄兵兄さんは

好き合ってた事が
あったんだってさ。

室井先生と 小夜子先生を争って

兄さんは
自分から身を引いたらしいんだ。

でも その前も そのあとも
3人は親しくしてたらしいんだ。

どうも 今でも小夜子先生は

特高に監視されてるみたいだ。

どうも特高
鉄兵兄さんの徴兵拒否を

そこらと結び付けて
考えてるみたいなんだ。

えっ だけど…。
(信子)兄ちゃん 起きてる?

どうした?

うちの庭先に人がいる。

表の木の陰と 裏にも誰かいるって
幸子が怖がってる。

心配するな。

気にしないで寝ろ。

♬~

♬~

兄ちゃん。

心配するな。

(信子)ご苦労さまです。

まったく 何を考えてるんだか!

〈翌朝早く うちの庭先に
山狩りの人たちが集まってきた〉

〈公一兄ちゃんも
その中に駆り出されていた〉

立て!

(公一)ダルマ山には
何もなかったと

聞いておりますので

今回はケヤキの森を過ぎて

杣口辺りを捜してみるというのは
いかがでしょうか。

(荒木)おーい! 連れてきたぞ。

兄ちゃん あの人は誰だ?

ここらの山の事で 知らんものは
何もないという方です。

山おじだ。

山おじ?

(三平)鉄兵兄さんの狩りの師匠だ。

ここらの山を
知り尽くしている人だ。

♬~

♬~

〈昼過ぎ 貫井の司郎さんが
三平兄ちゃんを訪ねてきた〉

薙刀の流派を調べたぞ。

古流といわれる流派だけで
あんなにあるとは思わなかった。

でも ここらなら
恐らく穴沢流か巴流だろうって

詳しい人が話してた。
今 うちの村で

しのちゃんの教室に
通っていた人に

問い合わせてるから
そこからたぐって

しのちゃんの先生が
わかるかもしれない。

もう少し時間をくれ。
ありがとう。

来る途中
軍用車が何台も止まってた。

何かあったのか?

鉄兵兄さんを知ってるだろ。
ああ。

赤紙をひっちゃぶって
山へ逃げたんだ。

なんだって!?

徴兵拒否か。

本当か!

ああ。

大変だ。

俺は ゆうべ 町へ連れてかれて
徹底的に尋問された。

憲兵隊にか。

いや 特高の刑事にだ。

そりゃ大変だ。

ものすごい事をまた
しでかしたもんだな。

♬~

〈夕方
山狩りの連中が帰ってきた〉

〈鉄兵兄さんは
見つからなかったらしい〉

〈みんなは また明日
もっと奥のほうへ入るという事で

今夜は一応解散した〉

〈みんな へとへとに疲れていた〉

〈暗くなってから

公一兄ちゃんが
山おじを連れて帰ってきた〉

(公一)明日は
この辺りを捜しましょう。

〈山おじは
うちに泊まる事になった〉

フミコの肉だよ。

あいつ とうとう殺されたんだ。

何か わかりましたか?

どっちに逃げたか
何か痕跡が見つかったんですか?

犬も
捜査に加わってたんでしょう?

あいつらじゃ 見つからん。

いくら人数がおっても駄目じゃ。

熊の戻り足のやり方をまねて

犬まで うまく まききっとる。

あいつは もう
捜してもわからん所におるよ。

山ん衆の事を お前 知っとるか。

山奥で暮らす人たちの事ですか。

そういう人たちがいるという事は
昔 誰かに聞いた事があります。

あいつの気持ちは ようわかる。

しかし あいつのした事は
間違っとる。

時代が違う。

嫌な時代だが 仕方がない。

わしらから逃げきれても
時代からは逃げきれん。

明日から わしは山に入ってくる。

1週間か10日はかかる。

あいつに会うて説得してくる。

会えるんですか?
(山おじ)わからん。 でも捜す。

居場所の見当が
ついてるんですか?

わからん。

しかし つなぎは つくだろう。

なんとか会うて 説得してくる。

わしも行きます。

いや 来るな。

あの人方に触ってはならん。

あんたは残って
水沼に行ってやれ。

病気のその人の そばにいてやれ。

その事は わしが話をつけてやる。

あいつらは 2~3日は
山狩りをするだろうが

捜したって無理だ。

3~4日もすれば諦めるだろう。

10日かかるか 半月かかるか…。

わしが説得して
あいつを連れてくる。

だけど 兄さん出頭させたら
兄さん憲兵に捕まります!

捕まって
一体どういう事になるか…。

仕方あるまい!
時代に逆らったんじゃ。

そのくらいは
あいつも覚悟しとろう。

やめてください!
そうはいかん!

もし見つかっても
そっとしてあげて…。

(山おじ)わしも日本人じゃ!
そういうわけにはいかん。

お国に逆らう事は…
わしにはできん。

あいつは いい奴だ。

わしだって つらい。

あいつに
山の事を仕込んだのは わしだ。

わしにとって あいつは
息子以上だ。

しかし わしは日本人だ。

わしは古い人間だ。

あいつが国に逆らう姿を
見過ごすわけにはいかん!

あいつに会いに行ってくる。

♬~

(信子)公次兄さんがいる。

兄さん…。