ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ベビーシッター・ギン! 第5話 大野拓朗、ゆりやんレトリィバァ… ドラマの原作・キャストなど…

『プレミアムドラマ ベビーシッター・ギン!(5)』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 亜梨珠
  2. ギン
  3. 民代
  4. 龍之介
  5. 天使
  6. アメリ
  7. デーモン
  8. ベビーシッター
  9. ママ
  10. 惇子
  11. お願い
  12. 失礼
  13. 惇子様
  14. お義母様
  15. シッター
  16. ナニー
  17. 今日
  18. 大変
  19. スープ
  20. ダメ

f:id:dramalog:20190728225129p:plain

『プレミアムドラマ ベビーシッター・ギン!(5)』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

プレミアムドラマ ベビーシッター・ギン!(5)[字]

英国淑女の装いのギン(大野拓朗)が愛を届ける痛快ドラマ!亜梨珠は母の民代(本仮屋ユイカ)を困らせる恐るべき少女。ギンは彼女を変えられるか?

詳細情報
番組内容
英国淑女の装いに身を包むギン(大野拓朗)が愛を届ける痛快ドラマ、第5回!日本有数の食品会社の創始者一族である今出川家から仕事を依頼され、美々子(ゆりやんレトリィバァ)は大喜び。しかし、その家の子供である亜梨珠は何人ものベビーシッターを辞めさせ、母の民代(本仮屋ユイカ)を困らせる恐るべき少女だった!ギンは彼女の心に近づくことができるか?
出演者
【出演】大野拓朗ゆりやんレトリィバァ高橋ひとみ竜雷太本仮屋ユイカ,かたせ梨乃,猫背椿
原作・脚本
【原作】大和和紀,【脚本】嶋田うれ葉

 

 


(犬のほえる声)
(ツバメ)ギャ~!

(犬のほえる声)

助けて~!

うわ~!

(亜梨珠の笑い声)

殺される… 殺される~!

(美々子)痛たたたたたた~!

(龍之介)美々子様 無理をなさらない方が。
筋肉痛で動けなくなりますよ。

んなこと言ってらんないのよ。
今ね アメリカで

ぽっちゃりヨガっていうのが
はやってて

私のようなインストラクターが
大人気らしいの~。

だから セレブを集めて教えたら
かなりのもうけになるわよ~。

はあ… では ポーズは完璧でないと。

ええ~ おお。

頭を こっち側に…。
(首の骨が鳴る音) あ~ 痛たたたた!

そして 胸を はっ!
い~たたた!

痛くない! あ~ 痛い!
痛くない。 うう~!

ベビーシッターの仕事がない以上
私も頑張らないと… あ~!

(骨の鳴る音)
ああ… はあ。

はあ はあ。
はあ~。

いや それにしても
坊ちゃま 遅いですねえ。

この暑さで倒れてなければいいのですが。

(ギン)下落合ポピンズ倶楽部です。

赤よ! 止まって。

青になってから渡りましょ。

は~い じゃ 手をあげて~。

気を付けて~。
行ってらっしゃいませ~!

はあ~ 子どもは みんな天使ね。

坊ちゃま
チラシ配りは もうおしまいですか?

もう。 今どき チラシなんて
誰ももらってくれないわ。

うちも もっと
デジタルなやり方を考えないと。

あっ!
あっ すいません。

えっ? すいません。
≪兄さ~ん!

うう! 依頼よ! 依頼 依頼。

今すぐなの。
随分 急ねえ。

え~っと…
今出川亜梨珠ちゃん 6歳。

今出川家っていったら

今 日本で1 2位を争う
食品会社の創始者一族よ。

いろいろ人手が必要なのね~。

ああ! あんたがよく食べてる
ポテチのメーカー! そう!

今出川家なら 私も存じ上げております。

若い頃に執事見習をさせて頂いて
大変お世話になりました。

え? じゃあ 亜梨珠ちゃんは
生っ粋のお嬢様ってわけね。

そうよ~。
楽しみだわ~!

ダメ! そこの家は絶対ダメ!

ど… どういうことでしょう。

ああ~! あ… ダメ!

嫌~! 思い出したくない!

何事?
さあ。

あっ ボケッとしてないで
さっさと行って! はい。

くれぐれも しくじらないようにね。
はいはい。

♬~

はあ~ おっきい!

上大岡先生の講義
とってもよかったです。

私なんか ほら
2冊も買っちゃいましたわよ。

(八千代)まさか
今出川会長に呼んで頂けるなんて

光栄でしたわあ。 はい。
お孫さんの亜梨珠ちゃまも

ほんとにかわいらしくて。
かわいかったわね~。

何で あなたが?

あら! どうも。
どうしてここへ?

そりゃあ もちろん
依頼があったからですわ。

まっ! ホホホホホホ。

あなたには ちょっと
不釣り合いなお宅だと思いますけど?

ホホホホホホ。

失礼ね。 フンッ。

こんにちは
下落合ポピンズ倶楽部から参りました

下落合ギンでございます。

(民代)下落合様 お待ちしておりました。
こちらへどうぞ。

失礼いたします。

お食事は シェフがおりますので
作って頂く必要はございません。

あっ ごめんなさい ごめんなさい。
すいません。

下落合さんには 外出時の送迎と
身の回りのお世話を

お願いできればと思っております。
承知いたしました。

あの ところで
私のことは 「ギン」と お呼び下さいませ。

はい。

(惇子)民代さん。
今すぐ 車 出してちょうだい。 はい!

随分 今までの方とは雰囲気が違うわね。

私 英国王立ナニー協会認定の
プロでございます。

英国王立 それは結構。
で 契約の方だけど

専属になって頂くことは可能かしら?
専属に?

そう 専属。 ただし 簡単に
お辞めになってしまっては困りますよ。

最近のシッターさん
こらえ性がなくて。

そのようなご心配には及びません。
ならいいけど。

報酬は どのぐらいがご希望?
ああ そうですね。

専属契約となりますと 規定料金の…。

5倍。
あっ いえ… え~…。

これくらい?

いいでしょう 分かりました。

それで 亜梨珠ちゃんは?

亜梨珠~ いらっしゃい!

新しいシッターさんよ。

(亜梨珠)は~い!

こんにちは 今出川亜梨珠です。

まあ! うわさにたがわず
なんて愛らしい。

下落合ギンです。
「ギンちゃん」って呼んでね。

はい ギンちゃん
よろしくお願いします。

なんて礼儀正しい!

この私が
しっかりと しつけてきましたから

亜梨珠は将来
今出川食品をしょって立つ子です。

くれぐれも おろそかに扱わぬよう
お願いしますよ。

かしこまりました。

(民代)社長 お車の用意ができました。

(惇子)はい。 おばあちゃま
ちょっと お出かけしてくるわね。 うん。

行ってらっしゃいませ。

おばあちゃま 民代さん
行ってらっしゃい。

行ってきます。

亜梨珠のこと よろしくお願いします。

部屋に来て。

は~い! ウフ ウフ。

どうぞ。
頂きますわ。

ああ おいしそう。

う~ん おいしい。

ん? 何これ。

ああ~! アハハハハ!

え? な~んだ 偽物か。

グミよ 食べる?

もう どうしてこんなことするの!
亜梨珠ちゃん!

なれなれしい。 亜梨珠様でしょ?
「様」?

ギン 馬になりなさい。

早く!
はっ。 は… はい。

はい。

あっ 痛い。
早く進め!

はい! はい! 痛い痛い! 痛いって。

痛いわ!
早く!

あいたじゃなくて ヒヒ~ンでしょ!
ヒヒ~ン! ヒ ヒ ヒ ヒ…。

あ~ つまんない。
次は鬼ごっこよ。 ギンが鬼ね。

え? ちょっと待って。

邪魔!
(コック)おっ。

待って~!

あれ? 亜梨珠ちゃま~?

あれ?

あ~!
(コック)危ない!

ああ あ~ 助かった。

あ~!
ああ~!

(階段を落ちる音)

あいた! 痛い 痛~い。

アハハハハ! ざまあみろ!

どうしてこんなこと…
大ケガしたら どうするの!

ふん。 お前なんか さっさと出ていけ。

え!?
大丈夫ですか!?

大丈夫ですか?
ちょ ちょ…。

あいたたたた 痛い 痛い。

悪いことは言わない
さっさと辞めた方がいいですよ。

それは どういう…?

あの子は 使用人の間じゃ

ベビーシッターキラーと
呼ばれてるんです。

ベビーシッターキラー?
ええ。

あの子は… 悪魔の子です。

ふ… ふう~。

まさか。 子どもは みんな 天使ですわ。

何が天使だ。 そんな甘いこと言ってると
今に後悔しますよ!

私は今日で辞めさせてもらいます!

あ… ちょっ…。

もうやだ!

ギンさん! どうされたんですか?

あ… ちょっと ぶつけただけですわ。

ああ 亜梨珠ちゃま
見かけによらず おてんばなんですね。

娘が? 申し訳ありません!

娘? え? あなた
亜梨珠ちゃまのママなんですの?

はい。 申し遅れてすみません。

あ… いえ。 てっきり
おばあちゃまの秘書か何かと…。

まあ 実際 そのようなものですから。

お恥ずかしい話ですが

あの子は 私の手にも負えないんです。

父親がいれば
多少は違ったと思うんですけど

主人は今 アメリカの支社におりまして。

とにかく お願いですから
どうか辞めないで下さいね。

分かりました。

どうりで3倍も支払ってくれるわけねえ。

あいた! 痛い 痛い。

じい もっと
優しく貼って。

失礼いたしました。
それにしても 随分とやられましたねえ。

ああ さっぱり分からないわ

なぜ 亜梨珠ちゃまは 私に刃を…
冷たい… 向けるの?

私 どっか変?

え… え~…。

あっ 冷たい。 じい~。

そういえば あの…
惇子様 お元気でしたか?

ああ あの社長。

いかにも女帝って感じだったわ。

孫には 甘々だけど。

あの民代さんって人も
娘を叱れないみたいだし

どうなってるんだか。
はあ~ いろいろ大変そうねえ。

無理そうなら
今回に限って 断ってもいいわよ~。

もう!

行くわよ 行きますとも。
むしろ辞められませんわ。

亜梨珠ちゃま~!

亜梨珠ちゃま!

(犬のうなり声)

デーモン。
(ほえる声)

亜梨珠のエステサロンへ ようこそ。

ギン お肌すべすべになりたくない?

なりた~い!
でしょう? パックしてあげる。

パックは これが一番。

こちらは
亜梨珠ちゃまのお顔に貼りましょ。

やめてよ バカ!
待って~。

ねえ これできる?

まあ できるわよ。

見てなさい。

あ… あ… あ… あ… あ…。

♬~

はあ~ ああ 危なかった。

どうしてできるの?

私 ちょっとした魔法が使えるのよ。
うそだ!

♬「私はナニー プロのナニー」
「はぁ?」

♬「いたいけな天使ちゃんを~
笑顔にしますわ!」

♬「その気持ち全部」

♬「私が受け止めるわね~」
「何言ってんの?」

♬「天使ちゃんの笑顔が私の~」
「何が天使よ」

♬「幸せでも、 あるの、 だから今日も~」

♬「心を込め~て お料理する~わ」

♬「どうぞたっぷり召し上がれ~」
「意味わかんない!」

さあ まずは スープからいかが?

これ 何の野菜が入ってるの?

ニンジン タマネギ ピーマン セロリ
トマト。

全部嫌い。
まあ そう言わずに。

ほら グラタンが食べ頃ですわ。
まだ熱い。

ほら ハンバーグもどうぞ。
お肉が硬い。

まあっ
スープで流し込んで下さいませ。 ほら。

お代わり持ってきて。

あ~ら 何だかんだ言って

全て召し上がって下さったのね。

うれしいわ ありがとうございます。

明日も
ギンが 愛情たっぷり作らせて頂きます。

いいですわね?

♬「私はナニー プロのナニー」

♬「憎まれて~ 叩かれても~」

♬「可愛い天使ちゃん いつか私にも」

♬「きっと~ 心開いてね~」

♬「私はナニー プロのナニー」

♬「いたいけな天使ちゃんを~
笑顔にしますわ!」

♬「その気持ち全部
私が受け止めるわね~」

♬~

タコはオクトパス。
サンゴはコーラル。

発音が全然ダメ。

まあ! 私は英国王立ナニー協会…。
(ノック) はい。

失礼いたします。
ただいま戻りました。

お帰りなさいませ。
体調が悪くて…

お義母様に言って
先に失礼させて頂いたんです。

申し訳ないんですが
少し… 奥で休ませてもらいます。

ええ どうぞ。
こちらは問題ありませんので。

待って。

ギンは もう帰っていいわ。
え?

民代さん これ読んでよ
パパが送ってくれたやつ。

私 英語は ちょっと…。

じゃあ こっちを読んで。

「よだかは、 実に」。
(せきこみ)

「みにくい鳥です。 顔は…」。

(民代のせきこみ)
もう お休みになられたら?

絵本なら 私が読みますから。

すいません。 はあ~。

亜梨珠のこと よろしくお願いします。

役立たず。

フン。 おばあちゃまが言ってた。
民代さんは 何を読んでも棒読みだって。

(惇子)自己管理がなってない証拠よ。

いつも 健康にだけは気を付けなさいって
言ってるでしょう。

はあ~。 どっか ビジネスホテルでも…。

申し訳ありません。

治るまで ビジネスホテルに
泊まらせて頂きますので。

(惇子)あら そう? あなたが
そう言うんだったら しかたないわね。

でも 今度のお茶の会までには
必ず治して戻ってきてね。

(民代)はい。

そんな!
部屋ならいくつもあるんですから

おうちで ゆっくり休んだら
いいじゃないですか。

この人が
そうしたいって言ってんだから

亜梨珠にうつったら大変だもの
しかたないでしょ。

でも…。
いいんです。 (せきこみ)

私が 2~3日
外に行けば済む話ですから。

じゃ そういうことで。 はい。

ちょっと!
ギンさん。

(せきこみ)

亜梨珠のことは
ギンさんにお任せしますので

どうか よろしくお願いします。

(せきこみ)

(せきこみ)

(玄関のドアの開閉音)

ホテルの前で 母親を拉致したの!?

あんな息の詰まる生活してたら
治るものも治らないもの。

ほんと 勝手なんだから。

風邪が治るまで
ゆっくり ここで休んだらいいわ。

何なら
好きなだけいてくれてもいいのよ。

すいません。

どうぞ。 しょうが湯でございます。

ありがとうございます。

あの…
お支払いは きちんといたしますので。

フ… そうして下さると助かりますわあ。

うちも 慈善事業をやってる余裕は
ないんですから。

何てったって あなた
天下の今出川家の奥様なんですもんねえ。

(せきこみ)
そ… そんな

言うほどいいもんじゃありません。

私なんて 普通の家庭に育ったので…。
そうなの?

ん~ いいわよねえ? 玉のこし。

ご苦労がおありのようですが

ひょっとして 惇子様と
うまくいっておられないのですか?

初めのうちは 夫が間に入ってくれて
なんとかやってたんです。

でも
夫がアメリカに行ってしまってからは…。

うまくいかなくなっちゃったんだ。

いちいち
私のやることが気に入らないみたいで…。

(せきこみ)

亜梨珠の教育方針も
全部 お義母様が決めるようになって。

う~わ
想像しただけで ゾッとする~。

亜梨珠が3歳になると
一緒に寝ることすら禁じられて。

お義母様は 亜梨珠を
自分の思ったように育てたいんですよ。

うん! そんなのねえ もう 姑に
がつんと言ってやんなさいよ!

(民代)そ… そんなこと… 言えません。

さっ うどんが出来ましたわよ~。

はい。
ありがとうございます。

それにしても 亜梨珠ちゃま

どうして あんなに
ベビーシッターを毛嫌いするのかしら。

それは私にも…。

実を言うと…。
どうしたの?

私 娘が怖いんです。

どんどん お義母様に似てきて…。

一体 あの子が何を考えてるか
分からないんです。

今じゃ
娘の眼中に 私はいないと思うんですけど。

おはようございます。
あ おはよう。

亜梨珠 今日 気分がすぐれないんで
幼稚園 行きたくないんですって。

休みの連絡は入れといたから
あとはよろしく。

かしこまりました。
あなた ちょっと車回してくれない?

私 運転はいたしませんので。

はあ~ 使えないわね。

(龍之介)お車なら 私が。

あら!

かつて お父様に お仕えさせて頂いた
龍之介でございます。

何年ぶり… いや
40年ぶりぐらいかしら。

惇子様 お変わりありませんね。
いや もう お上手ねえ。

それでは 私 亜梨珠ちゃまが
お待ちしておりますので 失礼いたします。

あ ちょっと…
(龍之介)惇子様 まいりましょう。

あっ そう? ウフフフ。
(龍之介)さっ まいりましょう。 アハハハ。

(惇子)お元気でいらした?
(龍之介)恐れ入ります おかげさまで。

じいもやるわねえ。

惇子様の方は
いかがでございますか?

もう 亜梨珠もおっきくなって
すっかりおばあちゃん。 ハハハハ!

6度3分。 平熱ね。

幼稚園 今から行きましょ。

嫌!
あの人の風邪がうつった! もう最悪!

(せきこみ)
そんなこと言って

民代さんがかわいそうだわ。
どこが? 私の方がかわいそうでしょ?

それじゃあ 亜梨珠ちゃまが治るまで

民代さんは ギンのおうちに
いなくちゃいけないわねえ。

快適すぎて
もう ここへは帰ってこないかも。

別にいいし。
え?

ちょっと。
亜梨珠ちゃま どこ行くの?

具合悪いんでしょ? あっ。

亜梨珠ちゃま
お部屋に戻りましょ。

デーモン。
(うなり声)

(ほえる声)

キャ~ やっ やっ… ちょ… ちょっと

亜梨珠ちゃま デーモンを止めて!

ギンが辞めると言うまで やめない。

ええ~? お願い 殺される~!

あ… 分かった 分かったから。
私 ベビーシッターを…

ぜ~ったいに辞めるもんですか!
(ほえる声)

(ドスの利いた声で)デーモン止まれ!

臆病な犬ほど よくほえるんだよ。

この臆病者が!
デーモン 何してるの! やれ!

動いたら ただじゃおかねえぞ。
デーモン!

デーモン!
ちょっと待ちなさい!

何でも わがままが通ると思ったら…。

大間違いよ。

(惇子)ありがとう。
おばあちゃま!

ギンをクビにして。 どうしたの?
私に 草むしりさせたの。

あのベビーシッター 変よ。
あ~ら おばあちゃま お帰りなさいませ。

亜梨珠を使用人扱いするとは
何事ですか。

草むしりは あなたの仕事でしょ!

いいえ~。 私はメイドではございません
ベビーシッターです。

亜梨珠は
今出川食品をしょって立つ子です。

だからこそです。
大企業のトップは

帝王学において 何よりもまず 掃除。
掃除こそ学ぶものですよ。

掃除?
ええ 掃除。

おばあちゃま…。

ほら
亜梨珠が 嫌って言ってるじゃないですか。

ああそうですか。 これだけで クビ!

これじゃ シッターが何人いても
切りがございませんわねえ。

次の方も いつ見つかることか。

私 急に呼ばれて来ましたけれども

そんなシッター 普通はおりませんのよ。

(せきこみ)

本当に 私がいなくなっちゃっても
よろしいんですわね?

あなたもお困りでしょ?

それでも 出ていけというなら
出ていっても構いませんけど。

ちょっと待って ギンさん。

亜梨珠~
次のシッターさん見つかるまで

あっ 我慢できるわよねえ。
はい お願いね。 嫌!

は~い。
嫌!

さっ 亜梨珠ちゃま
デーモンのお散歩に行きましょう!

行ってらっしゃい。 はあ。

デーモン 行くわよ。

ねえ ギン。
うん?

どうして ギンは
意地悪されても辞めないの?

どうしてって それは…。

いいお金がもらえるからよ~。
実は うち 家計が火の車で大変なの。

何それ~。

つまり 大人は 生きるために 毎日働いて
お金を稼がなきゃいけないってこと。

大人って めんどくさい。

まっ それだけじゃないけどね。

亜梨珠ちゃま。

どうして 亜梨珠ちゃまと民代さんは
親子なのに そんなに変なの?

私は変じゃない。

そうかしら。

お疲れさま。 今日は もういいわ。

そうですか では。

亜梨珠 ちょっと お話 聞いてくれる?
なあに?

ウフフ… そろそろ 亜梨珠

パパに会いたくない?
会いたいけど…。

でしょ? だったら 来年から
アメリカの小学校へ行くのはどうかしら。

パパも会いたがってるし。
アメリカ?

うん。 外国の暮らしを経験するのは
とってもいいことよ。

将来 きっと 亜梨珠の役に立つと思うの。

あ~ 大丈夫よ。 向こうにはね
大勢のシッターやメイドもいるし

民代さんがいなくても
な~んの心配もいらないわ。

今日はね
おばあちゃまが絵本読んであげる。

どれがいいかしら…。

あら。 こんな古いの まだあった…。
触んないで!

触んないで?

おばあちゃま
亜梨珠ちゃま 今日はお疲れなんです。

あとは私が。

あなた まだいたの。

♬~

(龍之介)
これが まさか 陣清の茶碗ですか?

父から譲り受けたの。
はあ~。

美術館にあっても
おかしくないものですなあ。

どうかされましたか?

はっ… 思いどおりにいかないものね。

何か…?

亜梨珠を
早くアメリカにやった方がいいわね。

日本よりいい教育を受けさせて…
その方がいいわ。

惇子様 少々お疲れのようですね。

少し お休みを取られたら
よろしいんではないですか?

父が亡くなって 今出川 継いだ日から
心安まる時なんて 一度もなかったわ。

ただひたすら家族のために
前を向いてやってきたけど

どうして こう
うまくいかないのかしらね。

よかれと思ってやってきたことが…
あの子の育て方 間違えたのかしらね。

寝顔は完璧な天使ね。

あ… ごめんなさい 起こしちゃった?

これ 読んでくれる?

ええ いいわよ。

「にんじんケーキ」。

「にひきの うさぎが
けっこんした とき、

これほど にあいの ふうふは、
うさぎの くにじゅう さがしても

みつからないだろう、 と
いわれたものでした。

ゆめのような けっこんしきでした。

キャベツの シチューや
カブの パイ、

ガラスの おおいを かぶせた、
やわらかい レタスも ありました」。

≪(玄関のドアが開く音)
≪ありがと。

ただいま~。
ただいま戻りました。

あら~ いい匂い。
お帰り~。

お帰りなさいませ。
民代様 もう お体はよろしいんですか?

ええ。 おかげさまで
だいぶ動けるようになりました。

すみません。 お台所と
エプロンも 勝手にお借りしまして。

(龍之介)どうぞ どうぞ。
せめてものお礼にと思いまして。

私たちも お呼ばれしようかしら。

結構ですね。 さっ どうぞ どうぞ。
はい。

あんた 何 もう食べてんのよ!
何よ~。

う~ん。 どれも
大変おいしゅうございます。

ありがとうございます。

お義母様の口には合わないみたいで
家では作らせてもらえないんですけどね。

このスープ 最高。
お代わりしちゃおっと。

そのスープ
亜梨珠が小さい時に よく作ったんです。

ニンジン タマネギ
ピーマン セロリ トマト。

あの子 全部嫌いで。

なんとか野菜を食べさせたくて
それで このスープ作ったんです。

(龍之介)へえ~。
亜梨珠ちゃまに ごはんを作った時

野菜のスープだけは
お代わりしてくれたの。

そうなんですか?

え…? ちょ… ちょっ…
ちょっと待って ちょっと待って。

気性が激しいのは 情にあついしるし。

意地悪を思いつくのは 知恵があるから。

そうよ~!
子どもの欠点というのは

実は その子の すばらしい資質や愛情に
つながってるのよ!

どうしたの?
この世に

悪魔の子なんて
一人もいないってことよ。

はあ? 一体 何のこと?

(龍之介)民代様。

惇子様は 亜梨珠様を アメリカの学校へ
入れるおつもりのようです。

ええ!? ダメよ! 阻止しなきゃ!

アメリカなんか行っちゃったら
契約打ち切られちゃうじゃない!

美々子様 問題は そこではありません!

亜梨珠が… アメリカに!?

あなた それでいいの?

私だって 本当は そばにいたい。

でも…。

あなた 明日 必ず戻ってきて。

雨が降っても ヤリが降っても

天と地がひっくり返っても
戻ってくるのよ。

♬~

亜梨珠 おはよう。
おはようございます。

どうしたの?
民代さんは?

ああ お茶の会までには
戻ってくるって言ってたけど

どうしたのかしらね?

亜梨珠ちゃま ここにいたの?

涼しいお部屋で おやつでもいかが?

あら! 民代さん お帰りなさい。

ギンさん 亜梨珠 ただいま。

あ… 亜梨珠ちゃま どこ行くの?

(ほえる声)

亜梨珠 ちょっと待って!

♬~

(ほえる声)

デーモン。

(割れる音)

は~! なんてこと!

(惇子)亜梨珠 どうしたの?

あっ! ちょっと!
(客)まあ!

これは 陣清の茶碗!
ケガない? 大丈夫?

国宝級が 大変!

私じゃない 私のせいじゃない!

亜梨珠

おばあちゃまに ごめんなさいは?
違う 私は悪くない。

どうして そんなこと言うの?
私じゃない。 ギンが…。

あなたがやったの?
違います!

割ったの… 亜梨珠です。

亜梨珠… ギンさんは
いつも 亜梨珠によくしてくれるじゃない。

ベビーシッターなんか いらない!

だからって そんな うそついていいの?

亜梨珠が違うって言ってんだから
いいじゃない。

よくありません!

(惇子)民代さん 何がよくないの?

だって… だって

ダメなものはダメって
ちゃんと 母親が言わないと。

亜梨珠?

何で そうなの?
え?

私を一人にして
いつもほったらかしで。

亜梨珠。 あなたには

いつも お世話してくれる人が
いるじゃない。

知らないベビーシッターが そばにいて
お料理も 知らない人が作って…。

もう 全部嫌なの!

ベビーシッターなんか嫌い!
コックも嫌い!

1人でお風呂入るのも 全部大っ嫌い!

亜梨珠ちゃま。

ああ~ 私 結構自信あったんですのよ。

亜梨珠ちゃまに
きっと好きになってもらえるって。

でも よ~く分かりました。

これじゃ どうしたって
好きになんてなってもらえないわね。

亜梨珠ちゃまが 本当に欲しかったのは…。

ベビーシッターなんかじゃ
ないんですもの。

行きましょ。
(惇子)民代さん。

えっと… ここじゃない。

あった!

亜梨珠 あの… これ。

「にんじんケーキ」。

直ってる。

ギンさんが 持ってきてくれたの。

直したのは ママだけどね。

2歳のお誕生日にあげた その絵本
ずっと持っててくれたんだね。

亜梨珠

今まで
褒めることも叱ることもできなくて…。

傷つけてることにも気付かなかった。

亜梨珠は 優しい子。

本当は 悪いことは 悪いって分かってる。

亜梨珠なら ちゃんと謝れるでしょう?

亜梨珠!

ごめんなさい
お茶碗 私が割りました。

よくできました。

亜梨珠

私が あなたの気持ち無視して
民代さんと引き離そうとしたから

素直になれなかったのね。

お義母様…。

私はね
あなたを立派に育てたかっただけなの。

おばあちゃま 許してね。

♬~

亜梨珠。

今まで
寂しい思いさせて ごめんね。

これからは
ママ ずっと亜梨珠のそばにいるよ。

何を言われようと 絶対離れない。

亜梨珠が嫌だろうと ママ離れないよ。

やめてよ ママ~。

やっと ママって言ってくれた。

ママ… ママ~!

ママ~。

♬~

(龍之介)申し訳ございませんが
皆様 もう少々お待ち下さい。

さっ 私たちは
ガーデンパーティーでもしましょうか。

うん!

お義母様 私も
亜梨珠と一緒に行ってもいいですか?

ええ。
ありがとうございます。

行こう。
行こう。

はあ さてと
新しいお茶碗の用意しないと。

ですよねえ。
ねえ。

あらっ これ 陣清じゃないわね。
ええ?

失礼いたします。
こちらが 本物みたいですわあ。

執事が よかれと思って
よけておいたみたいです。

直前に 皆さんにお出しするつもりで。
さすが 龍之介さん。

気が利くわねえ。
恐れ入ります。

(八千代)確かに よく見たら
陣清じゃありませんね。

おはよ~。
おはよ。

ちょっと 兄さん 何のんきに
お茶なんか飲んでんのよ。 今出川家は?

クビになったわ。
えっ クビ!? 何で~?

これからは 亜梨珠ちゃまのお世話は
民代さんがするんですって。

旦那さんも帰国するのよ。

あと おばあちゃまは
社長を退いて 会長になるみたい。

え… そんなあ~。

じい! お水ちょうだい じい~。

じいなら 今出川家のおばあちゃまと
2人で絵画展に行ったわ。

え! もう~ みんな勝手なんだから~!

あら ほんと 天使みたい。
そう。

ほんと かわいかったわ。
今出川亜梨珠ちゃま。

いつまでも ママとお幸せにね。

(八千代)こんばんは~。
いらっしゃいませ。 フフフフフ。

あら 珍しい。 日本酒もお飲みになるの?

ええ。 たまに飲みたくなるんです。

そのおちょこ まさか 陣清…。

いえ…。
さっすが お目が高い!

どうですか? 1杯。
是非! おちょこ もう一つ。

どうぞ。

なっはあ~!
本物で頂くと なおおいしい!