ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第79話 風間俊介、佐藤祐基、風間晋之介… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #79 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 根来三平
  2. 紀子姉
  3. 三平
  4. 小野ヶ沢
  5. フミコ
  6. 係官
  7. 軍医
  8. 公一兄
  9. 荒木
  10. 大正
  11. 日生
  12. 家族
  13. 小野ヶ沢出身
  14. 醤油
  15. 親父
  16. 人間
  17. 水沼
  18. 西条
  19. 西条五介
  20. 薙刀

f:id:dramalog:20190725183746p:plain

『やすらぎの刻~道 #79 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

やすらぎの刻~道 #79 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
突然しの(清野菜名)が「しばらく家を出ます」と置き手紙を残していなくなった。根来公平(風間俊介)と三平(風間晋之介)は心当たりの場所を必死に探すが…。一方、長兄・公一(佐藤祐基)と公平は、病気で満州から帰国したニキビの姉・紀子(佐久間麻由)を見舞う。かつて公一と恋仲だった紀子は、すっかりやつれ、山の古い蔵に隔離されていた。そんな中、ついに三平の徴兵検査が始まる。鉄兵(平山浩行)にも赤紙が届くが…
◇出演者
風間俊介佐藤祐基、風間晋之介、井上希美、木下愛華、須森隆文、小久保寿人、谷遼、塩見大貴
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
池添博
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


♬~

ああ…。

はあ…。

姫!

こっそり
こんなもの書いてらしたのね。

いや… あの それは…。

年を取ってからの しのの役
どなたに させるつもりなの?

あっ はい…。

実は 姫 あの…。

それ あなたに当てて…。

そうだと思った。

ウフッ。 嬉しいわ。

出て頂けますか?

出たいんだけど…

足が…。

足?

足が… ないの。

足のない役に書いてくださる?

♬~

ああ… はあ…。

♬~

夢か…。

満州から 病気で帰された
ニキビの姉さん

紀子姉さんを見舞いに

公一兄ちゃんと
水沼まで行った日…〉

〈町外れの小屋に
たった一人で隔離され

寝ていた紀子姉さんに付き添って

僕らは水沼に 一晩泊まった〉

〈翌日 小野ヶ沢に帰ってくると
熊のフミコが殺されていた〉

〈この辺りの山の主だった
フミコは

農地開拓で森を追われ

畑に出てきて
撃たれて死んだのだ〉

悲しそうに わしの目を見た。

〈鉄兵兄さんの言ったとおり

熊が殺された時に吹くという
熊嵐が

その晩
奥山から小野ヶ沢に吹いた〉

♬~

紀子姉さんの具合はどうだった?

ひどいもんさ。

村外れの小屋に
一人 隔離されて

鮫島の実家は ほったらかしだ。

農家のじいさんが
飯 運んでたよ。

体の方は?
せきが ひどかった。

俺たちの前で 血 吐いたよ。

公一兄ちゃんを見て
喜んでたか?

嘘でしょうって… 涙ためてた。

小野ヶ沢に帰ろうって
兄ちゃん 誘ったんだ。

望月製糸のトラック
借りてもいいし

俺たちが
大八車 引いてもいいし。

最後は 兄ちゃん

おぶってでも
小野ヶ沢に連れてくって

泣きながら勧めた。

紀子姉さん…

笑いながら 首 振った。

小野ヶ沢は
夢で見てるからいいって。

♬~

紀子姉さん 昔と変わってたか?

俺は
昔 2~3度 見たきりだけど

やつれて…。

とても見れたもんじゃなかった。

(三平の声)白くて きれいで…

優しい人だった。

ああ。

俺は てっきり 公一兄ちゃんと
一緒になるもんだと思ってたんだ。

甲田の本家の
鮫島からの借金のカタに

紀子姉ちゃんは
とられたみたいなもんだ。

あっという間の出来事で

親父が 甲田に
すっ飛んでった時には

もう 水沼に連れてかれてたんだ。

あん時は 親父も
青くなって怒った。

公一兄ちゃんに
もう諦めろって…

親父 幾晩も説得してた。

兄ちゃん あれから
人が変わって…

あんまり
口を利かんようになった。

しのちゃんからは
全然 連絡なしか?

ああ。

うちは…

女には ツイてないんだなあ。

頑張ろう!

何を?

なんとなく。

〈その晩 僕らは
フミコの肉を食った〉

(根来幸子)ちょっと硬いけど
おいしいね。

フミコ おいしいよ。

みんなで
おいしく頂いてるからね。

〈フミコの肉は
悲しい味がした〉

〈だけど 肉だから
やっぱり うまかった〉

人間のお肉も
おいしいんだってね。

しのちゃんが
こないだ 話してた。

しのちゃんの お尻触った
軍の偉い人が シナで馬賊から

ごちそうになったんだって
すき焼きで。

その話が あとで聞かされたら…。

なんて話するんだ!
馬鹿な事 言うな!

ごめんなさい。

おい。
はい。

この鍋 味が濃すぎないか?
醤油の入れすぎじゃ。

たまり醤油を うんと入れたのよ。

明日が 三平兄ちゃんの
徴兵検査だから。

フフフフ…。

(係官)山田英生!
(山田)はい。

横谷幸次!
(横谷)はい。

武藤健一郎!
(武藤)はい。

中村修
(中村 修)はい。

貫井司郎!
(貫井司郎)はい。

呼ばれた者から 1名ずつ
ついたての中に入れ。

(係官)入ったら
ふんどしも外して

軍医殿に 登録番号 姓名 生年月日
出身地名を申告!

西条五介!
(西条五介)はい!

中へ。

(西条)はい。

203番 西条五介。

大正11年4月2日生まれ。
小滝村出身。

82センチ。
(係官)次!

(荒木)172センチ。
足 上げろ!

次!

根来三平!

根来三平!

(係官)根来三平!!
根来三平であります!

読みにくい名前を付けるな!

はい!

中へ…!
はい。

失礼します。

115番 根来三平。

大正11年4月6日生まれ。
小野ヶ沢出身。

座れ。
はい。

口を開けろ。 舌を出せ。

(三平)あっ…。

何か大きな病気をした事が
あるか?

(三平)ありません!

(軍医)はい 背中。
(三平)はい。

はい よし! 次へ。

75番 葛井俊。

115番 根来三平。

大正11年4月6日生まれ。
小野ヶ沢出身。

回れ右して 床に手をついて
四つんばいになれ!

はい。

もっと 足を開いて
ケツを持ち上げて

肛門を こっちに向けろ!

(軍医)屁こくなよ。

あっ! うっ…。

(軍医)コラ! クソたれたら
ちゃんと拭かんか!

この…!

肛門に 青グソが付着してるべ!

(尻をたたく音)
次!

(係官)中川良一!
(中川良一)はい!

115番 根来三平。

大正11年4月6日生まれ。
小野ヶ沢出身。

もっと近くに寄れ。
はい!

もっと!

あっ! うっ… 何を…。

貴様 女性と
ナニの経験はあるか?

そんなもん ありません!
そんなもんとは なんだ!

こんな立派なもん
ぶら下げやがって!

あっ… うっ… 痛い!
痛いであります!

痛くない 痛くない!
うっ…。

(軍医)ああ 痛い痛い…
痛くない!

よし!

よし。

言っておくが
5分や10分の享楽のために

花柳病に感染して
一生を棒に振らぬように。

あとは あっちで
小便とって おしまい!

はい。
おい。

はい!
腎臓病に見せかけようとして

醤油を ガボガボ飲んできたり
せんだろうな!?

とんでも…
そんな事 しとりません!

(西条)
思ったほどの事はなかったな。

(貫井)そうか?

(貫井)
ケツの穴に 指 突っ込まれて

チンチン握られて
しごかれた時は…

人間の尊厳を奪われた気がした。

(中村)アハハハ…。
人間の尊厳か。 懐かしい言葉だ。

どうだ?
久しぶりに鯉沼会議を開くか?

いいな。
議題は なんだ?

近況報告と情報交換だ。
いいな。

あれから 何かあったか?

大ありだ。

何があった?

しのが消えちまった。
(一同)消えた!?

何も言わずにか?
ああ。

簡単な置き手紙 残してな。

なぜだ? どうして消えたんだ?

よくわからない。 でも…。

何もできないのが
歯がゆかったんだろうな。

何もできないって 何に対して?

お国に対してさ。

(西条)家族よりもか?

(三平)そうなんだなあ。

家族よりも国か。

うん…。

家族より国だ。

どこに行ったか
心当たりはないのか?

うん…。

多分 甲府か…

東京か。

東京だったら 始末が悪いな。

人が多すぎて探しようがない。

親しい友達は いなかったのか?

知らない。

彼女 しばらくは
よそにいたんだ。

あいつ…

本当の妹じゃないんだ。

小野ヶ沢の浅井って家の娘で

うちに来る前は 家の事情で
しばらくどっかで暮らしてたんだ。

けど そのどっかを
俺 知らないんだ。

♬~

彼女 薙刀
どこで覚えたんだ?

薙刀って
いくつも流派があるのか?

うん… そんなに いくつも
ないと思うぞ。

彼女 薙刀
教えてたんだろう?

その線から 何か探せないのか?

〈青天霹靂の事件が
起こったのは

その2~3日あとの事だった〉

♬~

♬~

公一は どこだ?
まだ畑だけど 何か…。

鉄兵んとこに 赤紙が来たんじゃ。
(三平)えっ!

それを あいつに
たった今 届けたら

事もあろうに
あいつ その赤紙

わしの目の前で
破り捨てたんじゃ!

えっ!?

(荒木)戦争には行かんと
言いおってな。

(荒木)知らんぞ わしは
どうなっても!

ちょ ちょ… ちょっと 荒木さん!
ちょっと待って。 ちょっ…。

(公一)何をしたんじゃ!
徴兵拒否は重罪だぞ!

(鉄兵)食うためでもないのに
生き物を殺すのは 性に合わん。

殺すのも嫌だし
殺されるのもかなわん。