ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

仮面同窓会 第8話 最終回 溝端淳平、瀧本美織、廣瀬智紀… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『<オトナの土ドラ>・仮面同窓会 #08【悔恨▽溝端淳平 瀧本美織】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 譲司
  2. 八真人
  3. 真理
  4. 希一
  5. 洋輔
  6. 美郷
  7. 樫村
  8. お前
  9. 雅之
  10. 日比野
  11. 和康
  12. 親友
  13. 悲鳴
  14. スタンガン
  15. 自分
  16. ホント
  17. 一人
  18. 彼女
  19. 雅之君
  20. 人殺

f:id:dramalog:20190721075110p:plain

『<オトナの土ドラ>・仮面同窓会 #08【悔恨▽溝端淳平 瀧本美織】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

[終]<オトナの土ドラ>・仮面同窓会 #08【悔恨▽溝端淳平 瀧本美織】[字][デ]

これまでの事件の真相は一体何なのか?ついに明らかになる過去の本当の秘密。そのすべてを洋輔(溝端淳平)は受け止めきれるのか?衝撃の結末を見逃すな!

詳細情報
番組内容
気を失った洋輔(溝端淳平)が目を覚ますと、廃ビルの一角で車いすに座らされ、手足をガムテープで縛られていることに気付く。その車いすをゆっくり押すのは美郷(瀧本美織)。状況が飲み込めない洋輔を前に、美郷は真実を語り出す。さらに別のフロアからは、八真人(廣瀬智紀)の悲鳴が聞こえ…。
これまでの事件の真相は一体何なのか?ついに明らかになる過去の本当の秘密。そのすべてを洋輔は受け止めきれるのか?衝撃の結末を
番組内容2
見逃すな!
出演者
新谷洋輔: 溝端淳平 
竹中美郷: 瀧本美織 
皆川希一: 佐野岳 
大見和康: 木村了 
片岡八真人: 廣瀬智紀 

安村譲司: 永井大 
樫村貞茂: 渡辺裕之
スタッフ
【企画】
横田誠(東海テレビ

【原作】
雫井脩介「仮面同窓会」(幻冬舎文庫

【脚本】
山岡潤平

【音楽】
有田尚史

【主題歌】
HYDE『ANOTHER MOMENT』(Virgin Music)

【プロデューサー】
遠山圭介(東海テレビ) 
石塚清和(ファインエンターテイメント) 
清家優輝(ファインエンターテイメント)

【演出】
内藤瑛亮

【制作著作】
ファインエンターテイメント
スタッフ2
【制作】
東海テレビ

 

 


(八真人)真理を やったのは…。
(希一)てめえ 裏切んのか?

鉄の結束 破るつもりか?

(八真人)希一が
真理を 犯したんだ。

(希一)死ぬ前に やれて
真理も 喜んでるよ。

(洋輔)希一? 希一!

日比野 真理の兄か?

美郷の ストーカー?

何だ これ?

美郷。 これ…。
(スタンガンの音)

うっ!?

♬~

(美郷)今 着いた。
これから 上がる。

(洋輔)美郷?
何 これ? どういうこと?

(スタンガンの音)
動かないで。

仕方ないよ。 あの くずたちと
関わり過ぎたから。

くずって?

希一。 和康。 八真人。

余計なことしなければ
助かったのに。

どこ 行く気だよ?

譲司が 待ってる。

(美郷)譲司が 教えてくれたの。
私が やるべきこと。

やるべきこと?

これは 私たちの 復讐。

(彩香)《私は 知らない。
私は 何も知らない!?》

(悲鳴)

(スタンガンの音)

(ブレーキ音)

でも いじめは
自殺の原因じゃ なかったのに。

真理を傷つけた 事実は
消えない。 当然の報いだよ。

命は 奪わなかったんだから
配慮してあげてるでしょ。

まあ 鏡 見るたびに
自分の罪 思い出すんだろうけど。

俺たちに 近づいたのは…。

分かってるでしょ?

日比野の 死の真相を
探るため。

(譲司)《ああ。 そういえば

狐狸山高っつったら 10年前に
飛び降り自殺が あったよな?》

(希一)《日比野 真理な》
(譲司)《知り合いか?》

(希一)《まあな》
(八真人)《もう 昔のことだろ》

(譲司)《何だよ。 何か
知ってんだったら 教えてくれよ》

(希一)《それは 言えねえよ》

《俺たちには
鉄の結束が あるからな》

(和康)《希一》
(八真人)《飲み過ぎだよ》

(希一)《もう一杯 もう一杯。
すいません。 もう一本》

(希一)《飲めよ。
いいから 俺が おごるから 飲め》

(譲司)《聞いたか?》

《間違いない。 あいつらは
真理の妊娠に 関わっている》

《鉄の結束》
(譲司)《ああ》

《希一は 真理に
付きまとってたことが あった》

《真理は 拒否してたけど》

(譲司)《あいつらの グループ
もう一人 いたよな?》

《新谷 洋輔》
(譲司)《そいつも 怪しいな》

《真理の自殺に 関わってる
可能性のある人間は 5人》

(譲司)《樫村。 希一。
和康。 八真人。 洋輔》

(譲司)《お前は 洋輔に近づけ》

俺とのこと…。
嘘。 全部 嘘。

ストーカーから 私を守って
いい気分だったでしょ。

俺は ただ 美郷が好きだから。

私は 洋輔のこと
何とも 思ってない。

この計画の 一部でしかない。

《あんな 体罰教師が
偉そうにしてて 許せねえだろ》

《それに あいつ カンニングした
バカたちを

自分の指導で
更生させてやったとか

ほざいてるらしいんだわ》

(希一)《お世話になった 先生に
体罰指導してやんだよ》

《やられっ放しじゃ
大人に なれねえよな?》

(譲司)《車は
どっかで パクってくる》

譲司の計画を 聞いたときは
信じられなかったけど

びっくりしたよ。

ホントに 樫村を 拉致する
バカだったなんて。

♬~

≪(戸の開閉音)

♬~

♬~

(樫村)《竹中。 何で?》

《頼む。 これ 解いてくれ》

(譲司)《俺たちが 聞きたい話を
しゃべったらな》

(樫村)《誰だ? お前は》

《日比野 真理の お兄さん》

(譲司)《真理に 何をした?》
(樫村)《いや。 違う》

(樫村)《待ってくれ》

《待ってくれ。
彼女から 相談されたんだ》

(譲司)《何の相談だ?》

(樫村)《希一たちに
犯されたって》

(譲司)《希一たち?》

(樫村)《ああ》
(譲司)《希一以外は 誰だ?》

(樫村)《分からない。 名前が
出ていたのは 希一と 和康だけ》

(樫村)《他に もう一人
関わってるやつが

いたみたいだったが
言わなかった》

(譲司)《八真人か? 洋輔か?》

(樫村)《分からない。
分からないんだよ》

《真理は あなたのせいで
死んだって噂が あった》

《どういうこと?》

(樫村)《俺には 関係ない》

(譲司)《話を聞いた。
それだけか?》

(譲司)
《それだけじゃ ないだろ?》

(譲司)《答えろ!》

(樫村)《日比野の方から
言い寄ってきたんだよ》

(譲司)《言い寄ってきただと?》
(樫村)《そうだ》

《泣きだして
俺に 助けを求めてきたんだ》

《だから…》
《何をしたの?》

(樫村)《彼女のために…》

(譲司)《お前も
真理を犯したのか?》

(譲司)《妊娠していると
知っていて…。 貴様!》

(樫村)《真理が 求めたんだよ》
《そんなわけない》

《真理は 言ってたよ》

《大切な人は みんな
自分から 離れてくって》

《家族も。 友達も》

《誰からも 見捨てられた 真理を
俺が 面倒を見たんだ》

《居場所のない 生徒を
教師としては 放っておけなかった》

《教育者としては 当然だよ》

《俺は 日比野 真理を
助けたんだ》

《いいことを したんだ》

♬~

(譲司)《苦しいか?
もっと 苦しめ》

(譲司)《真理が味わった 苦しみは
こんなもんじゃない》

♬~

♬~

樫村は くずだった。
死んで 当然。

でも くずは 樫村だけじゃない。

希一と 和康と もう一人。

それが 八真人なのか 洋輔なのか
分からなかった。

だから…。
俺と 八真人を 試したのか?

樫村の葬式の 芳名帳に
洋輔の名前を 書いたのも

樫村の遺書を 送ったのも
私たち。

あんたたちは お互いを疑って
傷つけ合って

ホント バカみたいだった。

(和康)《俺は やってない。
できなかったんだよ》

《犯してない。 だから 殺すなら
他のやつらに してくれ》

(譲司)《八真人は
その場所に いたのか?》

(和康)《あいつが
日比野 真理を 誘ったんだよ》

(譲司)《あいつも
真理を 犯したのか?》

(和康)《八真人も やった。
俺以外 全員 やった》

《洋輔も?》
(和康)《そうだよ!》

《だから
俺 できなかったんだって》

《助けてくれよ。 頼むよ》

(譲司)《やろうと したんだろ?》
(和康)《えっ?》

(譲司)《真理に お前の
その 薄汚い 下半身を

見せつけたんだよな?》

《おりゃ!
同罪だ》

(悲鳴)

♬~

♬~

♬~

和康が 言ったことが
ホントか どうか 分からなくて

洋輔を 追い詰めたの。

それで 俺が カズを
殺したかのように 偽装を。

俺も 殺すの?

あなたは 死ななくても済んだのに
首を突っ込むから。

私は 忠告したよ。
譲司の指示か。

美郷は ホントに
これで いいの?

言いなりになって
人殺し 手伝って。

こんなことして どうなるんだよ?

くず男たちが 真理にした罪は
どうなるの?

のうのうと 生きていくなんて
許せない。

許すべきじゃない。

八真人は どうしたんだ?

八真人は 殺したのか?

これから 殺すのか?

真理を 友達に
やらせた男だよ。

そんな くずが
どうなるか 心配なの?

親友だから?

あんなやつ
生きる価値ないでしょ。

八真人が 彼女にしたことは
許されない。 けど…。

けど 何?

どんな 間違いをしても
親友であることには変わりないよ。

偽善者。
自分に 酔ってるだけ。

悩んでる 洋輔の顔
気持ち悪いよ。

八真人を 殺せば
それで 満足なの?

日比野への罪悪感は
消えるの?

そんなこと ないだろ?

(スタンガンの音)

うっ!?

美郷?

♬~

美郷? 美郷?

≪(悲鳴)

≪(悲鳴)

≪(悲鳴)

希一…。

≪(悲鳴)

(悲鳴)
八真人!

(八真人)洋輔…。

(譲司)美郷は どうした?

もう やめろ。

(譲司)何で
やめなきゃいけないんだ?

俺が この日を どれだけ
待っていたと 思ってる?

ようやく 終わるのに。
そんなんじゃ 終わらない。

そんなことしたって
妹を 傷つけた罪は 消えないだろ。

(譲司)偉そうに。 んっ!
やめろ!

♬~

(譲司)真理のためだ。
邪魔するな。

真理を 一人にしたのは
お前だろ?

(譲司)何だと?
お前は 父親を殺して 捕まった。

そのせいで 母親は逃げ
真理は 独りになった。

お前も 真理を傷つけた
一人だろ!

(譲司)何も 分かってないな。

あれは 真理のためだったんだ。

(邦夫)《おい 真理。
ビール 持ってこい。 急げ》

(譲司)《真理。
もう 心配しなくていい》

(譲司)《お兄ちゃんが
真理を傷つける人間を

消してあげるからね》

♬~

♬~

♬~

(女性)《妹さんは
返事を待ってるよ》

俺は 真理の幸福を
祈ってきたが

こいつらは 真理の人生を
壊しやがった。

(譲司)真理の復讐を
理解してくれる人間は

いなくてな。
薬漬けにされて

狭くて 暗い部屋に
ずっと 閉じ込められ続けていた。

(譲司)10年かかって ようやく
この社会に 戻ってこれたんだ。

やっと 復讐を果たせるんだよ。

≪(足音)

(譲司)ちゃんと 見張ってろよ。
美郷。 お前の役目だろ。

お前が 黙らせろ。

♬~

美郷。

♬~

(譲司)お前 何してんだ?
さっさと やれ。

♬~

(スタンガンの音)
(譲司)うっ!?

美郷…。

行こう。
えっ?

早く!

八真人。 立てるか?

洋輔。 その人は 置いてって。

駄目だ。
八真人も 連れてくよ。

八真人。 大丈夫か?

救急車と
警察を 呼んでくれ。

美郷!

キャッ!?

(スタンガンの音)
(譲司)おい。 おい。

八真人。 しっかりしろ。

♬~

美郷!?
(スタンガンの音)

♬~

(譲司)また
真理を 見捨てるのか?

♬~

♬~

♬~

(譲司)《竹中 美郷》

(譲司)《やっと 見つけた》

《真理の お兄さん?》

(譲司)《真理に
何があったのか?》

《誰が 真理を
死に追いやったのか?》

《真実を 知りたいだろ》

(譲司)《お前には
知る義務がある》

《えっ?》

(譲司)《いじめの標的が
真理へ 移ったとき

お前は 見捨てたな?》
《それは…》

(譲司)《真理の復讐を
するべきだ。 そうだろ?》

《やるな?》
《はい》

(譲司)そんなもんだったのか?
真理への思いは。

(譲司)おい。 そんなに
あの男が 大事か? うん?

♬~

≪《譲司》

《まだ いいんじゃない?》

《助けたかったのに…》

(譲司)情が 移ったのか。
くだらない。

美郷!?

(譲司)そんな くず 守るなよ。

八真人は 俺の親友だ。

(譲司)何で そいつが 希一の
言いなりに なっていたと思う?

真理が 犯されるのを
黙って 見ていたと思う?

教えてやろうか?

(希一)なあ? 八真人。

お前じゃないよな?
(八真人)やめろよ。 そんなわけ。

(希一)分かってるよな?
お前が 裏切ったら

お前が 人殺しってことを
全部 バラすからな。

(八真人)分かってる。

人殺し?

(譲司)この続き 聞きたいか?

(八真人)やめろ。

八真人?
(八真人)やめてくれ。

(八真人)洋輔。

(八真人)お前は 俺のこと
親友だって 言ってくれたよな?

(八真人)ありがとう。
でも ごめん。

お前の お兄さん。
雅之君が 死んだのは

事故じゃない。
えっ?

(八真人)俺が 殺した…。

何 言ってんだよ。
嘘だろ?

度胸試しで 万引やったの
覚えてるか?

あの後も 俺は 万引を
やり続けた。

≪《八真人》

(雅之)《今 盗んだよな?》

(雅之)《八真人?》

(雅之)《お前らの中に

人に 謝らなきゃいけないことを
してるやつが いるだろ?》

(雅之)《洋輔?》

(雅之)《洋輔?》
(八真人)《雅之君!》

《洋輔が 崖から 落ちちゃった。
こっち 来て。 こっち。 早く》

♬~

(雅之)《帽子を見つけたのは
八真人か?》

(八真人)《う… うん。
ここから滑って 落ちたのかも》

(雅之)《お前ら 何か
仕組んでないか?》

(八真人)《えっ?》

《俺を 脅かすための 嘘か?》
(八真人)《ち… 違う》

(雅之)《万引を 注意された
腹いせか?》

(雅之)《嘘ついて
誰かを だまして 傷つけて

そんなことして 楽しいか?》

(八真人)《関係ないじゃん》
(雅之)《何?》

《雅之君には 関係ない》

(雅之)《みんなは どこにいる?
言え。 言うんだ》

(八真人)《みんな うざいって
言ってたよ》

(雅之)《はっ?》
(八真人)《うざいんだよ!》

(雅之)《そうやって 逃げるな。
お前のために 言ってるんだ》

(八真人)《うるさい うるさい
うるさい! うるさいんだよ!》

(悲鳴)

♬~

♬~

≪《すげえ!》

(希一)《やるじゃん 八真人》

(希一)《大丈夫。
誰にも 言わない》

(希一)《俺たち 親友だろ?》

嘘だろ? 八真人。

なあ? 嘘なんだろ?
八真人。

お前が 兄さんを殺したのか?
なあ?

お前が 兄さんを殺したのか!?

(八真人)そうだ。
俺が 殺した。

今まで ずっと 黙ってたのかよ!?

(八真人)言えなかった。
どうしても…。

(譲司)兄貴の敵を 討てよ。
憎いだろ? そいつが。

(八真人)あのとき 雅之君を
突き落とした 手の感触を

ずっと 覚えてるんだ。
忘れたいのに 忘れられない。

18年間 ずっと
その感触に おびえてきた。

あの日から 希一に
逆らえなくなった。

俺の心は 死んだんだ。

ただ 真理と 一緒にいた
時間だけは

心から 笑えたんだ。

(八真人)もし あのとき
ちゃんと 謝ってたら

何か 変わってたのかもしんない。
真理を 救えたのかもしんない。

俺たち 親友じゃ
なかったのかよ?

(八真人)親友なんかじゃ
ないんだよ。

親友って 言い聞かせて
逃げてきただけなんだよ。

ごめん 洋輔。
ごめんなさい。

(八真人)それで いい。 洋輔。

お願いだ。 殺してくれ。

俺たち 親友だろ。

(譲司)殺せ。
殺せ 殺せ 殺せ!

殺すんだ! 洋輔!

♬~

死んで 終わりじゃない。
死んだって 終わらない。

生きて 償ってくれ。

(譲司)おい 洋輔。
うわ!?

(譲司)お前 何 奇麗事
言ってんだよ。

ぶっ殺しゃ いいんだよ。
ぶっ殺せば。

(八真人)真理の お兄さん。
ごめんなさい。

八真人!

八真人! 八真人!
八真人…。

八真人…。

終わった。

(譲司)何 言ってんだ?

お前への制裁は まだ 残っている。
キャッ!?

(譲司)自分には 罪がないとでも
思っていたか? うん?

嫌!
(譲司)最後の 仕上げだ。

真理が感じた 痛みを
お前も 味わえ。

(譲司)ほら。 こっちだ。 来い。
≪美郷!

(譲司)いけ! おら!

嫌!

やめろ!
美郷を 殺さないでくれ。

こいつも 真理に
償う必要がある。

来い!
美郷は

日比野を 傷つけたことを
ずっと 悔やんで 苦しんできた。

そうやって 罰を受けてきたし
これからも 罪を背負い続ける。

殺したって
解決には ならないだろ!

(譲司)そんなの 自己満足だろ?
うん?

(譲司)来い来い。 来い おら!
嫌!

それは お前もだろ!

正義を 振りかざして
人を殺したのは 妹のためか?

自分のためだろ!

俺は 真理のために 生きてる。

お前は 殺しを楽しんでる。

日比野が 一番 憎んでるのは
お前なんじゃないのか?

何だと?
人殺しの 快楽のために

自分の存在を 利用されたんだ。

真理のためだとか
大義名分を 振りかざして

人を傷つけ 笑ってる。

日比野を 今も 苦しめてるのは
お前だろ!

(譲司)黙れ!
おりゃ! おりゃ!

♬~

♬~

♬~

♬~

(悲鳴)

♬~

♬~

洋輔。 離して。

駄目だ。
離してよ!

譲司の 言うとおりだよ。
私にも罪がある。 罰を受けなきゃ。

死ぬことが 償いになるのか?
違うだろ?

もう 生きる価値なんか ないよ!

償うために 生きるべきだろ!

死なせてよ。

ホントは
死にたくなんか ないんだろ?

真理…。

(真理)《ホントは
死にたくなんか ないんでしょ?》

♬~

♬~

(一同)《イェイ! 行こうぜ!
行こうぜ 行こうぜ!》

♬~

♬~

♬~

♬~

≪(ドアの開く音)

ごめん。 急に。

いつもの日に
面接が入っちゃって。

ごめん。 私のせいで。

気にしないでって
言ってるじゃん。

前の仕事は
もともと 辞めたかったし

新しい仕事を 探すのも
楽しいよ。

仕事が決まって
少し 落ち着いたら

家を買おうと 思ってる。
えっ?

2人で暮らす家。

美郷を 待ってるよ。

洋輔。
無理しなくて いいんだよ。

私のことなんか
忘れたって いいの。

待ちたいんだ。

♬~

♬~

≪(弁護士)新谷さん。
さっきの話 本気ですか?

(弁護士)彼女は 懲役 20年ですよ。
それでも 待つんですか?

(弁護士)誰も
あなたを 責めませんよ。

僕は 彼女を待つと
決めたんです。

♬~