ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

科捜研の女 第10話 沢口靖子、内藤剛志、若村麻由美、風間トオル… ドラマのキャスト・主題歌など…

科捜研の女 #10 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 若杉
  2. お寿司
  3. 寿司
  4. 学校
  5. 寿司職人
  6. 千加子
  7. コハダ
  8. 柿酢
  9. 蒲原
  10. 鶴橋
  11. シャリ
  12. 宇佐見
  13. 評価
  14. お酢
  15. お店
  16. 凶器
  17. 鶴橋先生
  18. 野田
  19. 呂太
  20. カラシ

f:id:dramalog:20190718213709p:plain

科捜研の女 #10 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

科捜研の女 #10 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

犯人の痕跡は…寿司盛り合わせ!?老舗の寿司職人が殺された!被害者が最後に食べた寿司を握ったのは、いったい誰なのか…!?日本の伝統文化“寿司”にマリコが科学で迫る!

詳細情報
◇番組内容
寿司職人・若杉(渡辺哲)が絞殺された。現場では、数貫食べられた寿司盛りと4人の男の名前に○×が記された紙が見つかる。鑑定の結果、寿司を食べたのは若杉だが、寿司を握ったのは若杉ではないことが判明。また○×の紙は若杉がホテルの人間に頼まれ、寿司職人を査定したものと分かる。一体、寿司を握ったのは誰なのか!?マリコ沢口靖子)は、リストにある職人の店や寿司職人養成学校の入間校長(清水美沙)の元を訪れるが…!?
◇出演者
沢口靖子内藤剛志若村麻由美風間トオル斉藤暁渡部秀山本ひかる石井一彰
【ゲスト】清水美沙、井田國彦、渡辺哲、藤重政孝濱口秀二、高橋賢一、宇野嘉高、大林菜穂子、たかはしあいこ ほか
◇脚本
真部千晶
◇監督
児玉宜久
◇音楽
川井憲次
◇主題歌
今井美樹『Blue Rain』(ユニバーサル ミュージック/Virgin Music)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】関拓也(テレビ朝日
【プロデューサー】藤崎絵三(テレビ朝日)、中尾亜由子(東映)、谷中寿成(東映
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/
☆Twitter
 https://twitter.com/kasouken_women

 

 


やる気を出せ! やる気を!
(一同 笑い)

(パトカーのサイレン)

(宇佐見裕也)あっ この店…。
いやあ

一度 母を連れてきてあげようと
思って 電話を入れたら

1年先まで予約がいっぱいだって
言われた店ですね。

(榊 マリコ)
そんなに人気のお店なの?

(宇佐見)ええ。

♬~

(土門 薫)ここの店主で寿司職人の
若杉登さんだ。

夕方5時半に出勤してきた
パート従業員が遺体を発見した。

(蒲原勇樹)従業員は
あなただけなんですね。

(高見豊江)仕入れから何から
大将が一人でやってはりました。

私は お酒を出したり
お会計したり…。

(涌田亜美)あの…
出入り口は 表と

この勝手口の2カ所だけですね?
(豊江)はい。

死後2時間前後
といったところかしら。

紐状のもので首を絞められた。

(橋口呂太)凶器になりそうな物は
店内には見当たらないね…。

♬~

なんだ? これ。

ん?

「京極ホテル 事業統括部」?

ネタは そろってる。

(宇佐見)シャリも出来上がってる。

予約が殺到してたなら
もっと椅子を増やせばいいのに。

(宇佐見)握りたての寿司を
味わってもらうには

このくらいの規模がいいって
店主のこだわりなんだって。

納得のいく食材が
手に入らなければ

店を開けない。

寿司作りへの こだわりの強い
頑固な人だったみたいだよ。

お客さんが来ていたのかしら?

(宇佐見)食べかけみたいですね。

犯人が食べたのかもしれませんよ。

このお寿司も調べましょう。

♬~

(風丘早月)吉川線がある。

ええ。 首を絞められた時に
抵抗したんですね。

という事は

凶器に触れた可能性がある。

ん?

♬~

(呂太)ふんっ!

♬~

♬~

被害者の爪に挟まってた これと
索条痕から推測して

殺害の凶器は
ポリプロピレンを材質とした

幅15ミリの
オレンジ色の平らな紐だと思う。

(日野和正)店内からは

複数の指紋とゲソ痕が
検出がされたけども

客商売で 大勢の人間が
出入りしていただろうから

どれが犯人のものかは
わからない。

パート従業員の高見さんの話では

普段の若杉さんは
毎朝 市場に仕入れに行って

お昼前に お店に戻ってからは

夕方6時の開店時間直前まで

ずっと
一人で仕込みをしてたそうです。

じゃあ 死亡推定時刻の
午後3時から5時の間は

本来 若杉さんが 一人で
お店にいる時間帯だったのね。

そこに誰かが来て
若杉さんを殺害した。

被害者の胃の内容物から

穴子 イカ 赤貝のお寿司を
食べた事が わかったわ。

(宇佐見)
じゃあ カウンターにあった

このお寿司を食べたのは

若杉さん本人だった
って事ですか…。

ええ。 お箸に付着していた
指紋も唾液も

若杉さんのものでした。

開店前の腹ごしらえに
自分で作った寿司を食べたのかな。

いえ 作ったのは
若杉さんではないと思います。

どうして?

あの店のつけ場には
シャリが出来上がっていました。

それと この握り寿司のシャリを
比較したところ

使われているお酢の種類が
違っていました。

お酢

若杉さんのお店のシャリには

米酢と赤酢をブレンドしたものが
使われていましたが

この握り寿司のほうには
柿酢が使用されているんです。

柿酢?

柿酢って
果物の柿から作った酢だよね。

(呂太)えっ?
柿でお酢って作れるの?

お酢は でんぷん質や糖分があれば
どんなものでも原料になるのよ。

でも 若杉さんのお店に
柿酢はありませんでしたよね。

お寿司に使うお酢は 店ごとに
職人さんごとに違います。

このお寿司は 別の店で
作られたものだと思います。

誰かが これを持ってきて

若杉さんが いくつか食べて
そのあと 殺害された。

(蒲原)失礼します。

(蒲原)現場に落ちていた
これですが

京極ホテルは
年末にオープンする新館に

若杉さんプロデュースの寿司店
出したいと考えていました。

(蒲原の声)でも…。

(担当者)お願い致します!
(若杉 登)何を言っとるんだ 君は。

他の人間が握った寿司を
私の名前で出すなんて事は

絶対にやってはいかん!

(担当者)そこをなんとか!
帰ってくれ!

お願いします!
いいから帰ってくれ!

それで ホテル側は方針を変えて

新進気鋭の寿司職人の店を
作る事にしました。

この4人は その候補者です。

つまり この人たちは全員
寿司職人さんなのね。

はい。 で そのリストは

4人の実力を
評価してもらうために

先週 ホテルの担当者が
若杉さんに渡したものだそうです。

じゃあ このマルとかバツ
若杉さんがつけた評価。

(蒲原)京極ホテルにふさわしい
実力の寿司職人ならマル。

駄目な職人はバツ

その評価が殺害の動機になってる
可能性もあるよね。

これを作った人物が
この中にいるかもしれない。

この人たちの作るお寿司を
調べてみましょう。

♬~

(蒲原)京都府警ですが

友部夏雄さん
いらっしゃいますか?

大将!

(友部夏雄)そうですか…。
あっ どうぞ そちらに。

すいません。

若杉さんのお店には
行った事ありますよ。

あの方の握る寿司は
勉強になります。

でも 昨日は行ってません。

お持ち帰り用に
お寿司を作って頂けませんか?

どのお寿司ですか?

うちは 何種類かの郷土寿司を
出してますんで。

郷土寿司?

お寿司というのは 塩漬けした魚を
ご飯の上で発酵させて作る

なれずしが原型だと
言われています。

江戸時代になって
お酢を使うようになると

全国各地で様々な形の寿司が
作られるようになりました。

こんなに いろんな種類が
あるんですね。

京都のずしや 大阪の三角形の
稲荷ずしは知ってるけど

八丈島の島ずし
こういうのもあるんですね。

(友部)江戸前握り寿司も元々は

東京湾で取れた魚を使った
郷土寿司だったんですよ。

(蒲原)へえ~。
どれになさいますか?

江戸前握り寿司を作ってください。
はい。

(宇佐見)ここだ。

丸福昌。 バツがついてる。

うん…。

(丸福 昌)若杉登。

巨匠と崇められてる
偉大な寿司職人。

けど 俺には関係ない。
会った事もない。

♬~

(亜美)あの 握り寿司の盛り合わせ
お願いします。

♬~

お寿司屋さんとは思えないわね。
うん。

アメリカで成功した店を
日本に逆輸入したとか。

(野田 元)どうも。

警察の方が 僕に何の用ですか?

野田元さんですね。

昨日 鮨若杉に行きましたか?

鮨若杉? いえ 行ってないよ。

あなたが握ったお寿司を
持ち帰りたいんですけど。

僕の? あっ…。

でも うちは テイクアウトは
やってないんだけどな。

そこをなんとか。

♬~

(市川敬介)
どうも お待たせしました。

こちらになります。

せっかくやったら
中で食べていかはったらええのに。

ああ… おいくらになりますか?

(呂太)うわ~!
(日野)京山房の寿司は8000円。

さすが 祇園の老舗だ。

丸福寿司は1700円でした。

(亜美)お寿司の値段って
不思議ですよね。

ものすごく高いお店もあれば

回ってるお寿司は
一皿100円ですよ。

(呂太)おいしそう。
ねえ これ ちょっと食べても…。

ああっ!
駄目!

この中に犯人が握ったお寿司が
あるかもしれないんだから。

おいしそうなのに…。

犯行現場にあったお寿司と
比較鑑定するのよ。

見た感じ これは違うね。

(呂太)のってるお刺し身が
大きいもん。

(日野)シャリの量に対して
ネタを どの大きさにするかは

店ごとに違うんだよね?

ええ。 ネタの切り方にも

職人さんごとに
こだわりがあるみたいですよ。

切り方によって
味が変わるからって。

ただ 今回は 事件の捜査で来たと
伝えているから

あえて 普段とは違う大きさで
作った可能性もあるわ。

犯人なら そうしますね。

見た目は変えられても シャリは
急には変えられないはずです。

これと同じ柿酢が使われているか
調べましょう。

あと ワサビも調べましょう。
うん。

ワサビ?

(宇佐見)
ワサビは すりおろす道具で

粒子の状態が変わるからね。

それも急には変えられないよね。

(宇佐見)ええ。
始めましょう。

♬~

♬~

3番に
柿酢が使われてるね。

♬~

ワサビの粒子の形状は…

3番のが近いかな。

3番! うん。
3番。

3番 3番 3番 3番 3番…。

3番… これだ!

野田元。

(蒲原)京極ホテルの
出店者としての実力はない。

バツの評価を受けた あなたは

自分で作った寿司を持っていって
若杉さんに

評価を見直してもらおうと
したんでしょう。

だが 若杉さんは
判定を変えようとはしなかった。

腹が立ったあなたは
若杉さんを殺してしまった。

ノー!

若杉さんのところになんか
行っていない!

でも あなたが作ったお寿司には

犯行現場にあったのと同じ
柿酢が使われていました。

さらに ワサビも粒子の状態から

同じ道具で すりおろしたものだと
判明してます。

鮫皮という そこにある道具です。

(野田)鮫皮を使ってる職人なんか
他にも大勢いるよ。

柿酢だって 学校で習ったんだから
他の卒業生も使っている。

学校?

ええ。
寿司職人を養成する学校です。

(鶴橋善也)
これだけは忘れないでよ。

いい握りというのは
形が美しいばかりではありません。

(鶴橋)口の中に入れた時に

お米がホロッと ほどけていく。

おっ いい感じじゃない!

(2人)ありがとうございます。
(鶴橋)ねえ。 そうそう。

ゆっくり。
はい。

丁寧にね。
はい。

なるほど。 お米が
お酢でコーティングされるから

握っても くっつきすぎず

口の中で ほどけていく食感が
生まれるのね。

できた!

私も やってみよう。

♬~

(鶴橋)ハハ…。

手酢を使って。 酢の入った水です。

手を洗うのにも
お酢を使うんですか?

寿司はね 魚を生で食べますから
腐敗や菌の増殖が怖いんです。

お酢には
殺菌効果があると言われている。

ピンポーン!

じゃあね ワサビや生姜のガリ
添えるのは

皆さん なんででしょうか?

はい!
あっ どうぞ。

ワサビのアリルイソチオシアネート
生姜のジンゲロール

いずれの成分にも
抗菌作用があると言われています。

アハハッ!

あっ じゃあ アガリといって

お寿司屋さんが
最後に お茶を出すのも…。

カテキンですね。

抗菌と解毒の作用があると
言われている。

お寿司って
生魚を安全に食べるための

科学的な食べ物だったんですね。

(ドアの開く音)

入間校長 戻られました。

(入間千加子)香港からの視察団が
昨日から来てまして。

お待たせして
申し訳ありませんでした。

いいえ。

授業を体験させてもらって
楽しかったです。

こういう学校があるの
知りませんでした。

寿司職人さんって

お店で何年も修業して
なるものだと思ってました。

もう そういう時代は
終わったんです。

徒弟制度のような修業など
しなくても

やり方さえ学習すれば
誰だって寿司職人を目指せます。

性別や国籍も関係なく。

海外でも お寿司 好きな人
増えてますもんね。

本日伺ったのは
こちらの卒業生で

シャリに柿酢を使っている
職人さんを

教えて頂きたいんです。

あっ 講師の鶴橋なら
心当たりがあるかもしれません。

卒業生からの相談も
受けているようですので。

(鶴橋)これが柿酢なんですが…。

教わったとおりに 柿酢を
使っている卒業生は いない?

いや いるかもしれませんよ。

でもね それは 教わったから
そうしているんではなくて

客のニーズに合わせて
そうしてるんです。

ニーズ?
うん。

例えばね
子連れの客の多い店では

シャリは 酸味を抑えて

甘さを強くしたほうが喜ばれます。

若い人は
脂ののった魚を好みますから

シャリも濃いめの味のほうがいい。

まあ そういうニーズに合わせて

各自 研究をしたり
工夫をしたりして

寿司を作っていく。

それが職人なんです。

野田くんのように

全て ここで教わったように
やっている子は珍しい。

あっ でも
それで成功してるわけですから

嬉しいですよ 僕としても。

(横山美保)鶴橋先生。

あっ! もういいですかね?
すいません。

ありがとうございました。

(鶴橋)すいません。

気をつけます。
(美保)お願いします。

(鶴橋)ありがとう。
(美保)はい。

あっ!

すいません!

鶴橋先生に渡していた あれは
なんですか?

(美保)ああ…。

IDカードを下げるための
ネックストラップです。

鶴橋先生 昨日
なくしちゃったんですって。

だから 新しいのを渡しました。
なくした…。

(魚屋)先生 まいど!
(鶴橋)なかなか 形のいいキンメ

入ってるじゃないの。
(魚屋)いいですよ。

いろんな魚をさばかせる
っていうのもさ

生徒には勉強だからね。

じゃあ
このキンメさ 5匹もらえる?

5匹! ありますよ!
(鶴橋)ハハハ…。

あの… 鶴橋善也さんですね。

かつて あなたは
寿司職人を目指して

ある店で修業してましたよね。

同じ店で若杉登さんも働いていた。

兄弟子にあたる若杉さんの指導は
非常に厳しかったようですね。

あなたに体罰を与える事もあった。

すいません。 ああっ!

♬~

(土門の声)
手首の腱を切ってしまい

指が思うように動かない状態に
なってしまったそうですね。

(蒲原)寿司職人になる夢を絶たれ

若杉さんの事を
恨んでるんじゃありませんか?

そんな昔の事で
僕が疑われているんですか?

若杉さんの爪から採取された
繊維片が

あなたの学校の

職員用のネックストラップの
材質と一致しました。

首に残された索条痕の幅とも
一致しています。

若杉さんは これと同じもので
殺害されたんです。

(蒲原)あなたは
ネックストラップをなくしたと

言っていたそうですが

本当は 凶器に使ったあと
処分したんでしょ?

いや…
いや 本当になくしたんです!

っていうか なくなってたんです。

そりゃあ 昔はね

若杉さんの事を
恨んでいた時もあります。

寿司屋になるのを諦めて
水産卸会社で働いている間も

モヤモヤしていましたよ。

でも…

千加子さんと出会って。
入間千加子校長?

(鶴橋の声)彼女のお父さんが

奄美大島
寿司屋をやっていた関係で

卸会社の社長と千加子さんは
知り合いだったんです。

寿司職人を育てる学校を
開くにあたって

講師を探していた千加子さんに

社長が僕を推薦してくれました。

ありがとうございます!
あっ よろしく!

えっ? ああ…。

よろしくお願いします!
お願いします!

(鶴橋の声)
生徒たちに寿司を教える毎日は

忙しくって 楽しくって。

そんな 昔の恨みなんて
もう引きずってはいないです。

事件のあった日曜日
午後3時から5時の間

どこで何をなさっていましたか?

えっ…。

あっ 卒業生の店に行ってました。

野田くんも来てました。

まいど!
(呂太)あっ!

(日野)いらっしゃい。
マリコさんは?

(日野)今 ちょっと…。
では 解剖鑑定書。

ありがとうございます。
さて…。

今日のおみやは
お寿司屋さんの…。

えっ お寿司!

湯飲み!

(呂太)えーっ なんで?
いいでしょ。 はい。

みんなの分も もらったの。 はい。

私は大丈夫です。
大丈夫って?

いや~ お寿司屋さんで
これを見ると楽しいんだよね。

魚の漢字。

魚へんに弱いは 鰯。

じゃあ 魚へんに東は?

鰊だね。
えーっ すごい!

でも 僕 やっぱり
マグロのお寿司が大好きだな~。

私はウニだな。
あっ いいね いいね いいね…!

若いな~。 寿司屋に行ったら
コハダ食いねえ。

えっ なんで?
えっ 知らない?

コハダを食べると
寿司職人の腕がわかるって。

へえ~。 あっ…。

コハダは…。 コハダ コハダ…。

腹開きにして
塩をふった状態で寝かせて

水洗いしたあと
お酢の中に漬けて しめていく。

(早月)その時に使う酢の種類や
漬ける時間っていうのは

職人によって全然違うんだって。
(呂太・亜美)へえ~。

コハダか…。

アリバイの裏が取れた。

死亡推定時刻 鶴橋も野田も
竹宮町の寿司店にいた。

2人ともシロだ。

鶴橋先生でも
野田さんでもないなら

殺害現場に残されていた
あのお寿司は

誰が作ったんだろう?

学校で教えているとおりに
作られていたんだよな?

ええ。 殺害の凶器も

あの学校の
ネックストラップだったし…。

この事件に 彼らの学校が
絡んでいるのは間違いない。

被害者の若杉登さんと
学校との関係を調べてみる。

ああ マリコさん。
現場にあったお寿司の中の

コハダを調べてみたんですが

このコハダには
きび酢が使われていました。

きび酢?
(宇佐見)ええ。

学校の教科書では

穀物酢を使う」って
なってますけど。

コハダだけ 教科書どおりに
作られていなかったんです。

どうして…。
きび酢って なあに?

サトウキビから作るお酢だよ。

主に奄美大島とかの南のほうで。
奄美大島!?

ちょっと行ってきます!
どこへ?

奄美大島

奄美大島で あなたのお父様は

お寿司屋さんを
やっていたんですよね?

ええ…。
父は5年前に亡くなりました。

今は お弟子さんが継いでいる
お店に行ってきました。

えっ? 奄美大島に行ってきたの?

はい。

これを頂いてきました。

島の特産品の きび酢を使って
コハダをしめる。

お父様の教えなんですよね?

鑑定の結果
この きび酢と同じものが

若杉さんのお店にあった

コハダの握り寿司に
使われていました。

あのお寿司を作ったのは

入間校長 あなただったんですね。

♬~

高校を出たあと
父の店で働きました。

一人っ子だから 店を継ぐのは
当然 自分だと思っていたので…。

父のやる事を 見て覚えて

寿司作りの技を
身に着けていった。

でも 後継ぎには
なれませんでした。

女だから駄目だって。

女というだけで

業界からも 父からも
認められなかった。

だから 学校を開いたんです。

誰でも寿司職人になれるように。

昔ながらの古い体質の業界を
変えるために…。

若杉さんは
古い体質の人だったようですね。

あなたの学校を
認めていなかった。

京極ホテルへの
出店候補者の評価でも…。

修業もしないで
ちょっと学校に行っただけの輩に

本物のうまい寿司が
握れるわけもなかろう。

(担当者)駄目ですかね?
(若杉)駄目だな。

(千加子)野田くんの寿司を
実際 食べたわけでもないのに

うちの学校の出身者というだけで
バツをつけた…。

それを耳にして

あの人の偏見を解くために

校長として 何かしなければと
考えました。

それで 自らお寿司を?

ええ。

仕込みに時間がかかる
コハダなどは 自宅で…。

それから 学校に来て…。

あの日は
授業は休みだったので…。

♬~

(千加子の声)久しぶりに
お寿司を作るのが

楽しくなっていました。

♬~

(千加子の声)
一人前分の握り寿司を作って

若杉さんの店に持っていきました。

(千加子の声)
仕込み中の若杉さんに

無理を言って お皿を借りて…。

(千加子)これを
召し上がって頂けませんか?

そんなもの 食えるか!

(ため息)

女が握った寿司だからですか?

それとも
私が学校の校長だからですか?

寿司は
学校で教わるものではない。

親方のもとで修業して
見て 盗んで 覚えていく。

そして さらに

自分なりの味を作り出す
努力をした者だけが

本物の寿司職人になれる!

うちの生徒たちは
偽物だっていうんですか?

あんたのお遊びに
付き合ってる暇はない!

お遊びって…!

あなたも 父と同じで

石頭なんですね。

それから?

帰りましたよ。

あなたのネックストラップを
提出してください。

いいですよ。

♬~

えっ?

このネックストラップには

被害者の痕跡は
何も付いていませんでした。

じゃあ
これは凶器じゃないんだね。

ええ。 ただ…。

鶴橋先生の汗が付着していました。

(亜美)鶴橋先生!?

(蒲原)どういう事ですか?

鶴橋先生は ストラップを
なくしたと言ってたでしょ?

本当になくしたんです!
っていうか なくなってたんです。

その なくなっていた

鶴橋先生のストラップが
これなのよ。

入間校長は 自分のだって言って
提出したんだよね?

(宇佐見)嘘をついていたんだよ。

彼女自身のストラップは
恐らく凶器に使ってしまったから

人のを自分のだと言って
マリコさんに渡したんだ。

令状を取って
本人のネックストラップを押収してきます。

凶器に使ったんなら 犯行後
すぐに捨てちゃったかもよ。

だとしたら どこに捨てたか

捨てた可能性のある場所を
調べましょう。

まずは 犯行現場の
若杉さんのお店から

彼女の自宅までの足取りを
調べるの。

(呂太)途中で
捨てたかもしれないから?

ああ…。 この間の
防犯カメラ映像を集めよう。

♬~

あっ! あったよ。

♬~

(亜美)いました!
午後4時5分。

絹目橋の交差点通過。

♬~

(亜美)ここにもいました!
午後4時55分。

♬~

たどってみましょう。

♬~

(日野)最終的には どうやら

こういうルートで
帰宅したようだね。

ここ 遠回りになってますよね。

公園がある。

あっ!

あっ あった!
えっ?

♬~

あっ 何か付いてます。

♬~

皮膚片かしら?
ん?

私は殺してません!

証拠は そろってるんです。

大鳥居公園のゴミ箱に
これを捨てたのは あんただろ?

この金属の部分に
あなたの指紋が付着していました。

さらに 若杉さんの首の皮膚片も
検出されています。

それは…。

お寿司を持っていった時に
落としたみたいで…。

あなたも 父と同じで

石頭なんですね。

♬~

(千加子)家に帰ってから気づいて

もう一度
若杉さんの店に行ったんです。

ごめんください。 若杉さん…。

♬~

(千加子)若杉さん?

(千加子の声)このままでは

私が犯人にされてしまうと
思って…。

♬~

(千加子の声)私が作ったお寿司も

持ち帰らなければと
思ったのですが…。

(豊江)
すみません 遅刻しました。

もう
お姑さんからの電話が長うて…。

大将…? 大将!?

(千加子の声)校長の私が

殺人事件の容疑者になんか
なったら

学校の評判が落ちて

生徒も卒業生たちも
嫌な思いをする。

寿司職人を目指す
あの子たちの足を

引っ張るような事に
なってはいけない。

その一心でした。

♬~

翌日 香港からの視察団を
空港で出迎えるのに

オレンジ色のネックストラップを

目印として伝えていたのを
思い出して

調理室にあった鶴橋先生のを
勝手に借りてしまいました。

ストラップだけを借りた
という事は

IDカードを入れる
ケースのほうは

犯行現場にあったのを そのまま
今も使ってるという事ですか?

ええ。

なるべく急ぎで頼む。

これに 真犯人の痕跡が
残っていないか調べてくれ。

♬~

♬~

あっ 付着物がある。

♬~

♬~

この成分はカラシだわ。

えっ カラシ? なんで?

お寿司にカラシは使わないよね。

いいえ。
カラシを使うお寿司もあるわ。

全国には
様々な郷土寿司があると

あなたが教えてくれました。

八丈島の島ずしは
ワサビではなく

カラシを使う
珍しいお寿司だと

ここに書いてあります。

(蒲原)この島ずしに使うカラシを

日曜の午後
仕入れに行きましたよね?

(店員)
はい ありがとうございます。

ご注文の品
こちらでございます。

うん。 やっぱり
地がらしの辛みはいいね。

そうですか。
ありがとうございます。

(マリコの声)一般的な粉末カラシは
黄色一色ですが

あの日 あなたが購入した

地がらしという
福井県産のカラシは

特別な製法で作られているため

黄色と茶色の粉末が
混在しているのが特徴ですよね。

それが なんだというんですか?

若杉さん殺害の凶器の これに

カラシが付着していました。

あなたが購入した
黄色と茶色の粉末の地がらしが。

お前が若杉さんを殺したんだな?

♬~

京極ホテルの出店候補者の中で

若杉さんが私を評価してくれたと
聞いたので…。

ご無沙汰してます。

なんの用だ?
京極ホテルから

出店は私に決まったと
連絡がありました。

若杉さんがマルをつけたのは
私だけだったそうで…。

ありがとうございます。

(若杉)これは無効だ。

評価をやり直す事にした。
ホテルにも そう伝える。

なんでですか?

この校長がやってる学校なら
悪くはない気がしてきた。

(若杉)学校出身の
野田くんの寿司も食べてから

再度 評価を行う。

それで 野田が選ばれるなんて事は
ないですよね?

出店するのは私ですよね?

さあ どうなるかな…。

出店準備資金を もう 銀行から
借りてしまってるんです。

この出店を足がかりに
全国各地に

私の名前の店を出すのが
目標なんです。

なるほどね…。

君には失望したよ。

えっ?

客に うまいと言ってもらえる
寿司を作る。

それこそが寿司職人の目標だ。

一人の職人が 全身全霊をもって
もてなせる客の数は限られている。

それを欲張れば 味が落ちる。

店を増やしたいなら
ビジネスマンになればいい。

寿司職人としての
君の評価は バツだな。

そんな…。

♬~

(友部)バツなんか
つけられてたまるか!

出店するのは 俺だ!

ああ…!

♬~

あんたを殺したのは俺じゃない。

(友部)学校の校長だ。

♬~

あなたに罪をなすりつける事で
学校の評判が落ち

ホテル側も
卒業生に出店させる事はないと

友部は もくろんだそうです。

遺体を発見した時に
すぐに通報すべきでした。

証拠隠滅に関しては
書類送検になったそうですね。

これ お返しします。

私は もう
校長を続けられません。

経営を退く事を

これから
みんなに伝えにいきます。

そんな事 言わないでください。

若杉さんは
あなたを認めたんですから。

えっ?

女というだけで お父様は

あなたが寿司の道に進む事を
認めなかった。

でも 若杉さんは

あなたの作ったお寿司を食べて…。

(若杉)おお…。

コハダに きび酢を使ってるのか。

穴子のタレも よくできてたし

シャリの柿酢のあんばいもいい。

若杉さんは認めたんです。

あなたの お寿司にかける情熱が
本物である事を。

この校長がやってる学校なら
悪くはない気がしてきた。

お遊びだなんて言った事を
謝らなきゃな…。

石頭じゃなかったのね…。

ええ。

性別や国籍にかかわらず

寿司職人さんになりたいと願う

全ての人が学べる学校。

続けてください 校長先生。

♬~

お寿司って ご飯の上に

お刺し身がのっているだけの
食べ物だと思ってた。

ハハハ…
お前は食に興味がないからな。

でも 今回の事で わかったわ。

お寿司は
見た目はシンプルだけど

実は 作り手の工夫と努力で
生み出されている

奥の深い食べ物なのよね。

うん…。 よし 食いに行くか!

行きましょう!

おい… おい!

(蒲原)犯人は トロッコにも
乗ってたんですか?

どう見ても京都観光のルートよね。

時間と共に ゲソ痕は消えます。

今度は馬車です。 ありました!

川の砂でしょうか?
(日野)保津川下り!

私たち
川を下りながら鑑定できます。