ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

科捜研の女 第9話 松田悟志、沢口靖子、内藤剛志、若村麻由美… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

科捜研の女 #9 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 尾藤
  2. 場所
  3. 爆弾
  4. ノイズ
  5. 音声
  6. 犯人
  7. プロジェクト
  8. サウンドスポット
  9. 遺体
  10. 可能性
  11. 失踪
  12. 静寂
  13. 捜索
  14. マリコ
  15. 園崎
  16. 尾藤奏吾
  17. サウンドスペクトログラム
  18. 亜美
  19. 画像
  20. 京都

f:id:dramalog:20190711210832p:plain

科捜研の女 #9 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

科捜研の女 #9 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

夏シーズン、衝撃スタート…マリコvs音のスペシャリスト!観光名所に爆破予告が…!?マリコは犯人からの音のメッセージを鑑定し、京都の観光スポットを辿っていくが…!?

詳細情報
◇番組内容
京都の観光名所で、観光客に京都らしい音を専用アプリで体験してもらうというプロジェクトを進めていた園崎らのもとに、計画中止を求める脅迫メールが届いた。同時に科捜研にも爆破予告と思われる動画が…。そこには「爆弾の場所は観光地に設置したARサウンドスポットで確認しろ」と記されていた。失踪中の音響研究家・尾藤に疑惑が向く中、マリコ達は観光地を巡り音声を分析しながら爆弾を捜索するが、タイムリミットが迫り…!?
◇出演者
沢口靖子内藤剛志若村麻由美風間トオル金田明夫斉藤暁渡部秀山本ひかる石井一彰
【ゲスト】松田悟志、村上新悟、小林健、柊子、北川裕介 ほか
◇脚本
戸田山雅司
◇監督
森本浩史
◇音楽
川井憲次
◇主題歌
今井美樹『Blue Rain』(ユニバーサル ミュージック/Virgin Music)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】関拓也(テレビ朝日
【プロデューサー】藤崎絵三(テレビ朝日)、中尾亜由子(東映)、谷中寿成(東映
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/
☆Twitter
 https://twitter.com/kasouken_women

 

 


♬~

(榊 マリコ)この神社のどこかに
爆発物が…。

(蒲原勇樹)
周辺一帯を捜索した結果

不審物は見当たりませんでした。

でも 犯人が
音のメッセージで示したのは

この場所のはず。

送られてきた映像を見る限り…。

「(爆発音)」

犯人は確実に
殺傷力のある爆発物を持ち

それを この京都のどこかに
仕掛けた可能性は高い。

♬~

(秒針の音)

「京都観光促進センター」…?

(石橋響一)
センター長の石橋と申します。

こちらは プロジェクトの
実務を担当する園崎です。

(園崎乙弥)
まずは こちらをご覧ください。

「京都観光サウンドAR」…。

ARというのは
拡張現実の事でしょうか?

(石橋)はい。

京都の観光名所を訪れた
観光客の方に

現実にはない 京都ならではの音を
体験してもらおうという

プロジェクトです。

(園崎)主な観光名所に

このARサウンドスポットという
機械を設置して

専用のアプリをダウンロードした
スマートフォンを近づけますと

実際には聞く事のできない
様々な音声を

拡張現実として
体感する事ができる仕組みです。

「(鐘)」

ワーオ!
(観光客たち)ワーオ!

「(鐘)」

(観光客たちの歓声)

(電子音)

「♬~(笛)」

(弁慶)「そこな小冠者
汝が太刀を置いて参れ!」

(牛若丸)「欲しくば まず
汝が首を差し伸べよ!」

鐘や花火の音などの他にも

京都をイメージした音楽などを
提供する予定にしています。

このプロジェクトへの
協力の依頼…

という穏やかな話では
なさそうですね。

先月 そのプロジェクトの
共同開発をしていた専門家が

失踪したそうだ。
失踪?

私ども 観光促進センターは

サウンドスポットの設置などを
主に行い

聞こえる音声に関しては

こちらの
京都サウンド・ラボラトリーの

尾藤奏吾さんに
制作を委託していたのですが…。

「最新鋭の音響技術や

サウンドスペクトログラムからの
音響生成の研究」…?

尾藤さんは元々 大学で
音響の研究を行っていたのですが

京都の街に強い愛着を抱き

古都 京都ならではの
いにしえの音の収集のために

このラボを作られたそうです。

いにしえの音?

ええ。 尾藤さんの受け売りですが

1200年以上の歴史を誇る
京都の神社仏閣の中には

作られた当時と形を変えずに
残っているものも数多くあり

そういう場所に 悠久の時を経て
今なお残っている音を

尾藤さんは
集めて回られていました。

(水琴窟の音)

(水琴窟の音)

失踪したのは
この尾藤という人物ですか?

はい。 1カ月前の6月9日から
連絡が一切取れなくなり

プロジェクトの準備も
休止状態になってしまって…。

そんな中
今朝 当センターのサイトに

こんなメールが。

「京都観光サウンドAR
プロジェクトを

ただちに中止しろ」

「さもないと7月5日
恐ろしいことが起きる」

(日野)7月5日? あっ 今日だ!

この他に具体的な要求は?

これ以外には何も。

もちろん ただのいたずらの
可能性も考えられる。

だが 万が一の場合
早急に対応できるように

お前たちにも…。
(ノック)

(橋口呂太)大変だよ!
(涌田亜美)科捜研宛てに

妙な動画が送られてきました。

「(秒針の音)」

(亜美)「市内の観光名所に
爆弾を隠した」

「リミットは本日17時」

「それまでに見つけ出し
解除しないと 自動的に爆発する」

「爆弾の場所は ARサウンドスポットに聞け」

「まずは一条戻橋からだ」

「(爆発音)」

一条戻橋に
ARサウンドスポットは?

すでに設置してありますが…。

藤倉刑事部
捜査一課 出動します。

機動隊 爆処理班の出動要請を。

爆発物の鑑定なら
科捜研の出動も必要なはずです。

わかった。
ただし 状況は逐一報告しろ。

はい。
亜美くん サイバー犯罪対策課に

メールの発信元の割り出しを
依頼して。

(亜美)ラジャー!

一緒に来て頂けますね?
わかりました。

(園崎)サウンドスポットは
あそこです。

♬~

(蒲原)ちょっと すいません。

(警察官)はい すいません
離れてください。

失礼します。 離れてください。

専用のアプリは
ダウンロードしてあります。

(電子音)

(子供たち)
「わっしょい! わっしょい!」

「♬~(祭り囃子)」

祭りのお囃子?

いや おかしいです。

このスポットでは この一条戻橋で
渡辺綱が鬼を退治する物語の

音声が流れるはずなのに…。

何者かが
違う音源に換えたって事ですか?

犯人が音声ファイルを
違うものに書き換えたとすれば

この音声が犯人からのメッセージ。

メッセージって?

脅迫メールには 「爆弾の場所は

ARサウンドスポットに聞け」と
あったわ。

このお囃子が どこかの場所を
示しているとしたら…。

園崎さん 何か心当たりは?

かなり珍しいものだと思います。

葵祭祇園祭 時代祭のような

有名な祭りのものでは
なさそうですし…。

だったら 科捜研で鑑定を。

(亜美)一条戻橋の
サウンドスポットの音声です。

(子供たち)
「わっしょい! わっしょい!」

「♬~(祭り囃子)」

確かに 聞いた事のない
祭り囃子だね。

「♬~(祭り囃子)」

データベースにも 該当するものは
ありませんでした。

だったら 僕の出番。

笛や太鼓の音を取り除いて…。

(子供たち)「わっしょい!
わっしょい! わっしょい!」

「わっしょい!」
「(電車の走行音)」

電車の音?

えっ?

「(電車の走行音)」

本当だ!

電車の走行音なら
データベースにあるよね!

線路の繋ぎ目の音も聞こえるから
運行速度がわかるし

走行箇所も絞り込めるはずだ。

♬~

(日野)この付近で
祭りを行う神社仏閣…。

あった!

(亜美)マリコさん
このお囃子が示しているのは

三宅八幡神社です!

大至急 捜索を。
こちらも急行します。

園崎さんも一緒にお願いします。
(園崎)はい!

17時までに爆弾を見つけないと…。

(警笛)

(電車の走行音)

♬~

捜索した結果
不審物は見当たりませんでした。

送られてきた映像を見る限り…。

「(爆発音)」

犯人は確実に
殺傷力のある爆発物を持ち

それを この京都のどこかに
仕掛けた可能性は高い。

(携帯電話の振動音)

はい 榊。

サイバー犯罪対策課から
報告が来たよ。

メールの発信元は
わかりましたか?

いや どちらのメールも

海外のサーバーを
複数経由していて

発信元は わからなかったそうだ。

だけど 興味深い事が
1つ 明らかになったよ。

なんです?

メールの送信に使われた
フリーアカウントを取得したのは

尾藤奏吾という人物だった。

失踪した
京都サウンド・ラボラトリーの…。

1つ 確認したいんですが

サウンドスポットの音声を
書き換える事ができる人間は

限られていますよね?

ええ もちろん。

失踪中の尾藤奏吾さんなら
可能ですね?

いや… だとしても 私は

尾藤さんが
こんな事をするとは…。

どうして そう思うんです?

尾藤さんとは二人三脚で

プロジェクトの実現に向けて
頑張ってきました。

その尾藤さんが プロジェクトの
中止を要求するなんて

私には到底信じられません。

♬~(携帯電話)『クシコス・ポスト』

すみません。

はい 園崎です。

えっ!?
何か?

センターのサイトに
また脅迫メールが届いたそうです。

(石橋)ああ そうだ。

たった今 送られてきたところだ。

榊さんに代わります。

京都府警科捜研の榊です。

そのメール 府警本部と
こちらにも転送お願いします。

「次は南禅寺水路閣
ARサウンドスポットに聞け」

「急がないと時間がないぞ」

♬~

(園崎)あそこです!

♬~

(電子音)

(石川五右衛門)
「絶景かな 絶景かな」

「♬~(三味線)」
「(ノイズ)」

「春の眺めは価千金とは
小せえ 小せえ」

これは?

歌舞伎の『楼門五三桐』の
石川五右衛門のセリフです。

この南禅寺の三門が

舞台になっていると
いわれていて…。

このスポットで元々 流すはずだった
音声のままです。

じゃあ
書き換えられてないんですか?

でも 犯人の言うとおりだとすれば
この音声は

爆弾の場所を示す
メッセージのはず。

木内さんは
尾藤奏吾さんの助手を?

(木内鳴実)はい。
このラボの立ち上げから ずっと。

尾藤さんが失踪された理由に
心当たりは?

いえ。 私も他の研究員も
心当たりは何もなくて…。

こちらでは
一体 どのような研究を?

元々は
音が人の心理に与える影響や

サウンドスペクトログラムの
研究が主だったんですけど

最近は すっかり いにしえの音が
ライフワークになって…。

尾藤先生に言わせれば
いにしえの音を突き詰めると

静寂の音になるって…。

静寂の音?

ええ。 現代は
無用な人工音にあふれていて

それらの音を可能な限り排して

自然な静寂の音だけを
集める事ができれば

それこそが1200年の昔から続く
京の都にふさわしい

いにしえの音だと。
ふむ…。

(鳥のさえずり)
(葉擦れの音)

ただ そういう場所を探して歩く
サウンドハンティングは

根気のいる作業で

昼夜や季節の違いでも
音は変わるため

何度も通う必要があり

1年近くかけても 最適な場所は

まだ数カ所しか
見つかっていません。

三宅八幡神社…?

♬~

三門を中心に
徹底的に捜索しましたが

やはり 不審物は見つかりません。

(ため息)

歌舞伎のセリフが示しているのが

南禅寺の三門という
メッセージじゃないとしたら…。

「最新鋭の音響技術や

サウンドスペクトログラムからの
音響生成の研究」…?

あのセリフの
元の音声はありますか?

はい。

音源なら この中に。

(五右衛門)「絶景かな 絶景かな」

「♬~(三味線)」

これが最初の音源。

こっちが サウンドスポットから
流れたほう。

(五右衛門)「絶景かな 絶景かな」

「♬~(三味線)」
「(ノイズ)」

「春の眺めは…」

わずかだけど

サウンドスポットのほうに
ノイズがある。

♬~

榊です。

今から送る音声のノイズの部分を

サウンドスペクトログラム化
してみて。

「♬~(三味線)」
「(ノイズ)」

(五右衛門)「春の眺めは…」

(キーを打つ音)

まず このノイズだけを
取り出してみるね。

(宇佐見)でも マリコさん これを

スペクトログラム化するって
どうして?

失踪した尾藤という人は

サウンドスペクトログラムからの
音響生成を研究していたの。

スペクトログラムからの
音響生成?

一般的に
サウンドスペクトログラムは

1つの音声や音楽を

周波数を縦軸 時間を横軸に

目で見える形に再現した

いわば 音を図形化したもの。

(日野)だから 声紋とかの鑑定に
使えるんだよね。

言うならば
あらかじめ存在する音を

図形に変換する技術の事。

そして その逆が

サウンドスペクトログラムからの
音響生成。

なるほど。 ある図形を
スペクトログラムに加工する事で

その図形に対応する音が
作れるというわけですか。

できたよ!

これがノイズの
サウンドスペクトログラム!

音の強弱も補正して。
(亜美)ラジャー!

♬~

(日野)文字?

このノイズは
文字を示してたんだ…。

アルファベットのようですね。

マリコさん 転送します。

(蒲原)
「H I R O S A W A」…。

広沢池!
間違いない。

ここが爆弾の場所を示す
犯人からのメッセージよ。

爆弾は 広沢池にある可能性が…。
大至急 捜索を!

(一同)はい!

まさか… 本当に尾藤さんが?

犯人はサウンドスポットに
自由にアクセスでき

なおかつ
サウンドスペクトログラムに

メッセージを仕込む技術を
持っています。

それができるのは 尾藤奏吾さん。

あなたも そう思っているんじゃ
ありませんか?

♬~

単刀直入に伺います。

失踪前の尾藤さんと
今回のプロジェクトを巡り

トラブルがあったのでは
ありませんか?

別に
トラブルと言うほどの事は…。

脅迫の内容が事実なら
無関係な市民が

爆発に巻き込まれる可能性だって
あるんです。

話してください。

実は…。

(園崎)尾藤さんは優秀な方ですが
ある種 天才肌と言いますか

自らが追求する音に対する執着が
あまりに強くて…。

センターと
対立していたって事ですか?

京都観光サウンドAR
プロジェクトの方針として

石橋も私も
外国人を含めた観光客の方に

わかりやすい日本の音をメインに
提供するべきと主張したんです。

それって 祭り囃子や
歌舞伎のセリフみたいな?

それに対して尾藤さんは
もっと京都が誇る いにしえの音

それも
できる限り人工音を排した

静寂の音を増やすべきと
言い張って…。

静寂の音を…。

それだけだと 正直

観光PRの目玉にはできないと
判断した石橋は

尾藤さんが提案する音を
ことごとく退けるようになって

亀裂は決定的なものに…。

喧嘩別れをしたって事ですか?

何より 尾藤さんに関しては
もっと大きな問題が…。

問題と言いますと?

当方がプロジェクトのために
計上した額を超える経費が

京都サウンド・ラボラトリーで
使われていた事が明らかに…。

しかも そのほとんどが
使途不明で…。

尾藤さんが 使い込みをしていた
という事ですか?

(石橋)あくまで噂ですが

京都サウンド・ラボラトリーは
設立以来 経営不振が続いていて

うちからの委託業務を渡りに船と

負債の返済に使っていた可能性も。

それでプロジェクトから外されて
失踪した?

尾藤は 観光促進センターを
逆恨みしたのか

あるいは 経費の不正流用が
バレるのを恐れて

こんな脅迫事件を
起こしたのかもしれませんね。

だとしても
どうして爆弾まで作って

私たち科捜研を
巻き込んだりしたのかしら?

とにかく 俺たちも
広沢池に急ぎましょう。

(鳥の鳴き声)

部長 池の周辺から
不審物は一切見つかりません。

脅迫犯は 一体 何が狙いなんだ?

藤倉刑事部長!

周辺に見つからないのなら
池をさらわせてください。

周辺に見つからないのなら
池をさらわせてください。

なんのつもりだ?

犯人はメールで 爆弾を
「埋めた」でも「仕掛けた」でもなく

「隠した」と表現しています。

水中に隠してある可能性も
十分 考えられます。

引き続き 池の中の捜索を開始!

♬~

♬~

(藤倉)池の中を含めて
一帯からは何も出なかったぞ。

ですが 南禅寺のARサウンドスポットの
音声が示したのは

この広沢池で間違いないはずです。

三宅八幡神社も空振りだった。

そもそも
爆弾を仕掛けたという脅迫の

信憑性を疑うべきじゃないのか?

それは…。

♬~(携帯電話)『クシコス・ポスト』

園崎です。

えっ…。

犯人からのメールが
また届きました。

「次は祇園の巽橋の
ARサウンドスポットに聞け」

「急がないと時間がないぞ」

♬~

(園崎)ここです!

♬~

(電子音)

「(ノイズ)」

えっ…?

本来なら
どんな音声が流れるんです?

これです。

「♬~(三味線)」

♬~「月はおぼろに」

花街らしい音がふさわしいと
雅おどりの楽曲を…。

なのに なんで こんなノイズが?

「(ノイズ)」

(呂太)うーん
基本 全部ノイズみたいだね。

さっきみたいに
文字が隠れてる感じはしないし…。

(宇佐見)全体に 縦の線が
多いように見えるけど…。

(呂太)音量の強弱で
色 補正してみたんだけど

全然わかんないよ。

とにかく マリコさんに送ります。

(蒲原)なんなんですか? これ。

この画像に
何か心当たりはありませんか?

さあ… 私には なんの事だか…。

犯人がサウンドスポットの音声を
書き換えたとすれば

これが犯人からの
メッセージなのは間違いないはず。

(携帯電話の振動音)

気になる事がわかった。

気になる事って?

尾藤奏吾のクレジットカードと
交通系電子マネー

履歴を洗った結果

6月9日以降
使われた痕跡はない。

それって
尾藤さんが失踪した日…。

だとすると ただの失踪じゃない
可能性も考えられるわね。

もう一つ 気になる事がある。

京都サウンド・ラボラトリーで
尾藤が静寂の音を求めて

サウンドハンティングに
足しげく通っていた場所を見た。

その中に
三宅八幡神社と広沢池もあった。

それって…。

仮に 犯人が音を使って

それらの場所を
続けて示してるとしたら

爆弾を仕掛ける他に

何か別の目的が
あるんじゃないか?

別の目的…。

もしかして…。

所長!
おっ… マリコくん!

みんなに お願いがあるの。
(亜美)戻ってきちゃったんだ。

えっ 爆弾探しはいいの?

時間は もう
あまりないはずじゃ…。

どうしても確かめたい事があるの。
手伝って。

♬~

(亜美)尾藤さん いました!
嵯峨嵐山駅

尾藤さんは失踪当日
嵯峨嵐山駅を使用した。

尾藤さんが静寂の音を
探しに行った可能性がある場所を

全て教えてください。

さっきもお話ししたように
それほど多くは…。

(クリックする音)

土門さんから
静寂の音の場所のリスト届いたよ。

嵯峨嵐山駅周辺には…。

あった。

呂太くん この場所に絞り込んで
画像を検索して。

オッケー!

(キーボードを打つ音)

(検索音)

あったよ! これが元の画像。

でも これって…。

所長 科捜研の出動を
お願いします。

(日野)ウォーキング型
爆発物探知装置じゃないんだ?

ええ。 マリコさんの指定ですから。

だけど NRN検出器って…。

まさか!

そうか わかった。

あなたには
まだ話してない事がありますね?

場所がわかった?

わかりました。 はい。

場所って
爆弾が見つかったんですか?

捜索は これからです。

時間がありません。
とにかく急ぎましょう。

♬~

(足音)

マリコさん
どうして こんな場所に?

巽橋のサウンドスポットにあった
ノイズの

サウンドスペクトログラムが
教えてくれたの。

それなら
さっきも見ましたけど…。

このノイズは元々
ある場所を写した画像に

純化処理を施して
音声化したものでした。

画像を音声化?

元の画像も見つけました。
それも意外なところから。

京都観光サウンドARの
企画書にあった画像です。

観光促進センターの
ホームページにも

同じものがありました。

冬に この竹林を写したものです。

このノイズは
この画像を音声化したものです。

すなわち ノイズが示す場所は
この竹林以外 考えられません。

じゃあ このどこかに爆弾が?

急いで捜索を。

(鳥の鳴き声)

この奥のはず。

(蒲原)爆弾の場所まで
わかってるんですか?

♬~

ここです。

(蒲原)ここに爆弾が…。

犯人が時間を指定している以上
時限式の可能性は高いわ。

17時になる前に
掘り出して回収しないと。

やめろ! やめてくれ!
ちょっと 何するんですか!

いや… 万が一 爆発でもしたら
危ないじゃないですか。

爆発はしません。

あいにくですが この場所は
すでに掘り起こしたあとです。

マリコさんの予想どおりでした。

このNRN検出器が
役に立ったね!

その機械って 確か…。

NRN検出器は

遺体から発生する
ニンヒドリンを検知して

地中に埋められた遺体の場所を
特定する事が可能なの。

(検知音)

(亜美)ニンヒドリン検知!
7番と8番に反応!

えっと…
7番と8番は ここだね!

♬~

マリコさん。

♬~

人間のご遺体よ。 間違いないわ。

遺体って誰の?

(携帯電話の振動音)

風丘先生 解剖の結果は?

(風丘早月)ご遺体の
腐敗状況から見て

埋められたのは
1カ月前後ってとこ。

死因は?
脳挫傷ね。

頭蓋骨の頭頂部に骨折があった。
鈍器による撲殺の可能性が高い。

ちょっと待って 所長に代わる。

マリコくん。

歯の治療記録も取り寄せて
照合した結果 ご遺体は

尾藤奏吾さんと見て間違いない。

(蒲原)失踪した尾藤さんは
亡くなっていた…。

全ては尾藤さんのご遺体を
見つけるための計画だった。

そうですね?

木内鳴実さん。

彼女が全てを認めたよ。

あなたは 尾藤さんの失踪を
最初から疑っていたんですね?

尾藤先生がプロジェクトの事で

観光促進センターと
もめていたのは知っていました。

尾藤先生 京都観光サウンドARは
どうなってしまうんでしょうか?

(尾藤奏吾)なあに 大丈夫だ。

こっちには いいアイデアがある。

それを聞けば 向こうだって
考えを改めるはずだ。

(鳴実の声)それが
先生の姿を見た最後でした。

先生と連絡が取れなくなったあと

私は先生が残した
ノートやメモ類を調べました。

そして 尾藤奏吾さんが

経費の不正流用の疑いを
かけられている事を突き止めた。

尾藤先生が そんな不正を
働くような人ではない事は

私が誰よりも
よくわかっています。

つまり 尾藤さんは

何者かに ぬれぎぬを着せられた
可能性が高いと…。

真実を明らかにするように
私はセンターに何度も訴えました。

でも 門前払いが続き

地元の警察にも
行方不明者届を出したんですが

事件性が はっきりしないからと
取り合ってもらえなくて…。

尾藤さんは亡くなっている。

それも 誰かに
殺害されたのではないかと

疑うようになった。

失踪する前 先生が
静寂の音を探しに行ったのは

山の中や 人がほとんど訪れない
場所のはずです。

万が一 そこで
先生の身に何か起きたとすれば

そのまま放置されたり
隠されている可能性が高い。

そう思って…。

だから あなたは
今回の計画を思いついた。

計画って?

実際には存在しない爆弾で
センターを脅迫し

私たち警察を動かし
尾藤さんのご遺体を探させる計画。

そうですよね?

どうして わかったんです?

そもそも 犯人の狙いは
最初から矛盾していた。

爆弾の爆破時刻まで
予告していたのに

具体的な要求は一切なく

サウンドスポットの音声から
割り出した場所は

三宅八幡神社や広沢池。

そして 3番目の この場所も

仮に爆発が起きても

人的被害の出る可能性が
低い場所ばかりだった。

なおかつ 予告メールで
犯人は私たちに

「爆弾を隠した」という
微妙な言い回しを選んだ。

そのため 広沢池では
池の中まで捜索する事になった。

その理由は
犯人は自分も知らない場所を

私たち警察に捜索させる事が
目的だったから。

失踪した尾藤さんが
犯人でないとすれば

サウンドスポットの音声ファイルを
書き換えられるのは

あなた以外には考えられません。

(ため息)

ラボのパソコンを使えば

サウンドスポットの音声を
書き換える事は簡単でした。

(鳴実の声)一条戻橋の
サウンドスポットの音源を

三宅八幡神社の祭り囃子に
差し替え

南禅寺 水路閣
歌舞伎のセリフには

HIROSAWANOIKEの文字が入るように
加工しました。

科捜研なら それを突き止め
三宅八幡神社や広沢池も捜索する。

そう思って やったわけか。

あなたは 捜索の様子も
監視していたんですね?

(マリコの声)ご遺体が見つからないと
わかると

観光促進センターに
新たなメールを送り

私たちを次のサウンドスポットに
向かわせた。

(鳴実)尾藤先生が
今 どこにいるのか…。

それを明らかにするには
それしかなかったから…。

(蒲原)でも 助手のあなたが
どうして そこまで?

(宇佐見)遺体が見つかった時

身元のわかる物は
ありませんでしたが

左手には この指輪が。

名前やメッセージを呼ぶ声の
波形をかたどった

エンコードリングというものです。

音響の研究をしていた
尾藤さんには

ふさわしい指輪です。

そして あなたも
同じようなネックレスをしている。

尾藤さんと お付き合いを
されていたんですね?

脅迫メールを使い
私たち警察を動かすという

あなたの計画は
ある意味 成功しました。

交通系電子マネーの履歴から
尾藤奏吾さんは失踪直前…。

(亜美)山陰線の嵯峨嵐山駅
降りていた事が確認できました。

そこから徒歩で行ける範囲で

尾藤さんが
静寂の音を求めた場所の中から

この竹林が浮かび上がり

巽橋のサウンドスポットで流れた
ノイズが

この場所を示していると
わかりました。

すると 妙な事に気づきました。

この竹林の画像は

京都観光サウンドARの企画書や
ホームページにも使われています。

プロジェクトに関わる人間なら
当然 すぐに気づくはず。

なのに あなたは…。

この画像に
何か心当たりはありませんか?

さあ… 私には なんの事だか…。

三宅八幡神社や広沢池は

尾藤さんが
静寂の音を求めていた場所だ。

尾藤さんと仕事をしていた
あんたなら

次が この場所だと察しても
おかしくはなかったはずだ。

いや それは…。

この竹林に捜査の目が向く事を
避けようとしたのは

あんたが
この場所で尾藤さんを殺害し

遺体を埋めたからじゃないのか?

何を言い出すんです!?

仮に尾藤さんが
ここで亡くなってたとして

私が殺したという証拠が
どこにあるんです?

ご遺体と一緒に
録音機材も埋められていました。

♬~

(呂太)おっ! 電源も生きてるし
音声も残ってるよ。

聞かせて。
うん。

(操作音)

それは 尾藤さんが殺害される
直前の音声でした。

6月9日 嵯峨嵐山 竹林
初夏の夜の静寂。

(葉擦れの音)

「(葉擦れの音)」

「♬~(携帯電話)
『クシコス・ポスト』」

録音中だ! 邪魔をするな!

すみません。

この音は
あなたのスマホの着信音ですね?

尾藤奏吾さんが
殺害され 埋められた現場に

あんたがいた動かぬ証拠だ!

違う… 私じゃない!

私は 殺してなんか…。

ご遺体の詳しい鑑定は
これからです。

ご遺体が見つかった以上

誰が殺害したのかの証拠も
必ず見つけてみせます。

♬~

プロジェクトの経費を
使い込んだのは あんただな?

違法カジノに はまって
どうしようもなくて…。

それを 尾藤さんや
京都サウンド・ラボラトリーが

不正流用したように
偽装したっていうのか?

ええ…。

研究バカだった尾藤さんだったら
ごまかせるかなと思って…。

フフッ…
でも さすがにバレてしまって…。

あの夜は その事を話すために…。

使い込みの件 明日の朝イチで
あんたの上司に報告させてもらう。

ちょっと待ってくださいよ!
お金は ちゃんと戻しますから!

あんた 自分がした事が
わかってるのか?

自分の立場を利用して
俺をはめたんだぞ。

上司と掛け合って

ぬれぎぬを着せられた
慰謝料代わりに

プロジェクトは 俺のやり方で
やらせてもらう事にする。

お願いです!

頼むから 考え直してください!

自分でまいた種だ。
話は終わりだ。 帰ってくれ。

♬~

(殴る音)

殺すつもりなんか
なかったんです!

だったら どうして
その時 通報しなかった!

遺体を埋めて隠そう

逃げ延びようと思った瞬間
あんたは

人が踏み越えてはいけない一線を
踏み越えたんだ。

「(爆発音)」

(早月)ええーっ!?

これ 動画投稿サイトからの
映像だったの!?

ええ。 特撮マニアが
ネットに上げた映像を

わざと粗く加工して

コピー元が わからないように
していたようです。

(早月)はあ~…。

脅迫メールを送った
木内鳴実さんは

音響専門家だけど 爆弾までは
作れなかったってわけか。

恋人だった尾藤さんを見つけたい
一心でやったんだから

情状酌量されると
いいんですけど…。

(宇佐見)唯一の救いは

京都サウンドARプロジェクトが
続行になった事かな。

確かに。

亡くなった尾藤さんが
残そうとした

京都の いにしえの音
私も聞いてみたいかも。

できたー! フフフ…!

(早月)何? これ。
(呂太)科捜研のみんなを

サウンドスペクトログラムに
加工して

音楽にしてみたんだ!
聞いて 聞いて!

(ノイズ)
(早月)うわっ! 何…!?

(呂太)ハハハ…!
(早月)ちょっと やめて やめて!

いやあ… 科捜研で当分
静寂の音は聞けそうもないね。

(ノイズ)
うわあ~!!

尾藤さんが失踪した時 鳴実さんは
地元警察に捜索を訴えたけど

取り合ってもらえなかったと
言ってたでしょ。

ああ。

もし あの時 誰かが 彼女に
きちんと向き合っていれば

彼女が罪を犯す事も
なかったかもしれない。

最後の聴取で
木内鳴実は言っていた。

刑事さん。
榊さんに伝えてもらえませんか?

尾藤先生を見つけてほしいという
私の願いに耳を傾けてくれて…

奏吾さんを見つけてくれて
ありがとうと。

そう…。

♬~(祭り囃子)

殺害現場に残されていた
あのお寿司は

誰が作ったんだろう?
(日野)その評価が

殺害の動機になってる
可能性もあるよね。

(入間千加子)
やり方さえ学習すれば

誰だって寿司職人を目指せます。

この人たちの作るお寿司を
調べてみましょう。