ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ベビーシッター・ギン! 第2話 大野拓朗、ゆりやんレトリィバァ… ドラマの原作・キャストなど…

『プレミアムドラマ ベビーシッター・ギン!(2)』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. イチゴ
  2. リンゴ
  3. 恵美
  4. シンデレラ
  5. 光一
  6. お姉ちゃん
  7. 今日
  8. ママ
  9. 頑張
  10. ナニー
  11. お願い
  12. 仕事
  13. ギン
  14. 大丈夫
  15. 無理
  16. 龍之介
  17. パパ
  18. ファミサポ
  19. 笑顔
  20. 拍手

f:id:dramalog:20190707225120p:plain

『プレミアムドラマ ベビーシッター・ギン!(2)』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

プレミアムドラマ ベビーシッター・ギン!(2)[字]

英国淑女の装いに身を包むベビーシッターのギン(大野拓朗)が愛を届ける痛快ドラマ第2回!子供モデルのイチゴの姉・リンゴの悩みにギンは向き合い…

詳細情報
番組内容
英国淑女の装いに身を包む、ちょっと不思議なベビーシッターのギン(大野拓朗)が悩める親たちと子供たちに愛を届ける痛快ドラマ第2回! 売れっ子の子供モデルの野村イチゴ(池谷美音)の姉・リンゴ(古川凛)をギンが引き受け、妹のように輝けないリンゴを元気にしようと奮闘する。イチゴに謎の存在が迫り、その意外な正体が明らかになって…。リンゴに笑顔は戻るのか?
出演者
【出演】大野拓朗ゆりやんレトリィバァ高橋ひとみ竜雷太東風万智子天野浩成,古川凛,池谷美音
原作・脚本
【原作】大和和紀,【脚本】泉澤陽子

 

 


♬~

(ギン)今日も完璧だわ~。

ああ~。

私の母性愛は 今日はどこへ向かうの?

あふれまくってるわよ~。

(イチゴ)う~ん ともぐい!

ウ~ン トモグイ。

イチゴ ミーンズ ストロベリー
ぱく。

(イチゴ)ハッピー。

さて 今日は 動画投稿サイトで
再生回数 なんと100万回

ただいま 人気急上昇中の
野村イチゴちゃんと

そのご家族に来て頂きました。
さあ どうぞ~!

(拍手)
うわ~ かわいい!

(リンゴ)イチゴ スマイル。

(司会)出ました この笑顔ですね。
さあ いかがですか? 上大岡先生。

(八千代)ああ… アッハハハハ
まあ まあ よろしいんじゃないですか?

(司会)よろしいんじゃないですかね。
かわいらしくて。

お疲れさま ジュース飲む?
うん!

はい。
ありがとう お姉ちゃん。

イチゴ すごくかわいかったよ。
ほんと? うん。

お姉ちゃん 見てたんだよ~。
かわいかった。

(美々子)じい お代わり。
(龍之介)はい。

さあ 準備完了よ。

(龍之介)また今日もお仕事ですか?
ああ 見たくありません。

熱っ あちい! あっち~!

私は 世界一のナニーよ。

私が行けば 全ての子がほほ笑み
全てのママが救われるの。

で? 今日の私の天使ちゃんは?

(パソコン:イチゴ)ミーンズ ストロベリー。
へっ!?

う~ん ともぐい! ハッピー。

今日の仕事 野村イチゴの家なの。

え… マジ!?
この子の家に行くの!? 私が!?

うん。

美々子 どう?
私 どこか変じゃない?

うん いつもどおり 十分 変よ。
行ってらっしゃい。 行ってきます。

♬「その小さな手 つぶらな瞳」

♬「はじめまして」

(恵美)はい。

下落合ポピンズ倶楽部から参りました
下落合ギンです。

あなたがベビーシッター?
すっごい服。

あら うれしい。

私は 英国王立ナニー協会に認定された
プロフェッショナルですわ。

はあ…。 ほんとは ベビーシッターなんて
ぜいたくなんですけど…。

あ… どうぞ。
失礼いたします。

あ…。

キャ~ イチゴちゃ~ん!

イチゴは これから
写真集の打ち合わせに行くんです。 え?

今までは 土日に合わせて
仕事してきたんですけど

ここ最近の人気で
平日も仕事が入ってきて…。

ああ。 分かりました。
じゃあ 早速 現場に参りましょう。

マスコミ対応は 経験ありますので。

え? あ 違うんです。
お願いしたいのは この子の姉です。

リンゴ。
う~ん ちょっと待って。

今 イチゴの動画 アップしてるから。

保育園の送り迎えと
リンゴの夕食もお願いします。

あ… ああ かしこまりました。

それと… 実は 最近

イチゴのことを中傷する
ネットの書き込みが多くて。

この前なんか こんな手紙が
ポストに投げ込まれたんですよ。

ああ…。

まっ 有名税みたいなもんですけど
念のため 気を付けて下さいね。 はい。

早く セキュリティーのしっかりした
マンションに引っ越さないと。

(光一)恵美 車!
下落合ポピンズ倶楽部から参りました

下落合ギン…。
やだ! こんな時間。

じゃあ よろしくお願いしますね。
イチゴ おいで!

(イチゴ)お姉ちゃん 行ってきま~す!
おいで 行くよ。

(恵美)行ってきま~す!
(イチゴ)お姉ちゃん 行ってきま~す!

携帯!
ありがと ありがと。

行ってらっしゃ~い!
(恵美 光一)行ってきま~す!

(ドアの閉まる音)

下落合ギンです。
「ギンちゃん」でいいわ。

よろしくね~ リンゴちゃん。

私 ベビーシッターなんて
いらないんだけど。

まあ そう言わずに…。
早く~ 保育園 遅刻しちゃうよ。

あ~ら 大変!
あっ 忘れ物はない?

♬~

おうちに帰る前に
スーパーに寄りましょうか。

今晩は 何を食べたい?

うちは いつも
おうどんとかチャーハンとか。

あと ママがパートしてるスーパーの
半額のおかず。

今日は リンゴちゃんの好きなものを
食べていいのよ。

別に 何でもいいよ。

あら! イチゴちゃんのお姉ちゃん!
いつも 動画投稿サイト 見てるわよ。

ありがとうございます。
イチゴちゃんのお姉ちゃん

これ よかったら イチゴちゃんに。
ありがとうございます。

イチゴのこと よろしくお願いします。
ねえ サインもらえないかな ダメ?

私も欲しい。
お願い イチゴちゃんのお姉ちゃん。

いいですよ~。
ちょっと お二人!

この子の名前は

イチゴちゃんのお姉ちゃんでは
ありませんわ。

リンゴちゃんです!
何なの? この人。

ちょっと 行きましょう もう!
え? 何?

シ~!
(2人の悲鳴)

言ってやりましたわ。

あ… あの…
すいません すいませんでした!

イチゴのこと よろしくお願いします!
お願いしま~す!

営業妨害です。

ママから言われてるの
ファンには笑顔って。

人気商売なんだから。

分かったわ。

はい。

本当に こんな簡単なものでいいの?

いいの。 ぜいたくしたら
ママに怒られちゃう。

頂きます。

ねえ まだ? 帰りたい。

ええ… あっ。

イチゴ~。

いらない! あ~。

もうちょっとだけだからね 頑張ろう。

お待たせいたしました。
じゃ カメラテストいきま~す。

イチゴちゃん
こっち来てくれるかな?

は~い はい ありがとう。

じゃあ 撮りますよ~。

はい 笑って~。

ニッ ニッ!
(カメラマン)ああ いいね~。 それそれ。

あは~ もう じれったい!
もっと奥よ。

やりづらいんだけど。
え? 何で?

私 いつも 1人で磨いてるし。

ええ? ダメよ~。

小学生になるまでは
大人が仕上げ磨きをした方がいいのよ。

本当は 小学校を卒業するまで
磨いた方がいいの。

そうなの?
そうよ。 はい。

私がママなら
ず~っと 仕上げ磨き 続けるわ。

大人になってもしちゃおうかしら。

それ 変だよ。
はい 口開けて~。

さっ じゃあ
寝る前に ご本でも読みましょうか。

何読もうかしら。 う~ん。

あっ

「シンデレラ」。

保育園のおたのしみ会で
「シンデレラ」の劇をやることになって。

へえ~。
リンゴちゃんは 何の役をやるの?

まだ決まってない。
今度 役決めの会があるの。

絶対 何かの役しなきゃいけないの。

でも 目立つのやだ。

休んじゃおっかな~。

私に いい役なんか
できるわけないし。

どうして そう思うの?

私も 最初 イチゴみたいに
役決めの会 受けてたの。

でも 全然ダメ。 才能ないんだ。

起きて~ 時間よ~!

ほら リンゴちゃん。
うん?

はい じゃあ これに着替えて。

はい。

何が始まるの?
うん さあ。

ちょっと出かけてまいります。

どこ行くの?
いいから ついてらっしゃい。

シュッ シュシュシュシュッ。
おはようございます。 シュシュシュ…。

あ え い う え お あ お。
はい。

もう 恥ずかしいよ。

いいから。

演技のコツは
その役と お友達になること。

その役を身近に感じて
気持ちをつかむの。

自分が そうだと信じれば

男が 女を演じることだってできるのよ。

え~ うそだ。
本当よ。

あ え い う え お あ お。

あ え い う え お あ お。
(小声で)…い う え お あ お。

女の子は まま母と
その連れ子の姉たちに いじめられて

「灰だらけ」という意味の「シンデレラ」と
呼ばれていたの。

ある日 お城で舞踏会があって
シンデレラも行きたいと思う。

でも 姉たちに
「あんたには無理よ」と言われてしまうの。

シンデレラ かわいそう。

何で そう思うの?

だって シンデレラって 透明人間みたい。
え?

誰も シンデレラのこと見てないんだもん。

リンゴちゃんは
シンデレラの気持ちが分かるのね。

パパもママも

あのタワーマンション
住みたいんだって。

だから イチゴに有名になってほしいんだ。

ねえ シンデレラ 目指してみる?
え?

リンゴちゃんにしかできないシンデレラが
あると思うの。

でも…。

やってみましょうよ。
リンゴちゃんのシンデレラ 見てみたいわ。

あ え い う え お あ お。

あ え い う え お あ お。
(小声で)…い う え お あ お。

あ え い う え お あ お。
あ え い う え お あ お。

あ え い う え お あ お。
あ え い う え お あ お。

あ え い う え お あ お。
あ え い う え お あ お。

あ え い う え お あ お。
あ え い う え お あ お。

♬~

♬「わけもわからずに連れ出され」

♬「いきなり声を出してなんて」

♬「目立つのは嫌いなのに」

♬「ほらみんな不思議な顔してる」

♬「自分は出来ないと決めつけ
諦めたつもりでも」

♬「どこかで もう一度やってみたい気持ち
あるんじゃない?」

♬「ほら、 歌ってごらん」

♬「この人はどうして
いつも楽しそうなの」

♬「私も 少しだけ 真似してみようかな」

♬「あなたはあなた」

♬「誰とも比べようのない」

♬「素晴らしい輝きを持っているのよ」

♬「ナニー ナニー 最高のナニー」

♬「ナニー ナニー 本物のナニー」

♬「ナニー ナニー すぐ傍にナニー」

♬「ナニー ナニー GO GO GO」

♬「私だって出来るんだ こわくないわ」

♬「世界がまるで違って見えるの」

♬「あなたなら大丈夫よ うまくゆくわ」

♬「明るい明日に向かって
さあ歌いましょう」

フフフ シュッシュッ。

ねえ お芝居の練習しようよ。
ギンちゃん 魔法使いのおばあさん役ね。

え? 私が おばあさん?

(リンゴの笑い声)

よし。

リンゴちゃん お芝居のポイント
台本に書き込んでおいたから

机の引き出しに入れておくわね。
あっ。

キャ~! え? 何 これ。

もしかして 脅迫状は リンゴちゃんが…?

≪(玄関のドアが開く音)

≪(イチゴ)お姉ちゃん ただいま~!
≪(光一)ただいま!

お帰り~。
お帰りなさいませ。

(光一)聞いて下さいよ。
いい写真がいっぱい撮れて

これなら 1万部狙えるかもって
言われたんですよ。

(恵美)世界的なキッズブランドのナーバージャパンの
オーディション受けてみないかって言われて。

(光一)それに受かったらさ~
新しい車 買っていい?

(恵美)やりくりすれば
なんとかいけるかも。

(光一 イチゴ)やった~!

(恵美)夢はかなうのね~。

私のかなえられなかった夢を
イチゴがかなえてくれるなんて 最高!

あっ ごめんなさいね。 私
アイドルとかタレントになりたかったの。

だから リンゴの時も いろいろ
オーディション受けたんだけど ダメで。

でも イチゴには 才能があったのよ。


(恵美)はい 野村です。
え? キャンセルが出た?

はい 明日からよろしくお願いします。

ファミリーサポートに
1人分の空きが出たって。

(光一)ほんとかよ。
(恵美)明日から ず~っと

リンゴの送り迎えしてもらえるって。

急ですみません。

ファミリーサポートに空きができたんで
明日から 来て頂かなくて大丈夫です。

え? え… でも…。

何かあるんですか?

これ。
え?

おたのしみ会があるの?

知ってた?
ううん。

大丈夫。 この日は
イチゴの仕事はオフだから 見に行くね。

俺も行けるよ。

是非 行ってあげて下さい。

お世話になりました。
お世話になりました。

では 失礼します。

♬~

(光一)申し訳なかったかな。

(恵美)うん。
でも ファミサポだと 随分助かるからね。

♬~

(恵美)おなか減ってきた?
え~ さっき食べたのに。

(光一と恵美の笑い声)

(園児の母親)
リンゴちゃん リンゴちゃん

昨日
イチゴちゃんが出てるテレビ 見たわよ。

ありがとうございます。
じゃ また明日ね。

バイバイ。
バイバ~イ。

(先生)リンゴちゃん
ファミサポから お迎え来たよ。

はい…。

ファミサポに登録したの。

ちょっと強引に言いくるめて
リンゴちゃんの担当になりましたわ。

ねえ これがリンゴちゃんの夕ごはん?

うん。 チンして食べるの。

はあ~。

う~ん。

ジャジャ~ン。

どうして私の好きなもの分かったの?

私は 魔法が使えるのよ。

こんなの ぜいたくすぎるよ。

頂きま~す!

う~ん おいし。

頂きます。

おいしい。

最近は
いつも1人で ごはん食べてるの?

1人で平気だから。

ふ~ん そう。

聞かないの?
何を?

脅迫状のこととか。

リンゴちゃんの方から言ってくれるのを
待ってるの。

リンゴちゃんが 話したいと思った時に
話してくれればいいのよ。

私じゃ… 無理だから。

イチゴならできる。
それは うれしいんだ。

でも…。

でも?

ママもパパも
イチゴのことばっかりなんだもん。

だから 脅迫状 書いたり
藁人形作ったりしたの。

最低でしょ?

♬~

はあ~。

つらかったわね。

怒んないの?

ううん。

リンゴちゃんは
自分が悪いことしたって分かってるもの。

もう大丈夫よ。

リンゴちゃんの思いは
このギンちゃんが引き受けました。

♬~

(玄関のドアが開く音)

お帰りなさいませ。
どうして あなたが?

リンゴちゃんが心配で
ファミサポに登録したんです。

思ったとおりでした。

食事の栄養状態は偏っていましたし
精神的にも よくない状態です。

うちは迎えだけ頼んでるんです。
頼んでないことまで 勝手にしないでよ。

ファミサポに言って 担当を替えてもらう。

失礼は謝ります。 でも 私に
リンゴちゃんを見させてもらえませんか?

もちろん ファミサポ料金で。

どうして そこまで…?

ママ~ 疲れた!
あ~ そうね 早く寝よう。

よし じゃ 手 洗って ほら。
嫌だ! え?

や~だ や~だ。
ちょっと イチゴ ほら。

イチゴ! ほら お願い。

情けないよね。
寝かしつけも うまくできないんだから。

子どもが寝ないのは
よくあることですわ。

はあ~。

今日は 電車で移動だったから

声をかけられたら
笑顔で対応しなきゃならなくて

いつもより疲れちゃって。

お疲れさまでした。

分かったよ。

リンゴの担当 あなたでいいよ。

恵美さん。

どうして そんなに頑張るんですか?
無理しすぎじゃないですか?

でもねえ…
子どもたちのためには 今 頑張んないと。

いいところに住んで
お金がたくさんあれば

子どもたちを
いい学校に行かせてやれるし

いい仕事に就くこともできるでしょ?

子どもたちには
もっと上の世界を見せてあげたいの。

今は苦しくても 頑張るしかないのよ。

なのに 最近 ちょっと
イチゴの笑顔が出にくい時があるのよね。

≪(玄関のドアの開閉音)

お邪魔しております。
(光一)ああ どうも。

ただいま。

今日 電車の移動 大変だったの。

イチゴの寝つきも悪くて
やっぱり車じゃないと。

(光一)しょうがないだろ。 今日は
どうしても外せない仕事だったんだから。

イチゴの仕事を優先してよ。
週に3日も4日も休めないよ。

俺だって 会社で
それなりに任されてるんだから。

そんなの どうだっていいのよ!

あなたは イチゴの仕事を
何より一番に優先すべきなの。

実際 私は そうしてるんだから。

私たちには
もう それしか残ってないんだよ。

あなたが 私の人生の
何を変えられるっていうのよ。

あんたの給料じゃ無理でしょ。

お前 変だぞ。
どこが変なのよ。

≪(光一)いや おかしいだろ。
≪(恵美)何がおかしいのよ!

イチゴの仕事を優先してよ。

だから 今は…。
「今は」って何よ。 今やらないで…。

シ~。
天使ちゃんたちが起きますわよ。

(先生)はい。 じゃあ みんな 今日は

「シンデレラ」の劇の
役決めの会をしま~す。

みんな元気にやろうね。
(園児たち)は~い!

あ… 何か?
野村リンゴちゃんに

忘れ物を届けに来たんです。
はい。 リンゴちゃん。

どうぞ。
ありがとうございます。

忘れ物って?

パパとママのケンカは
リンゴちゃんのせいじゃないのよ。

今は 全部忘れて
シンデレラになりきるの。

でも 私
本番で うまく笑えないんだ。

ママも言ってたでしょ?
今度も きっと無理だよ。

そんなことないわ。
だって あんなに練習したじゃない。

♬~

シンデレラに変わってる。

リンゴちゃんも変われるわ。

♬~

「ありがとう。
ずっと私には無理だと思ってた。

でも 違ったのね。

こんなにきれいなところで輝けるなんて
夢みたい。

たとえ 今日の出来事が
全部 夢だとしても

私は とても幸せです」。

(先生)はい 上手にできました。
みんな リンゴちゃんに拍手~!

(拍手)

ありがとうございます!

ナーバージャパンのCMに
イチゴが選ばれたって!

(光一 イチゴ)やった~!
CM契約料って すごいんでしょ?

そりゃ 今までとは桁が違うだろ。

ただいま~! ただいま。
(恵美)タワーマンションも近づいたね!

あっ お帰り~!
(光一 イチゴ)お帰り!

あら お帰りだったんですね。

私 シンデレラに選ばれたの。
ええ! すごいじゃない!

お姉ちゃん すごい!
うん。

これ ギンちゃんが作ってくれたの。
ええ~!?

うわ~。 今夜はお祝いね。
イチゴも CMが決まったの。

来週の土曜日の朝から撮影だって。
大丈夫だよね?

(光一)うん もちろん。
土曜日?

(恵美)土曜日?
何だっけ?

あ…。

リンゴ ごめん。 なんとかなりませんか?
せめてパパだけでも。

それが
両親で来るように言われてるんです。

ごめん! この埋め合わせは必ずするから。

そっか… しょうがないよね。

あっ!

ああ! 取って。

ああ! ああ~。
はい よいしょ。

う~! う~ん。

イチゴのバカ!

イチゴ! 大丈夫か!?

撮影があるのに
ケガでもしたらどうするの!

だって イチゴが
私のドレス 汚したんだもん!

悪いのは イチゴだよ?
何でイチゴだけ心配するの!

(恵美)何言ってるの。
リンゴはお姉ちゃんでしょ!

イチゴなんて嫌い!
パパもママも大っ嫌い!

イチゴへの脅迫状 私がやったの!

イチゴなんか大っ嫌い。
生まれてこなければよかったのに!

(リンゴの号泣)
リンゴちゃん!

(リンゴの号泣)

しばらく
私がリンゴちゃんをお預かりしますわ。

学芸会も 私が行きますので ご心配なく。

まあ しばらく預かってもらった方が…

機嫌も直るんじゃないか?
(恵美)そうね…。

ただいま~。

よいしょ。

お帰りなさいま… あら?

はい これ。
ああ はいはい。

リンゴちゃんよ。
うちで預かることにしたから。

はい?
よろしくお願いします。

ああ… 執事の龍之介と申します。

じい。
はい。

ドレスの染み抜き お願い。
え… え?

え?

どうぞ。
お邪魔します。

私の妹の美々子よ。

ギンちゃんにも 妹いたんだ。

ぜ~んぜん似てないでしょ?

美々子。 あ?
リンゴちゃんよ。

私 今 忙しいのよ。

下落合印のそばを
世界に売り出すんだから。

へっ 誰かさんのせいで
副業しないと回んないのよ。

あ~ おなかすいた。

どうぞ。
あら~ 気が利くわねえ。 フフフフ。

(ギン 美々子 リンゴ)頂きま~す。

あっ。

私 「シンデレラ」も「三匹のこぶた」も
美女と野獣」も嫌い。

どのお話も 下の子の方がかわいくて
最後に得するの。

上の子って つまんないよ。

そうねえ。

うちのきょうだいも そうだもんね。
美々子!

(笑い声)

こんなに楽しいごはん 初めて。
ここんちの子に なれたらいいのにな。

好きなだけ いていいのよ。

ほんと?
うん。

ほんとに うちの子にするつもり?
もちろん。

(せきばらい)

あっ ドレス。

このとおりです。

龍之介さん ありがとう!

はい。

♬~

イチゴ 大丈夫?
大丈夫だよな? イチゴ。

(イチゴ)う~ん。

リンゴ 何だって あんなことしたんだろ。
よ~し 今日は 頑張るぞ~!

(イチゴ)うん…。
イチゴ 頑張れる?

(恵美)頑張れる?
(光一)よし 頑張ろう。

頑張るぞ。
(恵美 イチゴ)頑張るぞ。

はっ …失礼。

(CMスタッフ)カット6。
(CM監督)よ~い スタート。

(CM監督)イチゴちゃん 笑って~。

あれ? どうしたのかな?

イチゴ ほら スマ~イル。 イチゴ。
(CM監督)笑って~。

ねえ イチゴちゃんも来てるの?

な~んだ。

(龍之介)リンゴ様!

おっ。 龍之介がついております。
頑張って下さいませ。

テイク45 いきま~す。

よ~い スタート。

♬~

どうしたんですか? イチゴちゃん。

申し訳ないんですけど
あと10分で笑わないようなら

ほかの子に差し替えさせて頂きます。

カット。

一旦 休憩入ろうか。
(CMスタッフ)一旦 休憩入れま~す!

ほら イチゴ お水飲む?

いらない。
いらないの?

どうしよう。 全然笑わないよ。
せっかく ここまで頑張ってきたのに。

あ~ら 何だか大変そうね。

今 リンゴちゃんも
1人で頑張っているところよ。

お忘れじゃない?

はい これ。
え? 何? これ。

あなたは これを読んで。

第1問!
(光一)あ… え?

リ… 「リンゴの大好物は
うどんやチャーハンなど

手間のかからないものである」。

○よ。
(ため息)

裏返して。

(恵美)そんなはずない!
いいえ。

リンゴちゃんが好きなのは
英国風オムライスとグラタンよ。

リンゴちゃんについて
どれだけ知っているか クイズよ。

ママのオーディションってところね。

(恵美)今 それどころじゃ…。
次!

あ はい。
「リンゴが通園バッグにつけているのは

藁人形で作った
シンデレラの人形である」。

正解は?

ん… ○。
藁人形?

ただいま~!

リンゴちゃんのこと見ていないのが
バレバレよ。

次。

「リンゴの夢は 家族で
タワーマンションに住むことである」。

理由も併せてお答え下さい。

理由は?
だって

それが私たち家族みんなの夢だもの!

正解は?

×。
うそよ!

うそじゃないわ。
そんなはずない!

お金があって いいところに住む。
それって幸せなことでしょ?

あなたたちにとって

お金を稼いでくれるイチゴちゃんが
一番大事になってるってことよね?

そのために リンゴちゃんが
寂しい思いをしてることに気付いてる?

あなたたちの笑顔を見るために

リンゴちゃんは
いろんなことを我慢してるの。

将来のリンゴちゃんを幸せにしたいなら

今のリンゴちゃんを ちゃんと見てあげて。

余計なこと言わないで。

イチゴちゃんだって 本当は… あれ?

(イチゴ)ん~ ん~。

助け…!

助けて~!

うお~!

え!?

ああ! 痛い 痛い 痛い。

うう… 痛い。 痛い!

おいで。

ああ~ もう
どうして 1人で出ていったりしたの!

危ないじゃない!
イチゴ 行く~!

どこへ?
イチゴ 行く~。

あっ イチゴちゃん!

♬~

(イチゴ)お姉ちゃん!

何で ここにいるの?
撮影でしょ?

お姉ちゃん 帰ってきて!

イチゴ 悪いとこ直す。
だから 帰ってきて!

お姉ちゃん! お姉ちゃん! お姉ちゃん!

ごめん。 ひどいこと言って ごめんね。

お姉ちゃん
本当は イチゴのこと 大好き。

(2人の泣き声)

(光一)恵美 ハア ハア~。

イチゴいたんだ。
早く戻って 撮影しよう。

いいよ もう。

(泣き声)

ママ?

リンゴのシンデレラ 楽しみだな~。

3人で 客席から応援するよ。

いいの?
当たり前じゃな~い。

やった~!
ありがとう。

「美しい少女にな~れ」。

「何? これ」。 「これが私?」。
「すご~い!」。

「けど シンデレラ 気をつけて。

私の魔法は 全て解けて
消えてなくなります」。

(3人)「行ってきま~す!」。

「ありがとう 魔法使いさん」。

(手拍子)

「たとえ 今日の出来事が
全部 夢だとしても

私は とても幸せです」。

(一同)おしまい!

(拍手)

(先生)シンデレラ役 野村リンゴちゃん。

(拍手)

あ~ リンゴのシンデレラ
最高だった~!

(イチゴ)お姉ちゃん すごい!

ありがとう!

ギンちゃん?

ありがとう 魔法使いさん。

野村リンゴちゃん お幸せにね。

(八千代)マルガリータ

よくお会いしますね。
どうも。

何を考えてらしたの? 恋人?

そんなところです。

そういえば テレビでお見かけしましたよ。

野村イチゴちゃんがゲストの番組で。

ああ あれね。

フフフ。 まあ 結局 あの子
芸能活動やめるんですって。

まあ 私は
最初からやめた方がいいと思ってたけど。

次は どんな天使ちゃんに会えるかな。