ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

仮面同窓会 第6話 溝端淳平、瀧本美織、吉田志織、廣瀬智紀… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『<オトナの土ドラ>・仮面同窓会 #06【告白▽溝端淳平 瀧本美織】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 八真人
  2. 真理
  3. 井上
  4. 人殺
  5. 雅之
  6. 日比野
  7. 兼一
  8. 洋輔
  9. 樫村
  10. 希一
  11. 自殺
  12. 原因
  13. 上原先生
  14. 樫村先生
  15. 教師
  16. 手話
  17. 大丈夫
  18. カズ
  19. ハンドサイン
  20. 自分

f:id:dramalog:20190707085558p:plain

『<オトナの土ドラ>・仮面同窓会 #06【告白▽溝端淳平 瀧本美織】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

<オトナの土ドラ>・仮面同窓会 #06【告白▽溝端淳平 瀧本美織】[字][デ]

幻聴の原因を探るため心療クリニックを訪ねた洋輔(溝端淳平)。「話せば気持ちが楽になる」とアドバイスを受け、美郷(瀧本美織)に18年前の兄の死について語り始めた。

詳細情報
番組内容
洋輔(溝端淳平)と美郷(瀧本美織)は、卒業直前に自殺した日比野真理(吉田志織)の墓参りに訪れる。そこに居合わせたのは、花を持った八真人(廣瀬智紀)だった。「真理の自殺の本当の原因を知りたい」と問う美郷をはぐらかす八真人。洋輔も八真人を問い詰めるが「お前にも話したくない過去があるだろ」と言いくるめられる。その瞬間、幻聴が聞こえた洋輔は異様な表情で八真人の背後に迫る…。
美郷にも不審がられた洋輔は、
番組内容2
幻聴の原因を探ろうと意を決して心療クリニックを訪れる。医者に「身近な誰かに話すだけでも気持ちが楽になる」とアドバイスを受けた洋輔は、美郷に18年前の兄の死について語り始めた。
出演者
新谷洋輔: 溝端淳平 
竹中美郷: 瀧本美織 
皆川希一: 佐野岳 
大見和康: 木村了 
片岡八真人: 廣瀬智紀 

上原加奈子: 雛形あきこ 
ストーカー男: 永井大
スタッフ
【企画】
横田誠(東海テレビ

【原作】
雫井脩介「仮面同窓会」(幻冬舎文庫

【脚本】
山岡潤平

【音楽】
有田尚史

【主題歌】
HYDE『ANOTHER MOMENT』(Virgin Music)

【プロデューサー】
遠山圭介(東海テレビ) 
石塚清和(ファインエンターテイメント) 
清家優輝(ファインエンターテイメント)

【演出】
内藤瑛亮

【制作著作】
ファインエンターテイメント
スタッフ2
【制作】
東海テレビ

 

 


(美郷)樫村先生を殺した
罪の意識で

自殺したんじゃないかって。

(加奈子)楽しかったわ。
(希一)ふざけんな!

(加奈子)あなたは 負け犬。

♬~

(なるみ)いじめなんて

あの子が死ぬ
とっくの前に 終わってた。

自殺したのは
いじめが 原因じゃない。

(なるみ)来ないで!

江藤さん。

≪(ブレーキ音)

(洋輔)里内さんを 襲ったのも
あいつかな。

ねえ? 真理に 会いに行かない?

♬~

真理。 生きてれば 今日
28歳に なったんだよね。

ずっと 来なきゃと 思いながら
来れなかった。

そっか。

どうかした?

(美郷)いまさらとか
思われるかな?

そんなことないよ。

♬~

(洋輔)ここで 立ち止まってても
仕方ないよ。

♬~

まだ 新しい。

家族かな?

真理 両親がいなくて
施設で 育ったから。

じゃあ 誰だろ?

♬~

♬~

≪(足音)

八真人。

よく 来てるのか?

日比野とは ノリで
付き合っただけだって

言ってたけど
違うんじゃないの?

ホントはさ 真剣に
付き合ってたんだろ?

(八真人)高校時代の 恋愛なんて
大したことないだろ。

でも 何で わざわざ 墓参りに?

(八真人)気休めだよ。

待ってよ。

真理は どうして 死んだの?
(八真人)知るかよ。

何か 知ってるはずでしょ?
(八真人)いじめのせいだろ。

いじめが
原因じゃなかったんだ。

本当の原因が 知りたいの。

(八真人)3年の1学期には
もう 別れてんだ。

関係ないよ 俺は。

付き合ってたんでしょ?
何か知ってるはずだよ。

(八真人)放せ。
答えてよ。 逃げないで。

(八真人)放せよ!

美郷さん。 大丈夫?

八真人。

ちょっと 俺 行ってくる。

八真人。

日比野 真理の死が 今回の事件に
関係してると 思うんだよ。

だから 何でもいいから
話してくれよ。

(八真人)何も話したくない。

日比野を いじめてた人間が
次々と 襲われてるんだ。

樫村は 日比野の自殺の
原因だったって噂も あったし。

日比野はさ 自殺前に
樫村に 何か 相談してたんだろ。

何を 相談してたんだ?

なあ? 何で 日比野のこと
話してくれないんだよ?

(八真人)お前も
話したくない過去が あるだろ。

何のことだよ?

(八真人)雅之君のこと
彼女に 話したことあるのか?

(八真人)別に話さなくたっていい。
俺も 誰かに 話すつもりはない。

過去のことだし 忘れればいい。
だから

俺のことも ほっといてくれよ。

♬~

(雅之)《お前が殺した》

(雅之)《お前が殺した。
お前が殺した。 お前が殺した…》

♬~

♬~

美郷さん?

どうしたの?
何のこと?

覚えてないの?
何が?

八真人君を
突き落とそうとしてたよ。

俺が!?

(雅之)《お前は 人殺しだ。
人殺し。 お前は 人殺しだ》

(雅之)《人殺し。 人殺し。
人殺し。 人殺し。 人殺し》

(雅之)《お前は 人殺しだ。
人殺し。 人殺しだ…》

(医師)幻聴は いつごろから
聞こえるように なりましたか?

少し 前からです。

あと 時々
記憶が 途切れるんです。

何というか もう一人の自分が
いるみたいな。

別の人格が できちゃうことって
ホントに あるんですか?

(医師)つらい体験を
自分から 切り離そうとして

そういった 防衛反応をすることは
ありますよ。

どうやったら 治りますか?

(医師)私の患者さんで
大学を卒業して 20年 たっても

単位を落として 卒業できない夢に
うなされるという方が

いらっしゃいました。

その人が 大学の同窓会に
初めて 出席されたとき

夢の話をしたそうです。
そしたら 友人の多くも

まったく 同じ夢を
見ていることが 分かったんです。

それで どうなったと思います?

その日を境に 夢は
見なくなったと いうんです。

誰かに 話したから?

私に 話を
聞かせてもらえませんか?

♬~

(医師)身近な誰かに 話すだけでも
きっと 楽になりますよ。

(一同)《よいしょ!》
(樫村)《揃えろ!》

(一同)《よいしょ! よいしょ!》
(樫村)《はい! 膝 90度》

♬~

♬~

♬~

♬~

(兼一)《俺 見たもん。 屋上で
あいつらが キスしてんの》

♬~

♬~

(シャッター音)

≪洋輔?

井上先生。
(井上)久しぶりだなぁ。

(井上)はいはいはい。 どうぞ。

ありがとうございます。

(井上)この間の 同窓会。

俺は 都合がつかなくて
行けなかったんだが

洋輔は 行ったのか?
はい。

(井上)そうか。 せっかく
同級生と 再会したのに

こんな事件が 起きるなんてな。

和康とは 仲が良かったよな?
はい。

(井上)樫村先生の指導はな

前時代的というか
正直 ひどかったもんな。

(井上)亡くなった人のこと
悪く言うのは よくないけど

洋輔たちも きつかっただろ?

和康の足に
障がいが 残ったのも

ちゃんと 樫村先生や 学校側が
責任を 取るべきだったんだよ。

当時 俺も言ったんだがな
うやむやに されちゃって。

和康は ずっと
樫村先生を 恨んでたんだな。

あのう。 日比野 真理って
覚えてますか?

忘れろと 言われても
無理だろうなぁ。

彼女の 自殺の原因って?

何でなんだろうな?

樫村先生が 自殺の
原因だったって噂 知りませんか?

そんな噂も あったが
どうかな?

日比野が 樫村先生を慕って
相談してたことも あったが

自殺とは 関係ないと思うな。

女子生徒には 優しかったから。
あの人。

(井上)あっ そうだ。
ちょっと待っててくれ。

(井上)先生。
ことしで 定年なんだ。

それで 荷物を整理しててな。

そしたら 生徒の提出物を
返却しそびれたものが

色々 見つかってな。
雅之のものも あったんだよ。

兄さんの?

(井上)写真展で 入選したんだよ。
ほら。

(井上)雅之。 洋輔のこと
気に掛けてたよ。

えっ?

(井上)父親が
自分を 引き合いにして

洋輔を 叱るから
洋輔との間に 溝があるって。

(井上)《本当は 兄弟らしく
一緒に遊びたいって 言ってたよ》

(雅之)《ボール ここぐらいだよ》
(洋輔)《分かった》

(雅之)《いいよ》
《ホントに?》

(雅之)《洋輔 いいぞ》

《おっ。 ホームランか》

(雅之)《いくぞ 洋輔》
《うん。 いいよ》

(雅之)《おお!》
《やった!》

(雅之)《洋輔選手。
初 クリーンヒット》

《お兄ちゃん。 何か 出ちゃう》

(雅之)《ヤバいな。
大丈夫?》

《大丈夫。 大丈夫》
(雅之)《よかった》

♬~

(アナウンス)おかけになった
電話番号は

電波の届かない場所にあるか
電源が 入っていないため…。

≪洋輔君。 いる?

ごめんね。
全然 返事ないから 心配になって。

どしたの? 大丈夫?

兄さんが 撮ったんだ。

お兄さん いるんだ?

18年前に 死んだ。

兄さんは 出来が よくてさ

俺は 父親に 兄さんを見習えって
いっつも 怒られてた。

それが悔しくて 兄さんを
困らせようと 思ったんだ。

それで 兄さんから もらった
帽子を…。

崖の下に わざと 落とした。

♬~

兄さんは それを拾おうとして…。

落ちて 死んだ。

俺が 殺したんだ。
俺が…。

兄さんの声が 聞こえるんだよ。
えっ?

お前は 人殺しだって。

時々 記憶が 飛んで

自分じゃないみたいなときが
あって 怖いんだ。

俺の中に 兄さんがいて

何か 悪いことをさせようと
してるんじゃないかって。

でも 違う。

兄さんのせいじゃない。

あれは…。

俺なんだよ。

ごめんなさい。 ごめんなさい。
ごめんなさい。 ごめんなさい。

ごめんなさい。

つらかったね。

ずっと 言えなくて
苦しかったんだよね。

♬~

♬~

≪(まな板の上で 切る音)

♬~

♬~

おはよう。
おはよう。

おいしそうだね。

ちょっと。 見ないで 見ないで。
あっち 行ってて。

♬~

♬~

♬~

美郷。 ありがとう。
ついてきてくれて。

ううん。

昨日 送ってくれた
ウサギみたいな絵。

ああ。
あれって

もしかしたら ハンドサインかも。
ハンドサイン?

真理から 手話を
教えてもらったことが あるの。

アルファベットの手話を
組み合わせた ハンドサインがあって

それに 似てるの。
へぇ。

真理。 施設で 手話を
覚えたらしいの。

じゃあ あれを彫ったのって
日比野 真理ってこと?

(優)片岡さん。 お知り合いの方が
いらっしゃってます。

♬~

この間は すまなかったな。
(八真人)今日は 何?

これを 見てくれ。

だいぶ前に つけられた跡で
表面が削れて 見えづらいけど

これは ハンドサインを
彫ったものだと 思う。

見覚えないか?

(八真人)《何 それ?
ヘビメタ?》

(真理)《それは
親指 畳んだやつ》

(八真人)《そっか》
(真理)《私がいる施設には

いろんな子が いてね
手話を 教えてもらったの》

《これは 手話の
アルファベットを使った サイン》

(八真人)《どういう意味?》

(真理)《3つの文字が
一緒になっててね

「I」 「L」 「Y」》

《「I」 「L」 「Y」》
(真理)《うん》

《単語の頭文字に なってんの》
《何?》

《何だと 思う?》
(八真人)《えっ!?》

《「I」
「I」は 私?》

(真理)《うん》
(八真人)《おお!》

《「L」
「L」 何だろうな? うーん》

《「Y」
「Y」は あなた》

(真理)《そう》
(八真人)《おおー》

《じゃあ 「L」
「L」かぁ》

《「I」 「L」 「Y」》

《「L」は ラブ?》

《「アイ ラブ ユー」だよ》

これは 「愛してる」の
ハンドサインだろ?

日比野 真理が 彫ったんだ。

(八真人)さあ?
彼女は 八真人と別れた後も

一人で 屋上に上って

八真人のことを 思い続けて
これを 彫ったんだよ。

ただの 思い込みだろ。

最期に 屋上に上ったのも

2人で見た景色を もう一度
見たかったんじゃないのかな?

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

やめろ。

最期まで お前のこと…。
やめろ!

そんなはず ないだろ。
そんなはず ないんだよ。

お前も 彼女のこと…。
(八真人)違う。

俺は…。 俺は…。

何も知らないくせに
勝手なこと 言うなよ。

何も知らない? 何 それ?

鉄の結束のことか?

カズが言ったんだ。
俺だけは 違うって。

それって 俺が この町を
出たってだけのことか? なあ?

八真人? 八真人!

♬~

鉄の結束?
うん。

何 それ?

カズが 言ったんだ。

自分と 八真人と 希一には
鉄の結束が あるって。

俺の知らない 何かが
あると思うんだよね。

希一君に 聞いてみるとか?

あいつは 答えないだろうな。

八真人。 日比野のこと ずっと
思い続けてるみたいだった。

♬~

(優)うーん。 うーん。
あっ。 ちょっと待って。

(優)手話できるんですね。
(八真人)ちょっとだけですけど。

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

(女性)狐狸山警察署前から
お伝えします。

警察では 現在
行方不明と なっている

上原 加奈子さんについて
捜索を 続けています。

上原さんは 自身の勤務する学校の
副教材費や

修学旅行の積立金など 少なくとも
1, 000万円を 横領した上

今月 14日から
行方を くらませており いまだ…。

♬~

希一。 いるか?

♬~

上原先生のニュース 見たよな?
上原先生の 居場所は?

(希一)知らねえよ。
知ってるだろ。

(希一)俺も 被害者だ。

(希一)金 取って
逃げてったよ。

(八真人)ゆすられたのか?

(八真人)上原先生は カズから
樫村 拉致の 情報を聞き出して

希一から 金を取るのが
目的だったんだな。

上原先生は
俺のとこにも 来たよ。

(八真人)上原先生が
カズや 樫村を…。

(希一)女 一人で
死体 投げ捨てられるか?

上原先生は 生きてるの?

(希一)どういう意味だ?
殺されてるかも。

(希一)ハハッ。

俺がやったって 言いたいのか?

俺が 人殺しに 見えるか?

人殺しは お前だろ。

人殺し。 人殺し。

♬~

兄さんが 死んだのは
俺のせいだ。

兄さんを 殺したのは
俺だよ。

その罪を 背負って
生きていくつもりだ。

でも 樫村を殺したのも
カズを殺したのも 俺じゃない。

上原先生が どうなったかも
知らない。

この事件の犯人が 誰なのか
はっきりさせたいだけだ。

俺に 責任 押し付けて
ごまかすなよ。

あの女が 欲しかったのはな
結局 金だけだったんだよ。

♬~

大丈夫。 これで OK。
(兼一)よかった。

急に 追加しちゃって すまんね。
これぐらい 全然 平気だよ。

(兼一)上原先生 横領だってな。
らしいな。

(兼一)同窓会のときも いまだに
色気 半端なかったけど

犯罪者だって 考えたら
余計に エロいな。

おい。 やめろよ そういうの。

(兼一)ヤバいね。
狐狸山高の 関係者。

日比野 真理の 呪い説は
やっぱ 濃厚だな。

自殺して ちょうど 10年だし。

この前さ 狐狸山高校に
行ったんだ。

(兼一)へぇ。
井上先生って 覚えてる?

(兼一)ああ。
逆 樫村みたいな先生な。

うん。 少し 話 しててさ
日比野 真理の 話題になって

樫村が 自殺の
原因なんじゃないかっていう

例の 噂話もしたんだけど

否定してたよ。
(兼一)ふーん。

結局 先生たちにも
自殺の原因は 分からないんだな。

(兼一)ホントは
知ってんじゃないの?

えっ?

(兼一)知ってても
言えないじゃん。 プライバシー的に。

(兼一)日比野 真理が 樫村に
相談してたのは 事実だから

その記録
残ってんじゃないのかな?

(兼一)知り合いの教師がさ
生徒から 相談 受けたら

記録に残すって
言ってたんだよね。

まあ 今は パソコンで
データ化してるだろうけど

俺たちのころだったら どっかに
紙で 残ってんじゃないかって。

だって 自殺するほどの
重大事件だったわけだし。

校内に 保管してあるってこと?

(兼一)たぶんね。 まあ 鍵が
掛かるような場所だと 思うけど。

もしもし。 新谷です。

(井上)おう。 洋輔か。

井上先生。 この間は
ありがとうございました。

あのう。 今 僕 住宅設備機器の
会社で 働いてるんですけど

もし よかったら 今日
先生方を 対象に

営業に伺っても よろしいですか?
(井上)いいけど…。

(井上)《日中は
授業 やってるから

職員室に
教員は あまり いないぞ》

♬~

♬~

(教師)どちらさまでしょうか?

あっ。 すみません。

あのう。 私 こちらの卒業生で
新谷と申します。

勤めている会社で
住宅設備を 扱っておりまして。

パンフレットを お持ちしました。

よろしければ ご覧ください。
(教師)はあ。

よろしく お願いします。

♬~

よろしく お願いします。

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

(教師)あれ? 校外秘の書庫の鍵
誰か 使ってる?

(教師)いや。 知らないっすね。

♬~

(教師)あれ?
誰か 持ってっちゃったのかな?

資料 確認したかったんだけどな。

♬~

♬~

あっ。
(井上)うわ!? 洋輔。

営業は 順調か?
はい。 おかげさまで。

ありがとうございました。 あのう。
僕 次があるので 失礼します。

(井上)うん。

♬~

♬~

八真人…。

♬~