ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

長閑の庭 第4話 最終回 橋本愛、田中泯、斉藤由貴、工藤阿須加… ドラマの原作・キャストなど…

『プレミアムドラマ 長閑の庭(4)』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 教授
  2. 元子
  3. シュバルツ
  4. 一緒
  5. 田中
  6. 気持
  7. 彼女
  8. 樹里
  9. 相手
  10. 迷惑
  11. 関係
  12. 理解
  13. お願い
  14. 郁夫君
  15. 一度
  16. 手紙
  17. 誕生日
  18. 病気
  19. 本当
  20. 無理

f:id:dramalog:20190623225117p:plain

『プレミアムドラマ 長閑の庭(4)』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

プレミアムドラマ 長閑の庭[終](4)[字]

「恋の定義」を模索する、年の差恋愛未満ストーリー最終回! 元子(橋本愛)と榊(田中泯)は恋人同士になり、元子は幸せの中にいた。しかし榊に深刻な病が発見されて…。

詳細情報
番組内容
「恋の定義」を模索する、年の差恋愛未満ストーリー最終回! 元子(橋本愛)と榊(田中泯)は恋人同士になり、元子は幸せの中にいた。しかし榊に深刻な病が発見され、榊はそのことを元子には伝えることなく、手紙で元子に別れを告げる。落ち込む元子だったが、たまたま榊と翠(斉藤由貴)の会話を聞くことにより、榊の病気を知ることになってしまう。自分と教授との恋愛には希望はないのか? ふたりが最後に迎えるものは…。
出演者
【出演】橋本愛工藤阿須加中村ゆりか西田尚美平泉成斉藤由貴田中泯
原作・脚本
【原作】アキヤマ香,【脚本】荒井修子

 

 


(樹里)シュバちゃん
教授のことは もういいの?

(元子)あ… あの 実は…

今 おつきあいをしていて…。

ええっ うそ! マジで!?

はい。
…っていうことは

肌の触れ合いとか そういう…。

ああ… 手をつなぎました。

プラトニックすぎて 逆に恥ずかしい!

あっ でも とにかく
教授の迷惑にはなりたくないので

構内では あくまでも
一学生としてありたいと思っています。

そっか… そうだよね。

あ~。

2人だと あったかいね。
フフ。

ねえ シュバちゃん。
はい。

私 田中さんと別れたんだ。

ど… どうして?

私 田中さんと つきあえてよかった。

一度 受け入れてもらえたからこそ
幸せの基準を考えられた。

好きになってもらいたくて
焦ってたんだ。

でも…。

頑張って 私のこと 好きになろうと
してくれている田中さんを感じて

苦しくなって。

あ… 私 幸せじゃないんだって。

だから 振っちゃった。

私 負けず嫌いなの。

だから 田中さんが後悔するくらい

いい女になるよ。

十分 いい女です。

樹里ちゃんは

私の憧れです。

(ドアの開閉音)

♬~

(翠)郁夫君から聞いたわ。

おめでとうとは言えないけど

でも 安心して。
嫉妬とかしないから。

これだけ言わせて。

あなたたちの関係は 必ずしも
歓迎されるものじゃないってこと。

絶対 外には漏らさないように。

理解しているつもりです。

よかった。 ほら 最近の子ってさ

何でも 躊躇なく
SNSに上げたりするじゃない。

やだ 最近の子とか言っちゃった。
私も…。

教授には
絶対に迷惑をかけたくありません。

(ため息)

私は とにかく あなたの軽はずみな行動で
郁夫君に迷惑が かからなければ

それで十分。

♬~

(芳子)元子 誕生日 どうする?
もう 来週よ。

あ…。

(元春)じゃあ 今年も
俺が ケーキ予約しとくよ。

元子の好きなチョコレートの
…で いいんだろ?

ごめん! 今年は その日 出かけるの。
できれば別の日に…。

ああ…。

デート?

そういう相手がいるなら
一度 うち 連れてきなさいよ。

いや 彼氏ができるのは
じいちゃん 悪いとは思ってないぞ。

え?

真面目で 裏切らない

将来安定した男なら申し分ないが

無理だなあ
二十歳そこそこの若者じゃ。

そんなこと言ったら
来づらくなるでしょ。

ただでさえ 若い子は
緊張して来るんだから。

温かく迎えないと。

あっ そっか。 ごめん ごめん。

(安藤) お前とのつきあいは長い。

ここからは 医者としてではなく
友人として話をさせてくれ。

今日から お前のやりたいことを
全力でやれ。

私も友人として全力でサポートする。

それが 何年…

何か月であってもだ。

教授 ケーキは 何がお好きですか?

教授?

()あっ すまない。 何の話だった?

あ… お好きなケーキは何かと。

ああ 誕生日のケーキだね。

君の好きなチョコレートケーキを
予約しておいた。

ありがとうございます。

<この幸せが 永遠に続きますように>

♬~

<いつもより 少し おめかしして

サラダもグラタンもスープも
上手に出来た。

準備は ばっちり。

…多分>

誕生日おめでとう。
ありがとうございます。

料理は よく するのかい?

はい。 料理は好きですし
食事は当番制なので。

当番制?

母が仕事をしていて
祖父も料理が好きなので。

お母さんは 看護師さんだったね。

はい。

一生懸命働いて
私を大学院まで行かせてくれました。

君は すばらしい家族の中で
育ったんだね。

ありがとうございます。

だから 母と祖父のためにも

翻訳家として
自立できるようになりたいんです。

あの… 教授。

何だね?

私の家族に 会って頂けませんか?

も… もちろん 無理にではなくて。

分かった。 考えておくよ。

教授 ここで結構です。

いや 駅まで行こう。
でも お仕事が。

それに 駅前は人も多いですから。

すまない。

本来必要のない気遣いを 君にさせて。

私は 何一つ 不満を感じていません。

今日は ありがとう。

これ以上ないくらい
幸せな一日が過ごせたよ。

君に 手紙を書いた。
手紙?

本来は 直接 話すべきなのだが…。

いえ お手紙だなんて…
うれしいです。

私も とても楽しかったです。

失礼します。

「朝比奈君 このような姑息な手段をとって
すまない。

それでも
これが一番よい方法と判断した。

やはり 私は この関係を解消したい。

君は 私には もったいないほどに
素敵な人間だ。

だからこそ 本来は もっと若く
希望のある者と愛し合うべきなのに

私は 君の気持ちを受けて

年がいもなく
完全に舞い上がってしまっていた。

恋愛ごっこは これで終わりにしよう」。

 

 

(不通音)

♬~

 

♬~

(田中)教授 大丈夫ですか?

最近 お疲れですよね。

この間 シュバルツさんの
誕生日だったんですよね?

楽しかったですか?

もう 彼女のことは聞かないでほしい。

どうしてですか?
別れたからだ。

うそ… ですよね?

うそをつく理由はない。
でも そんな…。

ただ 私が冷静になっただけだ。

彼女は不器用ですけど

まっすぐ
向き合ってくれたじゃないですか。

教授のことを第一に考えて
二人の道を模索して…。

その気持ちを踏みにじる気ですか?

うるさい。

教授!

♬~

大丈夫ですか?
ああ。

教授 何か変ですよ。
疲れてるにしても。

もしかして 再検査で何か?

そうでもなければ シュバルツさんに
別れるなんて言えるわけない。

話して下さい 本当のことを。

君は なかなかに鋭い。

だから
取り返しがつかなくなる前に別れた。

きっと 彼女は この裏切りに怒り

私を恨んでるだろう。

それでいいんだ。

ちょっと待って下さい。

何で… 何で そんな…。

生を受けた者は 皆 死ぬ。

このことは 彼女には言わないでくれ。

彼女には 私を
裏切り者だと思ったままでいてほしい。

どうしてですか?

その方が 彼女が これから生きやすい。

元子 お願いがあるんだけど

前に 私が受け持った
ドイツ人の患者さんからの手紙

訳してもらえないかな?

≪入るよ。

(ドアが閉まる音)
どうしたの?

お母さん。
ん?

お父さんと別れる時
どんな気持ちだった?

えっ ちょっと… 何? 急に。

えっ。

そういう悩み?

別れて… よかった?

まあ あんまり悩まない方がいいわよ。

元子たちくらいの年の男の子っていうのは
移り気だから。

同年代の人じゃないの。

え?

教授。 うちの大学院の。

は? それって…。

年なんて関係ない。
尊敬できるし すばらしい人だよ。

いつから つきあってんの?

いろいろあって 1か月くらい前に

お互いの気持ちが通じ合って…。

じゃ どうして泣いてたの?

たかだか1か月で
相手を泣かせるような人が

すばらしいの?

もっと 現実見なさい! 一時の気の迷いで
そんなのに引っ掛かったら

元子の一番いい時 潰されちゃうの。

やめて!

教授は 誠実に 私のことを考えてくれて

本気で悩んでくれたの。

それで… ようやく受け入れてもらえたの。

(ため息)

どうするの? これから。

卒論 修論の評価までは
きっちり やるつもりだが

万が一の場合は
君が引き継いでくれると助かる。

学生のことじゃなくて
朝比奈さんのこと。

彼女には 何も知らせないまま別れた。

問題ない。

そう 英断ね。

じゃあ 改めて言うわ。

私と一緒に ドイツで暮らしましょう。

どうしてだ?

郁夫君と一緒にいたいから。

それに 今でも あなたのことを
誰よりも理解してるのは

私だと思うから。

ある意味
その主張は 正しいのかもしれない。

それに…。

あなたの最期を看取る覚悟が 私にはある。

最期を看取るって どういうことですか?

♬~

そう遠くない将来

彼は この世から いなくなるの。

うそです。 私は何も聞いてない。

あなたには 荷が重いからよ。

せっかく 彼が
あなたのこと解放したのに

どうして そんな…。

私 信じません!
あなたは

痩せ細っていく彼の姿に耐えられない。

あなたには まだ無理。

ここからは 恋愛ごっこでは
もう無理な領域なの。

違います!
じゃあ あなたは

朽ちていく彼を直視し続けられる?

心から愛した人間が死んでいくのを
看取るっていうことはね

自分自身も
失われていくっていうことなのよ。

あなたには まだ それはできない。

できます。

私は 直視できます。

教授が私のことを
想ってくれているのなら

私は教授を諦めたくはありません。

シュバルツさん ここにいたんだ。

すみません 何か?

おじいさんが来てる。

交際をしていることは 認めるんだな。

はい。

こんなことになるために 大学に…

大学院に行かせたんじゃない。

元子は 見かけは大人っぽいが
傷つきやすい繊細な子なんだ。

だから 大切に…
普通の幸せをつかめるように

育ててきたつもりなのに…!

申し訳ありません。

謝って済むか!

元子は 泣いていたんだぞ!
お前に たぶらかされて 遊ばれて!

お前にな ものを教える資格などない!

(ドアが開く音)
おじいちゃん やめて!

離せ! やめて!
離せ!

教授は体が…。
落ち着いて下さい!

お前 体が悪いのか?

病気なのか?

言え!

私は 完治する見込みの薄い病を
患っています。

そんな状態で孫をたぶらかして。

違う! 私が好きになったの。
教授は何も悪くない!

いえ。

全ては 私の責任です。

元子さんには 申し訳ないことをしました。

そんなこと言わないで下さい。

私は…。
元子さんとは

ただの教員と教え子の関係に戻りました。

嫌です。

教授のお気持ちは分かりました。

でも… でも 私は
教授のそばを離れません!

朝比奈君 申し訳なかった。

これで もう終わりにしよう。

教授…。

気持ちは分かるけど
学校まで行くことなかったんじゃない?

うるさい! 寝る。

おじいちゃん。

教授が元子に別れようって言ったのは
病気のことが あったからなのね。

理解できない。

私は 理解できるよ。

教授のお人柄が 元子の言うとおりなら

若い元子に これから
余計な迷惑 かけたくないでしょ?

私は迷惑だなんて…。

別れることが 今 彼にできる
最大の優しさなんじゃないの?

こんな若いうちに
娘が希望のない恋愛するなんて

親として悲しいよ。

子どもには笑顔でいてほしい。

それが 私の思う幸せ。

<私の思う幸せ

教授が思う幸せ

お母さんが思う幸せ

おじいちゃんが思う幸せ>

<私は どの幸せを選ぶべきなんだろう>

♬~

<私と教授の恋愛には

夢も希望もないのだろうか?>

(剪定する音)

あの そんなに切ってしまうんですか?

ああ はい。

新しい よい葉を たくさん出すためです。

あの バラって
育てるのが難しいんでしょうか?

どの植物にも言えますが
何でも 手間が かかります。

バラは病気になりやすいし
害虫にも好かれる。

想像していた華やかさからは程遠い
悲しい状態になることもあって。

こんなに立派に咲くのに
病気に弱いんですね。

でも 次こそは元気いっぱい咲くと信じて
お世話すれば

きっと 応えてくれます。

咲くと 信じて…。

最初は うまくいかないことも
ありますけど

諦めなければ大丈夫。

私…

おじいちゃんも お母さんも 大好き。

教授のことも 大好き。

みんなが 私の幸せを思ってくれて

幸せだと思う。

だから… だからこそ

私は 教授と一緒に歩みたい。

やっぱり それが 私の思う幸せなの。

前の私だったら すぐ諦めてた。

どこか むなしさはあったけど

その方が安全だし 居心地がよかった。

でも 教授のことは諦められない。

一緒にいたい。 どんなに いばらの道でも。

それは あなたの独り善がりじゃないの?

教授が それ 望んでないなら…。
分かってる。

私が思う幸せと 教授が思う幸せが

本当に合わなかったら

私は 教授を諦める。

♬~

でも 今 このまま

何もせずに別れたら

後悔する。

結果が大事なんじゃないの。

どうしたいかは自分で決めて

結果がどうあれ
後悔しない道を 私は選びたいの。

好きにすれば?

もう 見守ることしか
できなくなっちゃったのね。

あ~ 私が
実は 子離れできてなかったのかも。

賛成も反対もしないけど

もし ダメなら 一緒に
傷心旅行でも行ってあげようかしらね。

ありがとう。

♬~

おじいちゃん。

♬~

じいちゃんは 元子と あの男の関係を

理解できない。

ただ… ただ じいちゃんは

一生 元子の味方だ。

ありがとう おじいちゃん。

(チャイム)

ごめんね 彼 もう入院しちゃったのよ。

私 部屋の片づけ頼まれて。

教授の入院している病院を
教えて下さい。

ごめんね あなたには言うなって
郁夫君が。

以前 朝霧さんは

「愛は 相手を大切にすること
相手を守ることだ」と

そう 話して下さいましたよね。

今でも私には 教授を守ることなんて

とても できないかもしれません。

でも ただ そばに寄り添うこと

それも 愛なのではないかと

私は思います。

♬~

失礼します。

♬~

聞こえてたでしょ 今の話。

いいの? 追いかけなくて。

教授が入院している病院を
教えて下さい。

ごめん シュバルツさんには教えるなって
教授から言われてて。

お願いします!

もう 田中さんにお願いするしか…。

よし 行こうか。
ここでいい。

助かった。
いい 私 一緒に行くから。

手続きとかあるでしょ? ね。

それは 自分でできる。

どうかしたのか?

ごめん。 教えたいけど

教えないことが 教授の
シュバルツさんへの愛情だってことも

分かるから。

こんな薄情な人を好きだったなんて

何か 残念。
樹里ちゃん。

ここで一肌脱がなくちゃ
男じゃないですよ。

好きなのに突き放す愛情とか
ありえないから!

シュバちゃんはね 教授が好きなの。
そばにいたいの!

小難しいこと言ってないで
早く教えてよ!

お願いします。

私ね
昨日から ずっと考えてたことあって。

本当は 全然
こんなこと言いたくないんだけど

でも やっぱり言うわ。
何?

あなたは 人生の最後まで
朝比奈さんと一緒にいるべきだわ。

あの時と同じ。

あなたの優しさはね
相手の求める優しさと ずれてるの。

もういい。 これでいいんだ。

しっかりしなさい!

私が 一度でも愛した男じゃない。

(ノック)
(戸を開ける音)

さん ご面会の方 見えてますよ。

教授…。

教授が一方的すぎるから

私も そうします。

朝比奈君。

私は これからのことを
何も分かっていないのかもしれない。

それでも 教授と一緒にいたい。

喜びも 痛みも 共有したいんです!

本当は 私がいると迷惑ですか?

私じゃ 気持ちを共有できませんか?

君は 何を言ってるんだ。

言ったろう 君のためにならんと。

私は 教育者として
正しく生きてきたつもりだ。

欲望のままに
欲しいものに手を伸ばす…

まして 年の若い君に恋心を抱くなど

愚の骨頂だと思っていた。

だが この年になって 自分の価値観を
変えるような出逢いがあるとは

思いも寄らなかった。

君は 私に

もう一度 人を愛する喜びを
与えてくれた。

だからこそ
君は 私のそばにいてはいけない。

君の思うほど
私は 強くなどないのだから…。

きっと 弱っていく私の体を見て

君は 逃げ出したくなる。

死が怖くて震えている私を見て

君は きっと 私に嫌気がさす。

教授が震えていたら

えがおさまるまで 私が抱き締めます。

♬~

君は 愚かだよ。

♬~

(鐘の音)

(歓声)

樹里さ~ん こっち こっち!

やっぱり 樹里さんが一番乗りでしたね。

次は絶対に私。
ちょっと 田中さん そこ邪魔!

じゃ… 邪魔はないでしょ
准教授つかまえて。

何か 田中さん 准教授って感じじゃ
ないんですよね。
あ?

うん 助手のシュバルツさんの方が
偉く見えるし。 な!

あの人は昔から偉そうに見えんの。

きれいだぞ!

シュバルツさん 今日も黒いんだね。

はい。 皆さん 色とりどりで
きれいですよね。

そうだね。 でも
シュバルツさんは黒の方がいいと思うよ。

ありがとうございます。

以前は
かわいい色は似合わないと思って

黒い服ばかり着ていました。

でも 今は
この色が好きだから着ています。

そっか。

教授も 似合っているって

おっしゃってました。

行くよ~!

せ~の!

おお~!

あっ!

(拍手)

よかったね シュバルツさん。

いえ 頂くつもりは…
ど… どうしましょう。

もらっときなよ 樹里ちゃんの気持ち。

♬~

<恋は一本の鎖だ。

恋することで生じる
美しい感情も 醜い感情も

一つ一つ つながった鎖>

♬~

<相手を締めつけようとしても

傷つき ほどけてしまう。

お互いの鎖が絡み合って

初めて 愛になる>

♬~