ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第54話 石坂浩二、板谷由夏、加賀まりこ、大空眞弓… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #54 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. エリ
  2. マヤ
  3. 事情
  4. 進藤
  5. お水
  6. 怜子
  7. お嬢
  8. コテージ
  9. 一馬
  10. 白川
  11. 自分
  12. ノック
  13. 宮下
  14. 桂木夫人
  15. 先生
  16. 部屋
  17. お願い
  18. お薬
  19. カサブランカ
  20. コンシェルジュ

f:id:dramalog:20190620210148p:plain

『やすらぎの刻~道 #54 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

やすらぎの刻~道 #54 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
“視聴率女王”と呼ばれた大女優・桂木怜子(大空眞弓)が、やすらぎの郷に入居した。世話係の女優・中川玉子(いしだあゆみ)も一緒に住むという。とんちんかんな発言ばかりなうえ、長話の怜子に悩まされる“被害者”が続出し、水谷マヤ(加賀まりこ)も巻き込まれ…!?一方、菊村栄(石坂浩二)は、コンシェルジュ・有坂エリ(板谷由夏)から「白川冴子(浅丘ルリ子)のコテージに若い男が潜んでいるのを見た」と、相談される。
◇出演者
石坂浩二板谷由夏加賀まりこ大空眞弓いしだあゆみ浅丘ルリ子、関口まなと
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
藤田明二
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


(菊村 栄)〈新規に入居した
桂木夫人の常軌を逸した長話が

住人たちを恐怖に陥れた〉

〈被害者たちが続出し

みんな 夫人に捕まらないように
早々に部屋に逃げ

鍵をかけて寝た〉

〈そんなある晩
コンシェルジュのエリさんから

カサブランカ
私は呼び出された〉

絶対に
誰にも言わないでくださいね。

うん。

白川冴子さんのコテージに…。

若い男の人がいます!

なんだって?

♬~

白川冴子さんのコテージに…。

若い男の人がいます!

なんだって?

カーテンの間から
外をのぞいてるのを

私 ゆうべ
はっきり見ちゃったんです。

それでですね 冴子さんが
その人をサッと引っ張って

中に隠してるのも
見ちゃいました。

あの みどりさんと理事長には

まだ この事は
話していないんですけれども。

こういう事って
よくあるんでしょうか?

どんな男?

一瞬 見ただけなんで
よくわからないんですけども。

若い男の人だった
っていう事だけは 確かです。

あの… 知ってる人?

いや いや ここの人じゃないです。

理事長たちには
言ってないんだよね?

はい。 いきなり 事を大きくしては
いけないので。

しかし いつから… どうやって
あのコテージに入ったの?

わかりません。

あの… 清掃のスタッフに
聞いたところによると

冴子さんのお部屋は

3日前から 掃除をしなくていいと
言われてるそうです。

ちょっと待って。
はい。

えっと…。

(呼び出し音)

あっ マヤ?

(マヤ)「どうしたの?」

ちょっとね
おかしな事があるんだ。

「ああ 桂木夫人の事?」

違う 違う!
桂木夫人じゃなくて お嬢だよ。

「お嬢?」

うん。 あの…

今 エリちゃんと2人で
カサブランカにいるんだけどさ。

俺のコテージにさ
そっと 来る事できる?

お嬢が?

ああ。
若い男と?

ああ。
オホホホ…。

見たの?

へえ~。

あの女 また悪い癖が出たのね。

どうやって あのコテージに
引っ張り込んだと思う?

共犯者がいるわね。

(エリ)共犯者って…。

一馬か… スタッフの誰か。

みどりさんに報告したほうが
いいでしょうか?

駄目!

そんな事したら お嬢
ここにいられなくなっちゃうの。

フッ…
あの子には前科があるんだから。

じゃあ あの… みんなで
確かめに行きませんか?

そうしよう。
ねっ?

はい じゃあ…。
(マヤ)はいはい。

♬~

あっ!

(怜子)あら先生。 マヤちゃんも。

ちょうどよかった
お話ししたい事がありますのよ。

私のヴィラに
ちょっとお寄りになりません?

いやいや あのね…。
(エリ)あのですね ちょっと 今

急いでる事がありまして…。

(怜子)
いいじゃないの ちょっとだけ。

(マヤ)おなか痛い!
(怜子)あら どうなさった?

生理痛?
そうかもしれない。

(怜子)あらまあ
お薬がありますのよ いいお薬が。

私がパリで仕入れてきた
秘伝の特効薬が~!

マヤさーん!

(蚊の羽音)

(たたく音)

痛いな。 赤い?

(マヤ)赤い。
赤い。

(エリ)蚊ですか?
うん… しっ!

誰かいるの?

います!

男?
男です 男です。

嫌だ。 男? えっ?

(足音)
あっ!

(ノック)

(宮下一馬)一馬です… うっ!

あっ! うわっ!

♬~

(お嬢)一馬君?

ちょっと まずい まずい…。
先生 先生…。

♬~

(せき込み)

(エリ)お水 お水… お水を。

お水 お水。

ハア ハア…。

見た? 見た?

見ました。
あいつ あれよね?

あれです。
あれ。

あれよ えっと…。

逮捕状が出てます。
そう そう そう。

あの だから あれあれ…。
あの~…。

なんていったっけ?
ほら あの 歌舞伎のさ…。

はい。
そうそう。

竹芝柳介!
(エリ)間違いありません!

(マヤ)それ。 そいつ。
そうだ。

けど あいつが
なんで あそこにいるの?

栄ちゃん
あんた なんか聞いてる?

いや…。

どこで あの2人
知り合ったんだろう?

聞いてない?

何も?
何も。

あっ!

一馬の紹介。

一馬が頼んだのよ。

そんな事ないだろう。
それはないわね。

じゃあ 白川さんが
自分で呼んだんでしょうか?

それしかないんじゃないの?
それはそうだろう。

だけどさ なんで あの2人が
知り合いなの?

あんた なんか聞いた事ある?

聞いた事ないよ。

私も全然ないのよ。

大体さ お嬢がさ
あの子の事について

なんか話したのも聞いた事ない。

あの子を知ってるなんて話も
全然聞いた事ないの!

ある?
ない!

あの人 でも あの…
逮捕状が出てますよね?

そう。
最近 テレビじゃ

その話で持ちきりです。

もしもですよ
白川さんが その人を

ここに かくまっている
っていう事が 世間にバレたら…。

大ごとじゃないか!

ただじゃすみません。
そうだよ。

あっ…。
ちょっと待って!

どこにかけるの?
(エリ)とにかく みどりさんに…。

いやいや いやいや…。
いやいや いやいや…。

ちょっと待てよ。 待てよ。

一応 事情だけは
知らせといたほうがね。

あんた そんな事したら お嬢が
ここにいられなくなるのよ。

えっ?

まず 一つにはさ

どこで お嬢とあの子が
知り合ったのかとか

考えてみようよ 冷静に。

脅迫されてたんじゃ
ないでしょうか?

えっ? 誰に?
誰かに。

どうして?
(エリ)わかりません。

でも
脅迫って感じじゃなかったわよ

さっきのお嬢の
シャワー室からの声。

うん。
うん。

やっぱり みどりさんに
連絡します。

(マヤ)ちょっと待ってよ 待って!
(エリ)いやいや 私にもですね

コンシェルジュとしての
立場があります。

(マヤ)それは わかってるの。
(エリ)いや でも…。

(マヤ)だから ちょっと待って!
もう一回 考えるから。

警察に
手配されてるんですよ?

(マヤ)わかってるって!
(エリ)もう 白川さんに

もしもの事があったら…。
(マヤ)ああ~。

(ノック)
はーい。

(ノック)

はい。

どなた?

どなた?

(進藤秀夫)自分です。
施設の進藤です。

一馬も一緒にいます
ちょっと 中に入れてください。

(エリ)わっ!

(進藤)申し訳ございません!
はあ?

(進藤)彼を園内に
こっそり入れたのは我々です。

えっ?
(マヤ)何言ってんの? あんたたち。

(進藤)自分と こいつと

保安の中里と
3人で実行しました。

3人以外 知りません。

どういう事なの?
ええ? 説明しろよ。

白川さんに懇願されまして…。

実は これには深い事情が…。

ふ~ん。 進藤君
その深い事情って 何?

存じません。

今 深い事情を知ってるって
言ったじゃないの!

申しました!

ただ その深い事情の中身までは
正直…。

何言ってんだか もう!

(エリ)いやいやいや もう
深い事情の中身がわかったから

白川さんに協力したんでしょう?

おっしゃるとおりです!
弁解致しません!

ねっ 深い事情ってなんなんだ?

(進藤)存じません!
待てよ!

そんな 事情を知らないで
どうして こんな事ができるんだ?

そうよ!

あのさ 彼はさ
警察に追われてるんだよ。

存じてます。
存じてるんだったらさ

事情を言えよ!
言えません!

(エリ)どうして言えないの?

知らないんですから言えません。
(エリ)いやいや…。

事情を知らなくて

どうして こんな大変な事が
できちゃったんだ?

自分…。
君はさ 施設のチーフじゃないか。

わかってます。

しかし 窮鳥懐に入れば
猟師も殺さずという

そういうことわざも…。
(エリ)みどりさんに報告します。

(進藤)いや ちょっと待って…
ちょっと待ってください!

(宮下)お願いです!
(エリ)もう決めました!

あっ…。

ごめんなさい。

この人たちの事
責めないであげて。

この人たちには
あたしが強引に頼んだの。

お嬢! あんた あの子と一体…。

あ… あの子…

孫なの。

えっ?
ま… 孫? 孫…?

ゆっくり説明する。

悪いけど あなたたち
あたしの部屋で待ってて。

(宮下・進藤)はい。

(お嬢)その前に悪いけど
お水一杯…。

(エリ)お水 お水… あっ!

ああ やっぱり ここにいた。

(玉子)探したんですよ
今 あっちこっち。

ねえねえ これ ご存じ?

ねえ 新製品なのよ。
(エリ)あの… すいません。

あの…。
便利なのよ。

ああ そうですか。
あのですね 今ね

ちょっと 取り込み中でして…。
(怜子)えっ?

(進藤)ちょっと 今 この部屋…
すいません。

(エリ)すいません。
(宮下)すいません 失礼します。

(怜子)オープナーと…。
(エリ)ああ そうですか。

お願いします。 お願いします。

はあ~。

お嬢 あんた さっき
なんて言った?

あの子の事 孫だって言った?

♬~

(マヤ)竹芝柳介が
どうして あんたの孫なの?

(名倉)大事件だ!
(中里 正)捕まったら口封じに

何をされるか…。 あいつ
そっちの事でおびえています。

(お嬢)い… い… 嫌だ…。