ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

おかしな刑事スペシャル 20作 風間杜夫、伊東四朗、羽田美智子、前田美波里… ドラマのキャストなど…

『おかしな刑事スペシャ伊東四朗羽田美智子 人気シリーズ20作記念!!』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 鴨志田
  2. 多部茜
  3. 平良
  4. 武藤
  5. 坂下
  6. 大崎
  7. スロー
  8. 平良正志
  9. ダンス
  10. 本当
  11. 課長
  12. 工藤
  13. 仕事
  14. 多部
  15. 和田
  16. 警察
  17. 正志
  18. 龍丸会
  19. ネックレス
  20. お前

f:id:dramalog:20190617010146p:plain

『おかしな刑事スペシャ伊東四朗羽田美智子 人気シリーズ20作記念!!』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

おかしな刑事スペシャル[解][字]

伊東四朗羽田美智子 人気シリーズ20作記念!!
鴨さんが社交ダンス入門!?
消えた殺人容疑者をめぐり、“父娘捜査”vs疑惑の葬儀社社長(風間杜夫)の心理戦が始まる!!

詳細情報
◇番組内容
鴨志田新一(伊東四朗)は、警視庁東王子署の警部補。別れた妻との間にもうけた娘・岡崎真実(羽田美智子)は警察庁刑事局のエリート警視だが、鴨志田と真実が実の親子だということは、2人の職場の人間は誰も知らない…。
◇番組内容2
川澄睦美(前田美波里)のダンススクール生徒・多部茜(冨樫真)が絞殺死体となって発見される。鴨志田が行方をくらましたインストラクター・平良正志(新里哲太郎)を捜索する中、ある葬儀社社長・武藤万作(風間杜夫)が捜査線上に浮かぶ。さらに真実が追う詐欺事件とも繋がり、2人はタッグを組んで事件に迫っていく…!
◇出演者
伊東四朗羽田美智子
風間杜夫前田美波里ラサール石井正名僕蔵小倉久寛佐渡稔、田島令子
◇スタッフ
【脚本】水谷龍二
【音楽】吉川清之
【監督】梶間俊一
◇おしらせ
☆番組HP
 http://www.tv-asahi.co.jp/prime-sun/

 


(坂下純次)あっ どうも。

あっ ここだ。

(坂下)あっ 署長!

いや 顔色も
すっかり良くなりましたね。

これは 鴨志田くんと私からです。

(星田耕介)ああ そう。
ありがとう。

胃潰瘍の現在の状況は
いかばかりでしょうか?

君 質問が硬いよ。
硬い… 硬いですか。

ハハハッ…。
(鴨志田新一)課長 声が高い。

あっ 紹介しよう。
私が習ってる社交ダンスの先生。

王子で
ダンススクールをやられてる。

(川澄睦美)川澄です。

あっ どうも…。 いやいやいや
しかし 驚きですね。

署長が社交ダンスですか。

坂下くん 声が大きいよ。
ああ… すみません。

いや しかし 意外ですね。
署長がダンスとは…。

星田さん
とってもセンスがいいんですよ。

署長がですか?

声…。

皆さん すいませんです。

あの 私は 東王子署刑事課の
坂下と申します。

(睦美)どうも。
鴨志田です。

やはり違いますね。
刑事さんを束ねてらっしゃる方は。

ああ いやいや… それ…
いやいや 私。

えっ?
それは私です。

まあ 失礼しました。

(多部 茜)失礼致します。 どうぞ。

ええ~ 署長
モテモテじゃないですか。

何 言ってんだ 君は。

こちらは
川澄さんとこの生徒さんだよ。

あっ どうも。

多部茜と申します。

坂下くん 君 見るからに
運動に縁がなさそうだな。

この際 社交ダンス 始めたら?
ええ ええ。

え~ 私がですか?

おっ 鴨志田くんもどう?
はっ?

あっ 鴨志田くんは
ダンス 得意だよね。

えっ?
そうなんですか?

いやいや…。
いや 我々はね

カモさんダンスって
呼んでるんですよ。

課長! もう…。

カモさんダンス? 見てみたい!

いやいや 私の場合はですね

犯人が
どんなふうに動いたかなって

勝手に想像して
自分で動いてるのを若い者が見て

「ああ カモさんダンス」
って言ってるだけで

ダンスでもなんでもないんですよ。
ハハハハ…。

お二人とも ぜひ いらして。
体験コースもございます。

(岡崎真実)
龍丸会の闇ビジネスですか。

(田中孝典)なんとかせなあかん。
あっ…。

時々 関西弁が出ますね
局長。

年なのかね 郷愁というか…。

まだまだ
ふるさとには帰れないがね。

老後は兵庫ですか?

そりゃそうだよ 君 兵庫は…。

そんな話は いいんだよ。

反社会的勢力の資金源は

警察庁 全国都道府県の警察の
連携によって

縮小に向かってはいるが
手口がより巧妙になっている。

巧妙?
語弊があったな。

狡猾だ。 まさに脱法の極みだ。

許せませんね。

そう 君のその正義感を
買っての相談だ。

はい。

ゴルフ場や高級クラブに
出入りする

社長や役員 医者などの

ワーキングエリートの
クレジットカードから

いつの間にか 多額の現金が
引き出されるトラブルが

都内 特に北区で多発している。

北区?

そう。 北区と言えば王子。

やめておこうか…。

君のお父さんに
また 心配をかけては…。

いえ やらせて頂きます。

(警笛)

♬~(音楽)

(睦美)スロー スロー
クイック クイック。

スロー スロー
クイック クイック。

はい ステップはいいですよ。

でも 相手と組む手を
忘れないように。

もう一度 いきましょうね。

はい。 スロー スロー
クイック クイック。

スロー スロー
クイック クイック。

坂下さん。
あっ… すいません。

ええ… スロー スロー
クイック クイック。

はい 少し休みましょうか。
ああ そうですか…。

皆さんも休んでください。
いや どうも…。

お疲れさまです。
ああ どうも どうも。

いやあ~ 結構 疲れるんだね。

鴨志田さんも
少し やってみますか?

いや 今日は見学だけで。
まあ。

♬~(音楽)

(田所久弥)あっ。
ああ~ うまくいかない…。

ありがとうございます。
ちょっと休憩します。

ああ~ どうも どうも どうも!

いやあ 星田さんが入院されて
私が最年長だったんですけど

あなたのような方が来てくれて
嬉しいです。

あれ? いやいや それって…。
続けてくださいよ。

もう 多少ね
最初は疲れますけど…。

いや どう見ても
私は あなたより…。

先輩 よろしくお願いします。
いや まあ はいはい…。

お二人とも 星田さんの部下なのよ
田所さん。

ああ~ という事は
東王子暑の刑事さん?

えっ こちらも?

あっ どうも。
ああ…。

いやあ 時代は変わりましたねえ。
刑事さんが社交ダンスを…。

ハハハ…。
ところで あなた あの 私…。

今ね あの茜さんと踊ってる彼ね
人気者でねえ。

彼目当てに来るおばさんも
いるぐらいで…。

(坂下)はあ~ そうなんですか。
いや それで あの 田所さん…。

(田所)ああ そうか そうか…。

私より…。
(田所)そのタイミングか。

私のほうが 絶対 若いよな?

まあ 所々 まだらに…。
な… なんだよ それは。

でも あれかな。

我々は ちょっと
場違いかもしれないな。

ああ 浮いてますね 完全に。

帰りましょうか。
そうだな。 うん。

♬~(音楽)

あっ すいません
ちょっと止めちゃって。

茜さん お誕生日おめでとう!

いや… ありがとうございます!
(拍手)

おめでとうございます~!

(茜)ああ~ 先生 嬉しい~!
(睦美)フフフ…。

(拍手)

これ あの…
ささやかですけど プレゼント。

うわあ… ありがとう!

あの男 完全に狙ってるよ。
そうですかねえ。

うわあ~! 素敵~!

田所さん ありがとう~!
(田所)ああ…。

喜んでもらえて嬉しいです。

あっ いいですか?
はい。

じゃあ 失礼して…。

(田所)はい!

とっても似合うわよ 茜さん。

本当に? ハハハッ!

(睦美)フフフ…。
アハハ…!

何かと金がかかるんだなあ…。

どう?
(平良正志)おう 似合ってる。

(平良)ハハハ… うん いいよ。
(茜)フフフ…。

♬~(鼻歌)

♬~(鼻歌)

♬~(鼻歌)

ハハハハ…。
おはよう~。

はい おはよう。
あっ 昨日も遅かったみたいだね。

もう クッタクタ。
うん。

えっ 私 いらないわよ?

だって もう 塗っちゃったよ。

だって まだ
これから寝るんだもん。

そっか。 休日は寝るに限るか。

鴨志田さんは? ダンス教室?

行かないよ。
えっ? 何 もう やめたの?

もったいない。
もったいないも何も

俺は 数回
見に行っただけなんだから。

そうなんだ。
うん。

老後の趣味にいいと
思ったのになあ。

じゃあね。
はい。

はあ…。

あっ そうだ! 鴨志田さん。

今 カード犯罪の対策を
練ってるんだけど

身近で被害に遭った人とか
いない?

管轄違い。
ああ そう。

じゃあね おやすみなさい。

はい おやすみ。

休日は 食べるに限る。

♬~

♬~

(工藤 潔)鑑識さん
ここ通って大丈夫ですか?

(諸星雄一)外側は大丈夫です。
(工藤)はい。

(シャッター音)

凶器は このネックレスですかね。
うん…。

(大崎)あっ カモさん!
おう。

休日に どうも恐縮です。
いやいや ご苦労さん。

ガイシャは女性だって?
(大崎)はい。 こちらです。

♬~

えっ!?

まさか… 茜さん!?

カモさん 知ってるんですか?

おい 課長に連絡取ったか?

いや それが繋がらないんですよ。

坂下課長も
ガイシャ 知ってるんですか?

だから 課長は今
ダンスのレッスンに行ってるんだ。

川澄ダンススクールという
そこの生徒さんだよ。

えっ ちょっ ちょっと…。

確か 多部… 茜さんと言ったな。
多部茜さん?

うん そうそうそう。
はいはい…。

あれ? という事は
カモさんもダンスを?

いや 俺は見物に行っただけだ。

ええ~?
(木村)あっ カモさん。

このネックレスが
車の中に落ちてました。

うん。
助手席のここです。

どう見ても 男物だな。

大崎 写真 撮っておいて。
(大崎)あっ わかりました。

(シャッター音)
はい。

凶器の可能性がありますから

被害者の皮膚片が付いてないか
分析します。

頼む。
はい。

ガイシャの持ち物が
見当たりません。

物盗りの犯行ですかね?

(携帯電話の着信音)
あっ 課長だ。

もしもし 課長?
今 どこにいるんですか?

殺しですよ 殺し。

ちょっと 今
カモさんに代わりますね。

もしもし 課長。

被害者はですね
川澄ダンススクールの生徒さんで

2日前に
誕生日を祝ってもらっていた

ほら あの多部茜さんです。

(坂下)えーっ!?

すいません… すいません。

それは本当かね?

課長 多部さんの住所
聞いておいてください。

♬~

一体 誰に…?

なんか証拠になる物は
現場に残ってなかったんですか?

たとえ知っていても
教えられません。

(ドアの開く音)

(坂下)おお! おお おお…。

鴨志田くん 本当に…?
間違いありません。

あの 茜さん 昨日
こちらに来てらっしゃいました?

はい。 昨日は

夜の7時から9時まで
レッスンを受けておりました。

19時から21時ですね。

それから帰り支度をして
9時15分頃 帰ったと…。

ねえ。

あっ 私は 昨日
ここへ来てないです。

何か言ってませんでしたか?

そのあと
誰かと待ち合わせてるとか。

えーと なんて言ってたか…。

あっ! 疲れたから
真っすぐ帰りますって。

はい そう言ってました。

多部さん 昨日は 車でこちらへ?

はい。 いつも車です。

(鈴木)これ 本物ですかね?

(工藤)おい むやみに触るな!
(鈴木)あっ すいません。

これ かなりハイスペックですよ。

そうなのか?
はい。

がっちり
ガードされてるでしょうね。

(鈴木)係長 来てください!
すごいですよ!

(鈴木)これです。

♬~

仕事は なんだったのかな…。

(内川康則)経営コンサルタント
しているという事は

聞いていましたが 詳しい事は…。

経営コンサルタント

元々は 商社に勤めていて

旦那さんが亡くなられてから
今の仕事を始めたと…。

このスクールに来られたのは?
(内川)6年前です。

ご主人を亡くされたあと
気晴らしにと。

大崎。
はい。

すいません 皆さん。

このネックレスに
見覚えありませんか?

あっ!
(内川)先生 これは…。

このネックレスは どこに?

見覚えあるんですね?
はい。

うちのインストラクターの
平良がしていたネックレスに

似ています。
ん?

平良くん いましたよね? 今日。

先ほど 体調が優れないと言って
帰りました。

うん…。

彼の住所を教えてもらえますか?
(睦美)はい。

(ノック)
平良さん いますか?

(ノック)
平良さん!

(ノック)
平良さん!

(ノック)
平良さーん!

(ため息)

ちょっと 大家のところに行って
鍵もらってくる。

(解錠音)

♬~

(大崎)はい どうも すみません。
(和田)失礼します。

♬~

(ため息)

あれ 三線って言うんだっけ?

沖縄出身かな?
うん…。

(坂下)では 捜査会議を始めます。

これまでにわかってる事を
順次 報告してもらいたい。

では 工藤係長。
(工藤)はい。

被害者は 多部茜 42歳。

本籍 宮城県仙台市

現住所は 北区西赤羽9の13。

職業 自称 経営コンサルタント

死因は 絞殺による窒息死。

なお これに関しては鑑識から。
はい。

えー 凶器は
現場に落ちておりました

ゴールドのチェーンネックレスで
間違いありません。

このネックレスに 被害者の
皮膚片が付着しておりました。

また 太い索条痕がありまして
強く絞められたと考えられます。

死亡推定時刻は
昨夜の23時から0時の間。

以上です。

凶器のネックレスの持ち主ですが
現在 行方不明となっております。

川澄ダンススクールの
インストラクター

平良正志のものである可能性が
高いです。

足取りは まだ つかめないのか?

はい。

えー 本日11時頃

川澄ダンススクールを出て以降の
足取りは 全くつかめてません。

なお そのネックレスですが
平良正志が被害者から

プレゼントされたものではないか
という証言もあります。

平良正志について
わかってる事は?

はい。
(坂下)おっ。

平良の履歴書によりますと
沖縄県名護市出身の29歳。

2年前 川澄ダンススクールの
雑用係に採用され

その後 ダンスのセンスを買われ

半年ほど前から
インストラクターをしております。

被害者と平良正志の関係は?

ガイシャは 週に3回
レッスンを受けてますが

その都度 平良を指名してます。

2人の間に
トラブルがあったという証言は

まだ ありません。

いずれにしても
姿を消したという事は…。

被疑者と考えられます。

他に わかってる事は…。

あっ 鴨… 鴨志田くん!
起きてるよね?

ん? あっ… はい。

いや 君もさ

被害者と平良に
面識があるんだから

なんか気づいた事は
ないのかね?

はいはい はい。 えー…。

現場の状況からし
車の外で争った形跡はありません。

ホシは
ガイシャの車に同乗していた。

つまり 顔見知りの犯行であると
考えられます。

その点についてですが

携帯電話は見つかっていませんが

身に着けていた高価な時計 指輪は
盗られていません。

う~ん つまり これは

物盗りの犯行ではない
という事ですね。

引き続き 現場周辺及び
関係者への聞き込み

そして 平良正志の確保に
全力を挙げてくれ!

(一同)はい!

♬~

(坂下)あっ…
鴨志田… 鴨志田くん!

これ 君 ちょっと
チェックしてくれ。

ガイシャのマンションの
防犯カメラの映像だ。

はい。

♬~(三線)

ここだな。
うん。

(上原正吉)
♬~「サー 君は野中の茨の花か」

(一同)♬~「サーユイユイ」

(上原)♬~「暮れて帰れば…」

あっ すいません。
(玉城華菜)はい。

こちらに 平良正志さん
客として来てますよね?

はい。
今日は?

ああ… 来てません。
平良さんが何か?

連絡は取れますか?
電話番号 知ってる?

あっ はい。

(上原)なんね? 華菜ちゃん。

警察の方が平良さんの事を…。

あいつ 何か やらかしたばー?

詳しい事は言えないんですけど
二三 聞きたい事がありまして。

駄目です。 電源 切ってるさあ。

おかしいねえ。

正志は 警察の厄介に
なるような奴じゃないよ。

昔は ちょっと
やんちゃしてたけど

今は でーじ
ダンスに打ち込んでるさあ。

今 一番仲のいい友達は
ご存じですか?

一番のどぅしは 比嘉伸二か。
もう死んだけど…。

他には?

インストラクターの
平良正志さんは

多部さんの事
どう思ってたんでしょうね?

いいお客様だと
思っていたんじゃないですか?

なるほど。

多部さんに
男の影は なかったですか?

モテたと思うんですけどね。

私が言ったという事は…。

もちろん 内密にします。

♬~

(武藤万作)はいっ…。
(武藤真理子)はい。

あとは 俺がやるから。
腰 大丈夫?

大丈夫! よいしょ…。

東王子署の者ですが
武藤万作さんですか?

はい そうです。

少し お時間頂けますか?

うちは 割り増しなんて
やってませんよ。

本当ですか!?
はい。

真理子! 大変だ 真理子!

何よ? 大きな声 出して…。

多部さんが殺されたって!
えっ…?

多部茜さんだよ!
うん 聞こえてます。

あの多部さんが…?

(武藤)い… いつなんですか?

ゆうべの11時過ぎです。 それで…。
(武藤)ちょっとすいません。

おい 夕刊!
ああ…。

本当だ!

権現山公園の陸橋下で…。

それでですね

多部茜さんとは親しい間柄と
聞きまして…。

誰が? えっ 私が?
はい。

うん…。
違うんですか?

親しい間柄ねえ。
まあ そういう事になりますかな。

お付き合いしてたと…?

やめてくださいよ。
誰が そんな事 言ったんですか!

違うんですか?
はい。

そりゃあ 何度か
飲みには行きましたけど

彼女は 死んだ女房の
ダンス仲間でしたから。

そうですか。
最近 変わった様子は?

う~ん…。

誰かと もめてた様子は
なかったですか?

知りませんよ 私は。

正直に言ったほうがいいわよ。
えっ?

警察は
お父さんを疑ってるんだから。

いや…
これは関係者への事情聴取です。

恐縮ですが ゆうべは どちらに?

やはり 聞くわけね。
はい。

昨日は 8時から1人で飲んでて…
そう 2軒目は10時から。

おい 俺 何時頃 帰ってきた?

12時 過ぎてたんじゃない?

お前ね 俺のアリバイってやつが
かかってるんだから

正確に言いなさいよ!
だって

私がお風呂から出たら
お父さん 居間で寝てたじゃない。

うう…。

わかりました。

10時からは 誰とどこで飲んでたか
教えてください。

はい。 12時近くまで
武藤さんと飲んでいました。

どんなお話を?
フフッ…。

特別な話は…。
彼とは飲み友達ですから。

でも 2時間近くも
飲んでたんですよね?

はい。
差し支えなければ…。

2年前に亡くなった
奥様の話とか…。

彼 いつも 飲むと
奥様の話に…。

奥さんの話?

そう 文江さん。
うちの生徒さんでしたから。

武藤万作の裏は取れたのか?
はい。

夜10時から約2時間
東王子3丁目の居酒屋で

ダンススクールの川澄睦美さんと
飲んでました。

やっぱり ホシは平良か… 係長。

課長 見つけました。

おう あったか。

これが おとといの午後5時12分。

そして これが…
同じく5時35分です。

これは もう 決まりだなあ。

よし…。

(工藤)全く手掛かりはないのか?
(大崎)ええ…。

いや なんか
しっくりこないんですよね。

どういう事だ?
平良の評判です。

もめ事があれば
仲裁に入るような性格だったとか。

仕事も
真面目にやってたそうですよ。

今の映像を見ただろ?

ガイシャのマンションに
出入りしてるんだぞ?

それに潔白なら…。
(木村)その事なんですけど…。

(坂下)おう… なんだよ 木村くん。

逃げるとしたら
南じゃないでしょうか?

南?
(坂下)その根拠は?

出身 沖縄ですから。

(大崎)うん… 知ってるよ。

ちょっ いや…
木村さん だいぶ お疲れですね。

なんだよ。
いや だって…。

(坂下)休んだほうがいい。
休め 休め。

(和田)目の下にクマできてるから。

鴨志田くんは
何をやってるのかな?

はい。

武藤が川澄先生と飲んでいた
居酒屋と

犯行現場というのは
そんなに離れてませんよ。

(鈴木)本当だ。
(工藤)歩いて5~6分ってとこか。

という事は
武藤のアリバイは…。

明日 朝一で行ってみますよ。
その葬儀屋さんに。

(坂下)うん。

♬~

ああ! ああ…
どうぞ どうぞ。

2階です。 はい。
はいはい どうぞ どうぞ。

どうぞ どうぞ。
承っております。

残された者の
大切な お心遣いです。

え?

どうぞ どうぞ。
ああ はあ…。

えー… 当社はですね
心を込めた ご葬儀

3つのコースを
ご用意してございます。

ちなみに
この松を選んで頂きますと

少々 お値段 張ります。

でも 王子の一二を争う写真館で
撮影という事になります。

ああ いや…。
で ご要望とあれば

修整は自由自在です。

シワでもシミでも
全部 取っちゃいます!

で あの…
竹を選んで頂きますと

これは 私の娘が
心を込めて写真を撮ります。

いや ご心配いりません!

娘は写真の専門学校を
出ておりますので。

ちょっと すいません。

人が悪いな 刑事さん。

いや いや いや…
今 あなたのお話 聞いてて

ちょっと
興味を引いたものですから。

確かに そうですよね。

あの時の写真っていうのは

自分が気に入った写真を
遺影にしたいですよね。

で 松竹ときて
梅は どうなります?

私がデジカメで。
ああ… なるほど。

なるほどじゃないですよ!

私はね 知ってる事は
昨日 全部 話しました。

ああ 恐れ入ります。

(せき払い)

(ため息)

色が出ないね これ。

何が聞きたいんですか?
ああ… はい。

その… 多部茜さんと
武藤さんの奥さんとは

友達だと聞いてます。

ダンススクールで知り合ったんですか?
それとも…。

ダンススクールです。
ああ!

じゃあ ご主人も ダンス
勧められたんじゃないですか?

こんなもんか。 …え?

いや だから ダンスですよ。

ああ…! 私は性に合いません。
ああ。

いや 例えば
多部茜さんに勧められてたら

どうなってました?

刑事さん
何が言いたいんですか?

あっ どうも
ごちそうさま。

えっ?

これ ほとんど お湯だよ。

(せき払い)

私を疑ってるんですか?
私には ちゃんとした…。

はい 川澄先生と居酒屋で。

そうです。
それに なんで私が彼女を…?

多部茜さんっていうのは
きれいな方ですよね。

そういう きれいな人と
二人っきりになった時には

どんな お話をなさるんですか?

どんな話も何も… 世間話ですよ。
はあ はあ。

我々はですね 一日も早く
犯人を捕まえたいと思ってます。

だからこそ こうやって

関係深い皆さんに頼んで
話を聞いてるんです。

関係深いって
どういう意味ですか?

それは…

火のないところに煙は立たない
って言いますから。

刑事さん そういうのをね
ゲスの勘ぐりって言うんです。

ああ どうもこれは…。

あっ! そうそう。

これなんですがね。

いいですか? 見てください。

ここが殺害現場。
ここが2人で飲んだ店。

ねっ? ここ ここ。
ここ ここ。

居酒屋の店員が言うには

武藤さんは
先に帰られたそうですね。

よく覚えてません。

三線 弾かれるんですか?

いや あれは
形見にもらったものです。

ほう。 ああ…。

では。

♬~

う~ん うまい!
これこそ お茶だ。

ん? まずいお茶でも
どこかで飲んできたの?

あんなものは
お茶でもなんでもない。

ねえねえ 権現山の事件って
どうなった?

それは 娘として聞いてるのか?
それとも警察庁の…。

いいじゃない どっちでも。

それは よくないぞ。
はい はい。

では 警察庁の警視として
お聞きします。

わかりました。

第一容疑者である
平良正志の行方は

依然として不明です。

目撃者 防犯カメラは?

それも 今のところは何も。

殺された多部茜さんって
結構 派手な生活だったんでしょ?

カードなんて
バンバン使ってたんだろうなあ。

工藤係長に聞いたんだけど

衣装部屋は高級ブランド品で
あふれていたんでしょ?

なあ。
お前 何が知りたいんだ?

例のカード犯罪の対策が
なかなか うまくいってないのよ。

ああ そう。
それは ご苦労さん。

なんか冷たいなあ!

なあ。 ここ
お前のおごりなんだろ?

はい はい。

もう一皿 いい?
ええ!?

ガイシャのパソコンの
データなんですが…。

おお! 何が出た?
残念ながら 消えてます。

…消えてる?

24時間 起動しないと
データが全部消えてしまう

特殊なソフトが入ってまして…。

でも 君なら
これ 復元できるんだろ?

一応 やってみますが…
どうかなあ?

いや どうかなあって
なんだよ。

まあ 焦っちゃいかん。
しかし 署長…!

戻りました。
おお! 武藤は どうだった?

うーんと…
なかなか面白い男でしたよ。

いや 面白いとかどうとか
そういう事は聞いてないんだよ。

心証だよ。
心証はシロなのかクロなのか?

うーんと…。

車の中の指紋がヒットしました。

誰だ?

(諸星)田所久弥です。
(坂下)ん?

(星田)川澄ダンススクールのか?
(諸星)はい。

あの男か…。
マエは なんだった?

窃盗と器物損壊です。

泥酔状態で自転車を盗み
そのまま屋台に突っ込みました。

みんな出払ってるな。
鴨志田くん 行くぞ!

課長 私一人で…。

結構 早いですね。

大丈夫かな?
さあ…。

♬~(音楽)
(睦美)スロー スロー。

スロー スロー。

反対側も スロー スロー
スロー スロー。

休憩にしましょう。

あれ? あなた 今日
レッスンじゃないでしょ?

今日は警察として来ました。

あっ! 犯人 捕まりましたか。
さすが日本の警察は。

田所さん。
(田所)なんですか? 怖い顔して。

あなた 多部茜さんの…。
課長 ちょっと ちょっと。

なんですか…?

田所さん。
だから なんですか?

あなた 多部茜さんの車に
乗った事がありますか?

どうなんです?

ありますよ。
私の指紋でも出てきましたか?

そう!

あなた おとといの夜
どこで何をしてました?

いきなり容疑者扱いですか?

いや これは
関係者全員に聞いてる事です。

おとといといえば
事件のあった日ですよね?

そうです!
いや 近い 近い…。

あなた 近いですよ。
ねっ ちゃんと話しますから。

おととい…。

ああ はいはい
思い出しました。

10時半頃 王子のエステサロンで
多部さんに会いましたよ。

あなた なぜ それ
黙ってたんですか? 今まで。

聞かれなかったから…。

それに 変に疑われるのは
嫌じゃないですか。

詳しく話してください。

10時半頃 どこのエステサロンで
お会いしたんですか?

だから
王子のエステサロンの駐車場です。

彼女の車の助手席で
ほんの4~5分 話しただけです。

間違いないですね?

防犯カメラで
確認できるんですよ。

間違いないです。

駐車場を出て

そのまま権現山公園へ
行ったんじゃないんですか?

だから 近い… 近いですって!
もう。

その場は終わって
真っすぐ家に帰りましたよ。

そんな時間に
エステサロンの駐車場で?

なんか あんたの話は変だな!
どこがだよ?

私も近くで飲んでたから
行っただけですよ。

用件は?

そこまで話さなきゃいけません?
できれば。

はあ… じゃあ 話しますよ。

パートナーを断られたんです。

12万もする髪飾りをあげたのに
ですよ。

どうして私じゃいけないのか
直接 聞きに行ったんですよ。

それは あんたの踊りが
下手だからだろ?

あんたね…!

はっきり言われて 頭にきて
それで…。

やってられない。
誰か 弁護士 呼んで…。

まあ まあ まあ
落ち着きましょう。

駐車場を出て 家に帰った。

お宅には
どなたか ご在宅でしたか?

いえ 妻とは
別居中なものですから。

帰ったのは11時です。 ええ。

あの いつも見ている韓流ドラマに
間に合ったんだから。

それは
なんていうドラマですか?

そこまで?
できれば。

月~金でやってる『パパは恋人』
ブコメです。

そのドラマ おとといは
どんな話だったか覚えてます?

覚えてますよ。

パパの恋人のユナが
妊娠しているという噂が

大学中に広まっちゃうんですよ。

それで ユナは
ソヨンに相談に行くんです。

はいはい
その話は もう結構です。

皆さん お騒がせしました。
さあ 行きましょう。

あっ うん…。
いやいや 作り話かも…。

何が作り話だよ!

あれ 言っとくけどね
パパは独身だから。

ソヨンと二人暮らしで…。
その話は もう聞きたくない!

さあ 行きましょう。

あのね ママが
ソヨンが1歳の時に…!

(武井昭一)
だから いくら金を積まれても

意に反する仕事は引き受けないと
言ってるんです!

(武井)わかんないか もう…。

ハハハッ…!

鴨志田さん 平良さんの件は
私が気づいたんですよ。

森くん 鴨志田さんに お茶を。
(聡子)はい。

濃いめでね。
あっ はい!

どうぞ。
ああ。

へえ~! 英語もいけるんですね。

いやいや 私のは
ブロークンイングリッシュです。

いやいや とんでもない。

早速ですが…。
はい。 えー…。

平良くんが うちに来たのは
先月の2日です。

はい。
相談に見えた女性の付き添いで。

付き添い?
ええ。

その女性
ストーカー被害に遭ってましてね。

その女性
平良正志とは どういう?

同じ沖縄出身の友達だと
言ってました。

こちらが その女性です。

お願いします。
よろしくお願いします。

その友達の名前は…。

あっ…。 まあ 鴨志田さんだから
特別に お教えしましょう。

玉城華菜さん 24歳。

玉城華菜…。

沖縄の人って 結束 固いのよね。
お前 どうして?

私は別件です。
ふ~ん…。

はい 濃いめのお茶です。
はい ありがとう。

私は普通で。
あっ はい。

すいませんね いちいち。
自分だって注文つけたくせに。

ああ… 全然 大丈夫ですから。

真実さん
ちょっと待って頂けますか?

お父さんの件を片付けますから。
は~い。

平良くんですが 私の印象は
ひと言で言うなら

好青年でしたね 友達思いの。

とても人を殺すような…。

まあ わからないですけどね
1回 会っただけでは。

その女性の連絡先は…。

あっ どうぞ。

えー… 玉城華菜。

ああ 華菜って こういう字か。

で カード犯罪の件ですよね?

あっ はい。
すいませんね お忙しいのに。

いえいえ 私でお役に立てるなら。
えーっと…。

今月 すでに
9件 扱ってますね。

そんなに?

あっ 鴨志田さんは
もう帰っていいのよ。

いや ついでだから拝聴しますよ。
森さん おかわりね!

(聡子)はーい!
すいませんね。

カードの情報を盗む
スキミングの手口は

年々 巧妙になっています。

100パーセント被害を防ぐ方法は
ないと言っても過言ではない。

でも 暗証番号はカードの情報に
入ってませんよね?

暗証番号は
ATMのキーボードの真上に

隠しカメラを仕掛けて
盗むとかですね。

ああ 隠しカメラね。

ですから 対策としては
使う側に注意を促す事が大事で

クレジットカードを預けて
会計をしない

暗証番号を入力する際には
手元を隠す。

うん…。

あっ すいません。
お金 持ってる人も大変ですよね。

そうやって
狙われちゃうんですから。

君だって
多少の預金はあるだろ。

10万単位の被害もあるんだよ?

私は 絶対 大丈夫です。
全て現金払いですから。

私も そう。
なるべくカードはね…。

と言いながら
この間 現金がなくて

カード使っちゃった。
えっ どこで?

どこでって ちょっと
スーツを新調致しまして。

ああ 生涯初の三つぞろいね
しかも 分割払いで。

君は もういいから。 ねっ?
はーい。

あっ! こんなケースもあります。

場所は高級クラブ。

まず ターゲットのカードの
暗証番号は

隠しカメラで盗撮しておき

後日 ホステスが接客中に
カードを盗んで

仲間に現金を引き出させる。

武井先生
その被害に遭った高級クラブ

教えてもらえません?

ああ ここだ。
課長が言ってたエステサロン。

ああ 多部茜さんが
殺される直前にいた…?

うん。 よし 失礼します。

(関根純子)間違いありません。

おとといは
何時頃 見えました?

(純子)9時半の予約で
90分コースでした。

じゃあ こちらを出たのは
11時ですか?

そうですね。

(大崎)すいません 失礼します。
(和田)すいません。

(大崎)で その日は
どんな様子でした?

特に何も変わらなかったと…。

持ち物は全部ロッカーですか?

でも 人によっては携帯を。
多部さんは?

いつも携帯は そばに。

あっ そういえば…。
何か?

一度だけメールの着信が。

(携帯電話の着信音)

思い出しました。

そのメールを見たあと
まだ少し時間があったんですが

すぐ帰られました。

(大崎)誰だ? この男は。

(純子)田所さんですね
時々 ご一緒に。

あっ! ダンススクールにいた。

(和田)
この男がメールしたのかな?

あっ 課長。

田所は 多部茜の車を降りて
駐車場をあとにしてます。

じゃあ 多部茜さんを
メールで呼び出した人物は…?

いや それらしき人物は
防犯カメラに映ってませんでした。

ここね。
武井先生が言ってた高級クラブ。

なあ なあ。 なんで 俺が
ここへ ついてくるの?

いいでしょ?
協力してくれたって。

あのさ あの…
はい はい はい!

カード詐欺があった日ですか?
確か 10月だったな。

あっ! あった あった。

この日に出勤してたのは…。

華菜ちゃん ちょっといい?

あっ はい!

カナ…?

玉城華菜 24歳…?

ちょっと お話いいかしら?
はい。

ここに来てた お客さんが

カード詐欺の被害に遭った事は
知ってます?

はい。

その時も警察に事情を聞かれた?

はい。
でも 私 何も知りません。

実際 お客様が支払いをする時

カードを預かる事って
あるんですか?

そういう時もあります。
あるのね?

あの…
ちょっと いいでしょうか?

ちょっと 鴨志田さん。
悪い 少しだけ。

カナさんですよね?
はい。

カナという字は
どういう字を書くんですか?

「華道」の「華」に
「菜の花」の「菜」です。

ああ。 24歳?
はい。

名字は?
玉城といいます。

えっ?
ああ。

あなた 平良正志という男性を
ご存じですか?

権現山公園で起きた事件の事は?

彼 警察に追われてるんですか?

いや 捜してます。
事情を伺いたくて。

あなたに連絡は?

ありません。
そうなんですか。

そのハイビスカスは…?

正志がくれたんです。

ああ そうなんですか。

いや…
どうも ありがとうございました。

ついてきて よかったよ。
でしょ?

妙なところで繋がっちゃったわね。

ん?
カード詐欺と殺人事件。

ああ あんな事ってあるんだよな。
びっくりだ。

あっ コーヒーでも淹れるか。
はーい! 私が。

おい ちょっと待てよ。 えっ…?

鴨志田さんは お疲れなんだから
コーヒーぐらい 私が淹れます。

なあ なんの頼みがあるんだ?

わかっちゃった?

わかりやすいんだよ お前は。

一歩踏み込んで
調べてみたいの。

鴨志田さんにしか頼めない事なの。

龍丸会の関係者
誰か紹介してもらえない?

そんな事だろうと思った。
お願いします!

駄目だ!
どうしてよ?

そんな危ない連中
紹介するわけにはいかん!

カード犯罪を放っといていいの?

手口は より狡猾になり
暴力団の資金源になってるのよ。

お前は頭を使え。

体を使うのは俺たち刑事の仕事だ。

あっそ。 わかりました。

(チャイム)

横浜の叔母様だ。

(三浦由紀子)「こんばんは」

(由紀子)ごめんくださいませ。
アハハッ… ごきげんよう

ごめんなさいね
こんなに遅くに。

おい 来る事になってた?
いつも 突然 来るでしょ。

これでも 高校の同窓会
早めに抜け出してきましたのよ。

同窓会。
そう。

女子校だからピーチクパーチク
姦しくて…。

なるほどね。 さあさあ どうぞ。

あら。 女を3つ書いて
姦しいなんて

失礼ですわよね 真実さん。

まあ 男の人が
考えそうな事ですね。

本当。 男だって3人寄れば
ピーチクパーチク。

叔母様 コーヒーでも?
結構よ すぐ戻りますから。

今日は 鴨志田さんに

ぜひ お渡ししたいものが
ございまして…。

私に?
ええ。

社交ダンス
お始めになったんでしょ?

私? とんでもない とんでもない。
そんな…。

私もね 若い頃やってましたの。

その時のパートナーが…。

ここだけのお話 私とラブラブで。
それは それは。

でも 若くして
あの世に召されてしまいまして。

形見に頂いたのが
これでございますの!

うわ~! 豪華!

その方の体格と鴨志田さんが
ぴったんこ。

ああ! なるほど。

なるほどじゃないだろ。
私は ダンスは…。

お衣装だけじゃございませんのよ。

アクセサリーも こんなに!

(由紀子)素敵でしょ?

キラキラ! 本格的だったのね。

そりゃそうよ。

私 若い頃 ハマのデボラ・カーって
呼ばれてましたのよ。

王様と私』?

(笑い声)
笑いすぎよ あなた。

それにしても お前
王様と私』なんて映画

よく知ってたな。

とにかく 私は
こんな高価なものは頂けません。

いやーね! これ 全部 偽物よ。
コピー商品。

だから 気になさらなくてよ。

えっ! 何?
これ 全部 偽物なの?

うん。 うまくできてるでしょ?
ほら ブランドのマークまで。

いや 素人じゃ
見分けがつかないわね。

偽物?

(坂下)これが
多部茜の部屋にあった

高級ブランド品か。

(星田)それにしても
すごい数だね。

署長 全部 偽物だったら

多部茜は これで商売をしていたと
考えられますね。

課長 一つ わかった事が。
なんだ?

ダンススクールの川澄睦美が

多部茜から
500万の借金をしています。

(星田)えっ? そんなに?

いつ? なんの名目で?

6年前 ダンススクールの
開業資金としてです。

6年前って事は 多部茜が
スクールに通い出した頃だな。

はい。
で 返済は?

それが このところ滞ってます。

なるほど。
それが動機のヤマか?

違う! 違うよ 君。
彼女にはアリバイがある。

あれ? 署長
言ってませんでしたっけ?

そのアリバイは崩れたんですよ。

武藤と飲んでいた店と現場は…。
なあ? 鴨志田くん なあ?

あれ? 鴨志田くんがいないな。

はい。 これ コピーです。
これもコピーです。

やっぱり そうか!

どうして 急に気が変わったの?

それは これから会う男が
もう足を洗ってるからだよ。

じゃあ 下のほうだったの?
んっ?

(携帯電話の振動音)
電話よ。

聞こえてますよ ブルブル。

(携帯電話の振動音)

はい。 もしもし。

(坂下)おお 鴨志田くん。
やったよ!

多部茜の部屋にあったブランド品
9割方がコピー商品だったよ。

そうですか やっぱり。

あれ? なんだ 驚かないの?
まあ いい。

これは もう 間違いなく
背後に反社会的勢力が…。

はい これから当たります。

(ドアの開く音)

はい いらっしゃいませ。

(江川進二郎)どうも。
そっちで待っててくれ。

どうぞ。

あの人?

元龍丸会系 流星会の組長。

えっ!?

ああ…。

♬~

はあ… ありがとよ。

どうもありがとうございます。
釣りはいらないよ。

ありがとうございました。

おお 旦那 久しぶりだな。

ますます いい男になったね。

ハッ… 気持ち悪いな。

言える事は教えるけど
言えない事のほうが多いよ。

ん? フフフッ。

部下です。

ほう…。

デカにしておくには
もったいねえ器量だな。

いえ…。

組解散して
少しは のんびりしてるのかい?

いや… 行き場のねえ若い衆が
まだいるからね。 大変だよ。

お仕事の斡旋ですか?

斡旋ってのは嫌な言葉だな。

口利きって言ってくれよ。

ああ… すいません。

解散の一番の理由は… シノギ

そう 時代が変わった。

昭和は良かったよ 旦那。

あの頃は 俺たちとカタギの間には
はっきり線が引かれてた。

それが…
今じゃ 組の存続とか言って

半グレや素人と手ぇ組むんだから
おしめえよ。

素人と組むんですか?

ああ パソコンとか
インターネットなんてもんが

できちまったから

カード犯罪が増えるわけよ。

その辺の事を
もっと詳しく…。

そんな事は言えねえよ
ネエちゃん。

そんな事 言ったら
こっちの首が飛んじまうよ。

ブランド品のコピーは
どうかな?

ああ あれは儲かるね。

実際 動いてるのは主婦や学生だ。

海外から
そこに送られてくるんだよ。

そうなんですか。
言える範囲で ちょっと…。

ターゲットは女よ。

見えっ張りが多いから

市価の半額だって言やあ
飛びつくだろ? ネエちゃんも。

そのネエちゃんっていうのは
ちょっと…。

ハハッ… 悪い悪い。

その素人の上前
ごっそり はねるのが

俺が元いた世界の連中さ。

(坂下)多部茜と龍丸会の関係を
徹底的に洗います。

貴重な情報を
ありがとうございました。

警察庁も 主婦や素人を使った
カード詐欺や

違法コピーの販売といった

龍丸会の闇ビジネスの対策に
乗り出しています。

これからは東王子署と
協力していきましょう。

今回は 鴨志田警部補に
協力してもらいました。

あっ そうでございましたか。

うちの鴨志田
失礼なかったですか?

こういう時 役に立つのが
ベテラン刑事です。

いかに
有益な情報をキャッチするか

それが捜査の要です。

そのとおりでございます。

工藤係長 沖縄県警から
何か情報は?

はい。 平良の母親なんですが

現在 那覇の病院に
入院しています。

それも重篤な状態だそうです。

そうか こりゃ現れるな。

(木村)課長…。

ん? なんだ? 木村くん
覇気がないんだよ。

あっ 徹夜が
続いたものですから…。

そりゃご苦労さん。
で 何?

あっ… 神奈川県警
静岡県警の協力を得て

めぼしい駅の防犯カメラを
チェックしていたんですが…。

ですが 何?

修善寺駅の構内に

平良と思われる男が…。

(坂下)えっ!?

お前 早く言えよ!
よくやった。 よくやったぞ。

私も ちょっと修善寺近辺って気は
してたんだよなあ。

本当に?

ちょっとですよ。

大崎 和田 修善寺へ飛んでくれ。

(2人)はい。

(ため息)

は~あ。

追い炊き 押しといたわよ。

修善寺か…。

ねえ 私たちも行ってみる?
修善寺

しかし なぜ 修善寺なんだろう?

それは誰かいるんじゃないの?

親しい友達とか知り合いとか。

友達か…。

どうしたの? ボーッとして。

お前 風呂 追い炊き…。

押しといたって
さっき 言ったでしょ。

あ?

ねえ これは あくまでも
私の推理なんだけど

多部茜は 龍丸会と組んで

カードやコピー商品の
闇ビジネスに手を染め

そこで組とトラブルが生じて
殺された。

現場に落ちていた
凶器のネックレスは

平良の犯行に
見せかけるためにか?

そう。 パソコンのデータを
消す準備をしてたって事は

なんとなく身の危険を
感じていたからじゃない?

しかし 龍丸会と組んでいたという
確かな証拠がない。

明日 私も多部茜のマンションを
調べてもいい?

絶対 何か見つけるから。

わかったよ。

それより お前 風呂の追い炊きさ

あれ ちゃんと
やってくれてたん… だよね。

そうそう わかった わかった。
ありがとうね。 はい。

大丈夫かな?

大丈夫ですよ。

(警笛)

よし 行くか。
ああ。

えっ 来た事があるんですか?
平良が。

すぐに伺います。

(坂下)おい 鴨志田くん
どこ行くんだ?

か か 鴨志田… ど…。

なんだよ。

…って事は これしかないか。

(聡子)これで!

あっ こりゃ まずいな…。

いいんですか?
こんなところで油売ってて。

しかし 強いね 森さんは。

えっとね ここしかないね。 はい。

王手飛車取り!

えっ!

あっ 銀があるの?
あるの。

(武井)ただいま。
参った。

先生 私 勝ちましたよ!

嘘!
はい。 2枚落ちですけど。

ハハハッ…。

教えた先生が
よっぽど うまいんだろうなあ。

ハハッ まあ そういう事に
しときましょうか。

あ~…。

あっ… で
電話で話した件なんですが…。

はい。 えっと…。

えー… これです。

1年前の2月
喧嘩で亡くなった比嘉さんの

相手側の正当性を争った案件です。

比嘉…。

その時 相談に来たのが…。

(武井)平良くんです。

同じ年に 沖縄から上京した
友達の無念を晴らしたいと。

理不尽な事件でした。

今日 給料日だって事
わかってんだよ。

はい。 万札10枚 置いてけば
なんもしねえ。

さっさと出せよ!

(比嘉伸二)これは実家に送る金さ。
お前らに渡すか。

おいおい。
待てよ。

あっ! あーっ!

待て!

(比嘉)うっ…!

おい!

あっ!

ああっ!
あっ!

あーっ! クソッ!

おい!
ああ!

うわあっ!

逃げろ。

伸二!
伸二!

しかし 残念ながら
相手側の正当防衛が認められ

敗訴に…。

葬儀は東京で?
ええ。

私は仕事で行けませんでしたが

王子の葬儀屋さんが
やってくれたそうです。

王子?

同じものが5個もある…。

あっ それ さっき見ました。

これだけブランド品じゃ
ないんだけど。

(物音)

♬~

やりましたね 岡崎警視!

ええ。

♬~

(警笛)

♬~

(ノック)

ごめんください。

あっ いらっしゃいませ。

娘さんですね? 写真のうまい。

警察の方ですか?

ああ。

1年前
比嘉伸二さんという方の葬儀を

こちらで やられてますね?

はい 沖縄の親族からの依頼で。

それが?

いや その葬儀に平良正志くんも
いたと聞いたもので…。

いましたよ。
彼だけじゃない。

5~6人 沖縄の友達が
参列していました。

こちらで?

友達のカンパで 一人1万だっけ?

うん。

私は そのお金は

遺骨を沖縄に持って行く
旅費にしなさいと言いました。

その日は雨が降ってて…
涙雨です。

(武藤)私のつたないお経で
なんだけど

みんなで見送ろうか。

♬~

(鈴)

(鈴)

(読経)

♬~

でも 最後は みんな
盛り上がっていたわよね。

そう 正志が
あの三線を弾いてな。

平良さんの事は
よくご存じなんですね?

あの葬儀のあと 何度か。

塚田のおばあちゃんの容体は
どうなんだ?

今晩が山場だって。

そうか。
あとで顔出してみるか。

武藤さん
平良さんからの連絡は?

ないです。

警察は
正志を疑ってるようですが

奴に人は殺せません。

無実なら
なんで 姿を消したんですかね?

それは…
冤罪を恐れてるからでしょ。

警察を信頼してないと。

それは そうでしょう。

比嘉くんの一件で
思い知ったんです。

いかに当てにならないか
って事をね。

しかし このままでは…。

刑事さん 真犯人を
一日も早く捕まえてください。

そうすりゃ あいつも…。

平良さんは 事件前日
茜さんのマンションに行ってます。

2人の関係は どういうもの
だったんでしょうか?

知りません 私は 何も。

お帰り頂けますか。
私も忙しいんで。

大変失礼しました。

もしも… もしもですよ

連絡がありましたら

私のところへお願いします。

鴨志田さんね。
はい。

まあ 一応は言っておきますよ。

お願いします。

♬~

まだ何か?

先ほど 真犯人を
一日も早く捕まえてほしいと

おっしゃいましたよね。

ええ。

♬~

もしかしたら 犯人を
知ってるんじゃないんですか?

ハハッ…
私は探偵でもなんでもない。

ただの葬儀屋です。
知ってるわけが…。

そうですか。 では。

この写真 沖縄ですか?

堂ヶ島です。

堂ヶ島って あの西伊豆堂ヶ島

死んだ女房と新婚旅行で。

はあ~…。

失礼します。

(ドアの開閉音)

2日前から今日にかけて
この人 見かけませんでした?

いや… わかりませんね。

似たような人は
どうですか?

見てないですね。
そうですか。

♬~

いや わかりませんね。

そうですか。 わかりました。
ありがとうございます。

ありがとうございます。

いえ 知りませんね。
そうですか。

ああ… わかんない。

わかりました。
ありがとうございます。

おう どうだ?
駄目だ。

こっちも駄目だ。
ああ。

もう少し川下のほう行ってみよう。
そうしよう。

そうか。 手掛かりなしか…。

わかった。
静岡県警に応援を要請する。

私と鈴木は
マンションで見つかった

盗難カードと龍丸会の関係を
探ってみます。

ああ そうしてくれ。

あっ 鴨志田くん
君は修善寺に行って

大崎と和田の応援を頼む。

いや 私はもう少し こちらに。

えっ どうしたんだよ?
いつもだったら私の許可もなしに

あっちこっち
出張してんじゃないかよ。

ちょっと気になる事が…。

(睦美)スロー
クイック クイック スロー。

はい 男性がロンデのあと 回す。

いいですね。

今日は ここまでにしましょう。
はい。

(生徒たち)
ありがとうございました。

お待たせしました。
あっ…。

これは この教室を開いた頃の
写真ですか?

そうです。

茜さんも写ってるでしょ?

はい。

武藤さんの奥さんは…。

文江さんは この方です。

へえ~ きれいな方ですね。

どうぞ お座りください。

これは どうも。

学生時代 ダンス部だったんです。

だから すぐに勘を取り戻して…。

踊るのが本当に楽しそうだった。

亡くなられたのは
いつ頃なんですか?

2年前の10月9日。

私の誕生日だったんです
その日は。

えっ じゃあ お祝いの会が…。

そう スクールの生徒たちが
祝ってくれて…。

一次会が終わって 二次会…。

飲みすぎたのね。

普段 文江さん
あまり飲まないのに。

お開きになったあと
石段から落ちて…。

石段から?

酔いをさまそうと
思ったのよね きっと。

北赤羽神社に寄って…。

北赤羽神社で連れもなく?

はい。

文江さんと茜さんの仲は
どうだったんですか?

仲は良かったと思います。

葬儀の仕事を
紹介したりしてたし。

ああ…。

あっ そういえば
事件当夜 あなたは

10時頃から
武藤さんと王子の居酒屋で

飲んでらっしゃった?
はい。

どんなお話をなさったんです?

この前も 同じ事を…。

特別な話はしていません。

実はですね ここへ来る前に
そのお店に寄って

防犯カメラを
調べてみたんですよ。

そうしたら 武藤さん
先に帰ってますね。

時間は 確か 11時27分。

(鴨志田の声)席を立ってます。

それも
なんか怒ったような感じで…。

その時の事
何か覚えてらっしゃいます?

私が怒らせてしまったのか…

よく覚えていません。

多部さんが殺害された場所と
その居酒屋とは徒歩圏内。

武藤さんのアリバイは
成立しません。

万作さんは そんな人じゃ…。

武藤さんは 茜さんの事を
どう思ってたんですかね?

なんで
怒って先に帰ってしまったのか

思い出せませんかね?

万作さんは まだ奥様の死を
受け入れてないんです。

それは どういう意味でしょうか?

警察は
事故死として処理しましたけど

文江さんは誰かに…。

文江は
誰かに突き落とされたんです。

先生 あの夜 何があったのか
教えてください。

多部茜と何かあったんですよね?

先生!

ああっ もういい!

でも 鴨志田さん

万作さんには… できっこない。

うーん…。

犯人は武藤さんなの?

いや その可能性もあるって話さ。

武藤さんは
奥さんの死は事故ではなく

誰かに殺されたと…。

その誰かは多部茜?

いや それはどうかな。

ただ 文江さんの死に
多部茜が絡んでいるとは思うんだ。

それは十分
考えられるんじゃない?

多部茜が
文江さんを殺す動機は?

なんだろう?

多部茜の裏の仕事を
知ってしまった。

それよ! 茜は 文江さんを

仲間に引き入れようと
したのかもしれない。

そうか…。

(警笛)

♬~

塚田のおばあちゃんの
葬儀の打ち合わせ 行ってくる。

いってらっしゃい。

これが 2年前の
北赤羽神社案件の資料です。

こちらも 一応 事件性はないか
調べてみましたが

連れがいたという
目撃証言はないし

酒を飲んでいたという事実から
事故死と。

あの葬儀社のご主人 東王子署に
何か言ってきたんですか?

あっ いや そういうわけじゃ
ないんですがね。

ああ…。 いやあ うちには
何度も再捜査しろと来てたな。

昨日も刑事さんが来ましたが
父は疑われているんでしょうか?

実は 事件があった日の夜

お父さんは
犯行現場近くの居酒屋で

川澄睦美さんと飲んでいて

途中で怒って
席を立ってるんです。

何か心当たりは?

母の死を不審に思っているのは
本当です。

それは事故ではなくて?

はい。 誰かに…。

多部茜さんですか?

そこまでは言ってませんが
いろいろ調べていたみたいです。

もう長いんですか?
こちらで葬儀社 始められて。

はい。
私が小学生の頃からですから。

私も 父と二人暮らしなんです。

そうなんですか。

時々 面倒くさいなって思う。
フフッ…。

いくら父でも 男は男

女には理解できない事が
日々あるんですよね。

はい。

ご結婚は?
してません。

あっ 一緒です。 フフッ…。

忘れた頃に言ってきません?

言ってきます。
あれも どうかと思いますよね。

ええ。

こっちだって
考えてないわけじゃないのに…。

一生独身はつらいぞ! とか。

それそれ!
(2人の笑い声)

父と母は
本当に仲が良かったから

わかるんですけど…。

ダンスなんかクソ食らえだ!
これも口癖。

そう。

あのダンススクールに
行かなければ

多部さんと出会う事も
なかったわけだから…。

そうよね。

えっ?

いえ お父さんの気持ちが
ちょっとわかったような…。

父は

決して 人を傷つけるような人じゃ
ありません。

今どき珍しいぐらいの人情家で

葬儀代が払えないっていう人には

いつでもいいよって
言ってみたり…。

もう あれほど こっちの捜査には
首を突っ込むなと言っただろう。

娘さんと少し話をしただけ。

やっぱり

武藤さんは 多部茜さんの事を
疑っていたみたい。

そっちは? 何か収穫あった?

所轄の捜査は
ずさんなものだったよ。

鴨志田さんが何を考えてるか
当ててみましょうか。

うん?

平良正志を逃がしたのは
武藤さん。

武藤は 警察を信じちゃいない。

うん…。

問題は 修善寺の どこなのか?

潜伏先は修善寺ではない。

堂ヶ島だ。

えっ 堂ヶ島
恐らくな。

あっ… どうする? これから。

聞き出してみせるさ。

行きましょう 鴨志田さん。
俺が1人で行く。

そのあと東京駅で会おう。

えっ? いいの?

平良正志の確保は
お前の仕事に繋がる。

それに これまで…。

ん? それに… 何?

まあ いい。 行ってくる。

(電車の走行音)

こういう日は
やはり おでんだよな。

オヤジ そろそろ…。
まいど!

堂ヶ島ですか? 好きな温泉は。

なんですか? 突然。

ほら 新婚旅行の写真。

ああ… あれね。

金があれば
沖縄へ行きたかったんだけど…。

ハハッ…。 よく似た堂ヶ島
我慢してもらいました。

そこにいるんじゃないんですか?

おい 勘定。

オヤジ 熱燗 こちらさんにも。
いや いらないよ。

平良を堂ヶ島に逃がしたんじゃ
ありませんか?

おい。

まあ もう一杯 やりましょうよ。

私は 何も知りません。

居場所を教えてくれませんかね?

無実だったら なんにも
恐れる事はないじゃないですか。

私を信じてもらえませんかね?

(店員)はい お待ち。

武藤さん。
しつこいな あんたも。

まあ 長年 デカやってると
こういう性格になります。

元々そういう性格だから

デカやってられるんじゃ
ないんですか?

ホホッ…。

うーん!

オヤジ 大根とハンペン。
(店員)はいよ。

(電車の走行音)

いくら聞かれても
知らないものは知らない。

こっちも大根。
はいよ。

いや 実は
私にも 娘がいましてね。

今 一緒に暮らしてます。

それと卵。
はいよ。

おたくの娘さんより
ちょっと上かな…。 独身です。

もう 最近では

結婚は もういいか
なんて思うようになってる…。

こういうの いけませんかね?
父親としては。

(武藤)ああっ! 熱っ…!

熱いですか?
そういう時にはね

細か~く切ってね 食べると
いいんですよ。 ええ。

ほら ねっ?
ちょうどいい。 うん。

しかし 似てると思いませんか?

何がです?
我々の仕事ですよ。

休みがあるようで なくて。

夜中に たたき起こされても
文句ひとつ言えない。

因果な商売だ。

まったく。

実は 私の女房は
いっとき入院してましてね。

まあ その時点では
もう離婚してたんですけども。

危篤の知らせを受けた時も

持ち場から
私は一歩も動けませんでしたよ。

で まあ 結局 死に目には
会えなかったんですがね。

それは…。

でも 私は この仕事を辞めようと
思った事はありませんよ。

だって あの世で女房に会った時

俺は仕事を全うしたぞ!
って言いたいじゃないですか。

警察は 平良正志を犯人だとは
断定しておりません。

このまま逃げ続けても
いい事は何ひとつありません。

潔白ならば。

(電車の警笛)

(電車の走行音)

鴨志田さん…。

(警笛)

おう。 大崎か。

平良の行方は まだわからんのか?

恐らく 彼は堂ヶ島だ。

今日は もう遅いから
明日 当たるよ。 連絡する。

あ~あ… お腹すいた。

お前な 仕事で来てるんだぞ。

腹が減っては戦はできぬ でしょ?

「戦」って
時代劇じゃないんだから…。

いいから行こうって。
ああ ああ ああ…。

はい どうぞ。

武藤さんは なんて?

最後の最後に…。

正志は 堂ヶ島
私の知り合いの別荘にいます。

あいつは絶対にやってません!

絶対に…。

そうなんだ…。

でも 久しぶりね 鴨志田さんと
こうして 地方で食事するの。

そうだな。

さっき
「それに」って言ってくれたの

この事ね。

何 言ってんだ。

♬~

ありがとう お父さん。

♬~

ん? えっ いいんじゃない?

♬~

(チャイム)

(チャイム)

(ノック)

ごめんくださーい!

ごめんください!

♬~

いないみたい。

♬~(三線)

ねえ 三線の音じゃない?

はあ?
こっち。

♬~「私があなたに惚れたのは」

♬~「ちょうど十九の春でした」

♬~「いまさら離縁と言うならば」

♬~「もとの十九にしておくれ」

東王子署の鴨志田さんですよね?

そうです。

ゆうべ 武藤さんから連絡あって
その人は信用できるって…。

行こうか。
はい。

平良正志だな?
(平良)はい。

岡崎警視!?

大崎刑事。

警察庁

平良正志と龍丸会の関係を
調べています。

鴨志田警部補にも
協力してもらいました。

そうですか。
ご苦労さまです。

あとは 静岡県警と我々に
お任せください。 行くぞ。

あの… ちょっと!

♬~

行きましょうか 岡崎警視。

そうね。

(大崎)「多部茜さんが
殺害されたのは知ってるね?」

はい。

(大崎)
君は 事件の翌日 姿を消した。

どうして?

疑われると思ったからです。

どうして 疑われると思ったの?

おい!

あの事件のあった夜
自分の部屋にいたけど

それを証明する事もできないし…。
(大崎)できないし?

茜さんとは いつも
スクールでレッスンしてたし…。

(和田)それだけじゃ疑われないよ。
ネックレス。

君が多部さんからもらった
チェーンの。

あれ どこにあるの?

いつの間にか なくなってました。
(和田)ふざけてんのか!

本当です! いつも
部屋の机の上に置いてたのに…。

その いつの間にか なくなった
ネックレスで

多部さんは首を絞められて
殺された。

君がやったんじゃないのか?
(平良)やってません!

事件の前日 17時頃

君は 多部さんのマンションへ
行ってるよね?

はい。
何しに?

(大崎)答えられないのか…。

お前と多部茜は
一体 どういう関係なんだ!?

よーし…。
(大崎)「多部茜の部屋から

大量のブランドのコピー商品の
偽造カードが出てきた」

多部茜の背後には
龍丸会がついてる。

お前も それに
手を貸してたんじゃないのか?

だんまりか。 正直に答えないと
当分 帰れないよ。

(和田)お前の役割は なんだ?

報酬は いくらだ?
少なかったのか?

それで
あの日の夜 車の中でもめて

ネックレスで絞めたのか?

はあ…。 しぶといな…。

あの…。
(坂下)うん?

平良正志は 誰かを
かばってるんじゃないでしょうか。

はあ?
(和田)自分も そんな気がします。

(坂下)ええっ?

大崎 和田。
はい。

かばってるとしたら?

彼女…。
玉城華菜。

彼女は 平良から

ハイビスカスのブローチを
もらっていた。

カモさん
玉城華菜 調べてみます。

うん。

これは

多部茜さんが殺される直前にいた
エステサロンの近くにある

防犯カメラの画像です。

これ あなたですよね?

(工藤)あなたは 多部茜さんが
車で出てくるのを待っていた。

しかし なかなか出てこないので
メールをした。

♬~

(大崎)「正志のことで
大事な話があります」

(大崎)「正直に
話してもらえませんか?」

「夜のバイトは週に3回?」

はい。

カード詐欺に関わっていたね?

正志が 何か言ったの…?

(工藤)彼は 何も言っていない。

一度だけ やりました。

正志に頼まれて…。

(華菜の声)クラブの常連さんの
カードを盗み…。

(華菜の声)でも あとでわかった。

正志を犯罪に引き込んだのは
あの女だって!

どうしたわけ!?

あんた
そんな男じゃなかったさあ!

なんでよ? なんでよ!?

あんな女の手先になって…。
最低だよ!

(華菜)こんなもの
私が突っ返してやるよ!

最初は 話をつけるつもりで…。

これ以上 正志に
悪い事させないでくれって。

お願いします。
これ お返しします。

これは 正志が欲しがってた
ネックレスなのよ。

ハハハハハ…!

やめさせてほしい? まあ…!
何 言ってんの?

ハハハハハハ…!

あっ…。

いい事 教えてあげる。

あいつは 私に惚れてるの。

この指輪も
正志にもらったのよ。

正志は
一生 私から離れないわ。

わかったら
さっさと私の車から降りなさい!

この薄汚い小娘が!

あーっ! ああーっ!!
ああ…!

ごめんなさい…。

ごめんなさい…!

(華菜)ごめんなさい…。

終わったな。

カモさん。

(木村)
監察医から連絡がありました。

ガイシャの首に付いていた
太い索条痕ですが

実は 2本の索条痕が
重なっていた事が判明しました。

それじゃあ 2回 首を絞められた
っていう事か?

2度目が致命傷になったと
思われます。

もう1人いたって事か。

えっ? もう1人?

(電話)

はい。 あっ 岡崎警視!

多部茜と龍丸会を繋いでいた者が
わかりました。

えっ?
多部茜と龍丸会を繋いでいた者?

はい! 岡崎警視
ありがとうございました!

♬~

岡崎警視の情報に基づいて
龍丸会周辺を洗ったんですが

ダンススクールのマネジャー
内川康則は

龍丸会の現役の構成員でした。

何?

川澄睦美に内川を紹介したのは
多部茜です。

(内川)なんですか? 一体。

言わなくてもわかるだろ。
署まで来てもらおうか。

いや… 何もしてないですよ。
(和田)いいから いいから。

(和田)おい!
(工藤)おい!

(鈴木)待て!
(工藤)おい!

(工藤)内川!
(鈴木)待て!

(鈴木)内川!
(工藤)おい!

(鈴木)内川!
(和田)内川…!

♬~

(大崎)おとなしくしろ!
(内川)うっ…! ああっ!

(工藤)
6年前の 多部茜の夫の死から

語ってもらおうか。

さあ なんの話なんだか…。

とぼけんなよ。

もう 調べ ついてんだよ。

夫を殺してくれって
言い出したのは

あの女のほうなんですよ。

手に入れた金 どうした?

(ため息)

あの女

高級マンション 外車 ブランド品
買いあさって

あっという間に
尻に火がついて

俺たちの闇ビジネスに
加わりたいと…。

ダンススクールの開業資金を
融通したのも

魂胆があったんだろ?

貸し 作っときゃ
好き勝手できるもんなあ。

コピー商品を生徒に売りつけたり

インストラクター
たぶらかしたり。

全部 あの女の指示です。
ひどい女です。

それで殺したのか?

とどめ刺したの お前だろ?
組の命令か?

違う!

分け前の事で
ごちゃごちゃ言うから 頭きて…。

(内川の声)あの夜 飲んで
権現山公園の近くを歩いてたら

あの女の車から おねえちゃんが
飛び出してきたんだよ。

うっ…。

これは 神がくれたチャンスかと
思ったね。

(内川)ぐっ…! くっ…。

ハハハハハ…!

何が神だ!

2年前の北赤羽神社の件は
どうなんだ?

武藤文江さんだよ!

見られてたんですよ。

茜に 龍丸会のコピー
受け渡してるところを。

それで やってくれって… 茜が。

(武藤文江)茜さん 話って何?

♬~

あなた 知りすぎたのよ。

(文江)いやーっ!

♬~

あの女 本当にひどい女だった。

♬~

(木村)これもコピーか。

木村さん これ お願いします。
(木村)はいよ。

見てください!
(鈴木)えっ?

これ… 証拠の山です。
(和田)うん?

どうしても 金が必要で…。

もしかして お母さんか?

(平良)保険も入ってないし
金払わないと手術もできない。

飛びついたさ どんな犯罪かも
よくわからないまま。

1回の約束が…。

正志 1回でも
あんた 犯罪者なんだよ。

私の言う事 聞かないと
ムショ行きだよ。

フフフフ…!

それでも やめるって言えば
華菜は あんな事しなかった…。

全部 俺が悪い。

全部 俺が…。

諸君! これより
龍丸会を家宅捜索する!

(一同)はい!

おい なんだ お前ら!
(工藤)家宅捜索だ! どけ!

痛え! お前 待て!
(鈴木)どけ!

♬~

令状だ!
ああっ!?

(工藤)
コピー商品販売の詐欺容疑だ!

♬~

頭を…
どうぞ 頭をお上げください。

むしろ 私のほうが 鴨志田さんに
お礼をしなきゃいけません。

そうだ。 また飲みに行きましょう。

ああ いいですね! ハハハハ…!

♬~

お前 本当に誰もいないのか?

父さんの事だったら
気にしなくていいんだぞ。

ええ? はあ…。

本当 忘れた頃に言うよね。

心配しないで。

しばらく
お父さんの仕事 手伝うわよ。

えっ? ハハハハ…。

♬~

駄目だ こりゃ。 はあ…。

よし!

シャル ウィ ダンス?

ええ~!

武井先生
今回の弁護は難しそうですね。

何をおっしゃるウサギさんですよ
鴨志田さん。

平良正志と玉城華菜の弁護は
私にお任せください。

さすが武井先生!
(武井)フフフフ…!

(聡子)また
お金にならない仕事を…。

森くん 言いすぎ。
(聡子)はーい…。

皆様! ごきげんよう

ハハハハハハ…!
(聡子)うわあ~!

あら?
私の せっかくのプレゼント

鴨志田さん
着てらっしゃらないのね。

だから 私は踊りません。
なにゆえ?

あっ そこの 三つぞろえの先生
いかがかしら?

(武井)えっ…。

(聡子)先生 踊れますよ!
ああ 踊れる。 私も見た。

(武井)鴨志田さんまで…!
本当に?

じゃあ じゃあ じゃあ じゃあ…
行くわよ。

用意 スタート!

♬~(音楽)

シャル ウィ ダンス?
エス レッツ。

♬~

ほう…。 やるもんだねえ。

踊れてる!

オー! エクセレント! ヒュー!

(武井)おっとっとっと…!
ああーっ!

(二宮早紀)お願い。
あなたの最期の声を聞かせて。

(二宮愛介)パワハラしてるって
爆弾が送られてくるんだよ。

(早紀)1食で77品目!?

(河村映子)明らかな物証が
残っていたんです。

(早紀)遺体を法医学的に見て…。
(映子)その遺体が

嘘をついたんですよ。
(宗方 楓)我々の期待を

裏切ってくれましたね。
自宅謹慎だ!

(二宮一馬)
名指しでバンバン叩かれてるぞ。

(花田)来ちゃいました…
パワハラお仕置き爆弾…!

(早紀)時間がないわ…!