ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

インハンド 第10話 山下智久、濱田岳、時任三郎、石橋杏奈… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

金曜ドラマ「インハンド」第10話【最終章、突入!!相羽村で謎の感染症発生!】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. BSL
  2. 羽村
  3. 福山
  4. エボラ
  5. 美園
  6. お前
  7. 感染
  8. 新太
  9. 人間
  10. 瀬川
  11. 日本
  12. 連絡
  13. 春馬
  14. 高家
  15. 施設
  16. 大丈夫
  17. 入谷
  18. 博士
  19. 紐倉博士
  20. 陽子先生

f:id:dramalog:20190614225619p:plain

金曜ドラマ「インハンド」第10話【最終章、突入!!相羽村で謎の感染症発生!】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

金曜ドラマ「インハンド」第10話【最終章、突入!!相羽村で謎の感染症発生!】[字][デ]

高家の故郷・相羽村で危険な病原体を取り扱う研究室・BSL4施設の誘致を巡って反対運動が起きる。そんな中、相羽村で謎の感染症が発生、日本中を巻き込む事態へと発展!

詳細情報
番組内容
紐倉(山下智久)は高家濱田岳)と共に、高家の故郷・相羽村を訪れる。村では、福山(時任三郎)が計画する危険な病原体を取り扱う科学研究室・BSL4施設の誘致をめぐって反対運動が行われていた。自然豊かな相羽村を堪能する紐倉だったが、ある日、福山と話をするために施設の拠点となる予定地を訪れる。施設の建設をやたらと急ごうとする福山に、紐倉は疑念を抱く。そんな中、高家の幼馴染・美園(石橋杏奈)の父・実喜男
番組内容2
中本賢)が吐血をして倒れ、病院へ搬送される。その症状を聞いた紐倉は、エボラ出血熱の可能性を指摘。村は封鎖され、日本中を巻き込む事態へと発展する!
出演者
山下智久濱田岳菜々緒、藤森慎吾、高橋春織、酒井貴浩、宮崎美子磯村勇斗石橋杏奈平岡祐太中本賢夕輝壽太田窪一世阿南敦子米村亮太朗内場勝則遠山俊也利重剛松尾貴史田口トモロヲ時任三郎光石研
原作
朱戸アオ「インハンド」(講談社「イブニング」連載中)
脚本
吉田康弘
音楽
得田真裕
オープニング曲
山下智久「CHANGE」(SMEレコーズ)
スタッフ
編成:磯山晶、渡瀬暁彦、加藤丈博、松本友香
プロデューサー:浅野敦也、佐藤敦司 
演出:平野俊一
公式ページ
◇番組HP
http://www.tbs.co.jp/inhand/
◇番組twitter
@inhand_tbs
https://twitter.com/inhand_tbs
◇番組Instagram
https://www.instagram.com/inhand_tbs/ 

 


<「1番だけが知っている」も
お楽しみに>

(牧野)「フューチャー・ジー
メディカルセンター プロジェクト」?

(網野)福山は その施設を
建設しようとしてるんだ

BSL4…
バイオセーフティレベル4

バイオセーフティレベルとは

WHOが指針で定めた

生物学的安全性レベルのこと

病原体の危険度に応じて
4段階に分けられ

その中で最も高いのがレベル4
有名なとこだと

天然痘とかエボラウイルスとかが

そこに分類される

(福山)2025年までに国内で

BSL4施設を
稼働させることを確約致します

(記者)場所は
決まってるんですか?

栃木県の相羽村です

(瀬川)ようやく 用地が
手に入りましたね

(金子)これで USB4も無事動き出す

(瀬川)金子先生 BSL4です

そんなの どっちだっていい

利益を生みさえすればね

(紐倉)僕に用って?

フューチャー・ジーン メディカルセンターの
副センター長として

正式に お前を招聘したい

BSL4の研究室をつくることは

日本の科学者の悲願だとか

それは
紐倉博士にとっても同じでしょ?

《(入谷)今帰ったら この島を
見殺しにするのと同じだろう》

《俺達で治療薬を作ろう 哲》

《マリアの死を
無駄にしないためにも》

《今の僕達に そんな力はない》

《いつか日本に
バイオセーフティレベル4の研究室をつくる》

《あとは頼んだぞ》

《世界 救ってくれ》

(瀬川)ただし
お引き受けいただくには

一つ 条件があるんです

SM対策室のアドバイザーを
辞退していただきたい

考えといてくれ

分かりました

紐倉博士?

どうして瀬川と?

(高家)お待たせ はい お手

よーし はい おりこうさんだぞ

飼い主と違って おりこうですね

(福山)今こそ
真の感染症対策が必要なんです

そこで我々は 2025年までに

国内で BSL4施設を

稼働させることを確約致します

<この時は まだ
誰も知らなかったんだ>

<このあと 俺達の身に
何が起きるのか>

今すぐ隔離した方がいい
エボラ出血熱の疑いがあります

(福山)直ちに
この部屋を出てください!

死なないで 博士 高家くん

今すぐ 相羽村を封鎖しろ
日本中に感染が広がるぞ

♬~

(実喜男)ああ~ イテッ

アイテテ
(美園)父さん?

あっ?
どうしたの?

サルのやつが
ニンジン持っていきやがって

ひっかかれたんけ?

うん 大したことねえ

ちゃんと消毒した方がいいよ

ああ 分かった 分かった

行ってくっかんね
ああ

ああ イテッ

虫の匂いがする

つーかさ 何で ついてくんだよ?
俺の里帰りに

特別に長期休暇を
与えてやったんだ ガタガタぬかすな

違う お前がいたら
休暇にならないだろ

この目で見てみたいんだよ
羽村がどんなところか

ほお~
どんだけ好きなんだよ 俺のこと

無視するなよ おい
恥ずかしいだろ

また反対運動か

そりゃ誰だって 家の周りで
危険なウイルス扱われたら嫌だろう

だから僕は
無人島を買おうとしてるんだよ

そしたら
誰にも文句言われないだろう

通う人が大変だろう そんなの

住み込みだ
嫌だよ そんな自由ない…

あっ 降りるぞ

バカ言ってんじゃねえぞ!
そうだ!

はよ 厚労省 呼んでこ!

病原体が漏れて
誰も住めなくなったら どうすんだ

そうだよ 責任取れんのか?

(市原)安全の確保は 厚労省と村が
きっちりと確認しています

(棚橋)じゃあ聞くがよ

「施設の建設は 住人の理解を
得てから」っつっときながら

既に用地買収を始めてる
っつーのは どういうことだ?

≪そうだ!

俺達の意見なんか 最初から
聞く気がねえ証拠じゃねえか

今後きちんと
話し合いの場を設けますんで

「今後 今後」って いつも
同じこと言ってんじゃねえか

今ここで きっちり決めてくれ

誘致には断固反対です

BSL4の施設が必要なら

もっと 日本全体で議論すべきです

確かに そのとおりだ

日本の未来を考えれば
BSL4は確かにプラスだ

だが 近くに住む人間には
住環境を守る権利がある

要するに
無人島が一番だってことだ

地元の方ですか?
通りすがりの天才だ

何だ?
ほら すべってんだよ ほら行こう

すいません 写さないでください
コンクリートで滑るとは どういう…

恥ずかしいから しゃべんな
それに 僕のブーツの裏 見てみろ

絶対に滑らない加工になってる
ほら いいから持て 自分の荷物は

僕は 吸虫管より重いものは
持たないんだ

ちっちゃ
お前 筋トレやめろ じゃあ

春馬
筋トレなんかしてない

春馬だよな?
うわっ 棚橋

おお ハハハハ

春馬!

美園…?

キレ… 久しぶりじゃん

しばらく こっちに いんだろ?
うん

また連絡すっから
うん

(棚橋)先行くわ

ああ あの 俺からも連絡する
おう

里帰りけ?
うん まあ そんなとこ

美園?
えっ?

あっ ごめんね
この人ね 紐倉博士っていう…

杉山美園です

思い出した
えっ?

いつか 高家
寝言で言ってた名前だ

いや… ちょっと お前
マジでウソつくなよ

僕は記憶力も非凡人だからね

確か こんな感じで言ってた
やめろ っつったろ!

「美園 お願いだから僕と…」
おーい ちょっとやめろ!

ホントにやめ… 何が楽しいんだ
おいっ!

もしもし 紐倉博士?

いいかげん折り返しなさい
マッハでお願い!

(電話を切る)

(熊谷)博士
まだ連絡つかないんですか?

まったく アドバイザーとしての
自覚が足りないのよ

フューチャー・ジーンと厚労が
共同で作成した

BSL4建設予定地の報告書
手に入れたぞ

地質調査の結果ですね

(御子柴)数値的には問題ないです
全て基準を満たしてます

待って おかしい
ここは確か 陽子先生が

大雨で地崩れがあった場所だ って

県が作ったハザードマップにも
載ってます

(網野)あ…?

(城田)「一種病原体等取扱施設は」

「地崩れ及び浸水のおそれの
少ない場所に設けること」って

法令にありますから

厚労が
自分達に都合のいい業者を選んだ

データ改ざんの証拠でも
つかめれば

瀬川と金子の不正も暴けるかもな

調べてみます
ああ 頼む

はい

博士 捕まったか?
ああ それがまだ

室長 ちょっといいですか?
ああ 何だ?

えっ 紐倉と瀬川が?

福山さんも一緒に

厚労から出てくるのを
見かけたんです

へえ まさかな…
何ですか?

いや 実は
前から思ってることがあるんだよ

俺達の手柄を
いつも厚労に持ってかれるのが

どうしても納得できない
どういうことですか?

内通者がいるんじゃねえか?
まさか 紐倉博士が?

いや 確かに あいつは

世界一自己中で
性格もサイテーだけど

そんな姑息なマネは
絶対しない人間です

そうだよなあ

紐倉博士 見つかりました!

えっ!?
えっ!?

地元の方ですか?
通りすがりの天才だ

何だ?
ほら すべってんだよ 行こう

すいません 写さないでください
コンクリートで滑るとは…

うるせえよ ほら
あいつら~!

さあ 相羽村名物
鹿肉の刺身 イノシシの串焼き

有機野菜の小鉢 どうだ?

フツーだな
声がでけえよ フツーとか言うな

ねえ どうして 医者辞めたの?
要はクビだな

俺… 俺に聞いてんの 今
お前 しゃべんなよ

(市原)村全体が
快く受け入れられるよう

住人の方々には これからも

根気よく説明していきます

結論ありき という声も
あがっていますが?

そんなことはありません

大変なことになったなあ
住人の方々には…

東京でも話題け?

BSL4の設立は

日本の将来にとって
一大事業だからな

美園は? どう思ってる?

私? もちろん賛成よ

ホントに?

うん… そりゃあ

何かあったら って考えると
おっかないけど

ウイルスが漏れ出すなんて
めったにないでしょ

それより 人も お金もねえ
この村が存続できるかどうか

そっちの方が大事だと思うの

村とか町とか 面倒だな
いっそのこと

日本中に引いてある線を
全部消してしまえばいい

都道府県制なんて
過去の悪しき習慣にすぎない

いや そういうわけにいかないだろ

それが嫌なら知恵を絞るんだな

ただ何もせずに 与えてもらうのを
ずっと待ってるから

こういうことになる

どこ行くんだよ?

羽村でも「トイレ」だよ

アハハハ
ホント 変なやつでしょ あいつ

でも 言ってること
分かる気がする

あっ そういえば ほら
棚橋とはどうなの?

あの… 結婚

今は それどころじゃないから

弘樹 青年会の会長なの

それで
反対派をとりまとめてるんだ

最近 会えばケンカばっかしてる

考えてくれたか?

今 相羽村に来てるんです

じゃあ 明日 そっちで会おう
答えを聞かせてほしい

分かりました

(良子)わざわざ こんな田舎まで

ようこそ いらっしゃいました

あげる
あらっ まあ 温泉饅頭

かえって悪いんじゃねえの?
息子のチョイスだよ

僕は
カンボジアのオオコオロギとか

そういう炒め物を
持ってこようと思ったんだけどね

あら そっちが良かったわ

でしょ?
ウフフフ

お前 父親の遺伝がすごいな

いや もう ほっといてくれよ

暑い
ああ ねえ

あれっ?

ねえ春馬 陽子先生どう?

陽子先生 だいぶ良くなったみたい
退院するには まだかかるみたい

でも ほら 陽子先生の代わりの
臨時の医者が

隣町から来てんだべ?
藤川先生ね

頑張ってくれてんだけど

月水金だけだから
混雑がひどいのよ

ああそう まあ 明日行ってみっか

風呂沸いてる?
うん 沸いてる沸いてる

あれっ ちょっと 何?

ちょい ちょい ちょい
あの… ちょい ちょい

あの 2人 2人
何か さっきからおかしくね?

何よ?
夫婦みたいだべ

やっだー 変なこと言って

風呂 いただきます

背中 流してやっか?
母ちゃん!

よし じゃあ消すぞ おやすみ

ああっ おい
何で お前がベッドで俺が床なんだよ

僕が主人で 君が家来だからだ

家来じゃねえよ
寝ろ

(高家の舌打ち)

(ため息)

《やっだー 変なこと言って》

母ちゃん 女出してたな

明日から 良子って呼ぼう
やめろ!

新太と連絡がつかない?
(秘書)ええ

マンションにも行ったんですが
引っ越したみたいで

マスターキーの返却も
まだされてないんです

分かった
失礼します

(呼び出し中)

(留守番電話)

(ノック)

いつまでかかってんだ

早くしねえと
建設が始まっちまうだろ

おい! 約束が違うだろ

≪こっちだって予定が狂ったんだ

早くしてくれよ 頼むから

ほほほ…
ヒト鞭虫 ヒト蛔虫に続いて

アメリカこう虫まで

今どき 日本じゃ
お目にかかれない

レアもの
ばっかりだなあ

3大スターの そろい踏み
ってとこだな

ハハハハ おお

ほら 紐倉 お前も手伝え

僕は
吸虫管より重いものは持たない

いや 持ってみろよ ほら やれ!

ふ~っ セクシーだねえ

羽村は 結構早くから
有機野菜を始めたのよ

ほら 雨がたくさん降るから
水には困んねえし

土地の利を生かしたってわけか

ほれ 休憩すんべ

ああ

うん 実にワイルドな味だな

奇跡だ

コートジボワールで食べた
サバクトビバッタより うまい

たとえが分かりづらいよ

春馬は 子供の頃から
ずーっと食べてっから

この奇跡が分かんねえんだ
なっ 博士

実に残念な味覚だな
ほれほれほれ

二個一で攻めてくんの
やめてくんない?

口紅してる 母ちゃん!
な な 何言ってんだ

うわうわうわうわ

朝ご飯
食べれそうだったら食べてね

(実喜男)ああ

(実喜男が せき込む)

平気? 仕事休もうか?

ただの風邪だっぺや

じゃあ行ってくんね
(実喜男)早く行ってこ

(せき込む)

(せき込む)

いい景色だろう

ああ

子供の頃から
お気に入りの場所なんだ

いいとこだろ? 相羽村

ここで暮らすのも悪くないな

おお… じゃあ引っ越すか?

ああ
えっ?

《フューチャー・ジーン メディカルセンターの
副センター長として》

《正式にお前を招聘したい》

《(瀬川)お引き受けいただくには
一つ条件があるんです》

《SM対策室のアドバイザーを
辞退していただきたい》

いや でも それは…

ずっといたら 母ちゃんが…

BSL4を持ちかけてきたのは
金子厚労大臣ですね?

(市原)センターの誘致は うちとしても
願ったりかなったりなんです

お恥ずかしい話
この村には 目立った産業もなく

有力な観光資源もありません

先月 売りに出された相羽小学校を
買ったのは 岩浜建設

厚労省の瀬川局長の親戚が
経営している会社です

この報告書だって

ハザードマップに載っている情報すら
反映されてません

村長 私達は決して

BSL4施設の誘致を
止めたいわけじゃないんです

安全の担保もできていないのに

強引に事を進めるのは
おかしいんじゃないかと…

東京の方には分からねえんです

この村が生き残るには
これしかないんです

あの

私でよければ協力させてください
えっ?

不正が行われてた上に
安全まで疑わしいなんて

知りませんでした

放っておけません

(せき込む)

(良子)実喜男ちゃん いっかい?

箱根の温泉饅頭
春馬が持ってきてくれた…

あれっ 具合悪いの?

横になってりゃ 治っから

病院行きなよ

饅頭 置いとくから

うん

(しゃっくり)

(せき込む)

サトウさん
サトウヤスジさん

これは大変だな

医師が1人じゃ
追いつかないんだな

陽子先生が
留守をよろしくと言っていました

(藤川)困っちったよ

自分の町を診ることすら
精いっぱいだっつーのに

県に 応援の医師を
要請してんだけど 何もねえ

いやあ 地方の医師不足
深刻ですから

(ノック)
(藤川)はい

(石川)次の患者さん
入れてもいいですか?

ダメだっつっても入れんだべ
入れますよ

しゃああんめえよ
はい

じゃ 僕も失礼します
陽子先生によろしく

早く戻ってこねえと
こっちも倒れちゃう っつっといて

ハハ… 分かりました

(機械音)

(機械音)

(せき込む)

ああ おじさん 具合悪いの?

ああ 春…

これじゃ
今日のうちに診てもらえねえな

(せき込む)

なあ紐倉 悪いけど…
好きにしろ

休暇中だ
それに僕も行くところがあるしな

悪い

あっ すいません
僕に白衣を貸してもらえますか?

いいんですか? 今持ってきます

先生 百人力だ

(せき込む)

(しゃっくり)

(激しく せき込む)

では お大事にしてください
はい ありがとうございます

はい
お大事に どうも

いいわねえ
若いドクターがいるって

≪ホント ホント

次の方どうぞ

おそらく 風邪だべ

水分と栄養とって
2~3日休めば良くなんべ

解熱剤 出しとくから

ここが
センターの拠点になるんですね

返事を聞かせてほしい

羽村は いいところです

寄生虫学者にとって 申し分ない

じゃあ 引き受けてくれるんだな?

お断りします
どうして?

確かに BSL4はとても魅力的だ

この村も悪くない

以前の僕なら
引き受けてたかもしれません

だけど今 僕の周りには

放っておけない生き物が
たくさんいるんです

生き物?

中でも 人間が一番手がかかる

お前は変わったな

僕なんかより
もっとふさわしい人間が

いるじゃないですか
あなたのそばに

新太くんですよ

あいつには務まらないよ

お前の答えは分かった 残念だ

一つ 聞いてもいいですか?

何だ?

どうして
そんなに急いでるんですか?

もう若くない

時間が惜しいんだ

(しゃっくり)

(せき込む)

(増本)大丈夫ですか?

≪大丈夫ですか?

すいません 止めてください!

(山中)どうかしましたか?

ちょっと ちょっと お客さん!

誰か 救急車呼んで!

牧野 どうして お前が
羽村にいるんだ?

うちでも BSL4予定地を
調査することになって

博士は どうして?

フューチャー・ジーンに誘われたが断った
えっ?

僕の仕事に見合った給料を
払えるとは思えないからな

ああ そうだったの

どうも
おお

ああーっ!
何!?

コウモリか 出血してるな

やだ 気持ち悪い 何で?

(携帯着信)

はい もしもし

えっ 父さんが血吐いて倒れた!?

≪先生VFです
除細動!

風邪じゃなかったのか

離れなさい!

アドレナリン 用意して
≪はい

父さん?

待って
離して!

お父さんは
何かの感染症かもしれない

えっ?

えっ…

父さん

父さん

(美園の泣き声)

(美園)父さん

帰りのバスの中で
吐血して倒れたらしい

しゃっくりは 内出血の兆候かもな

高熱もあったのか
ああ

エボラかもしれない

《(福山)エボラ?》

《エボラがアジアで発生したなんて
聞いたことないぞ》

《フィリピンで エボラに感染したコウモリが
発見された例があります》

まさか…

サンプルを
国立感染研に回す手配をしてくれ

当たりなら
ゲノム解析も至急するように

本気で言ってるの?
患者が接触した人間を確認しろ

この病院の医師や看護師もだ

二次感染で食い止めないと
大変なことになる

病院の中に隔離病棟を設置して

医療者には
手袋とマスクを徹底させろ

少しでも発熱がある者は
直ちに隔離だ

ちょっと待て
確証がないのに そんな…

急がないと手遅れになる

地獄を見たいのか?

《(入谷)マリア…》

分かった お前の言うとおりにする

室長に連絡してくる

なあ エボラは接触感染だけで

飛沫や空気感染は
しないんだよな?

二次感染で止めれば まだ間に合う

《(入谷)あれは
ただのエボラじゃない》

《人工的に 感染力も殺傷力も
増幅させた新型のエボラウイルスだ》

《お前の予想どおり》

《あのウイルスは
軍によって開発された生物兵器だ》

ただのエボラならな

(山中が せき込む)

(美月)どうしたの?
パパ 風邪ひいたみたい

美月が元気あげる

ありがとう パパ元気出た

これから 患者が
押し寄せてくるかもしれません

処置を誤れば
院内感染を起こします

厳重に 注意してください
(看護師達)はい

(せき込む)

君がいてくれて助かったよ

藤川先生

あとは任せた

(せき込む)

はい…

(呼び出し中)

(電話を切る)

(山中)どうかしましたか?

ほとんどが
いつも乗ってる人ですね

運転手と連絡は?
高熱で倒れてるそうです

今すぐ 防護服を着た人間に
迎えに行かせろ

家族は
患者とは離れた部屋で待機だ

あとで別の車で病院に
家族も?

接触した人間は
感染してる可能性が高い

彼は?
大丈夫ですか 大丈夫ですか?

≪地元の人間じゃねえ

記者か
だったら 居場所は分かる

もうすぐ金子大臣が
村長のところに

今すぐ行こう

村長を激励したくて
遠路はるばる駆け付けましたよ

BLS4は この村を救います

必ず実現しましょう
BSL4です

うんっ?

BSL4

(金子)この際
細かいことは置いといて

(一同がざわめく)

大丈夫ですか?
近づくな! 離れろ

何だ? 君達は
内閣官房の牧野と申します

この方は 感染症にかかってる
恐れがあります

(金子)感染症

今すぐ隔離した方がいい

高家くんに連絡してくる

おい どういうことだ? 説明しろ
感染症って何だ?

彼は
エボラ出血熱の疑いがあります

エボラって あの?

バカ言え 日本でエボラなんか
あるわけないだろう

いや 彼の言うとおりだ

(増本)ううっ
あっ

(福山)皆さん 直ちに
この部屋を出てください 早く!

≪キャーッ!

≪救急車 救急車呼んで

下行け 下行け

どういうことだ? 福山さん

福山さん

お前の想像どおりだよ

これは 5年前

入谷の研究室から俺が持ち出した
新型エボラだ

どうして…

入谷の死を無駄にしたくなかった

あいつの遺志を
継いでやりたかった

新型エボラが
生物兵器として使用されるのを

黙って見過ごすわけには
いかないだろう

BSL4の研究施設も整ってないのに

なぜ こんな危険なことを?

あなたほどの人が

あの村の犠牲を
無駄にしたくなかった

研究は どこまで?

行き詰まってた

だから
新しい世代の力を借りようと

新太を…

日本にBSL4を立ち上げるから
手伝ってほしいと相談したんだ

あいつは 仲間と一緒なら
参加すると言ってくれた

《(柏木)柏木です》
《よろしく》

(福山)俺は 新太を
後継者に育てようと思ってね

全てを見せようとした

《この日程は無謀です》

《何より
住人への説明が不十分になる》

《(瀬川)いや福山さん
そんなことはどうでもいいんです》

《決裁を取ること それが全てです》
《いや しかし》

《いや 福山さん》

《我々のやり方に
従っていただかないと》

《分かりました》

《(新太)どうして 政治家や官僚に
媚びるんだ?》

《科学者だって 研究を
進めるためには政治が必要なんだ》

《我慢しなくちゃいけない
ことだってあるんだ》

《僕は そうは思わない》

《科学者は自由であるべきだ!》

(福山)新太とは それっきり

今も連絡が取れてない

まさか ウイルスは新太が…

自分達の手で 抗ウイルス剤を
作ろうとしたんだろう

(せき込む)

やはり これは
ただのエボラじゃない

米軍が生物兵器として開発した
新型のエボラだ

入谷のノートに書いてあった

致死率も感染力も
強力に変化させた

バケモノみたいなウイルスだ
って

接触感染だけじゃない

飛沫感染もする

感染初期に呼吸器系に作用して
咳が出るように

ゲノムが改変されてるんだ

今すぐ 相羽村を封鎖しろ

じゃないと
日本中に感染が広がるぞ

分かった 今すぐ 上に掛け合う

あっ 危機管理官

栃木県の相羽村
エボラが出ました

(山崎)聞いたよ
大変なことになったね

聞いたって 誰に?

(大谷)これから緊急参集会議だよ

すみません すみません
すみません すみません…

ちょっと!

すいません 目を診ますね

大丈夫ですか?
はい 上見てください

ちょっと腕 失礼しますね

≪ちょっと!
≪ちょっと待ってください!

どこ行くんですか?
やめてください!

こっちはダメです
立ち入り禁止です

≪やめてください やめてください
ちょっと!

やめてください
立ち入り禁止です!

弘樹
美園!

来ないで!

どうして?

父さんが死んだの

エボラにかかって

私も感染してっかもしんねえの

私…

妊娠してんの

ごめんね 弘樹

どうして?
どうして謝んだ?

(美園)ごめん

(宮川)とにかく今は
羽村の対処を決めないと

官房長官 悠長に構えてる場合では
ありませんよ

人口1000人の村と
1億2000万人の日本そのものと

どちらが大切か 答えは明白でしょ

(ため息)

総理に電話をつないでくれ

封鎖 決まったんですね?

ああ 20時30分 執行される
すぐに村を出ろ

分かりました
☎それから

☎前に チラッと言ったが

俺の思ったとおりだ
この中に裏切り者がいる

何してんの 早くあなたも乗って

僕は残るよ

どうして?

5年前のけじめを
つけなきゃいけない

これは僕達がまいた種なんだ

だったら私も残る

君は外にいてくれ

君にしかできないことが
絶対にある

でも…

心配するな 僕は天才だ

本日 栃木県西芳賀郡羽村
病院から

エボラウイルス感染の疑いがある
患者が出た との報告があり

国立感染症研究所に送られた
検体を検査したところ

先ほど 新型のエボラウイルス
検出されたと

報告がありました

このウイルスは
通常のエボラウイルスと違って

飛沫感染する可能性があります

現在 すでに
二次感染まで広がっており

今後 三次感染に及ぶのは
必至だと思われます

政府としましては
感染の拡大を防ぐため

新型エボラウイルスを 村内に
閉じ込めるのが先決だと判断し

栃木県知事と相談の上

まことに
苦渋の判断ではありますが

羽村を全面封鎖することを
決定致しました

20時30分
羽村 封鎖

お願い

死なないで

博士 高家くん

美園は 今んとこ 症状は出てない

家族が感染したからって
必ず感染するわけじゃない

だから おなかの子だって…

頼む

美園を助けてくれ

頼む!

(足音)

春馬

俺は とんでもねえことをした

あなたに接触したのは
新太で間違いないですね?

BSL4を阻止するために
実験したいから

協力してくれって言われたんだ

それで山小屋を提供したのか?

まさか エボラウイルスを持ち込むなんて
考えもしなかった

(福山)柏木だ

<これは まだ>

<ほんの始まりにすぎなかった>